2010年01月20日 水曜日

●こんなところに創作系男子?!

午前中の小竹町での仕事を終え、九州自動車道八幡インターへ向け国道200号バイパスを北上していると、ラーメン屋を発見。「麺屋 黒とんこつ 楽」と染め抜かれた店頭の大きな幟に惹かれ、昼麺ピットイン。

 

DVC00005

 

結構今風の幟と相反して、思いっきり懐かし系のラーメン提灯がかかる入り口を入ると、すぐ左手に食券販売機。ラーメンが「ピリ辛ダレがアクセント マー油入り 黒楽ラーメン」に、「当店の基本です。初めての一杯はこちら! 楽ラーメン」、「激辛シリーズ 脳天までしびれて下さい 激辛ラーメン」の3種類×具のバリエーションがそれぞれ5~6種に、「時間はかかるが待つ価値あり! つけ麺」も。

「時間がかかる」=極太麺のつけ麺か……!?

元来太麺フェチの我が麺心がグイングインと惹かれる。も、やっぱ初ラ店は「当店の基本」を啜るべきかと、楽ラーメンのボタンをポチっ。

 

 

店内のアチコチに掛けられた黒鯛やアラの超巨大魚拓に見ほれつつ待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残すスープがナカナカにグッド・ルッキングだなぁとレンゲで一啜りすれば、すいっと瑞々しい口当たりとともに軽やかに広がる豚骨ダシの自然な甘み。丸幸たつしに相通じる、フレッシュ感ある滋味豚骨が、グイッと我がツボ。

合わさる麺は細めのストレート。ぱりんと弾けるコシと小麦感ある風味がコレまた上出来だし、バラ肉チャーシューも適度にトロトロでグッド・ジョブ。アレコレとメニューを揃える演出優先の創作系ラーメン店か?と思いきや、基本をシッカリと押さえた地道な味わいがドッカン好印象。

黒楽ラーメンを啜った同行スタッフ、N牟田さんも大絶賛。そしてナニより、厨房で寡黙に麺を揚げている店主が、見事な髭然り、店内の魚拓に負けぬ巨漢な体型で、ナイス・キャラ。

やっほ~、イイ店見っけぇ!近々是非とも再訪し、つけ麺を啜りたひぞっ!!

麺屋 黒とんこつ 楽:楽らーめん500円。福岡県直方市下境1464-1。11:00~15:00&18:00~21:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン16●うどん8●そば1●チャンポン0●その他1
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 2010年01月20日 11:34
コメント
コメントしてください




保存しますか?