2010年01月22日 金曜日

●世はチャン・ブー?

○博多麺好きの間で噂されるも半信半疑だったイベントは本当だった!山本華世の人生旅行騒動記に、来月末、博多新風で行われるイベント「つけ麺まつり2010」がチラシ込みで紹介される。TETSUの熱鉄球つけ麺に興味津々なれど、おそらく凄い行列だろうなぁ。新風前のアノ細い歩道に順番待ちの長蛇の列?警察沙汰の大騒動にならなければ良いが……。

 

最近ナゼかチャンポンがおもしろい。昨年末、豚骨ラーメンで全国制覇した(?)博多発の一風堂秀ちゃんラーメンが、焼麺ちゃんぽんの店とチャンポンつけ麺の店を、それぞれオープン。

しかし、ナゼ今チャンポンなのか?六厘舎然り、二郎然り、世は正に極太麺ブーム。そして、九州古来の極太麺料理といえば、チャンポン。そしてチャンポンといえば野菜たっぷり=ヘルシーなイメージ=健康志向の世のトレンドにもマッチする。なので、なのでチャンポン発祥の地・長崎と同じ九州発の一風堂と秀ちゃんが、いみじくも同時にチャンポンに目をつけたのか?

 

ちょき

 

学生の街、六本松のかつてはラーメン屋であった店舗に、コレまた昨年末に「博多ちゃんぽん」を謳う店、ちょきがオープン。他の博多ちゃんぽんの店と同様に、客の注文が入ってから生麺を茹でるオペレーションが特徴だが、さらにユニークなのが、秀ちゃん同様にチャンポン麺のつけ麺もウリにしているところ。

つけ麺◇ちょき

 

定番の大判海苔に加え、鶏肉のチャーシューやサッと湯通ししたキャベツと、具の盛り合わせもなかなかユニーク。そしてさらに小皿には、柚子だろうか?柑橘の切り身とおろし生姜の薬味と、コレまたユニーク。

まずはデフォルト、薬味なし。冷チャンポン麺を温つけ汁にざぶんと潜らせ、ズズッと啜れば、鶏ガラらしき濃密な旨味を豚骨らしき風味がグイッと後押しする、濃密かつキレある味わいがドッカン我がツボ!そして、生麺から揚げたて中太チャンポン麺のプリプリとした食感と豊かな風味!!

コリャ旨いわっ、と小躍りしつつ、今度は麺に柑橘を搾り、啜ってみれば、密なる旨味の輪郭を爽やかな酸味がさらに際だたせる。ならばと次におろし生姜も添えてみれば、生姜特有の辛みがコレまたグッドジョブ、味わいをさらに鮮やかに描き出す。

 

 

派手さはないが、キチンとアレコレ考え尽くされた感のある丁寧美味。あぁコリャ旨いと一気に平らげ、〆にスープ割りをたのむと、ソレまではさほど感じなかったチャンポン・スープの味わいが顔を出す。最後までお楽しみ満載の上出来なる一杯に大満足。コレで価格がもう少し安ければ、もしくは麺の量がもっと多ければ、ヘビロテ間違いなし!なのだがなぁ。

 

博多ちゃんぽん ちょき:つけ麺750円。 福岡市中央区六本松2-2-13。11:00~23:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン16●うどん8●そば1●チャンポン0●その他3
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年33km

Posted by heno at 2010年01月22日 12:27
コメント

早速食べて頂いてありがとうございます。
私もかなりこれツボで、ちょっと高いんだけど味玉付きを大盛にして食べてます。
ただ、ちゃんぽんと麺が同じのためか、あつもりには向いてないんですよねえ・・・。
あつもりにしたものも食べてみたんですが、ぬめりが取れなくて麺同士がくっついてしまうんです。
その点が残念ですが、色々試したけど併用だから仕方ない、あつもりには向いてない麺みたいで。
つけ麺に関してはあつもりなしがここでは正しいということですね。

ただ、いつも行くのが昼間だからかもしれないけど、ほとんどの方がちゃんぽん頼んでまして、つけ麺頼む人はあまりいないんですよ。
個人的に好きだから、もっと頼む人がいても良いのになと思いつつ、私の味覚が特殊なのかなあと心配していたんですが、へのさんの好みでもあったならよかったです。
ありがとうございます。

Posted by せいしろう at 2010年01月25日 12:33

そうですか、あつもりには不向きですか….。
次回はあつもりと思っていたけれど、ひやもりにします!
最近の福岡には稀な【大人のつけ麺】誕生が
うれしたのしデス。

Posted by への at 2010年01月26日 01:13