2009年10月04日 日曜日

●ネオ元祖

粋な着物姿でシュルシュルと麺を啜り歩く博多おんな節。に気になる新ラ店記事が上がる。ラーメン一種にライスに替え玉と、ナンとも潔いメニュー構成然り、イイ感じに透明感を残す白濁スープの写真然り。そしてトドメは屋号。「元祖 美野島家」ですとぉ!?元祖長浜屋を彷彿とさせる屋号をつける心意気がググと我がツボ!コリャ早々に啜ってみたひっ!!

元祖 美野島家

 

住所を頼りに訪ねると、中華料理の名店、明日香のすぐ近くに色とりどりのラーメンの幟。一昨日にオープンしたての元祖美野島家、ピッカピカの店内は、えらく簡素な白テーブル席が3~4卓。必要最小限のインテリアがコレまた我が好み。

厨房前のカウンターに「ご自由にどうぞ」との張り紙と共に辛子高菜とタクワンが置いてある。辛子高菜を取り、チョビチョビ囓りながらラーメンの出来上がりを待つ。

ラーメン◇元祖 美野島家

ほどなく差し出されたラーメンは、思いの外オイリー。スープ表面に1センチほど脂が浮いているではないか……。うう~ん、こりゃ手強いかも…とおっかなびっくりスープを啜れば、アッツ熱の脂の甘みとほわんと軽やかな豚骨ダシの風味。味のベクトルは達磨麒麟と相通じるイニシエ系博多ラーメン。コレでもう少し脂の量が少ないとカナリ我がツボ。

ボリボリと無骨に弾ける中細麺に、気持ち厚切りのチャーシューの素っ気ない調味具合もナカナカ気分。こりゃイイや!とズズズズズズッと一気に完食し、禁断の替え玉をコール。キリリと辛い辛子高菜をドーピングし、これまたズズズズズズッと一気喰い。熱々スープと辛子高菜で流れ落ちる額の汗をハンカチタオルで拭いつつ、店を出る。

IMG_1198

麺の後は、音楽。
年に一度のお楽しみ、ミュージックシティ天神の
大丸パサージュ広場会場で福岡城のライヴを満喫。

IMG_1196

ドラムスが若い女性にメンバーチェンジ(?)するも
相も変わらぬハード・バップな演奏に、ノリノリ!
 

元祖 美野島家:ラーメン500円+替え玉100円。福岡市博多区美野島2-6-34。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン147●うどん86●そば36●チャンポン21●その他84
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離0km / 通年424km

Posted by heno at 2009年10月04日 11:28
コメント
コメントしてください




保存しますか?