2010年07月11日 日曜日

●【博多麺業 島系】 新生極太麺がリ・オープン

うどんのような極太ラーメンをひっさげ、4年前に志免に一号店を開店した、博多極太ラーメンの祖、島系本店。地道にファンを増やし、昨年、舞鶴に2号店を開店。そして今月1日、新たなブランド「博多麺業 島系」を、春吉にオープンするも、空調など店内設備に不備が見つかり、5日間の臨時休業。

博多麺業 島系

休業明け2日目。終日会社内での仕事を前に、午前11時の開店時間早々に訪ねると、店内には既に先客2名。店舗は7~8席ほどのL字型カウンターのみの小ぢんまりとした造り。なれど厨房には、男性2名と女性1名の計3名の従業員がスタンバイ。休業中に調理オペレーションの見直しも行ったらしい。万難排した再スタートである。

入口横に食券販売機。麺メニューはラーメンとつけ麺が具のバリエーションで数種ずつ。初ラ店はデフォルト、「ラーメン650円」を買い、カウンター席に着席。島系本店土曜に、普通と極太から麺の太さを選べるシステム。迷わず極太麺をオーダー。

ラーメン◇博多麺業 島系

待つことしばし、カウンター越しにラーメンが差し出される。事前情報通り、島系名物の角肉チャーシューではなく、円形の薄切りチャーシューがのっている。そして、その下にはキャベツ&太もやし。

まずはスープとレンゲで一啜りすれば、クイクイッとドライブする醤油タレと、ニンニクベースのオリジナル香味油「香麻油」の旨み&風味。そして、それらのド派手&濃厚な味わいを底支えする、豚骨ダシ&背脂の甘み。芯は島系本店のスープと相通ずるも、味わいの表情が随分と明快。ラーメン好きにとどまることなく、広く万人ウケしそうな濃口美味。

ラーメン◇博多麺業 島系

麺は島系本店のそれと比べると、気持ち細めか?啜ったときの納まり感がナカナカ良好。そして噛み込んだときのワシワシ感も島系本店のそれよりソフィスティケイトされた感あり。そして薄切りチャーシューも然り。島系の角肉チャーシューよりは随分と食べやすい。

より個性を強調する明快なスープの味わい×食べやすい麺&具=より一般ウケしそうな博多麺業 島系。そして、真性荒ぶる極太麺好きには島系本店。など思いつつ、ワシワシと食べ進んでいると、臨席の客につけ麺が差し出される。

おぉ?平皿じゃなくドンブリに麺が盛られているぞぉ…。

ラーメン同様につけ麺の温つけ汁も明快濃い味に変わったのだろうか??コレまた気になる。うん、近々必食だっ。

博多麺業 島系:ラーメン650円。福岡市中央区春吉1-7-18。11:00~16:00&18:00~26:00 or スープ切れ次第まで、年中無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン114●うどん57●そば16●チャンポン6●その他45
◎今月の総ジョグ距離33km / 通年387km

Posted by heno at 2010年07月11日 11:29
コメント

おつかれさまです!
ご近所さんなので
チャンスを見計らっているんですが・・・

オープン→工事→休み・・・

みたいな感じで
春吉店には行けてないんですよね!

今度激写してきますね♪


それと・・・
博多らーめんを中心にした
ラーメンブログ(食べ歩キング)の抜粋版をアメブロで始めました。

その名も
博多らーめんRunKing
=博多らーめん隊 隊長日記=
です。

歴史ある博多のラーメンがあるからこそ、この街はラーメン文化が漂う街になっていますので、新しいらーめんをがんばって起業している人たちのためにも美味しい1枚をもっと多くの人に見ていただきたくて・・・。
開設しました。
内容・ビジュアルは今のところ変わりませんが、新しい企画も考えています。

よろしければ
麺のカテゴリにリンク掲載していただけませんか??
http://ameblo.jp/hakataramen
でございます。

Posted by アニー at 2010年07月13日 09:33

ご無沙汰しておりマス。
博多麺業 島系、本店とひと味違う極太ラーメンでしたよ。
機会を見つけ是非おでかけください。
それからリンクの件です。
コンテンツ自体は勝手に!食べランキングと同じようですので
何れかひとつのみのリンクとさせてください。
どちらのブログとリンクさせていただきましょうか?

Posted by への at 2010年07月14日 21:03
コメントしてください




保存しますか?