2010年05月18日 火曜日

●【丸一ラーメン@徳永】 シュルッとコリッとシミジミと

赤シャツの店主と、チャキチャキと縦横無尽に働くお母さん達が素敵な、福岡市西部きっての超人気店安全食堂のすぐ近く。国道を挟んで200mほどのとこりにずっと昔から営業し続けている丸一ラーメン。普通に考えると、コレだけの繁盛店の間近で長年同じラーメン店を営むことなど、到底不可能と思える。

うん、コリャ丸一ラーメンは間違いなく優良店なハズ……。

丸一ラーメン

イイ感じに遣れた外観に、おそらく最近新調し直したであろう真新しい暖簾。そして店内もキチンと整理整頓&掃除が行き届いていてナンとも気持ちが良い。

うん、こりゃアタリだなっ!

清々しい気分でラーメンをたのみ、カウンター席に着く。と、横には新婚らしき男女2名。ちょうど食事を終え、精算しようとしている。

「もお、イイよぉ。お金はイイから。」
「いやいや、ダメダメ!ちゃんと払います!!」

店のお母さんと男性客のやりとりに挟まれ、苦笑いしていた若き奥さんが、お母さんの抱いていた赤ちゃんを受け取り、あやし出す。

あはん、そうだったのか。店の娘さんが赤ちゃんを連れて里帰りしてたのかぁ。

「あなた、煙草吸いたいなら店の外でね。ウチは禁煙やけんね。」
「なん言いようとや、煙草は今日は持って来とらんばい!」

若き夫婦のやりとりを目を細めつつ眺めるお父さん。いやぁ、期せずして小さなシアワセのお裾分けをいただいたなぁ。

ラーメン◇丸一ラーメン

ほどなく差し出されたラーメンは、ナンちゃナイけどチャンとキチンと盛りつけられた麺とチャーシューと小葱がコレまた気持ちよし。両手でドンブリを抱え、ズズッとスープを啜れば、気持ち塩辛めのタレとクイッと押し出し感のある豚骨ダシが、シミジミ滋味。

合わさる麺はかなりの細麺。シュルッと一気に口に収まるも、噛んだときのコリッと弾けるコシは、存在感アリアリの粉々しい木訥美味。あははん、こりゃ旨いわ、楽しいわと、もう一啜り、さらに一啜り。

モチッと感あるチャーシューもチャンと美味。華やかさは皆無。なれど、シュルッとコリッとシミジミと、ナンちゃナイけどナンとも旨い極上普通味ラーメンがココにも現存していた喜びよ。

丸一ラーメン:ラーメン490円+替え玉110円。福岡市西区大字徳永10−2。月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン87●うどん42●そば11●チャンポン4●その他30
◎今月の総ジョグ距離40km / 通年241km

Posted by heno at 2010年05月18日 13:19
コメント

ここの大将は食べ過ぎた若者には平気で「残しやい」って言ってくれる心優しき地元のオヤジです。10年ほど前毎晩のように通ってた頃を思い出しました。

Posted by ベタカタマン at 2010年05月18日 23:53

歳をとった証なのでしょう。
最近は新店より街の何気ない旧店の方に惹かれます。
「残しやい」、ですか。
うん、やっぱ丸一は名店ですねぇ。

Posted by への at 2010年05月19日 01:31

人間は「味覚より嗅覚」が優先的に記憶される生物だという説を聞いたような、聞かなかったような。
てなワケで匂いは蘇っても味はサッパリ覚えてないってケースなんで久しぶりに行ってみます。
しっかし予想以上に枯れてきてますな(笑)

Posted by タフちゃんです at 2010年05月19日 01:58

はい、枯れきっておりますぅ。
玄徳ラーメン@小倉北区、気になっておりますぅ。

Posted by への at 2010年05月20日 09:44

いつも楽しく拝見しております。隠れファンです。
ここはわりと遅くまで開いていて、地元民が飲んだ後の締めによく利用しているようです(私は糸島市民)。
昔友人とこの近くで飲んで、ここでラーメンを食べたのですが、勘定をして出て行く際、親父さんが「ありがとう~」ではなく、ましてや「またお越しくださいませー」でもなく、

「お疲れさーん」

と言ってくれたことが忘れられません。

Posted by きし at 2010年05月20日 22:23