2010年07月21日 水曜日

●【やぶ金@大名】 都心の隠れ家蕎麦屋

天神での打ち合わせを終え、サクッと昼麺。メッチャ暑いこんな日は、冷たい蕎麦でもするっと啜りたひっ、とやぶ金へ。

昨日、以前の店舗から一本北側の通りに移転オープンしたという、やぶ金。さぁて、新しい店舗はどこだ?とウロウロ歩くも見つからない……。おかしいなぁと歩を止め改めて通りを見渡すと、

おや?こんな都心に一軒家があったっけぇ?。

やぶ金 ひょっとして…?と門から中を覗くと、ピンポ~ン大正解。イイ感じに遣れた家屋の玄関に「やぶ金」の電照看板を発見。

やぶ金 

引き戸をくぐり玄関口で靴を脱ぎ、店内へ。入ってすぐ右手の部屋に4人掛けのテーブル席が2~3卓に、奥の部屋に二人掛けの小さなテーブル席が4卓ほど。通された2に掛けのテーブル席に着きメニューを見ると、蕎麦が10種ほどと蕎麦屋酒に最適なアテが7~8種載っている。まずは冷酒でクイッといって…、とイキたい気持ちをグイッと抑え、せいろをたのむ。

せいろ◇やぶ金

待つことしばし、運ばれてきたせいろは、随分と太打ちの蕎麦。ツユをちょいと付け、ズズッと啜れば、キリリと鯔背なカエシの旨みと、一足遅れて香り立つ微かな削り節の風味。太打ち蕎麦は見た目に恥じぬカナリの強ゴシ。くにくにっと抗い、ぷりぷりと口の中で踊るさまが小気味よい。かつかつとシッカリ噛みしめ、広がる甘みを楽しむ。

〆の蕎麦湯も適度にトロトロであな旨し。大根おろしやネギや山葵をアレコレ入れて、風味の変化も楽しみつつ、シミジミ啜る。あぁ、午後のつかの間のシアワセよ。

やぶ金:せいろ750円。福岡市中央区大名2-1-16。11:30~21:30、水曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン119●うどん60●そば17●チャンポン6●その他49
◎今月の総ジョグ距離57km / 通年401km

Posted by heno at 2010年07月21日 12:21
コメント
コメントしてください




保存しますか?