HENO HENO: 2010年03月 アーカイブ

2010年03月31日 水曜日

●看板に偽りなし

営業で佐賀市内から唐津へ移動したところで、さぁさ昼麺。

久しぶりに一竜軒で超美味豚骨かぁ?
いや今日は水曜日、一竜軒は休みだしぃ……。
おぉ、そうだ。多花木へ行ってみるかっ!

多花木

唐津の鏡山から相知町へ抜ける県道沿いの久里双水古墳公園はす向かいに、「ラーメンの源流」との赤い文字。そして「麺々長寿 中国四千年の秘法」との黒文字も。威海@舞鶴天門@宮崎龍成火鍋@北九州と同じく、ここ多花木も最も古典的な製麺方法と言われる手延べ法で麺を出す店の一軒。

かつて国道202号線沿いで「ポパイ」という屋号で営業していたときに一度啜ったことがあるが、現在の場所に移転し屋号を多花木に変えてからは未食。かれこれ十数年ぶりになるが、黙々と製麺する店主の仕事ぶりに変わりなし。麺生地の両端を持ち、バチンバチンと板に叩きつけるうちにアラ不思議、ものの数分で手延べ麺の出来上がり。

 しょう油ラーメン◇多花木

透明感を残す醤油色のスープは、かすかなダシの存在を感じはするが、あくまで軽く、ある意味素っ気ない味わい。具も然り、脂身のほとんどない肩肉チャーシューに細切りにキクラゲにネギと、コレまた素っ気ない。普通のラーメンなら、この仕上げ具合は間違いなく落第点。だがしかし、この「源流ラーメン」には、この素っ気なさが、ちょうどエエっ!だって主役はあくまでも麺なのだから。

コレまで食べた他店の中華系の手延べ麺と比べると、かなり太め。その太さのなせる技か、ぶるんっと跳ねる、コレまでの中華系手延べ麺の食感&味わいとは明らかに異質。むちっと抗い、ねっちりと解けていく様は、まるで手打ちうどん。そして、ムニムニと噛み込むほどに広がる豊かな小麦の風味。ナンとも木訥なる滋味に、ほっこり。

主食としての麺。そして、その主食をあくまでもさり気なく支えるスープと具。技法や演出とは両極。「飯」の力強さをヒシヒシと実感しつつ、ワシワシと喰らう。

 

食後、唐津での営業を終え、福岡市内でもう一件営業するぞとカーナビに住所を入力。すると、唐津から福岡へ向かう=どう考えても東へ向かわなければならないはずが、ナゼか北へ進めと示す。おかしいなぁと全ルート表示に切り替えてみると……

ナント、呼子からフェリーで長崎県壱岐へ渡り、壱岐から再びフェリーに乗船し博多港へと帰るルートを示しているではないか……!!

どうやらカーナビのCPUにも春が来たようだ……。

多花木:しょう油ラーメン650円。佐賀県唐津市双水2650-12。11:00~18:30、1st&3rd火曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン61●うどん28●そば7●チャンポン2●その他24
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 13:27 | Comments [2]

2010年03月30日 火曜日

●どぎどぎうどん株式会社?!

北九州のアチコチへ営業途中に、ズズッと昼麺。北九州の出張昼麺=小倉肉うどんが、今や我が麺喰いコモン・センス。くまのあまがみでその存在を知り、ずっと気になっていた宿題店、森もりへ。

森もり

住所を頼りに訪ねると、モノレール片野駅すぐ近くの住宅街の一角に、目指す森もりを発見。午後2時前、白い暖簾を潜ると、こぢんまりした店内には先客なし。ならばと店奥の4人掛けのテーブル席に贅沢に一人で座り、壁に張られたメニューを見ると、我が目当ての肉うどんに加え、「肉そば」や「肉入ちゃんどん」なるメニューもアリ。聞くと、チャンポン麺に野菜をのせ、和風のスメで仕上げた「ちゃんどん」にスジ肉をのせるのだとか。

うっしゃぁ~、オモロそうっ……!
でも待て待て、初う店はデフォルト、肉うどんでイッとくかぁ。

肉うどん◇森もり

ほどなく運ばれてきた肉うどんは、うどんの白とスメの黒に、肉の赤とネギの緑とドンブリの中央にたっぷりと盛られたおろし生姜の黄色が、エエやん、エエやん、旨そうやんっ!

まずはスメと、ドンブリを両手に抱えズズッとスメを一啜りすれば、適度にきいた魚介系のダシとイイ感じにいなたい肉ダシの旨味と、キュインッとドライブする醤油カエシの華ある旨味。

太めのうどんは、恐らく製麺所製茹で置き麺。なれど、重量感ある啜り心地と、ねっとりと解ける柔々ゴシが、ナカナカに趣きアリ。特筆すべきはスジ肉の旨さ。ほんの僅か掃除せずに残してある脂分が適度なねっとり感を演出。赤身肉のしゃくしゃく感とのコントラスト然り、噛み込むほどに広がる独自の風味と甘み然り。茹で置き太うどんとの相性も言うことナシ!何ともはやイイ感じにお下劣美味!美味!!

いやはや旨かったなぁと、このブログを書くにあたりgoogleってみると、

わぁお、「どぎどぎうどん株式会社」??!!

小倉肉うどんの愛称である「どぎどぎうどん」という名称は登録商標されていると以前から聞いてはいたが、こんなオフィシャル・サイトがあったとは。小倉肉うどんが広く注目されることは喜ばしいが、それに伴い色んな人や会社の色んな思惑が交錯しているような、いないような……。

ラーメン◇博多一心亭白木原店

昨日は太宰府の得意先へ打ち合わせに行った帰りに
博多一心亭の白木原支店で啜る。
相も変わらずライトな口当たり&コクある後味の白濁スープが
ナンちゃナイ。けどナンとも旨い、真性長浜ラーメン。

 

三氣

博多一心亭白木原店のすぐ近くの三氣水城店には
「福岡県産『ラー麦』使用」とのデカ看板。
替え玉何玉でも無料らしいし、今度啜りに寄ってみるか?

 

肉うどん森もり:肉うどん550円。北九州市小倉北区片野5-1-17。7:00~なくなるまで、月曜休み。Pなし。

博多一心亭 白木原店:ラーメン450円。福岡県大野城市白木原5-2-1。9:00~21:00、(土曜8:00~16:00、祝祭日11:00~15:00)、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン60●うどん28●そば7●チャンポン2●その他24
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 13:50 | Comments [5]

2010年03月28日 日曜日

●なにわマジカル麺喰いツアー 3日目・最終日

東寺

次男の卒業旅行、関西旅行3日目は、ANDさんナビゲーションで京都観光。

まず向かったのは東寺。8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東に建立されたという世界遺産登録の刹那は、古都・京都のシンボルたる五重塔をはじめ、
五大菩薩坐像や五大明王像など国宝仏像がズラリと並ぶ。

その後、三十三間堂の圧巻、千一体の千手観音の列に圧倒され、さぁさ昼麺。
その南に位置する住宅街の細い路地にひっそりと営業するお好み焼き屋、よしのへ。

吉野

人二人がすれ違うのも困難な極細路地に、
美味お好み焼き屋特有の香ばしいアノ香り。

赤&生レバー◇吉野

京都のお好み焼き屋ではポピュラーだという
赤玉ポートワインの酎ハイ「赤」をクイクイ飲みつつ、
プリプリ甘い生レバー刺し。

油かす玉そば入り◇吉野

関西に位置しつつも、
薄焼きの皮に具と麺を包み込んだお好み焼きのその見た目は広島風。
そして具もスジや上ミノなどホルモンが主流と、ナンとも独特。
で、ワシワシ喰らったその味わいは、(関西+広島)÷2。
適度に濃密で適度に軽い。あははぁ、こりゃ旨いわぁ!

オムライス◇吉野

そんな京都お好み焼きの真骨頂が「オムライス」。
具と焼きそばと白米を炒めたものを薄焼き卵焼きで包んだそれは
独自の軽い&甘い食味がドンピシャはまり系。

清水寺

その後、清水寺金閣寺など鉄板京都観光スポットを満喫し、
更にコイン・マジックにハマっている次男のリクエストに応じ
マジック・ショップ、マジカルアートクリエーションを冷やかし、早夕方。
最近流行の韓国風もつ鍋「チリトリ鍋」をちょちょいと突き、〆はつけ麺。

もつつけ麺◇和醸良麺 すがり

京都屈指のつけ麺人気店、高倉二条の3号店、和醸良麺 すがりのもつつけ麺。一見蕎麦のように見える太麺は、大恩@神埼と同じ小麦の全粒粉麺。豊かな風味は同じなれど、大恩の麺にはないクニッと愛らしく抗うコシ。

そして、鶏ガラ&煮干しがダシという温つけ汁が、ドエラク美味。ぽってりと濃厚な口当たりなれど、ヘンに旨さをひけらかすことなく、キチンとまとまり感のある絶妙滋味。
具の丸腸もバーナーで焦げ目が付けてあり、食感&風味ともコレまた上出来。そこかしこに計算され尽くした創意工夫を痛感する天晴れ美味に、ひたすら感服。

 

和醸良麺 すがり

 

最終日は大阪のマジック・ショップ、
トリックス梅田マジックサービスセンターで手品グッズをアレコレひやかし、
麺元素@天満橋で昼麺。

鶏元素らーめん◇麺元素

昨年夏にオープンしたという麺元素。そのインパクトある屋号は、「を食べて気になるよう、材にこだわったラーメン作り」を誓って命名したとか。店の看板メニューである鶏元素らーめんは、トロンと円やかな口当たりの白湯スープが、ナルホド滋味。鶏ガラと香味野菜の素材の旨味を完全に出し切った感のある、自然な甘みが、ドンピシャ我がツボ。無化調とは思えない深い旨味に、更にひと匙、もうひと匙。スープを啜るレンゲの手が止まらない。

合わさる中太麺は、ソリャもう半端なくスルスルと滑らかな啜り心地がドエラク個性的&超オモロ快感!プニッと抗う柔らかゴシ然り、噛み込むほどに広がる豊かな小麦の風味然り、トロントロン滋味白湯と相性抜群。

気持ち厚切りのチャーシューと半熟味玉も完璧美味。それらのキチンと旨い味わいが好アクセント。スープ&麺のナンとも優しく、柔らかく、かつ豊かな味わいを鮮やかに際立たせる。

派手さはない。が、そのさり気ない豊かな味わいが、ドエラク個性的。コレ正に、作り手のラーメン作りに対する志がヒシヒシと伝わってくる丁寧な仕事の賜物か。
つけ麺◇麺元素

次男が頼んだつけ麺もシミジミ美味。
昨今流行の濃厚魚介豚骨とは完全に一線を画する温つけ汁の
魚介ダシ&鶏ガラだしのふわりと軽やかな旨味と
全粒粉太麺の豊かな風味がタマラン、タマラン!
最後のスープ割りまで手抜きなしの完璧美味に、万歳三唱。

麺元素

 

和醸良麺 すがり:もつつけめん850円。京都府京都市中京区観音堂町471-1。11:30~15:00&18:00~22:00、(土日祝は11:30~15:00&18:00~21:00)無休。Pなし。

麺元素:鶏元素らーめん690円。大阪府大阪市北区天神橋5-2-16。

11:00~15:00&17:00~23:00(日祝は11:00~20:00)、月曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン59●うどん27●そば7●チャンポン2●その他23
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 14:34 | Comments [2]

2010年03月26日 金曜日

●なにわマジカル麺喰いツアー 2日目

月見うどん◇松や

次男の卒業旅行2日目。
朝8時半、ホテルをチェックアウトし、
立ち食いうどん屋で朝麺を済ませ向かったのは……

なんばグランド花月

関西の笑いの殿堂、なんばグランド花月!
春休みのこの時期は、朝一番の公演のみだが、
小学生以下の入場料が半額となるサービスがあるのだ。

M-1永遠の優勝浪人、笑い飯の鉄板ネタ「ガムの妖精」に、
海原やすよ・ともこのコテコテ関西漫才に、
アホの坂田&辻本の織りなす新喜劇と
笑いっぱなしの2時間弱。

さるぱぱ

笑い過ぎて思いっきり空きまくった腹を満たすべく、東大阪・高井田地区へ。目指すははモチのロンで、高井田ご当地麺である極太醤油中華そばが啜れる一軒、さるぱぱ。

住所を頼りに訪ねると、JR河内永和駅沿いの細い一通道路沿いに、黄色のテント。うぬぬぅ?ナンだかデジャブだぞぉ??と入店すると、左手のカウンター席の上部に半円状の壁。

うぬ、うぬぬぅ~???
この店作りって限りなく源さん@大阪市東成区に似てないかぁ……???? 中華そば◇まるぱぱ

そして、ほどなく差し出された中華そばも然り。濃厚な醤油色の透明感あるスープの、キュインッと舌の上でドライブする高井田系ならではの濃密かつスッキリ後味の旨味然り、うどん大の極太麺のにちゅにちゅと心地よく歯にまとわりつく艶系なコシ&ヒキ然り、キシキシとキッチリ旨いチャーシュー然り。うんうん、コレって、とてつもなく源さんのラーメンと酷似の旨さだぞぉ……!!

なにわ探検クルーズ 

腹一杯、シアワセ一杯で再びミナミへと戻り、なにわ探検クルーズ
大阪都心部を囲む河川を落語家の案内で一回り。
今回のナビゲートは桂ちょうば
人間国宝である桂米朝の「ちょう」と、直の師匠である桂ざこばの「ざ」と
それぞれ名をもらったという彼の
ちょいとシニカルな話芸を楽しみつつ、なにわ水上散歩。

丸一日極楽ななにわ観光を享受し、
今宵の宿は昨年秋に博多から大阪へ異動となったANDさん邸。
ANDさん奥方Y子さんお手製の春野菜のマリネやスペアリブなど
ドエラク美味なる料理の数々を日本酒飲みつつ堪能し、
〆はANDさんのお父さん手打ちの蕎麦せいろ。

と、コレが旨い……!ソリャもう半端なく旨いっ!!
キニッと抗うコシ然り、更に噛み込むとある瞬間にホロリと解ける様然り、
そして豊かに広がるナンとも自然な甘み然り。

聞くと、蕎麦の実を買い、石臼で製粉し、蕎麦を打つという。
そりゃもう完全に玄人はだしの極旨蕎麦に、うしし、うししとほくそ笑みつつ、
あな悦楽なる夜が更ける。

さるぱぱ:中華そば(並)500円。大阪府東大阪市長栄寺7-25。11:00~23:00、水曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン58●うどん27●そば7●チャンポン2●その他22
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 23:23 | Comments [0]

2010年03月25日 木曜日

●なにわマジカル麺喰いツアー 初日

先日目出度く小学校を卒業した次男と記念旅行。3泊4日の大阪エンターテイメント&喰い倒れの旅、始まり始まりぃ~~!

笑福

午後1時、新大阪駅に着き、まずは昼麺。昨年11月にオープンしたという、二郎系ラーメン店、笑福へ。

鳥取県米子市が本店の笑福の大阪支店。住所を頼りに訪ねると、店頭の黄色の幟に「ニンニク入れますか?」のキャッチコピー。そしてソリャもう半端ないドカ盛りラーメンの写真とともに、「野菜まし ニンニクまし カツオまし アブラまし 無料!」の文字。

店に入ると食券販売機。メニューは豚骨醤油味のラーメンと、つけ麺が豚骨醤油味と豚骨魚介味2種+豚骨魚介にオプションで辛味。長男はラーメンをノーマル盛りで、我はつけ麺の豚骨魚介味をあつ盛り&野菜多めでたのむ。

 つけ麺◇笑福

まず出てきたつけ麺は、うどん用のドンブリにたっぷりの茹で野菜&カツオの削り節。麺とは別盛りとは珍しいなぁと思いつつ、もうもうと湯気の上がる揚げたて極太麺を温つけ汁にザブンとくぐらせズズッと啜れば、かなり甘めの醤油ダレ&豚脂の旨味とかすかな酸味にビックリ。そして極太麺もゴリゴリ感より、モチモチ感が強めで、またまたビックリ。ドカ盛りのジャンク感こそ同じだが、味わいはコレまで食べた二郎系つけ麺とは全く異質。関西の味覚に合わせた結果なのだろうか?

ラーメン◇笑福

長男のラーメンも、スープがかなり甘めなオリジナル味。

 DVC00002_1

次に向かったのは、今回の旅の聖地、
コインとカードのマジック・グッズのショップ、レモンドロップ。

最近コインマジックにハマッている次男は
若き店員相手に、目を輝かせ
「○○コインはありますか?」、
「○○コインを見せてください」と、
次から次へとリクエスト。

道頓堀

その後一端道頓堀に戻り、そぞろ歩き。

DVC00010_1 

串カツで小腹を観たし、
再びフレンチドロップへ。

レモンドロップ

フレンチドロップは2階がショップ、1階がバーになっていて、
一階のバーでは毎夜マジックショーが楽しめる。
今夜木曜に出演するポンタ・ザ・スミス氏は
次男の憧れのマジシャン。

1m幅ほどのカウンター越しに、
超至近距離で観るマジックは正に圧巻。

DVC00022

憧れのマジシャンからサインまでもらいすっかりご満悦の次男と
ホルモン焼き屋で夢かなった祝杯を上げ、
〆は油そば。

麺爺あぶら

昨年道頓堀の戎橋脇にオープンした麺爺あぶらは
大阪初の油そば専門店。
平打ち太麺を醤油 or 塩 or 味噌タレで和えて食べる。

油そば醤油◇麺爺あぶら

まず、ぷりんぷりんの平打ち太麺自体が美味。
そして和える醤油ダレの甘み&辛味も絶妙。

次男がたのんだ塩ダレも然り。
コンサル系ながらも、
キチンと計算されたシッカリ美味がむふふと我がツボ!

DVC00015

 

笑福大阪西中島店:つけ麺650円。大阪府大阪市淀川区西中島1-13-13。11:00~14:00&18:00~24:00、年中無休。Pなし。
麺爺あぶら:油そば醤油480円。大阪府大阪市中央区道頓堀1-10-1。

11:00~23:00(金土日・祝前日~24:00)、年中無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン57●うどん27●そば6●チャンポン2●その他22
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 22:23 | Comments [0]

2010年03月24日 水曜日

●豊前裏打会全店制覇 その六 ~とばた麺之介~

昨日は北九州へ日帰り出張。午後からの若松での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。土砂降りの雨の中、超長年の宿題店の一軒、とばた麺之介へピットイン。

とばた麺乃介

住所を頼りに訪ねると、数店の飲食店が建ち並ぶ小さな飲食街の一角に、白壁の蔵のような外観のとばた麺之介を発見。暖簾をくぐると薄暗い店内の壁にはLPレコードのジャケットが飾ってあり、ひと昔のロック喫茶チックなインテリア。

豊前裏打会の親子鷹、麺之介@苅田町の息子さんが営むとばた麺之介だけに、メニューを見ると、穴子天ぶっかけを筆頭に創作うどんがズラリと並ぶ。

トマトとナスとベーコンのぶっかけなど洋風メニューがあるのも親譲り。オモロなメニューのオンパレードで、どれにしようかしばし悩み、ふと視線を上げると、「秋限定メニュー 香りきのこうどん」の張り紙。

なになに?「柚子かかぼすを添えてどうぞ」だとぉ?!

柑橘酸味温麺好きのアドレナリンが急上昇し即決、

「すんませ~ん、香りきのこうどんクダサ~イ!!」

香りきのこうどん◇とばた麺乃介

待つことしばし、運ばれてきたうどんは、楕円形のドンブリの白と、揚げ餅と大根おろしの白の取り合わせがナカナカおしゃれ。まずはスメと一口啜れば、気持ち甘めの優しいカエシの旨味の奥に、ほわんと香り立つダシの風味。

うどんはコレ正に豊前裏打会。むぅにんむぅにんと愛らしく踊るコシと、とぅるんとぅるんと跳ねるヒキが、うししと楽し。キノコは傘の色が白と黒の2種のエノキ。そのしゃくしゃくとした食感も相まって、悦楽至極。

柚子とかぼすは季節外れで品切れなのか、薬味はレモンと柚子胡椒。レモンをキュッと絞り、ズズッと啜れば、爽やかな香りと酸味がスメの味わいを更に豊かに演出。柚子胡椒を添え、柚子の風味も楽しみつつ、ズルズル啜る。

店内に店舗移転を知らせる張り紙あり。若き店主に尋ねると、ゴールデンウィーク前後に小倉北区へ移転するとのこと。新天地へ飛び立つ若鷹の、更なる創作うどんがナンとも楽しみ!

ラーメン◇黒門

今日は遠賀町日帰り出張。
過密スケジュールにぽっかり穴が開き、
思いかけず黒門のラーメンにありつく。

コレ正に滋味。
啜るほどにシミジミと染みる滋味を心底癒され、元気一杯腹一杯。

 

とばた麺之介:香りきのこうどん700円。北九州市戸畑区天神2-1-36(5月上旬頃移転:小倉北区井堀5-1-3)。11:00~夕方、日曜休み。Pあり。

南京ラーメン黒門:ラーメン550円。福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12。 11:00~19:00、 月曜&3rd日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン56●うどん27●そば6●チャンポン2●その他21
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 22:36 | Comments [0]

2010年03月22日 月曜日

●博多デフレ・ラーメンを巡る ~その八 福芳亭~

国道3号線を北九州へ向かい東へ。福岡市内東端の副都心、香椎を過ぎてすぐ、九州産業大学のお膝元に「ラーメン290円」の看板。

 

福芳亭 祝日の午後1時前。思いの外広々とした店内は、厨房前に4~5人掛けのカウンター席に、4人掛けのテーブル席が7~8卓。既に8割方客で埋まっているが、そのほとんどは小さな子連れの家族客。4人家族でそれぞれ一杯とったとしても、1160円ですむデフレ価格ゆえの現象か?

ラーメン◇福芳亭

ほどなくラーメンが運ばれてくる。決して豪華ではないが、全く貧相ではない。ドンブリに並々注がれたスープに、かなり多めの麺。さらに、僅か1枚だがシッカリ厚切りのチャーシューに、ネギに、なんとキクラゲまでのっている。

 

まずはスープと卓上に置いてあるレンゲで一掬いしズズッと啜れば、アッツ熱の口当たりとともに軽やかに踊る豚骨ダシ。そして、ナゼか格安デフレ・ラーメンに共通の昆布ダシ・チックなクセある旨味。

麺は気持ち太めの細麺。コキコキと無骨なコシのいなたい風味がエエ感じ。素っ気なく厚切りのチャーシューは肩肉か?キシキシとコレまたいなたい食感と、噛み込むほどにしっかりと広がる豚肉味が、チャンと美味。

秀でた特徴はない。が、普通にチャンと旨い。で、290円という格安価格を考えると、十二分に満足満足!「休日の午後、家族そろって啜るラーメン」とすると、かなり秀逸。いまや300円アンダーが当たり前の市販弁当にも、本格志向の高額カップラーメンにも、引け目なくキッチリ旨い「ラーメン屋のラーメン」たる存在感が素晴らしい。

どうやら以前は450円でラーメンを出していたらしい。それが今や、290円は正真正銘のデフレ・ラーメン。この価格で、この丹念仕事で、この味で、文句がある奴ぁ、ドエラク罰当たり。チャンとチャンと旨いラーメンを、ズズッとズズッと、ほっこりと。

ラーメン◇元祖ラーメン長浜家早朝の得意先へも納品帰りに、「家」。
ねちっと舌にのる嫌味な旨味が、いよいよ往年の「屋」。

 

麺屋 福芳亭:ラーメン290円。福岡市東区香住ヶ丘2-7-9。11:00~15:00&17:30~24:00(日祝11:00~21:00)、不定休。Pあり。

元祖ラーメン長浜家:ラーメン400円。福岡市中央区大手門2-7-10。24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃休憩)、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン55●うどん26●そば6●チャンポン2●その他21
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 12:44 | Comments [2]

2010年03月21日 日曜日

●不況→セルフ式讃岐うどん店増殖?

覚え書きによると、ソラリアステージの地下一階に、セルフうどんFC「天つるり」の福岡天神店がオープン。天神北には「つるまる」もオープンしたばかりだし、俺コレ!によると、来月には筑紫野市に「さぬき道場」なるセルフうどん店がオープンするとか。世は不況→不況に強いと言われるうどん屋かつ割安感の強いセルフうどん店が台頭してきたのだろうか??

かれこれ7~8年前か、日本全国を席巻した讃岐うどんブーム。ここ福岡にも、はなまるを始めとするセルフ式の讃岐うどんFCがあちこちオープンするも、ものの1~2年で次々撤退。なにせ博多は「うどん発祥の地」である。同じく「うどん発祥に地」を主張する香川讃岐とは、至極当然のことながら相性が悪い。

コシが強いうどんが主役、冷たいうどんに醤油をかけズズッと啜る讃岐うどんに対し、テロテロの茹で置きうどんは謂わば脇役、アッツ熱&ダシのきいた温スメが美味なる博多うどん。同じうどんでも、讃岐と博多では食べられ方が全く真逆なのだ。そんな敵対国、博多で大健闘、着実にファンを増やしているセルフ式讃岐うどん店が、福岡麺通団。

とりたま◇福岡麺通団 薬院の取引先へ成果物を受け取りに行ったついでにズズッと昼麺。オフィシャルサイトでその存在を知り、ググッと気になった新メニュー「かしわうどん」を啜るつもりが、店頭の「甘く炊いたかしわに水菜を添えました」との説明書きに、急ブレーキ。甘いうどんは苦手なのよと、かねてから気になっていた宿題メニュー「とりたま」に浮気する。と、コレがドンピシャ大当たりぃ~!

釜揚げうどんを鶏そぼろと生卵と醤油タレでグリングリンに混ぜてカッ喰らえば、むりんっむりんっとダンスする太うどんのいなたいコシと、ムチムチ鶏そぼろと、トロトロ生卵の食感&味わいのコラボが、うんうん、エエねぇ~、旨いねぇ!!

小皿にとったゲソ天もラッキーなことに揚げたて。ほくほく熱々な口当たりと、コリコリ抗う食感と、噛むたび広がる独自の旨味が、うしゃうしゃ美味!!

唯一の難点は生卵。まるまま一個割り入れてあるので、白身の水っぽさがイタダケナイ。が、それこそ些細なこと、うん、こりゃ旨いわぁと一気に平らげ、〆は温スメ。レジ横に設置してあるサーバーからドバドバと温スメを注ぎ、食べ残しの生卵を溶き卵状態に仕立てつつ、ほっこり啜る午後のシアワセ。

桜

我がマンション前の早咲き桜は既に満開。
あぁ、サクラ咲く春を実感する幸福よ。

福岡麺通団:とりたま420円&ゲソ天100円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

福岡麺通団:とりたま420円&ゲソ天100円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン54●うどん26●そば6●チャンポン2●その他21
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 13:05 | Comments [5]

2010年03月20日 土曜日

●日進月歩

○昨年秋に長崎県雲仙で行われた「九州ご当地グルメコンテスト」の第2回が、来月の17~18日、福岡市役所前ふれあい広場で開催。麺類は、福岡市の中世博多うどんに、北九州市の小倉焼きうどん、長崎県雲仙市の小浜ちゃんぽん、大分県佐伯市のごまだしうどんなどが参加予定とのこと。

気になっていたももたろううどん@天神の「食べ比べごぼう天うどん」の実食リポが俺コレ!に。来月には新ごぼうが入荷するとのGOOD NEWS!こりゃ是非とも来月必食だ!!

 

世間は三連休。なれど、我は今日も薬院の取引先で終日仕事。どうやら今日も長丁場になりそうだ。ズズッと麺を啜りパワーチャージだと、サンセルコの地階へ。福岡新麺店情報王、俺コレ!で知った沖縄そば新店を目指し歩いていると、気になる看板を発見。

拉麺帝国

「極細麺」の「ラーメン」と「黒豚骨」に、「平打ち太麺」の「醤油豚骨」に、「あっさり醤油」と「あっさり塩」。そして「新メニュー 当店おすすめ!帝国特製 極つけめん」の文字。

そうかそうか、そうだった。拉麺帝国が昨年夏に、大橋からここサンセルコ地階に移転してたんだっけ。

かつては豚足コラーゲンたっぷりのトロントロン豚骨一本だった帝国が、数々の新メニューを携え、学生の街である大橋から発祥の地高砂近くのサンセルコ地階に凱旋帰国。

う、う~ん、極つけめんがナンとも気になるぞぉ……。

よっしゃ予定変更!沖縄そばはまた次回、つけめんをば、いざ啜らんっ!

つけ麺◇拉麺帝国

待つことしばし、つけ麺が運ばれてくる。温つけ汁に浮いた海苔の上には魚粉が少々。そして平皿の中太の平打ち麺にナゼかレンゲが添えてある。このレンゲで温つけ汁掬い、麺にかけて食べるのか?いやいや、それじゃ「つけ麺」じゃなく「かけ麺」になっちゃうぞぉ?

とりあえずはノーマルに食べてみるかと、麺を温つけ汁にザブンとくぐらせ、ズズッと啜れば、キュインとドライブする醤油ダレの華ある風味と、ほんのり甘い豚骨ダシの旨味。昨今流行の濃厚魚介豚骨とは似て非なる、キレある味わいが結構我がツボ。

中太の平打ち麺のコリコリとしたコシもオモシロ美味だし、チャーシューもモッチリ美味だし、なるほど「当店おすすめ」なだけのことはある。が、780円はチト高価。これで650円なら満足&再啜必至なのだがなぁ、など思いつつズズッと完食し、〆にスープ割りをたのむ。と、

ほう、こりゃエラク旨いでなおのぉ~!

醤油や塩ラーメン用にとったスープを両用しているのだろうか?鶏ガラらしき豊かな旨味が、ほっこり美味。こりゃ是非とも、次回はあっさり醤油を啜ってみたひっ!

ドラゴンスープ拉麺帝国:つけ麺780円。福岡市中央区渡辺通1-1-1サンセルコ地下一階。11:30~22:00、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン54●うどん25●そば6●チャンポン2●その他21
◎今月の総ジョグ距離36km / 通年194km

Posted by heno at 12:23 | Comments [0]

2010年03月19日 金曜日

●八麺六臂

超弩級にタボーな日々。今日は東へ明日は西へ。ズズッと麺でパワーチャージしつつ、ただひたすらにコツコツと働く。

肉うどん(中)◇今浪うどん 

北九州出張=どぎうどんが、今や我が麺喰い習慣。
今浪うどんの肉うどんの「中」は、
ドンブリから溢れんばかりのうどんてんこ盛り。
て事は、「大」はチョモランマ盛りか?!

鳥南うどん◇池田屋

佐世保でうどんと言えば、池田屋。
冬季限定メニューである鳥南うどんは
客の注文を受けて茹でるうどんも
むりんむりんと旨楽しいが、
ソレよりナニより、スメの旨さが感激モノ!

ラーメン◇龍虎軒

ウルトラ久しぶりの龍虎軒@唐津は
滋味なる豚骨ダシがうししと美味!
なれど、タレの量を間違えたのか塩辛さが半端ナイ……。

黒ラーメン◇龍虎軒

龍虎軒の新メニュー「黒ラーメン」。
てっきり焦がしニンニクのマー油入りかと思いきや、
その正体は竹炭を練り込んだ真っ黒麺。

ラーメン◇黒門

超久方ぶりの黒門は、端正な見た目通りの
五臓六腑に染み入る滋味スープに、ほっこり。

究麺ちゃんぽん◇明星

「ノンフライ丸太麺」の文字に惹かれた
明星の究麺チャンポンは
ナルホド、ぷりんぷりんと跳ねる麺自体はナカナカなれど
チャンポン・スープとの相性がすこぶる疑問。

百福鴨だしそば◇日清

創業者の生誕百年記念、百福長寿麺の鴨だし蕎麦は
ひたすら長い長い長い蕎麦の啜り心地がオモロイ、オモロイ。

元祖ラーメン長浜屋◇マルタイ

深夜まで仕事=早朝元祖がコレまでの我が生活習慣。
なれど件のお家騒動がナンとも悲しく、
リアル元祖よりも、
味わいの再現率が高いマルタイ元祖が我が気分。

きつねそば

買い置きの杯麺も切らしてしまい、
超エマージェンシーで社食のきつね蕎麦は、
冷凍麺×めんつゆのあまりにもお手軽味が心寂し。

 

今浪うどん:肉うどん(中)600円。北九州市小倉南区北方3-49-29。8:30~15:00、 水曜&2nd・4th木曜休み。Pなし。

池田家:鳥南うどん(価格失念)。長崎県佐世保市福石町24-5。11:00~15:00、不定休。Pあり。

龍虎軒:ラーメン550円。佐賀県唐津市大名小路2-41。9:00~20:30、月曜休み。Pあり。

 

南京ラーメン黒門:ラーメン550円。福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12。 11:00~19:00、 月曜&3rd日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン54●うどん25●そば6●チャンポン2●その他21
◎今月の総ジョグ距離16km / 通年174km

Posted by heno at 23:25 | Comments [3]

2010年03月14日 日曜日

●さらば青春の光

さらば青春の光

映画「さらば青春の光」。1979年イギリス、フランク・ロッダム監督。THE WHOが1973年に発表したアルバム「四重人格」がベース。THE WHOのロックを愛し、細襟のタイトなスーツにアーミー・コートを羽織り、ライトをたくさん取り付けた改造ベスパに乗る、60年代ギリスの若者ライススタイル、モッズ族に属す青年ジミーが主人公。仕事や束縛を嫌い、モッズ族の仲間と遊ぶことだけが唯一の生きがいだった。が、しかし、彼のあこがれていたモッズ族のリーダー、エースさえも、現実社会の中で妥協していることを知り、ジミーは全てに絶望してしまう……。

元祖長浜屋支店

本日午後2時、元祖長浜屋支店が、一時閉店。午後3時半、店の前を通りかかると、早くも店頭の飲料自動販売機の撤去作業が始まっている。

我が青春時代の思い出が、ギチギチと詰まりマクリのラーメン屋である元祖。24時間営業の元祖は、若きし我の心身ともに癒しの地。大学で深夜遅く実習に没頭し、やっとこさ一段落ついた早朝にヘロヘロになって啜る元祖の不味さは格別だった。

週末、友達と親不孝通りのてっしい村・倉庫でシコタマ飲み、千鳥足で元祖に行き着き、ラーメンを啜りながら一心亭とどちらが旨いか、口角泡を飛ばしつつ大激論し、ポケットに手を突っ込んだままカウンターに寄りかかり、客を客とも思わぬ傍若無人な接客態度の若者店員にガンを飛ばされることも日常茶飯事。

当時の元祖は猛烈に臭かった。特に支店が臭かった。店の半径20mは、ソリャもう鼻が曲がるくらいに強烈な豚骨臭がどよんと停滞していた。そして出てくるラーメンは、器を洗ったのち水で流し残した石鹸の味さえ感じることも多々あった。

臭い&不味いが当たり前の元祖だが、極々まれにそりゃもうドエラク旨い一杯に当たることも。その時の感激は半端じゃない。なにせ年に一度あるかないかの確率なのだ、コリャ間違いなく近々我が身に更なるシアワセが訪れるはずっ!とニヤニヤと頬が緩みつつ、啜ったものだ。

2年前に本店が閉店したときは、センチメンタルな気分を押さえきれず、閉店前日の夜、啜りに行った。が、しかし、今日の支店一時閉店に未練はない。完全に元祖から心が離れしまっている我が寂しい。

元祖長浜家 今月下旬に元祖長浜屋のすぐ近くにオープン予定のラーメン店は元祖長浜屋と仲違いして分家した元祖ラーメン長浜家の2号店と聞いていた。が、朝日新聞によると、元祖長浜屋出身で元祖ラーメン長浜家で働いていた方が、今度は元祖ラーメン長浜屋と袂を分かち分家し出店する、元祖長浜家なる新店なのだとか。

元祖長浜屋かつての本店の裏手のビルの一階では、既に新生元祖長浜屋の店舗工事が始まっている。以前に比べると随分と広めの店になるようだ。営業開始は5月上旬らしい。その時私は、間違いなく出来るであろう行列に並ぶだろうか……。

 油そば◇点心点 

ナゼか最近、休日の家麺作りがドエラク楽し。
点心点の極太つけ麺を流用し、ナンちゃって油そば。
今が旬の新玉葱と、点心点のスモーク豚肉に、素干し海苔に、
かつお粉と干しエビと卵の黄身と柚子皮を少々。

つけ麺◇点心点

そして、素直につけ麺でも啜る。
具は付属の醤油ダレに漬け込んだ茹で豚肉と新玉葱に、
卵と黄身とかつお粉と素干し海苔をトッピング。

タレは付属の醤油ダレに生姜とニンニクをすり入れ、
具の豚肉の茹で汁で割る。

と、
これ、タマラン旨いデス!!

活魚水餃子◇点心点副菜は、点心点の魚餃子を水餃子で。 
と、
これも、タマラン旨い旨い旨いっ!!!!

牡蠣うどん 

牧のうどんの持ち帰りうどんで作った牡蠣うどんも感動もの!
今回は前回より更にバージョンアップ、
拓どん@諫早のかき一番うどんよろしく、
練りゴマと味噌で作ったタレを添えれば
うはは、うははと自惚れ美味な一杯にシアワセ一杯、腹一杯!

Posted by heno at 22:17 | Comments [2]

2010年03月13日 土曜日

●北天神新麺店をマルサする

朝日新聞によると、今月下旬に元祖長浜屋のすぐ近くにオープン予定のラーメン店は元祖長浜屋と仲違いして分家した元祖ラーメン長浜家の2号店ではなく、元祖長浜屋出身で元祖ラーメン長浜家で働いていた方が、元祖ラーメン長浜屋と仲違いし更に分家して出店する、その名も元祖長浜家とのこと。

~豚骨スープの色は清らかに白い。
だが紅ショウガは血がにじんだように赤く、その香りは汗の匂いがする~

「おみゃーの出る幕じゃーにゃーずらっ!」
「おみゃーの言うとおりにゃさせねぇーで!」

となじる冨士眞奈美の声が聞こえてきそう。ドラマ「細麺繁盛記」の結末や如何に……。

喰海 元祖お家騒動然り、何かと麺関連の話題が豊富な最近の天神北地区。来週オープンの福岡パルコの北に建つ天神ビルの地下一階にも、ちとオモシロイ麺屋が先日10日にオープン。福岡市内で5店舗の広島お好み焼屋を展開する「きんさい屋」が、煮込み屋 虔十@博多駅前に続く新業態つけ麺屋、肉そば屋 喰海である。

店舗の壁がなく、雑居ビルの通路に晒されたカウンター席のみの店作りもユニークだが、ナニよりメニューがユニーク。「盛りそば」、「肉そば」、「鶏そば」と3種ある麺メニューは全てつけ麺。そして、麺は特製平打ち麺か和そばからチョイスできるオペレーション。

肉そば◇喰海

肉そばはラー油風味のピリ辛の冷つけ汁に
冷麺の組み合わせ=広島つけ麺タイプ。

特製平打ち麺◇喰海 ピラピラとなびきつつ口に収まる特製平打ち麺が、カナリ我がツボ。
甘辛炒めの肉&白葱と頬張れば
重層的な旨味のコラボが喰い甲斐あり。

卓上には薬味の天かすと生卵が無料サービス。
アレコレ入れて味の変化を楽しむのも、また一興。

鶏そば◇喰海

鶏そばは肉そばと同じくピリ辛なつけ汁を温め、
鶏肉と白髪ネギが入った=鴨せいろの変形版。

鶏そば◇喰海

和そばは小麦のつなぎが多めなのか、
見てくれよりは随分と蕎麦の風味がおとなしめ。

麺乃庄つるまる饂飩福岡天神店

そして、天神ビルの更に北には
大阪が本拠地のセルフうどんFC、麺乃庄つるまる饂飩の
九州一号店が先月オープン。

 きざみうどん◇麺乃庄つるまる饂飩福岡天神店

ぶっかけや、かけなどの讃岐うどんチックなメニューと並び
さすが大阪が本拠地のうどんFC、
関西では定番うどんメニューである
揚げを刻んでのせた「きざみうどん」もアリ。

釜玉◇麺乃庄つるまる饂飩福岡天神店

次男の頼んだ釜玉は生卵でグチャグチャ混ぜるタイプではなく、
温泉卵がのせてある。

いずれも280円とそこそこ割安感のある価格設定なれど、
「麺乃庄」と屋号に謳うわりには
注文すると客の目の前で冷凍庫から冷凍うどんを取りだし
調理を始めるオペレーションは、いかがなものか?

それと、トレーがエラク滑りやすくて
カウンターで受け取ったうどんを席へ運ぶ際、
思わずドンブリごとひっくり返しそうになる客が、私以外にも数人あり。

 

博多盛りそば処 肉そば屋 喰海:肉そば650円。福岡市中央区天神2-12-1天神ビル地下1階。

麺乃庄つるまる饂飩 福岡天神店:きざみうどん280円。福岡市中央区天神3-16-15。10:30~22:30(日祝は~21:00)、Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン51●うどん22●そば4●チャンポン1●その他19
◎今月の総ジョグ距離16km / 通年174km

Posted by heno at 22:16 | Comments [0]

●THE BAWDIES / IT'S TOO LATE

出会いは、昨年の暮れ。仕事で移動中、カーラジオから流れてきた、グルーブするスライドギターと、ガリッとリフを刻むリズムギターのイントロに、イチコロ。帰社後そのFM番組サイトでその曲が「THE BAWDIES」というバンドの「 IT'S TOO LATE」という曲であることを知る。

THE BAWDIES / IT'S TOO LATE

パブ・ロックなソリッド感×ハードロックなグラマラス感×ブルージーなグルーブ感。コリャまたナンとも我がツボなバンドだなぁとGoogleってみるとオフィシャル・サイトへのリンクを発見。どらどらとクリックすると、

えっ、ええっ……?THE BAWDIESって日本人のバンドだったのかっ?!
あまりのカッチョよさに、てっきりイギリスのバンドとばかり思っていたが……。

4月のニューアルバム発売に合わせ、全国40カ所のライブ・ツアーを行うらしい。ライブメインの活動スタイルも、目一杯ロックでカッチョいいぞぉ。

Posted by heno at 05:25 | Comments [5]

2010年03月12日 金曜日

●フェミニンな街角中華

nitoroziさんのtwitterによると、大名ちんちん@大名の2号店がトリアス久山に来週18日(木)オープンとのこと。かの若き店主は東京赤坂の四川飯店出身だったとは!で、新店の屋号は久山ちんちんなのだろうか??

○数々の創作ラーメンを提供してきたいっぷくラーメン@熊本市に、またも新作が登場。3月20日頃より夜営業のみ提供予定の山マー醤麺(サンマージャンメン)は、二郎チックな盛りつけの和風だし醤油豚骨極太麺とか。

DVC00003 旧博多部、須崎。毎年7月に行われる博多伝統の祭り、祇園山笠の時は、追い山のゴール地点となりたくさんの人出で賑わうも、普段は人も車もほとんど通らぬ閑散とした下町なのだが、最近この一帯が俄に麺天国と化してきた。老舗ラーメン屋山九に、超人気チョイ飲みうどん屋つきし、ゲストルーム併設のうどん・焼酎バー界音に続けとばかり、最近オープンしたのが小粋な街角中華レストラン、星期菜(サイケイツァイ)。

白壁のこぢんまりした店内は、2人がけのミニテーブル席が5卓。生成りと茶の椅子を交互に配した、チープシックにオサレなカフェ系。本日のランチメニューは「ネギとチャーシューの香り汁そば650円」、「黒酢と胡椒のピリ辛汁そば750円」、「北京風肉味噌そば750円」に「担々麺800円」。迷わず「黒酢と胡椒のピリ辛汁そば」=酸辣湯麺をたのむ。

酸辣湯麺◇星期菜 ボサノバのBGMを楽しみつつ待つことしばし、運ばれてきた酸辣湯麺は、ボーンチャイナのシンプルな白磁のドンブリがコレまたオサレ。端正に切り揃えられた豆腐や椎茸、溶き卵、タケノコ、キクラゲなどの色とりどりの具&スープの上のラー油の赤が際立ち、ググッと食欲がそそられマクリ。

美人麺にハズレなし!コリャかなり期待できそうだとレンゲでスープを一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりとともに、とろんと広がる鶏ガラらしきダシの旨味と、ぐわんとドライブする黒酢の酸味と、ピリリと刺激的なラー油と黒胡椒の辛み。

麺は気持ち太めの中太縮れ。ぷりんぷりん、もちもちで、とろん、ぐわん、ピリリなあんとじスープと相性抜群。麺とともに口に飛び込んでくる様々な具との食感&味わいのハーモニーも、ナンとも楽し。

熊猫食堂の酸辣湯麺に負けず劣らず、ググッと我がツボ。ぐわん感が力強い熊猫が男味なら、とろん感が印象的な星期菜は女味。うむむ、酸辣湯麺もコレまた奥深し。

星期菜(サイケイツァイ):酸辣湯麺750円。福岡市博多区須崎町4-19。11:30~14:00&17:30~24:00、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン51●うどん21●そば4●チャンポン1●その他18
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年158km

Posted by heno at 13:14 | Comments [2]

●EMOTION POTION/THE BAWDIES

うっはぁ、カッチョええ……。うんうん、カッチョええっ!!!

我のボキャブラリーの乏しさがナンとも恨めい。とにかく、カッチョいいのだ。ナンともソリッドな演奏と、グリッとエグカッチョええボーカル。最近の若者はスッゲェなぁと、心底惚れ惚れRock’n’Roll !!

サンハウスの再結成ライブもドエラク気になるが、もしライブの日程がダブったら、迷わず私はTHE BAWDIESのライブへ行く。

Posted by heno at 02:50 | Comments [6]

2010年03月11日 木曜日

●らーめん大 全メニュー制覇計画 いつ最終回?? ~魚節らーめん~

午後からの甘木での営業を前に、がっつりパワーチャージ。めんご また麺でゴメン。でその存在を知り、目一杯気になりマクリだった、らーめん大の新メニュー、魚節らーめんを啜るのさっ。

らーめん大 福岡大橋店

店頭の看板をチェックすると、
載ってマス載ってマス、魚節らーめんの発売を知らせる張り紙がっ。

魚節らーめん◇らーめん大 福岡大橋店

待つことしばし、差し出されたドンブリからは、きっとスープが熱々なのだろう。熱気とともにぶわんっと力強く立ち上る魚介ダシの香りに、我が麺心は一発ノックアウト。

こりゃタマランわぁ、とレンゲを掴む手ももどかしく、ズズッとスープを一啜りすれば、ぐわんっとドライブする魚介ダシの濃密さときたら、かすかに独自の酸味さえ感じるほどのド迫力。コレ正に寸胴鍋のスープをベースに、中華鍋で加熱していた魚節スープを加えた効能か?そして、ぽってりと舌にのる醤油ダレの旨味&背脂の甘み&一人時間差攻撃で顔を出す豚骨ダシの風味に、そりゃもうメロメロのメロリンキュ~~。(←海パンイッチョで頑張っていた頃の山本太郎調で)

極太麺も絶好調。目一杯大量に口に押し込み、ゴリゴリと抗うコシに負けじとワシワシと租借する馬鹿喰いの快感がタマラン、タマラン!具と薬味のセレクションも絶妙。ポリポリと跳ねるキクラゲの食感&汐の香風味に、太もやしのパリパリに、白葱の青い部分の千切り仕立ての濃い青臭風味に、気持ち薄切りチャーシューのモチモチ感に、天かすのナンともいなたいクセある甘み。

超弩級に大雑把大味。なれど、きちんと計算された感ある端正美味も見え隠れ。

おいおいおい、らーめん大よ。………、惚れてまうやろぉぉぉ~~~!!!!

きっと数ヶ月後には、また新たな福岡限定メニューを発売してくれることだろう。いつになっっても全メニュー制覇が出来ないシアワセをヒシヒシと噛みしめつつ、さぁ午後の仕事、ガンバンべぇ!!

 

らーめん大 福岡大橋店:魚節ラーメン680円。福岡市南区大橋2-12-13。11:00~27:00、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン51●うどん21●そば4●チャンポン1●その他17
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年158km

Posted by heno at 13:47 | Comments [0]

2010年03月10日 水曜日

●最愛麺

○福岡麺情報王、俺コレ!によると、中華そば 行徳家@高宮で2周年感謝イベント。3/24~26の3日間、鶏白湯ラーメンが300円!

○そして、コレまた俺コレ!情報。天神ビル地下1階に「博多盛りそば処 肉そば屋 喰海」がオープン14日まで全品半額とのこと。ちなみに昨日は昼3時過ぎに品切れ閉店したも模様。行かれる方は喰海を営む広島お好み焼き「きんさい屋」グループの社長twitterで確認を。

 支那そば◇関東軒

早朝からの唐津での仕事が一段落し、関東軒で昼麺休憩。
久方ぶりに啜る支那蕎麦は、
ふわりと芳醇なダシの旨味とキリッと醤油ダレがタマラン美味!
そしてプリプリと愛らしく跳ねる平打ち麺!!

関東軒こそ、我が最愛醤油ラーメン in 九州なり。

百福長寿麺鶏だし塩ラーメン◇日清

今日は遅くまで仕事をせねばならぬ……。
で、夕方。麺でも啜ってガンバンべぇと、
日清の百福長寿麺 鶏だし塩ラーメン。

本場中国の長寿麺も真っ青の長い麺の食感然り、
すっきり美味なスープ然り、
コリャもう、カップ麺の域を超えてるなぁ的名作!

関東軒:支那そば600円。佐賀県唐津市和多田本村2-1。10:30~16:50、不定休(土日祝は営業)。Pあり。

Posted by heno at 12:22 | Comments [2]

2010年03月09日 火曜日

●気になるうどんニュース五題

All About うどんによると、今月2日、熊本県八代市にオープンした本格讃岐うどん けんたろうの店主は、カノ讃岐名店おか泉で長年修行された方なのだとか。てる山同様に美味うどんが期待できそう……。是非とも近々遠征したひっ。

○うどん杵むら@薬院が薬院移転2周年記念企画開催。杵むら三大人気メニューがウレシイ特別価格!4月末までの平日15時まで。ごま味噌うどん850円→600円、カレー南蛮玉子入うどん800円→600円、スタミナつけ麺900円→600円!

和田や@八幡東区で今週11日木曜と12日金曜、新作お試しセール開催。かけうどん290円→100円、きつねうどん460円→200円、ごぼう天うどん→550円→300円、肉うどん650円→400円。。

西日本新聞によると、博多ももたろう@天神で、宮崎県産や茨城県産など5つの産地から選んでごぼう天うどんをたのめるらしい。そして、5種類を一度に味わえる「食べ比べごぼう天うどん 590円」てのもあるらしい。

圧力鍋うどん店、かつみ屋@鳥栖でホワイトデー企画開催。3/8~3/20、500円以上オーダーするとミニハート天がプレゼントされる模様。

チャンポン◇味のまるい 

午前中の福津市の仕事を終え、現場すぐ近くの味のまるいでチャンポン。
最近少々お疲れモードゆえ、ほっこり母性チャンポンを期待するも
出てきたチャンポンは、ソリッドなスープ&少なめの具の男味。

中華そば とら食堂◇サッポロ一番

昨日は社内業務が多忙で
エマージェンシー杯麺。¥¥

中華そば とら食堂◇サッポロ一番

びよんっとヒキある平麺と
クイッと醤油ダレが効いたスープに焼き海苔2枚。
さがの日々の好評も大納得の上出来美味。

沖食堂◇マルタイ

ハローデーでやっとこさ見つけたマルタイ沖食堂は
醤油ダレのきいた豚骨スープがチャンと旨いが、
コレが沖食堂のラーメンといわれると、チト疑問。

味のまるい:チャンポン550円。福岡県福津市宮司600。11:00~21:00、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン48●うどん21●そば4●チャンポン1●その他17
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年158km

Posted by heno at 22:47 | Comments [0]

2010年03月07日 日曜日

●新旧ソレゾレにソレゾレの味力

鹿児島市の繁華街、天文館のはずれにある、百貨店・山形屋の立体駐車場の横。住所を頼りに訪ねると、長年風雨に晒され、茶色に草臥れたトタン小屋。ホントにここか?と看板を探すも、どこにも見当たらない。ならばと、半分開いている引き戸から中を覗くと、薄暗い屋内に立ち上る湯気と、その湯気とともに漏れ漂う獣系ダシのほのかな甘き香り。

ほりえラーメン 意を決して中に入ると、入口左手にカウンター席と厨房。そして奥の四人がけの座卓が置かれた小上がり。長年の営業の垢のごとく、黒く煤けた店内はメニュー書きさえ見当たらない。喜寿を迎えられただろうか?厨房でコツコツと仕事をこなす背の曲がったお母さんに声を掛ける。

「ラーメンください。」
「はいはい、どちらにします?」
「はい?どちらって……??」
「はいはい、ラーメンは大盛りと普通がありますが。」
「あぁ……、普通で、」
「はいはい、お待ちくださいね。」

厨房で調理が始まる。まず、年季の入った五徳にのった両手に把手がついた中華鍋に麺を投入。続いてお湯を張り暖めたドンブリに調味タレをたらす。そこに茹で上がった麺を投入し、菜箸で調味タレとしっかり和える。そしてタレと和えた麺の上にチャーシューと軽く熱湯にくぐらせた太もやしと揚げネギと青ネギをのせ、最後に寸胴から黄金色の透明スープを注ぎ、出来上がり。

「はい、上がりますっ!熱いから手に取らないでくださいよっ。」

キリリと鯔背な口調とともに、お母さんがカウンター越しにドンブリを差し出す。

ラーメン◇ほりえラーメン

ナンちゃナイ。が、ナンとも美人である。丹念な具の盛りつけと、透明感溢るるスープに透けて見える気持ち少なめの麺の量に、気品すら感じてしまふ。

おそらく洗い物を最小限に抑えるためか?卓上にレンゲの姿なし。で、両手の親指と人差し指でアッツ熱のドンブリを挟み上げ、ふぅふぅ、ズズッとスープを啜れば、その瞬間はナンとも心許ない。が、一呼吸置いて、クイクイッと顔を出すダシとタレの仄かな滋味。そして麺を啜れば、かなり長め。

うん?ナンだかデジャブなこの食感は……??
うん、おぉそうか!コレって韓国温麺とエラク似てる気がするぞぉ!!

まず麺とタレをしっかり和えて、具を盛り、最後の最後にスープを張る調理手順然り、長めの麺の啜り心地然り。コレって韓国温麺とまんま同じだぞっ。

てなことを思いつつ、ズルズルとズルズルと。あぁコリャ旨かったな!とご馳走様をする。と、

「はいはい、ありがとうございます。300円です。」

他の客は全て、お母さんから名前で呼ばれている=常連顧客。もやし多めやチャーシュー抜きなど、客の好みを熟知してそれぞれ仕上げる手練手管の調理姿に、ほっこり&うっとり。長年続く日常美味ラ店へ突如お邪魔したエイリアン客である我にも満面の笑顔でお見送りいただき、感謝感激雨あられ。

のぼる屋

あぁ旨かったと辺りをブラブラ歩けば、
かの有名ラ店、のぼる屋が。

なるほどこの一帯は鹿児島イニシエ・ラ店エリアなのか。

らぁめん実家そんな鹿児島いづみ通りで、ひとり気を吐く今時ラ店、らぁめん実家。
店頭に掲げられた「トマトらぁめん」や「つけ麺」の看板に惹かれつつも、
メニュー筆頭に書かれていた「おやっとさぁらぁめん600円」をたのむ。

おやっとさぁらぁめん◇らぁめん実家

トロンとアッツ熱な口当たりとともに、まるんっ広がる豚骨ダシの甘みと
その甘みの輪郭を明快に描き出す魚介ダシと醤油ダレ。
控えめのようで、その実、明快滋味なスープに合わさるのは
コリッと弾ける固茹で中太麺。

シッカリと調味された厚切りバラ肉チャーシューが象徴的。
レトロ感を演出しつつも、その正体は今時創作系の
上出来コンサル系美味なる一杯。

新旧それぞれにそれぞれの個性。
あなオモシロき、鹿児島ラーメンの懐深さ。

ほりえラーメン:らーめん300円。鹿児島県鹿児島市堀江町2-8。11:00~14:00、日祝休み。Pなし。

らぁめん実家: おやっとさぁらぁめん600円。鹿児島県鹿児島市大黒町4-18。11:00~21:30、無休。Pあり(いづろパーキング、テクニカルパークいづる)。

◎通年麺喰い◎ラーメン45●うどん21●そば4●チャンポン1●その他17
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年158km

Posted by heno at 23:01 | Comments [2]

2010年03月05日 金曜日

●でぃすかば・イニシエ

今日から二泊三日の鹿児島出張。午前中の社内での仕事&想定外の雑務を終え、ドタバタとJR博多駅へ。九州新幹線リレーつばめの発車時間まで30分、ならばサクッと昼麺チャージだと、博多デイトス2階の博多めん街道へ。

うどんや焼きそば、パスタにチャンポン、中華麺とナンでもありの麺料理コンプレックス、博多めん街道。ラーメンも、元祖博多だるまに博多新風、博多一幸舎と、イマドキの店がズラリ軒を並べる。も、今日の我が気分はイニシエ系。迷うことなく二葉亭デイトス店の暖簾をくぐる。

我が大学生時代、今は閉店してしまった祇園店で目一杯お世話になりまくっていた二葉亭。当時は麺&具が盛りだくさんの「ジャンボ・ラーメン」がお約束だったが、さすがにこの歳になるとジャンボはツライ。が、ナゼか知らねど、二葉亭ラーメン=シナチクが我が二葉亭イメージ。で、シナチクラーメンをたのむ。

シナチクラーメン◇二葉亭デイトス店

う、うへぇ……、こんなに旨かったっけぇ~~??

ほどなく運ばれてきたラーメンは一見そっけない具の盛りつけ具合。あちゃちゃぁ?こりゃハズしたか?と腹をくくり、まずはスープとレンゲで一啜りすれば、コレ正にイニシエ美味。ほわんと花咲くナンとも自然な豚骨ダシの甘みと、その甘みの輪郭を丁寧に描き出す昆布 or 煮干しの魚介だし。ともすれば嫌味になりがちなWスープを構えることなく、気負いなく、極々自然体で提供する枯れ具合が、ドキュンと我がツボ。

合わさる中太麺の、イイ感じにガサゴソとした啜り心地&ゴリゴリと解ける無骨ゴシも、枯れ系ゴージャスWスープと相性抜群。それらスープと麺を繋ぐ、シナチク特有のアノ風味。そして、沖縄スパム・ハム・チックな塩気強めのクセある旨味が印象的な厚切りチャーシュー。

辛子高菜◇二葉亭デイトス店

そして、二葉亭といえば、辛子高菜。油っ気は皆無。普通にシャキシャキの風味ある高菜とびりびりと辛い唐辛子&プチプチと弾ける食感とともに広がる風味がクセになるゴマとのコラボが、ソリャもう旨っ!!

かれこれ8年ぶりか。久しぶりに啜る一杯は、ナルホド納得なシミジミ滋味。年を重ねたからこそ気付く、素性の良さに感服しきり。いやいや、マジで気に入ったぁ!近々是非とも再食したひっ!

菊正宗樽酒◇天神房丸新

夕方、鹿児島での仕事を終え、蕎麦屋酒。そばがき磯辺◇天神房丸新 卵焼き◇天神房丸新蕎麦人でその存在を知り、興味津々だった、天神房丸新。
卵焼きとそばがきをアテに菊正宗の樽酒をクイッとあおり、〆は蕎麦。

辛し大根のぶっかけそば◇天神房丸新

辛みの強いねずみ大根のおろしが添えられた
辛み大根ぶっかけそば。
コリコリと素朴に弾ける自然な蕎麦のコシと、
くぃっとコクある醤油カエシの風味が印象的なツユ。

いやはや上出来。いやはや楽し。
あぁだから、蕎麦屋酒が好き!

イイ感じに酔っ払い、ホテルへ帰る道すがら、
福岡ではあまり見かけないコンビニ、サンクスへ立ち寄ると、
サンクス×麺屋武蔵×ロッテとのコラボ杯麺、
「味噌ガーナ」を発見!
蓋の写真を見ると、
味噌ラーメンにロッテ・ガーナチョコレートがのっている……。

 

二葉亭 デイトス店:シナチクラーメン600円。福岡市博多区博多駅中央街1-1 デイトス2階博多めん街道。10:00~21:00、無休。Pなし。

天神房 丸新:辛し大根のぶっかけそば(価格失念)。鹿児島県鹿児島市東千石町8-22。11:00~21:00、火曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン43●うどん21●そば5●チャンポン1●その他17
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年158km

Posted by heno at 23:00 | Comments [0]

2010年03月03日 水曜日

●遅かりし由良之助

○かねてから移転が噂されていた博多ラーメン好きのメッカ元祖長浜屋が、今月14日に一旦閉店。1~2ヶ月後に、かつての本店裏にオープンとの噂。て事は今月中にオーブンすると噂の元祖長浜家2号店のすぐ近く?!

○4月にオープン予定の一蘭西通り店では店限定の「釜だれトとんこつ」なるメニューが提供されるらしい。

○今月27日&28日、焼きうどん発祥の地、北九州小倉で、全国12の焼き麺が一堂に会する「天下分け麺の戦い2010」なるイベントが開催。青森県の黒石つゆやきそばと、長野県のローメンが気になりマクリ。

北九州トラックセンター 

午後からの小倉西港での仕事を前に、サクッと昼麺。らーめんくーぱーのブログふじの雑記帳で気になりまくっていた北九州トラックステーションへ。

全日本トラック協会が運営するトラックステーション。長距離トラック運転手を対象とした休憩施設で、かなり広い駐車スペースに、休憩、仮眠、入浴に食事もできるのだが、その食事処で小倉肉うどん=どぎどぎうどんが食べられるのだとか。

DVC00002

スタッフ6名それぞれに好みの食券を買い、席に着く。
私はモチロン肉うどん!

DVC00003

早々に運ばれてきたのは、日替わり定食。
ハンバーグに加え、エビフライやささみカツなどボリューム満点!
かつ、ご飯と味噌汁はおかわり自由で550円!!

DVC00004

しばらくしてチャンポンが運ばれてくる。
こんもりと盛られた具がコレまたボリューム満点。

DVC00005

そしてさらにしばらくして、親子丼。
イイ感じにトロトロとした卵が美味しそう!

なのだけど、私の肉うどんだけ、まだ出てこない……。

ひょっとして忘れられたのか?と店員に尋ねると、

「今できましたから、すぐ持ってきます。」

そして、その言葉通り、即行で運ばれてきた肉うどんは……

DVC00006

ありゃりゃぁ?どぎどぎうどんじゃないぞぉ………。

DVC00009 

「濃い醤油色のスメ&牛ホホかスジの角切り肉」のどぎどぎではなく、
「薄口醤油色のスメ&牛スライス肉」のフツーに旨いフツーの肉うどん。

このエントリーを書くにあたりGoogleってみると、
こんなサイトこんなサイトが。
て事は、昨年の4月にリニューアルオープンに合わせ
どぎどぎうどんを始め、
今年の1月9日のメニュー改正で止めたのだろうか……?

あぁ、遅かりし由良之助。

北九州トラック・ステーション。:肉うどん480円。北九州市小倉北区東港1-3。7:00~21:00(土曜7:00~15:00、日祝9:00~115:00)、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン42●うどん21●そば4●チャンポン1●その他17
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年158km

Posted by heno at 12:56 | Comments [7]

2010年03月02日 火曜日

●鶏拉麺三題

○マルタイ棒ラーメンと並ぶ我がソウルフード即席麺、チキンラーメン。日清食品創業者の安藤百福氏が、終戦直後の大阪梅田の闇市で、ラーメン屋台に並ぶ行列を見て、「もっと手軽にラーメンを」と開発したとのことだが、その誕生秘話の再現ドラマ・テレビ番組「インスタントラーメン発明物語 安藤百福伝」が、今週5日金曜 13:55から、福岡はRKB毎日放送で放送。

○なぜウィークデーの今週金曜に放送なのか?その理由は、3月5日が安藤氏の誕生日で今年で百年を迎えるから、なのだとか。で、それを記念して日清チキンラーメンの生誕百年記念パッケージも今週月曜より発売中。袋に安藤氏のイラストを入れ、価格は当時を再現し35円。

鶏塩ラーメン◇ちょき そして、今日の昼麺はちょき@六本松のチャンポン&つけ麺に続く新メニュー、鶏塩ラーメン。つけ麺の温つけ汁同様に、こっくりと豊かに広がる鶏ガラダシの実直かつ芳醇な味わいが絶品の白湯スープが素晴らし美味!カウンター越しの厨房には、グツグツと煮立つ大振りの寸胴鍋から、溢れんばかりの鶏ガラが見え隠れ。湯気とともに香り立つ鶏ガラの甘き香りも御ご馳走。水炊きスープを産湯に生まれ、チキンラーメンで大きくなった真性鶏ガラスープ好きの我にはパラダイス!で、我が麺喰い中枢はアドレナリン出マクリの狂喜乱舞状態。

コリッと解ける小気味よいコシと素朴な小麦の風味が印象的な細ストレート麺もドカンと我がツボ。大判の海苔の上に添えられた魚粉や、ドンブリの縁に添えられた柚子胡椒で味わいの変化も楽しみつつ、一心不乱にズルズルズズズッと一気に完食すれば、シアワセ一杯腹一杯!

吉田のうどん◇マルちゃん

昨日はウルトラ多忙で外麺ならず、
買い置きのマルちゃん「吉田のうどん」。
グリンとコシある太めのうどん然り、
濃口醤油カエシがきいたスメ然り、
具の豚肉とキャベツ然り、
富士吉田うどんをかなりイイ感じでカップ麺化。

豚の角煮&冷製鶏の葱ソース◇熊猫食堂

鶏の黒胡麻揚げターメリック風味◇熊猫食堂

夜は得意先と熊猫食堂@西新で、コース料理&紹興酒。

鶏肉の黒胡麻ターメリック風味揚げが象徴的、
若き店主の美味なる創意工夫のあとが見て取れる
美味一品料理のオンパレードに、
自然、宴の会話も弾みまくり。

 

博多ちゃんぽん ちょき:鶏塩らーめん550円。福岡市中央区六本松2-2-13。11:30~、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン42●うどん22●そば4●チャンポン0●その他17
◎今月の総ジョグ距離96km / 通年158km

Posted by heno at 12:24 | Comments [2]