2009年10月11日 日曜日

●新蕎麦の季節到来

午後からの折尾の打ち合わせを前に、ズズッと昼麺。超長年の宿題店であるほしの村へ。

ほしの村

住所をたよりに訪ねると、若松区の新興住宅街の一画に、イイ感じに色褪せた赤い暖簾。「挽きたて 打ち立て 茹でたて」と染め抜かれた文字が心強い。そして暖簾の横には「新そば入荷しました」との張り紙が!

 

コリャいよいよ楽しみだと引き戸を開けると、思いの外広々とした店内は、20畳は優にありそうな座敷席と、十数席のカンター席。カウンター席に座りメニューを見ると、冷蕎麦がせいろ、やまかけ、おろしに、温汁仕立ての鶏肉の4種がいずれも840円に、温蕎麦がかけの1種。一瞬鶏肉に惹かれるも、初店は基本メニューかと、せいろをたのむ。と、「今日は北海道産の新蕎麦です。九州の甘めの汁と関東風の辛めの汁がありますが?」と店員さん。モチのロンで辛めでお願いしマス!

せいろ◇ほしの村

ほうほう、コリャ旨そうだ……!

ほどなく運ばれてきた蕎麦は、新蕎麦ならではの緑がかった色合い&シュッと整った麺線がナカナカの美人。高まる期待を胸に箸で一筋摘めば、スルスルと解ける様が小気味よい。汁にちょいと付けズズッと啜れば、シュルルと口に収まる触感と、コリッとと弾けるコシと共にふわりと広がる仄かな甘み。香りこそさほど感じないが、ナンとも瑞々しいこの味わいは、正に新蕎麦。

突き出し◇ほしの村

どの蕎麦も、お通しが付くとの事。
今日は鶏肉サラダ。

十割古式手打そば ほしの村:せいろ840円。北九州市若松区高須南2-1-34。1:30~14:30&17:30~21:30(土日は中休み無)、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん86●そば37●チャンポン21●その他86
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離23km / 通年447km

Posted by heno at 2009年10月11日 12:38
コメント
コメントしてください




保存しますか?