HENO HENO: 2009年10月 アーカイブ

2009年10月31日 土曜日

●らーめん大 全メニュー制覇計画 その三 ~塩らーめん~

店主ブログによると、みおせるさん情報通り、西新の新地の屋台村に一幸舎が明日から営業スタートとのこと。「今後いろいろなラーメンを出して行く予定です」?!コリャ楽しみ楽しみ!

とりにくさんより福岡麺オモシロ情報を寄せていただく。福岡県がラーメン専用の小麦として開発した「ラー麦」を使ったラーメン&つけ麺が来月から順次販売開始

 

大体ならば、英彦山で紅葉登山を満喫!のハズだった。んが予定は未定、急な仕事が入り休日出勤&昼麺を啜ることもできずセコセコ仕事……。んで、せめてもの楽しみは、麺。仕事を終え夕麺、らーめん大で塩ラーメンを啜る。

 塩らーめん◇らーめん大

 

 

なるほど、はるほど、コリャいいわぁ……。

恐らくスープ自体は醤油味の「らーめん」と同じもの。仕上げる際に醤油ダレを入れる代わりに塩ダレで仕上げてあるようだ。わずかにタレの違いだけではる。が、ダダ辛い醤油ダレと異なり風味のソリッドな塩ダレだと、スープ自体のダシの存在がキチンと描き出されて、好印象。ただ、かなりアレコレ入っているのだろうか?そこそこエグさも感じる=若者に訴求する大味仕様ではあるが。それと、食べる度にどんどんと加速度的に小振りになるチャーシューはいかがなものか?

DVC00002

などとナンのカンのブツブツと思いつつも、とどのつまりは結構我がツボ。コレ全てボリボリ極太麺の魔力なのよねぇ。野菜多めのワシワシ食感と相まって、ナンとも心地よい顎の疲れを楽しみつつ、ガシガシとカッ喰らう快感に酔いしれまくり。

らーめん大 福岡大橋店:塩らーめん600円。福岡市南区大橋2-12-13。11:00~24:30、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン162●うどん89●そば38●チャンポン24●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離67km / 通年491km

Posted by heno at 18:43 | Comments [3]

2009年10月30日 金曜日

●七九軒@大川市 ~『軒』を訪ねて 第61回~

○福岡市中央区清川1-2-8に11月4日、ラーメン海鳴なる新ラ店が開業予定。店主は博多元助出身で、開店当初のメニューはト豚骨と豚骨魚介の二種とのこと。てぇ事は、ひょっとして極太麺かぁ??我キッパリと極太麺フェチなり!こりゃいよいよ気になるぞおぉ!!

 

イニシエのラ店を訪ねる『軒』を訪ねて。後継者に恵まれず、誠に残念ながらほとんどの『軒』が現店主限りで店仕舞い。そんな中、無事に世代交代を終え、元気に営業している『軒』が大川市にあるという。

七九軒

日本一の家具の町、大川市のハズレ。田口小学校の裏手の辺り一面田んぼの広がる、ラ店を営むにはナンとも辺鄙な場所に建つ洋風の建物。つばめの武勇伝によると、先代が現役引退し息子さんに代替わりするにあたり移転した、七九軒の新店舗である。正午半過ぎ、店頭の駐車スペースは車で一杯。郵便配達のバイクも数台止まっている。地元の方々にシッカリと愛されているのだなぁと感心しつつ店内へ。

 

ログハウス風のロハスな店内は、ほぼ満席状態。空いていた大テーブルの一画に座りメニューを眺めると、ラーメンやチャンポンに加え焼きそばや焼きめしやカレー、カツ丼や親子丼、ホルモン焼きなど随分とアレコレ豊富。迷うことなくラーメンをたのみ、大テーブルの先客である若いお母さんが、抱いた赤子を優しい眼差しで見守りつつほ乳瓶でミルクを与える様をほのぼの気分で眺めつつ、出来上がりを待つ。

ラーメン◇七九軒

大判の海苔にゆで卵の具。先代が仕切っていた5年前と同じ見た目に、ほっこり。どらどらとレンゲでスープを一啜りしれば、グインッと力強くドライブする豚骨ダシのコクある旨み。気持ち粉っぽい食感然り、5年前とまんま同じ印象の骨太なる味わいがグイッと我がツボ。合わさる麺も然り。細麺ながらもコリッと張りあるコシと、仄かに広がる小麦の風味が、コレまた我がツボ。

ポッテリとしっかり乳化したスープにイイ頃加減に溶け、とぅるんと美味なる大判海苔の味わい然り、イニシエ系ラ店の専売特許である(?)冷蔵庫臭いチャーシュー然り。耳にピアスこそしてはいるが、カウンター奥の厨房で無心に麺を揚げる若き二代目店主はシッカリと先代の味と技を継承したようだ。

語り継がれる伝説の『軒』よりも、食べ続けられる現在進行形の『軒』。

 

七九軒:ラーメン500円。福岡県大川市大字三丸2037-5。11:30~14:30&17:00~23:00、木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン161●うどん89●そば38●チャンポン24●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離67km / 通年491km

Posted by heno at 12:38 | Comments [4]

2009年10月29日 木曜日

●濃い本家

ちゃんぽん専門店 千吉のルーツを訪ねて第二弾。若き店主の修業先である○く 長崎亭の修業先である長崎亭@福重へ。

かれこれ5年ぶりか、久しぶりに訪ねるも相変わらずの人気ぶり。午後2時を過ぎているのに店内は8割方客で埋まっているし、ポツポツとではあるが次々とコンスタントに新客来店。

チャンポンを頼み、カウンター越しに調理法を見学。まず雪平鍋に取り分けたスープに麺を投入し、火に掛ける。追っかけ加熱した中華鍋にラードを入れ、ザザッと具を炒める。アレコレと調味料を入れ、ゴマ油で風味を調えた後、雪平鍋をひっくり返し別途加熱していた麺&スープを入れ、ザッと加熱し一丁あがり。

チャンポン◇長崎亭

 

汁ダク&具てんこ盛りの見た目は○くに似ている。では味わいは?と興味津々で先ずはスープをレンゲで啜る。と、トロンと艶っぽい食感とともにドッカリと舌にのる重量感ある旨み。脂気に加え調味もかなり濃い、濃い、濃い!コレでもかと明快なる味わいは正に万人受けしそうな大衆美味は、○くに近い。が、合わさる麺は偏平していて千吉チック。コレでもかと熱々の仕上げ具合&プルルンと解ける愛らしいヒキがクセになる逸品。そして、具のかなりシッカリと加熱された感じは○くチック。

分かりやすい味わいとボリューム感。さすが本家の濃い味チャンポンに改めて感服。こりゃ確かに一般ウケするはずだっ!

長崎亭:チャンポン560円。福岡市西区福重3-33-6。11:00~25:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン160●うどん89●そば38●チャンポン24●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離67km / 通年491km

Posted by heno at 14:06 | Comments [0]

2009年10月28日 水曜日

●ナンチャナイシアワセ

甚徳うどん@白木原の2軒隣に新ラ店を発見。暖簾には「一心亭 青果市場隣」との文字。て事はアノ美味ラ店の支店なのか?

元祖長浜屋支店隣のコインパーキングだったスペースに「浜太郎」なる屋台風ラーメン店が営業中。焼き牡蠣も食べられるようだし、近々寄ってみるか…?

西新トポスの裏手一帯が新地となり屋台村に。昨夜時点では饅頭屋やクレープ屋など3軒が営業中。ラーメン屋は開業しないのだろうか??

ギンナン◇てし

 

夜は友と、てつろぐ御用達の「てし」で飲む。
ナンチャナイけどチャンと旨いあてと酒。
そして、友と交わすナンチャナイうだ話。
ナンとも極楽、極楽。

焼き貝柱◇てし

 

鯛のポン酢◇てし

 

 

昼はこの夏開業した、とあるラ店。
執拗に麺の茹で加減を尋ねた割りには
6人分の注文がひとまとめ&見るからに茹で方の手際が悪いく、
麺がのびのびと伸び伸び。

Posted by heno at 12:50 | Comments [2]

2009年10月27日 火曜日

●師弟食べ比べ

最近開店した新麺店の中でも、チョイと我がツボなちゃんぽん専門店 千吉。拙ブログに寄せていただいたノブちゃんのコメントによると、千吉の若き店主は博多駅南の長崎亭から独立開業されたとのこと。

そう言えば、博多駅南の長崎亭は未食だったよなぁ。
ネットで調べてみると、Fish@onに詳細情報アリ。10年間勤めた福重の長崎亭を円満退社した方が開業。自分の名前の頭の文字「く」を「○」の中に書き「○く 長崎亭」として、3年前に開業されたらしい。

長崎亭

 

住所を頼りに訪ねると、博多駅南のもち月のすぐ近く。午後1時過ぎの店内は8割方客で埋まっている。小振りのテーブル席オンリーの店造りが博多駅裏のチャンポン専門店 新地とそっくり似ているなぁ。

チャンポンをたのみ空いていた席に着くと、ノブちゃん情報通り!テーブルに置いてアルアル、ナムプリが!

チャンポン◇長崎亭

待つことしばし、運ばれてきたチャンポンは、スープたっぷり&くったりと加熱された具の野菜ドサッと盛ってあり、千吉のチャンポンとは異なる見た目。そして味わいも然り。ぽってりと舌にのるダシのきいたスープ然り、見た目通りシッカリと加熱されくったりと仕上げられた野菜の食感然り、千吉チャンポンよりガッツリとした味わいである。そして、ソレよりナニより特筆すべき相違点は麺。千吉は気持ち偏平したチャンポン麺だったが、ココの麺は所謂ノーマルな円形チャンポン麺なのだ。

ガッツリ旨い○く長崎亭に、かっちり旨い千吉。師弟といえど当然ながらソレゾレにソレゾレの創意工夫。うん、こりゃオモシロイ。ならば久しぶりに福重の長崎亭ちゃんぽんも食べてみるか!

○く長崎亭:チャンポン580円。福岡市博多区博多駅南4-18-2。11:00~21:00、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン159●うどん89●そば38●チャンポン23●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離67km / 通年491km

Posted by heno at 13:07 | Comments [0]

2009年10月26日 月曜日

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで13日

俺コレ!にまたも気になる新ラ店情報。会津らーめん磐梯山って、ひょっとして結構我がツボだったアノ店の移転オープン?!うむっ、こりゃ近々啜りたひっ!

 

光陰矢のごとし。忙しさにかまけ、飲んだくれてばかりで、ほとんど走り込まぬままウダウダと暮らしていたら、今季唯一エントリーしたフルマラソン大会である仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで2週間を切る。

昨日までの2009年通算ジョグ距離は480㎞。そして、昨年の10月25日時点での通算距離は838km。明らかにトレーニング不足である……。でもまぁしゃぁーないねぇ。あと2週間弱、出来ることからコツコツと。そして後は潔く天命を待つのみ。

かまあげうどん◇しげ

 

一年越しの念願叶い、しげ@八女市の「かまあげうどん」を啜る。
しげのかまあげうどんは、
汁ナシ釜揚げ温うどんに花鰹&葱が添えられた、生醤油うどん。
DVC00002

素っ気ない薬味と醤油のみの調味=想像通りのシンプル極まりない味わい。
なのだが、このシンプルな脇役達が、
見事なまでに、うどんの旨さを際立たせる!

むりんっ、むりんっ、ぷにぷにぃ~、ぷるるん…。

懐深いコシとナンとも艶ある豊かなヒキ。
そして噛み込むほどに淡く広がる小麦の甘み。
ナンチャナイ。けど、ナンとも旨いっ。
極上なる日常うどんに感服しきりで一気に平らげ、決意する。

うん、次回は「しげそば」だっ。

 

しげ:かまあげうどん390円、カボチャ・コロッケ90円。福岡県八女市蒲原1163。11:00~19:00、木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン159●うどん89●そば38●チャンポン22●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離56km / 通年480km

Posted by heno at 12:58 | Comments [2]

2009年10月25日 日曜日

●一休軒鍋島店@佐賀鍋島 ~『軒』を訪ねて 第60回~

佐賀の西、鍋島地区。国道208号線からJA流通センターへと抜ける道沿いに、緑の暖簾。佐賀ラーメン老舗の一軒、一休軒の鍋島店で、ほっこり。

一休軒鍋島店

 

「いらっしゃいませぇ~!」

お母さんの元気な声に迎えられ、空いていたカウンター席に着く。10席ほどのL字型カウンター席と4名掛けのテーブル席3卓の店内は、8割方埋まっている。そして、その大半は見るからに地元の常連客。テーブル席で待つ小さな子連れ家族に、お母さんが出来上がったラーメンを運ぶ。

「お待たせしましたねぇ。
あら、ラーメンの取り分け皿がもう一皿あったほうが良いねぇ。
すぐ持ってきますねぇ。」

気さくな笑顔を忘れることなくテキパキと働く様が気持ち良い。

ラーメンを頼むと、カウンター奥の厨房で調理が始まる。年配の主人の目線と手の動きに呼応し、息子さんらしき男性が奥の寸胴鍋から手前の寸胴鍋へとスープを移す。

ざっ、ざっ、ざっ、ざっ、ざざっ、カンカンッ、ざざっ、カンカンッ

主人が老練なる平ザルさばきで麺を湯切りを始める。するとその横でお母さんが皿に盛られた葱を一所に寄せ、スタンバイ。ドンブリへ麺を移した主人はその皿をスッと受け取り、盛りつける。長年の営業で培われた、家族一丸のあうんの呼吸に惚れ惚れ。

ラーメン◇一休軒鍋島店

イイ感じに透明感を残すスープは、
口当たりの円やかさと、豊かに広がるダシのコク。
そして、イイ感じにテロテロとスープに馴染む麺。

コレぞ『軒』なる一杯に腹一杯、シアワセ一杯。

一休軒鍋島店:ラーメン550円。佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸1144-1。11:00~20:30、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン159●うどん88●そば38●チャンポン22●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離56km / 通年480km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2009年10月24日 土曜日

●紅葉恋し

久しぶりの休日。くじゅうへ紅葉登山に行こうと企てるも、参加者少数にて断念。ならば少し近場の英彦山へ変更を考えるも、まだ色つきはじめで時期尚早。

ならば英彦山紅葉登山は来週末に見送るか…。
あぁでもでも、山に登りたい!

で、久方ぶりに宝満山へ。

DVC00002

 

正面登山道の石段を嫌い昭和の森公園から登るも、体調最悪。昨日の深酒のせいか、はたまた寝不足のせいだろうか?体は怠いし、平衡感覚もナニやらおかしい。ゼイゼイと息が上がり、フラフラと足下がおぼつかない。途中休み休み、どうにかこうにか難所ヶ滝までたどり着くも、宝満山山頂は断念。日頃の不摂生を反省、来週末はちゃんと体調整え、是非とも極楽&絶景紅葉登山を!

えび塩つけ麺◇大恩

昼麺はMANIC SOMEDAYでその存在を知った
大恩のえび塩つけ麺をあつもりで。
えび塩といっっても
温つけ汁に海老のダシがきいている訳ではなく、
えび香味油で和えられたチャンポン麺チックな中太麺を
脂少なめのアッサリ塩味温つけ汁で食べるスタイル。

麺だけ食べると確かに海老の風味がするが
温つけ汁に潜らせると普通の塩味つけ麺だ…。

やっぱ大恩は風味豊かな全粒粉麺の魚介醤油つけ麺で、決まり!

海鮮にくまん◇ampm

朝食はampmの海鮮中華まん。
ふかふかの皮とニチニチと密度感あるアンの
食感のコントラストが印象的。
フカヒレが入っているらしいが味わい&食感的に確認できず。

もう少しアンは薄味仕立てが我が好みだなぁ。

 

◎ 2009~2010秋冬 唯我独尊肉饅名次 ◎

1位 ローソン 「横浜中華街 白あがり肉まん 180円
2位 ampm 「海鮮中華まん」 173円?
3位 セブンイレブン 「肉まん 110円

 

 

自由麺工房 大恩:えび塩つけ麺大盛り650円。佐賀県神埼市神埼町姉川1600-1。11:00~21:00、月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン158●うどん88●そば38●チャンポン22●その他89
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離39km / 通年463km

Posted by heno at 13:07 | Comments [2]

2009年10月23日 金曜日

●らーめん大 全メニュー制覇計画 その二 ~つけ麺あつもり~

太宰府の得意先へ納品がてら、ズズッと昼麺。らーめん大でつけ麺あつもりだ。先週の開店記念100円営業期間中は長蛇の列が出来ていたらしいが、通常営業に戻り一段落。午後1時過ぎの店内は7割方の客の入り。まぁしかし、大橋という立地と午後1時過ぎという時間帯を考えると、まだまだ開店人気が継続中?

つけ麺◇らーめん大

 

しまった、「野菜多め」にすれば良かったなぁ……。

ほどなく差し出されたつけ麺の上には、野菜がチョロッとしかのっていない。ラーメンだと「普通」でも結構の量の野菜がのっているので、そのつもりだったのだが……。

釜揚げ熱々の極太麺は相も変わらずボリボリ美味。野菜と共にワシワシと咀嚼するコノ快感がタマラン楽しっ!だたしかし、このボリボリ麺を水で締めてのオーソドックスつけ麺って、かなりツラい気がするなぁ……。

温つけ汁はラーメンのスープ同様に醤油辛いが、ラーメンスープの時は嫌味に感じたのに対し、つけ麺汁とするとコレが大正解!麺の味わいを際立たせる名脇役に。

〆にスープ割りをたのむと、食べてるときはさほど感じなかった魚介系のダシの風味。スープ割り専用なのだろうか?それとも塩ラーメンのスープを流用しているのだろうか??次回は油そばと決めていたが、コリャ俄然塩ラーメンが気になってきたぞぉ……。

夜はいしいで蕎麦屋酒。
人気居酒屋たらふくまんまで店長をされてた方が
今年6月に開業した店らしい。

なるほど、酒飲みハートを鷲づかみの美味あてに
思わず酒がすすむ、すすむ。
が、〆のセイロのつけ汁の甘さは如何なものか。

らーめん大.福岡大橋店:つけ麺あつもり700円。福岡市南区大橋2-12-13。11:00~24:30、無休。Pなし。

いしい:せいろそば(価格失念)。福岡市中央区警固2-16-11。17:00~27:00、月曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン158●うどん88●そば38●チャンポン22●その他88
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離39km / 通年463km

Posted by heno at 05:08 | Comments [2]

2009年10月22日 木曜日

●エコカラー・モスラ

今日も今日とて、軽い二日酔い状態。イカンなぁ、またまた飲み過ぎてしもうたなぁと、朝起きる度毎日毎日繰り返す後悔の念を胸に、フラフラと会社へ向け歩いていると、ふと美しい黄緑の物体が目にとまる。

エコな色合いのさなぎだなぁ。
て言うかぁ、さなぎって春でなかったのぉ?

 

酸湯刀削麺

昨日はとある中華料理屋で刀削麺。
「黒酢仕立て」のメニュー書きに惹かれたのむも
黒酢ならではのクセある酸味が迫力不足。
しかも、「黒湯刀削麺」のメニュー名にひたすら忠実に「黒酢スープの刀削麺」。
葱の下の黒酢風味のスープには、なにひとつ具が入ってなくて価格は600円。

刀削麺自体の出来は至って良好。
長めの麺線&刀削麺ならではの啜り心地&
厚みのバラツキが織りなす複雑愉快な食感がハマリ系。

ちゃんぽん◇ちょき

麺麺亭だった店舗に来月1日正式オープンに向け
試験営業中の新ちゃんぽん店、ちょきのウリは生麺。
チャンポン麺とラーメンの2種類の麺のチョイス&茹で加減がチョイス可能。

尚、試験営業中は試食無料。

DVC00007

チャンポンに加えつけ麺を出すらしいが、
そのデビューは開業日以降にずれ込みそうとのこと。

◎通年麺喰い◎ラーメン158●うどん88●そば37●チャンポン22●その他87
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離39km / 通年463km

Posted by heno at 14:00 | Comments [2]

2009年10月20日 火曜日

●安・旨・オモロな中華そば

DINNER’s ONOや麺や おの、豚屋小野など、福岡市中央区舞鶴一帯を中心に様々な業態の飲食店を11店舗展開するDD COMPANY。その中の一店舗、Chaina Onoが先月より始めた中華そばランチが、アチコチらのブログで高評価。380円という格安価格ながらも、カナリ旨いという。そりゃ是非とも喰ってみたいと思いつつもアレコレ多忙で早1ヶ月、やっとこさ念願叶って啜ってみれば、コレがもう、噂以上のコスパ全開美味!!

中華そば◇CHINA ONO

 

先ずは見た目がオモロ!定番のチャーシューやネギ、シナチクに加え、キャベツにザーサイにセロリと、色んな野菜が彩り豊かに盛ってある。ほうほう、コリャどんな味わいなのか?と期待を胸にレンゲでスープを一啜りすれば、鶏ガラだしの旨みがほっこり美味なるスープと共に、細かく刻まれた様々な具が口へと飛び込み、パリッ、シャキッ、パリパリッ!小気味よい食感と共に広がる様々な味わいのハーモニーが、コレまた美味美味!オモロッ!!

さらに麺もオモロ!カナリ細めの中麺だが、グニグニと無骨なコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味然り。様々な具に負けてなるモノかと己の存在を主張する。キシキシとした食感のチャーシューも、様々な食感パラダイスなこの中華そばにベストマッチ。表面を炙ってあるのか、香ばしい風味が更に味わいを豊かに演出。チャーシューも他の具と同じ大きさに細かく刻んで入れると、さらに旨いかもっ!

コレだけ個性的で、かつ、その個性が見せかけに終わらずチャンと味わいに反映したオモロ美味麺に心底感服。コレでスープがもう少し熱く、麺の量ももう少し多ければと思うのは、あまりにも贅沢か。何てったってコレだけ旨くて380円なんだモンっ!コスパ抜群の格安美味なる一杯に大満足で店を出る。

China Ono:中華そば380円。福岡市中央区舞鶴1-3-11。11:30~14:00&17:30~23:00、ランチ営業は土日祝休み、夜営業は無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん88●そば37●チャンポン21●その他87
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離39km / 通年463km

Posted by heno at 12:48 | Comments [0]

2009年10月19日 月曜日

●二毛作GutS!なラ店

MANIC SOMEDAYによると、大恩@佐賀神崎につけ麺の新メニューが登場した模様。海老しおに海老醤油?!大恩の極太麺はドエラク我がツボだし、こりゃ是非とも啜りたひっ!

社長ブログによると、秀ちゃんのつけ麺専門店「博多つけ麺 秀」は「天神のド真ん中」に近々開店予定とのこと。コレまた気になるぞ。

 

東区での仕事を終え、サクッと昼麺。かねてから気になっていた新ラ店、らおうへ。

らおう

 

箱崎の古くからの住宅街一画に、脱力系の手書き看板。そしてこぢんまりした店内も然り、かつて箱崎亭として営業していたころと同じく、手作り感溢れる店造り。ホワイトボードに書かれたメニューは至ってシンプル。ラーメン、ちゃんぽん、皿うどん、焼きそばと、それぞれと半チャーハンのセットメニューが4種。

同行スタッフ5名全員ラーメンをたのむと、カウンター席奥の厨房で調理が始まる。若き店主は茹で釜にラーメンを2玉だけ投入。ほうほう、一気に5玉を茹でないんだ……。茹で釜の大きさに対する適正量なのだろうか?

ラーメン◇らおう

5名分が2杯、2杯、1杯の3タイミングに分かれラーメンが出てくる。残り物には福がある?とスタッフに先にすすめ最後の1杯にありつく。まずはスープとレンゲで一啜れば、アッツ熱の口当たりとともに、円やかに広がる脂の甘みと、小郡ラーメン・チックな香味油の風味。合わさる麺は極細。コレ正に少量ずつ茹で揚げた成果なのか、粘性スープが絡みつつシュルルと口に収まる触感然り、コリッと抗う愛らしいコシ然り、茹で具合が完璧。

若き店主は店主はけいじshinshinで修行し独立、昼はこの店、夜は清川で屋台を営業する二毛作ラ店。メインは夜の屋台営業で、この店は屋台の仕込みを兼ねて平日の昼だけ営業しているとのこと。ヤル気満々のガッツと丁寧な仕事に感服しきりでズルズル啜る。

先週末も土日とも休日出勤。
パワーチャージにと仕事の移動途中に立ち寄ったとある新ラ店の一杯は
ダシの存在が全くもって感じられない軽薄味。

 

長浜ラーメンらおう:ラーメン500円。福岡市東区箱崎2-39-4。11:30~14:00、土日祝休み。Pなし。夜は福岡市中央区清川3-15で屋台営業

◎通年麺喰い◎ラーメン156●うどん88●そば37●チャンポン21●その他87
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離39km / 通年463km

Posted by heno at 13:48 | Comments [4]

2009年10月16日 金曜日

●マルケン@北九州若松 ~『軒』を訪ねて 第59回~

DVC00005

折尾から若松へと抜ける国道199号線沿いのバス停に、木製の食卓椅子とパイプ椅子が、それぞれ1脚。地元のお年寄りがバス待ち用に置いたのだろうか?そしてその奥には、最近めっきり見かけることが無くなった公衆電話ボックス。

リアル昭和をソコカシコに感じる若松区の宮丸バス停横に、青テント&白文字&赤暖簾のトリコロールカラーが、ナンとも鯔背。イニシエ名店、マルケンである。

マルケン

「らっしゃいっ!」「いらっしゃいませっ!」

ナンとも元気な声の先は、キビキビ働く年配夫婦。歴史を感じるイイ感じに草臥れた店内は、平日の午後1時過ぎだというのに、7割方客で埋まっている。ゆっくりと少しずつスープを啜る老人や、膝に乗せた赤ん坊を片手で抱きつつ、もう片方の手で器用に箸とドンブリを操りラーメンを啜る若きお母さんなど、客の大半は地元の常連さん。

壁には模造紙にマジックで手書きされたメニュー表。面は5種類。ラーメンが350円に、チャーシューメン、ワンタンメン、チャンポンがいずれも450円に、最も高いチャーシューワンタンメン550円。昨年は、油や小麦粉などの原材料価格の高騰に耐えきれず、多くの麺屋が値上げしだが、ここマルケンは前回啜った5年前から一切値上げナシ。

チャーシューメン大盛り◇マルケン

「はい、お待たせしましたぁ~!」

元気な声と共に、チャーシューメンの大盛りが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残す黄金色のスープと、透けて見える中太面。そして、こんもりと盛られれた、脂身少なめの大ぶりチャーシュー。

レンゲでスープを一啜りすれば、アッツ熱の食感と共に、なんとも優しく、柔らかく広がる滋味。外連味の一切無いダシの旨みがジワジワと五臓六腑に染み入る、ナンとも気持ちの良い味わいに、ほっこり。

硬すぎず、柔すぎず。絶妙な揚げ具合の中太麺は、むにっと抗うコシと共に広がる小麦の風味。そして、適度なキシキシ感を残しつつも、もっちり旨いチャーシューに、その下に隠れている北九州ラーメンの定番、太モヤシ。シミジミと旨い一杯に、老齢なる店主のラーメン作りの年季を実感しつつズルズルと啜っていると、件の赤ん坊を抱いた若いお母さんが食事を終え、席を立つ。

「おや、赤ちゃん寝ちゃったの?そりゃ重たかったねぇ。」
「うんう、大丈夫。また来るけん。」
「うんうん、また顔見せてちょうだいね。はい、おつり550万円ね。」

そして、幼子を抱いた母さんと入れ替わりで、若いカップルが入店。いかにもやんちゃそうな茶髪の彼氏が大声で

「おばちゃん、今日はまだチャーハン残っとぉ?」
「はいよ、今日は出来るよ。」
「なら、俺、チャーハン!それと、コイツはラーメン!!」
「はいよ、チャーハン一丁、ラーメン一丁!!」

たっぷり大盛りのスープと麺とチャーシューをズルズルと平らげれば、身も心も腹一杯。あぁ、やっぱり『軒』が好き。

「チャーシュー大盛り、500万円!はい、ありがとぉっ!!」

元気なお父さんの声に見送られ、さぁ午後も仕事、ガンバンベェ~。

マルケン:チャーシューメン大盛り500円。福岡県北九州市若松区宮丸1-4-3。11:00~。1st&3rd&5th日曜休み 。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン154●うどん88●そば37●チャンポン21●その他87
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 13:03 | Comments [5]

2009年10月15日 木曜日

●極太麺食べ比べ

店主ブログによると、芭蕉庵の今年の新そば祭りは11月22日(日)に開催、カボスそばとオニおろしぶっかけそばが、いずれも500円!!

神酒の麺道楽に久留米の新ラ店、幸来軒大善寺店の実食リポが。メニュー写真の「つけラーメン550円 期間限定4月~11月」が気になるなぁ。

○そして福氏のオモシロ日記にも、「スープやきそば付け麺風」なるオモシロ麺の実食リポが。

○麺とは全く関係ないが、松田優作のドキュメンタリー映画「SOUL RED」松田優作」が来月公開。ナンじゃ、こら~~!?、

 

元来太麺フェチの我にとっては、今年の福岡三大麺ニュースのひとつ。ラーメン二郎堀切店の流れを汲む店、らーめん大がお江戸からココ福岡に進出。しかも、あたしの食べ歩きと自然によると、正式オープンを前に既に試験営業を始めているとのこと。

らーめん大

で、早速昨日訪ねてみると、西鉄大橋駅のすぐ近くの雑居ビルに、らーめん大の黄色い看板。赤字で書かれた「ニンニク入れますか?」とのキャッチコピーが、なかなかお茶目。

 

入り口横に食券販売機。麺メニューは「らーめん600円」、「つけ麺700円」、「あつもりつけ麺700円」、「限定20食 油そば850円」に「塩らーめん600円」だが、来週19日月曜までは、開店記念でらーめんとつけ麺がいずれも100円で食べられる。

二郎系の極太麺ではお馴染みの、野菜、ニンニク、脂、タレの量が選べるオペレーション。野菜は「多め」、「増し」、「増し増し」まで無料サービス。そして卓上には一味唐辛子、黒胡椒と白胡椒のミルに加え、ナンと醤油ダレが置いてあるではないか!

ラーメン&野菜多め◇らーめん大

そして差し出されたラーメンもスープがカナリ醤油濃い味わい。

「野菜多め」はナカナカの盛りだが、チャーシューがフツーで
二郎本店のような迫力はナシ。

ラーメン自体の仕上げ方に加え、
黒を基調としたチープシックなインテリアが
島系本店舞鶴支店にナンともそっくり。

ならば、食べ比べてみるか!

で、今日は島系本店舞鶴支店。

ラーメン&野菜多め◇らーめん大

ラーメン小&野菜大盛り◇島系本店舞鶴支店

上がらーめん大で、下が島系本店舞鶴支店。
野菜の量勝負はらーめん大が大勝。
島系本店は別料金100円で野菜大盛りなれど、
無料サービスのらーめん大に遠く及ばない。

らーめん大 

島系本店舞鶴支店

だが、スープ勝負は断然島系が我が好み!
醤油濃い印象しか残らないらーめん大に対し、
島系本店のスープは濃い味なれど、
その奥にダシの旨味がシッカリと感じられ、ナンとも旨し!

極太麺対決はドロー。
どちらもゴリゴリと固くボリボリと旨し。

で、トータルでは島系本店舞鶴支店が我が好み。
だが、思い出してみると
島系本店舞鶴支店も開店当時はエラク醤油濃いスープだったよなぁ。
て事は、らーめん大もオペレーションが落ち着くまで様子見か?

柳家

昨夜は柳家でヤカン入りマッコリ三昧。 
アレコレ旨い韓国料理を突き、飲む。
チョンゴル

韓国もつ鍋チョンゴルの〆はカルックス。
手打ちならではのコシと風味がエエ感じ。

 

 

らーめん大.福岡大橋店:ラーメン100円(開店価格)。福岡市南区大橋2-12-13。11:00~24:30、無休。Pなし。

島系本店舞鶴支店:ラーメン550円+野菜大盛り100円。福岡市中央区舞鶴1-6-14。11:30~15:00&18:00~23:00(変更あり)、火曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン153●うどん88●そば37●チャンポン21●その他87
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 22:49 | Comments [8]

2009年10月13日 火曜日

●こりゃBig News!!

あたしの食べ歩きと自然によると、二郎堀切系のラーメン大がオフィシャル・オープンの今週16日を前に既に試験営業を始めた模様。何せコチとら真性極太麺フェチゆえに、ドエラク気になる新ラ店なのだ!こりゃ明日にでも出かけてみるか?!

とりにくまみれによると、志成に今月末、全粒粉のうどんが登場するとか、しないとか。全粒粉=博多あかちょこべチックな絶品演出系うどんが啜れるのだろうか??

○麺とは全く関係ないが、水曜超早朝・午前2時より、TNCテレビ西日本で故・松田優作主演の名作ドラマ「探偵物語」が再放送されているとは……。この際、松田優作以上にゾッコンなショーケンの「傷だらけの天使」や、沖雅也の「俺たちは天使だ!」も是非とも再放送して欲しいぞぉ。

けんちんうどん

 

メッチャ忙しっ=杯麺だよりの日々。
日清のトールカップうどん、けんちんうどんは
らしき根菜フリーズドライが意地らしい。

究麺

「太麺」のプリント文字に引かれた究麺は
高価な割りには出来上がりは所謂普通。

ガチぶと

明星のガチぶとい杯麺は
いつ食べたかも記憶が定かでない=きっと我が守備範囲外……??

タイカレー

対してコチラのタイカレー・ヌードルはドエラク旨かったぁ!

Posted by heno at 23:24 | Comments [0]

2009年10月12日 月曜日

●宝来軒@福津市 ~『軒』を訪ねて 第58回~

コレまで何度も啜っているが、コレほど旨し滋味豚骨だったとは……!
やっぱ極上滋味豚骨は、なにより旨し。

西鉄宮地岳線・津屋崎駅のすぐ近く。古くから地元の方々に愛され続けている、謂わば地味&滋味名店。店頭の3台ばかりある駐車スペースに空きを見つけ、やっぽ~、ラッキー!と喜び勇んで駐車し暖簾をくぐると、厨房前の看板には「ラーメン大600円」と「ラーメン450円」に、「めし大150円」と「めし小100円」のみ。ナンとも潔いメニュー構成。迷わず、店の基本メニュー、ラーメン小をたのむ。

宝来軒

 

と、「釜のお湯を変えてますから、チョットお待ちクダサイねぇ。」と、お母さん。はいはい、旨いラーメンが啜れるのであれば、もちろん喜んで待たせて頂きマス!と、カウンター席向かいに置いてある水槽に飼われている金魚を眺めていると、水槽に「ピンポンパール・パールです」との張り紙アリ。へぇへぇ、この金魚はそんな品種名だったんだぁと、しげしげ眺めつつラーメンの出来上がりを待つ。

ラーメン◇宝来軒

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは一見してドエラク旨そうっ!

トロンと白濁したスープ然り、スープに浮いた朴訥調味チャーシュー然り。うんうん、今日の一杯は間違いなくドンピシャ我がツボなラーメンに間違いナシ!と、ウシウシ気分でスープをレンゲで一啜り。と、アッツ熱の触感とともに広がるファースト・インプレッションは極めて軽い。が、ジワジワとジワジワと、徐々に徐々に味わいの奥行きを増す、極上滋味スープならではの時間差美味攻撃。

ああ、タマラン!あぁあ、こりゃエエわぁ!!

一匙啜れば啜るほど、クイックイッと啜るほどに加速する旨さに、そりゃもう啜るレンゲが止まらないっ!もう一匙、更に一匙。あぁあ、何時までも何時までも、啜っていたひっ、ウルトラ超極上滋味!!

そして、真鍋製麺所製の中太麺も完璧コシコシ。あぁあ、タマランなぁ。こりゃドエラク旨いなぁ。感激一塩でズルズルと、ただズルズルと。

厨房には親子二世代らしき老齢&中年の男女二組。そして店内の壁には、常連客が贈ったらしき名作色紙。あぁ、いつまでもいつまでも。ずっとずっと提供し続けて欲しい、滋味名店。

宝来軒:ラーメン450円。福岡県福津市津屋崎609-2。11:30~19:00、火曜休み。 Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン150●うどん86●そば37●チャンポン21●その他86
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 13:06 | Comments [0]

2009年10月11日 日曜日

●新蕎麦の季節到来

午後からの折尾の打ち合わせを前に、ズズッと昼麺。超長年の宿題店であるほしの村へ。

ほしの村

住所をたよりに訪ねると、若松区の新興住宅街の一画に、イイ感じに色褪せた赤い暖簾。「挽きたて 打ち立て 茹でたて」と染め抜かれた文字が心強い。そして暖簾の横には「新そば入荷しました」との張り紙が!

 

コリャいよいよ楽しみだと引き戸を開けると、思いの外広々とした店内は、20畳は優にありそうな座敷席と、十数席のカンター席。カウンター席に座りメニューを見ると、冷蕎麦がせいろ、やまかけ、おろしに、温汁仕立ての鶏肉の4種がいずれも840円に、温蕎麦がかけの1種。一瞬鶏肉に惹かれるも、初店は基本メニューかと、せいろをたのむ。と、「今日は北海道産の新蕎麦です。九州の甘めの汁と関東風の辛めの汁がありますが?」と店員さん。モチのロンで辛めでお願いしマス!

せいろ◇ほしの村

ほうほう、コリャ旨そうだ……!

ほどなく運ばれてきた蕎麦は、新蕎麦ならではの緑がかった色合い&シュッと整った麺線がナカナカの美人。高まる期待を胸に箸で一筋摘めば、スルスルと解ける様が小気味よい。汁にちょいと付けズズッと啜れば、シュルルと口に収まる触感と、コリッとと弾けるコシと共にふわりと広がる仄かな甘み。香りこそさほど感じないが、ナンとも瑞々しいこの味わいは、正に新蕎麦。

突き出し◇ほしの村

どの蕎麦も、お通しが付くとの事。
今日は鶏肉サラダ。

十割古式手打そば ほしの村:せいろ840円。北九州市若松区高須南2-1-34。1:30~14:30&17:30~21:30(土日は中休み無)、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん86●そば37●チャンポン21●その他86
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 12:38 | Comments [0]

2009年10月10日 土曜日

●サプライズ満載の極上普通味

朔ノ 筑豊・熊本グルメレポによると、熊本空港近くの西原町に大勝軒の暖簾分け店がオープンしたとのこと。コリャ是非とも機会をみつけ、啜りたひっ!

 

東区での所用を終え、午後からの仕事に備えサクッと昼麺。道すがら、前回エラク好印象だったちゃんぽん専門店 千吉へ。

「いらっしゃしませっ!」

午前11時半前、開店間もない店内は先客ナシ。カウンター席でそれぞれ新聞を読んでいた夫婦らしき若き男女が我に気付き、元気な声と共にそれぞれの持ち場へ付く。

昼食には早い時間なので新たに客が訪れる可能性は低い。ならばと、単身ながらゆったりとテーブル席。テーブル一杯に新聞を広げ、小浜大統領のノーベル平和賞受賞記事を読みつつ、ラーメンの出来上がりを待つ。

ラーメン◇ちゃんぽん専門店 千吉

 

ほどなくラーメンが運ばれくるや、いきなりサプライズ。前回食べたチャンポンが白濁スープだったので、ラーメンもてっきり白濁かと思っていたら、醤油色濃い独特なルックスさてさてその正体は?とレンゲで一啜りすれば、軽やかな口当たりと共にナンとも柔らかく広がる自然な甘み。この芳醇なる味わいは、ラーメンスープと言うより、チャンポン・スープ。「ちゃんぽん専門店 千吉」の屋号は伊達じゃない?

このスープはオモロイなぁと感心しつつ、麺を啜る。と、コレまたサプライズ!

うっへぇ~、この麺はドエラク旨いでないのぉ~!

気持ち太めのストレート細麺は、シュルシュルッとナンとも小粋に口に収まる感じ然り、噛んだときのムチッと粘る色香あるコシ然り、噛み込むほどに広がるナンとも素朴な小麦の風味然り。麺自体の出来の良さと、それを絶妙な揚げ具合で調理する若き店主の丁寧、かつ正確な仕事。

前回のチャンポンと全く同じ印象。派手さはない&秀でた個性も感じないが、チャンと作られチャンと旨い極上普通味。と思いつつ啜っていると、卓上に気になる薬味を発見。ナムプリというタイの辛味調味料?こりゃ面白そうだと、スープに一サジ加えると、ドッカ~ン大変身!それまでの優しい表情は姿を消し、グインッと猛烈な辛味と円やかなニンニクの風味が、ナンとも今時のピリ辛ラーメン。

DVC00004

うんコリャ旨いなぁと小瓶を買って帰り
ニラ野菜炒めに添えつつ
satoyan特製ラー油と食べ比べ。

過激さと芳醇さ。それぞれに旨い。
ならばと二つを合わせてみると、
わぁお、わおわお、コリャどえらく旨いっ旨いっ!

 

ちゃんぽん専門店 千吉:ラーメン480円。福岡市博多区神屋町10-6。不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん86●そば36●チャンポン21●その他86
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 11:12 | Comments [7]

2009年10月09日 金曜日

●イ~ネッ!イ~ネッ!イ~~~ネッ!!

長年の恋が見事に成就!やっぱ最高楽しかったぜ、CKB=クレージー・ケン・バンドのライブ!

我が最愛音楽楽団のひとつ、CKB。いつかはライブを楽しみたいと思いつつも、昨今の風潮である「ライブはオールスタンディングで楽しむ」が嗜好に合わない。こちとらポンコツ&ロートル音楽ファン。椅子に座ってじっくりと音楽を堪能したい派なのだ。

なので今回のライブも見送るつもりだったが、我がお下がりのipod shuffleでスッカリCKBファンとなった次男から猛烈なる「コンサートに連れて行って」お強請り。ならばと重い腰を上げ連れて行くと。コレがホントにイ~ネッ!イ~ネッ!イ~~~ネッ!!

薄明かりの会場が突如暗転するのに合わせ、流れていたBGMがカットアウト&生のバンド演奏がカットイン。そしてスポットライトが横山ケンを照らす。オープニングの演出からして超カッコイイぞぉ!

一曲目は予想通り、新アルバム「Girl! Girl! Girl!」の1曲目「VIVA女性」だが、その後は新譜以外の昔の曲のオンパレード。そして、どの曲もドエラクかっこイ~ネッ!そして横山ケンのMC。「立ってタノシみたい方は立つ。座って聞きたい方は座る。どうぞ好きなスタイルで楽しんでください。」とイ~ネッ!イ~ネッ!イ~~~ネッ!!

殻付き海老のクミン風味揚げ 

東洋一のサウンドマシーン、CKBのライブをタップリ3時間堪能した後は
会場近場の翡翠園で遅い晩飯。

 

プロパーメニューの殻付き海老のクミン風味揚げに…

牡蠣とトーチの炒め

期間限定メニューの牡蠣とトーチの炒めや…

海老とミンチの太巻き揚げ

海老とミンチの太巻き揚げに…

厚揚げとホルモンの煮込み台湾風

厚揚げとホルモンの煮込み台湾風と
ドレもコレも、旨いっ!

 ジャージャー麺◇翡翠園

そして極めつけが、ジャージャー麺。
肉味噌仕上げの中華香辛料の加減がナンとも絶妙、
奥行きのある豊かな風味がタマラン美味。

イイ感じにテロッとプニプニな麺と共にカッ喰らえば
シアワセ一杯腹一杯!

さらに海鮮チャーハンなど、家族4人でアレコレ喰って
生ビールも一杯のんで、精算は僅か5000円!

安くて旨くて、腹一杯、
やーぱ家族飯もCKB=チャイニーズ・キッチン・ベスト!!

 

DVC00001

昨日今日と超多忙で昼麺日照り。
で、肉まんで飢えを凌ぐ。 
セブンイレブンの肉まんはー
相変わらずフツーに旨し。

DVC00005

ローソンの高級肉まん「白」は塩味仕立て。
肉厚ふわふわの皮と
ニチニチ旨い肉あんと
シャキシャキ弾ける大切りのタケノコが旨かデス!

翡翠園:ジャージャー麺650円。福岡市早良区高取2-17-49SENビル2階。11:30~14:30&17:30~22:30、不定休(おおむね月曜が多い)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン148●うどん86●そば36●チャンポン21●その他86
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 23:31 | Comments [0]

2009年10月07日 水曜日

●世界の味

中年男の奮闘記に、新ラ店 博多王道の実食リポあり。博多一幸舎中洲支店の店長が独立開業した店だが、どうやら一幸舎とはひと味違うラーメンを出している模様。こりゃ近々必食だなっ!

店主ブログによると、杵むらに鴨鍋の季節到来。「鍋は皮目を焼いた鴨肉と焼ネギそれに京揚げと水菜のシンプルな鍋。煮込む程に味が染みてもう日本酒と相性抜群。柚子皮をたっぷりちらしてどうぞ…」。うん、これも近々再食だなっ!

○秀ちゃん社長ブログによると、JR博多駅デイトス食堂街に今月23日(金)開業予定の麺コンプレックス「博多めん街道」の店舗引き渡しが行われた模様。

さつまラーメン大手門店

福岡の東濃く腹に度々登場するさつまラーメンは、公式HPによると「世界トップクラス」の店舗数を誇るラーメンFC。さつま=鹿児島と思いきや、本拠地は大分。昭和36年に大分県臼杵市に1号店をオープン。その味を世界に通用させるべく、膨大な費用をかけ独特のチェーン店方式を開発し、現在では日本全国に約100店舗を展開しているという。

 

その存在は知っていたが、食べたことが無かったなぁ、さつまラーメン……。

で、得意先への納品がてら、さつまラーメン大手門店で、遅い昼麺。

午後3時過ぎ、20席は優にありそうな縦長のカウンター席の店内は先客なし。それぞれに新聞を読んでいた夫婦らしき男女が我に気付き、それぞれの持ち場へ着く。席に着きメニューを見ると、ラーメンは、「ラーメン」と「味噌ラーメン」と「醤油ラーメン」の3種類×具のバリエーションが4~5種。迷わず「ラーメン」をたのむ。

ラーメン◇さつまラーメン大手門

ほどなく差し出されたラーメンは、思ったより醤油色が強めのスープ。どらどらと一口啜れば、少し酸味がかった醤油ダレの華ある旨味と、すぐその後を追ってくる、ぐいっと押し出し感の強い独特なダシの風味。

うん?この押し出し感は、どこかで食べた記憶があるなぁ……。
おう、そうだ。横綱ラーメンの後味に似てるんだぁ。

合わさる麺は気持ち太めの細麺。クニクニ、ネチネチと色香あるコシが楽しい、絶妙なる揚げ具合は老練&丁寧な仕事の成せる技か。シャキッと弾ける太モヤシとの食感のハーモニーもイイ感じ。

スープの色&味わい同様に、チャーシューも醤油でカナリしっかり調味してある。中華香辛料チックな、ちょっとクセある風味を味わいつつ、ふと思う。

コレだけ醤油風味をアチコチ感じるということは……、
こりゃ「ラーメン」より「醤油ラーメン」の方が我が好みだったかも。

さつまラーメン大手門:ラーメン500円。福岡市中央区大手門1-8-20。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン148●うどん86●そば36●チャンポン21●その他85
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離17km / 通年441km

Posted by heno at 15:25 | Comments [4]

2009年10月06日 火曜日

●マシッソヨ!

所用で住吉へ出かけたついでに、ズズッと昼麺。かねてから気になっていた韓国麺、カルクッスを啜りに柳家へ。

柳家

「いらっしゃいませぇ~!」
「らっしゃいまぁせ。」

博多座横、出雲そば加辺屋も入居する雑居ビルの2階。正午半過ぎ=ランチ・ゴールデン・タイムなれど、店内には先客なし。若夫婦の元気な声と、韓国の方だろうか、独特の訛りのあるお母さんの燻し銀の声に迎えられる。

 

店内は全て座敷&座卓。中央の卓に座りメニューを見ると、ランチ営業は、骨付き牛カルビ煮込み定食、ユッケジャン、ビビンバ、のり巻きに、我が目当ての韓国式うどん=カルックスの5種類。いずれもご飯&麺の大盛りは無料とのこと。モチのロンでカルックスをノーマルでたのむ。

カルクッス◇柳家

待つことしばし、鍋に入ったカルックスが運ばれてくる。麺をスープで煮込むカルックス。具はアサリ、ニンジン、ズッキーニ、白葱に海苔。スープはダシに軽く塩をした薄味仕立て、好みで辛味タレを添えて食べるスタイル。

どらどらと韓国スプーンでスープを一啜りすれば、かなりの薄味。かつて韓国ソウルと釜山で食べたそれは、結構濃い味わいに調理されていたが、私はこの滋味スープの方が好みだなっ。

小皿に注ぎ分け麺を啜る。と、コレがドエラク旨いっ!おそらく自家製手打ちの麺なのだろう。クニクニと抗うコシとニチニチと粘るヒキ。そして噛み込むほどに広がる自然な甘みと風味。

そして具のアサリも妙に旨い。ふっくらとした身から良いダシが出て、小皿一杯に広がる。添えた辛味タレを少し溶かし入れ、味わいの変化も楽しみつつ、ズルズルとユルユルと美味麺を啜る、シアワセなる午後のヒトトキ。

夜の居酒屋メニューも魅惑的!
プルコギにポッサムにブタチゲに、
トドメはヤカン入りマッカリ!!

何方かご一緒しませんかぁ?!

どん兵衛かき揚げ

フトロングどん兵衛のかき揚げは、キツネほどの感動ナシ。
て言うかぁ、おそらく具の天ぷらが我が好みに合わないだけ…。

 

柳家:カルックス500円(ランチ価格)。福岡市博多区下川端町1-331。11:00~14:00&17:00~24:00、月曜休み。

◎通年麺喰い◎ラーメン148●うどん86●そば36●チャンポン21●その他85
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離6km / 通年430km

Posted by heno at 12:37 | Comments [8]

2009年10月05日 月曜日

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで34日

店主ブログによると、元助×ファミリーマート第二弾が決定。下記のつけ麺に続き、今度はあつもり。明日6日より来月3日までの期間限定販売だとか。

かほたん's にっき新館によると、休業していた久留米の本格蕎麦屋、藪蕎麦が目出度く営業再開した模様。

 

今朝は久しぶりに走る。あぁいい汗かいたなぁとシャワーの蛇口をひねると、思いの外温度低めの生ぬるい湯水に、わぁお、寒っ!

おそらく「犯人」は長男。最近しょちゅうシャワーを浴びているが、元来の若さに加え、部活のバスケでスッカリ新陳代謝が上がったのだろう。私の設定した温度は彼にとっては熱すぎるのだ。

くふぅ、寂しっ……。んでも、まだまだヤツには負けられないっ!
おりゃぁ、目指せフルマラソン4時間切り!

DVC00001

 

今年正月に勝ったランニング用ヘッドフォンだが
ケーブルが10ヶ月持たずに断線し早くもおシャカ。

で、買い換えた新型イヤフォンは各耳の上から引っかけるタイプ。
がっちりと心強いホールド感がナカナカにイイ感じ!

41ierMaoOdL__SS500_

とあるラ店の楽しみにしていたラーメンだが
如何せん、スープがぬる過ぎ。
結構高価な価格設定なのに
アマリにもぞんざいなるコノ調理は、わぁお、あんびりーばぼー……。

◎通年麺喰い◎ラーメン148●うどん86●そば36●チャンポン21●その他84
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離6km / 通年430km

Posted by heno at 22:17 | Comments [2]

2009年10月04日 日曜日

●ネオ元祖

粋な着物姿でシュルシュルと麺を啜り歩く博多おんな節。に気になる新ラ店記事が上がる。ラーメン一種にライスに替え玉と、ナンとも潔いメニュー構成然り、イイ感じに透明感を残す白濁スープの写真然り。そしてトドメは屋号。「元祖 美野島家」ですとぉ!?元祖長浜屋を彷彿とさせる屋号をつける心意気がググと我がツボ!コリャ早々に啜ってみたひっ!!

元祖 美野島家

 

住所を頼りに訪ねると、中華料理の名店、明日香のすぐ近くに色とりどりのラーメンの幟。一昨日にオープンしたての元祖美野島家、ピッカピカの店内は、えらく簡素な白テーブル席が3~4卓。必要最小限のインテリアがコレまた我が好み。

厨房前のカウンターに「ご自由にどうぞ」との張り紙と共に辛子高菜とタクワンが置いてある。辛子高菜を取り、チョビチョビ囓りながらラーメンの出来上がりを待つ。

ラーメン◇元祖 美野島家

ほどなく差し出されたラーメンは、思いの外オイリー。スープ表面に1センチほど脂が浮いているではないか……。うう~ん、こりゃ手強いかも…とおっかなびっくりスープを啜れば、アッツ熱の脂の甘みとほわんと軽やかな豚骨ダシの風味。味のベクトルは達磨麒麟と相通じるイニシエ系博多ラーメン。コレでもう少し脂の量が少ないとカナリ我がツボ。

ボリボリと無骨に弾ける中細麺に、気持ち厚切りのチャーシューの素っ気ない調味具合もナカナカ気分。こりゃイイや!とズズズズズズッと一気に完食し、禁断の替え玉をコール。キリリと辛い辛子高菜をドーピングし、これまたズズズズズズッと一気喰い。熱々スープと辛子高菜で流れ落ちる額の汗をハンカチタオルで拭いつつ、店を出る。

IMG_1198

麺の後は、音楽。
年に一度のお楽しみ、ミュージックシティ天神の
大丸パサージュ広場会場で福岡城のライヴを満喫。

IMG_1196

ドラムスが若い女性にメンバーチェンジ(?)するも
相も変わらぬハード・バップな演奏に、ノリノリ!
 

元祖 美野島家:ラーメン500円+替え玉100円。福岡市博多区美野島2-6-34。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン147●うどん86●そば36●チャンポン21●その他84
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離0km / 通年424km

Posted by heno at 11:28 | Comments [0]

2009年10月03日 土曜日

●蕎麦には、酒。

○昨今のつけ麺ブームを象徴するかのイベント「大つけ麺博」がお江戸で開催。今月22日から3週間、週替わりで8店舗ずつ=計24店舗が出店するが、大勝軒や六厘舎、なんつッ亭、とみ田などの関東超人気有名店と並び、福岡から博多新風が出店する模様。頑張れ、博多つけ麺!

 

休日出勤の仕事を午前中で終え、先週のくじゅう登山で靴底が剥がれてしまった登山靴を買い換えようかなぁと、シェルパ福岡店へ。訪ねてみると、わぉラッキー!開店5周年記念フェアで全品一割引で、しかもポイント5%付き!!ならば買い換え決定!さてどれにするかと靴をアレコレ眺めていると、「へのさん!」との声。振り返ってみると、あらsatoyan。連れ合い様と物欲ポタを楽しんでいるのだとか。

太六

20分ほどイロイロ履き比べ、SIRIOを購入。さぁさ昼麺と向かったのは太六。俺コレ!によると、大分県日田市や福岡県太宰府市など、アチコチに移転を繰り返した流浪の蕎麦屋は、今年7月、創業の地にほど近い福岡県那珂川町へ落ち着いたとのこと。

 

住所を頼りに訪ねると、幹線道路から入り込んだ田んぼに囲まれた農家に「太六」の暖簾。こりゃナンとも辺鄙な場所に移転したものだなぁ。幹線道路の入り口に看板もないし、まるで道すがらちょいと立ち寄る一見客を拒むかのごとき立地である。

農家を利用した店内には太宰府店で使っていた見覚えある大テーブルが2卓に、窓ぎわにカウンター席。午後2時過ぎという時間帯のせいか、先客なし。ならばゆっくりさせてもらうかと大テーブルに座りメニューを見ると、蕎麦が十割りと二八の2種類に、秋限定の茗荷蕎麦や梅おろし。そして、更にメニューをめくると、そばがきやだし巻きなど、酒が恋しくなるアテも載っている……。イカンイカン、今日は車で来たのだとメニューを閉じ、十割りの生粉打ちをたのむ。と、「関東風のとっても辛めの汁と、それほどでもない汁とありますが。」と奥さん。モチのロンでとっても辛めでお願いしマス!

蕎麦味噌◇太六

蕎麦茶と共に供された蕎麦味噌の旨いこと!
コレでクイッと日本酒があれば……。生粉打ちそば◇太六

蕎麦屋酒モードをナンとか堪え待つことしばし、蕎麦が運ばれてくる。シュッと麺線の通った相変わらずの美人蕎麦に、薬味皿に白葱と共にこんもりと盛られた辛味大根のおろし。うん、コレぞ太六の蕎麦。

蕎麦徳利から猪口に汁を移し、箸で蕎麦を摘むと、するすると解け持ち上がる心地良さ。ちょいと汁につけズズッと啜れば、キリリと広がる醤油カエシのキレある風味。うんうん、コレぞ太六!と蕎麦を噛めば、クニッと小気味よいコシと共に、ふわりと華咲く蕎麦の香りと甘み。

途中、辛味大根おろしで味の変化も楽しみつつ、ズズッ、ズズッ、ズズズゥ~と一気に完食。超辛汁と強腰蕎麦と辛味大根。うんうんうん、コレぞ太六の蕎麦だと大満足で、蕎麦湯を楽しむ。まずはそのまま、続いて白葱、最後は辛味大根。薬味よって表情を変える蕎麦湯の味わいの変化が、ほっこり旨し。

相も変わらずキリリと旨い蕎麦である。が、だからこそ恋しくなるのが日本酒。ああ飲みたい!蕎麦屋酒が頼みたい!!とアクセルを踏み帰宅し、台所へ駆け込み、買い置きの蕎麦粉でそばがきを作る。

水加減に失敗し、ボロボロのボソボソ……。
でも、酒とともに突けば、結構イケルイケル!

やっぱ蕎麦にゃ日本酒!

太六:生粉打ち1000円。福岡県筑紫郡那珂川町山田10105。11:30~16:00、木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン146●うどん86●そば36●チャンポン21●その他84
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離0km / 通年424km

Posted by heno at 14:09 | Comments [0]

2009年10月02日 金曜日

●「パリコレ」ならぬ「パリコリ」

所用で早良区の普段は通ることのない道。

おやおや、こんなところに中華料理屋さんが…。

南庄二丁目のバス停の真後ろに「長喜園」なる店舗を発見。入り口上の電照看板には屋号に加え、「出前迅速」と「もつ鍋 チャンポン」の文字。「もつ鍋」から察するに中華料理屋というよりは中華食堂か?イイ感じにこぢんまりと質素ながらもキチンと清潔感溢れる外観が好印象!ならばココで看板メニューのチャンポンを啜っていくか!

「いらっしゃいませぇ~!」

引き戸をくぐると、ナンとも元気な声に迎えられる。縦長の店内の右手の厨房には、親子らしき老夫婦と中年男子。外観同様にスッキリと片付けられた店内が居心地良し。うんうん、こりゃアタリかも!とカウンター席に座りメニューを見ると、筆頭の海鮮ちゃんぽん」続き、もつチャンポンや五目チャンポン、味噌チャンポンなど、チャンポンだけでも5~6種がラインナップ。もつチャンポンにカナリ惹かれまくるも、くふぅ~、初チャ店は基本メニューが我が麺喰い信条。「チャンポン530円」をたのむ。

と、カウンター奥の厨房で調理が始まる。中華鍋でチャチャッと具を炒めたのち、寸胴鍋よりスープを啜り、麺を投入。と、ココまでは所謂良く目にするチャンポン料理法だが、その後、丁寧に丁寧に&何度も何度も中華鍋の中で麺をひっくり返しスープを馴染ませる様が尋常ではない。

あはは、コリャ間違いなく旨いかも!

期待ワクワクで、出来上がりを待つ。

チャンポン◇長喜園

 

うんうんうん、コリャ間違いなく旨いハズッ!!

ほどなく差し出されたチャンポンは、丁寧に同じ大きさに切り揃えられた具が好印象。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ふわっと広がる柔らかなダシの旨み。おそらくラードも使っていないのだろう。軽やかな口当たりと、外連味の一切ないあっさり滋味が、ググッと我がツボ。

合わさる麺は気持ち細めの中太麺。アッツ熱の食感とともに、ホワンホワンと軽快に跳ねるこの感じは、丁寧にスープに合わせながら加熱された効用か。共に口に収まる具がコレまた美味。絶妙な加熱具合の成せる技が、キャベツのパリパリとイカゲソのコリコリが、ぬわんとも楽し旨し!

丁寧は仕事と、絶妙な塩梅の調理センス。うん、おそらくこの店は、どのメニューを食べても間違いないくチャンと旨いはず。コリャ是非とも再訪し、他のチャンポンメニューも全て食べ尽くしてみたひっ!

長喜園:チャンポン530円。福岡市早良区南庄2-21-23-1。11:00~21:00、木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン146●うどん86●そば35●チャンポン21●その他84
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離0km / 通年424km

Posted by heno at 13:02 | Comments [0]

2009年10月01日 木曜日

●飲み系、しゅるるぅ!

○今月の3連休の遊び方にお迷いの福岡在住の麺好きさんに朗報デス。関西汽船の小倉~松山間フェリーが週末限定サービスで、乗用車1台&乗船者1名で片道わずか8,000円!コレって博多~讃岐間のガソリン代と、ほぼ同じ。てぇ事は高速道路料金分割安だし、しかも、フェリーで寝て、翌早朝愛媛県松山に着く~道後温泉で朝風呂に入る~車を走らせ西讃地区の製麺所系うどんでの朝食うどんを皮切りに目一杯さぬきうどんを楽しむ、楽&安&エコな讃岐うどん満悦ドライブが実現可能!

あははんっ、出かけるかぁ?!
が、その3連休は既に3連勤決定の私でありましたぁ……。

六壱○麺

至極当たり前な事だが、ナンの根拠もない先入観なぞ、とっとと捨てるに限る。
「六壱○麺」なる漢数字を多用した如何にもコンサル系な屋号然り、その看板ロゴ然り。かつて天神親不孝通りで若者相手の居酒屋チェーンで大成功をおさめ、現在は居酒屋ぶあいそや蟹料理店丸海屋、博多鉄鍋も手がける「てっしぃおじさん」こと溝上徹思氏が率いるアマージュの新業態店なのか……??と色眼鏡で見ていたが、いやいやどうして。コレがナカナカに旨かとデス!

海老ニラそば◇六壱○麺

麺メニューは担々麺、海老ニラそば、味噌辛もやしの3種類。我が好みキーワード「海老」と「ニラ」が二連チャンの海老ニラそばを迷わず頼むと、

えへへぇ、そうキタかぁ……!!

イイ感じに透明感を残す醤油色のスープに浮かぶのは、ニラと共に炒めあげたピリ辛ミンチ肉と白髪葱と、海老のブツ切りの天ぷら。

へえへえ、こりゃオモシロそうだと思いつつも、まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ほっこりと優しく、かつシッカリと確かに広がる、ダシと醤油ダレの厚み感のある味わいハーモニー。誤解を恐れず例えるならば、極上チキンラーメン。うんうん、コリャかなり我がツボだぁ!

合わさる麺は細めの縮れ。ビチビチ跳ねつつ、シュルシュルと口に収まる感じがナンとも愉快。柔らか滋味なるスープとの絡みも良し。共に口に飛び込む、ニラとピリ辛ミンチ肉が、食感と味わいの変化を演出。口に収まるそれぞれの比率により、啜る毎に異なる印象が楽しめる。

そして海老のブツ切り天ぷら。食べ始めた時点では、カリッ&プリッと美味。それが時間経過と共にスープに衣が馴染み、トロッ&プリンッとコレまた変化していく様がオモロイ、オモロイ。

量はさほど多くはなくて、価格は680円。おそらく夜営業をメインに考えた飲み系ラーメン店なのだろう。かなり高めの価格設定ではあるが、思わず納得の我がツボな一杯に大満足。生ビール+あて一品+好みのラーメンがセットになった「チョイ飲みセット1.000円」なるステキなメニューもあることだし、次回は夜!道斜向かいの新餃子店、ピース餃子とハシゴしたいっ。

 

かっぱ寿司 

夜は中学校の中間試験で頑張った長男との約束を果たすべく
家族で回転寿司。
全国に300店舗を展開する回転寿司の大手、かっぱ寿司
順番待ちも、席に着いた後の独自注文も
全てタッチパネル式。

DVC00009

自宅に帰り〆はどん兵衛。
新開発「フトロング製法」で従来より2割ほど厚みが増したという麺は
見た目はさほどでもないが、啜ってみれば従来麺との違いは歴然。
確かに太い!そして長い!!更にコシが強い!!!
かつて啜ったマルちゃんの
映画「UDON」のタイアップ麺もナカナカだったが
それを遙かに凌ぐ太旨うどんに
カップうどん元祖&最大手メーカーである日清のソコヂカラを実感。

 

六壱○麺:海老ニラそば680円。福岡市中央区平尾1-9-8。11:30~15:00&18:00~28:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン146●うどん86●そば35●チャンポン20●その他84
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離75km / 通年424km

Posted by heno at 13:10 | Comments [3]