HENO HENO: 2010年05月 アーカイブ

2010年05月31日 月曜日

●【泰生苑@岡垣町】 次回はチャンポン

岡垣町へ営業へ。久方ぶりに旧国道3号線を走っていると、JR海老津駅のすぐ近くの交差点に、イイ感じに陽に焼けた青い暖簾。そして店頭には出前用のスーパーカブ。年季の入った店構えに一目惚れ。

泰生苑

午後2時過ぎ。暖簾を潜ると、外観から想像したよりは随分と広めの店内には先客なし。店奥の小上がり席のお好み焼きの鉄板が設置された座卓で、昼食の客を終え、テレビを見ながら食事をしている母さん。すんませぇ~ん、ラーメンいいですかぁ?と声を掛けると、はいはい、どうぞどうぞとにこやかな笑顔とともに、カウンター越しの厨房へ。

調理が始まる。麺揚げ用の釜に火をともし、寸胴鍋から一杯分のスープを中華鍋に取り、火に掛ける。と、

ゴォ~~、ゴォ、ゴォ~~……

静かな店内に低く響くコンロの轟音。かなり高火力のコンロを使っているようだ。そして屋号は泰生苑。昔ながらの中華料理店は、屋号が「苑」で終わる店が少なくない。そして壁上部に掲げてあるメニュー書きを見ると、チャンポンが和風と中華、2種類書いてある。

うぬ、コリャこの店はチャンポンが正解だったかな……?

ラーメン◇泰生苑

「すいませ~ん、火を落としていたから、待たせたねぇ。」

カウンター越しに恐縮しながらラーメンを差し出すお母さん。いえいえ、こんな時間にコチラこそスミマセンと両手で受け取る。脂分の一切浮いていない白濁スープとゆで卵の取り合わせが、如何にもイニシエ。

レンゲでスープを一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、ほわんと広がるダシのナンとも自然な甘み。外連味のない実直滋味に、思わずほっこり。麺はカナリの柔揚げ。クニュクニュと踊る感じがヨロシク哀愁。キシキシと旨い肩肉チャーシューと、細かく刻まれたキクラゲが食感の好アクセント。チャンと美味しい一杯をスポーツ新聞をめくりつつ、ゆるゆる啜るシアワセ。

目一杯アイドルタイムなれど、ぽつぽつと来客もあるし、出前の電話も鳴る。地元ではかなり人気の店のようだ。コリャいよいよ、チャンポンが気になる、気になる。

黒空豆◇酒呑横丁 てし

鬼アサリの酒蒸し◇酒呑横丁 てし

島らっきょうの天ぷら◇酒呑横丁 てし  

夜は得意先と酒呑横丁 てしで飲む。
黒空豆や鬼アサリの酒蒸し、島らっきょうの天ぷらなど
いずれ劣らぬ美味アテに
酒も会話もすすむ、すすむ。

焼きラーメン◇酒呑横丁 てし

そして〆は焼きラーメン。
ぽてっときいたラードの甘みが
ロートルな胃にはチト重たい。

しまった、〆は隣のじろう。でラーメンにすべきだったな……。

泰生苑:ラーメン450円。福岡県遠賀郡岡垣町海老津駅前9-25。11:00~20:00、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン93●うどん46●そば12●チャンポン5●その他35
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 14:12 | Comments [0]

2010年05月30日 日曜日

●シアワセな休日

昼は息子達の運動会。晴天の下、躍動する青春に心打たれる。

遅い午後、帰宅し、そうそうに晩酌。この時期限定の酒とアテ。

ナンちゃナイけどナンともシアワセな休日。

東洋美人 雄町 純米吟醸

夏のときめきらーめん◇マルちゃん

〆も季節限定の杯麺。
ピリリと風味豊かな青唐辛子が、ナンとも日本の初夏。

特製チャンポン◇ぎょうざ飯店

昨日は佐世保で仕事。
昼麺は先日惚れたイニシエ店で念願チャンポン。
鶏ガラダシがクイッときいたスープと
クタクタ野菜がシミジミ旨し。
トウアクで製麺したチャンポン麺は
そのボソボソ具合が沖縄そばに相通じる事を
改めて実感。

ぎょうざ飯店:特製チャンポン640円。長崎県佐世保市早岐2ー22-4。11:00~20:00、火曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン92●うどん46●そば12●チャンポン5●その他34
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 23:58 | Comments [2]

2010年05月28日 金曜日

●【武膳@天神】 豊前裏打会全店制覇 その七

天つるりを出て、ほんの100m。ソラリアステージお隣、福岡パルコの地下1階に、天つるりと時をほぼ同じくして開店した武膳。北九州市が拠点の創作うどん店集団、豊前裏打会の一員である。が、一号店は東京都千代田区。パルコの福岡進出に合わせ、福岡にUターン出店と相成った変わり種。

DVC00012

福岡パルコの地下1階の飲食街「オイチカ」。鉄板餃子の鉄なべや、人気焼き肉店、極味やが手がけるハンバーグランチの店など11店舗の飲食店が営業しているが、フロアの最も奥まったところに、「豊前裏打会」と染め抜かれた白い暖簾。

15席ほどのカウンター席と4人掛けのテーブル席が2卓のこぢんまりとした店内は、ほぼ満席。通された空席に着きメニューを見ると、かけにぶっかけ、つけうどんと、如何にも豊前裏打会的メニュー構成。ならば、我が麺喰いセオリーに忠実に、初う店はゴボ天。

武膳

待つことしばし、運ばれてきたゴボ天は、天ぷらが別皿に上品に盛られている。しかも、彩りを考えてか、白いゴボウの天ぷらに赤いニンジンの天ぷらがひとつだけ添えてある。巨大ゴボ天が覆い尽くさんばかりにドカンとドンブリにのってくるのが豊前裏打会の看板メニューなのだが、さすが東京生まれは洒落とらっしゃるバイ。

ごぼう天うどん◇武膳 

ごぼう天うどん◇武膳

一見コジャれた盛りつけなれど、その味わいは正に豊前裏打会。気持ち甘めの熱々スメに、とぅるんとぅろん、モッチモチ、ぷるるんな細打ちうどんが、うしゃしゃと旨しっ。斜め切りの葱もシャクッと弾ける食感も、正に豊前裏打会!

ゴボ天も揚げたてで、カリカリ&サクサク美味。なれど、別皿に持ってあると、いつまでもカリカリ&サクサクで、天ぷらとしては旨いのだが、ゴボ天うどんとして食べると、いささかイタダケナイ。で、全てをうどんドンブリに移して食べる。と、徐々にスメが衣に染みて、ゴボ天&スメとも互いにその味わいを映し合い、己の味わいを移ろうさまが、あな楽し、旨し、ダイスキ。

ゴボ天で500円は若干高価。なれど、しっかりと調理された感ある一杯に食後の満足感も高く、かつ、天神のど真ん中という立地を考えると、十二分に納得価格。開店2ヶ月ですっかりオペレーションも落ち着いているようだし、豊前裏打会ならではの創作うどん新メニューなんてのも期待したいぞっ!

武膳 福岡パルコ店:ごぼう天うどん500円。福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコB1F。11:00~23:00、無休。

◎通年麺喰い◎ラーメン91●うどん46●そば12●チャンポン4●その他34
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 12:52 | Comments [0]

●【天つるり@天神】 セルフじゃなければ…

所用で天神へ出かける途中、西通り角のApple storeの前を通りかかると、すでに正午過ぎだというのに、店のまわりに行列が。おそらく今日発売のiPadの購入希望者なのだろう。

朝8時の発売開始から4時間以上も列が途切れなかったということか?それとも、天神周辺に勤めるサラリーマンが、昼休みを待って一挙に来店したということか?

Apple Store

天神での所用を済ませ、さぁさ昼麺。最近めっきり公私とも天神へ来る機会が減り、結果、数多くの宿題店が山積しているが、今日は目一杯うどんモード。で、向かったのはソラリアステージの地下1階に3月にオープンしたという、天つるり。

天つるり 

イタリアンレストランやしゃぶ鍋料理店、デザート専門店など、日本全国に380店舗もの様々な飲食店を展開するクリエイト・レストランズが手がける、セルフ式うどん店、天つるり。

カウンター上部に掲げてあるメニューを眺めると、ぶっかけや生醤油、釜玉など、如何にも讃岐うどんチックなメニューに加え、「明太子うどん」や「梅おかかうどん」など、オモシロそうなメニューも並ぶ。そして巻末に「ゆずねぎうどん」なるメニューを発見。

「ゆず」に「ねぎ」。どちらも我が大好物なる二大薬味でないのぉ~!

ゆずねぎうどん◇天つるりソラリアプラザ店

カウンターで受け取り、トレイで席に運んでいると、湯気とともに立ち上るナンとも旨そうなダシの香り。わははぁ、コリャたまらんわっ!と着席早々、ドンブリを両手に抱え、ズズッとスメを一啜りすれば、スイッと広がる小粋な旨み。

甘さは抑えめ、さりとて塩気が強すぎることもなく、豊かなダシの旨味で喰わせるタイプ。HPによると、ダシは鰹節とサバ節、いりこでとっているとのことだが、華美にはしることなく、さりとて寂しすぎることもなく、ナンとも絶妙な味わいがドンピシャ我がツボ。

そして更に、小粋なスメを彩る柚子の香り。おそらくシロップに漬け込んであるのだろう。噛むと柚子特有の酸味、苦みに加え、仄かな甘みが広がるではナイか!

そしてうどんもエラク美味!各店舗で打っているという自家製うどんは、かなり太め。箸で摘んだときのズッシリとした重量感然り、噛んだときのにっちりと解ける粘り腰然り、噛み込んだときの豊かな小麦の風味然り、コレまた我がツボ。

コリャ旨いっ。が、この手のワビサビ系うどんは、セルフではなくフルサービスで食べたい気がする。シッカリと温められた重量感ある陶器のドンブリに、なみなみと注がれたスメなら、さらに旨さが際立つのでは?それなら490円と高めの価格も納得できるし。

ゲソ天◇天つるりソラリアプラザ店

巨大さに惹かれ取ったゲソ天は
チョット囓っただけで衣がボロボロとはがれ落ち、
ゲソが丸裸状態に……。

 

天つるり:ゆずねぎうどん490円+ゲソ天100円。福岡市中央区天神2−11−2 ソラリアステージビル B1F。11:00〜23:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン91●うどん45●そば12●チャンポン4●その他34
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 12:29 | Comments [0]

2010年05月27日 木曜日

●【島系本店舞鶴支店@舞鶴】 日進月歩

博多極太麺ラーメンの祖、島系本店に待望のつけ麺がデビューしてわずか10日。デビュー作を見直し、早々にマイナーチェンジが成されたと小耳に挟み、いそいそと島系本店舞鶴支店へ。

今回マイナーチェンジしたのは麺。


  1. 従来のつけ麺の約1.5倍に増量
  2. 形状
    3mm×2mm→3mm×約2.8mm
  3. 粉の配合
    風味を増す為に小麦の外側の方を若干多めにブレンド
  4. 製麺時の塩分量

形状を変える事により、縮れや麺の切れ潰れが防げるので、啜りやすくなったのだとか。 さてさて、コリャ楽しみだ!と島系本店舞鶴支店へチェックイン。博多つけ麺680円+野菜大盛り100円をオーダー。

つけ麺◇島系本店舞鶴支店

 

待つことしばし、運ばれてきたつけ麺は、ナルホドなかなかの盛り。極太麺に斑点状に見えるフスマのかけらが期待大。こりゃさぞや風味豊かに違いなひっ!と小躍りしつつ、ザブザブと温つけ汁に潜らせ、ぐわしっと口へと放り込む。と、

おやおや?茹でたあとの冷水の〆加減を変えたのかぁ??

パキパキと味気なかったコシが、クニクニッ、ニチュゥ~。うんうん、こりゃナカナカに艶っぽいな!とさらに噛み込むと、瞬間ふわりと鼻へ抜けるナンとも素朴な小麦の香り。そしてチャーシューのモチモチ感&適度な調味加減も文句なしに美味美味!

つけ麺◇島系本店舞鶴支店 

温つけ汁も風味倍増。汁表面にタラリと黒く注がれた、マー油をアレンジしたというオリジナルの「香麻油」の成果なのだろうか?啜った瞬間、ふわふわっと香り立つ焦がしニンニクの香ばしい香りに食欲がソソられマクリ。

つけ麺◇島系本店舞鶴支店

そしてそして、追加でたのんだ野菜盛りが大正解。濃い味温つけ汁と極太麺の取り合わせが如何にも今風だが、ともすれば途中で喰い飽きてくるのが濃い味&極太麺の宿命なのだが、麺とともに茹で野菜をパリポリと頬張ることで、食感&味わいとも見事にリフレッシュ!いくら啜っても、いくら喰らっても、物足りない!!もっと喰らいたひっ!!!

ガツガツと、ワシワシと。極太麺を租借する快感を目一杯享受しつつ、一気に完食。あぁ喰った喰ったぁ!と、〆にスープ割りをたのむ。と、コレがまた美味進化!魚介削り節らしき和テイストのほんわか感と、シャリシャリと口の中で踊る白葱と玉葱(?)のピリ甘味が、うししっ、うしうし!

風の噂によると、つけ麺用の具のトッピングも現在試作中で、来月中旬ぐらいまでには少し形になるとか、ならないとか。そしてナント供する器までも見直し作業中とのこと。一見大味風な極太麺屋なれど、その実コレほどまでに生真面目に&細やかにメニュー完成作業に取り組んでいる麺屋は、希。

うん、改めて惚れ直したぜぇ、ラブ系本店。ね、ヨウスケさん!!

島系本店 舞鶴店:博多つけ麺680円。福岡市中央区舞鶴1-6-14。11:30~16:00&18:00~23:00、無休(都合により臨時休業の場合あり)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン91●うどん44●そば12●チャンポン4●その他34
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 13:21 | Comments [3]

2010年05月26日 水曜日

●【恒見うどん@北九州市門司区】 北の国から

♪ あ~あぁ~ あああああぁあぁ~ ああぁ~ あああああぁ~ …… ♪

昨日に続き今日も北九州日帰り出張。今日の僕は、目一杯どぎどぎうどんモードな訳で。でも、どぎうどん本場の小倉南区の北の国、門司区で打ち合わせをしており。コレじゃ今日はどぎうどんは諦めるしかないと思われ。

と、突如麺神が現れ、すっげぁグッドな一言をのたまう訳で。

汝、あったやろっ?な、あったやろぅ??チミはど忘れしてへんかぁ~?

せやった、せやった、そう言えば門司にもどぎうどんがあったと思われ。、

恒見うどん

♪ あ~あぁ~ あああああぁあぁ~ ああぁ~ あああああぁ~ …… ♪

麺帳をめくると、「恒見うどん」の記載が残っている訳で。早速住所を頼りに訪ねると、かなり広めの店内が、北九州市南隣のとある町で営業している(いた?)とあるどぎどぎうどん店と果てしなくよく似ており。ひょっとして何らか関係があるのだろうか?と思われ。

店中央の10人は掛けられそうな大テーブルに着き、卓上のメニューを見ると、肉うどん、肉そばと並び、カレー肉うどんなる気になるメニューも載っている訳で。確かにどぎどぎうどんには肉ダシよくきいており、。カレーはとても相性が良いと思われ。が、やっぱデフォでいっとこっ!と肉うどんをたのむ訳で。

肉うどん◇恒見うどん

うははぁ、コリャ手強そうだぁ。

待つことしばし、運ばれてきた肉うどんは、ソリャもう半端じゃないスメの黒さ。そして、製麺所の茹で置きうどんらしき、ぶっというどんと、ゴロゴロのった牛スジ肉。

イイねぇイイねぇ、力強いこの見た目こそ正統どぎうどんだねぇ!と小躍りしつつスメを啜れば、熱々の口当たりとともにスイッと広がるダシの旨味。見た目に反して塩辛さは感じない。おそらく魚介系のダシはほとんど使っていないのか、肉系のダシの旨味を醤油の風味が際立たせる、至ってシンプルな味わいが印象的。

 肉うどん◇恒見うどん

うどんは茹で置き。ふにふになヤワヤワ腰がヨロシク哀愁。おそらく血気盛んなヤンガー麺好きには物足りないだろうが、コチトラ筋金入りのロートル麺喰い。コレはコレで十分にアリ!と言うか、冷凍うどんよりは製麺所製茹で置きうどんの方が、どぎうどんには合う気がする。

牛スジ肉も良く煮込まれていてニチニチ美味。卓上のおろし生姜と唐辛子をドーピングしつつ、途中糠漬けを囓り、味の変化も楽しみつつ、ズルズルとガツガツとパリパリと。

漬け物◇恒見うどん

 

モロヘイヤうどん◇ジョーキュウ醤油

夜はカミさんが作っていた豚の角煮の煮汁を利用して
モロヘイヤうどんつけ麺。
水で締めたモロヘイヤうどんはプリプリしたコシが超オ~モロォ~!!

 

恒見うどん:肉うどん550円。福岡県北九州市門司区吉志1-17-1。7:00~20:00、日&月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン91●うどん44●そば12●チャンポン4●その他34
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 05:31 | Comments [2]

2010年05月25日 火曜日

●【拉麺エルボー@北九州市八幡西区】 トラトラトラ

北九州市若松区での打ち合わせを終え、ウシシッと昼麺。北九B級食いまくり記でその存在を知り、ずっと気になりマクッていた拉麺エルボーへ。

拉麺エルボー

ラーメン力@八幡東区出身の若き店主が今年の3月に開店したという、拉麺エルボー。住所を頼りに訪ねると、産業医科大学近くのUR団地の1階商店街の一角にインパクトある屋号の看板。Food roomによると屋号の由来は、スープの材料に使っている豚の膝関節。形が人間の拳に似ていることから通常は「げんこつ」との愛称で呼ばれるの骨だが、、膝を肘に見立て英訳し屋号にしたとのこと。

ラーメン◇拉麺エルボー

ぽってりとマットに白濁したスープに、周囲が醤油ダレ色のバラ肉チャーシュー。師匠である力のラーメンとよく似た見た目である。そして味わいも然り。とろんと艶ある口当たりとまるんっと濃密に広がるダシの旨味と、遅れて顔出すスモーキーな風味。

合わさる麺は気持ち太めの細麺。適度なガサゴソ感&噛んだときのコリッと感&噛み込むほどに広がる素朴な小麦感が、ドンピシャ我がツボ。こいつぁ旨いやと禁断の替え玉コール。卓上に置いてある辛子高菜をドーピングするも、この濃密スープには胡椒の方が相性良し。ばばっとふりかけ、ズズッと一気に平らげる。

ラーメン◇拉麺エルボー 

明快に己の旨さを主張するストロングな味わい。
今日も美味麺に巡りあたり大成功。
そして屋号のエルボー。

ふと今は亡き三沢光晴を思い出す。

モロヘイヤうどん◇ジョーキュウ醤油

我が麺馬鹿ぶりはカミさんの友人にも広く知れ渡っているらしく
ちょくちょく麺のもらいものが。
で、今日も、
ジョーキュウ醤油の新作である
「モロヘイヤうどん」なる半生うどんを、もらって帰宅。
さっそく釜玉めんたいチーズうどんでズルズルと。
モロヘイヤのネバネバ感と風味を感じる
オモシロうどんでございました。

Wさん、ありがとうございました!

 

拉麺エルボー:ラーメン500円。福岡県北九州市八幡西区光貞台1-1-1。11:00~14:30&18:00~売切れ次第終了。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン91●うどん43●そば12●チャンポン4●その他33
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 12:34 | Comments [0]

2010年05月24日 月曜日

●【ぎょうざ飯店@長崎県佐世保市】 普通の凄味

終日佐世保へ出張。午後からの打ち合わせを前に、パワーチャージ。こちらのサイトに載っていた外観写真の遣れた感&インパクトあるその屋号に惹かれ、「ぎょうざ飯店」へ転がり込む。

ぎょうざ飯店

ぎょうざ飯店

佐世保からハウステンボスへと抜ける旧道沿いの田子の浦交差点角に、色あせた赤い暖簾。店頭には出前用スーパーカブが止まり、ガラスサッシ越しの棚には食品模型が並ぶ、コレ正に昔ながらの町の食堂的佇まい。

正午過ぎの店内は先客2名。そろいの作業服で、ボソボソと午後からの仕事の段取りを話しつつ、食事中。カウンター奥の厨房には夫婦らしき男女とお母さん。店に他に客はいないが、それぞれ忙しく調理中。そして、店の隅には岡持が。どうやら出前がメインの店のようだ。

ぎょうざ飯店

ラーメン◇ぎょうざ飯店

待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残す白濁スープの中央に、端正に盛られたチャーシューと太もやしとキクラゲと葱。その清楚かつ端正なすっぴん美人ぶりに旨さを確信しつつ、まずスープを一口啜れば、見た目通りのあっさりとした口当たりとともに、ぐいんっと力強く広がるダシの旨味。豚骨に加え、かなりの量の鶏ガラを使っているのだろうか。ナンとも芳醇なるダシの旨味に、我が麺心はもうメロメロ。

太めの中太麺は、柔茹での麺が基本の佐賀ラーメンも真っ青になるくらいに、テロっテロのヤワっヤワ。結果、スープとすこぶる馴染んで、テロテロ美味。気取ったトコなどこれっぽっちもない、いわゆる普通にチャンと旨いイニシエ系町のラーメンをゆるゆると啜る、ほっこりなる午後のヒトトキ。

ラーメン◇ぎょうざ飯店 
餃子◇ぎょうざ飯店

屋号に冠した餃子も
キニキニと強ゴシの小豆色の皮が独特美味。

ぎょうざ飯店:ラーメン450円。長崎県佐世保市早岐2ー22-4。11:00~20:00、火曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン90●うどん42●そば12●チャンポン4●その他33
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 12:17 | Comments [4]

2010年05月23日 日曜日

●【行徳家@野間】 全メニュー制覇計画 その一「酸辣湯麺」

母や姉と昨日より温泉旅行を楽しんでいるカミさんに代わり、息子達の子守り。早朝、部活で試合に向かう彼らに朝食を食べさせたのち送り出し、食べ終えた食器とともに昨夜作ってやった焼き肉の鉄板プレートや取り分け皿の脂分も丁寧に落としつつ、主夫業に精を出していたら、いつの間にやら正午過ぎ。

さてさてどこぞで昼麺啜るぞとオンボロ麺ピュータをフル稼働させると、ガタビシと乾いた音を立てつつ、とある結論を導き出す。

汝、先日の劉の酸辣湯麺にいたく感銘していたようだが、
そう言えば、もう一軒とても気になっている酸辣湯麺があったんでないのぉ??

わぁお、シマったぁ。老いぼれ我が麺脳は著しく記憶力が低下してしまっているぅ。せやった、せやった、啜ってみたかったんやぁ、行徳家の酸辣湯麺がぁ!

酸辣湯麺◇中華そば 行徳家 

おやおや、コリャまたナンともユニークな見た目だぞぉ……。

前回、塩レモンラーメンを啜ったときに惹かれた行徳家の酸辣湯麺。差し出されたドンブリには青々としたパクチーと、パリパリと白い太もやしに、もっちり旨そうな赤いチャーシューと、しゃりしゃり旨そうな黒いキクラゲがあんかけスープの上に具として盛られているではないか。

私にとって酸辣湯麺のイメージは熊猫食堂のそれ。豆腐にタケノコ、干し椎茸やザーサイの具がスープとともにあんでとじられているが、この酸辣湯麺は全くの別物だぁ。

あはは、こりゃオモシロそうだぞぉ!とウキウキ気分でスープを一啜りすれば、ぶわっと広がる豊かなダシの旨味と、黒酢だろうか?スキッとキレ&コクある酸味と、ピリッと舌にのる唐辛子チックな甘み。と、ココまでは普通に旨い酸辣湯麺とまんま同じなのだが、さすが行徳家。このままでは終わらないのだ!

いわゆる中華系の旨みをまるんっと包み着込むクリーミーな独特甘味。

おやおやぁ?このトロトロな口当たりと味わいは、ひょっとしてぇ??

そして、あたかもゴボウでダシをとったかのごとく、根菜チックなプンと鼻に抜ける独特なクセもつ深lき風味。

こ、こりゃヒョッとしてぇ……。
溶き卵チックに見えるこの黄色いトロトロ物体は、実はチーズ?
それもかなり風味の強い、クセモノ系のチーズなのでは??

酸辣湯麺◇中華そば 行徳家 

ナンとも複雑美味なキングクリムゾン的プログレ美味。加えて、ふわんと歯のファーストコンタクトを受け流しつつも、さらに噛み込むとぷるんぷるんと懐深く抗い解ける太めの中太縮れ麺の抜群な旨さ。そしてさらに、前述の具たちの千差万別なる食味とのシンフォニー。

いやぁ、参りましたぁ。
私はかつて知らない。
コレほどにユニーク、かつコレほどに美味な超オリジナルな酸辣湯麺を。

あははぁ旨い、コリャ旨い!とワハハワハハと愉快痛快。一気にズズッと平らげて、改めて卓上に置いてあるメニュー書きを眺めつつ、心に誓う。

厚焼き煎餅入りの醤油ラーメンや、魚介ダシのざるラーメンなど、 一見デンジャラスなメニューばかりがズラリと10数種。なれも、きっといずれもハズレなしに違いナシ!ならば、いざ啜らん、行徳家の全ての麺メニューを!

行徳家:酸辣湯麺650円。福岡市南区野間4-4-35。11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は~22:00)、月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン89●うどん42●そば12●チャンポン4●その他33
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 13:50 | Comments [0]

2010年05月22日 土曜日

●【長浜御殿荒江店@荒江】 博多デフレ・ラーメンを巡る 番外編

イキナリですが、クイズです。下の写真のラーメンの価格はいくらでしょうか?

ラーメン◇長浜御殿荒江店 

正解は……、ナント180円!イイ感じに泡立ったスープは見た目通りにクイッと豚骨ダシがきいた淡麗滋味だし、適度にガサゴソ感ある細めの中太麺もコリっとした揚げ具合&噛み込んだ時の素朴な小麦感もバッチシだし、チャーシューだって3切れものっているし。どれひとつとっても格安ラーメンチックなチープ感など皆無。味わい的にも&ポーション的にも、180円とは正に、あんびり~ばぼ~的一杯に心底感服至極。

長浜御殿荒江店

長浜御殿荒江店の土曜日夜9時までのサービスメニュー、ラーメン180円&餃子200円。こりゃ次回は絶対に車では来ないっ!餃子&ビール経由〆ラーメンで決まりだなっ!!

長浜御殿荒江店:ラーメン180円(土曜日午後21時までのサービス価格、通常は450円)。福岡市早良区荒江3-15-12。10:00~27:00(日祝~26:00)、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン89●うどん42●そば12●チャンポン4●その他32
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 14:11 | Comments [4]

●【そば処 吉野家@粕屋】 びっくら本格派

昨夜は楽し旨し宴で、結果シコタマ飲み過ぎたぁ。んで、どえらぁ二日酔い……。目が覚めても寝床から出ることが出来ず、ダラダラとお気に入りブログをアレコレとチェックしていると、福岡麺情報王・俺コレ!にググッと惹かれる記事を発見。先月末にオープンした吉野家の新業態店、そば処 吉野家にカレーもりそばなる期間限定メニューが登場したとか。

吉野家

粕屋のイオンモール福岡ルクルのフードコートに青看板の吉野家。牛丼に加え十割そばを出す新業態店「そば処 吉野家」のトレードマークである。温かいかけそばと冷たいもりそばが、具のバリエーションでそれぞれ5~6種に、それらの蕎麦と牛丼とのセットメニューがずらり。そして、我が目当てのカレーもりそばの発売を告げる単独チラシ。

注文し精算すると、無線ポケベルを渡される。出来上がったら呼び出してくれるという。

ほうほう、てぇ事は注文が入ってから蕎麦を茹でるということか……?!

カレーもりそば◇吉野家

待つことしばし、ポケベルが鳴る。カウンターで受け取りテーブルへ運んでいると、温つけ汁から立ち上るカレーの香辛料の香りが食をソソるソソる!

カレーもりそば◇吉野家

ほうほうほう、ナカナカにイイ感じの蕎麦でないのぉ?!

ザルにこんもりと盛られた蕎麦は気持ち太打ち&イイ感じに自然な蕎麦色。どらどらと、箸で摘むと、手を上げきっても持ち上げくらないほど、エラク長い。うどんで長い麺は多々あるが、蕎麦で、しかも十割で打ってこの長さとはナンとも珍しいなぁと、ザブンと温つけ汁に潜らせズズッと啜るれば、

お、おおおぉ~、こりゃナカナカに旨いでないのぉ~~!

啜った瞬間豊かに広がるカレー風味を追って顔を出す、削り節と醤油カエシの和風な旨み。こりゃカナリ本格的でないのぉと小躍りしつつ蕎麦を噛むと、ざくりと解ける口当たり然り、ザクザクとほの甘い食味然り、コレ正に関東の良質立ち食い蕎麦屋を彷彿とさせる、普通にチャンと旨い大衆蕎麦。そして印象的なのが温つけ汁に入っている大量の肉。さすが牛丼の吉野家と思わず納得の大サービス。

カレーもりそば◇そば処 吉野家

デフレ時代を生き残るべく熾烈に繰り広げられる牛丼チェーン各社の値下げ競争に対する、吉野家の新たなる試みか?関東では480円で提供しているようだが、ここルクル店は50円高い530円。なのだが、この味わいでこの量で530円なら十二分に納得価格。こりゃ近々、温かけ蕎麦も啜ってみたひっ!

 

そば処 吉野家:カレーもりそば530円。福岡県糟 屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1イオンモール福岡ルクル2階フードコート内。10:00~22:00、年中無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン88●うどん42●そば12●チャンポン4●その他32
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 13:24 | Comments [2]

2010年05月21日 金曜日

●【チャイニーズダイニング劉】センス良し!ハズレなし!!

昼麺抜きのHARD DAY's NIGHTは、先日牛肉ラーメンに大感動したチャイナダインイング劉で、久しぶりに会う麺友と、ゆるゆると。

DVC00026

手延べ麺の牛肉ラーメンはランチのみならず、夜もOK!



 

中華風味のセンマイ刺しや、魚ミンチの棒長春巻き、
豚足の醤油炒めなどなど、
どの料理もセンス良し!ハズレなし!!

酸辣湯麺◇チャイニーズダイニング劉

そして、〆の酸辣湯麺も超弩級美味。
熊猫食堂に勝るとも劣らないソノ旨さに、心底感服。


そして二軒目は隆盛
コレまたセンス良し!ハズレなし!!な料理の数々に心底満腹。

詳細は一眼レフカメラの超シズル写真とともに
間もなくコチラにアップされるかと。

あ、それから。
むくつけき大男よ、けなげな新妻を大切に。

 

チャイナダイニング劉:酸辣湯麺(価格失念)。福岡市中央区薬院3-15-11。11:30~14:00&17:30~23:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン88●うどん42●そば11●チャンポン4●その他32
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 22:07 | Comments [4]

2010年05月20日 木曜日

●【萬福@小倉北区真鶴】 ピリ辛ガバガバヘイ!

午前中の小倉での打ち合わせを終え、さぁ昼麺。北九州で昼麺=どぎどぎうどんが最近の我が麺喰い習慣なれど、今日はチト事情が違う。昨日、プノンペンラーメンを啜りつつ&その旨さに感動しつつ、ふと思い出したことが。

プノンペンラーメンに負けず劣らず
インパクトある名の麺が小倉にあったようなぁ。

その名はベトコンラーメン。ベトコン=南ベトナム解放民族戦線と思いきや、ベストコンディションの略語とのこと。wikipediaによると「丸ごとか、又は粗く砕いたニンニク数個・ニラ長ねぎモヤシなどの大量の野菜をトウガラシで辛く味付けして炒め、鶏ガラベース(店によってはしょうゆ味噌ベースの場合や、鶏ガラと豚骨をベースとしたものもある)のスープを加えて茹でた麺にかけたもの」で、愛知や岐阜ではポピュラーな麺メニューらしいが、小倉北区の萬福でも食べられるらしい。

萬福 

国道3号線の九州歯科大交差点に「ベトコンラーメン」と書かれた赤テント。前を通る度に気になり続けていた萬福である。長年の宿題店を啜るぞ!と裏手のコインパーキングに車を止め店へ向かうと、壁にメニュー書き看板アリ。

萬福

うぬぅ?「ベトコンラーメン」が書かれていないぞぉ……。ひょっとして提供するのを止めたのかぁ??一抹の不安がよぎるも、折角来たのだ。「国士無双」なるオモロそうなメニューもあるようだし、ダメモトで入店だぁ。

正午過ぎ、薄暗い照明の店内は7割方客で埋まっている。そして、開いていたカウンター席に座るや否や、私に続き九州歯科大生らしき若者グループが入店し、満席に。地元じゃナカナカの人気店のようだ。

さてさてと壁に書かれた手書きのメニューを見ると、ヨカッタ!筆頭に「ベトコンラーメン」の文字!

ベトコンラーメン◇萬福

待つことしばし、運ばれてきたベトコンラーメンはイイ感じに透明感を残す醤油スープに、ピリ辛炒め風の太もやしとニラ、豚肉の具。レンゲでスープを一啜りすれば、具のピリ辛炒めのタレの味と、ガッツリきいたニンニク風味。

くへぇ~、濃い味~~!確かに元気が出そうな味わいだぁ。

ベトコンラーメン◇萬福

麺は気持ち太めの中麺。つるりと滑らかな口当たりが印象的。具の太もやしとニラのパリパリと、豚肉のニチニチと、豊かな食感&味わいのハーモニーはカナリ我がツボ。なれど、大きめのかけらのニンニクががゴロゴロと入っていて、ロートル麺喰いにはチト力強すぎる味わいに、腰が抜けるぅ。

萬福:ベトコンラーメン500円。福岡県北九州市小倉北区真鶴1-7-6。11:30~14:00&17:00~21:00。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン88●うどん42●そば11●チャンポン4●その他31
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 12:24 | Comments [2]

●【蕎麦木曽路@荒戸】 季節限定「アスパラぶかっかけ蕎麦」発売

店ブログによると、「アスパラぶっかけ蕎麦」なる季節限定メニューが登場。"太めの揚げアスパラと、おひたしアスパラ、2種類の食感が楽しめます"とのこと。こりゃ興味津々!

Posted by heno at 02:14 | Comments [0]

2010年05月19日 水曜日

●【中華さと@大分県日田市】 香味好味

朝から大分県日田市へ日帰り出張。正午過ぎ、一段落したところで、うひゃひゃひゃ昼麺。かれこれ10年ぶりか?ドエラク久しぶりに中華さとでプノンペンラーメンを啜るのさっ。

中華さと

イヤハヤ久しぶりだなぁと訪ねるとぉ、
おやおややぁ?以前と店の場所が違うよう気が………。

以前と同じくJR日田駅前の細い路地沿いではあるが、かつての店舗の道向かえに「プノンペンラーメン」の黄色い看板と木製看板。そして、暖簾を潜ると、「いらっしゃいませぇ~!」と見覚えある店主の笑顔。聞くと1年ほど前に移転したのだとか。

テーブル席に座りメニューを見ると、酸辣湯麺や柚子ラーメンなど惹かれマクリのメニューが満載。なれど、何せ超久しぶりなので、中華さとと言えば、やっぱ名物メニュー、プノンペンラーメンで決まりっ!

プノンペンラーメン◇中華さと 

待つことしばし、プノンペンラーメンが運ばれてくる。青梗菜とセロリの緑と、トマトとチャーシューの赤に、ゆで卵の白&黄色。相も変わらずカラフルなラーメンである。まずはスープと一啜りすれば、

そうそう!コレコレ!!この味だぁ!!!

鶏ガラらしきダシの旨みと唐辛子の辛味と軽やかなニンニクの風味に、具のトマトの仄かな酸味と甘みがうっすらと映える。好きな人はトコトンはまるが嫌いな人は全く受け付けないであろう、唯我独尊オリジナルな味わいがドキュンと我がツボ!

プノンペンラーメン◇中華さと

麺はチャンポンを一回り太くした感じの太麺。ムチムチ&モチモチな食感がコレまた我がツボ。具の青梗菜のパリパリ食感とのコラボもナンとも嬉し楽。加えてトマトのトロッと感に、チャーシューのモチモチ感に、ゆで卵のプリンッ&ボソボソ感。

わぁお、口の中はお祭り騒ぎぃ~!
こりゃ食感と味わいの玉手箱やぁ~~!!(←超今更に彦麿呂調で)

中華さと

卓上に置いてあるニラ入りの辛味噌で味の変化も楽しみつつ、一気に完食。いやはやナンとも旨かったなぁ、プノンペンラーメン!とこのコメントを書きつつ、ふと思い立ちgoogleってみると、プノンペンが首都のカンボジアでは「クイティウ」なる麺料理がポピュラーなのだとか。ただし麺は米粉で作られているたしく、お隣の国、ベトナムのフォーと似た感じのようだ。

そしてさらにアレコレgoogleってみると、大阪府堺市の「プノンペン」なる店のHPを発見。そして、その店の名物メニュー「プノンペンそば」は、杓子菜と使う青菜の種類こそ違えど、それ以外は限りなく中華さとのプノンペン・ラーメンと極似だぞぉ……。あぁ気になる、メッチャ気になるぅ。次回、関西に行く時はマストで啜ってみたいぜよぉ。

天下の 信秀本店

夜はとある焼き鳥屋で飲む。「キャベツをサービスで出す焼き鳥屋」の元祖として知られた老舗である。外はカリッ&中はトロリな焼き具合が見事。そして塩加減も控えめで、素材をいかした調理が確かに旨い。が、私はもう二度とこの店には行きたくない。

まずセッティングが疑問。キャベツを持った大皿とともに、小鉢の酢モツが無言で置かれる。おそらく付きだしなのだろうが、それこそキャベツがサービスの博多の焼き鳥屋で、それとは別に付きだしを出す店はほとんどない。

そして、老齢店主の接客。カウンター席をまわり、食事中の客達に「今から店が混んでくるから隣の椅子と間隔を開けず詰めて座ってください。はい、もう2センチね!」と細々注意してまわる。

そして、文庫本をめくりつつ一人酒を楽しんでいると、件のオヤヂが私の皿に既に供されている手羽の塩焼きを私に無断で手に取り、私の目の前でブラブラさせて「本に夢中だと焼き鳥が冷めてしまいますよぉ~!」。

なにせ一人酒。少数の串を何度も小分けにしてオーダーするのは店に申し訳ないと、あらかじめ多めに焼き鳥をたのんで小一時間ほど飲むつもりだったのだが、その飲み方がコノ店の方針とは合わなかったということか?

ムッとしつつも入店してまだ20分も経っていない。もう一杯焼酎をロックで飲むかと追加オーダーすると、「他の串も焼きましょうか?」。それこそ皿にはまだ2本、串が残っている。また後で頼みますよと断ると、まだ少量だが食べ残していた酢モツの小鉢を、イキナリ無言でサッとひかれる。

堪忍袋がプチンと切れ、追加の焼酎を一気に飲み干し精算。滞在時間20分で1600円。焼き鳥屋にしては結構高価だが、店の想定客単価はもっと高めに設定されていたということか。老齢店主にとって私は貧乏くさい飲み方をする客だったのだろう。スンマセン、飲む店を間違えました。心配なさらずとも、二度とこちらにはお邪魔しません。

中華さと:プノンペンラーメン750円。大分県日田市元町13−20。11:00~22:00、月曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン87●うどん42●そば11●チャンポン4●その他31
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 23:23 | Comments [6]

2010年05月18日 火曜日

●【丸一ラーメン@徳永】 シュルッとコリッとシミジミと

赤シャツの店主と、チャキチャキと縦横無尽に働くお母さん達が素敵な、福岡市西部きっての超人気店安全食堂のすぐ近く。国道を挟んで200mほどのとこりにずっと昔から営業し続けている丸一ラーメン。普通に考えると、コレだけの繁盛店の間近で長年同じラーメン店を営むことなど、到底不可能と思える。

うん、コリャ丸一ラーメンは間違いなく優良店なハズ……。

丸一ラーメン

イイ感じに遣れた外観に、おそらく最近新調し直したであろう真新しい暖簾。そして店内もキチンと整理整頓&掃除が行き届いていてナンとも気持ちが良い。

うん、こりゃアタリだなっ!

清々しい気分でラーメンをたのみ、カウンター席に着く。と、横には新婚らしき男女2名。ちょうど食事を終え、精算しようとしている。

「もお、イイよぉ。お金はイイから。」
「いやいや、ダメダメ!ちゃんと払います!!」

店のお母さんと男性客のやりとりに挟まれ、苦笑いしていた若き奥さんが、お母さんの抱いていた赤ちゃんを受け取り、あやし出す。

あはん、そうだったのか。店の娘さんが赤ちゃんを連れて里帰りしてたのかぁ。

「あなた、煙草吸いたいなら店の外でね。ウチは禁煙やけんね。」
「なん言いようとや、煙草は今日は持って来とらんばい!」

若き夫婦のやりとりを目を細めつつ眺めるお父さん。いやぁ、期せずして小さなシアワセのお裾分けをいただいたなぁ。

ラーメン◇丸一ラーメン

ほどなく差し出されたラーメンは、ナンちゃナイけどチャンとキチンと盛りつけられた麺とチャーシューと小葱がコレまた気持ちよし。両手でドンブリを抱え、ズズッとスープを啜れば、気持ち塩辛めのタレとクイッと押し出し感のある豚骨ダシが、シミジミ滋味。

合わさる麺はかなりの細麺。シュルッと一気に口に収まるも、噛んだときのコリッと弾けるコシは、存在感アリアリの粉々しい木訥美味。あははん、こりゃ旨いわ、楽しいわと、もう一啜り、さらに一啜り。

モチッと感あるチャーシューもチャンと美味。華やかさは皆無。なれど、シュルッとコリッとシミジミと、ナンちゃナイけどナンとも旨い極上普通味ラーメンがココにも現存していた喜びよ。

丸一ラーメン:ラーメン490円+替え玉110円。福岡市西区大字徳永10−2。月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン87●うどん42●そば11●チャンポン4●その他30
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 13:19 | Comments [5]

2010年05月17日 月曜日

●moyamoyaと、mon monと。

昼夜連チャンで、つけ麺&中華そば&テールうどんと気になっていた麺を啜りまくりの一日。いつもなら、わぁおラッキー!わおわあおシアワセ~!!なハズなれど、気分はダークブルー。

 

DVC00001 DVC00007DVC00008

 

それぞれにチャンとはしているのだが、おそらく我が食前の思い入れ&妄想がドデカ過ぎたのだろう。どの麺もナンともモヤモヤ&悶々とぉ…………。

Posted by heno at 23:49 | Comments [0]

2010年05月16日 日曜日

●【大木戸@舞鶴】 大木戸通信をネットでCHECK iT!

さぬきうどん大木戸の舞鶴支店店長が毎月発行されている「大木戸通信」の最新号がネットにアップロードされています。クーポン券も付いてます。コチラをCHECK IT !

Posted by heno at 23:10 | Comments [0]

●【元祖長浜屋@長浜】 さらば青春の光

昨日ズルけた井原山登山。今日こそ敢行するぞと張り切り過ぎたのか、午前4時過ぎに目が覚める。ツイッターや読書などアレコレ試みるも、いっこうに時間が経たない&徐々に腹が減ってくる。

こんな早い時間に開いている麺屋と言えば……。
うん、啜るか。新生元祖を。

元祖長浜屋

なんじゃかんじゃとお家騒動続きの元祖長浜屋の本家が今月10日、かつての本店の裏手の駐車場ビルの一階に移転オープン。店舗中央に食券販売機。向かって左手のスペースは営業しているが、右手のスペースはクローズ状態。いのたに本店@徳島チックな店の造りだなぁと、フラフラ入店すると、

「おはようございます!」

と元気に出迎えてくれる若き店員。う、うっそぉ~……。無愛想な接客がアイデンティティだった元祖にナニが起こったのかぁ??

気を取り直し、「カタで!」とオーダーしカウンター前の席に着く。と、先ほどの爽やか店員以外の3名は、かつての元祖そのまま。ダラダラと互いにしゃべくりつつラーメンを揚げたり、配膳したり。中のひとりはバンドをしているのだろうか?ギターを弾くまねをしつつ、はしゃぐ様が痛々しいほどかつてのリアル元祖。

ラーメン◇元祖長浜屋

ほどなく運ばれてきたラーメンは、一時閉店間際の元祖。普通に旨いスープがナンとも寂し。なにせ久しぶりの再会なのだ。かつての超ド不味いスープが恋しい。そして麺はリアル元祖。そうそう、この麺!この食感!!この味わい!!!元祖の人気の秘密は麺にアリとの元祖伝説を裏打ちするかのような、昔付き合っていた恋人に再会したかのような甘酸っぱい感情がこみ上げ、一瞬心揺れる。も、次の瞬間、ふと視線を厨房前のカウンターに移すと、子供へ取り分け用のミニドンブリが重ねられ、その横にはレンゲが多数積まれている。

元祖にレンゲ……。レンゲ、ねぇ………。

一連のお家騒動が寂しくて、我が麺心が元祖離れしている予感はあった。が、その予感が実感に。

ナンか違う。この元祖は私が愛した元祖とナンか違う……。

我がソウルフード麺が普通の麺に。その悲しさを紛らすべく、卓上の紅ショウガや胡麻、胡椒を大量にドーピングし、やけくそ喰らい。

井原山

久方ぶりの井原山もエラク変わっていた。
登山口の駐車場が奥に広く整備されているし、
山頂には新たな看板が設置されているではないか。

朝の元祖の一件がなければナンちゃなかったのだろうが
その変化が、どうにもこうにも寂しいロートル山好き麺馬鹿よ……。

忘れてしまいたいことや どうしようもな寂しさに
包まれたときに 男は酒を飲むのでしょう

で、帰りがけ伊都菜々で買い込んだビナ貝とカナギの干物をアテに、
チビチビと昼酒。

オーブンで焼いた空豆も濃密美味。
やっぱ茹でるより、焼いたり蒸した方が味が逃げないよなぁ、
など思いつつ、また一献さらに一献。

 

元祖長浜屋:ラーメン400円。福岡市中央区長浜2-5-10。6:00~14:00、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン86●うどん41●そば11●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 14:11 | Comments [0]

2010年05月15日 土曜日

●【手打ち そばの丘@宗像市】 アリ!な独創蕎麦

全くのープランの休日。久しぶりに我がソウル・マウンテン井原山にでも登るか?など思いつつ、寝床に寝転んだまま我がフェバリットなブログの数々をチェックしていると、福岡の東濃く腹に衝撃の記事を発見。

手打ち十割蕎麦のチャーシューそば……??
あははぁ、コリャ気になる、気になる、気になるぞぉ!

そばの丘

ブログの端々にちりばめられたヒントを頼りに訪ねると、JR赤間駅南口から国道3号線へと続く道ぞいの、進行方向右手に「手打ち そばの丘」の木製チックなデカ看板。

DVC00007_T 入口上部に「名物当店発!チャーシューそば あんかけそば」の赤い垂れ幕。そしてその横には、「ハンバーグステーキ スアゲッティー」の黄色い垂れ幕。うぬぬぅ?ナンともミステリアスな取り合わせだなぁと、警戒モードのスイッチオン。恐る恐る入店すると、おそらく以前は喫茶店だったのか?洋風な造りの店内なれど、ナゼかフローリング張りで4名掛けの座卓が2卓配されている。そして2卓の座卓の間には、漫画の単行本が山高く積まれたミニテーブル。そしてさらに店内のアチコチに手書きの蕎麦のメニュー書き。と、入口横には写真入りの洋食メニューもアリ。

あっちゃぁ~、こりゃカナリ危険な店作りだなぁ。目一杯ハズしたも……、と腹をくくりつつ、チャーシューそばをたのむ。

蕎麦かりんとう◇そばの丘

ほどなく供された蕎麦かりんとうも
ドエラク太切りだし、後掛け砂糖がたっぷりでエラク甘いし、
コリャいよいよハズしたなぁと、

トホホ気分で出来上がりを待つ……。

チャーシューそば◇そばの丘

待つことしばし、チャーシューそばが運ばれてくる。大きさ15センチ×厚さ5ミリは優にある超ドデカイチャーシューが3枚重なり盛られていて、ドンブリから溢れんばかり。そしてチャーシューの上には白髪葱と新玉葱のスライスと黒胡椒。ぬわんともパンチの効いた盛りつけにチトびびりながらも、まずはスメと一口啜れば、クイッときいた削り節の旨みがナンとも鯔背な、至極まっとうな蕎麦スメの味わいに、チャーシューの肉の旨みが淡く映える様が面白美味!

チャーシューそば◇そばの丘

そして蕎麦も正統美味。おそらく独学なのか、麺腺が不揃いで決して美人ではないが、ぬらりと艶っぽい啜り心地然り、噛んだときのしゃくっと解けるコシ然り、噛み込むほどにホクホクと広がる仄かな甘み然り。蕎麦粉から打ち、注文が入ってから茹でて出す。チャンと作られたであろうチャンと旨い蕎麦に、ほっこり。

合わさるチャーシューもコレまたチャンと旨し。大振りながらもモッチリと炊きあげられていて、脂の旨みもほどよく残る本格派。ただ蕎麦の量に対しチャーシューが余りにも多すぎる。食べても食べてもナカナカ減らず、かつ肉ならではの腹にドンドン溜まる食感にアップアップ。

だがしかし、食べ終えたときの満足感はカナリ高し。ザクザクと旨い太打ち温蕎麦はカナリ我がツボ。阿蘇久木野の蕎麦粉を使っているとのこと。もう一つの店オリジナルメニューであるあんかけそばや、季節限定の筍そばも気になるし、コリャ是非とも再訪したひっ。

けやき通り

朝はけやき通りをジョギング。
木立の新緑を楽しみつつ小一時間汗をかけば
ナンとも気分爽快。

で、ジョギング中に仕入れた麺情報。
王龍で火曜レディースデイ、水曜シルバーデイ開催中。
火曜は女性、水曜は60歳以上の年配者対象に
ラーメン一杯300円で提供とのこと。

 

そばの丘:チャーシューそば800円。福岡県宗像市自由ヶ丘西町2−7。11:30~15:00&18:00~20:30、不定休(月2日平日)。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン85●うどん41●そば11●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 13:16 | Comments [4]

●【二男坊】 またも支店オープン

佐賀県鳥栖市に支店、ラーメンスタジアムに期間限定出店と元気一杯の二男坊だが、5月下旬に新たな支店を筑紫野市二日市中央6-2-10にオープンさせるとか。

Posted by heno at 08:00 | Comments [0]

●【濃厚つけ麺風雲丸】 つけ麺専門店が6月オープン

福岡市南区鶴田2-235-6、うどんウエスト鶴田店跡に株式会社ウィズリンクが手がけるつけ麺専門FC、濃厚つけ麺風雲丸が6月オープン予定。

Posted by heno at 07:57 | Comments [0]

2010年05月14日 金曜日

●【弐軒家うどん@小倉南区守恒】 優良ネオどぎ

終日北九州で打ち合わせ。正午前、午前の部が終わったところで、やっぽ~昼麺!ふじの雑記帳でその存在を知り、ずっと気になっていた弐軒家うどんへ。

弐軒家うどん

住所を頼りに訪ねると、北九州モノレール守恒駅の一本裏手の路地沿いの雑居ビルの一階に弐軒家うどんの黄色いテント看板。ガラス張りの引き戸の一枚にデカデカと書かれた「自家製麺」の文字が心強い。

正午過ぎ、カウンター席のみの広めの店内には先客2名。席に座り卓上のメニューを見ると、どぎどぎうどん店とすると、かなりメニューが豊富。温かけうどんが、肉、肉肉、えび天にエビ2尾と小エビ2尾のえびえび天、山玉、ごぼう天、玉ねぎ天、なす天、ちくわ天。そしてそれら全てをのせた全のせうどんなんてのもアリ。そしてさらに温かけうどんと同じ具で、ぶっかけうどんも楽しめるようだ。

気になったのが「肉玉ぶっかけ」。コレってどぎ肉&卵のぶっかけなのかぁ?なれど、なにせ初訪問。我が目当ての温かけ肉うどんを啜らずにはいられない!とオーダーすると、カウンター奥の厨房で調理が始まる。

注文が入ってから釜に麺を投入し茹で始める。そして他の客がえび天ぶっかけをたのむと、フライヤーでエビ天を揚げ始める。おおココも先日のまるげんうどん@唐人町同様に揚げ×揚げオペレーションのう店なのかぁ?!コリャまた旨いうどんにありつけそうだ。

待つことしばし、まずは小皿でおろし生姜が差し出される。そう言えばおろし生姜同様にどぎどぎうどんにはマストアイテムの切り干し大根の糠漬けがないぞと店内を見渡すと、入口横の冷水器横に大皿が置かれているではないか!そそくさと小皿にとりわけ、臨戦態勢が完了したところに、肉うどんのドンブリが差し出される。

肉うどん(中)◇弐軒家うどん

気持ち楕円に歪んだ創作系のオサレなドンブリに、丁寧に盛りつけられた具。どぎうどんには珍しくワカメものっている。そしてスメの色もどぎ特有の濃い醤油色より随分と薄めなあたりが、如何にもネオ。

さてさてとまずはスメをズズッと啜れば、ほわんと花咲く削り節の小粋な旨み。ほうほうならばとうどんを啜れば、スルスルと心地よい啜り心地。へえへえと感心しつつ噛み込むと、ヘンに強固なコシを主張することなく、むにむにと自然に抗い解ける様が、コレまた上出来。うんうんコリャ旨いや!とどぎ肉を頬張れば、もちっと抗いホロリと解ける煮込み具合然り、噛み込むほどに豊かに広がる旨み然り、すこぶる上出来。

肉うどん(中)◇弐軒家うどん

うどん作りにダシ作り、どぎ肉の下ごしらえに、最後の調理と、全ての行程がチャンとキチンと成された感がアリアリの丁寧誠実美味。うん、惚れましたぁ。コリャ再訪必至&次回は肉玉ぶっかけだぁ!

弐軒家うどん:肉うどん(中)600円。福岡県北九州市小倉南区守恒本町2-2-14。11:00~16:00&18:00~20:00、木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン85●うどん41●そば10●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離31km / 通年232km

Posted by heno at 12:21 | Comments [0]

2010年05月13日 木曜日

●【成竜軒@佐賀】 一番 ライト 成竜軒

福岡から佐賀への移動途中、とあるうどん新店で昼麺を啜る。店頭の看板に掲げられた屋号にも「釜揚げ」が謳ってあるし、店内のメニュー書きにも、「当店自慢 釜揚げうどん 茹で立てをお出ししますので10分ほどお時間をいただきます」とある。

初う店はゴボ天が我が麺喰い信条なれど、それほど自慢なら釜揚げを食べてみるかとオーダーすると、「釜揚げはお時間をいただきますが、宜しいですか?」と、丁寧な対応。はいはい、旨いうどんが喰えるならいくらでも待ちますよぉ~!とオーダーし、時間つぶしにと文庫本を取りだし半ページほど読んだだろうか?早々に釜揚げうどんが運ばれてくる。

ほうほう、ちょうどかけうどん用の麺揚げタイミングに合ったのか?

待たずして釜揚げうどんが啜れるとは、こりゃラッキー!と一筋啜るも、

ありゃりゃ?目一杯茹で置きのテロテロうどんでないのぉ。

コレだけ釜揚げをウリにしているのだ。しかも開店間もない新店である。いくら茹でたうどんが残っていようとも、チャンと茹で立ての釜揚げうどんを供する気概を持たずして繁盛はなし、と思うのは超麺馬鹿な私だけだろうか?

ラーメン◇成竜軒

あまりにも寂しい昼麺だった。で、佐賀での打ち合わせを終え、自然と足が向いたのが成竜軒。佐賀ラーメンの中でも有数の、旨いラーメンにありつける率が高い、イチロー的ラーメンである。

あははん、やっぱ今日も旨いやんっ!

グインッと押し出し感のある、迫力満点のスープの旨みと、ソリャもうテロテロ&ヤワヤワな中太麺。うんうん、これぞ佐賀ラーメン的イニシエ感溢るる一杯が、シミジミ美味。

ラーメン◇てんま 

昨日は太宰府の得意先で終日仕事の合間をぬって
久方ぶりにてんまで昼麺。

コクあるスープは相変わらず美味。
コレで麺がガサゴソの木訥タイプなら、ドンピシャ我がツボなのだが。

成竜軒:ラーメン580円。佐賀県佐賀市高木瀬町長瀬1186。11:00~20:00、木曜休み。Pあり。

久留米ラーメンてんま:ラーメン500円+替え玉150円。福岡県太宰府市通古賀5-15-19。11:00~24:00。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン85●うどん40●そば10●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離20km / 通年232km

Posted by heno at 14:30 | Comments [0]

2010年05月12日 水曜日

●【島系本店@志免&舞鶴】 遂に待望つけ麺登場!

博多極太麺ラーメンの祖、かの島系本店が遂に遂に!今月17日より、つけ麺を新メニューとして発売!!三種類の小麦粉を使用し、最近流行の全粒粉も混ぜ込んだ専用麺&マー油をアレンジして作った「香麻油」がアクセントの濃厚豚骨温つけ汁とのこと。こりゃドエラク期待大!!そしてコレまた気になるGOOD NEWS!、来月には春吉に新業態店を出店するとか、しないとか。ひょっとして極太麺専門店なのかぁ??あははん、気になる気になるぅ!

Posted by heno at 00:35 | Comments [0]

2010年05月11日 火曜日

●【けんのすけGOGO志免店】 DO THE FUNKY !

かれこれ3年前になるか。博多大将でその存在を知ったけんのすけ。「ラーメン」、「ホルモン」と並び、ナゼか「ファンキー」と染め抜かれた暖簾。そして、赤テントに書かれた、コレまたナゾの「090ラーメン」の文字。そのイカしたファンキーなセンスがググッと我がツボながらも、店に駐車所がなく、周辺にもコインパーキングが見当たらず、結果ずっと未食だったのだが、その支店が志免の金魚跡にオープンしたという。

金魚には駐車場があった。ならば当然けんのすけ志免店にも駐車場があるはずだと、3年越しの恋を成就させるべく、れっつら・ごー!

けんのすけ志免店 

本店と違い、一見普通の店構え。と思いきや……

けんのすけ志免店

「大将けんのすけの元に 集まった勇敢な仲間たち
毎日コツコツ豚骨ラーメン
うまさに訳あり 博多のソウルフード」

で、

「世界中で愛されているラーメンはココだけ。
The ramen that’s loved world wide .」
とキタかぁ!

ラーメン◇けんのすけ志免店

ファンキーな店構えとは相反し、ラーメンは至って王道。豚の頭とゲンコツと香味野菜を2日間かけ炊きあげたというスープは、見た目通りのクリーミーな食感と濃密な旨味。豚の頭特有の迫力ある旨みを香味野菜の甘みで円やかに包み込んだ感のある、ぽってり旨い豚骨ポタージュ!合わさる麺は気持ち細めの中麺。適度なガサゴソ感&噛んだときのコリッと感&さらに噛み込んだときの小麦感とも、ゾッコン我がツボ。そして、厚切りのチャーシュー然り。ぎょらん亭になる前の貴龍@小倉北区のラーメンを彷彿とさせる味わいが、ガッツリ痛快美味。

ラーメンは王道なれど、サービスメニューは店作り同様にファンキー。チャーシュー1枚に葱、キクラゲと具すべてに、スープも付くという「具のせ替え玉180円」って、もう一杯お代わりすることと同じで180円ってこと?キャラクターかまぼこ入りの「ちびっ子ラーメン280円」や、「ちびっ子替え玉50円」にちびっ子ラーメン&ちびっ子チャーハン&ちびっ子ギョーザにお菓子まで付いた「ちびっ子プレート480円」なんてのもアリ。ちびっ子に優しいLOVE & PEACE感覚も、わぁお、FUNKY !

550円は決して安くはないけれど、十二分に満足感ある一杯にゾッコン。こりゃ次回は是非とも本店で、ホルモン&ビール経由、〆ラーメン!

けんのすけGOGO志免店:ラーメン550円。福岡県糟屋郡志免町志免中央4-9-31。11:00~23:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン83●うどん39●そば10●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離20km / 通年232km

Posted by heno at 23:59 | Comments [0]

●【万歳 @ 志免町】新店?

天龍と同じ敷地に[万歳]なるラーメン屋が営業中
Posted by h_moblog at 12:35 | Comments [2]

2010年05月10日 月曜日

●【元祖長浜家@長浜】 ある意味ホンモノ

午後1時前。だいたいなら午前中の北九州打ち合わせの前後に、どぎどぎうどんで昼麺のつもりだったのだが、思いの外予定が押しまくり。午後2時からの福岡市内での所用に遅れてはなるまいぞと、空腹を抱え渋々移動。

午後3時半過ぎ。福岡市内での所用を終え、腹減りマクリ~……。ズズッと遅い昼麺を啜りたひっ。が、あまりにも中途半端な時間帯で多くの麺屋は昼休憩中 or 既に閉店。

むむぅ、こんなとき元祖が開いていたらなぁ……。
う、うん?待てよぉ。中年男の奮闘記によると今日が元祖復活日!?

で、そそくさと長浜を目指す。と、確かに元祖は復活を果たしていた。が、一時閉店前と同じく、午前6時~午後2時までの営業で、既に本日は閉店……。

うぬぬぅ、ならば遂に遂に明けちゃかぁ?パンドラの箱を。

元祖長浜家

かつての元祖本店と支店のちょうど中間点に「元祖長浜家」の屋号で開業した「第三の元祖」。目一杯アイドルタイムなれど、店内には先客5名。結構繁盛しているようだ。厨房には目一杯茶髪の無邪気な笑顔が愛らしいお嬢ちゃんと、黒タオルをソレ風に巻いた、ヤンチャそうなお坊ちゃん。店内の客などナニするモノぞ、合コン感覚でピーチクパーチクとしゃべりまくりる様が、ある意味リアル元祖。

ラーメン◇元祖長浜家

そして、出てきたラーメンもある意味リアル元祖。「ニンニク風味のお吸い物」状態のスープは、絶不調時の元祖の味を彷彿とさせる。確かに、巷のブログで指摘されマクリの麺の細さ&素麺チックな味わいは、かなり元祖らしくない。が、スープのコノ不味さは、ソレを補って余りあるくらいに、元祖気分満々。

いやぁ、参ったなぁ。こりゃナンとか誤魔化し啜るしかないかぁ。

覚悟を決めて調味開始。卓上の胡椒、紅生姜、胡麻、醤油ダレを直感の趣くままに入れまくりの混ぜまくり。すると、あ~ら、不思議!コレはコレで十分アリ過ぎな極上デタラメ美味が、うひゃひゃと我がツボ。

元祖長浜家:ラーメン400円。福岡市中央区港1-1-16。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン82●うどん39●そば10●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年223km

Posted by heno at 23:19 | Comments [3]

●【元祖長浜屋@長浜】今日より営業再開

ただし24時間営業ではなく、一時的閉店前と同じく朝6時〜昼2時。

Posted by h_moblog at 15:57 | Comments [2]

2010年05月09日 日曜日

●【なんばん@長崎県平戸】 食堂系チャンポンの味力

本日も休日出勤ナリ。長崎県平戸であくせくと。

田平天主堂 

田平天主堂で仕事の無事を祈りつつ……、

なんばん

平戸名物(?)平戸チャンポンも啜りつつ!

チャンポン◇なんばん 

現地の方の薦めに素直に従い、温泉宿、井元旅館が手がける食堂「なんばん」へ。定食類までフルラインアップのメニュー書き&店奥の見え隠れする厨房で中華鍋を振るのは如何にもイマドキの金髪男性……。

こりゃ間違いなく大ハズレだぁ、と心底腹をくくる。

んが、コレこそドエラク嬉しい想定外。ちゃっちゃくちゃらに旨いのだぁ。まずスープが旨いっ。あっさりと軽やかな口当たりなれど、クイッと顔を出すダシの旨味がナンとも滋味。そして、麺もドエラ美味。おそらくトウアクをつかったチャンポン麺なのだろう、アノ独特のぽわんぽわんで、かつしっとりとしうた艶っぽい食感が、あな楽し。そして一見ナンちゃナイ系のノーマルな盛りつけに見える具も、その実カナリのてんこ盛り。エビや烏賊の魚介もスゴイし、豚肉も目一杯入っていて、イロんな具の食感と旨味が文字通りチャンポンになって口の中はお祭り騒ぎさっ!一切コジャレた感なしのガツンと旨いこの味わいに、「平戸チャンポン」なるブランド名は不要。シッカリ旨い食堂系チャンポンに万歳三唱!

なんばん:チャンポン630円。長崎県平戸市崎方町873。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン81●うどん39●そば10●チャンポン4●その他28
◎今月の総ジョグ距離11km / 通年223km

Posted by heno at 20:24 | Comments [4]

2010年05月08日 土曜日

●【まるけんうどん@唐人町】 揚げてて+揚げたて=旨×旨!

福岡の都心、天神から西へ1.5キロの古くからの住宅街の一角にある唐人町商店街。300mほどのアーケード街に100近くの店舗が軒を並べる、昔ながらの商店街の路地。幅2mほどの細い通路沿いに10軒ほどの飲食店が営業している「シャンテ街」の一角に先月オープンしたうどん屋、まるけんうどん。

まるけんうどん

正午過ぎ、外観から想像したよりはかなり広めの店内は先客3名。そして私の後からも次々と客が来店し、あっという間にほぼ満席。開店僅か1ヶ月&目立たない立地でこの盛況ぶりは大したものだと感心しつつ卓上のメニューを見ると、筆頭に温かけうどんが具のバリエーションで十数種。続いて冷うどんがざるや山かけなど4~5種で、ぶっかけや生醤油うどんは載っていない。てっきり讃岐うどん屋と思い込んでいたが、いわゆる普通のうどん屋さんのようだ。そして更にドンブリが5~6種と、福岡のうどん屋とするとナカナカにメニューが豊富。

我が麺喰い信条に忠実に「初う店はゴボ天」をたのむと、カウンター越しの厨房で調理が始まる。

若き店主が「麺、入ります!」とのかけ声とともに、釜に生麺を投入。すると、フライヤー前に立つ奥さんらしき若い女性が、衣をとき、ゴボウ天を揚げ始める。夫唱婦随の連携調理による、揚げたてうどん&揚げたての具=豊前裏打会を彷彿とさせるオペレーションである。

ごぼう天うどん◇まるけんうどん 

雑誌をめくりつつ待つことしばし、ドンブリが運ばれてくる。ゴボウ天が細切りを姿揚げしたタイプなので、豊前裏打会ではないようだ。ドンブリを両手で抱え、ズズッとスメを啜ると、アッツ熱の口当たりとともに、ほわほわほわぁと豊かに広がる独特の甘み。細切り姿揚げゴボ天然り、コレって限りなく大助うどん@藤崎に似たタイプのゴボ天うどんだぞぉ……。

まるけんうどん

気持ち細め&扁平したうどんも大助うどんチック。なれど、揚げ具合は大助よりはかなり固めで、こちらは今は美野島へ移転した川端うどんを彷彿とさせるコシ&味わいである。細扁平麺ながらも、豊かな表情のあるうどんで食べ応えアリ。

そしてゴボ天が旨いっ。おそらく新ごぼうなのだどう。揚げたて熱々サクサクな衣と、細切りながらもシャクシャクかつホクホクなゴボウの食感のハーモニー。そして、噛み込むほどに広がるゴボウの風味と甘みがタマラン我がツボっ!

夜は揚げたて天麩羅と酒のチョイ飲みセットもあるし、ドンブリの品揃えも豊富なので、最近は麺よりご飯派の息子達も喜びそうだし、次回は夜に家族で来るか?コレで駐車場があれば言うことないのだが、など思いつつ、ズズッと完食。

とり天カレーうどん◇ジョイフル

GW明けは大忙しで一昨日は昼麺抜き。
そして昨日は、仕事現場のすぐ横のジョイフルで緊急麺チャージ。
うどんはモチロン冷凍うどん。
熱々とり天と温泉たまごが和風カレーすめと合うには合うが、
食後の満足感が著しく乏しいのはナゼ??

本格手打ち まるけんうどん:ごぼう天うどん440円。福岡市中央区唐人町1-3-4シャンテ街5。11:30~15:00&18:00~22:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン81●うどん39●そば10●チャンポン3●その他28
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年212km

Posted by heno at 17:17 | Comments [3]

●祝!志成@大手門が5月10日営業再開

店の公式HPで下記アナウンスが。目出度し目出度し!

---------------------- 以下、公式HPより転載 ----------------------

2010.5.2 お知らせ
ケガのため休業しておりましたが、
5月10日より営業を再開いたします。
当面は昼のみの営業になります。
『11:30~15:00まで』

Posted by heno at 05:37 | Comments [0]

2010年05月06日 木曜日

●うどん杵むら@薬院に新ランチ

---------------------- 以下、店主ツイッターより転載 ----------------------

本日より昼だけの丼ぶりセットスタート! うどん杵むら

Posted by heno at 04:04 | Comments [0]

2010年05月05日 水曜日

●博多デフレ・ラーメンを巡る ~その十 長浜大将~

巷は子供の日(休日)。なれど我は、仕事の日(休日出勤)。カリカリと雑務をこなし、早午後1時前。あぁ腹減ったぁ~、と、長浜へ。280円のデフレ・ラーメンを啜るのだぁ。

長浜大将

博多豚骨の帝都・長浜に今月1日オープンした長浜大将は、280円の格安ラーメンがウリ。で、黒と赤を基調にした迫力満点の店頭に掲げられた看板には「長浜大将 280えん」の文字。深紅の暖簾を潜ると、縦4列のカウンター席が設置された広めの店内には先客1名。開店一週間足らずで、まだまだ知名度が低いのだろうか?

席に座ると向かいのカウンター席との仕切り板にメニュー書き。ラーメン280円と替え玉100円と、ラーメン&チャーシュー丼のセット500円の3種のみと、シンプルなメニュー構成。なのだが、入口横の「調整中」の張り紙がされた食券販売機には、20個以上の空のボタンが付いている。様子を見ながら徐々にメニューを増やしていくつもりなのだろうか?

ラーメン◇長浜大将

ほどなくラーメンが運ばれてくる。チャンとチャーシューものっているし、葱もソコソコたっぷり盛られていて、見た目の貧相さは感じない。まずはスープと卓上にレンゲを探すが見当たらない。安価でラーメンを出すための経費節減の一環か?ならばとドンブリを持ち上げ、ズズッと一啜りすれば、とろんと柔らかな口当たりとともに豊かなに広がる豚骨ダシの自然な甘み。

おほほぉ~、こりゃナカナカに旨いでないのぉ……。

派手さはない。が、チャンと旨い。化調やラードの使い方がナンとも絶妙。過度に旨さを強調することなく、豚骨ダシの旨味を生かしてある。

細めの麺も旨し。適度にガサゴソとした口当たりと、ボリボリほどける素朴な食感が、カナリ我が好み。チャーシューが若干冷蔵庫臭いのはご愛敬。コレだけチャンと旨いラーメンが僅か280円で食べられるのだ。文句を言っちゃバチが当たると一気に啜り、ラーメンだけで済ますのも申し訳ないと、禁断の替え玉コール。

博多デフレラーメンの祖、290円ラーメンのはかたやや280円ラーメンのの母体は食品会社である昭和食品工業。そして、280円ラーメンがウリの新興デフレラーメン・チェーンである18ラーメンは一九ラーメン老司店と何らか関係があるらしい。そしてここ長浜大将も、新店らしからぬ、こなれた店作り&ラーメン作りから察するに、どこかの食品会社 or ラーメン店の低価格ラーメン・ブランドなのだろうか?

元祖長浜家

さすが祝日、「第三の元祖」の前には
そこを「第一の元祖」と勘違いしたらしき遠来の観光客が列を成す。

ばりこて

そして長浜大将の並びに店舗をかまえる
博多ラーメンばりこての店頭には
休業を知らせる張り紙が。

間もなく「第一の元祖」が営業再開するとの噂もアリ。
いやはや、豚骨帝都、長浜のラーメン戦争の行く末や如何に……。

 

長浜大将:ラーメン280円+替え玉100円。福岡市中央区長浜2-5-213。11:00~21:00、不定休(5月7日金曜は休む可能性アリとのこと)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン81●うどん37●そば10●チャンポン3●その他28
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年212km

Posted by heno at 13:10 | Comments [0]

2010年05月04日 火曜日

●パクリ行楽

世間より一日遅れでスタートした我が2010GWだが、終わりも世間より一日早く、今日で最終日。で、昨夜。一昨日の熊本に続き、大分を麺輪行&ポタリングするか?と計画途中、ふとのぞいたsatoyanのうちごはんリポに、ググッと惹かれまくり。

佐賀県塩田町に、ディープ系讃岐うどん店チックな店が!?

で、いとも簡単に予定変更。

筒井製麺所

住所を頼りに訪ねると、鹿島から武雄へ抜ける国道498号線沿いに建つ筒井製麺の工場の一角に、「¥150うどん工場裏へ」の張り紙と、「岳の信太郎めん 立喰庵」の看板。

筒井製麺所

看板の矢印に従い左手に進むと……

DVC00005

店裏手の細い路地に出る。
そこをまっすぐ進むと……

DVC00006

製麺工場の出荷場所(?) があり、
さらに進むと……

岳の信太郎めん 立喰庵

現れたのは、高床式(?)プレハブ店舗。

岳の信太郎めん 立喰庵 

製麺所裏のプレハブ建てというシチュエーションが、まず讃岐。そして、釜揚げうどん150円、かけうどん150円、ぶっかけうどん150円に、釜玉うどん200円との格安価格設定も、讃岐。そして、「お願い 麺を最初に注文してください 勘定しやすいようにトッピングドンブリの中へお願いします 店主」や、「スープお代わり自由です」との張り紙も、讃岐。

カウンター越しにかけうどんをたのむと、茹で置きのうどんをテボでチャチャッと温めたうどんがドンブリに入れられ、差し出される。それから先はセルフ。カウンター横のミニ寸胴からスメを注ぎ、ズラリと並んだ揚げ物から竹輪の磯辺揚げ100円とシメジの天麩羅50円をチョイスしドンブリへのせ、薬味のおろし生姜もドバッと一匙ぶっかけ、カウンターに置いてあるザルに300円払い、いただきま~す!

かけうどん◇岳の信太郎めん 立喰庵

まずはスメと一口啜れば、グインッと押し出し感のあるダシの旨味が、ナンとも讃岐!うどんは気持ち細め。スルッと口に収まる食感は、如何にも製麺所の機械打ち。なれど、茹で置きかつこの細さながら、むっちりとカナリのコシ。そして更に噛み込んでいくと、ある瞬間を境にねっとりと解け、豊かに香り立つ小麦の風味。

製麺所が営む、早、安、旨な一杯に大満足。このエントリーを書くにあたりgoogleってみると、筒井製麺は鹿島市内にも立喰庵を出店しているようだが、写真で見る限りいわゆる普通の店作り。立地然り、店作り然り、セルフ・オペレーション然り、ワンダーランド感あるここ本店で啜るのが楽しそう。

ああ旨かったと、次に向かったのは我が最愛温泉のひとつ、武雄温泉。久方ぶりに訪ねると、入口の靴箱も、脱衣所の脱衣入れもロッカーが設置されている。そして浴場には、シャンプー&リンスとボディソープが置いてある。随分とサービスが良くなったものだ感心しつつ、熱々しっとりな湯にくつろぐ。

小一時間湯につかり、イイ感じに腹も減ったことだしと向かったのは、江北町。午前中立喰庵に向かう途中に偶然前を通り気になった須彌亭へ。店前の道路沿いに「ラーメン」に加え「塩ラーメン」の幟がズラリと並べてあるのだ。そして店自体は古めの造り。塩ラーメンがウリのイニシエ系ラ店……。こりゃ気になるっ!

須彌亭

店に向かって右手のアルミの引き戸がてっきり入口かと思いきや、その奥は民家の居間。そして「店の入口は左です」との張り紙。で、いったん外に出て店舗左手奥に進むと、建物の陰に小さな暖簾の掛かった片開きのアルミ戸。

変わった造りの店だなとアルミ戸を開けると、6畳ほどの小さな店内は8席ほどのL字型のカウンター席。手作り感溢れるチープな内装と、壁に張られた手書きのラーメンメニューに加え、カウンター角には酒のアテが書かれたホワイトボード。そして、カウンター奥には、ラーメン屋の仕事着とするとかなりカジュアルな柄のTシャツを着た年配店主と、その奥さんらしき男女。

うぬぬぅ、こりゃハズしたかぁ……?

腹をくくり、塩ラーメンの出来上がりを待つ。

塩ラーメン◇須彌亭

が、コレ正に嬉しい誤算!出てきた塩ラーメンは、キッチリ丁寧な仕事のあとがソコカシコに感じられる、誠実美味。美しく澄んだ透明スープは、啜った瞬間香り立つ塩ダレ香味油の使い方然り、一呼吸置いてふわりと広がる鶏ガラらしきダシの柔らかな旨味然り、スープをとるときに添えられたであろうニンニクの風味の効き具合然り。様々な旨味が丁寧に重ね合わされた、シッカリ美味。

麺は気持ち細めの中太ストレート麺。20センチほどとカナリ短めなところが、おちかラーメン@熊本チック。気持ち厚めに切られたチャーシューも、もっちり美味。葱とキクラゲのパリ、シャク食感も、それぞれキチンと細かく切り揃えてある効能か。痒いところに手が届きまくりの丁寧な味わいに、ほっこり。こりゃ是非とも機会をつくり、豚骨ラーメンも啜ってみたひっ!!

餃子飯店

夜は餃子会館@武雄で買って帰ったホワイト餃子
焼き方がちと面倒で一手間かかるが、
焦がし焼きした皮のカリッと感とモッチリ感に
肉餡のねっとりとキャベツのしゃきっが、
ビールにも、白飯にも、合う合う合う~の合いマクリ!

岳の信太郎めん 立喰庵:かけうどん150円+竹輪磯辺揚げ100円+しめじ天50円。佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲631-3。10:30~14:00(日曜11:00~14:00)、3rd日曜休み。Pあり。

須彌亭(しゅみてい):塩ラーメン500円。佐賀県杵島郡江北町大字佐留志2200番地。11:30~15:00&18:00~24:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン80●うどん37●そば10●チャンポン3●その他28
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年212km

Posted by heno at 13:26 | Comments [1]

●大木戸@舞鶴の通信チラシをネットでCHECK IT !

さぬきうどん大木戸の舞鶴支店店長が毎月発行されている「大木戸通信」のNo.20がネットにアップロードされています。クーポン券も付いてます。コチラをCHECK IT !

Posted by heno at 00:28 | Comments [0]

2010年05月03日 月曜日

●ゴーテンにショウーテン!

昨日は目一杯ひとり遊びを楽しんだ。で、今日は家族サービス。購入してちょうど10年目で、すっかり調子が悪くなった洗濯機を買い換えるべく、一家そろってヨドバシカメラへ。

気になる機種を見つけ店員に声を掛けると、こちらの知りたいことにキチンと答えつつ、さらなる提案もしてくれる若き店員。さすが、ヨドバシカメラ。店員の商品知識&接客意識が素晴らしく、買い物が楽しい楽しい!日本一の売上げを誇るアノ家電量販店より若干価格は高めではあるが、我は断然ヨドバシ・ファン!!

買いたい機種は決まった。が、果たしてソレがポンコツ我が家に収まるのか確信持てず。で、自宅の設置場所を採寸すべくその機種のパンフレットをもらい、さぁさ昼麺と、長浜御殿住吉店へ。

長浜御殿住吉店

若い頃やっていたバンドの先輩が夜の部の主任と教えられ、いつかは啜りに行かねばと思い続けてきた長浜御殿の住吉店。決して立地的に恵まれているとは思えないし、かつGWの中日なれど、店内には先客7~8名。ほうほう、こりゃ大したもんだと感心しつつ、入口横の4人掛けのテーブル席に着けば、卓上がそりゃもうピッカピカに掃除が成されていてナンとも気持ちが良い。で、店内を見渡すと、長年の営業でそれなりに草臥れているが、ドコもカシコもキチンと片付け&掃除が行き届いている。

うん、コレならラーメンもチャンと旨いはずっ。

来店のきっかけは、ブルースバカ一代のリポ。写真のラーメンスープ表面が細かく泡立っていて、最近流行のカプチーノ豚骨的見た目。かつ、かなりガツンのゴツンなド級豚骨な仕上がりとのこと。

ラーメン◇長浜御殿住吉店

期待を胸に待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、なるほどカナリのカプチーノ状態。細かに泡だった表面がその泡の色で白く輝いているではないか。こりゃいよいよ面白そうだと卓上のレンゲで一啜りすれば、口当たりは至って軽やか。なれど、ふいっと鼻へ抜ける香り然り、ぶわんっと広がる豚骨ダシの硬派な旨味。おそらくラードは最小限に抑え、かつひょっとして豚の頭骨も使っているのだろうか。スイッと口に収まるも、その実カナリ密なる凄味ある旨味が、とれびあ~ん。その旨さに惹かれ、さらに一口、もう一口と啜り進むと、とろんとクリーミーなまろみが顔を出す。

細麺のスルッと小気味よい啜り心地が、あっさりクリーミーなカプチーノ豚骨スープと相性よし。そしてチャーシューも然り。イマドキなトロトロでもなく、さりとてイニシエ系の冷蔵庫臭さもなく、滋味派手スープとよく合っている。

いやぁ、意外だなぁ。いやはや、ウレシイなぁ。
福岡でこんなストロングスタイルのキレコク豚骨が啜られるとはぁ。

同行のカミさん&息子達も大絶賛の滋味派手豚骨。これでラーメン啜る前におでん&日本酒が楽しめたら完璧だったのだが、「私、運転したくないの。」とのカミさんの一言で断念&残念。自宅から歩いて行ける近所に欲しいぞ、こんな店。家族に気兼ねすることなく、のんびりとラーメン屋昼酒を楽しみたい。

長浜御殿住吉店:ラーメン450円+替え玉100円。福岡市博多区美野島1-5-1。11:00~27:00(日祝は~26:00)、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン79●うどん36●そば10●チャンポン3●その他28
◎今月の総ジョグ距離18km / 通年212km

Posted by heno at 12:09 | Comments [3]

2010年05月02日 日曜日

●旅名人に誘われ極楽麺ポタ

Spring has come ! 世間から一日遅れで今日から我がGWがスタート。旅名人の九州満喫きっぷで、熊本麺輪行を楽しむのさっ。

下記wikipediaより転載
輪行(りんこう)とは、自転車公共交通機関鉄道飛行機など)を使用して運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部の自走せず省略するために使う手段。』

 

4月1日から発売中のJR九州「旅名人の九州満喫きっぷ」。JR九州をはじめ、西鉄大牟田線、北九州モノレール、熊本や長崎、鹿児島の市電など、九州内の全ての鉄道1日乗り放題が3回(または3人)分で10,500円。て事は、1日(またはひとり)3,500円で九州の列車旅が満喫できるのだ。そして、有効期限は来年の3月末までの一年間。

似たような商品に青春18きっぷがある。日本全国のJR普通列車乗り放題5回(または5人)で、価格は同じく10,500円。旅名人と比較すると、長所①は1回あたりの単価。2,300円と旅名人より1,000円ちょっと安い。そして長所②は、日本全国と利用範囲が広いこと。対する短所①はJRしか利用できないこと。さらに短所②は利用期間が春、夏、冬の各シーズンそれぞれ約2ヶ月間と短期間であること。普通のサラリーマンが約2ヶ月=8回の週末で5回ものんびり列車旅を楽しむことは不可能に近い。 旅名人の九州満喫きっぷ

朝8時。予定より1時間遅れで起床。しまった!8時には出発のつもりだったのにと、アタフタと身繕いし、家を飛び出す。8:44 藤崎発福岡市営地下鉄に乗り、9:00 天神福岡駅発西鉄大牟田大牟田線で大牟田まで行き、10:20 隣接するJR駅の鹿児島本線下り普通列車に乗り継ぎ、11:36 JR八代駅に着く。

 

JR八代駅

 

JR八幡駅前で輪行袋から、畳んでいた携帯自転車を取りだしビルトアップ。さぁさ、麺ポタリングの始まりさぁ。

以下、wiikipediaより転載

『ポタリング(pottering)とは、自転車でぶらつくことを意味する和製英語である。主に、観光名所めぐりなどに自転車を用いる「散歩」的なサイクリングをいう。』

 

まず向かったのはイキナリ本日のメイン麺、讃岐うどん けんたろう。先月オープンしたばかりのピッカピカの新う店である。

讃岐うどん けんたろう

住所を頼りに訪ねると、幅広の産業道路の都心と反対側の住宅が点在する一角に「本格讃岐うどん けんたろう」の看板。ここは、てる山@熊本市と同様に、本場讃岐の超人気店の一軒、おか泉で修行された方が先月開業した新う店なのだ。

正午前、奥に長い店舗は七割方客で埋まっている。空いていたカウンター席に座りメニューを眺めていると、続々と来客、あっという間に店頭に順番待ちの列が出来る。開店1ヶ月足らずにしてこの人気ぶり。こりゃいよいよ、旨いうどんが啜れそうだっ!

生醤油うどん◇讃岐うどん けんたろう

待つことしばし、運ばれてきた生醤油うどんは、美しく盛りつけられたうどん&その上に添えられた柑橘然り、小葱とおろし生姜と大根おろしが別皿で供されるオペレーション然り、兄弟子てる山の生醤油とまんま同じ。

生醤油うどん◇讃岐うどん けんたろう

まずはうどんだけを一啜り。ぴちぴちと踊る食感と、キリリと角が立ったうどんの鯔背な触感と、むちむち抗う元気ゴシと、噛み込むほどに広がる自然な甘み。うんうん、コレコレ!と小躍りしつつ、今度は生醤油をちょろりとかけ啜れば、生醤油のキレある風味がうどんをより深い味わいに。

ならばと柑橘を搾り、うほうほほぉ。そんじゃ大根おろしをのせ、うはうはうははぁ。ではでは小葱とおろし生姜をのせ、くふぅ、くふふふふぅ。なにせ肝心要のうどんがコレほど上出来ゴシの食感で、コレほど旨く、コレほど甘いのだ。結果、あと乗せ薬味による味わいの変化も、ナンとも見事に心強い。

一心不乱に一気に啜り、店奥のレジで精算していると、その奥の厨房でキビキビとうどんを揚げ、盛りつけている、店主らしき若者。彼が屋号の「けんたろう」さんなのだろうか?これほど本格的な讃岐うどんをここ八代で啜れるシアワセ。またの機会、昼食時に八代を訪れる機会があれば是非また立ち寄りたいっ。

友苑

けんたろうから八代市役所へ向かう道すがらに友苑を発見。
気になっているのよねぇ、ここのアスター麺も。

八代城址

八代城址をぶらりと散策し、自転車を漕ぎ南へ小一時間……、

金波楼◇日奈久温泉 

開湯600年、古くからの温泉街、日奈久。
山頭火が愛した湯としても有名な日奈久の源泉が楽しめる金波楼で
ひとっ風呂浴びて、極楽極楽。

日奈久温泉駅

JR日奈久温泉駅から列車で熊本水前寺駅まで移動し……

ボンズ 

午後4時前、お目当てのつけ麺新店、ボンズに着くも、
「仕込み中」の看板……。
啜ってみたかったなぁ、開花楼の極太つけ麺。

打ち百藝 中の森

サクッと諦め水前寺駅に戻り、駅のすぐ前で営業するお目当て蕎麦屋、中の森へ。 古民家調の落ち着いた店内には先客なし。店中央の席に着きメニューを見ると、冷と温がそれぞれ7~8種。もりは、発芽した蕎麦の実を製粉して打った
名物「発芽そば切り」に更科、挽きぐるみ、田舎に、季節限定の「四季そば」。

目当ての発芽そば切りは既に品切れ。ならば、挽きぐるみだな。

純米酒◇中の森

高菜漬けと粕漬けをアテに
冷や酒をクイッと飲みつつ、持参の単行本をぺらぺらまくり小一時間。

     粗挽きもり◇中の森

小振りのざるに山高に盛られた挽きぐるみ蕎麦は、粗挽きの粒子が見て取れる木訥なる見た目がドンピシャ我がツボ。こりゃイイねぇ!ともんどり打ちつつ、箸で摘み、チョイとツユにつけ、ズズッと勢い良く啜れば、瞬間ふわりと鼻へ抜ける削り節の素朴な香りと、キュインと舌でドライブする醤油がえしの密なる旨味。そして、しゅるしゅると唇を擽る粗挽き蕎麦の艶っぽい口当たりと、ザクザクとナッティーなコシと、噛み込むほどに広がる自然な蕎麦の甘み。

この噛み心地と、この甘み。あぁ、もう一噛み、さらに一噛み、ザクザクと。

粗挽きもりそば◇中の森水前寺公園

その後、水前寺公園をブラブラし、
酔いを冷ましいっぷくラーメンへペダルを漕ぐも
お目当ての二郎系新メニュー「山マー醤麺」は
午後6時以降の限定メニューとのこと……。

ならばとスパッと諦め、JR熊本駅まで移動し列車で久留米へ。

又兵衛

JR久留米駅から自転車で5分、
かねてからの宿題餃子店、又兵衛へ行くも、

「すいませ~ん、満席ですぅ!」

ありゃりゃならばと、道斜め向かいの生栄軒へ向かうも、休み……。

ははん、参ったぁ。
でもでもまぁまぁしょうがない、と南京千両マリンへ。

 南京千両マリンラーメン◇南京千両マリン

かれこれ20数年前に啜ったことがある南京千両マリンのラーメンは
記憶通りにチャーシューとシナチクがみじん切りだが、
肝心のスープの味は、う~ん、こんな味だったかなぁ……??
コレはコレで十分旨いが、
もっと滋味を記憶していただけにちょっと肩透かし。

そんなこんなで夜8時半、西鉄大牟田線に乗り、福岡へ。
アチコチ訪ね、アレコレ啜り、あな極楽なる麺輪行ポタリング。
あと2回使えるが、次回は大分?それとも長崎??

 

讃岐うどん けんたろう:生醤油うどん。熊本県八代市田中西町16-5。11:00~15:00、火曜休み。Pあり。

打ち百藝 中の森:粗挽きもり800円。熊本市水前寺3-6-2。11:00~19:30、月曜休み。Pあり。

南京千両マリン:ラーメン500円。福岡県久留米市蛍川町5-7。18:00~25:00、月曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン78●うどん36●そば10●チャンポン3●その他28
◎今月の総ジョグ距離18km / 通年212km

Posted by heno at 19:10 | Comments [4]

2010年05月01日 土曜日

●癒し優し旨し

派手に多忙だと、毎日に完全燃焼感があるのだが、地味に多忙。で、モヤモヤするぅ(←ピーマンズスタンダード調で)。こんなときは母なる麺、うどんに癒されたくもなるもんさっ。

鶏そばろうどん◇満月

いつかは啜ってみたいと思い続けてきた満月の鶏そぼろうどんは、タダモノではなかった。鶏そぼろに地鶏の身と皮が使われているのだ。で、身のクニクニ×皮のコリコリ×豊前裏打会うどんならではのクニュプニュ=食感&味わいのハーモニーがドエラク楽し、旨し、ダイスキ!

鶏の甘煮加減も絶妙。甘すぎず辛すぎずで、スメの味わいを邪魔するどころか、さらに味わい深いモノに演出。この鶏そぼろ然り、肉ざる然り、満月は肉食系うどん店なり!?夏には中華麺チックなうどんの新メニューを出すべく試作中とのこと。うん、コレまた楽しみっ!!

ひやかけ◇福岡麺通団

今年もひやかけの季節到来。で、福岡麺通団のひやかけを大で。冷たいうどん×冷たいスメ×おろし生姜のキリリとした辛さのひやかけで、スキッと冷や冷やリフレッシュ。うどんを半分啜ったところでレジカウンター横のサーバーで温スメを注ぎ、残り半分はあつかけで啜れば、ほんわか温々パワー充電無事完了。さぁさ、残りの仕事、ガンバンべぇ~。

満月:肉ざる680円。福岡県北九州市八幡西区三ヶ森3-11-3。11:00~16:00&18:00~21:00、水曜休み。Pあり。

福岡麺通団:ひやかけ大420円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン77●うどん35●そば9●チャンポン3●その他28
◎今月の総ジョグ距離18km / 通年212km

Posted by heno at 23:12 | Comments [0]