2010年07月06日 火曜日

●【大木戸@舞鶴】 この夏冷やかけ その六 「冷やしかけうどん」

蒸し蒸しと暑い中、午前中の仕事が一段落したところで、やっほぉ昼麺。モチのロンで、今日も気分は冷たい麺+冷たいスメ=冷やかけ。で、冷やかけうどんを啜りに、大木戸へ。

大木戸

店に着くと、店頭の黒板に絶句。

わぁお「カレーうどん」?!
わぁおわぉ、しかも「チャーシューうどん」&
チャーシューうどんにドンピシャ合いそうな「半熟卵天」まで……。

ぐらっと一瞬、決意が揺らぐ。が、イカンイカン、初志貫徹だぅ。

冷やしかけうどん◇大木戸

束ねて美しく盛りつけられたうどんにに、透き通った黄金色のスメ。デフォルトでカマボコ2枚と花鰹が盛られているのが、大木戸流。

サービスで供されたおろししょうがを盛りつけ、準備完了!まずはスメと、両手でドンブリを抱えると、ズッシリと重量感ある陶器の器越しに伝わってくるヒンヤリした触感が、まず爽快。

ズズッとスメを啜れば、冷え冷えの口当たりとともにクイッと広がる素朴なダシの旨味。イリコだろうか、冷製ながらも豊かに広がる旨みと風味が、タマラン美味。

そしてそして、うどんがドエラク旨いっ!チャンと冷水で締めてあるのに、ただ硬いだけじゃない、ぷりりん、ぷるるんなコシ然り、噛み込んだときの歯にまとわりついてくる吸着感然り。コレ生地の熟成の賜物か。ナンとも楽しくナンとも旨い冷うどんが、愉快爽快。

冷たいうどん+冷たいかけツユの冷やかけうどん。讃岐では「ひやひや」と称して提供するうどん店も多く、ポピュラーな食べ方。そんな食文化の歴史の深ささえ感じる、本場仕込みの冷やかけうどんに、我が麺心はメロメロのメロリンキュー。

期間限定のチャーシューうどんは7月19日まで提供とのこと。となると、近々チャーシューうどんを再食するか?いやでも、やっぱ大木戸は冷やかけかなぁ、など考えつつ、午後の仕事へと向かう麺馬鹿一匹。

さぬきうどん大木戸 福岡舞鶴店:冷やしかけ380円+ちくわ天50円+半熟卵天100円。福岡市中央区舞鶴2-8-29。11:00~15:00、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン112●うどん57●そば16●チャンポン6●その他43
◎今月の総ジョグ距離22km / 通年376km

Posted by heno at 2010年07月06日 12:06
コメント

昨日はどうもご来店ありがとうございます。
半熟卵天、一個しかなくてすみませんでした。
やっぱり、「冷かけ」で来ましたね~。なんと言うか…「創作」は「王道」には勝てないんですかね?やはり。

Posted by おおきど キムラ at 2010年07月07日 18:46

一昨日はドエラク美味な冷やかけを
ご馳走さまでしたぁ!
大木戸の冷やかけは私にとって
福岡有数の美味ひやひやうどんだったのですが、
先日のそれは、半端なく旨かったぁ!!
ソリャもうプリリン美味なるうどんにヤラれましたぁ。

Posted by への at 2010年07月08日 20:05