HENO HENO: 2010年08月 アーカイブ

2010年08月30日 月曜日

●【二○加屋 長介@中央区薬院】 この夏冷やかけ ~その十~

連休明けはやっぱりタボー。ならばコチラもオンボロ身体&脳みそをターボ全開、昼麺啜る間も惜しみ、ガツガツと仕事をやっつける。ナニがナンでも夜7時には仕事を終えたい。だって今夜は飲み会なのさっ!

二○加屋 長介

薬院の路地裏に先週開店した居酒屋、二○加長介。

二○加屋 長介

自家製厚揚げや牛すじ煮込みなど
我がツボのアテでクイクイと飲み、
〆は楽しみにしていた、うどん。

二○加屋 長介

ナンでもココの若き店主は、
唄う!手打ちうどん稲穂で修行したのだとか。
飲み物メニューの裏には、うどんメニュー。
『当店のうどんは福岡県糸島産の小麦粉のみを使用し、
機械を一切使わない「純手打ちうどん」です。』
との蘊蓄書きが頼もしい。

冷やかけうどん◇二○加屋 長介

ひやかけうどんは
冷スメながらもコレでもかと豪華にかつ濃密に旨いダシの味わいは
正しく師匠店直伝。

小麦感のある風味豊かなうどんは強ゴシタイプ。
これ、生醤油うどんでたべてみたひっ!

 あさりうどん◇二○加屋 長介

創作メニューに力を入れているあたりも師匠店ゆずり。
あさりうどんはプチトマトや大葉がのった、パスタライクな一品。

ちろり 

イイ頃加減に酔っ払い、酒肆ちろり@渡辺通へはしご。
大阪新梅田食堂街の立ち飲み屋、金盃の名物メニュー「エッグ」
ここ博多で突きつつ飲めるシアワセ!

ちろり

7種の豆を蒸したアテなど、
ロートル枯れ系飲んべえオヤヂにゃ
たまらんツボなアテと旨し地酒で、わぁおパラダイスな夜は更ける。

二○加屋 長介;冷やかけうどん450円、あさりうどん950円。福岡市中央区薬院3-7-1。16:00~24:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン139●うどん73●そば21●チャンポン12●その他56 
◎今月の総ジョグ距離29km / 通年440km

Posted by heno at 23:34 | Comments [2]

2010年08月29日 日曜日

●一泊二日駆け足帰省も、やっぱり麺啜りマクリ

連日ガッツリと深夜(翌早朝?)まで働いたお陰で、今週末は無事二連休。カミさんの実家・宮崎へ遅い盆帰省。亡き義母の仏前に手を合わせ、久しぶりに会う義父さんと、とりとめもない話に花を咲かせる。ナンちゃナイ二日間だったが、スッカリ気分はほっこりリラックス。あぁ良きものかな、里帰り。

いぶし銀

土曜日は息子達の部活が終わったのが午前11時。
それから出発したので宮崎まで腹がもたす、熊本で昼麺。
朔ノ 筑豊・熊本グルメレポでその存在を知り、
気になっていた、特もりそば いぶし銀へ。

もりそば◇いぶし銀 

待つことしばし運ばれてきたもりそば(あつもり)は、
屋号に恥じぬ渋系つけ麺。

もりそば◇いぶし銀

チャーシューにシナチク、もやし、海苔が入った温つけ汁は
昨今流行の濃厚魚介豚骨系とは一線を画する王道お江戸イニシエ系。
誤解を覚悟で和えて例えるならば、
即席袋ラーメン「チャルメララーメン」的
ナンちゃナイ中華そばのスープ・チックな実直美味に
ほんのり酸味も加わり、ナカナカにエエ感じぃ!

 もりそば◇いぶし銀

麺は浅草開花楼の太麺とのことだが、
随分とお行儀の良い食味然り、中途半端に太いその形状然り、
浅草開花楼の麺ってこんなんだったっけぇ??

 めぐみうどん

我が麺馬鹿ぶりを知る義弟より耳より情報。
宮崎市民のソウル麺店、かつての吉長うどん
今のおくのうどんの姉妹店がすぐ近くに営業中とのこと。

本店同様に午前6時から営業している、めぐみうどん。
朝7時過ぎに訪ねると既に店内は7割方の客の入り。

素うどん◇めぐみうどん

メニュー構成もまんま本店と同じ。
で、シンプル・イズ・ベストでたのんだ素うどんは
酸味さえ感じる迫力満点の独特スメと
テロヤワな細打ちうどんが、まんま本店と同じ。
粗切りではなく、さりとて微塵切りでもない葱の切り方まで
まんま本店と同じな宮崎ソウル麺に、ほっこり惚れ惚れ。

カネキ製麺所 

そして、めぐみうどんから200m足らずの距離に、
もう一軒うどん屋が朝から営業中。

カネキ製麺所という屋号がイカにも讃岐うどんチックだなぁと入店すると、
メニューはぶっかけがメインだし、
テーブルに置いてある蘊蓄書きによると
小麦粉は香川県産の「さぬきの夢2000」を使っているとのこと。

かけうどん◇カネキ製麺所

なるほどうどんは太めだし、茹で置きにしてはコシも残ってはいいるし
讃岐っぽいと言えないこともない。
ぶつんぶつんとあまりに潔い歯切れ感が独特な重たい食味で
二日酔い明けの二杯目うどんには、ちとヘビー。

 麺処みなみ

日々好々でその存在を知りググッと気になった
麺処みなみの冷やし塩ラーメン。

 冷やし黒豚塩らぁめん◇麺処みなみ

キンキンに冷え冷えな一杯を期待するも、
出てきた一杯はスープが冷やしというより、温めのラーメン。
が、麺は良く締められていて冷ややか&プリプリな食感があな楽し。
冷たい麺に温いスープ、
何でこんなアンバランスな調理具合で仕上げたのだろう?と啜っていると
スープに添えられた氷が徐々に溶け出し、スープが冷えてくる。
そして、冷えてくるほどにスープの脂分が嫌味に感じられてくるではないか。
なるほど、だからスープはキンキンには冷やせなかったわけだ。

 塩らぁめん◇麺処みなみ

息子がたのんだ塩らぁめんは普通に美味。
とろんと甘めな食味然り、梅干しや大葉の薬味然り、
そして卓上に調味料として酢唐辛子が置いてあるし、
ひょっとして、お隣鹿児島県の塩ラーメンFC、
麺’sらぱしゃからの独立店なのかな??

特もりそば いぶし銀:もりそば(あつもり)680円+中盛り150円。熊本県熊本市山室5-5-13。11:30~16:30、しばらくの間は無休。Pあり。

めぐみうどん:かけうどん190円。宮崎県宮崎市郡司分2250-3。6:00~19:30、無休(年末年始のみ)。Pあり。

カネキ製麺:かけうどん210円。宮崎県宮崎市大字本郷南方2517。8:00~20:00、不定休。Pあり。

麺処 みなみ:冷やし黒豚塩ラーメン700円。 宮崎県宮崎市吉村町浮之城甲80-57。11:00~15:00&17:30~21:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン139●うどん72●そば21●チャンポン12●その他56 
◎今月の総ジョグ距離29km / 通年440km

Posted by heno at 23:23 | Comments [0]

2010年08月27日 金曜日

●【青木堂@中央区大名】 こんなトコにこんなチャン

今日もどえらくタボー。予定の仕事に加え、突発的&緊急な仕事が入り、てんやわやですよぉ~(←クレイジーケンバンド調で)。携帯電話をフル稼働、アチコチへ連絡&依頼しつつ、アチコチの仕事現場を行ったり来たり。

そんなこんなで夕方4時、取りあえず一段落。今夜も遅くまでの仕事になりそうだ。腹が減っては戦が出来ぬと、わずかな空き時間にサクッと麺チャージ。大名の青木堂へ転がり込む。

青木堂

大名紺屋町の青木堂。定食や一品料理に加え、小皿に盛られた惣菜がガラスケースに並ぶ、老舗の一膳めし屋である。以前の勤め先がこの近所で、たまに利用していた店だ。

今日の目当てはチャンポン。福岡チャンポン王ブログブルースバカ一代を主宰するyasuさん情報によると、二軒隣の長崎飯店に負けず劣らずナンとも滋味なる本格チャンポンが食べられるという。暖簾を潜り、チャンポンをオーダーしつつ、空いているカウンター席に座ろうとすろと、

「へのきょ~ん、こんな時間になんしようとねぇ。」

呼ばれる声に振り向くと、ナンと以前の勤め先の社長が食事中。お久しぶりデスと社長のテーブル席に同席させてもらい、アレコレとウダ話に花を咲かせる。

チャンポン◇青木堂

ほどなく運ばれてきたチャンポンは、一見して我がツボ。ナンともイイ感じに透明感を残す淡く白濁したスープに旨さを確信しつつ、レンゲで一啜りすれば、キッチリ熱々の口当たりとともに、鶏ガラだろうか、ふわりと広がるダシの自然な甘み。一膳めし屋のチャンポン=食堂チャンポン系の魚介ダシがきいたタイプかと思いきや、さに非ず。イニシエ中華食堂チックな、実直素朴な優しい味わいに、思わず頬が緩む。

麺は製麺所製茹で置き麺。しっかりと加熱されていて、ぽわんぽわんと跳ねる軽やかな食感が、あな楽し。具はさほど量は多くないが、クオリティは高い。野菜やキクラゲ、かまぼこ、竹輪に加え、小型のイカのゲソがカナリ多めに入っていて、コリコリとした食感と味わいが好アクセントとなり、滋味淡味スープながら、最後まで食べ飽きることなく一気に完食。

「久しぶりやけん、チャンポンは奢っちゃるよ。忙しそうやけど頑張りよっ」

前職の社長の温かい言葉に励まされ、元気一杯腹一杯。さぁさぁ現場に戻ってガッツガッツと残りの仕事を片付けるぞぉっ。

一膳めし 青木堂:チャンポン580円?。福岡市中央区大名1-11-28。8:30~21:00(祝日 11:00~17:00)、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン138●うどん70●そば21●チャンポン12●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 16:36 | Comments [2]

2010年08月26日 木曜日

●【大木戸&島系本店@中央区舞鶴】 残暑をブッ飛ばす濃味麺

不景気な世の中でコノ忙しさ。アリざす!多謝!!と連日深夜まで仕事でドロンドロンの我が身を鼓舞し、うっしゃぁ昼麺。目指すは大木戸@中央区舞鶴。店主Twitterによると、気になっていた日替わりトッピング「豚しゃぶ巻き」が今日まで提供されているはず。冷やかけうどんとともに、カッ喰らいたひっ!

冷やしかけ&豚しゃぶ巻き◇大木戸

残暑仕様なのだろうか?一ヶ月半ぶりに啜る冷麺×冷スメの冷やしかけうどんは、美しく透明感を残す黄金色のスメの見た目は同じなれど、味わいは随分とストロング。ぐいんっと力強いダシのドライブ感+結構強めの塩気が、キリリと濃い味。

そして、そんなスメに合わせるかの如く、うどんもストロング美味。噛んだ瞬間の歯触りこそスイッとヤワヤワだが、さらに噛み込むと芯の部分はクニクニと強靱ゴシ。こりゃオモロイなぁと更にクニクニ噛み込むと、ふわんっと鼻へ抜ける素朴な小麦の風味。

念願だった豚しゃぶ巻きは、コリッと旨しっ。豚肉にニンジンの細切りとカイワレ大根を巻いただけのように見えるのだが、さに非ず。店主が各月で発行している大木戸通信の最新号によると、とり天用のダシをかけダシで希釈したタレに一晩漬け込んだ豚肉で細切りニンジンとカイワレ大根を巻き、しゃぶしゃぶと熱湯で加熱後すぐに冷却し仕上げるという、手間暇かけた力作。

するっとクニクニ踊る冷うどんと、カシッとキツめの濃い味冷スメで、スキッとキリッと、うっほぉ美味っ!!さぁさぁ、午後からも山積みの仕事が待っている。ガツガツ片付け、今日こそ家で晩飯&息子達と馬鹿話しつつ晩酌を!

 ラーメン◇島系本店舞鶴支店

昨日は、元祖長浜屋に代わる我がソウル麺、島系本店の極太ワシワシラーメン。2ヶ月ぶりにカッ喰らうと、キリッと塩気強めの豚骨醤油味スープが、コレまた濃い味。

ラーメン◇島系本店舞鶴支店

ワシワシ&ゴリゴリのウネウネ縮れ極太麺の粉っぽい味わいは相変わらずの我がツボ無骨味。チャーシューも盛られた2切れ中1切れはドエラク美味。ラーメンとは別に購入した野菜大盛り券の味わいに対する効能は、チト疑問。味わいの薄い太もやしばかりではなく、ソレだけでもチャンと旨いアラ切りキャベツの比率をもっと上げてイタダキタイ!

四季物語◇秋のときめきうどん

マルちゃんの季節事限定杯麺シリーズ「四季物語」 。
秋バージョンは鮭味を際立たせた一杯とのことだが、
所詮杯麺的、小手先演出に肩透かし。

 

さぬきうどん大木戸 福岡舞鶴店:冷やしかけ380円+豚しゃぶ巻き120円。福岡市中央区舞鶴2-8-29。11:00~15:00、日曜休み。Pなし。

島系本店 舞鶴店:ラーメン小550円+野菜増し100円。福岡市中央区舞鶴1-6-14。11:30~16:00&18:00~23:00、無休(都合により臨時休業の場合あり)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン138●うどん70●そば21●チャンポン11●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km¥¥¥¥

Posted by heno at 23:45 | Comments [0]

2010年08月24日 火曜日

●【白頭山@博多区築港本町】 福岡でどぎどぎうどんが、しかも24時間啜れるヨロコビ!

朝から薬院の取引先に缶詰状態で、夜8時。どうにかこうにか予定の仕事を終了し、次の現場である綱場町へ移動。今夜もドエラク深夜まで立ち会いの仕事が終わりそうにない。不夜城の臨戦態勢を整えるべく、麺でパワーチャージ!と、築港本町へ。

先日この付近を通りかかった際、遠目に「24時間営業」と書かれたドデカイ電照立て看板と、店頭にたなびく「チャンポン」の幟が気になった店を訪ねると、店頭に「白頭山」の電照立て看板。

わぁお、白頭山?!白頭山の福岡支店はココにオープンしたのかぁ。

白頭山

Twitterだったか、ブログだったか、北九州小倉北区の焼き肉店、白頭山の支店が福岡に開業するとの話を見かけた記憶がある。小倉の白頭山と言えば、24時間営業であることと、焼き肉に加え小倉南区の隠れご当地麺、どぎどぎうどんがメニューに取り入れられているところ!もしココが小倉の支店ならば、どぎどぎうどんが食べられる!しかも24時間いつでも!!

広々とした店内には先客7~8名。そのほとんどが、焼き肉ではなくチャンポンやジャージャー麺を食べている。空いているテーブル席に座りメニューの最初のページを開くと、焼き肉メニューがズラリ。はやる気持ちを抑えきれず、次々とページをめくっていいくと、お食事のページが。冒頭はユッケビビンバやカルビクッパなど、焼き肉店定番のご飯メニュー。そして続いて麺メニュー。

「長崎皿うどん(パリパリ)850円」、「長崎皿うどん(太麺)850円」、「長崎チャンポン850円」、「ジャージャン麺750円」に、

やっぽぉ~、載っている載っている!「小倉名物肉うどん680円」!!!

小倉名物肉うどん◇白頭山 

待つことしばし、ナンとラーメンどんぶりに盛られ&レンゲが添えられた、珍百景的どぎどぎうどんが登場。別皿で供されたおろし生薑と鷹の爪をドバッと振りかけ、レンゲを持つ手ももどかしく、まずはスメと一啜りすれば、キュインとドライブする濃口醤油の風味と、ぐいんとドライブ感ある肉系のダシの旨み。

そしてうどんは製麺所製の茹で置きタイプ。ヤワヤワふにふにと解けるコシがスマートさとは対極のどこか無骨ないなたい味わいのスメと相性抜群な、どぎどぎ気分。

小倉名物肉うどん◇白頭山

そして、さすが焼き肉屋さんのどぎどぎうどん、具の牛ホホ肉の量が半端なく大盛り。うどん喰ってるんだか煮括ってるんだか分かんなくなるくらいに、ゴロゴロゴロゴロ入っている。しかも、もっちりと適度に柔らかながら適度にキシキシと肉っぽさも残っている煮込み加減然り、適度な脂の掃除具合によるネチネチ加減然り。コレ正に、牛ホホ肉を知り尽くした調理法が成せる技か。タマラン美味なお下劣味に、メロメロのメロリンキュー。

この本格どぎどぎが、ここ福岡で。しかも、24時間いつでも食べられるシアワセを噛みしめつつ、ズルズルと。件のお家騒動でスッカリ元祖長浜屋から心が離れてしまっていたが、新しい麺恋人に巡り会ったトキメキ!今度からは飲んだあとの〆、もしくは早朝食にココでどぎどぎうどんを啜ることにするぞっ。

白頭山福岡店:小倉名物肉うどん680円。福岡市博多区築港本町3-16。24時間営業、年中無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン136●うどん69●そば21●チャンポン11●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 23:31 | Comments [2]

2010年08月23日 月曜日

●【たまかけ屋@北九州八幡西】 似て非なる甘うどん

昼からの北九州での打ち合わせを前に、ズズッと昼麺。先日たまたま店の前を通り、ググッと惹かれたたまかけ屋へ

たまかけ屋

黒崎から三ヶ森へと抜ける道路沿いの雑居ビルの1階に、「当店オリジナル さっぱり卵かけうどん こってり角肉うどん」の看板。正午過ぎの店内は女性客が2名。玄関口で靴を脱ぎ、掘りごたつ式の座卓でゆっくりとランチを楽しんでいる。

席に着きメニューを見ると、筆頭から「卵かけうどん380縁」、「角肉うどん690縁」、「梅うどん600縁」、「カレーうどん600縁」に「かけうどん380縁」と、うどんが5種類に、ご飯類が数種。

注文を取りに来た店員に卵かけうどんは釜玉うどんとどのように違うのか聞いてみると、どうやら厨房で予めうどんと卵をグリグリと混ぜ合わせる釜玉に対し、うどんの上に卵を割り入れたままの状態で出すのが、卵かけうどんのようだ。因みに卵はドクダミを飼料に育てた鶏卵「ドクダミ卵」を使っているのだとか。

角肉うどん◇たまかけ屋

卵かけうどんと並ぶ店のイチオシメニュー、角肉うどん。濃い醤油色のスメ然り、うどんの上にのった牛の角切り肉然り、小倉南区一帯のご当地うどんである「どぎどぎうどん」と見た目はカナリ近い。

が、味わいのベクトルは大きく異なる。まず、スメが甘い。牛角肉の甘辛く煮た煮汁をそのままいかしているのか?牛すき焼きの割り下を彷彿とさせる甘々な味わいである。

うどんは麺腺の綺麗に揃ったルックス然り、もちもち、ぷるるんと抗うコシ然り、カナリの演出系。具の牛角肉も、蘊蓄書きには牛ホホ肉とあるが、脂の掃除加減なのか牛スジ肉チックな、まったり味。そして、ぎどぎに欠かすことが出来ない鷹の爪は卓上に置いてあるし、おろし生姜も別皿で供されるも、糠漬けはナシ。

亜流が登場=本家どぎどぎうどんが広く世間に知られるようになった証。もっともっと、イロんなタイプのどぎどぎタイプのうどんが登場すると楽しいなぁ、など思いつつズルズル啜っていて、ふと気付く。

この甘味牛角肉をトッピングして卵かけうどんを啜ったら、
ドエラク旨いんでないのぉ~?!

それこそ真のどぎタイプ創作うどんでないのぉ。こりゃ是非とも機会を作り再訪せねば。

たまかけ屋:角肉うどん690円。北九州市八幡西区相生町14ー11。11:00~20:00。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン136●うどん68●そば21●チャンポン11●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 12:47 | Comments [0]

2010年08月22日 日曜日

●【敏ちゃん@福岡久留米】 『ちゃん』を訪ねて 第1回

午後1時、福岡空港で連日の休日出勤が無事終了。わずか半日ではあるが、麺ドラでもして気分をリフレッシュ!とGo South、久留米の敏ちゃんラーメンをめざす。

敏ちゃんラーメン

神酒の麺道楽でその存在を知った、敏ちゃんラーメン。住所を頼りに訪ねると、久留米市南西部の住宅街の一画に、イイ感じに陽にやけた赤いテント。暖簾を潜った瞬間、ふわりと華を擽る豚骨ダシのかぐわしき香りに旨さを確信しつつ店内を眺めると、いずれも見るからに近所の常連さんらしき先客3名。カウンター席に座る2名はカウンター奥の厨房で仕事する店主と親しげに会話しつつ、テーブル席に座る一人は目玉焼きをあてにビールを飲みつつ、テレビから流れるたかじんの番組を楽しんでいる。

空いているもうひとつのテーブル席に着き壁に掲げてあるメニューを眺めると、野菜炒めやホルモンなどの定番から、白身や鯵のフライや、ハッシュドポテトなど、ビールのアテが充実している。そして麺メニューはラーメンが具のバリエーションで3~4種に、チャンポンに焼きそば。迷うことなくデフォルトの「ラーメン480円」をたのむ。

ラーメン◇敏ちゃんラーメン ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す茶褐色スープから、湯気とともに香り立つナンとも芳しき豚骨の香り。レンゲを持つ手ももどかしくズズッと啜れば、アッツ熱の口当たりとともに、ふわりと広がる豚骨ダシ。外連味は一切ナシ。おそらくラードも全く使われていないのでは?脂分のベタつきも皆無。ダシの旨みのみ丁寧に引き出された感のある、シミジミ滋味。そして更に、こりゃ旨いなぁと更に一口、もう一口と啜っていると、徐々に顔出す押し出し感のあるコク。

麺は久留米ラーメンとすると気持ち細め。口当たりは優しいが、噛み込むとコリッと必要最低限のコシもチャンと感じる、絶妙な揚げ具合。そしてチャーシューも、イニシエ系特有の冷蔵庫臭も一切ナシの、モチモチ美味。久留米ラーメンお約束の海苔は無く、代わりにキクラゲがのっていて、コリコリとした食感がコレまた楽し。

派手さはないが、メチャクチャ旨い、極上普段着ラーメン。そして明るく元気な接客がナンとも気持ちの良いご夫婦のお人柄も魅力。近所に欲しいぞ、こんな店。休日は午後から入り浸り、ラーメン屋酒を楽しみたひっ。

鶴の湯@久留米市

すぐ近所には昔ながらの銭湯も。
ラーメン屋酒の前に一っ風呂、
なんてのも気持ちよさそうだなぁ。

敏ちゃんラーメン:ラーメン480円。福岡県久留米市国分町335。11:00〜22:30、月曜休み。P店頭に1台あり。

◎通年麺喰い◎ラーメン136●うどん67●そば21●チャンポン11●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 13:57 | Comments [2]

2010年08月21日 土曜日

●【ぴかまつ@中央区高砂】 もてチャン

薬院の得意先での仕事が一段落したところで、ヨドバシカメラへ仕事の備品を買い出しがてら、サクッと昼麺。その一杯が食べたくて。でその存在を知り気になっていた、ぴかまつへ。

ぴかまつ

住所を頼りに訪ねると、日赤通りの那の川四つ角にほど近い裏通りの一画に、「博多ちゃんぽん 皿うどん ぴかまつ」と描かれた真新しい看板。おやおやココはかつて桃花彩園として営業していた店舗じゃないかと暖簾を潜れば、正午過ぎの店内は先客2名。うち1名は中年男性。スポーツ新聞をめくりつつ、ビールを飲みつつ、のんびりと皿うどんを啜っている。ナンとも羨ましい、休日午後の過ごし方である。

その一杯が食べたくて。によると、ここぴかまつの店主は博多チャンポンぴかいちで修行し、今年の6月、ココに独立開業したとのこと。今は博多駅前で営業するぴかいちだが、かつては九州電力本社にほど近い渡辺通の裏通りで創業した。そしてここぴかまつのすぐ近くには九州電力の子会社である九電工本社がる。結果論なのかも知れないが、店の出店立地選択は正に師匠譲りであるが、肝心のチャンポンの味わいの印象は大きく異なる。

チャンポン◇ぴかまつ 

直径40センチはあろうか、かなり大振りな白磁のドンブリに、美しく白濁したスープ&山高く盛られた具で、目一杯大衆的な印象のあるぴかいちのチャンポンとは好対照な上品仕様。そして具の内容もイカやエビやホタテが存分に見て取れてて、ナカナカに豪華感アリ。

味わいも然り。ガインと力強い旨味のぴかいちのスープに対し、ぴかまつのスープはナンとも淡麗。スープ用の素材の旨味と、調理時に炒め煮された具の味わいも映える滋味。

生麺を注文が入ってから茹で上げるオペレーションは師匠譲り。プリプリと踊るコシが、コレ正に博多チャンポンの麺的極楽食感。

ぴかいちはサービスの辛子高菜のドンブリが卓上に置かれているが、ぴかまつにはナシ。と思っていたら、「よろしかったら、どうぞ」と、キムチ漬けキュウリが小皿に盛られ供される。そしてチャンポンを食べ終わる頃合いを見計らい、更にもう一皿。ナシ2切れと葡萄一粒が盛られた小皿がサービスされる。

チャンポン自体の作りに加え、接客オペレーションも、師匠店に比べナンとも上品。もてなしの心がソコカシコに感じられる一杯に、思わずほっこり。こりゃ次回は是非とも休日午後に、皿うどん×ビール!

 チャーシュー麺◇吉興

一昨日は吉興でチャーシュー麺。
淡い味スープは相変わらず美味なれど
なぜか今日はゴマ油が加えられている。
この滋味スープにゴマ油は似合わないと思う。

ぴかまつ:チャンポン690円。福岡市中央区高砂2-9-15。11:30~21:00(日曜~15:00)、とりあえず無休。Pなし。

吉興:チャーシュー麺650円。福岡市中央区警固2-16-10。 11:30~15:00&17:30~23:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン135●うどん67●そば21●チャンポン11●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 12:34 | Comments [2]

●【沙羅うどん@北九州門司】北のどぎはオモロ短麺

さぁて今日は、どえらくタボーだぞぉ。午前中は福岡市内を&午後からは北九州市内を駆けずり回り、打ち合わせ三昧。しかも夜は福岡市内に戻り、いつ終わるか分からない残業が待っている。ならばガッツリ昼麺喰ってパワーチャージだっ!いざ啜らん、北九州土着力麺、どぎどぎうどんを!!
門司区大里東の団地の一角に、およそうどん屋らしからぬ見事に大きな一戸建て家屋。どぎどぎうどん株式会社一派で唯一門司区で営業する沙羅である。

愛想よいお母さんが作るどぎどぎうどんは、そりゃもう半端ないつゆだく。アッツ熱の口当たりと共にクインッと踊る醤油カエシの密なる風味と、ちゃんと美味いダシの上品な味わいがグハハと我がツボ。
うどんは太麺か細麺かチョイスできるが、太麺フェチの我はモチのロンで、太麺。オーダーするとすぐに出てきたので茹で置きなのだろうが、にっちりと懐深いコシがコレマタ我がツボ。
そして角切りの牛すじ肉も、赤身はもっちりと柔らかで、かつ脂身も嫌味にならない程度にニチニチな、適度な煮込み加減で、ハタマタ我がツボ。

DVC00008
卓上の大根の糠漬けはカナリの深漬けか?酸味がかなりきいていて、どぎうどんにベストマッチで、トコトン我がツボ。
唯一の難点はうどんの短さ。25cmほどしかないので、ズズッと啜り上げる快感に乏しい。
いやはやしかし、そんな微々たる難点ナニスルモノゾ!一日限定10食という「抹茶ぶっかけうどん」など、オモロなメニューも気になるし、またの機会に再訪したひっ。
沙羅うどん:どぎどぎうどん550円。北九州市門司区大里東1-5-1。水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン134●うどん67●そば21●チャンポン9●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by h_moblog at 01:37 | Comments [0]

2010年08月17日 火曜日

●【博多つけうどん忍々@冷泉町】 誕生、OMOROうどんスクエア

午前中の市内での打ち合わせを終え、ヤッホー昼麺。今月上旬のプレオープン営業からズッと気になっていた博多つけうどん忍々で、いざ啜らんっ!

王道博多うどんの老舗である木屋に、挽きぐるみ小麦の創作うどんが美味&チョイ飲みが楽しい博多あかちょこべ、小倉どぎどぎうどんが食べられる肉肉うどん店屋町店、オリジナルの「煮うどん」がウリの虹の家など、半径50m圏内に個性派うどん店が密集するオモロうどんスクエアに、博多ではまだ珍しい、冷うどんを温つけ汁で食べる「つけうどん」という食べ方を大上段に構えたココ博多つけうどん忍々が今月オープン。

博多つけうどん忍々

博多の総鎮守、櫛田神社の道向かいのビルの1階に、屋号とつけうどんの蘊蓄を記した白い看板。引き戸を潜ると、スキッとシンプルな店作りは、かつて関所うどんとして営業していた頃と、まんま同じ。変わったのは店員のファッション。ピンクのポロシャツに黒いハンチング帽とナンともオサレ。そしてBGMはボサノバ。新店情報王ブログ俺コレ!によると、当初は「饂飩かふぇ忍々」なる屋号を予定していたらしいが、なるほどカフェっぽい演出がそこかしこ。

メニューは筆頭がつけうどん。つづいて、ぶっかけうどんとかけうどんが具のバリエーションで、それぞれ5~6種載っている。我が目当てのつけうどんは、具の肉を鴨、牛、豚からチョイス可能。店のオススメは鴨なれど、冷うどん×温かけ汁といえば、関東西部のご当地うどんである「肉汁うどん」。そして肉汁うどんの具は豚肉。で、豚肉でオーダー。

豚肉つけうどん◇博多つけうどん忍々

オーダーが入ってから麺を茹で始めおよそ10分、うどんが運ばれてて来る。キチッと角が立ちつつも、ぬらりと艶っぽい見た目がカナリ我がツボ。どらどらと、箸で一筋手繰れば、シュッと整った長めの麺腺が色白美人。ざぶんと温つけ汁にくぐらせズズッと啜れば、見た目通りのぬらっと艶っぽい触感と、ぷるりんぷるりんと軽く抗い素直にほどける愛らしいヒキ。変に強固なコシを主張しない柔軟な懐深い食味が、冷うどんとして食べるのにベストマッチ。

豚肉つけうどん◇博多つけうどん忍々 

温つけ汁はカナリ甘めの味わいなれど嫌味はなし。汁の中に見て取れる透明感ある茶色の小さな破片は玉葱だろうか?ということは、この甘みはうよく加熱視された玉葱が一役買っているということだろうか?具は豚肉と白葱の穂先の緑の部分。そして嬉しいことにレモンスライス!柑橘酸味麺料理が大好物の我、まずはそのまま啜り、頃合いをみてレモンをしっかりと絞り入れる。とコレ正に柑橘酸味マジック。爽やかな酸味がダシの旨みを更に際立たせ旨さ倍増!あはは、こりゃ旨いわぁ~と、一気に完食。

豚肉つけうどん◇博多つけうどん忍々

多くのブログでは食後の〆に温つけ汁を割る用の生姜湯が供されると書かれていたが、我にはそのサービスはなし。ひょっとすると他のブログは全て鴨肉で食べていた。ということは生姜湯は鴨肉専用のサービスなのか?それとも単純に出し忘れなのか?

兎にも角にもカナリ我がツボな一杯に大満足。今日はうどん1.5玉の普通盛り690円をたのんだが、結構な麺の量だったので次回はうどん1玉の小盛り590円で十分だ。生姜湯狙いで鴨肉だなっ!

博多つけうどん忍々:豚肉つけうどん 普通盛り690円。福岡市博多区冷泉町7-7。11:00~13:30&15:00~21:00、定休日未定。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン134●うどん66●そば21●チャンポン9●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 12:41 | Comments [2]

2010年08月16日 月曜日

●啜れ!お盆も麺出張

お盆も休日出勤。福岡空港で東京からの客を迎え、熊本県山鹿市への移動を前に、サクッと昼麺チャージ。空港からほど近い支那そば屋へ。

海老ワンタンめん◇支那そば屋

夏季限定の冷たいつけ麺に惹かれるも、なにせ2年ぶり
で、ココは手堅く前回ドエラク好印象だった
海老ワンタンそばをチョイスすれば、大当たりぃ。

こりゃ相も変わらず、シミジミ滋味だなぁ~。

ダシの味わい勝負の醤油スープに、プリプリの海老ワンタンに
モチッモチのチャーシューに、シャクシャクのシナチク。
コリッと抗いニチッとヒキある細麺もナンとも旨し。

菅の家ホルモン

山鹿市での打ち合わせを終え、泊まりは熊本市内。
熊本郷土料理店として有名な管乃家のカジュアル・ブランド、
管乃家ホルモンで馬肉刺し&焼き。
なるほど本家に比べ価格もカジュアルだが、
味わいも価格相当にカジュアルだなぁ。

つけ麺◇にぼら屋

イイ頃加減に飲み食いし、〆はにぼらやでつけ麺。

おやおやぁ、ナンだか薄くないっすかぁ?
前回啜ったラーメンのガインと煮干し風味を期待するも
ラーメンスープよりもライトな印象の温つけ汁と
小麦感皆無のサイボーグ細麺に、肩透かし。

八千代座

今日は山鹿市の八千代座近くで汗みどろになりつつ、仕事。

 山鹿灯籠祭り

そして夜は山鹿灯籠千人踊り。
頭上の灯籠から漏れる光の舞いに酔いしれ、〆はモチロン麺。

 

 丸新ラーメン

山鹿市の夜専ラーメン店、丸新ラーメンは
燻し銀なイニシエ系外観とは相反し、
店内はボブマーレーのポスターが貼られ、
カウンター席にも赤、黄、緑の毛糸編みのカバーが被る
ラスタファーライな店内。

ラーメン◇丸新ラーメン

そしてラーメンも想定外。
ナンともライトなスープに厚切りのバラ肉チャーシューに大判の海苔。
今風なようでイニシエ系のようで。
サプライズ満載の店作り&ラーメン作りに、
ビックラこっこ、コケコッコ。

支那そば屋:海老ワンタンそば820円。福岡県志免町別府541-17。 11:00~15:00&17:30~20:30、木曜&第3水曜休み。Pあり。

にぼらや西銀座店:つけ麺750円。熊本県熊本市新市街2-2。11:00~28:00、不定休。Pなし。

丸新ラーメン:ラーメン600円。熊本県山鹿市山鹿1028。19:00~26:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン133●うどん65●そば21●チャンポン9●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 22:41 | Comments [2]

2010年08月14日 土曜日

●2010年お盆 麺屋休業情報

※情報をお持ちの方はこのエントリーにコメントお願いいたします。

【ふくちゃんラーメン 本店@早良区田隈】
8月15日(日)~8月17日(火)

【未羅来留亭@早良区西新】
お盆は通常営業、8月17日(火)は定休

【熊猫食堂@早良区西新】
8月15日(日)~8月16日(月)

【蕎波人@早良区曲渕】
お盆は通常営業、8月17日(火)~8月19日(木)が休み

【元祖長浜屋@長浜】
お盆も休まず営業、営業時間が15:30まで延長

【五島軒@中央区荒戸】
8月16日(月)~8月18日(水)

【うどん杵むら@中央区薬院】
お盆は通常営業、8月16日(月)は定休

【三ヶ森蕎麦@中央区舞鶴】
8月15日(日)のみ休み

【大木戸@中央区舞鶴】
8月13日(金)~8月15日(日)

【じゃじゃ麺JAMBO@中央区舞鶴】
8月14日(土)~8月15日(日)

【木曽路@中央区荒戸】
8月15日(日)のみ休み

【和助@中央区鳥飼】
8月16日(月)~8月19日(木)

【元気一杯@博多区下呉服町】
お盆は通常営業、8月15日(日)は定休

【もち月@博多区博多駅南】
8月14日(土)~8月16日(月)

【えん舞@博多区中洲&博多駅前】
8月13日(金)~8月15日(日)

【ら~めん屋たつし@東区名島】
お盆は通常どおりで定休の木曜のみ休み

【宝来軒@津屋崎】
8月16日(月)~8月18日(水)

【十割蕎麦かぜのたみ@筑紫野市】
8月13日(金)~8月16日(月) は通常通り 営業

【らーめん楽@福津市】
お盆は通常営業で休みは第一と第四木曜のみ

【味のまるい@福津市】
お盆は通常営業で休みは8月23日(月)~8月25日(水)

【来々軒@若宮市】
8月11日(水)~15日(日)

【芭蕉庵@八幡東区】
8月14日(土)~16日(月)

【八福@戸畑区】
8月11日(水)~16日(月)

【マルケン@北九州若松】
8月15日(日)~8月17日(火)

【黒門@福岡遠賀】
8月16日(月)~8月18日(水)

 

【かつみ屋@佐賀鳥栖】
お盆も通常営業、8月15日(日)は定休

【一竜軒@佐賀唐津】
8月13日(金)~15日(日)

【様式美麺れいんぼ~@佐賀唐津】
お盆は休まず営業

【青竜軒@佐賀唐津】
8月11日(水)~8月15日(日)

【田の久@佐賀唐津】
8月13日(金)~8月15日(日)

 

【いっぷくラーメン@熊本市】
お盆は通常営業、8月17日(火)は15:00まで、8月18日(水)は休み

【博多麺屋 一連@熊本市大江】
8月14日(土)は昼のみ営業予定、
8月15日(日)全休予定
新店につき、流動的か?

【めん屋 大仙@熊本御船町】
お盆は通常営業、8月16日(月)~8月17日(火)は休み

 

【へんろみち@大分別府】
8月14日(土)~8月16日(月)

 

【侍@山口山口仁保】
通常営業、8月17日(火)がお休みの予定
【山形屋@山口湯田温泉】
変則営業、8月16日(月)、8月17日(火)がお休みの予定
【博多@山口防府】
通常営業、8月15日(日)がお休みの予定

Posted by heno at 01:24 | Comments [16]

2010年08月13日 金曜日

●【めんとく屋@高砂】 ネオ地味中華そば

午前中の打ち合わせを終え、サクッと昼麺。今日の気分は目一杯正油ラーメンモード。で、アチコチのブログで見かけ気になっていた「正油ラーメン」をもとめ、めんとく屋へ。

めんとく屋

久方ぶりのめんとく屋だが、正午過ぎの店内はほぼ満席状態。お盆の帰省客なのだろうか、小さな子供連れの家族客が多いのが印象的。わずかに空いていたカウンター席に滑り込み、正油ラーメンをたのむ。

ラーメンが豚骨、しょうゆ豚骨、黒豚骨、正油、醤担と5種類あるめんとく屋だが、いずれのラーメンにもプラス150円でチャーハンがセットできる。で、これが大人気。客の半分はチャーハンセットをオーダー。で、カウンター奥の厨房はフル稼働。全ての料理をひとりでこなす店主は、炊きたてご飯から炒めてチャーハンを仕上げつつ、ラーメンも仕上げる。その機敏な仕事ぶりに惚れ惚れしつつ、出来上がりを待つ。

正油ラーメン◇めんとく屋

待つことしばし、正油ラーメンが運ばれてくる。イイ感じに透明感の残る濃口醤油色のスープに、厚切りのバラ肉チャーシューが2枚に、シナチク、味玉、海苔に葱と、ナカナカ豪華な盛りつけに、期待指数が急上昇。

まずはスープとレンゲで一口啜ると、アッツ熱の口当たりとともに、キュインとドライブする醤油ダレの風味と、ほわんと香り立つ魚介ダシの旨味。昨今流行のWスープ的な派手さではなく、関東の下町中華そばのような、素朴感あるこの味わいはドンズバ我がツボ!

合わさる麺は気持ち細めの中太ストレート。啜った時の適度なガサゴソ感然り、コリコリ感のある素朴なコシ然り、コレまた我がツボ。なれど、この素朴魚介ダシ醤油スープにはもう少し太めで、かつモチモチ感のある麺で食べてみたい気もするなぁ。

アレコレのった具も、それぞれチャンと美味。様々な具と麺を食べ合わせることで、それぞれ変わる豊かな味わいの変化も存分に楽しみつつ、一気に完食。カッチリ旨い一杯にパワー充填無事完了。さぁさ午後からも仕事、ガンバンべぇ~!

めんとく屋:正油ラーメン600円。福岡市中央区高砂2-11-5。11:30~16:30&19:00~23:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン130●うどん65●そば21●チャンポン9●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 13:29 | Comments [0]

2010年08月12日 木曜日

●【麺処 じゅげむ@佐賀三瀬】 場所柄か?蕎麦チックな全粒粉麺

福岡市早良区と佐賀県との県境でる三ツ瀬は、かつては新「蕎麦街道」。先行蕎麦屋、三ツ瀬蕎麦を筆頭にアレコレ&色々と蕎麦屋が営業する蕎麦屋エリア。そんな三ツ瀬にこの春、黒船来航。醤油ラーメンと油そばをウリにする麺処じゅげむが出現。

蕎麦の里に醤油ラーメンと油そばがウリの新ラ店。しかも外観は、郊外型蕎麦屋然とした田舎家。見るからに期待薄な開店シチュエーションゆえ、完全に我が麺興味の範囲外だったのだが、先日、俺コレ!Twitterに気になるつぶやき。

「じゅげむなう。全粒粉のつけ麺美味しそう〜!」

全粒粉のつけ麺となぁ?!大恩@神埼のような風味豊かな逸品なのかぁ……?こりゃ気になるっ!で、「気になった麺は迷わず啜るべし」なる我が麺喰い信条のおもむくままにフラフラと。

冷やしつけそば◇じゅげむ 

「つけ麺」の正式メニュー名は「冷やしつけそば」。冷麺を冷つけ汁で食べるタイプ。あたかも蕎麦のような真っ茶色の太麺に、チャーシューと刻み海苔と水菜。薬味は山葵、柚子胡椒、ニンニクから、柚子胡椒をチョイス。

冷やしつけそば◇じゅげむ

冷つけ汁は醤油ベースの中華×和テイスト。濃いめの甘辛酸っぱ味で、きっとこれでスーパイコ作ったらさぞや旨いかも。

 冷やしつけそば◇じゅげむ

全粒粉の太麺は、まるで乾麺チックなカシカシとしたコシが印象的。噛み込むほどに素朴な風味が香り立つ。も、大恩の全粒粉極太麺の艶っぽさはナシ。

チャンと旨い。が、我が期待ベクトルとはカナリ方向性の異なる、お行儀の良い味わい。休日にぶらりと三ツ瀬をドライブする方々がぶらりと立ち寄り啜るのには、これぐらいチャンとしていた方が良いのかも、など思いつつズルズル啜る麺喰い不良中年一匹。

麺処 じゅげむ:冷やしつけそば650円。佐賀県佐賀市三瀬村宿1564-1。11:00~20:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン129●うどん65●そば21●チャンポン9●その他55 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2010年08月11日 水曜日

●【幸陽閣@佐賀】 祝!完全復活。

佐賀県庁へ書類を届け、サクッと昼麺。先日のくじゅう登山の際、マニさんが熱く薦めてくれた「今、佐賀で豚骨といえば幸陽閣ですよっ!」との進言に誘われる。

移転当初に訪れて、早一年半。申請書類の制作に手間取って、時既に午後3時過ぎというのに、ポツポツと来客が途切れることがない。しっかりと顧客が着いているようだ。

ラーメン◇幸陽閣

でへへぇ、こりゃ濃いそうだぁ……!

ほどなく運ばれてきたラーメンのスープは、かつて佐賀の繁華街である大財で営業していた頃に勝るとも劣らぬ迫力満点。醤油色に濁ったスープの上に、ムニムニと濁り浮いたアク?脂??かつての幸陽閣よろしく、見るからに濃密な二層豚骨スープに、ビビるやら、心躍るやら。

さてさてとレンゲで一掬いしズズッと啜る。と、

おうおうおう、コレコレコレっ!コレッッ!!

そりゃもうアッツ熱な口当たりとともに、ポテッと舌にのる艶っぽい食感然り、ザラッと感じる豚骨随の触感とともに、じわじわじわぁ~と広がる豚骨ダシの自然な風味然り。往年の幸陽閣に勝るとも劣らぬストロング豚骨ダシのスープに、にひひと思わず頬が緩む。

こりゃタマランわぁと、もう一啜り&さらに一啜り。ああぁ、いつまでもいつまでも、ズルズルと啜っていたいぞ、この極上滋味美味濃密豚骨をぉ~~。

ソリャもうテロンテロンにヤワヤワの、茹ですぎて透明感さえ出ている中細麺も。そして、薄切りながら4~5枚奢られたチャーシューの冷蔵庫臭い風味然り。コレ正に正統佐賀のイニシエ系ラーメンならではの、ゆるゆる感がナニヨリご馳走。マニさんの忠告通り、食べる速度を極力落とし、ゆっくりとのんびりとズルズル啜ってみると、ナルホドしみじみ染みるゼ、濃密滋味がぁ。

同じ店でも時々で驚くほどに味わいの表情を一変するラーメンってホント、奥深いなぁ。「普通にチャンと旨いこと=小手先でない、長年培われた本質的調理力」であることをシミジミと、マザマザと。こりゃ次回も佐賀でラーメンを啜りたくなったときは、幸陽軒へ転がり込むかぁ。

幸陽閣:ラーメン550円。佐賀県佐賀市下田町3-31 。11:30~21:00、月曜休み(お盆は15日休み)。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン129●うどん65●そば21●チャンポン9●その他54 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 13:48 | Comments [3]

2010年08月10日 火曜日

●【来々軒@若宮】 『軒』を訪ねて 第64回

古賀市に届け物をし、北九州へと移動途中に、うししっ昼麺。「透明豚骨スープ」や「イニシエ系」と、ことごとく我がツボキーワード満載のラーメン休憩室のリポを読み一目惚れ。念願の来々軒@若宮市へ。

来々軒

住所を頼りに訪ねると、若宮役場の道向かいに、ひょっとして以前は茅葺き屋根だったのだろうか?台形の屋根の来々軒。店前の県道を行き交う大型トラックに引かれぬようにと注意しつつ、道路を渡り暖簾を潜ると、午後1時前の店内には先客2名。どうやら夫婦のような二人連れの男性は、まるで旅役者のような艶ある二枚目中年。そして女性もタダモノではない。40歳前だろうか、ソコソコ年齢はいっているようだが、シュッと鯔背な色香漂う見返り美人。

そしてカウンター奥の厨房には年配女性が二人。どうやら一人は店主で一人はパートのお手伝いさんのようだ。出前注文に応え、餃子を焼きラーメンを仕上げ、岡持へ収め、チャキチャキと出前へ出発。

ラーメン◇来々軒

ほどなく差し出されたラーメンは、わぁお噂通りの美しく透明感を残す豚骨スープが淡麗美人。チャーシューと言うより煮豚が2枚に、キクラゲに、シナチクならぬタケノコがのった素朴な佇まいに、イチコロ一目惚れ。ラーメン休憩室によると、同じくタケノコの具が名物の植木ラーメン@直方市で修行された店のだとか。

「美人麺にハズレなし」が我が麺喰い経験則。こりゃ旨いに違いなひっ!とスープを啜れば、

うへへぇ、こりゃ旨い…。タマラン旨い!めっさ旨い!!

口当たりは至って軽やかなれど、ふわりと広がる豚骨ダシの旨みがシミジミと滋味。臭みや嫌味は一切ナシ。黒門@遠賀町と相通ずる、豚骨の旨みを自然に生かし切ったこの極美味素朴味。

麺も旨し。適度にガサゴソとした啜り心地然り、コリッと弾けるコシ然り、適度に小麦感ある素朴な風味然り、滋味スープと相性抜群。そして更に、煮豚とタケノコの素朴な旨味と、丁寧に切り揃えられたキクラゲの食感の楽しさ。キッチリ丁寧な仕事ぶりもLike a 黒門。

“洗練”黒門に対し“素朴”来々軒。イヤハヤ見事に滋味なる一杯に我が麺心はメロメロのメロリンキュー。こりゃ機会をみつけ、ちょくちょく啜りたいぞぉ、と切望しつつ、ズルズル啜る午後の至福。

来々軒:ラーメン480円。福岡県宮若市福丸270-2。11:00~14:00&16:30~22:00、水曜休み(お盆は8月11日~15日が休み)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン128●うどん65●そば21●チャンポン9●その他54 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 12:43 | Comments [2]

2010年08月09日 月曜日

●【うどんの小町@北九州小倉南】 この夏冷やかけ ~その九~ & 豊前裏打会全店制覇 その八

午前中の小倉での打ち合わせを終え、さぁさ昼麺。俺コレ!でその存在を知り、是非とも啜りたひっと思っていた冷やかけうどんをもとめ、うどんの小町へ。

小町うどん

豊前裏打会の一店、うどんの小町。以前も何度か訪ねたことがあるが巡り合わせが悪く、ことごとく休んでいたうどんの小町。今日こそはとドキドキ気分で訪ねると、ヨカッタ、店頭に暖簾が掛かっている。

正午過ぎの店内は8割方客で埋まっている。空いていたテーブル席に座りメニューを見ると、ぶたしゃぶぶっかけや柚子胡椒ぶっかけ、カツとじうどんなど、他の豊前裏打会では見かけないオモシロそうなメニューがずらり。元来創作うどんが得意な豊前裏打会であるが、中でもココ小町は創作性が抜きんでているようだ。なるほど、だから豊前裏打会で唯一、冷たいうどん+冷たいスメの冷やかけうどんも提供しているのか。

冷ごぼう天うどん◇うどんの小町

待つことしばし、 ドンブリが運ばれてくる。底が浅めの朱塗りのドンブリはてっきりぶっかけ用の転用かと思いきや、同行スタッフI田のたのんだ海老天うどんも同じ器。と言うことは、コレがかけうどん用の器と言うことか。

メニュー作りのみならず器にも店主の創作心を感じつつ、まずはスメと一口啜れば、冷や冷やの触感と共に豊かに広がる削り節のキレある旨み。コレだけ冷たいと自然ダシの風味が落ちそうなものなのだが、ナンのソノ。カツオ節らしき華ある風味と、アジ節らしきキレある旨みドンピシャ我がツボ。

そして冷うどんの食感の楽しさ!ぷにぷに、くにゅくにゅ、ぷるるんと、噛み込む時系列で様々に異なるコシやヒキを惜しげもなく披露する、この美味細うどんこそ豊前裏打会ならではのウルトラ演出系。具のゴボ天のガリガリも相まって、イロんな食感&味わいが乱舞するさまが、タマラン旨しっ。

冷ごぼう天うどん◇うどんの小町

うどん自体の食感は確かに創作系ながら、冷スメの実直&極上なる味わいと、ゴリゴリゴボ天の旨さは直球勝負。アイデアと調理技術と実直な姿勢が見事に結実した感のある、美味冷やかけうどん。冷麺を、冷スメを啜る度、思わずうふふ、うふふとニヤけながら、一気に完食。

イヤハヤ旨かったなぁ。こりゃ他のメニューもことごとく啜ってみひっ。

うどんの小町:冷ごぼう天うどん500円。北九州市小倉南区高野1-12-16。11:00~17:30、木曜&第3金曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン127●うどん65●そば21●チャンポン9●その他54 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 12:26 | Comments [0]

2010年08月08日 日曜日

●博多デフレ・ラーメンを巡る ~その十一 三九ラーメン早良店~

朝目覚めるとぉ、ぬわんだか脱力状態。昨日の楽園快感後遺症か、夢うつつ。で、ふとんにごろんと寝転んだまま、読みかけの本をめくったり、パソコンでTwitterのぞいたり、眠くなったら二度寝したりと、ダラダラと過ごしていたら、早正午。

まちっとゴロゴロしていたいが、さすがに腹が減ってきた。で、のそのそ起き出し、いざ昼麺。気分はイニシエ系の麺店でほっこりと啜りたい。で、kamaQさん情報を頼りに、久方ぶりに陽々軒@早良を訪ねるも、休み。まぁまぁ仕方ない。、ならばこのすぐ近くの三九ラーメン早良店へ行くか。

三九ラーメン早良店

かつては百道浜で営業していた三九ラーメンが、かつてのぶちゃんラーメンが営業していた店舗に移転し、ラーメンを350円でサービスしているとのこと。訪ねてみると、店頭に掲げられたラーメンと書かれた黄色い看板は、のぶちゃんラーメンの頃と、まんま同じ。

暖簾を潜ると、店内の作りも当時のまんま。イイ感じに草臥れていて居心地良し。給水器でコップに水を注ぎ、脇に置いてあるいくつかの新聞の中から九スポを選び、テーブル席へ。壁のメニューを眺めると、百道浜の頃より随分と居酒屋メニューが増えている。麺はラーメンが具のバリエーションで3~4種に、チャンポン。一瞬チャンポンに惹かれるも、初志貫徹。350円のデフレラーメンをたのむ。

ラーメン◇三九ラーメン早良店

ほどなく運ばれてきたラーメンは、白濁スープに浮いた黄色の脂が印象的。レンゲで一口啜ると、ぽったりと広がる白濁豚骨の甘みと、スイッと顔出す独特な酸味。麺は細めのストレート。適度にガサゴソとした啜り心地と、ポリポリとしたコシが、イニシエ美味。厚めに切られたチャーシューも、もっちりと旨し。

かつては500円で出していた、チャンと旨いこの一杯が今や350円。安く食べられることは確かにウレシイ。が、作る側のことを思うと、ナンだか複雑な気分。世知辛い世の中は、利幅削って耐えしのぐしかないのだろうか。

ズルズルと啜り終え、「ごちそうさんっ」と精算を済ますと「ありがとうございましたぁ!」と、お母さんの元気な声。あははぁ、ナンだかこっちまで元気が出てきたぞぉ。あぁだから、麺食べ歩きはヤメられないっ。

三九ラーメン早良店:ラーメン350円。福岡市早良区早良2-21-8。11:00~15:00&17:30~23:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン127●うどん64●そば21●チャンポン9●その他54 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 16:35 | Comments [1]

2010年08月07日 土曜日

●楽園散歩

仕事がタボーでナンとも読めない週末予定。なれど、心優しきsatoyan&マニの寛容なる対応に後押しされ、久しぶりにくじゅう登山。

DVC00004

 

長者原に車を止め、州横断観光バスで牧ノ戸まで移動し、
くじゅうを縦走。

DVC00011

刻々表情を変える空の青。
涼やかな風に吹かれて。

  DVC00013

久しぶりのくじゅう山頂は、随分と整備されている。

 DVC00015

下界のお家騒動には辟易。
で、天上界で良き時代に想いを馳せる。

DVC00022

にわかに広がる暗雲。
北千里には雨が似合う。

DVC00030

DVC00027

天候の移ろいとともに、も様々変わる山景色。
ゆるゆる歩き、5時間半。
そして下山後は温泉でゆったりと1時間。

あぁ、極楽なり、くじゅう山散歩。
うん、次回こそ坊ヶツル・キャンプ泊。

 

さぬき屋

ごぼう天うどん◇さぬき屋

マニさんオススメのさぬき屋@佐賀神埼。
ゴボ天うどんは、衣がシッカリ調味されたゴボ天かき揚げが
コレでもかと己の存在を主張する超ガッツリ系。
別府冷麺◇ローソン

九州地区のローソンで期間限定販売の別府冷麺は
別府冷麺団監修。
太めのプルプル麺と
昆布チックな和風だしがガツンときいた、ごくごく飲める冷スープ
=コレも一種の冷やかけ麺。

さぬき屋:ごぼう天うどん451円。佐賀県神埼市神埼町本告牟田1258-2。10:30~16:00&18:00~23:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン126●うどん64●そば21●チャンポン9●その他54 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 18:01 | Comments [0]

2010年08月05日 木曜日

●【台宝軒@北九州若松】 隠れ二郎チャンポン

終日北九州で仕事。朝一番の戸畑区での打ち合わせを終え、若松区へ届け物をし、午後からの小倉北区での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。超長年の宿題店である台宝軒へ転がり込む。

台宝軒 

若松のイオンショッピングセンターのすぐ近くの幹線道路沿いに、イイ感じに陽に焼けた、赤い暖簾とテント。「裏に駐車場あり」との看板をたよりに車を回すと、10台近くの駐車スペースあり。どうやら地元ではカナリ人気の店のようだと暖簾を潜る。と、カウンター席が6~7席に4人掛けのテーブル席が1卓のこぢんまりした店内。収客キャパシティに不釣り合いな駐車場スペース=地主さんなのだろうか?

カウンター席に座り、壁上部に掲げてあるメニュー書きをながめると、「ラーメン」 に続き「カレーラーメン」、「ミソラーメン」と、ラーメンが3種類。デフォのラーメンの次に味噌を差し置きカレーが書かれている=カナリの自信作か?と、カレーラーメンに激しく惹かれるも、ブースカの本日の麺です。はとしの電光石火Go!Go!など、数々の北九州麺ブログでよく紹介されるのは、チャンポン。郷にいればなんとやら、地元の口コミ情報に勝る麺情報はナシ。で、チャンポンをたのむ。

チャンポン◇台宝軒

待つことしばし、チャンポンが運ばれてくる。こんもりと盛られた具と、イイ感じに透明感を残す白濁スープに旨さを確信しつつ、まずレンゲでスープを啜る。と、アッツ熱の口当たりとともに、円やかに広がるダシのナンとも滋味なる柔らかな旨み。ガツンと大盛りな見た目とは相反するナンとも優しい味わいに、うふふっと一口惚れ。

麺もシッカリと加熱されていて、ぽわんぽわんと優しく跳ねる食感がドンピシャ我がツボ。具の野菜の、気持ち柔らかめの加熱具合も優し味スープと相性抜群。そして、味わいはナンとも優しいが、盛りは力強い。見かけも確かに盛りがよいのだが、食べてみると見た目以上のボリューム感。具がシッカリと加熱され、食味密度が上がっているのだろう。いくら食べてもちっとも減らない、隠れ二郎的ボリューム感が、ウレシ、タノシ、ダイスキ。ナンちゃナイけど、ナンとも旨い&ナカナカお口にかかれない極上普通味イニシエ系チャンポンがチャンと残る、北九州の懐の深さにイエス・フォーリン・ラブ。

鰻白焼き◇てし

夜は友と呑む。
てつろぐ。情報で惹かれた酒呑横丁てし@西新の鰻料理は、いずれも旨し。
その中でも秀逸なのが、う巻き。

う巻き◇てし

ほっかほっかの焼きたて卵焼きと
カリカリ&とろんな芯の鰻の蒲焼きとの
食感と味わいのハーモニーが感動的ですらあるう巻きが旨き!

 ラーメン◇ラーメンじろう。

そして〆は、酒呑横丁てしの二軒隣の、じろう。。
とろんと軽やかな甘みの豚骨スープが相変わらずの独特美味。
追加で頼んだシナチクが我がマスト、
シャキシャキと囓り、ズルズルと麺を啜る快感と
追加で2杯もたのんでしまった焼酎ロックに酔いしれつつ、更ける極楽な夜。

ローソン100西新店 

あぁ楽しかったぁ&旨かったぁと千鳥足で帰路につくと、
わぁお、西新商店街に
ローソンの百均ショップ、ローソン100が開店しているでないのぉ。
こりゃ素面の時に覗きに行くべぇ。

台宝軒:チャンポン580円。北九州市若松区二島6-1-28。11:00〜23:00、水曜休み。Pあり。

長浜ラーメン じろう。:ラーメン500円。福岡市早良区西新5-4-1。11:00~21:00。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン126●うどん63●そば21●チャンポン9●その他53 
◎今月の総ジョグ距離19km / 通年430km

Posted by heno at 21:44 | Comments [5]

2010年08月04日 水曜日

●【成富屋@六本松】 さかなさかなさかなな食堂チャンポン

長崎が発祥と言われるチャンポンだが、ここ博多にもシッカリとチャンポン食文化が根付いている。製麺所製茹で置き麺&鶏ガラの白湯スープの長崎チャンポンに、生麺を注文が入ってから茹でる&鶏ガラ×豚骨スープの博多チャンポン。そして最近我がブームなのが、製麺所製茹で置き麺&魚介ダシのうどんのスメを流用した食堂系チャンポン。

成富屋

福岡チャンポン王ブログブルースバカ一代にちょくちょく登場する、成富屋。九州大学教養学部にほど近い、マンション・ビルの1階で長年営業を続ける、町の食堂である。正午半過ぎ、暖簾を潜ると、思いの外広めの店内は8割方客で埋まっている。そして、ひっきりなしに鳴る出前注文の電話。地元に根ざした繁盛店のようだ。

空いているカウンター席に座りメニューを見ると、うどんと丼物がそれぞれ十数種と充実している。そして、トンカツや唐揚げなどの定食類は4~5種に、チャンポンと皿うどんと、焼きそば。どうやら、うどん店に端を発す売る食堂か。

チャンポン◇成富屋

待つことしばし、運ばれてきたチャンポンは、こんもりと盛りの良い具が印象的。どらどらとレンゲでスープを一啜りすれば、がつんっと力強く広がる魚介ダシの密なる旨み。うどんのスメの流用にとどまらず、チャンポン用にプラスアルファのダシをたしているのだろうか?昆布や削り節なに加え、アゴだしやカニのような押し出し感ある味わいが、目一杯大衆美味。

チャンポン◇成富屋

麺はチャンポンとすると、気持ち細め。シッカリと加熱されていて、ぽわんぽわんと軽やかに跳ねる食感がドンピシャ我がツボ。具も食堂チャンポンとするとエラク豪華。多量の野菜、天ぷら、かまぼこ、豚肉に加え、小エビとホタテまでのっている。

こりゃイイねぇとガツガツ喰らい、途中、卓上の胡椒をふってみる。が、魚介魚介したスープとはイマイチ相性が宜しくない。ならば今度はと七味唐辛子をふってみると、コレがドンピシャ大正解。和テイストの魚介味には唐辛子の方がすこぶる相性よし。

具の切り揃え方から炒め具合、スープと麺の熱し具合に、綺麗な盛りつけに至るまで、チャンと丁寧な仕事の後をソコカシコに感じる、上等大衆食堂チャンポンにパワー充電無事完了。さぁさ午後からも気張って働くかぁ。

成富屋:チャンポン520円。福岡市中央区六本松2-9-5。11:00~14:00&17:00~21:00、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン125●うどん63●そば21●チャンポン8●その他53 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年420km

Posted by heno at 12:20 | Comments [3]

2010年08月03日 火曜日

●【城南食堂@佐賀】 『イニシエ食堂』を訪ねて その一

朝一番、佐賀県庁へ書類を届け終えたら、あぁ腹減ったぁ。久しぶりに昨夜断酒&今早朝ジョギングしたためか、ドエラク腹減りまくりぃ。で、県庁のすぐ近くの志げる食堂を訪ねると、店頭に張り紙アリ。

志げる食堂

「今般都合により しばらく (リハビリのため) お休みさせて頂きます 店主」

おやおや、ソレまた大変ですねぇ。どうぞ、しっかり養生されて、いつの日か是非とも営業を再開してくださいませ。

城南食堂

ナンだか気分はすっかりイニシエ食堂。で、次に向かったのは城南食堂。佐賀南バイパス沿いで午前8時から営業している食堂である。午前11時前、青い暖簾を潜ると、先客が3名、それぞれ別のテーブルに着き、遅い朝食をとっている。いずれも年配の男性客だが、3名中2名のテーブルには瓶ビール。ナンとも羨ましい非番の遅い朝の過ごし方でアル。

メニューはトンカツや焼き肉の定食類に加え、入口横のガラス・ケースには一品惣菜の小鉢も並ぶ。そして更に、カレーにうどんにラーメン、チャンポンと、ズラリと食堂メニューがフルラインナップ。先日の春駒に続き佐賀の食堂チャンポンが気になるも、ナゼか今日は目一杯ラーメン・モード。で、気分に素直に従いラーメンをたのみ、冷水器下の本棚に置いてある1ヶ月遅れの週間文春をめくりつつ、出来上がりを待つ。

ラーメン◇城南食堂

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは目一杯つゆだく。これでもかと注がれたスープを一口啜れば、ソリャもうアッツ熱な口当たりとともに、ライトに広がるダシとゴマ油の風味。

麺は太めの中麺。佐賀ラーメン=テロテロヤワヤワなイメージだが、ナンのソノ。イニシエ食堂にしては、ナンともイイ感じにアルデンテな揚げ具合が天晴れ旨し。適度なコリコリ&ボソボソ感が、コレまた気分。

厚切りのチャーシューも妙に旨し。イニシエお約束の冷蔵庫臭さは一切ナシ。モチモチと豚の旨みが広がる塩味仕様で、上出来滋味。途中、この手のラーメンには相性抜群の紅ショウガを囓りつつ、卓上の胡椒も振りかけつつ、ズルズルと、ゆるゆると。

城南食堂:ラーメン580円。佐賀県佐賀市本庄町大字袋292。8:00~20:00、日祝休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン125●うどん63●そば21●チャンポン7●その他53 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年420km

Posted by heno at 10:48 | Comments [4]

2010年08月02日 月曜日

●【結の懸け橋@那の川】 熱をもって暑を制す

午後からの薬院での打ち合わせに向かおうと社を出ると、

♪ ギンギラギンに 容赦なくぅ~ そいつが猛暑のやり方ぁ~ ♪ ………

照りつける太陽に、頭頂から額、首筋、そして全身から、じわっと一気に吹き出す汗。うははぁ、こりゃタマランわぁ。昼麺啜ってパワーチャージしなければ、とてもじゃないがヤッテられないぞぉ。

 DVC00004

で、転がり込んだのは沖縄直送の琉球料理&創作料理が楽しめるという、結の懸け橋。暑いときは暑い沖縄の熱い麺、熱をもって暑を制す!と、沖縄そばを啜るのさぁ。

DVC00001

ちょいと見は、うどんのようなれど、さに非ず。醤油色に済んだスープは、ソリャもうアッツ熱。ふわりと華咲くカツオ節の風味に加え、まるんと円やかな旨味は鶏ガラか?太めの扁平縮れ麺も、ぶわぶわ、ぼそぼそ。うどんを想定して啜ると至って勝手の悪い、無愛想な食感が曲者美味。

チャンと作られた感アリアリのもっちりラフテーもウメーウメー。小皿で供された紅ショウガと卓上のコーレーグースをドーピングすれば、ググッと沖縄気分。かれこれ5年前か。3日間で12麺を平らげた沖縄すば行脚旅行を思いだしつつ、タボーな仕事から束の間の現実逃避。てんもりさんの好アシストに恵まれ、どの沖縄すばもタマラン旨かったなぁ。

あははん、恋しや沖縄。

DVC00002

結の懸け橋:沖縄そば580円。福岡市中央区那の川2-11-12。11:00~15:00&17:00~26:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン124●うどん63●そば21●チャンポン7●その他53 
◎今月の総ジョグ距離0km / 通年411km

Posted by heno at 23:45 | Comments [2]

2010年08月01日 日曜日

●【生粉蕎麦 玄@長浜】 この夏冷やかけ その八 「冷やかけ蕎麦」

今日も休日出勤。高宮の得意先での打ち合わせを終え帰社途中にサクッと昼麺。俺コレ!情報をたよりに、新う店「博多つけうどん忍々」を訪ねるも、8月5日のグランドオープンを前に試験営業中で、今日はぶっかけうどんしか食べられないとのこと。ぶっかけうどんという食べ方自体がドエラク苦手な私、あっさり諦めすぐ近くの博多あかちょこべ元祖肉肉うどん店屋町店をのぞくも、いずれも店休日……。

アカン、今日はうどん神に完全に見放されているぅ。
ならば、たよるは蕎麦神、久方ぶりに玄で啜るぞぅ。

十割の生粉打ち蕎麦が格安で食べられる、玄。折からの猛暑も手伝ってか、冷たい美味蕎麦を求め、正午前の店内は既に満席。だが、サクッと啜ってスッと帰る客ばかりの大衆蕎麦屋ゆえ、回転も速い。待つこと5分足らずで、すぐ着席し、冷やかけ蕎麦を啜る。

冷やかけ蕎麦+ごぼう天◇玄 

適度に冷たいスメと、揚げたて&締めたてなのだろう、キリっと角が立った強ゴシ冷蕎麦。そして、デフォで盛ってあるオクラのヌル、パリッと柚子皮の爽やかな風味。更に、追加でたのんだ揚げたてゴボ天のサクサク、ガリガリ。涼やか、時々ホクホクが、凜と美味なるこの一杯が、390円+100円=500円アンダーで啜れるシアワセ。

名物元祖長浜ラーメン 

帰社途中、福岡鮮魚市場前を覗いてみると、
「第四の元祖」、名物元祖長浜ラーメンが営業中。
ライトイエローの外観に赤いテントに黒いパラソルと
オサレなオープンカフェ風の店作りが異彩を放つ、ニューカマー。

マルタイ冷やしラーメン

仕事がタボー→家酒がすすむ→〆の家麺を啜りまくる
が我が愚かなる麺ライフ・パターン。

で、マルタイの冷やしラーメンを一工夫、
トマトジュースや削り節に
トマトやセロリ、ブロッコリースーパースプラウトなどアレコレ使い、
エラク我がツボだった楽亭@宗像の冷やしトマト麺をリスペクト。

マルタイ冷やしラーメン

コレはコレでカナリ美味。
なれど、楽亭のアノ旨さには遠く及ばず、撃沈。

マルタイ棒ラーメン

ならばと、マルタイ棒ラーメンを
冷やし中華として作り、トマト麺

 マルタイ棒ラーメン

コレもコレで涼やか美味。
なれど、楽亭のアノ旨さには、やはり遠く及ばなひっ…。

奥出雲カレーつけ蕎麦◇本田商店

カミさんが近所のスーパーで買ってきてくれた
小林商店の奥出雲カレーつけ蕎麦は、ドッカン大ホームラン!

奥出雲カレーつけ蕎麦◇本田商店

脂分を廃して作られたであろう付属のカレーつけ汁は
冷たいままでも脂チックな嫌味が一切しない爽やかカレー味。
トマトと黒胡椒を添え太打ち蕎麦を啜れば
ボリボリ蕎麦と涼やかカレーがガハハと旨しっ!

赤いきつね◇東洋水産

エエ頃加に酔いちくれ
台所をのぞくも、麺は赤いきつねのみ…。

赤いきつね◇東洋水産

普通に喰ってはオモロないと、釜玉うどんにアレンジ。
付属の粉末スープをかけてグチャグギャかきまぜ喰らえば、
おほほぉ、コレはコレでカナリ美味。
なれど、釜玉にキツネ揚げは似合わない…。

生粉蕎麦 玄:冷やかけ蕎麦390円+ごぼう天100円。福岡市中央区長浜1-2-24 北天神SBホテル1F。 11:00~21:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン124●うどん63●そば21●チャンポン7●その他52 
◎今月の総ジョグ距離67km / 通年411km

Posted by heno at 22:22 | Comments [0]