2010年02月25日 木曜日

●極太麺ブームに博多からの返答?

昨日は、太宰府で得意先との打ち合わせ。午後1時、イイ感じに終了しヤッホー昼麺、ワタコウのいっトク?くっトク!でその存在を知り、ググッと気になりマクリの、ラーメンのスープ×うどん麺=「ラーどん」を啜りに一九ラーメン筑紫野店へ。

一九ラーメン筑紫野店 住所を頼りに訪ねると、筑紫野市の住宅街の外れのナンとも辺鄙な場所に、一九ラーメンお約束の白い外観&赤字で一文字ずつ屋号が記された白い真四角電照看板。午後1時半過ぎだと言うのに店内は7割方客で埋まっている。この立地でこの時間帯でこの客数は驚き桃の木山椒の木。

あいていたカウンター席に座りつつ、厨房奥の壁の高い位置に記してあるメニューを見るも、お目当ての「ラーどん」の文字が見当たらない。ありゃりゃ、ひょっとしてデビュー早々にお蔵入りしてしまったのか?と店員に尋ねると、「はい、コレですね、ありますよ。」と卓上のチラシを指す。壁のメニューには記さず卓上のチラシだけという事は、やっぱり人気が出なければ早々に止めるつもりだろうか?

ラーどん◇一九ラーメン筑紫野店

待つことしばし、ドンブリが運ばれてくる。龍が踊る黒いドンブリにかなりオイリーな白濁スープとうどんの白と、梅干しとチャーシューの赤に葱の緑。ナニやら摩訶不思議な迫力を感じる見た目である。

さてさてならばと、レンゲでスープを一啜りすれば、もわんっと広がるスープ表面を厚く覆う脂と豚骨ダシの甘み。いわゆるフツーの、ラーメン用のスープをそのまま流用しているようだ。 合わさるうどんは、ぷりんぷりんとしたコシと薄めの小麦感から察するに恐らく冷凍麺か?甘めのスープと相性があまりに良過ぎて、逆にナンだかエラク物足りなさを感じてしまう。ならばと、添えられた梅干しを囓ってみる。と、

ほうほうコレはなかなかイケルじゃないの。

ひとアクセント入ることで甘スープとうどんの馴れ合いが旨さの団結力へと変化するではないか。

ならばと、入口横に置いてある取り放題の漬け物やキクラゲ、ゆで卵の中から大根漬けと高菜と特製唐辛子を小皿に取り、ラーどんに入れてみる。と、

おうおうおう、コレはかなりイケルじゃないのぉ!

厚めのチャーシューも甘めに調味されていて、恐らくラーメン用とは別物のラーどん専用か。スープとうどんだけじゃ物足りないが、様々な具や薬味と合わせて食べるとグンと旨味が増すこの感じは、いわば白飯。

シッカリと練り上げられた感ある棚膳@二丈町の「ラーどん」とは全くの別物。昨今大ブームの極太麺を意識し、パッと思いついて作ってみました的な、良くも悪くも刹那的お手軽感がオモシロ美味。でも、次回来店したときは、間違いなくラーメンをたのむだろうなぁ。

酸辣湯麺◇熊猫食堂夜はたぐせん@西新で皮はぎ刺し&美味地酒三昧を楽しみ、
〆は熊猫食堂の酸辣湯麺!

つけ麺大盛り◇ラーメン楽

今日は直方での営業を終え、
黒とんこつ楽で前回気になったつけ麺を啜る。

くにくに抗う極太麺。
そして、豚骨ダシの自然な甘みと、
その甘みを嫌味なく引き立てる酸味のコラボが
ナンチャないけどナンとも旨い温つけ汁。

うんうん、こりゃアリ、アリ、アリ!
次回は黒楽ラーメンだっ!!

一九ラーメン筑紫野店:ラーどん550円。福岡県筑紫野市岡田2-168-5。Pあり。

熊猫食堂:酸辣湯麺700円。福岡市早良区西新4-4-5。18:00~24:00(日曜は~21:00)、無休。Pなし。

麺屋 黒とんこつ 楽:つけ麺650円。福岡県直方市下境1464-1。11:00~15:00&18:00~21:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン39●うどん20●そば3●チャンポン0●その他17
◎今月の総ジョグ距離83km / 通年145km

Posted by heno at 2010年02月25日 21:14
コメント

僕も東区の蔵で食べましたが、腹もちはよくラーメン好きには微妙なさっぱり麺でしたね!?

Posted by たんしん at 2010年03月02日 21:24

イメージこそ濃厚なれど、その実淡味の純粋豚骨だしに
存在感バリバリの極太麺を合わせるには
何らか一工夫が必要なのだなぁと
改めて実感した一杯でした。

Posted by への at 2010年03月04日 20:27
コメントしてください




保存しますか?