HENO HENO: 2010年01月 アーカイブ

2010年01月31日 日曜日

●博多デフレ・ラーメンを巡る ~番外編 マルトク@鳥栖市~

もっと幸せに…に残念麺ニュース。素朴な風味がドエラク我がツボだっった志成@大手門の全粒粉うどんが、昨日でひとまず提供終了とのこと。くぅ、残念。

○かつて太楼ラーメンだっった店舗が「れんげや」なるうどん屋に変わり営業中。うどん、そばが300円から、ドンブリが400円から。夜はチョイ飲みも楽しめる模様。

 

朝目覚めると小雨交じりの生憎の天気。コレじゃ山にも登れないし、自転車にも乗れないし、ジョギングも出来ない。ならば、

麺喰うぞぉ、麺喰うぞぉ、Max麺喰うぞぉ~!←マシンガンズ調で

で、気分はデフレ・ラーメン。定価が350円以下のラーメン屋を食べ歩き紹介したいと向かったのは鳥栖。神酒の麺道楽でその存在を知り、是非とも啜ってみたいと思い続けていたマルトクラーメンへ。

 

マルトクラーメン

 

鳥栖から佐賀へと続く国道34号線沿いの龍谷短大入口交差点に赤い看板。「うちのラーメンはうまかよ!」と吹き出しコメント付きのラーメン・ドンブリのイラストが愛らしい。

DVC00001_3  

 

正午半過ぎの店内は、ほぼ満席。小さな子供連れや、若夫婦とその親夫婦、若者カップルなど、そりゃもう様々な客層が入り交じる様に、この店の根強い人気を思い知る。

麺メニューはラーメン350円にチャーシューメン55円にチャンポン550円に焼きそば500円。加えて、焼きめし550円、野菜炒め400円に餃子とご飯類と、至って王道中華食堂のメニュー構成。さてさてどんなデフレ・ラーメンが啜れるのだおるか?食事中の客のガヤガヤと楽しそうな会話をBGMに、朝青龍の暴行事件を報じるスポーツ新聞をめくりつつ、出来上がりを待つ。

 

ラーメン◇マルトクラーメン

 

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す生成り色の白濁スープが一見してドンピシャ我がツボ!コリャいよいよ楽しみだとレンゲでスープを一啜りすれば、瞬間思わず頬が緩む。

むふ、むふふぅ!こりゃ旨いわぁ。メッチャ旨いわぁ!!

アッツ熱の口当たりとともにさり気なく、あくまでもさり気なく広がる豚骨ダシの柔らかな甘み。外連味は一切ナシ。あくまでも純粋に豚骨ダシ・オンリーの自然な旨味がシミジミと五臓六腑に染み渡る正統イニシエ滋味。

そして麺も旨いっ。啜ったときの唇を擽るベルベットな触感然り、噛み込んだときの瞬間ぷにんと愛らしく抗うも、ある瞬間を境にかつんっと小気味よく解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦の素朴な風味然り。滋味スープに相性抜群の優し麺に、コレまた惚れ惚れ。

ギンギン旨いイマドキ流行のラーメンとは対極の、ふっくらと旨いイニシエ端麗豚骨。地道に誠実にチャンと作られた極上普通味。コレだけ丁寧に作られて&旨くて350円はおそれ入谷の鬼子母神。チャキチャキとそれぞれの仕事を確実にこなすお母さん達の仕事ぶりも味のうち。うん、これぞ大衆ラ店の鑑なり。

 

DVC00009

 

帰りは三ツ瀬越え。
中華工房 点心点で極太つけ麺を買って帰り、牡蠣皿うどんを作る。
圧力鍋でプニプニに仕上げた極太麺に焼き目をつけ、
牡蠣とホウレン草を加え、オイスターソースで調味すれば、

う、旨いっすぅ……!メッチャ旨過ぎっすぅ!!

 

マルトクラーメン:ラーメン350円。佐賀県鳥栖市村田町695-2。11:30~22:00、火曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン23●うどん11●そば1●チャンポン0●その他9
◎今月の総ジョグ距離73km / 通年73km

Posted by heno at 13:21 | Comments [5]

2010年01月30日 土曜日

●らーめん大 全メニュー制覇計画 いつ最終回? ~福岡限定ラーメン~

♪ 罪なぁ~ ヤツさぁ~ あぁあ~パシフィ~~クゥ ♪

らーめん大の全メニュー制覇計画。前回のこく味噌ラーメンでてっきり遂行したかと思いきや、さがの日々によると前回のこく味噌ラーメンに続き、「福岡限定ラーメン」なる新たなるメニューが登場したとのこと。

ペプシ、ペプシ!いや、コラ、コーラ!!(←新宿カウボーイ調で)
いつになったら全メニュー制覇できるんやネンッ!

でもまぁ乗りかかった船、成し遂げたいっ!とハンドルを切り大橋へ。

 

らーめん大 福岡大橋店

 

来店8回目でスッカリ見覚えあるはずのメニューを記した店頭の黄色い看板に、「福岡限定ラーメン¥600」なる真新しい張り紙が。「野菜以外の無料トッピングはできます」=野菜の無料トッピングは出来ないのかぁ……。野菜好きの我ゆえソリャかなり寂しいも、まぁまぁしゃーないなぁと入店すれば、わぁお、入り口すぐの食券販売機とカウンター席の間に4人掛けのテーブル席が2卓新設されているではないかぁ。こりゃナンとも親切な新設だなぁって、ソリャこてこての背脂増し増しや内科医、いや、ないカイ!と、ひとりボケつっこみ。

 

福岡限定ラーメン◇らーめん大福岡大橋店

 

待つことしばし、差し出された「福岡限定ラーメン¥600」は、らーめん大お約束の厚切りチャーシュー2枚に、同じくお約束ではあるが通常よりカナリ少量な茹でキャベツ&太もやしに加え、以前食べた油そばには盛られていた白葱に、お初登場の太切りキクラゲとシナチク。

一見スープは通常のラーメン同様の醤油豚骨風。なぁ~んだ、「福岡限定ラーメン¥600」は、具の盛りつけ方が違うだけなのかぁ?と、目一杯ガッカリ。まぁまぁまぁまぁ、しゃーないしゃーないと、トホホ気分。いつもの通りに箸をドンブリ底へと深く突き立て、ぐりんぐりんと麺と具を和えて、ズズッと啜る。と、

ううんっ……、ううううん??コレってアル意味正統お江戸極太麺美味ヤンッ!!

おそらくは、太切りキクラゲ&シナチクの功績か。イレブンフーズ@東京東品川にドエラク相通ずる海藻類特有のヌルヌル食感&潮の香溢るるナンとも素朴な風味がグイグイ我がツボ!加えて大切りシナチクの独自の風味がイニシエ気分全開。どこか懐かしくどこか新しいハイパー滋味なる味わいに、ドッキュンと我が麺心が撃ち抜かれマクリっ!

 

 

ゴリゴリ、ムニムニと抗う固茹で極太麺もド真ん中ストライク我がツボ。ああ旨いなぁ、コリャ旨いなぁと、心の中でスタンディング・オペレーションを繰り返し贈りつつ、ワシワシとカッ喰らう快感。

 

で、らーめん大福岡大橋店ミニ知識。駐車場がない店舗ゆえ遠方より車で訪れる客は有料駐車場に駐めざるを得ない。で、今日駐めた西鉄不動産大橋有料立体駐車場は、すぐ近くのダイキューバリュー大橋店で1000円以上の買い物をすれば、1時間100円の駐車料が無料になるらしい。

 

 

で、ダイキューバリュー大橋店をのぞくと、大鰯の切り身5尾で200円を始め、キビナゴてんこ盛り150円や鯛皮湯引き200円に大粒牡蠣やおつまみ昆布など、魚好き心を刺激する格安&美味食材の宝庫!!で、アレコレ買い込み1400円で、駐車料金無料&極旨酒のアテ。

夕飯の買い物の手間&支払いが省けたカミさんも大喜び。よっしゃよっしゃ、次回から休日のらーめん大喰いはこのパターンで決まりっ!!

 

SHRIMP WONTON WITH NOODLE

 

で、今夜も家でいい頃加に飲んで
〆はSHRIMP WAONTON WITHI NOODLE。
どことなくベトナムチックだなぁと、
ダメもとでベトナム魚醤・ナンプラーとチリソースを添えれば
ドッカ~~ン、大当たりぃ~~。

 

らーめん大 福岡大橋店:福岡限定ラーメン600円。福岡市南区大橋2-12-13。11:00~24:30、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン22●うどん11●そば1●チャンポン0●その他8
◎今月の総ジョグ距離73km / 通年73km

Posted by heno at 20:59 | Comments [4]

2010年01月29日 金曜日

●豚豚豚骨

店主ブログによると、麺家もち月に来週から再来週にかけ、期間限定ラーメンが提供になる模様。野菜ソムリエとのコラボ麺で、博多雑煮に欠かせない青菜である「かつお菜」が入った、「大地」をイメージしたラーメンなのだとか。最近は多くのラ店が期間限定メニューを出しているが、野菜をウリにした創作ラーメンは希。こりゃ是非とも啜りたい。2月1日(月)~2月14日(日)の夕方18:00より。

 

行橋での打ち合わせを終え、ズズッと昼麺。最近そこかしこのブログで評判の気泡豚骨を啜ってみたいと金田家を訪ねると、わぁおビックリ、店頭に順番待ちの長蛇の列!!

 

金田家

 

平日の午後1時過ぎだというのに20名弱も並んでいるではないか。行橋まで来ることはそうないので是非とも啜ってみたい!が、次の仕事が待っている……。

で、泣く泣く諦め小倉へと移動途中に、苅田町の喜福へ寄る。

 

ラーメン喜福

 

コレまたアチコチの麺ブログで評判のラーメン喜福。住所を頼りに訪ねると、苅田町の幹線道路、国道10号線から東へ入り込んだ、住宅と町工場が混在する一角に、土派手な黄色の外観。

午後1時半、ちょうど昼時の混雑が一回転し終え、食事を終えた客が次々と退店するのと入れ違いで店内へ。入り口の窓ガラスに加え、店内にも「人手不足の為、ご迷惑をおかけしています。申し訳ございません。」との張り紙アリ。巷のブログによると、ラーメンが出てくるまで結構時間がかかるとのことだが、グッドタイミング!コレならさほど待たずに、ラーメンにありつけそうだ。

 

ラーメン◇ラーメン喜福

 

ピンポ~ン、読み通り!ほどなくラーメンが運ばれてくる、マットに白濁した気持ち少なめのスープと、最初からゴマがかかっている様が印象的、。まずはスープと一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともにぐいんと広がる豚骨ダシの自然な甘み。外連味は一切ナシ。豚の旨味がぎゅっぎゅっと濃密な、このブタブタしい味わいは、ぎょらん亭と相通ずるものを感じるぞ。

麺は気持ち細めの中太麺。この手の豚骨ラーメンにジャストフィットな、見事にアルデンテ具合が啜り心地&噛み心地良し。もっちり旨いバラ肉チャーシュー然り、そこかしこに店主の誠実な仕事の跡を感じる丁寧美味。で、思わず禁断の替え玉コール。

きちんと旨い一杯に元気百倍。さぁさぁ午後からの仕事もガンバンべぇ~!!

 

 

DVC00007

 

夜は自宅で飲み、〆は冷蔵庫を漁り
牧の持ち帰りうどん&残りものカレー。

イカン!外飲みに加え、自宅飲み後も
〆麺がスッカリ恒例化してきたぞぉ……。

 

ラーメン喜福:ラーメン540円。福岡県京都郡苅田町磯浜町2-4-1。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン21●うどん11●そば1●チャンポン0●その他7
◎今月の総ジョグ距離55km / 通年55km

Posted by heno at 22:46 | Comments [2]

2010年01月28日 木曜日

●博多デフレ・ラーメンを巡る ~その七 とんとん亭~

早朝より社内でたまりにたまった雑務をコツコツとこなし、やっほぉ~昼麺。かつて、とってもエライ雲上人よりその存在を知らされていた、まつもとラーメン@有田。福岡博多ラーメン食記のリポで、ラーメンが300円と知るにいたり、俄然興味津々。デフレ・ラーメンに目がない我、いかなるラーメンなのか是非とも実食したいと訪ねるが、

およよぉ~、お休みかぁ……??

店頭に暖簾は掛かっているのだが、真っ暗な店内には人気が皆無&声を掛けても音沙汰なし。さてさて、近所のどこぞへ出前にでも行かれたのだろうか?折角来たのだから、と思いつつも午後からの仕事が気にかかる。んで、泣く泣く諦め、過ぎ近所のデフレ・ラーメン屋、とんとん亭へ。

 

ラーメン◇とんとん亭

5年ぶりに訪ねると、200円だったラーメンが300円に。コレでも十二分に安いが、考えようによっては「50%値上がり」は十二分にインフレ・ラーメン!?

キリッと塩気のきいたソリッドな味わいのスープ然り、キチッとアルデンテに揚げられた麺然り、その味わいはいみじくも博多デフレ・ラーメンの祖、はかたやと酷似していることを、改めて実感。

カウンターに隣り合わせた若者客の、次から次へと替え玉を平らげていく様が豪快&愉快。気兼ねなく大食いできる気軽さこそデフレ・ラーメンの醍醐味ナリ!

 

DVC00002 

 

夜は自宅で飲み、〆はカミさんがコストコから買ってきた
SHRIMP WONTON SOUP WITH NOODLE。

 

DVC00004

 

小振りの冷凍カップ麺の主役は、商品名通り、主役はエビワンタン。

 

とんとん亭:ラーメン300円。福岡市早良区有田1-41-5。2nd&4th水曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン20●うどん11●そば1●チャンポン0●その他7
◎今月の総ジョグ距離55km / 通年55km

Posted by heno at 23:49 | Comments [6]

2010年01月27日 水曜日

●物価の不思議

○来月開業予定の福岡パルコに入居予定のうどん店「武膳」の看板メニューはカレーうどんとのこと。豊前裏打会ならではのあのクニュクニュ麺のカレーうどん……。あははぁん、是非とも啜ってみたひっ!!

さがの日々によると、らーめん大に「福岡限定ラーメン」なる新メニューが登場した模様。うわぁ、こりゃメッチャ&スペシャル気になるぅ。近々必食!!

笹丘三丁目食堂日記☆☆☆に悠翔樹の新作ラーメン「濃口熊本風」の実食リポあり。最近めっきり濃口麺が苦手な我なれど悠翔樹の新作となれば話は別。コレまたメッチャ気になるぞぉ。

とりにくまみれに大砲今泉店の期間限定ラー麦メニュー、つけ麺の実食リポあり。うぬぅ?エビ風味の温つけ汁??てぇ事は、昨年夏に本店で食べた魚介醤油味仕様とは別物か?コレまたコレまた気になっちゃうなぁ。

熊猫食堂@西新でやってますによると、来月より熊猫食堂はランチを止め夜営業に徹するとのこと。てぇ事は、これまで以上に季節の一品料理が充実するかも……。コリャまた楽しみ楽しみ!!『福岡市早良区西新4-4-5 18時~24時 休みなし(日曜 九時ごろまで)』

 

まるふくうどん 

 

終日佐賀で仕事。午前中の川副町での打ち合わせを終え、移動途中に宿題店まるふくうどんでズズッと昼麺。

手延べうどんチェーン「人力うどん」を展開する(株)山福が手がける、まるふくうどん。低価格な美味うどんが食べられれると評判の店である。入り口右手に食券販売機が2機も設置してあり、その人気ぶりがうかがい知れる。

 

ごぼう天うどん◇まるふくうどん

 

オーダー間もなく運ばれてきたゴボ天は、くいんっときいた昆布ダシと気持ち塩気強めの調味加減が明快美味なスメと、ぷる~んと粘る餅ゴシが楽しい演出系うどんに、笹切り姿揚げのゴボ天が5枚で、価格はウレシイ290円。ナルホド、ナルホド、こりゃ人気なわけだと大納得。

 

 

店頭で販売されている人力うどんの持ち帰り用の半生手延べうどん麺を見て、ふと思う。

そう言えば、福岡の手延べうどんチェーン・黒田藩でも
同じように持ち帰り用の半生手延べうどんを売ってたようなぁ……。

もともと手延べうどんのチェーンから始まり、かたやはかたや小麦冶、かたやふくの家にここまるふくうどんと格安ラーメン店&うどん店を手がける事業展開がよく似た福岡の昭和食品工業(株)と佐賀の(株)山福。て事は、近々(株)山福は昭和食品工業(株)の同様の格安美味蕎麦屋も出店するのだろうか……?

 

なんちゃって油そば◇点心点 

 

夜帰宅するとカミさんが豚バラの角煮を作っていた。

よっしゃ、こりゃチャンス!と
角煮をチャーシュー代わりに使い、
ネギや玉葱のみじん切りや
カツオの削り節や生卵の黄身などアレコレのせて
中華工房 点心点のつけ麺を、ナンちゃって油そばにして啜る。
と、コレがもう旨いのなんの!!

 

 

極太麺はモチのロンで圧力鍋で茹でる。
と、先日の乾麺うどん同様に
周りホワホワ、芯ムニムニの極楽食感が
うしゃうしゃ、うしゃしゃ、うっしゃしゃしゃしゃぁ~!

 

まるふくうどん:ごぼう天うどん290円。佐賀県佐賀市兵庫町若宮219-2。11:00~30:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン18●うどん11●そば1●チャンポン0●その他7
◎今月の総ジョグ距離55km / 通年55km

Posted by heno at 23:53 | Comments [2]

2010年01月26日 火曜日

●名は体を表す?

薬院の取引先で終日仕事。で、大体なら昼麺は天神ソラリアステージに今月23日にオープンした博多つけ麺 秀で啜るつもりだった。が、福岡新麺店情報王・俺コレ!に、メッチャ気になる新店情報を発見。春吉に昨年夏にオープンしたばかりのラーメン一砲が、「博多ラーメン一颯(いぶき)」なる屋号の店に変わっているという。

えぇっ?!マジっすか、その屋号!!
我が長男の名は「維吹」と書いて「いぶき」と読む…。
そして、我が次男の名前は「はやと」と読んで「颯」と書くのだ……。

いみじくも我がチビ達二人ともの名前に因んだ屋号。コリャ気になるメッチャ気になるぅ!

 

博多ラーメン一颯

 

正午過ぎ、午前中の仕事が一段落したところで春吉へ訪ねると、一砲の頃と比べると随分とド派手な外観。黄色の「博多ラーメン」の看板に加え、入り口上部には「本場博多のとんこつラーメン。たべてみんしゃい!うまかばい!」の文字と、ことさらに「博多ラーメン」を主張している。一砲が久留米ラーメンの人気店、大砲の暖簾分けだっただけに、ことさら印象的。

店内は一砲の頃と、まんま同じ。カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンが「ラーメン500円」に、自家製豚ミンチと味玉付きの「一颯ラーメン650円」と、マー油入りの「焦がし黒とんこつラーメン630円」に「味噌とんこつラーメン720円」に、魚介豚骨の「和みとん風ラーメン720円」の5種類。「納得のワンコイン博多ラーメン」のキャッチコピーに惹かれ、ラーメン500円をたのむ。

 

ラーメン◇一颯

 

ほどなく差し出されたラーメンは、ほどよく豚骨ダシのきいたスープ然り、柔すぎず固すぎず&太すぎず細すぎずのストレート中細麺然り、味わい&分量的にも可もなく不可もなしのチャーシュー&キクラゲ&ネギ然り、良くも悪くも普通に旨い、普通の豚骨ラーメン。

外観の「博多ラーメン」を主張する看板然り。博多を代表する歓楽街・中洲にほど近い立地ゆえ、中洲を訪れる遠来の観光客を意識した味付けなのか?豚骨初心者が食べても違和感なくスッと食べられそうな、極々普通な一杯である。

真面目ではある。が、ナニか秀でた個性が欲しい……。
もしくは、もっとトコトン真面目に徹するか……。

うん、待てよ。コレっていつもチビ達へ思っていることと同じだぞぉ。やっぱ、名は体を表すのかなぁ……。

精算時に聞くと、二日前に開店&一砲とは全く別の経営だとか。屋号に掛けても、是非とも繁盛店になって欲しいっ!!

 

鶏皮◇ホーマン

 

夜は西新のホーマンで飲む。
丹念に串に刺され、
カリッと香ばしく焼き上げられた鳥皮が象徴的。
どのネタもチャンと仕込まれ、キチンと焼き上げられていて
ナンとも旨しっ。

酢モツに焼き鳥6本、厚揚げ1本に、
焼酎お湯割り3杯で、2300円ちょっと。

うん、ちょうどエエっ!

↑ 二丁拳銃調で

 

ラーメン◇じろう。

 

そして〆は、じろう。で焼酎お湯割り&ゆで卵&ラーメン。

若き店主より、福岡ウォーカーが取材に来たとの話を聞く。
多くの人にこの店の存在が知られることは、
他人事ながらウレシイ。
このナンちゃないがナンとも旨い極上普通味ラーメンが
広く理解され、愛されることを祈りつつ、ズルズル啜る。

 

博多ラーメン一颯:ラーメン500円。福岡市中央区春吉3-11-18。11:30~26:00(金土~27:00、日祝~24:00)、無休。Pなし。

長浜ラーメンじろう。:ラーメン500円。福岡市早良区西新5-4-1。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン18●うどん10●そば1●チャンポン0●その他6
◎今月の総ジョグ距離55km / 通年55km

Posted by heno at 23:28 | Comments [2]

2010年01月25日 月曜日

●トン、トン、カッ、カッ。

店主ブログによると、大名ちんちんに来月、中華そばがデビューとのこと。

その一杯が食べたくて。によると、大砲今泉店で福岡県産ラーメン用小麦「ラー麦」で作ったつけ麺を提供中の模様。拙ブログへのフラットテイルさんのコメントでその存在を知ってはいたが、まさか本店で昨年末出していた担々麺仕様ではなく、昨年夏出していた魚介醤油味仕様の温つけ汁だったとは……。

 

ラーメン◇ふくちゃんラーメン

 

次郎丸での仕事を終え、遅い昼麺。ここまで来たのだからと、久しぶりに訪ねたふくちゃんラーメンは、さすがの美味。

トン、トン、トンと厨房奥で食材を刻むお母さんの包丁の音と、カッ、カッ、カッと平ザルを釜へ叩きつけ湯切りする若き店主。店内にこだまする二つの音のハーモニーがナニよりのおご馳走。

美味しさ交響曲を楽しみつつ待つことしばし、運ばれてきた大振りのドンブリには、溢れんばかりに並々と注がれたアッツ熱のスープ。外連味は一切ナシ。豚骨ダシの自然な甘みを気持ち辛めのタレでキリッとまとめた、シミジミ滋味。

 

DVC00001

 

卓上にはふくちゃんお約束のドデカ擂り胡麻缶やニラの辛子漬けに加え、
太もやしと背脂のピリ辛和えも。

 

DVC00004

 

で、禁断の替え玉コール。
「正月も下旬、ボチボチ真面目にダイエットしなよ!」と心配する天使と
「エエやん、エエやん、旨けりゃエエやんっ!」と薄笑うブラック麺神。

 

DVC00005

 

真性麺バカな我はブラック麺神に唆れまくり。
で、夜はふくちゃんからほど近い 中華工房 点心点で買い帰った
つけ麺をあつもりで。

 

DVC00006

 

九州産小麦「ちくごいずみ」で打ったという極太麺は
ねっちりとまとわりつく粘りゴシ然り、
噛み込むほどに広がる小麦の風味然り、ドエラク我がツボ!
添付の濃縮魚介醤油ダレにナス豚の具をドーピングし啜れば、
ほわんと甘き大衆美味。

 

DVC00008

 

しかしホンマ旨いぜよ、この極太麺は。←龍馬伝調で
残りの一人前は今週末、圧力鍋で茹でて油そばで喰らってみたいっ!!

 

ふくちゃんラーメン:ラーメン550円、替え玉100円。福岡市早良区田隈2-24-2。 11:00~21:00、火曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン18●うどん10●そば1●チャンポン0●その他6
◎今月の総ジョグ距離44km / 通年44km

Posted by heno at 22:57 | Comments [5]

2010年01月24日 日曜日

●圧 vs 無圧

昨日の平麺と細麺の食べ比べは誠に興味深かった。麺の形状の違いでアレほどにラーメンの味わいが変わるものなのか。さほどに麺の世界は奥深い。うん、ならば今日も麺道一直線。麺の奥義に近づくべく、以前から気になっていた仮説を検証してみるか。その仮説とは、

「圧力鍋でうどんを茹でると、モチモチとした演出系のコシに仕上がる。」

かつみや@鳥栖然り、大輝@飯塚然り、み原@朝倉然り、圧力鍋で茹でる店のうどんは、皆共通した特徴がある。啜ったときのふんわりとした触感通り、最初の歯触りはプニッと愛らしいが、さらに噛み込みうどんの芯に近づくにつれ、徐々に徐々に、段階的にコシが増す。柔から剛へとグラデーション的に表情を変える、オモシロ粘り腰食感のうどんなのだ。

ならば、実験。同じうどんを普通の鍋と、圧力鍋とで茹でて、食べ比べてみよう!

 

DVC00003 

 

生麺うどんで試したかったが、生憎冷蔵庫に在庫なし。で、先日の出張で買って帰った長崎五島うどんで実験。ネットで調べてみると、圧力鍋の茹で時間は無圧加熱時間の3分の1が目安とか。で、次のような条件で調理した。

 

DVC00001

  1. 麺と水の量はそれぞれ同量
  2. まず圧力鍋に水と麺を入れスタンバイ
  3. 次に無圧鍋に水を入れ火に掛ける
  4. 無圧鍋からうっすらと湯気があがってきたところで圧力鍋を火に掛ける
  5. 無圧鍋が沸騰し、かつ圧力鍋も沸騰し笛が鳴り出したところで
    無圧鍋に麺を投入
  6. 5の時点から4分後に圧力鍋の火を消し
    すぐさま冷水に掛け麺をドンブリへ移す
  7. 5の時点から12分後に無圧鍋の火を消し麺をドンブリへ移す

DVC00005

 

 DVC00009

 

違う……。コリャ明らかに違いがあるぞぉ!

左が無圧鍋製で、右が圧力鍋製。写真では分かりづらいが一見して形状が異なる。無圧うどんが平らなのに対し、圧うどんの方は丸っこいのだ。そして啜り心地も違う。無圧に対し圧うどんの方がほわんほわんと優しいのだ。そしてコシ。無圧は外輪も芯も均等なコシなのだが、圧は外輪から芯へ向けてコシが増す、あのグラデーション食感なのだっ!!

しかし、ナゼ?私の推論は以下の通り。

  1. 麺を水から茹でるか、沸騰してから茹でるかの違い
    今回は圧力鍋に水と麺を入れ加熱した
    →沸騰前の水が麺の外輪部分をふやかした
  2. 圧力の効能?
    圧力が加わりながら加熱されることで水分が麺へと浸透した

兎にも角にもオモシロイ。次回は生麺うどんを既に沸騰させた圧力鍋で茹でて、実験比較してみるか!

 

腐乳山葯◇熊猫食堂

 

夜は父の誕生祝いで熊猫食堂。
相も変わらずキッチリ旨い料理の数々だが、
その中でも今日のお目当てである
腐乳山葯(長イモの腐乳ソースがけ)がドエラク秀逸美味。

てつろぐ。によると、
『腐乳(フウルウ)とは、豆腐を塩水の中で発酵させたもの』らしいが、
チーズのような、塩辛のような、沖縄の豆腐ようのような、
クセある旨味と、サクッと甘い長イモのコラボがそりゃもう美味美味!
で、紹興酒がすすみマクリ!

 

 酸辣湯麺◇熊猫食堂

 

そして〆はモチのロンで、酸っぱ辛いコレ。

あははん、旨いっ!タマラン、旨いっ!!
あまりにも旨すぎてメロメロのメロリンキュ~~!

 

熊猫食堂:酸辣湯麺700円。福岡市早良区西新4-4-5。11:30~14:00(水曜&日曜休み)&18:00~24:00(無休、日曜は~21:00)※臨時休業アリ、店ブログで確認を。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン17●うどん10●そば1●チャンポン0●その他5
◎今月の総ジョグ距離44km / 通年44km

Posted by heno at 20:49 | Comments [8]

2010年01月23日 土曜日

●平 vs 細

私にとって、博多ラーメン=赤のれん。小学生の頃、父が最も頻繁に連れて行ってくれたラーメン屋である。当時、東区箱崎の住宅街の一角で営業していた赤のれん。かなり広く立派は作りの、ラーメン屋というより中華料理屋のような店内で啜るラーメンはナニよりのご馳走だった。

具は、小振りなチャーシューと細切りのシナチク。そして、黒っぽい胡椒がひとふりされている。麺は細めの扁平麺。どろんと醤油色に濁り、粘度さえ感じるぽってりスープがよく絡み、ナンとも旨かった。

大学生になり、初めて長浜ラーメンを啜った。当時、軒を並べて営業していた元祖と一心亭で微妙に太さは違ったが、麺は扁平していない細麺。赤のれんの扁平麺に慣れ親しんで育った私には、とても新鮮な食感だった。

その後、全国的なラーメン・ブームが到来し、マスメディアはこぞって全国各地のご当地ラーメンを紹介。その際、麺だけおかわりできる「替え玉」という長浜ラーメンの特徴ある独自のオペレーションが注目され、いつしか博多ラーメン=替え玉=長浜ラーメン→細麺として、広く認知されていく。が、赤のれんで育った私にとっては、博多ラーメン=扁平麺なのだ。

つい先日、赤のれんと並ぶ博多ラーメンの老舗の一軒、博龍軒で啜り、改めて博多ラーメンは扁平麺だよなぁと一人納得していると、わずかその3日後、博多おんな節。に衝撃的なリポートが載る。

赤のれんの野間店で、ナンと細麺の提供が始まった!?

我が最愛の博多ラーメン店の一軒、赤のれんに一体ナニが起こったのか……。その真偽を確かめるべく、次男と二人、野間店を訪ねる。

 

DVC00006

 

かれこれ5年ぶりか。超久しぶりに訪ねると、店内に細麺発売を告げる張り紙あり。「野間店のみのオリジナル」に赤線が引かれている。赤のれんのラーメンを細麺で食べると、どんな味わいになるのだろうか?興味津津で、私に平麺、次男に細麺と、一杯ずつたのむ。

 

ラーメン◇赤のれん野間店

 

ほどなく2杯が同時に運ばれてくる。一見したところ、さほど麺に違いを感じない。で、スープから引き上げじっくり眺めてみる。

 

DVC00003C

DVC00004C

扁平麺

細麺

  

なるほど、扁平麺の方が 若干太めに見える。それではと啜り比べてみる。と、

アラ不思議……、細麺の方が麺が太めに感じるぞぉ!!

件の張り紙にも書かれていたが、かなりコシが強めの細麺で、啜ったときに明解なる存在感がある。が、対する扁平麺はへなへなとしていて、己の存在を主張しない。そして存在感の違いからか、啜り心地は細麺の方が太く感じられる。そしてスープの辛み方の違いからか、細麺より平麺で啜る方が、スープの醤油ダレの風味がとても豊かに感じられるのだ。

麺の特性だけで、こんなに違う味わいになるのだろうか?ひょっとして、それぞれの麺の違いに合わせ、醤油ダレの量を変えてスープを仕上げたのだろうか?アレコレ考えつつ、ズズッと完食し、替え玉を迷わず平麺で注文。

店のHPをみると、野間店単体で天神本店住吉店は載っていない。そして代わりに原田製麺なる野間店の近所の製麺所が紹介されている。おそらく原田製麺が赤のれんから暖簾分けしてもらい、野間店として営業しているだろうか?そして、本業の製麺技術を生かし、平麺と細麺の食べ比べ企画を始めただろうか?いやはや何とも楽しい経験をした。そして改めて確信した。私にとっては、扁平麺でなくして博多ラーメンはなし、ということを。

 

赤のれん野間店

 

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:ラーメン500円、福岡市南区野間1-5-7。11:00~23:00、原則日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン17●うどん9●そば1●チャンポン0●その他4
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 12:42 | Comments [0]

2010年01月22日 金曜日

●世はチャン・ブー?

○博多麺好きの間で噂されるも半信半疑だったイベントは本当だった!山本華世の人生旅行騒動記に、来月末、博多新風で行われるイベント「つけ麺まつり2010」がチラシ込みで紹介される。TETSUの熱鉄球つけ麺に興味津々なれど、おそらく凄い行列だろうなぁ。新風前のアノ細い歩道に順番待ちの長蛇の列?警察沙汰の大騒動にならなければ良いが……。

 

最近ナゼかチャンポンがおもしろい。昨年末、豚骨ラーメンで全国制覇した(?)博多発の一風堂秀ちゃんラーメンが、焼麺ちゃんぽんの店とチャンポンつけ麺の店を、それぞれオープン。

しかし、ナゼ今チャンポンなのか?六厘舎然り、二郎然り、世は正に極太麺ブーム。そして、九州古来の極太麺料理といえば、チャンポン。そしてチャンポンといえば野菜たっぷり=ヘルシーなイメージ=健康志向の世のトレンドにもマッチする。なので、なのでチャンポン発祥の地・長崎と同じ九州発の一風堂と秀ちゃんが、いみじくも同時にチャンポンに目をつけたのか?

 

ちょき

 

学生の街、六本松のかつてはラーメン屋であった店舗に、コレまた昨年末に「博多ちゃんぽん」を謳う店、ちょきがオープン。他の博多ちゃんぽんの店と同様に、客の注文が入ってから生麺を茹でるオペレーションが特徴だが、さらにユニークなのが、秀ちゃん同様にチャンポン麺のつけ麺もウリにしているところ。

つけ麺◇ちょき

 

定番の大判海苔に加え、鶏肉のチャーシューやサッと湯通ししたキャベツと、具の盛り合わせもなかなかユニーク。そしてさらに小皿には、柚子だろうか?柑橘の切り身とおろし生姜の薬味と、コレまたユニーク。

まずはデフォルト、薬味なし。冷チャンポン麺を温つけ汁にざぶんと潜らせ、ズズッと啜れば、鶏ガラらしき濃密な旨味を豚骨らしき風味がグイッと後押しする、濃密かつキレある味わいがドッカン我がツボ!そして、生麺から揚げたて中太チャンポン麺のプリプリとした食感と豊かな風味!!

コリャ旨いわっ、と小躍りしつつ、今度は麺に柑橘を搾り、啜ってみれば、密なる旨味の輪郭を爽やかな酸味がさらに際だたせる。ならばと次におろし生姜も添えてみれば、生姜特有の辛みがコレまたグッドジョブ、味わいをさらに鮮やかに描き出す。

 

 

派手さはないが、キチンとアレコレ考え尽くされた感のある丁寧美味。あぁコリャ旨いと一気に平らげ、〆にスープ割りをたのむと、ソレまではさほど感じなかったチャンポン・スープの味わいが顔を出す。最後までお楽しみ満載の上出来なる一杯に大満足。コレで価格がもう少し安ければ、もしくは麺の量がもっと多ければ、ヘビロテ間違いなし!なのだがなぁ。

 

博多ちゃんぽん ちょき:つけ麺750円。 福岡市中央区六本松2-2-13。11:00~23:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン16●うどん8●そば1●チャンポン0●その他3
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 12:27 | Comments [2]

2010年01月21日 木曜日

●限りなくイタ~リアン!←あべこうじ調で

○とある情報筋によると、博多区上呉服町1-34?の「うどん万咲」跡に今月末、中華そば専門店がオープンとのこと。ランチに中華そばを出している中央区平尾の居酒屋ぼけ八の系列店で、屋号は「げんごろう」とのこと。

Song of the Windに麺屋一矢なる新店の実食リポあり。昨年末にはすぐ近くに博多らーめん 廻天なる新店も開店したばかりだというに……。JR博多駅改築効果でしょうか、最近の駅周辺の新麺店開店ラッシュは凄まじい……。

○新店情報王・俺コレ!にまたも気になる情報が。来月オープンするパルコ福岡武膳@東京神田が出店するとのこと。逆輸入豊前裏打会の真価やいかに?!

むむちゃんの人生確変で行きたいによると、大分の極太麺店、麺屋荒法師に「揚げゴボウと水菜の中華そば」なる新メニューが登場した模様。そう言えば、福岡の極太麺店、らーめん大にもごぼう天のトッピングがデビューしていたなぁ。極太麺とごぼう天ともに大好物の我ゆえ、是非とも啜ってみたいぜよ。

○日清より、バンクーバーオリンピック日本代表選手団応援カップ麺が3種発売。ストレートめん仕様の「日清のどん兵衛 WHITE 白ちゃんぽんうどん」に惹かれまくりっ。近々必食!と思いきやすでに食べられた方が。

 

イタリアンめんちゃんこ◇めんちゃんこ亭

 

ソトメシの友で今日が発売日と知り、めんちゃんこ亭で期間限定メニューである「イタリアンめんちゃんこ」を啜る。

『わざわざ外食へ行くのだから、飲食店は、美味しさと楽しさが大事!「こんな時だから、飲食店らしいやり方でお客様に楽しい事を提供しよう!」という心意気で始めた』(HPより抜粋)という「友情企画」第二弾。昨年販売した、藤崎の居酒屋・磯貝とのコラボに続き、今回は警固のイタメシ屋「パスタ エ ピッツア クリスティーズ」とコラボした、「イタリアンめんちゃんこ」。

イタメシに欠かせない細長トマト、ポモドーロがベースの赤いスープに、ルッコラの緑、スライスホテトの黄、モッツアレーラチーズの白に、イタリアンソーセージ・サルシッチャの肉団子の赤。コレで器が白磁だったら、完全にイターリアンなスープ・スパ。

そして味わいも然り。イタリアンソーセージの肉団子のニチニチとした旨さ然り、めんちゃんこ太麺に絡むモッツアレーラチーズのトロトロ然り、全体の印象は限りなくイターリアン!パッと広がるのはポモドーロ特有の酸っぱ甘い味わいが印象的なスープの旨味を底支えしているのは、味紛うことなきめんちゃんこ特有の滋味なるダシの旨味。

ヘンに奇をてらわず具合が、さすがのコラボ。なれど、もう少しめんちゃんこ色が出ていれば更に楽しかった気も。そして価格。税込み861円はスープスパと考えれば適当なのかも知れないが、めんちゃんこのスペシャル版と考えると、ちと高く感じてしまう。

が、アレコレといろんな味わいに果敢にチャレンジする様はナンとも素晴らしい!居酒屋=和風、イタリアン=洋風と来たら、次回は中華風?でも、中華風めんちゃんこ=単なるチャンポンになっちゃうかも……?!

めんちゃんこ亭:イタリアンめんちゃんこ861円(福利厚生倶楽部会員価格)。福岡市早良区百道2-8-1。 11:00~29:00、 年中無休。 Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン16●うどん8●そば1●チャンポン0●その他2
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 12:16 | Comments [0]

2010年01月20日 水曜日

●こんなところに創作系男子?!

午前中の小竹町での仕事を終え、九州自動車道八幡インターへ向け国道200号バイパスを北上していると、ラーメン屋を発見。「麺屋 黒とんこつ 楽」と染め抜かれた店頭の大きな幟に惹かれ、昼麺ピットイン。

 

DVC00005

 

結構今風の幟と相反して、思いっきり懐かし系のラーメン提灯がかかる入り口を入ると、すぐ左手に食券販売機。ラーメンが「ピリ辛ダレがアクセント マー油入り 黒楽ラーメン」に、「当店の基本です。初めての一杯はこちら! 楽ラーメン」、「激辛シリーズ 脳天までしびれて下さい 激辛ラーメン」の3種類×具のバリエーションがそれぞれ5~6種に、「時間はかかるが待つ価値あり! つけ麺」も。

「時間がかかる」=極太麺のつけ麺か……!?

元来太麺フェチの我が麺心がグイングインと惹かれる。も、やっぱ初ラ店は「当店の基本」を啜るべきかと、楽ラーメンのボタンをポチっ。

 

 

店内のアチコチに掛けられた黒鯛やアラの超巨大魚拓に見ほれつつ待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残すスープがナカナカにグッド・ルッキングだなぁとレンゲで一啜りすれば、すいっと瑞々しい口当たりとともに軽やかに広がる豚骨ダシの自然な甘み。丸幸たつしに相通じる、フレッシュ感ある滋味豚骨が、グイッと我がツボ。

合わさる麺は細めのストレート。ぱりんと弾けるコシと小麦感ある風味がコレまた上出来だし、バラ肉チャーシューも適度にトロトロでグッド・ジョブ。アレコレとメニューを揃える演出優先の創作系ラーメン店か?と思いきや、基本をシッカリと押さえた地道な味わいがドッカン好印象。

黒楽ラーメンを啜った同行スタッフ、N牟田さんも大絶賛。そしてナニより、厨房で寡黙に麺を揚げている店主が、見事な髭然り、店内の魚拓に負けぬ巨漢な体型で、ナイス・キャラ。

やっほ~、イイ店見っけぇ!近々是非とも再訪し、つけ麺を啜りたひぞっ!!

麺屋 黒とんこつ 楽:楽らーめん500円。福岡県直方市下境1464-1。11:00~15:00&18:00~21:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン16●うどん8●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 11:34 | Comments [0]

2010年01月19日 火曜日

●シアワセのピーが聞こえる

午後2時からの甘木でのプレゼンを前に、昼麺パワーチャージ。かねてからの超長年宿題店の一軒、み原を訪ねる。

 

 

 

甘木と浮羽をつなぐ国道386号線沿いの、朝倉農業高校の横に、どデガイ赤い提灯看板。ずっとずっと気になりつつも何故か未食だった、純手打うどん み原である。先日の亀吉うどんリポへ頂いたkomaQさんのコメントによると、かなりイケる朝倉うどんとのこと。こりゃイヨイヨ楽しみだっ!

 

午後1時半前の店内は先客なし。カウンター席に座り卓上に置いてあるメニューにザッと目を通すも既に心は決まっている。我が麺喰い信条に忠実に、「初う店はごぼ天」。

入り口上部に設置された14インチテレビから流れる、小沢問題を質す自民・大島幹事長の衆議院代表質問に見入っていると、

ピィ~~~、ピィピィ~~~~。

おや?この音は……。そうかぁ、ここみ原も、かつみや@鳥栖大輝@飯塚と同じく、圧力釜を使い短時間で揚げ立てうどんを提供しているのか……!

 

ごぼう天うどん◇純手打うどん み原

 

「お待たせしましたぁ~!」

ジミー大西似の元気な店主の声とともに、ドンブリが差し出される。つゆだく&端正な具の盛り付け具合がググッと我がツボ!さてさてならばと、ドンブリを両手で抱え、ズズッとスメを啜れば、ほわほわっと広がる昆布ダシらしき母性溢るる優しい旨味。派手さはない。が、それを補って余りある抱擁感ありありの癒し系滋味が、ズブズブと五臓六腑に染みわたる。

で、肝心のうどんは……、

うんうん、やっぱコリャ味紛うことなき圧力釜効果のようだなぁ……!

 

 

噛み込んだ瞬間は柔ゴシながらも、歯が芯に近づくに従い、グイグイグイっとコシを増し、最後の最後はキニキニと強靭なる密ゴシが顔を出す、ナンとも特異かつ独創的な、ナンともオモロイこの食感こそ、圧力釜うどんの醍醐味なり?!

端正に切りそろえられた短冊切りのごぼうをカリッと揚げたアッツ熱ごぼ天もシャクシャク美味。卓上に置かれた取り放題のとろろ昆布が朝倉うどんの証。チョイとネオなるオモロ地味うどんに、我が麺心はイエス、フォーリン・ラヴ。うどん路朝倉のソコヂカラをマザマザと見せつけられた感あるガチョ~~ン我がツボなうどん屋との出会いに感謝感謝感謝。

 

純手打うどん み原

 

純手打うどん み原:ごぼう天うどん480円。福岡県朝倉市三奈木2785-18。木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン15●うどん8●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 13:29 | Comments [7]

●西日本新聞は麺新聞?

今朝の西日本新聞朝刊によると、今や全国ブランドの博多発豚骨ラーメン有名店、一風堂が来月一日、東京JR代々木駅近くに、ナント味噌ラーメンの専門店を開業するとのこと。時代のキーワードは、「チェ~~~ンジ!」ってこと!?

今月7日の西日本新聞朝刊によると、『JA福岡中央会(福岡市)は6日、炊きたてご飯で作った米100%のうどん「JAごはんうどん」を全国で初めて開発、近く販売を始める』らしい。主食用米「ヒノヒカリ」を炊いて製めんする点が特徴で、小麦粉製のうどんに負けず劣らずの食味やコシを実現したとのこと。コリャ近々啜りたいっ!

山本華世の人生旅行騒動記によると、博多めんちゃんこ亭が創業30周年を記念して、パスタエピッツァ「クリスティーズ」とコラボして、・期間限定メニュー「イタリアンめんちゃんこ」が近々デビューするとのこと。コレまた是非とも啜りたいっ!!

先日お知らせしたマルタイのご当店新カップめん沖食堂監修・久留米豚骨ラーメンが、昨日発売になった模様。今日ローソンとセブンイレブンで探すも見当たらず。やっぱりコレも啜りたいっ!!!

Posted by heno at 10:26 | Comments [2]

2010年01月18日 月曜日

●しるめし系ラ

昨日は西で今日は南。で、鹿児島県霧島市へ日帰り出張。午後からの打ち合わせを前に、ズズッとパワーチャージ。かねてからの宿題店、とくだラーメンへ。

 

とくだラーメン

 

二股に分かれる薩摩半島と大隅半島の付け根。かつ宮崎への交通拠点として古くから栄えた、霧島市。その幹線道路から一本西へ入った裏通り沿いにたくさんの車が止まるラーメン屋。イイ感じに草臥れた作りの店頭には「くろだ」と染め抜かれた黒い暖簾。

正午過ぎ、広めの店内は八割方客で埋まっている。そのすべてが、如何にも地元の方らしき男性客。その合間を縫ってチャキチャキと配膳に走るお母さん達の仕事ぶりが気持ちよい。

 

入り口横には食券販売機。ラーメンとチャーシューメンが、それぞれ大、中、小の3種類。もっとも低価なラーメン小でも650円と、決して安くはない価格設定こそ、正統鹿児島イニシエ・ラーメン店の証。

 

チャーシューメン(中)◇とくだラーメン

 

待つことしばし、チャーシューメンの中が運ばれてくる。しっかりと濁った茶白色のスープと、しっかり調味されているのか芯の部分まで茶色に染まったチャーシューが印象的。

コリャけっこうぽってり&濃い味系か?と身構えしつつ、レンゲでスープを一啜りすれば、さに非ず。まるんっと柔らかな口当たりとともに、優しく広がる豚骨ダシの自然な旨味。調味は最小限にとどめ、素材の味わいを生かした、どこか瑞々しささえ感じる、上出来滋味。

 

 

合わさる麺は中太ストレート。かなり柔らかめに揚げてある。しかも、中華麺特有のコシやヒキは感じない。あたかも柔茹での細うどんのごとく、むにんと解けるさまが優し味スープと相性良し。

多めの柔麺&優し味スープのこの取り合わせをあえて例えるなら汁ご飯。毎日食べても決して食べ飽きることはない。おかずはチャーシュー。濃い味チャーシューの齧り具合で、全体の味わいバランスを自分好みに調整しつつ、ガツガツ喰らう。

この地の営業50年の老舗と聞く。土地土地に個性あふれるラーメン屋。あぁだから、麺喰い歩きは止められない。

 

 

とくだラーメン:チャーシューメン(中):850円。鹿児島県霧島市隼人町真孝856.11:00~20:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン15●うどん7●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 12:16 | Comments [0]

2010年01月17日 日曜日

●来々軒@長崎県五島市 ~『軒』を訪ねて 第63回~

一泊二日で長崎県五島市へ出張。朝一番の飛行機で福江島へ渡り、明日の本番を前に現場を下見&打ち合わせ。

 

五島福江港

 

午後3時、本日予定の仕事を終え、ぶらり街散歩。福江の玄関口、福江港をブラブラと歩いていると、ナンともイイ感じの『軒』を発見。

 

宝来軒◇五島福江

 

 

潮風で味わい深く草臥れ赤いテントに「宝来軒」の文字。どらどらと歩み寄ってみると、ガラス窓にメニューを書いたカラフルな短冊が貼ってある。「やきめしセット」に「ラーメンセット」、「チャンポンセット」と書かれた黄色の短冊に続き、「焼肉定食」、「焼きそば定食」、「野菜炒め定食」と書かれた黄緑の短冊。黒マジックの筆跡から察するに、書かれた方は年配者か?ならばイヨイヨ啜ってみたい!が、店内は真っ暗で、人気なし。

 

五島チャンココ

 

仕方ないなと本町のアーケード商店街を歩いていると、巨大な人形を発見。兜のような花笠に腰みのとナンともミスマッチングなファッションだが、このエントリーを書くにあたりgoogleってみると、福江市の盆祭り「チャンココ」の祭り装束なのだとか。

 

公衆電話

 

人形の背中に回って、またビックリ!
ナントこの人形は公衆電話スタンドだったのか。

 

来々軒◇五島福江

 

土産屋や昔ながらの理髪店など、通りの商店を冷やかしながらあるいていると、またまた『軒』を発見。

「ザ・ラーメン 来々軒」かぁ……。

新し目の外観然り、明るい暖色系グラデーション&ポップなラーメンのイラスト入りの看板然り、コリャちょっと期待薄だけど他にあてもないからなぁと、ダメもと覚悟で入店。

外観同様に小ざっぱりとしつつも、キルトで作ったのだろうか?アンパンマンの様々なキャラクターが踊る布製の大型カレンダーなど、可愛らしい装飾が底かしこ。

 

来々軒

 

テーブル席に着きメニューをみると、ラーメンが具のバリエーションで5~6種に、チャンポン、皿うどん、焼きそば、うどんに、カレー、スパゲティや丼もの、各種定食まで揃っている。そしてナゼかすべてのメニューが英訳されているぞぉ……。コリャいよいよ期待できそうにないぞぉと腹をくくり、ラーメンをたのむ。

 

ラーメン◇来々軒

 

が、ナンともカンともチャッチャクチャラに嬉しい大誤算!出てきたラーメンは、ナンともイイ感じに透明感を残す淡い白濁具合然り、湯気とともに豊かに香り立つ豚骨ダシの自然な風味然り。

コリャひょっとして?とワクワク気分でスープを啜れば、ドンピシャ、ピンポ~ン、大当たりぃ~~!口当たりこそふわりっと淡いが、一口ごとにグイグイと旨味が加速する超ナチュラルな豚骨ダシの甘み。

やっぱ、そうやんっ!この滋味なる旨味はその見た目通り。
我が最愛豚骨の一店、黒門とまんまクリソツやんっ!!

緩めに揚げられたストレート中麺もナンとも気分。もっちりとキッチリと旨いバラ肉チャーシューこそ今風だが、頼りない食感と豊かな味わいのシナチクの味わいもどこかレトロに懐かし美味なる極上滋味ラーメン。

あははんっ、やっぱ『軒』はエエねぇ……!

 

箱ふぐ 

 

夜はハコフグの味噌焼きなど
五島ならではの海の幸で、クイッ。

 

で、翌日。イロイロあるもナンとかカンとか上出来気に仕事が終わり、夕方5時。帰福の便まで2時間もあるしと、再び来々軒。

 

餃子◇来々軒

 

手作りという餃子は
アンのニチニチと肉っぽい食感&旨さ然り、
大ぶりな包み具合&大雑把な焼き具合然り、
どこか中国ぽい味わいは
日本の西の最果て、五島ならではか??

 

 焼酎ロック◇来々軒

 

焼酎の水割りをたのむと
生ビールのジョッキに入って出てくる大胆さも、『軒』。

 

野菜いため◇来々軒

 

野菜炒めや冷ややっこなど
アレコレあてにクイクイ飲んで……

 

のりラーメン◇来々軒

 

〆にたのんだ海苔ラーメンが、ドッカン大正解っ!!

極上滋味スープとシンプル仕様の乾燥海苔との取り合わせが
ソリャもう旨いのナンのっ!!
うしゃしゃ、うしゃしゃと小躍りしつつ、ズルズルズルルッと一気に完食。

 

 ラーメン小&野菜大盛り◇島系本店舞鶴支店

 

で、帰福麺は今までなら元祖。
なれど件のケンカ別れ騒動が心に痛いせいか、
今回猛烈に恋しかったのは島系本店の極太麺。

 

うしゃしゃぁ、コレコレっ!と思いきや、

うぬぬぅ~~??麺が以前と変わったかぁ………???

 

来々軒:ラーメン500円、のりラーメン600円。長崎県五島市中央町5-24。Pなし。

島系本店舞鶴支店:ラーメン550円+野菜大盛り100円。福岡市中央区舞鶴1-6-14。11:30~15:00&18:00~23:00(変更あり)、火曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン14●うどん7●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 21:04 | Comments [3]

2010年01月14日 木曜日

●完全幸福

仕事を終え、得意先との食事へと出かける道すがら、思わぬ感動。そぼ降る粉雪に煙る福岡タワーのミステリアス絶景に、時を過ぎるのをしばし忘れ、ボケッと見入る。

 

DVC00004

 

昼はJR博多駅に昨年末オープンした博多デイトスの「博多めん街道」の、とある一店で豚骨ラーメンを啜る。も、味わい然り、価格然り、大いに疑問……。

確かに、商売として成り立たせるべく、しっかりと原価計算をしつつの営業の結果かなぁ?とは思いマス。が、「博多の玄関口であるJR博多駅で提供する=これぞ博多豚骨ラーメン」的な自負と気概をもって営業してほしいなぁ。

で、夜は博多屈指の名居酒屋さきとで美味アテ&酒をしこたま楽しみ、二次会は超久方ぶりの、しばらく@大手門。めっきり居酒屋チックになったメニューから、もろきゅうやギンナンなどの渋アテ&芋焼酎お湯割りでクイクイ飲む。で、〆はモチのロンでラーメンさっ。と思うも、メニュー書きの「ラーメン470円」の文字。

470円かぁ……。元祖は本家も分家も400円だぞぉ。

 

ラーメン&宝焼酎◇元祖ラーメン長浜家

 

んで、気がついたら目の前の深紅のテーブルには、宝焼酎の水割りとラーメン。

あははぁん、やっぱりヤッてもうたぁ……。

コレ正に、博多麺&酒好きの悲しい性。四の五の言っても、とどのつまりは〆元祖。つい一昨日、〆元祖卒業宣言をしたばかりなのにぃ……。

イヤイヤ、こりゃ完全に降伏 but 幸福だぁ。

元祖ラーメン長浜家:ラーメン400円、焼酎200円。福岡市中央区大手門2-7-10。24時間営業、年中無休(?)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン11●うどん7●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 23:30 | Comments [5]

●ドエラク気になる「う」二題

○福岡新麺店情報王、俺コレ!によると、かねてから噂されていた北九州が本拠地の資さんうどんの福岡進出が遂に正式決定した模様。まぁ厳密に言うと福岡市の東隣、粕屋町への出店なれど、メッチャ楽しみ!

日本ごぼう天うどん学会によると、めんちゃんこ荒木店でナンとごぼう天うどんが提供されているらしい。で、早速公式HPをチェックするも、めんちゃんこ以外のメニューの掲載はナシ。ならばと「めんちゃんこ 久留米」でgoogleってみると、こんな記事がヒット。久留米めんちゃんこは独立系で、「うどんめんちゃんこ」なるオリジナルメニューもあるらしい。コリャ近々必食だなっ。

Posted by heno at 08:09 | Comments [0]

2010年01月13日 水曜日

●ぽっかぽっか美味

博多おんな節。に衝撃リポが。赤のれんの野間店でナンと細麺の提供を始めたのだとか!?どうした?赤のれん??赤のれん=博多ラーメンの老舗の一軒=扁平細麺でなかったのぉ??コリャ是が非でも近々実食せねば……。

新トンコツ至上主義宣言によると、一幸舎の太宰府インター店では一幸舎ラーメンに加え、元助や元勲のつけ麺も啜れるらしい。せっかくブランディングが台無しになるのでは?と、いらぬ心配。

 

あんちんうどん

 

 

小倉北区にどぎうどん新店が、また一軒。

らーめんくーぱーのブログで気になっていた
あんちんうどんは、若者3人が切り盛りする、肉うどん専門店。
 

肉うどん◇あんちんうどん

 

真っ黒スメのキュインッと旨いドライブ感然り、
ほろほろと柔らかく煮込まれたスジ肉然り、
しっかり旨い一杯に、むふふっ。
麺はおそらく冷凍うどんなれど、
ヘンにモチモチしない、密なる食感がどぎうどん向き。

おろし生姜と唐辛子をシコタマ入れてズルズル啜れば
外の雪もナニするモノぞの、ぽっかぽか美味!!

 

うどん大輝

 

昨日は、
圧力釜を使うことでいつでも揚げたてうどんを提供する
うどん大輝@飯塚。

ごぼう天うどん◇うどん大輝

 

コレ正に圧力釜効果なのか?
外側はほにゃほにゃ柔らかいが、
噛み込むと芯はキニキニと強靱なコシが顔だすコノ食味は
同じく圧力釜で麺をゆでるかつみや@鳥栖と、まんま同じのオモシロさ!

 

 

 

ラーメン◇元祖ラーメン長浜家

 

夜は得意先との新年会のあと、元祖分家で〆焼酎&ラーメン。

チャンと旨くて味わい的には大満足。なれど………。

〆元祖は卒業かな。

 

あんちんうどん:肉うどん550円。福岡県北九州市小倉北区中井2-2-20。10:00~18:00、火曜休み。Pあり。

うどん大輝:ごぼう天うどん440円、。福岡県飯塚市高田473-1。

元祖ラーメン長浜家:ラーメン400円、焼酎200円。福岡市中央区大手門2-7-10。24時間営業、年中無休(?)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン9●うどん7●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 11:54 | Comments [4]

2010年01月11日 月曜日

●温い商店

宮崎帰省3日目。2日間ずっとうどん続きでさすがにラーメンが恋しくなりる。義父と楽しそうに遊んでいるチビ達とは別行動、カミさんと二人でヌクイ商店へ向かう。

日々好々でその存在を知ったヌクイ商店。宮崎では珍しい否豚骨新店のようだし、ナニより「ヌクイ商店」という屋号がゆるりと癒し系でドンピシャ我がツボ。さてさてどんなラーメンが啜れるのかと、興味津々で訪ねると、

おやおやぁ~?「ヌタイ商店」ですとぉ???

 

ヌタイ商店

 

訪ねてみると、大きく掲げられた看板には「ヌタイ商店」の文字。

「ヌクイ」だとほんわか美味しそうなイメージだけど、
「ヌタイ」ラーメンって、ナンダカねぇ……。

と、少し引き気味のカミさん。まぁまぁそう言わず、せっかく来たのだからと入店すれば、日々好々リポで見た写真通りの、シックなインテリの店内。そしてメニューも然り。塩ラーメンを筆頭に、しょう油、とんこつ、みそラーメンが500円に、つけ麺600円と、まんま同じラインナップ。

と言うことは、「ヌクイ商店」=「ヌタイ商店」??

狐につままれた気分で、メニュー筆頭の塩ラーメンをたのむ。

 

塩らーめん◇ヌタイ商店

 

ナンとも優しい味わいである。アッツ熱の口当たりとともに柔らかく広がるダシの旨味。鶏ガラに加え、魚介や香味野菜も使っているのだろうか?様々な旨味が緩やかに手を繋ぎ、大らか、かつ母性あふれる滋味に結実。そして、揚げネギと揚げニンニクの薬味が味わいにj素直な彩りを添える。

合わさる中太麺も、ヘンな演出はナシ。しゅるっと口に収まり、ぷにっと抗い、さっと解ける、実直食味。そして、気持ち厚切りのバラ肉炙りチャーシューももっちりと誠実美味。

派手さは皆無。チャンと作ったらこうなりました的、自然体な味わいが、タマラン我がツボ。カウンター奥の厨房でコツコツと麺を揚げる若き女性店主の仕事ぶりそのままの、ほっこり美味。

 

醤油らーめん◇ヌタイ商店

 

カミさんが頼んだしょう油もしっとり滋味。
なれど、このスープは極力シンプルな塩の方が大正解!?

 

ああ旨かったと精算しつつ、若き女性店主に屋号の謎を尋ねてみる。と、「ヌクイ商店」と命名してくれた知人から、ある日突然屋号の使用禁止を告げられたとか。看板や名刺など作り変えるにはかなり経費がかかってしまうと思案の末、思いついたのが「ク」に「、」を加え「タ」に変える「ヌタイ商店」なる屋号だったとか。ナンとも大雑把なな、いや大らかな発想に思わず頬がゆるむ。

イイなぁ、その緩さ。好きだなぁ、その温さ。掘れました、真の温い商店。

 

いな補

 

夕方、福岡へ戻る途中に熊本益城空港ICで下り、
ロートタムの楽しき人生リポで一目惚れしたいな穂で晩麺。

ごぼう天うどん◇いな穂

 

おうおう、コレコレ!
真っ黒スメに揚げたてのゴボ天。
そしてカツオ菜の緑と、カマボコの紅白と、柚子皮の黄。
そして、ナンとも美人な見た目通りの丁寧美味に感服。
次回は是非とも温蕎麦も啜ってみたいな!

 

ヌクイ商店:塩ラーメン500円。。宮崎県宮崎市大塚町天神後2670。11:15~15:00&18:00~22:00、日曜休み。Pあり。

いな穂:ごぼう天うどん450円。熊本県熊本市戸島西2-1-22。11:00~21:00。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン8●うどん5●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 18:07 | Comments [0]

2010年01月10日 日曜日

●宮崎はやっぱ、うどんちゃがぁ~!

3連休を利用して一足遅い正月帰省。カミさんの実家・宮崎でノンビリ過ごし、うどんまみれ。で、ズルズルズルルゥ~と、あなシャ~ワセェ~~!!

 

鵜戸神宮

 

親戚を訪ね、日南市の鵜戸神宮へ。

鵜戸神宮本殿

 

太平洋に面した海岸絶壁に張り付くように
本堂が建つユニークなロケーションが大人気、
正月も十日過ぎるというのに初詣客で大にぎわい。

 

運玉 

 

本殿前の霊石「亀石」の枡形の穴に
願いを込め「運玉」を投げ入れるとその願いが叶うという。
家族全員チャレンジし、長男が見事成功!
きっと今年は彼にとって良い一年になることだろう。

魚うどん◇びびんや

 

日南市がご当地B級グルメとして売り出し中の「魚うどん」は、
1940年代の食糧難の時代に、不足しがちだったうどん粉の代わりに
ふんだんにある地魚をすり身にしてうどんに仕立てた
いわば戦時中の代用食。

 

魚うどん◇

 

現在はトビウオのすり身をよく練り、押し出し製麺機でうどん状に整形。
スメのダシと相まってナンとも密なる魚介な旨味!

食感はうどんというより、つみれ。
身とともに骨まで一緒に練られているようで、
ムチムチした食感の合間を縫って顔を出す
コリコリとした歯触りが素朴に楽し。

 

 

ちく玉ぶっかけ◇ふなや

 

前回啜った肉汁うどんがドンピシャ我がツボだったふなやを再訪。
店の一押しらしき温ぶっかけうどんに竹輪と半熟卵をセット。

キリリと辛めの温ぶっかけ汁と
むりんっと艶っぽいコシの温うどんが、ほっこり美味。

 

おくのうどん

 

いわば、宮崎市民のソウルフード麺
「吉長うどん」の屋号がいつの間にか「おくのうどん」に変わっている。

 

天かうどん◇おくのうどん

 

が、年中無休で早朝6時からの営業スタイル然り、
安くて早くて旨いうどんの味わい然り、
その味力&魅力は普遍的に不変。

 

年明けうどん◇日清どん兵衛

 

カミさんの実家近くのAコープで
どん兵衛の正月バージョン、年明けうどんを発見。

 

 

白いうどんに日の丸梅干しに「よろ昆布」。
そして、蓋の裏の開運おみくじは「吉」。
こいつぁ春から縁起がイイや。

 

魚料理びびんや:魚うどん550円。宮崎県日南市西町2-6-3。11:00~15:00&17:00~22:00、月曜休み。Pあり。

手打ちうどん ふなや:ちく玉ぶっかけ700円。宮崎県宮崎郡清武町加納乙454-1。11:00~15:30、日曜日&不定休。Pあり。

おくのうどん:玉かうどん270円、。宮崎県宮崎市大坪東3-10-20。6:00~19:30、無休(正月三が日のみ休み)。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン7●うどん4●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 19:27 | Comments [0]

2010年01月08日 金曜日

●日田系か?いや癒し系!

新年も8日になると、とりあえず年始のゴタゴタも一段落。ならば今日はのんびりと、昨年末からの宿題麺を啜ろうかと別府へ向かう。

六本松から福重へと抜ける幹線道路、国道202号線の別府2丁目交差点を南へ入った細い路地。10軒ほどの商店が並ぶ一角に「焼きそば ラーメン」と書かれた、イイ感じに草臥れた黄色い電照看板。しんぱぱの九州は麺の魔大陸日記でその存在を知り、是非とも訪ねてみたかった珍竹林である。

 

珍竹林

 

ガラガラと引き戸を開けると、右手に4人掛けのテーブル席が3卓に左手が5~6人がけのカウンター席。店中に漂う甘酸っぱいこの香りは、焼きそばのソースだろうか?

カウンター席に腰掛けつつカウンター越しにのぞくと、こぢんまりした厨房の一角に150センチ×90センチほどの立派な鉄板が黒光りしている。そして、壁の高いところに掲げられた手書きのメニューも筆頭は「焼きそば」。さらに、カウンターの先客も焼きそばを食べているし、後から入ってきた中年客2名も焼きそばを注文。

どうやら焼きそばが断然人気の店のようだ。が、元来汁麺好きの私は迷わず初志貫徹、ラーメンを注文し、カウンター隅の本棚にしっかりと揃えてあるラーメン屋には不似合いなオサレな自動車雑誌、カーグラフィックをめくりつつ出来上がりを待つ。

 

ラーメン◇珍竹林

 

程なく差し出されたラーメンは、白濁スープの表面に浮いた黄色い脂が印象的。コリャひょっとして?とレンゲで掬いズズッと啜れば、ずんっと重量感ある食味とともに、ぽったり広がる一癖ある密なるこの旨味は、おそらく鶏油だろうか?柔らかなれど、力強い。ナンちゃナイけど、ナンとも旨い!

そして、合わさる中太麺がナンともイイ感じにゆるゆる&やわやわ。コノ一癖滋味スープには、コノゆるやわ麺しかあり得ない的、馴染みの良さにアハハと思わず頬が緩む。

演出バリバリのカッキン美味なるイマドキ・ラ・ファンには間違ってもお勧めできない。んが、この手のイニシエ系好きにはウハウハとタマらない癒し系美味。店の看板メニューである焼きそばは、茹でたストレート中太麺を鉄板で焦がし焼き付けて仕上げる、コレ正に最近ご当地B級グルメとして売り出し中の、大分県日田焼きそば。

うんうん、次回は休日。瓶ビールをグビグビしつつ、
ハホハホと熱々日田焼きそばを喰らいたひっ!

 

チキンラーメン

 

夜は会社の新年会。ワイン&イタメシをシコタマ喰らい、同僚とアホな話&マジな話に花を咲かせ、イイ頃合いに酔っぱらい帰宅。そして、いつしか記憶がなくなり&携帯電話にはチキンラーメンの画像が……。

あははん、またまたヤッてもうたぁ。
今年もシコタマお世話になることでしょう、飲んだ後の自宅チキ麺〆……。

 

珍竹林:ラーメン500円。福岡市城南区別府2-21-5。11:00~19:00。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン7●うどん0●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年11km

Posted by heno at 13:39 | Comments [5]

2010年01月07日 木曜日

●新旧扁平細麺に、それぞれぞっこん。

昨日は所用で東区へ出かけたついでに、サクッと昼麺。我が最愛豚骨の一軒、博龍軒で啜る。

 

ラーメン◇博龍軒

年配のお母さんが寡黙に麺を揚げ、スープの張ってあるドンブリに移す。と、脇の娘さんが素早く具を盛りつける。そして最後に、お母さんが寸胴鍋からスープの上澄み脂をすくい、ドンブリの中央に一かけすれば出来上がり。

 

キチンと丁寧にとられた豚骨ダシ特有の自然な旨味と、その味わいの輪郭を柔らかに描き出す、ドンブリ中央部の上澄み脂の甘み。啜るほどに、シミジミと五臓六腑に染み入る滋味。

そして、気持ち柔揚げの扁平した細麺。厚みと幅の異なる扁平麺ならではの変則啜り心地の楽しさ。うんうん、コレコレ。コレぞ正統博多ラーメン。博多ラーメン=極細麺とよく言われるが、ここ博龍軒然り、幼い頃から食べ慣れた赤のれん然り、私にとって博多ラーメン=扁平細麺。

 

ラーメン一幸舎 西新店

 

そして今日は、西新の商店街に昨年末、突如現れた屋台村の一角にオープンした一幸舎の西新店。寒空の下、暖簾をくぐり引き戸を開ければ、麺茹で釜から立ち上る蒸気で店内はポッカポカ。7~8名も座れば満席のこぢんまりとした空間が居心地良し。さてナニ啜ろうかとメニューを見れば、オープン当時は650円だったらしいラーメンが500円に値下げされている。コレもデフレ?

 

ラーメン◇ラーメン一幸舎 西新店

 

程なく差し出されたラーメンは、昨日の博龍軒よろしく掌にすっぽりと収まる小振りのドンブリ然り、イイ感じに透明感を残すスープ然り、イニシエ系な見た目がナカナカに我がツボ。

コリャひょっとして、かなりイケルかも……!

にわかに沸き立つ期待感に小さく心を躍らせつつ、レンゲでスープを人啜りすれば、まるんっと柔らかな口当たりとともに、ふわりと広がる醤油ダレの華ある旨味と、その旨味を円やかに後押しする豚骨ダシ。どこか懐かしく、どこか今風。木訥さと洗練された感を併せ持つ、ハイパー滋味がドッカン我がツボ!

ならば麺は?と箸で摘めば、わぁお、扁平細麺だぁ。博龍軒より細めなれどアレコレ研究された結果なのか、扁平麺ならではの口当たりの楽しさ然り、噛み込んだときのコキコキしたコシ然り、コレまたネオなるイニシエ感が、あなオモロ~!

青々と活きのよいネギの瑞々しさ然り、モチモチとキッチリ旨いチャーシュー然り、奇をてらった演出は一切なし。シンプルに、基本に忠実に、チャンと旨いネオ博多ラーメンに、ゾッコンLOVEで、禁断の替え玉コール。卓上に置いてある辛子高菜をのせ、ズルズルズズッと一気に完食。

 

 

同じく昨年末、JR博多駅の飲食街にオープンした一幸舎がよそ行きバージョンなら、ここ西新一幸舎は普段着ネイティブ仕様。夜は12時までやっていると言うし、今後は西新で飲んだ後、ココで啜るか?じろう。で啜るか?う~ん、マジで悩ましいぞぉ……!!

博龍軒:ラーメン550円。福岡市東区馬出2-5-23。11:00~17:00、月曜休み。Pあり。

ラーメン一幸舎西新店:ラーメン500円、替え玉100円。福岡市早良区西新4-8。11:30~24:00、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン6●うどん0●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年11km

Posted by heno at 22:22 | Comments [4]

2010年01月05日 火曜日

●博多デフレ・ラーメンを巡る ~その六 凄六~

satoyanより新店情報あり。福岡市中央区薬院2丁目4−35(?)に「鶏だしちゃんぽん」が売りの新チャ店、花もこしが開店したとのこと。いみじくもみっちゃんで、鶏だしチャンポンをウリにする新店が三潴町に開店したことを知ったばかりだっただけに、ナンとも興味津津……。

 

で、早速啜るべく訪ねるも、シャッターこそ開いてはいるものの、正午過ぎというのに店内に明かりナシ。

アリャリャ、まだ開店してないのかぁ??

鶏だしちゃんぽんも気になるが、午後からの仕事が気になる。で、さっさと諦め、次なる昼麺候補店を検索すべく、我がオンボロ麺ピュータをフル稼働する。と、ガタピシ音を立てつつ、やっとこさ弾き出した答えは、「凄六のかけラーメン290円」。よっしゃ、博多デフレ・ラーメンを啜ってみよぉ~~!!

 

凄六

 

西鉄大牟田線薬院駅のすぐ近く。城東橋の交差点から薬院新川沿いを平尾方面に進んですぐのビルの一階。「ちゃんぽん500円」や「担々麺590円」などと並び掲げられている「かけラーメン290円」の赤い看板。

昨年春にオープンした凄六だが、正午半過ぎの店内は満席&入り口横に順番待ちの客が2名。ほうほう、コリャ大した人気ぶりでないのぉと店内を見渡すと、中央の大きめのテーブルに天ぷら6~7種に加え、里芋の煮ものや漬物や、果てはミカンまでナンやカンやと十数種類の総菜&フルーツがのっている。そして店内のアチラコチラに「バイキングうどん・そば500円」の張り紙が。かけラーメン290円のみならず、先月よりうどん・そばもデフレ&ナイスなサービスを始めたようだ。

 

かけラーメン◇凄六

 

待つことしばし、運ばれてきたかけラーメンは、イイ感じに茶色のスープと、たっぷり目のネギと太モヤシが印象的、まずはスープを一啜りすれば、軽やかな口当たりとともに、最低限の豚骨ダシと最大限のタレが織りなす、明快旨味ワールド。おそらくいつ食べに来てもコンスタントにコノ味わいなのだろうなぁと思われる程に、良くも悪くも外連味一切ナシの力石徹ノーガード戦法味。

 

 

麺はかなり細めのストレート。か細い見た目に反し、啜ったときのワサワサと唇を擽る木訥なる口当たり然り、噛み込んだときのコリッと弾けるコシ然り、かなり我がツボ。

ちなみに同行スタッフ、M武くんのたのんだ「ラーメン」には、この「かけラーメン」にチャーシューとキクラゲがのっかって、価格は200円増しの490円。ならば私は迷わず、「かけラーメン」!麺の量も結構あって十二分にコスパ良好。なれど同じ290円でもラーメン膳はしっかりとチャーシューがのっているしなぁ…。改めて、ラーメン膳のソコヂカラを実感しつつ、ずるずる啜る。

凄六:かけラーメン290円。福岡市中央区薬院3-3-5。11:00~23:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン4●うどん0●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年11km

Posted by heno at 12:31 | Comments [5]

2010年01月04日 月曜日

●滋味美味弐面

2010年仕事始め。関係各所へ年始のご挨拶を終え、ズズッと昼麺。我が最愛豚骨ラ店にも年始のご挨拶啜りをしたいと、未羅来留亭へ。

 

ラーメン◇未羅来留亭 

 

わははぁ、キタキタ、キタァ~~!コレまた大当たりぃ~~~!!!

啜った瞬間、ふわっと鼻を擽る豚骨ダシの風味と、優しく舌を包むナンとも自然な甘さ。ドッキュン我がツボな滋味&美味がそこはかとなくプチプチと泡立つ、入浴剤バフ的心地よさに、むふふと悶絶。

麺は以前と変わったか?シュルッと潔く口に収まる感じ然り、噛み込んだときのモチモチ感然り。以前の武骨さは姿を消し、するっと小粋な味わいが、わぁお、サプライズ!

そしてさらに新鮮なのが白葱の旨さ。シャクッとほどけ、同時に広がる白葱特有の芳しき甘みと辛み。コレ正に滋味ならでの醍醐味。素材ごとの風味がチャンとチャンと舌にのるコノ感じこそ、滋味スープの楽しさよ。

うんうん、コレコレ、コレなのよぉ~~!!

シミジミ旨いラーメンをズルズルと啜りつつ、心の中で密かに大フィーバー状態。先日の大臣閣然り、旨い豚骨を啜ったときのヨロコビは、ソリャもう半端ねぇ~~!!!身近にあり過ぎて、ついつい疎遠になりがちな未羅来留亭なれど、今年こそはチョクチョク啜りに訪れたいぞっ。

 

ゆで豚四川風◇翡翠園 

 

夜はカミさんの誕生祝いで、翡翠園へ。
前菜のゆで豚四川風の肉厚バラ肉&甘辛ダレのコラボに始まり……

 

水餃子◇翡翠園 

 

水餃子のアンの野菜たっぷりシャキシャキ味然り、

 

季節野菜の塩炒め◇翡翠園 

 

青梗菜と筍とエリンギの塩炒めの自然な甘み然り、

 

麻婆豆腐◇翡翠園

 

グツグツと泡立つ熱々土鍋入りの麻婆豆腐の辛み然り、

 

酸辣湯麺◇翡翠園

 

滋味ダシと酸っぱ辛い調味具合の加減の妙が見事な酸辣湯麺などなど
ナニからナニまでチャンと美味な料理の数々に、
カミさん&チビ達も笑顔、笑顔!

 

以上、このエントリーのアップを終え、他のブログをアレコレ波乗りしているいと、その一杯がたべたくて。に衝撃記事を発見。

あのラーメンウォーカーに未羅来留亭が掲載されているのかぁ~~………。

我が最愛ラ店が脚光を浴びることは諸手を挙げて喜ばしい。が、ラーメンウォーカーかぁ。うう~ん、ナンだか複雑な心境だなやぁ。

未羅来留亭:ラーメン400円、替え玉100円。福岡市早良区西新4-9-17。 11:30~19:30、 火曜日休み。Pなし。

翡翠園:酸辣湯麺700円(?)。福岡市早良区高取2-17-49SENビル2階。11:30~14:30&17:30~22:30、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン3●うどん0●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年11km

Posted by heno at 21:40 | Comments [2]

2010年01月03日 日曜日

●一年の計

昨年の反省をもとに、新年の計。

ズバリ! 「4時間未満でフルマラソン走破」

昨年はナンとはナシに、ズルズルと気合いの入らぬまま月日だけが過ぎ、その結果、5年間のフルマラソン挑戦生活初、屈辱の途中リタイア

アカン……、これじゃアカン過ぎ!!

で、理想は高く目標設定。フルマラソン4時間未満=サブフォーを目指すべく、

努力目標その一 まずは半年で900キロ走る
努力目標その二 体を絞り、体重を73㎏に落とす

今年こそ有言実行。大見得切ったからには是が非でも目標達成。マラソンに限っては、日々の努力なくして成功なし。毎日毎日コツコツと。

 

難所ヶ滝

 

年末の天気予報では正月三が日は曇り続き。
こりゃダメだと諦めていたら、昨日の予報では今日は晴れるとのこと。
あははん、ならば是非とも山に登りたいと友を誘い、
難所ヶ滝経由、宝満山へ。

福岡県で最も有名な”氷瀑する滝”、難所ヶ滝は
ちょろちょろと凍ってはいるが、ドエラク迫力不足。
なれど、
友とともに登る暑からず寒からずのノンビリ・トレッキングは、
シミジミと、あな快感。

 

DVC00012

 

today's MOUNTAIN NOODLEは
イオン・トップバリューの天ぷらそば。
しゅるしゅると艶めかしい啜り心地はナカナカ我がツボ。

 

ラーメン◇西新 海豚や

 

夜はあま本@西新で美味手羽先&渋アテで飲み、
〆は久方ぶりの西新 海豚や。

巷のラーメン・ブログでは高評価の海豚やなれど、
我が麺嗜好とは味わいベクトルが真逆かなと。

 

西新 海豚や:ラーメン580円。福岡市早良区西新1-11-16。11:30~27:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン2●うどん0●そば1●チャンポン0●その他0
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年11km

Posted by heno at 12:02 | Comments [3]

2010年01月02日 土曜日

●こいつぁ春から縁起がいいや!

何年ぶりだろうか?久しぶりに自宅で正月を迎える。両親や姉一家とともに雑煮を食べ、三社参り。ナンちゃないけどナンだかイイな、こんな正月。

で、今日2日は毎年恒例の三麺参り。10キロほどジョギングし、昨日の食い過ぎ&飲み過ぎの胃をリフレッシュし、用意万端怠りなし。正午過ぎに自宅を出発、まず向かったのは、大臣閣。

三瀬峠を越え午後1時過ぎ、大臣閣に着くと若いカップルの先客2名。そして、katanaさん情報通り、店右奥の厨房には小柄なお母さんが、黙々と先客の麺を揚げている。最近退院されたとのことだが、何の病気だったのだろうか?兎にも角にも目出度し目出度し。店内に漂う美味豚骨ラ店特有の豚骨ダシの甘き香りを楽しみつつ、できあがりを待つ。

 

ラーメン◇大臣閣

 

 

ほどなく、運ばれてきたラーメンのスープの表面には、ナンともイイ感じに浮かんだ泡。うんうん、コレコレ!コリャ間違いなく旨いはずっ!!ウハウハ気分でスープを啜れば、アッツ熱の口当たりとともにグインッとドライブする豚骨ダシの芳醇なる旨味。喉から胃へと、そしてジワジワと五臓六腑へ染み入る癒し系。粗にして野だが卑ではない。木訥、だが柔らかい。抱擁感ある優しい旨さに、思わず頬がゆるむ。

「味が薄かったり濃かったりしたら、言うてくださいねぇ。」

調理を終えたお母さんが厨房から出てきて、指定席である入り口横の丸椅子に腰掛ける。いえいえバッチリです、文句なしに旨いですと心の中で答えつつ麺を啜れば、固すぎず柔らかすぎずのコレまた文句なしの揚げ具合。イニシエ系のラ店なれど、チャーシューももっちり美味。エンターテイメント性が要のイマドキなラーメンとは完全に真逆。派手さはない。が、ほっこりとしっかり旨い普通味がタマラン我がツボ!お母さんと現場復帰とともに、ラーメンの味わいも完全復活。

「ごちそうさん。お母さん、旨かったぁ!」

精算時、思わず口に出たお礼の言葉。お母さん、どうぞお体を大切にされて、いつまでもこの味を守ってくださいませ。

予定ではこの後、いちげん@川副町、恵比寿ラーメン@鳥栖と啜り歩き佐賀ラーメンを満喫するつもりだった。が、止~~めた。口から鼻にかけて豊かに残る大臣閣の残り香を出来るだけ長く楽しんでいたい。今年の啜り初めはホントに大当たり。こいつぁ春から縁起がイイや!

大臣閣:ラーメン:ラーメン500円。佐賀市諸富町大字諸富津138-9。11:30~23:30、 不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン1●うどん0●そば0●チャンポン0●その他0
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年11km

Posted by heno at 13:12 | Comments [9]

2010年01月01日 金曜日

●新春麺屋初商情報

■1/1(金)

らーめん大@大橋

元祖ラーメン長浜家@長浜Pomさん情報
※1/1(金)~1/4(月)は10:00~22:00、1/5(火)は10:00~完売次第閉店
   1/6(水)~1/8(金)は休み、1/9(土)6:00より通常営業

行徳家@野間みおせるさん情報
※1/1(金)~1/4(月)は11:30~18:30

 

■1/2(土)

翡翠園@藤崎

ラーメン海鳴@清川
ラーメン屋とらや(全店)

不老庵@香椎店主情報
※1/5(火)と1/6(水)は正月休み

かぜのたみ@筑紫野市

輪喰@久留米市北野町

いちげん@佐賀

大臣閣@諸富町katanaさん情報 
いっぷく@熊本

 

■1/3(日)

島系本店 (本店&舞鶴支店とも)

まるげん@平尾yamamenさん情報

黄金の福ワンタンまくり@飯倉 

唄う!手打ちうどん稲穂

練り込みうどん権@志免店主情報
満月@八幡西区

ちゃんぽん醤@熊本市

 

■1/4(月)

ふくちゃんらーめん@田隈Pomさん情報

六@西新

大名ちんちん@大名

らーめん屋たつし@名島

ラーメンもち月@博多駅南 

小梅屋@中洲Danchohさん情報

木曽路@荒戸  

讃岐うどん志成@大手門

福岡麺通団@渡辺通

いまとみ@高砂

鳴門うどん筑紫野店

黒門@遠賀

芭蕉庵@八幡東区
マルケン@若松区

蕎麦処 藤井@小倉南区かのなつさん情報

金田家@行橋かのなつさん情報

様式美麺れいんぼ~@唐津

へんろみち@大分市

 

■1/5(火)

熊猫食堂@西新
王龍@赤坂

たけや@小倉南区

一竜軒@唐津  ※遅れる可能性アリ

○めん屋 大仙@御船町

 

■1/6(水)

元祖長浜屋@長浜Pomさん情報

三ヶ森蕎麦@舞鶴みおせるさん情報

宝来軒@津屋崎

■1/7(木)

大地のうどん@下山門

Posted by heno at 23:13 | Comments [39]