HENO HENO: 2010年10月 アーカイブ

2010年10月31日 日曜日

●【未羅来留亭@早良区西新】 とどのつまりは滋味豚骨

シティマラソン福岡、当日。昨年は唯一参加したマラソン大会「仏の里くにさきマラソン」で、途中棄権。なので、今年初参加のこの大会は、ナニがナンでも完走したい。

歳を重ねるごとに、やるべき仕事が増え、担うべき責任が重くなる。チョベリ・タボーな日々→遅く帰宅するも憂さ晴らしにトコトン飲む→強度の二日酔いで翌朝走れず。これ我が仕事多忙時の悪癖トライアングル。で、今年の正月。毎月150キロ走る目標を立てるも、6月が最長114キロと唯一の100キロオーバー、他の月は30キロ前後と、全くの掛け声倒れ。

完全に練習不足だよなぁ……。

曇天のもと、トボトボと福岡ドームへ向かう。

 

シティマラソン福岡2010

午前8時40分、スタートの号令が鳴る。
それから5分遅れでスタート地点を通過。
ドームを一周して一般道へ。

おやぁ、身体が軽いぞぉ?

想定外に絶好調。
ならばスタート時点の5分の遅れを前半戦で取り戻そうと
ペースアップし7キロ走り、9時22分。
よっしゃ、これで1キロ6分のマイペース!

シティマラソン福岡2010

折り返し地点を通過した須崎埠頭では
よさこい踊り隊とブラスバンドの応援が。
そして福岡鮮魚市場前の通りでは施設エイドがちらほらと。
5年ぶりのシティマラソン福岡だが、
随分と大会の認知度が上がったようだ。

18キロを過ぎたあたりから徐々に息が上がりだす。
ペースを下げたり、上げたりを繰り返すことで凌ぎつつ
ひたすらにゴールを目指す。
DVC00012

10時半前、無事ゴール。
記録は2時間6分36秒、ネットタイム2時間1分27秒。
ゴール時点の関門タイム2時間10分アンダーで完走し、目標達成。

よっしゃ、勝って兜の緒を締めよ!
次はフルマラソン4時間20分内ゴールだ。
12月の青島太平洋マラソンに向け、練習だ。

ラーメン◇未羅来留亭

心地よい疲労感を楽しみつつ、ほっこり昼麺。
極限に疲れると、自然恋しくなるのが滋味豚骨。
我が再愛豚骨の一軒、未羅来留亭でシミジミと。

かきそば◇かじわら

夜は腰の手術で入院していた母の退院祝いを兼ね、
サイゼリアで格安イタリアン&ワイン祝杯。
そして帰宅後、〆に牡蠣そば。
蕎麦湯のとれる乾麺でお手が類に作った一杯だが、
これがもう半端なく美味美味!

 

未羅来留亭:ラーメン400円+替え玉100円。福岡市早良区西新4-9-17。 11:30~19:30、 火曜日休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン159●うどん96●そば27●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 00:25 | Comments [2]

2010年10月30日 土曜日

●【えん舞博多駅前店@博多区博多駅前】 ヤル気の二郎

朝8時、昨夜も思いっきり深夜まで残業で、ソリャもうダルンッと気怠い我が身を鼓舞し窓の外を眺めると、青空が広がっている。ならば、山にでも登ろうか?いやいや、明日はシティマラソン福岡の本番だしぃ。

んで、今日も怠け者。麺啜って、酒呑んで、グダグダの休日を過ごすノダ。んで、まずはブランチ麺。えん舞博多駅前店で、「塩二郎」を啜るのさっ。

今週木曜発売で、11月13日頃までの期間限定&1日の提供杯数も限定の塩二郎。注文を取りに来た店員に店頭で買った食券を渡すと、

「塩二郎はニンニクをたっぷり使うのがお薦めなのですが、よろしいですか?」

ニンニクは苦手。島系本店やらーめん大でもニンニクなし派なのだが、わざわざ薦める=ニンニク入りが味の基本と言うことなのだろう。おっかなびっくり、

「は、はい。、ニンニク入りでお願いしまぁす……。」

塩二郎◇えん舞博多駅前店

待つことしばし、運ばれてきた塩二郎はその名の通り、二郎@東京三田をリスペクトした、ドカ盛り塩ラーメン。かなり大振りのドンブリに、なみなみと注がれた麺&スープと、その上にてんこ盛りされたキャベツと太もやしの茹で野菜。

イイ感じに透明感を残す乳白色のスープは通常の塩ラーメンの流用か?スープ自体の見た目はジェントルマンなのだが、コレでもかと大量に盛られた背脂が迫力満点。どらどらとレンゲでスープを一啜りすれば、くいんっと広がる塩ダレとニンニクの旨みと背脂の甘み。そしてすぐその後を追ってくる、ふわっと柔らかなダシの旨み。

塩二郎◇えん舞博多駅前店

太めのストレート麺はつけ麺用の太麺の流用か?するっと口に収まる啜り心地然り、ぷりんぷりんと踊るコシ然り、島系やらーめん大のゴリゴリ極太麺とは対極のナンとも小粋な食感がオモシロい。太切りのチャーシューもチャンと調味されたホロホロ柔らか系で、チャンと旨し。

誤解を覚悟で例えるなら、キリリとニンニクのきいた柔らかダシのスープに、プニプニの背脂甘みは塩もつ鍋風。そして、プリプリ太麺とパリパリ茹で野菜との食感のコラボは、リンガーハット的な生麺系チャンポ風。ソリャもう半端なく大盛りの麺と茹で野菜をガツガツとカッ喰らいつつ、ふと思う。

ナルホド、このラーメンにはニンニクが不可欠だ。キリリときいたニンニクの辛味がアクセントとなり、淡泊な味わいの塩味スープでもコレだけの量の麺と茹で野菜がいっこうに食べ飽きない。巷の二郎インスパイアとは一線を画する、オリジナリティ溢れる塩味ラーメン。レシピ考案者のヤル気がビシバシと見え隠れする一杯に惚れ惚れ。

塩二郎◇えん舞博多駅前店

ラーメンの配膳の際、共に供された薬味は
豆板醤チックな風味のピリ辛味噌。
ラーメンに少し添えて食べてみると確かに旨いが、
ありがちなピリ辛ラーメン風の味わいが、ちと平凡。
なので、卓上に置いてある胡椒、そして一味、柚子胡椒と
代わる代わる入れてみると、柚子胡椒が大正解。

シティマラソン福岡2010

帰り道、福岡ドームで明日のハーフマラソンの受付を済ます。
今回は特に、完全に、練習不足。
果たして完走できるだろうか……?

博多塩らあめん えん舞博多店:塩二郎780円(11月13日頃までの期間限定メニュー)。福岡市博多区博多駅前2-11-16。11:30~21:00、日祝休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン158●うどん96●そば26●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 14:26 | Comments [2]

2010年10月28日 木曜日

●【ゆう助うどん@久留米】 筑前裏打会?

午前中の久留米での打ち合わせを終え、サクッと昼麺。かねてから気になっていた宿題店、ゆう助うどんへ向かう。ゆう助うどん

福岡市の大助うどんで修行した方が開業したという、ゆう助うどん。住所を頼りに訪ねると、九州自動車道・久留米インターチェンジのすぐ近くの裏通り。店前の駐車場に車を止め店舗へ歩くと、おぉ、やはりコノ看板が掛かっている。

ゆう助うどん

「当店は全品手造りの為 少しお待ち頂くことがあります 店主」

製麺、スメ、具の天ぷら類に至るまで、全てが手造りであることを主張する黒板。同じく大助うどんの暖簾分け店であるまことうどん@西区姪浜と共通の店構え。

正午過ぎの店内は、先客4名。その全てが外回りの営業マンらしきスーツ姿のお父さん達。席に着きメニューを見ると、うどんが具のバリエーションで15種ほど。エビ天に加え、イカ天やホタテ天など魚介ネタの具が豊富なのも、師匠店とまんま同じ。

ごぼう天うどん◇ゆう助うどん

じゅ、じゅ、じゅじゅっ……

正に揚げたてなのだろう。待つことしばし、運ばれたドンブリから、ゴボ天のナンとも香ばしい音に加え、スメから立ち上る湯気とともに香り立つナンとも旨そうなダシの香り。

あははぁ、こりゃタマラン旨そうだと、むんずとドンブリを抱え、ズズッとスメを一口啜れば、アッツ熱の口当たりとともにぽっこり広がる気持ち甘めの味わいも、師匠店譲り。カエシとダシのバランスがナンとも見事。いずれも決して強固に自己主張することなく、互いの味わいを引き立てている。ナンとも柔らかなこの旨みは師匠店越えか?

うどんも旨い。師匠店と同じく細めながら、ぷにんとしたヒキが魅力の師匠店に対し、コチラはくにんっと愛らしいコシ。適度に硬く適度に柔く、柔らか味のスメとの相性も抜群。揚げたてゴボ天のカリカリと食感&味わいコラボも文句なし。いやはや、こりゃうどんも既に師匠店越えか?!

まことうどんに、大助うどん別府店唐津店、そしてここゆう助うどんと、福岡県西部に徐々に系列店を増やしている大助うどん。福岡県東部の津田屋官兵衛を中心とする豊前裏打会よろしく、大助うどんを中心とする筑前裏打会が誕生か?

ゆう助うどん;ごぼう天うどん500円。久留米市東合川4-1-5。11:00~15:00&17:30~21:00、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん96●そば26●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 12:32 | Comments [2]

2010年10月27日 水曜日

●【浪花うどん満永@城南区別府】 浪花版めんちゃんこ現る

久しぶりの終日社内勤務。午前中の仕事が一段落したところで、昼麺ポタ。さぁて今日はナニを啜ろう?久方ぶりに未羅来留亭?いや、大徳屋の黄そばにするか??そう言えば荒江から西新へ移転してきた琉球料理GO!YAの沖縄そばも啜ってないしぃ…。アレコレ考えつつペダルを踏んでいると、突如麺神降臨。

「汝、肌寒いこの季節は、やっぱ、うどんでっしゃろう?
浪花うどん満永が開店してるかも知れまへんでぇ。」

せやったせやった、そうやったぁ。ほな早速、ダメモトで行ってみまひょっ!

浪花うどん満永

福岡新麺店情報データバンク、俺コレ!でその存在を知り、屋号の「浪花うどん」と「九州初上陸! うどん・そば・ちゃんこのお店」のキャッチコピーに惹かれた、「浪花うどん満永」。住所を頼りに訪ねると、「ちゃんぽんくくる」の入居している雑居ビルの2階に白い看板と提灯を発見。

正午過ぎの店内には先客なし。カウンター席に座りメニューを探すと、壁に「うどんかそばをお選びください680円」との張り紙。注文を取りに来た奥さん曰く、昼のメニューは1種類のみ。調理法は同じで、うどんかそばが選べるとのこと。オススメを尋ねると、「うどんを頼まれる方が多いですねぇ。」 屋号も浪花うどんだしと、うどんをたのむ。

うどん◇浪花うどん満永

新聞を読みつつ待つことしばし、運ばれてきたドンブリは、かなり大振り&開口部が楕円に変形したオサレな造り。そしてうどんも、白菜、つくね、豚肉、白葱とこんもり盛られた具に、ポテッと醤油色のスメが、ちゃんこ風でナカナカに個性的。

まずはスメとレンゲで一啜りすれば、まるんと広がる様々なダシのナンとも芳醇なる味わい。昆布や削り節に加え鶏ガラや根菜など、おそらく色んな食材でダシをとっているのだろう。色んな旨味がまるんとまとまった、まさにちゃんこ的味わいに思わず頬が緩む。

合わさるうどんはかなり細め。なれど、にっちりと粘るコシとヒキで己の存在感を強烈にアピールし、芳醇スメと対等に張り合う強者ぶりがたのもしい。噛み込むほどに広がる小麦の風味もドンピシャ我がツボ。

てんこ盛りの具との食感&味わいのハーモニーがナンとも楽し旨し。軽くニンニクの風味がきいたつくねが好アクセント、ドンブリ縁に添えられた柚子胡椒で味輪の変化も楽しみつつ、ペラペラと新聞をめくりつつノンビリ啜る、束の間の午後のシアワセ。

どん兵衛

深夜の残業のお供に、新どん兵衛。
「三層太ストレート製法」による
太さ2ミリ超の「“最太”ストレートめん」に変わったというが
以前とさほど変わりなしで、チトがっかり。

 

浪花うどん 満永:うどん680円。福岡市城南区別府1-21-3-2F。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん95●そば26●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 12:45 | Comments [4]

2010年10月26日 火曜日

●【おやまうどん@東区和白】 安旨ぷにぷに筑豊うどん

早朝からの新宮町での仕事が正午過ぎに無事終了。ならば、トンマニさんのTwitterで気になった、香椎駅前のナイスなネーミングの新う店「じゃい庵」でうどんを啜るか?と思いきや、さほど時間の余裕はナシ。

くふぅ、ならば今日も昼麺抜きでアクセクかぁ?と諦め気分で移動車のハンドルを切っていると、旧国道3号線沿いにナンともドデカイ「おやまうどん」の看板。

おやまうどん

筑豊・飯塚の西隣、桂川町で絶対的人気を誇る大助うどん。その直営店との看板を掲げ4年前、糟屋郡にオープンしたおぐまうどんが、昨年末、この東区へ転オープン。

店頭には「唐揚げうどん」だの「ハンバーグうどん」だの、ナンとも???なメニュー名がコレでもかと掲げられている。が、兎にも角にも、我が麺喰い信条に忠実に「初う店はゴボ天」をたのむ。

ごぼう天うどん◇おやまうどん

おおっと、コリャまた想定外にエエ感じの美人うどんだぞぉ……。

待つことしばし、運ばれてきたゴボ天うどんは、気持ち小振りのドンブリにコレでもかと盛られた、うどんとスメのてんこ盛り具合が、もうソレだけでガツンと我がツボ。

こりゃナンとも旨そうだぁ!とドンブリを両手のひらににシッカリと抱え、ズズッとスメを啜る。と、ふわりっと柔らかく広がる昆布らしき母性溢るる素朴な旨味。外連味は一切ナシ。実直かつ素朴に旨い、懐かし系な味わいに、一発ころり。

ごぼう天うどん◇おやまうどん

そしてうどんもコレまた我がツボ。恐らく揚げたてか?もちもちと粘りプリンプリンと跳ね踊る、ちとサイバー演出系なオモロ食感があな楽し旨し。カリッと揚げられた幅広スライスゴボ天との食感&味わいのハーモニーを楽しみつつ、卓上の柚子胡椒と一味で味わいの変化も楽しみつつ、ズルズル、ズズズと一気に完食。

4年前の粕屋開店時と同じく価格は390円。すぐ食べられて、チャンと旨くて、価格も手頃。This is JAPANESE Fast Food “UDON”.

おやまうどん和白店:ごぼう天うどん390円。福岡市東区和白1-1480-3。10:00~26:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん94●そば26●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 12:27 | Comments [0]

2010年10月25日 月曜日

●気が付けば10周年。

Yeah! Today’s今日もチョベリタボー。早朝から朝飯&昼飯も喰う暇なく、アクセク働く中年オヤヂ。んで、北九州での仕事を終え、福岡へ帰る途中に立ち寄った九州自動車道下り鞍手PA。コンビニで目にしたどん兵衛の豚ねぎそばにググッと惹かれ、店員に思わず尋ねる。

「すんません、お湯もらえますかぁ?」

どん兵衛豚ねぎそば

まるで、腹ぺこ高校生。店頭に置いてあったポットからお湯をもらい、ズルズルと啜っていると、

「こんちは、へのさん!」

うへぇ?とドンブリから視線を上げると、ニコニコ笑顔の取引先のH台さん。仕事の移動中このPAに立ち寄り、たまさか遭遇した我が同行スタッフN沼さんより「へのさんが麺馬鹿全開でコンビニ店頭でカップ麺を啜ってるよ」と聞き、ご挨拶いただいた次第。ウレシイくもあり、恥ずかしくもあり。

小腹が満たされ、高速道を福岡へ向け、ハンドルを切る。と、ランダムプレイ中のipod tochから、突如流れる“It’s only R&R”

ローリング・ストーンズの「山羊の頭のスープ」。中学の頃、剣道の部活を終えるや否や帰宅し、ステレオに齧り付くかの如く聞き込みまくった、我が青春のLPの一枚。

カッコよかったよなぁ、ストーンス。ミック・ジャガーに、キース・リチャーズに、チャーリ・ワッツにぃ………、あれぇ?後のメンバーの名前が思い出せない……。

寄る年波には勝てず、かぁ。最近スッカリ物忘れがヒドイ。福岡に着くまでひたすら記憶の糸をたどり、どうにかこうにか、ビル・ワイマンの名前は思い出すが、もう一人のギタリストの名前がどうにも思い出せない。

確かファースト・ネームはミック・ジャガーと同じ、ミックだったよなぁ。
ミック・グリーン?いや、そりゃパイレーツのギタリストだよなぁ……。

 

帰宅してシャワーを浴びる。と、冷ためのお湯が飛び出し、ひやぁ~!と身震い。最近ちょくちょく温度設定が低めに変わっている。どうやら息子達の仕業か。新陳代謝の盛んな彼らにとっては、私の設定した温度のシャワーでは熱すぎるのだろう。あぁ、寄る年波……。

自分の歳を痛感する数々の出来事。そして、たまさか今朝、Twitterで芭蕉庵店主が今日51歳の誕生日を迎えたことと、大木戸店主に本日目出度く第二子が誕生されたことを知る。我が再愛麺屋の二軒に、いみじくも今日同日、新旧誕生の祝い事。

そんなこんなで、想いは自然と我が人生に。コレまでは、アレコレ&イロイロありつつも、なんとか人並みにシアワセな半生だった。コレから半生、何をして、何を求めて、生きていくのか?そして何を息子達へ伝え残すことができるのか?

ぼんやりと取り留めのない想いを巡らしつつ、パソコンの拙ホームページの過去の記事をカチカチとクリックしていると、ふと気付く。

そう言えば、このホームページを始めて、もう10年も経ったんだぁ……。

ちょうど巷にパソコンが普及し、個人のホームページ創世記。新しモノ好きの我、自分もホームページを作ってみたい。さて、何をネタに?そうだ、毎日食べている麺を紹介するホーム-ページを作ろう!

最初にトキハ・ラーメンを紹介する記事をアップして、もう10年。色んな店で色んな麺啜って、もう10年。ネットがきっかけとなり出会った数々の麺友達と過ごした楽しき日々。ああ、やっぱり遊びたい。人生、不真面目に仕事するより、真面目に遊びたい。

遊び心を忘れず、楽しく仕事。そして、麺啜って、ポタリングして、山登って、ジョギングして……、一生懸命人生を遊びたい。そして遊んで生きる人生の楽しさを息子達へ伝えたい。

Posted by heno at 23:14 | Comments [11]

2010年10月24日 日曜日

●【博多元蔵@中央区大手門】 天晴れ新味美味つけ麺

朝目覚めると、外は雨。来週に迫ったシティマラソン福岡に向け、今週末は最短でも20キロは走るつもりだったのだが……。まぁ午後からは仕事もあるしと、昨日に続き今日も怠け者。ゴロンゴロンと寝床を転がり午前11時、あぁ腹減ったと身繕いし、ブランチ麺をもとめ博多元蔵へ。

博多で今、最も元気なラーメン店の一軒、博多一幸舎平成16年に大名に1号店を開店し、わずか6年で福岡県内に6店舗、関東と関西にそれぞれ1店舗の計8店舗を展開。そして平成20年には姉妹店として、つけ麺に特化した博多元助を開店。更に翌21年にそのセカンドブランドである博多元勲、そして先月末にサードブランド博多元蔵をオープン。

博多元蔵

午前11時半、かつてはあま太郎大手門店だった、カウンター席が5席だけのこぢんまりとした店内は既に満席。表に設置してある食券販売機の横には、メニュー紹介の張り紙あり。

つけ麺は850円で「つけ汁は豚骨スープをベースに数種の野菜をブレンドしたコクのある超濃厚な味噌仕立て」で、「自家製極太ねじれ麺」は200g、250g、300gから量が選べるオペレーション。そしてラーメンは750円で「サバの出汁をベースに動物系のスープをブレンド。サバの風味を前面に押し出した、博多らしい味噌ラーメン」とのこと。

つけ麺◇博多元蔵あははぁ、こりゃ旨いわぁ……。うっはぁ、コリャ参った。つけ麺に特化して既に2ブランド展開したノウハウが、ここ博多元蔵に見事に結実した感のある、なんとも上出来美味なつけ麺に、もうメロメロ。

つけ麺◇博多元蔵

つけ麺◇博多元蔵

まずつけ汁と、調味用の割りスープが供される。つけ汁の器に業界初というIHどんぶりを採用。温かいつけ汁×冷たい麺のつけ麺は、食べ進むうちにどうしても、つけ汁が冷めてしまう。その欠点を克服すべくカウンター席にIHヒーターを設置し、いつまでも冷めないつけ汁を実現。湯気とともに立ち上る味噌の香りに食欲をソソられマクリで、麺を待つ。

つけ麺◇博多元蔵

ほどなく供された麺は、特製の極太ねじれ麺。あつもりで頼んだのだが、コレが大正解。ぶるぶると力強く跳ねる啜り心地と、むっちりと抗うコシと、ほくほくと広がる小麦の甘みがタマラン、タマラン!

つけ麺◇博多元蔵

そして温つけ汁。豚骨ベースの味噌仕立てで、具は豚バラ肉の角切り煮と山クラゲ。そして薬味に魚粉と白ネギ。味噌仕立てのつけ汁ってナンだか期待薄だなぁと啜ってみると、コレが旨いのナンの!味噌の風味と脂の甘みと豚骨ダシの旨味のコラボ加減がナンとも絶妙。お袋の味わい的素朴感とラーメン作りに精通した職人の洗練さを併せ持つ、ナンとも芳醇な味わいがタマラン!タマラン!!タマラン!!

博多元蔵

卓上には「秘伝の唐辛子」とお酢。唐辛子は分かるが、酢は味噌には合わないのでは?と、おっかなびっくり入れてみると、わぁおビックリ!合う合う合う!!味わいの輪郭をくっきりと描き出し、新たな旨味がそこかしこ。

あははぁ旨い!こりゃ旨い!!ズルズルズズッと一気に完食し、〆はほっこりスープ割り。850円はカナリ高価。なれど、この味わいでこの食べ応えで、しかもIHヒーターで最後までアッツ熱の満たされた感を思うと、納得価格。そうちょくちょくは通える価格ではないが、次回啜る時は是非ともプラス100円の味玉付きが啜ってみたいと思わせる魅力&味力溢るる一杯に、心底惚れ惚れ。

博多元蔵:つけ麺850円。福岡市中央区大手門3-1-21。11:00~23:00、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん93●そば25●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 11:30 | Comments [4]

2010年10月23日 土曜日

●【力磨庵@南区大橋】 ナンでもアリの大衆蕎麦屋

ナンとも気怠い休日の朝、ゴロゴロと寝床で転がっていると、早正午前。部活の朝練から帰宅した息子達の「腹減ったぁ~」の大声にせき立てられ、久方ぶりに一家揃って昼麺へ。カミさんのリクエストは、うどん。ならば、気になっていた新う店、力磨庵へ行ってみようっ!

力磨庵

住所を頼りに訪ねると、西鉄大牟田線大橋駅西口の商店街の一角に「麺酒房 博多うどん 出雲そば 力磨」庵の看板。玄関左手には「博多うどん 筑前おろし」と「割子蕎麦 出雲御膳」と白文字染め抜かれた紫の幟。そして玄関右手には「うどん」と「居酒屋」の幟。

なにやらエラク欲張りな店構えだなぁと「居酒屋 力磨庵」と白文字で染められた紺色の暖簾を潜ると、外観に負けず劣らずざっくばらんな雰囲気の店内は、7割方客で埋まっている。入って左手が厨房&カウンター席で、右手が小上がり席。で、先客のほとんどが小上がり席に着いた小さな子連れの家族客。開店わずかの新店なれど、随分と顧客が付いているようだ。

外観に負けず劣らず、メニューもアレコレ&ナンじゃカンじゃてんこ盛り。うどんと蕎麦が具のバリエーションで10種ほどに加え、蕎麦は出雲の割子蕎麦。加えて、ドンブリが7~8種にトンカツや天ぷらの定食も7~8種。そして、さらに酒のアテも10数種。

大判ごぼう天うどん◇力磨庵

 

数あるメニューがあればこそ、注文は我が麺喰い信条に忠実に「初う店はゴボ天」。で、待つことしばし、運ばれてきた「大判ごぼう天うどん470円」は、洗面器大の大振りなドンブリに盛られたうどん&別皿にゴボ天。

大判ごぼう天うどん◇力磨庵

うどんは丁寧美味。花鰹だろうか?アレコレいろいろと言うよりは、ある限られた削り節の濃い風味と味醂チックな甘みが際立つ明解旨しなスメと、くにんっぷりんっと抗うコシが味紛おう事なき手打ちであろう、楽し食感のうどん。

大判ごぼう天うどん◇力磨庵

「大判ごぼう天」はてっきり豊前裏打会のようなゴボウのみをよせた巨大円形ゴボ天かと思いきや、うどんと別皿で供されたかき揚げは、上部は確かにゴボウだが、下部はニンジンや玉葱、サツマイモなど色んな根菜の、いわば野菜かき揚げ。その直径は20センチ弱とさほどでないが、厚みが2センチほどあり、なるほど「大判」。想定外に色んな野菜がよせてあるのはウレシイようで、悲しいようで。

力磨庵

想定外だったのが長男がたのんだ温蕎麦の旨さ。
手打ち&揚げたて&一旦冷水で締めた後温め直した蕎麦ならではの
しゅるしゅるるぅと艶っぽい啜り心地と
ザクッと解けるコシと噛み込むほどに広がる甘み。
ナルホド、屋号の最後に蕎麦屋の屋号でアリ勝ちな
「庵」が付いているはずだぁ。

で、美味うどんを啜りすんなり帰宅、とならない麺馬鹿一家。
もっとガッツリ麺を喰らいたいっ!と熱望しばしの長男と二人、
力磨庵のすぐ近くの、らーめん大へ。

福岡限定ラーメン◇らーめん大

長男はラーメンの野菜大盛りをたのみ、
我は我がツボな福岡限定ラーメンを。

ダシの旨味と、醤油ダレの辛味と、背脂の甘み。
そして、白ネギにキャベツ、キクラゲ、シナチク、チャーシューなどの
様々な具や薬味の旨味。

福岡限定ラーメン◇らーめん大

さらに極太縮れ麺の茹で具合も絶妙。
硬からず柔らか過ぎずで
噛み込むほどに
ボリボリと、ニチニチとナンとも楽し。

あははぁ、コリャ旨いなぁと一心不乱に一気に平らげふと横を見ると、
野菜大盛りラーメンを持て余し気味の長男。

あははん、イッチョ前の大人のようなガタイだが、
喰い意地&麺喰い欲だけはマダマダ我の方が貪欲か。
長男のドンブリから持て余している麺をザバッと我がドンブリへ移し、
ずずっ、ずずずずずぅ~~。

DVC00014

店頭に「特製 冷やしまぜそば」の写真入りメニューあり。
らーめん大の全メニュー制覇を目論む我だが、
何せロートル&ポンコツ中年オヤヂ。
このゴリゴリ極太麺を冷麺×玲タレで完食なぞ、とても無理ぃ……。

力麿庵:大判ごぼう天うどん470円。福岡市南区大橋1-21-5。12:00~14:30&17:00~21:00(土曜12:00~21:00)、日祝休み。Pなし。

らーめん大 福岡大橋店:福岡限定ラーメン600円。福岡市南区大橋2-12-13。11:00~24:30、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん93●そば25●チャンポン18●その他63 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 21:17 | Comments [0]

2010年10月21日 木曜日

●【麺ますや北方店@北九州小倉南区】 格安セルフどぎうどん

北九州市のアチコチを東奔西走。最後の小倉南区の取引先へ移動途中、たまさか「すじ肉うどん」の看板を掲げた新う店(?)を発見。そう言えば、既に午後2時半過ぎでソリャもうめっさ腹減ったぁ。んで、取引先での打ち合わせが終わるや否や、とんぼ返り。

麺ますや北方店

どぎどぎうどん帝都、北九州市小倉南区北方。北九州市立大学のすぐ近くのマンションの一階に「麺ますや北方店」の看板。暖簾を潜ると、店中央にカウンターがあり、カウンターには、ごぼう天やきつね揚げなどトッピングの具が並べておいてある。

「当店はセルフサービスです」との張り紙アリ。そして価格は「すじ肉うどん350円」と随分と格安。どぎどぎうどんの相場は500円~550円。セルフサービスで人件費を削った企業努力の賜物か?そしてコレもセルフサービスの特権、清算レジ前に置かれていたおろし生姜とネギと一味をコレでもかとてんこ盛りし、空いているテーブル席へ、。

すじ肉うどん◇麺ますや北方店

スメはどぎどぎうどん王道の真っ黒タイプではなく、薄口醤油で調味されたたであろう黄金色。一口啜ると、ふわんっと鼻へ抜ける素朴な優し味わいはキチンと昆布でダシをとった証。

DVC00008

うどんもどぎどぎうどんとすると、随分と細め。てっきり茹で置きのテロテロヤワヤワかと思いきや、プリプリと抗い踊る愛らしいコシ。たまさか茹で立てにあたったのだろうか?昆布だしスメとの相性もすこぶる良し。なれど、大きめのスジ肉と合わせて食べると、ちと力不足の感あり。

昆布ダシの黄金色のスメと細めのうどんは、いわゆる通常のうどんで、スジ肉はあくまで具の一種。麺ますやといえば、九州自動車道・小倉南IC近くで営業する人気のうどん屋だが、恐らくこの店はその支店。北方という立地に合わせ、数あるうどんの具のひとつとしてスジ肉を加えたのだろう。

かなり大振りのドンブリに、たっぷりのスメと大盛りのうどんとゴロゴロ入った牛スジ肉。味わいもチャンと旨くて350円は、超納得の格安感。コリャ是非とも小倉南IC近くの本店にも行ってみたいぞっ!

麺ますや北方店:すじ肉うどん350円。北九州市小倉南区北方4-1-5。10:00~15:00、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン156●うどん92●そば25●チャンポン18●その他63 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 14:27 | Comments [0]

2010年10月20日 水曜日

●【ラーメン処ときちゃん@福岡新宮】 やっぱデフォ正解

今日も今日とて多忙スケジュールを突っ走る。朝一番の博多駅前での打ち合わせが思いの外早い時間に終了したので、午後から予定していた新宮町での打ち合わせを早めてもらい、午後1時過ぎ、無事終了。ではでは山積みのデスクワークも一気に片付けるかと国道3号線を突っ走っていると、右手にラーメン処ときちゃんの黄色い看板。

そう言えば、気になるよな、「濃い味ラーメン」。
サクッと啜ってイットクかぁ!

前回啜ったラーメンがドエラク我がツボだった、ときちゃん。ラーメンはデフォルトの「ラーメン500円」と「濃い味ラーメン550円」の2種類あり。

前回啜ったのは「ラーメン」。キチッと丁寧な仕事の後がソコカシコに感じられる一杯は、ナンちゃナイけどナンとも旨い木訥美味。ドコでもありそうでその実ナカナカお目にかかれない絶滅危惧種的純粋豚骨だった。

濃い味ラーメン◇ラーメン処ときちゃん 

で、今日の「濃い味ラーメン」だが、恐らくスープはデフォルトと供用のものに脂分を足し煮詰めたものか?タレも気持ち強め。そしてたまたまなのか意図的なのか、キチンと調味されたチャーシューも前回よりカナリ厚切り。

コレはコレで確かに美味。なれど、イロイロとプラスすることで折角のスープ自体の自然な旨味が塗りつぶされてしまって、結果、どこにでもありそうな明解な味わいに。

うう~ん、やっぱラーメンはデフォルトを食べるのが正解かも……。

ぐすく

昨日は先月末にオープンした味噌つけ麺屋、博多元蔵を啜りに行くも
店頭には順番待ちの列。
なにせタボーでノンビリ並んで待つ暇などない。
で、すぐ近くの沖縄料理屋ぐすくでソーキそば。

ソーキそば◇ぐすく

沖縄と染め抜かれた天ぷらとモソモソ旨いそばが
沖縄そばであることを自己主張。
なれど、ソーキも豚の肋骨ではなく豚バラのスジ肉で代用。
そして、恐らく天然だしだけでとったであろうスープは
沖縄そばのそれとするとあまりにも淡系滋味。
そばの量もかなり少なめだし、
沖縄料理居酒屋が本業ゆえ、飲んだあとの〆麺には良いのかも。

10月17日は沖縄そばの日。
そが粉を全く使っていない沖縄そばが
堂々と「そば」と呼べるようになった日

あぁ、恋しや沖縄。
 

ラーメン処ときちゃん:濃い味ラーメン550円+替え玉120円。福岡県糟屋郡新宮町大字原上1615-4。11:00~22:00、不定休。Pあり。

ぐすく:ソーキそば500円。福岡市中央区大手門2-10-17。11:30~13:30&17:30~23:00(ランチ営業は土日休み)水曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン156●うどん91●そば25●チャンポン18●その他63 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 13:28 | Comments [2]

2010年10月18日 月曜日

●【港屋 千兵衛@北九州門司】 豊前裏打会全店制覇 その十

正午過ぎ、朝からの北九州空港近くでの打ち合わせが一段落。打ち合わせ先の計らいで、東京からのお客とともに刺身定食をおご馳走になる。

午後2時過ぎ、同じく北九州空港近くで午後一の打ち合わせを終える。が、次の打ち合わせは小倉北区で午後5時から。

うむむぅ、3時間近くも空き時間が……。
ならば仕方ない。東京のお客を門司港レトロへでもお連れするかぁ。

で、午後2時半前、門司港に着く。ざっとロケーションを紹介し、午後4時集合で自由に観光してもらうことにし、JR門司港駐車場に駐めた車へと戻っていると、豊前裏打会の一店、港屋 千兵衛の店の前。

そう言えば、港屋 千兵衛では
先週末から新メニューの数量限定メニュー「肉つけ麺」を発売してたよなぁ。
しかも、港屋 千兵衛自体、まだ未食だったしぃ……。

港屋千兵衛

んで、気が付いたら店内の窓際のカウンター席に着席。なにせ数量限定メニューである、肉つけ麺。おっかなびっくり、ホール担当の女性に尋ねると、「はい、あと一杯分だけ残っていますよっ!」とナンともウレシイ返事に心の中で万歳三唱。

出来上がりを待つ間、卓上のメニューを眺めると、豊前裏打会的なぶっかけや釜揚げ、かけうどんのメニューに加え、門司名物焼きカレーを意識したカレーうどんが3種に、隣接する山口県下関市の名産ふくを取り入れたメニューがコレまた3~4種と、アレコレ&イロイロ多彩なメニューがずらり。しかも夜は、東北名物であるきりたんぽを始め2~3種の鍋料理も提供している模様。

うはぁ、こりゃ間違いなく、豊前裏打会の中でも最多のメニュー数だなぁ!

肉つけ麺◇港屋千兵衛

待つことしばし、肉つけ麺が運ばれてくる。店主ブログ曰く「肉には味はつけません。伊萬里牛の美味しさを味わって頂くために、これが最善です。そのかわり、お客様にお出しする前に、出汁と煮込みます。 出汁の濃さも決まりましたひらめき
薬味も白髪ねぎ・大根のけん・などなど…。いろんなパターンで試して、ようやく決定手(チョキ) スタッフ全員一致で…コストはかなりかかるけど、白髪ねぎに糸唐辛子で色合いを整えて見た目も良く目」とのこと。

肉つけ麺◇港屋千兵衛

温つけ汁に釜揚げの温うどんが、豊前裏打会流肉汁つけ麺だが、会内肉汁つけ麺一号店のパイオニア、大地のうどんの肉汁うどんのように、茹で汁にうどんがどっぷりと浸かっているわけではなく、ドンブリ底に最低限の茹で湯がある程度。

肉つけ麺◇港屋千兵衛

一方、温つけ汁には脂付きの刻み牛肉が、ソリャもうチャッチャクチャラにゴロゴロと入りまくり。くっはぁ、コリャ期待大!とうどんを潜らせ、ずびずびずびっと勢い良く啜れば、瞬間ふわっ鼻へ抜ける魚介ダシの香ばしい風味と、牛肉脂の甘き香り。すき焼きチックな甘辛味だが、例えるなら甘めの大地のうどん@福岡市西区の肉汁釜揚げと、キレある満月@北九州市八幡東区の肉ざるの、ちょうど中間に位置するオーディナリー美味。

そして、うどん。豊前裏打会名物の扁平うどんはキリリと角が立つ男前なルックス通り、プリプリと抗いプニプニと解ける、演出系ながらもナンとも小気味よい歯切れ感がチョベリグ我がツボ。

肉も甘し。門司にある焼き肉「門司笑」の協力により伊万里牛の端材を調理しているとのことだが、肉本来の素性の良さをストレートに感じるニチッと艶っぽい口当たりと、噛み込むほどに広がる甘みが、わぁおマーベラス。

奇をてらった感が一切しない、王道肉汁つけうどん。カナリ多めのうどんだが、ズズッと一気に啜りあげ、麺ドンブリの底に残った茹で汁で温つけ汁を割り、温つけ汁もズズッと完食。

コレはコレで十二分に旨し。さらに、満月のような食後のスメ割りのサービスや、大地のうどんのような肉のみならずカリカリ揚げのゴボ天もつてみけたり、はたまた釜揚げ蕎麦宜しく生卵の黄身を肉満載の温つけ汁に浮かべて食べだせるなど、さらなる発展形に期待が募る。寒くなったら昨年より構想を温めていた創作新メニューも準備しているとか。なにせ、創作&演出系うどんの雄、豊前裏打会の一店、コリャまた啜りに来なければ!

港屋 千兵衛:肉つけ麺650円。福岡県北九州市門司区港町6-10。11:30~15:00&17:00~21:00、(土日祝は11:00~16:00&17:00~21:00)、木曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン155●うどん91●そば25●チャンポン18●その他62 
◎今月の総ジョグ距離54km / 通年524km

Posted by heno at 14:29 | Comments [5]

2010年10月17日 日曜日

●【拉麺空海@博多区銀天街】 ヤル気元気の週末創作麺

いやはや、見事な新麺だったなぁと、普通なら素直に帰宅するところなのだが、コチトラ真性麺馬鹿ナリ。ジダラク麺休日を過ごす=麺食べ歩きをするということ。で、たまさか店主ブログで知った、拉麺空海雑餉隈店の本日限定メニューである「魚介豚骨ラーメン 〜後味爽やか君に届け〜」を啜るのさっ。だってだってぇ、店主ブログによると

濃厚豚骨と魚介がマッチングしたラーメンです。ブタさんうお座
これを食べ続けていくと
どんどん味が変わっていきます。すげ~
レモンの風味が強まり
爽やかな後味になっていくと思います。

らしい。柑橘系麺に目がない私、コリャ啜らなイカンでしょうっ!

拉麺空海雑餉隈店

かつて一度、長男とポタリングで訪ねるも休業でふられた拉麺空海雑餉隈店。西鉄雑餉隈駅前のスーパーマーケットへ続く道沿いに、ド派手な黒&赤の看板。

正午前の店内は、若者客で賑わっている。なにせコチトラ正真正銘のポンコツ中年麺馬鹿ゆえ、こりゃナンとも場違いだなぁと恐縮しきりで空席に着く。

卓上のメニューを見るも、我が目当ての今日限定魚介豚骨の記述はナシ。いやぁ、コリャ参ったなぁと思っていると、ホール担当の若き女性がオーダーを取りに来る。

「あ、いや、あのぉ…。今日だけの限定ラーメンが食べたいんだけど、ある…?」
「あ、あぁ。ブログのメニューですねぇ。はいはい、分かりました。」

ああぁ、よかったぁ。啜れるぞぉ!

「魚介豚骨ラーメン 〜後味爽やか君に届け〜◇拉麺空海雑餉隈店

待つことしばし、供されたドンブリは、濃厚魚介豚骨ラーメン特有の茶褐色スープに、気持ち厚切りのチャーシューが3枚に、シナチクや味玉、白髪葱に魚粉と、アレコレてんこ盛り。

うっはぁ、久しぶりの今時ラーメンだなぁとレンゲでスープを啜れば、がいんっと荒ぶる豚骨&魚介のランボーな旨味。ぐっはぁ、コリャまたヤンガーなインパクト系美味だなぁとスープ奥の麺を手繰れば、コレだけ強力なスープなので、合わさる麺はてっきり太麺かと思いきや、わぁお、想定外の細ストレート麺!

コトゴトク我が貧相な麺イメージを軽々と超越する創作麺だなぁと感心しきりで啜り進むと、

おやおやぁ?来たよ来たよぉ、レモン風味がぁ!

ほぼ半分ほど食べ進んだあたりで突如顔を出すレモンの香り。酸っぱくて、さりとて甘い。レモンそのままというよりは、レモネードの原料的酸っぱ甘い独特な後味が、あなオモロ。

精算の時、若き店主曰く、ドンブリの底にゼラチンで固めたレモンを仕込んでいたのだとか。あははぁ、ナルホド。だからちょっとスープも温めだったのかぁ。

店の暇になる毎週末を無駄にすることなく、ならばとアレコレ創作新麺を提供している拉麺空海雑餉隈店。その意気込みにひたすら感服。来週日曜は我がツボな太麺の創作メニューを出すとのこと。午前中は仕事が確定しているが、もし午後時間がとれれば、また啜りにお邪魔しマスっ!

DVC00002_1

午後1時前、帰宅しCS生中継に向け、チャチャッと酒のアテを作る。
先週の蕎麦屋酒会で教えてもらった蕎麦掻きは
ドンピシャな柔らかさ&粘りけ&蕎麦の風味が
そりゃもう、ちょべりば美味ぃ~!

 DVC00004_1

ならばと、蕎麦掻きにいもがらの佃煮焼き海苔に巻いて喰らえば
あははん、あはは!こりゃロートル麺喰い飲兵衛にゃぁタマランあてだぁ!

と、うしゃしゃ極楽なるジダラク休日でテレビを眺めていると
我がソフトバンクホークスがロッテに敗退……。

うんうん、まぁまぁ、♪ 明日があるさ 明日があるぅ ♪
とデロンとソファーに身を沈めつつ鼻歌を歌う
お気楽麺馬鹿一匹。

拉麺空海 雑餉隈駅前店:「魚介豚骨ラーメン 〜後味爽やか君に届け〜650円。福岡市博多区銀天町1-2-3。11:00~15:00&18:00~22:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン155●うどん90●そば25●チャンポン18●その他62 
◎今月の総ジョグ距離54km / 通年524km

Posted by heno at 19:30 | Comments [0]

●【支那そば 月や@博多区博多駅南】 ほてっと新味

4泊5日の出張から帰り、ぐったりと疲れている割りには寝付きが悪く、寝ては覚め、寝ては覚めを繰り返し、午前9時。窓の外はソリャもう目一杯気持ちのよい青空。こんな日は登山に限ると寝床から身を起こすも、全身がどよんと怠い。

あかん、お疲れモードにはまってる…。

そう言えば、午後からあるパリーグCSのテレビ生中継も見たいしな、と登山は諦めダラクサ休日で休養だ。麺啜って&テレビ見て&酒呑んだくれるぞぉっ。で、先ず向かったのは本日グランドオープンの支那そば月や。

久留米の大砲ラーメン出身の店主が営んでいた「麺家もち月」。南区住宅街に最初の店舗を開き、3年前に今の場所に移転。そして先月末、諸事情あって豚骨ラーメン店「麺家もち月」は一旦閉店し、中華そばの新たなブランド「支那そば月や」として、本日新規開店。

支那そば月や 

昨日のプレオープン営業の模様を告げるアチラコチラのブログの旨そうなリポもさることながら、アノ超美味魚介豚骨を考案した店主の新ブランド麺となれば、コリャ啜らんわけにゃぁイカンでしょう!と朝一番に訪ねてみると、

わぁお、外観が真っ白やん!

そして店内も白い壁とナチュラルブラウンのテーブルェ。そして天井に吊されたBOSEのパネル・スピーカーからはボサノバのBGMと、まるでオサレなカフ風。以前の黒色ベースの店作りから、大幅にCHANGE !

支那そば◇支那そば月や 

そしてラーメンもCHANGE ! 白ベースのドンブリに盛られて運ばれてきた支那そばは、大振りのチャーシューとドデカイレンゲが印象的。ドラドラとスープを一啜りすれば、ぶわんっと広がる醤油ダレの風味と芳醇な旨味。例えるなならば、山口県下松市のご当地麺、牛骨ラーメン。「すき焼きラーメン」と例えられる、甘辛い味わいがぽってり美味。

店主曰く、参考にしたのは千葉県内房周辺のご当地ラーメンである竹岡ラーメンとのこと。チャーシューを煮込んだ醤油ダレを半分使い、残り半分は鶏ガラと魚介ダシから取ったスープを合わせているのだとか。

支那そば◇支那そば月や 

かなり太めの扁平麺は、カノ魚介豚骨で使っていた麺だろうか?まるでうどんのごとく噛み込むほどにぶりんぶりんと踊るコシと、ニチニチ感がドエラク我がツボ快感。合わさるチャーシューとシナチクも、キチンと旨し。キチンと細切りされた白髪葱も含め、具や薬味の食べ合わせごとに七変化する味わいの変化がナンとも楽し。

支那そば月や

特注の有田焼のドンブリはラーメンが冷めにくく、かつ食べやすく、かつ醤油の風味を楽しめるように試作を重ねたとか。コノ手の逆台形ドンブリは往々にして、麺が細く絞り込まれた底部に詰まる感がするものが多いのだが、ナルホドこのドンブリでは、その不快感はナシ。

ぽってり旨くて、麺の量もかなり多めでがっつり食べ応えもあって490円は、超ウルトラ納得価格。別に50円で、ゆず風味と辛味の星形の調味ゼリーもアリ。味わい、量、値頃感、食べる楽しさ。そして、器やレンゲの形状や店作りに至るまで、トコトン考え尽くされた感のある、味力的&魅力的力作新麺に、ただひたすらに天晴れ美味。

ファースト・ブランドである豚骨ラーメン「麺家もち月」も、半年か1年後には別の場所で再開したいとのこと。来るその日も楽しみにしつつ、まずはコノ新麺。近々チャーシュー麺やワンタン麺も啜りたひっ。

支那そば月や

支那そば 月や:支那そば490円。福岡市博多区博多駅南4-17-6。11:00~21:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン154●うどん90●そば25●チャンポン18●その他62 
◎今月の総ジョグ距離54km / 通年524km

Posted by heno at 11:02 | Comments [1]

2010年10月16日 土曜日

●食在広州

中山記念堂

4泊5日の中国広州出張。

アレコレと想定外のアクシデントに見舞われつつも、
ナンとかカンとか予定の仕事を無事終了。

星巴克珈琲

さすがお茶文化の国、中国。
スターバックスにもお茶メニューが充実。

味千ラーメン广州天河娱乐广场分店

熊本が本拠地の味千ラーメンは
日本国内102店舗に加え海外にも499店舗を展開する
ワールドワイドなラーメンFC。

中国広州の天河支店に入ってみると、
ラーメンに加え、寿司に刺身、ドンブリと
ナンでもござれの、カジュアル日本料理店的メニュー構成。

 味千ラーメン广州天河娱乐广场分店

ラーメンも豚骨に加え、海鮮拉麺もあり。
メニューの蘊蓄書きによると
深海に棲む白身魚「ガラスガレイ」と「ヨロイイイタチウオ」じゃらダシを取り
プレンチの魚介スープ「フォメフォポワゾン」と同じ製法でしあげたとか。
なるほど、なんとなく洋食っぽいクリーム味ではある。

牛肉水煮 

3日目夜は四川料理。
本場仕様という牛肉水煮はソリャもう半端なく辛いっ!旨いっ!!

麻婆豆腐

麻婆豆腐も実山椒がきいていて、ソリャもう痺れる旨さっ!!!

担々麺

唯一残念なのが担々麺。
具はピーナッツとミンチ肉が少々、
スープはひたすらラー油辛い単調な味わい。

 

4日目夜はマカオ料理。
カレー風味の肉&野菜料理は文句なしの旨さ。

 

店の看板メニューである鳩のローストも
もっちりジューシーな肉質&独特のクセある風味が
コレまたタマラン美味!美味!!

 元祖めんちゃんこ◇めんちゃんこ亭百道本店

帰国後、自然と足が向いたのは、我がソウル麺のひとつ、めんちゃんこ亭。
九州産の10種類の野菜×自家製食べるラー油の
「野菜万歳めんちゃんこ秋味」や
白湯ソップ×コラーゲンを配合しジュレの
「雲仙しまばら鶏のめんちゃんこ」など
気になる新メニュー満載なれど、
やっぱ我がソウル麺=元祖めんちゃんこで決まり!

めんちゃんこ亭百道本店

麺がまた進化したのか?
エッジが立った男前太麺がプリプリ旨し。
揚げも以前より肉厚になった気もする。
たえまぬ進化に感心&ほっこり。 

味千拉麺广州天河娱乐广场分店:鮮蛤拉麺29元。广州市天河路621-625号天娱乐广场三层3-98店铺。

博多めんちゃんこ亭百道本店:元祖めんちゃんこ520円。福岡市早良区百道2-8-1。11:00~27:00、無休。

◎通年麺喰い◎ラーメン153●うどん90●そば25●チャンポン18●その他62 
◎今月の総ジョグ距離54km / 通年524km

Posted by heno at 22:13 | Comments [4]

2010年10月13日 水曜日

●於中国我専啜麺

4泊5日の中国広州出張。馴れぬ異国でアレコレとトラブルありつつも、麺でパワーチャージしつつ、ナンとかカンとか前半戦を無事終了。

IMG_1445

6年ぶりの広州だが、以前より随分と高層ビルが増えている。
来月中旬より行われるアジア競技大会に合わせ、
街のあちこちで再開発が進行中。

IMG_1430

中国の朝食といえば、飲茶。
カウンター越しに厨房の調理作業を眺めていると、
おぉ、麺を揚げているではないかぁ!

IMG_1433 

細麺 or 平麺から平麺をチョイスし、豚内臓の煮込みをトッピング。

IMG_1435

鶏ガラのシンプル美味なスープに
ビラビラと啜り心地が楽しい平麺が、うしゃしゃと美味!

IMG_1456

そして、牛バラ肉ステーキやアワビのポワレなど
ナンともコジャレたヌーベル・キュイジンなコース料理の
一品として供された麺は
グインときいた魚ダシスープと
中太麺のモソモソとした食感が
コレまたカナリ我がツボ!

IMG_1460

南方に位置する広州は米食文化圏。、
で、前回の広州ではナカナカ旨い麺に巡り会えなかったが
今回は大当たり。
街の再開発に加え麺料理の再開発も進行中!?

 IMG_1482

まるで鮮魚店のように
50種ほどの鮮魚の生け簀がならぶ海鮮料理店の一角には
わぁお、クロコダイル!

 IMG_1479

そして我が好物のシャコも通常の大きさのものに加え
体長40センチ、胴回り直径5センチほどの
モンスター・サイズも!

IMG_1489

皿右下がそのモンスター・シャコの切り身。
大柄=大味かと思いきや
シャコ本来のクセある甘みと
むちむちした食感がタマラン旨しっ。

IMG_1493

そしてゲンゴロウのガーリック風味揚げも
想定外の旨さ。

IMG_1495

わおわお、正に「食は広州にあり」!と
小躍りしつつ、白酒のカンペイを繰り返し夜が更ける。
さぁて、後半戦も美味麺力たよりにガンバンべぇ~。

Posted by heno at 23:53 | Comments [2]

2010年10月11日 月曜日

●【筑豊製麺組合(?)@嘉麻市】 最南端?どぎどぎうどん

北九州市小倉南区の隠れご当地麺、どぎどぎうどん。濃口醤油で真っ黒なスメのうどんに、具は牛ホホ肉or牛スジ肉の角切り肉。がっつりと食べ応えあるガテン系超大衆B級グルメである。

小倉南区の極限られた地域の日常食としてひっそりと&しっかりと愛され続けてきた、正に知る人のみぞ知るウルトラ超マイナーな存在だったが、インターネットの普及により口コミ的に徐々に広く知られるようになり、北九州市内はもとよりその近郊にもどぎどぎうどんを出す店が増えてきた。

筑豊製麺組合

飯塚と小石原を結ぶ国道211号線の嘉麻市、沖出バス停に「純手打よもぎうどん」と染め抜かれた朱色のテント。先日たまたま前を通りかかり、妙にその存在が気になった店である。tateさんのTwitterで昨日開店と知り訪ねてみると、真新しい店舗中央に食券販売機。さて何を食べようかと近づくと、

わぁお、店の一押しは「牛スジ肉のよもぎぶっかけうどん」!
牛すじ肉=どぎどぎうどん……、
どぎどぎうどん文化が遂に筑豊にも南下してきたのかぁ?!

うどんはノーマルな白うどんと、よもぎうどんの2種×食べ方は釜玉、ぶっかけ、かけの3種=6種類。そして具は牛スジ肉が6種類共通で、かけうどんには丸天やわかめなどオーソドックスな具が数種。「牛スジ肉のよもぎぶっかけうどん」に目一杯惹かれるも、ぶっかけという食べ方が全く好みでない我、販売機の前でしばし揺れるも「肉よもぎうどん650円」のボタンを押す。

肉よもぎうどん◇筑豊製麺組合 

ほどなくドンブリが運ばれてくる。真っ白で底が浅めのオサレな器に、スメもどぎどぎうどん特有のドド黒さもなく、如何にもネオ。なれど、ゴロゴロのった牛スジ肉は肉に軟骨も混じりナカナカのど迫力。そして白い生地に緑のよもぎの斑点が見て取れるうどんは見紛う事なき手打ち麺。

まずはスメを一口啜れば、魚介ダシがきっちり効いたノーマル味。どぎどぎうどん特有の濃密な醤油カエシの風味はないが、普通のうどんのスメとするとカナリ美味。きっといろんな削り節をブレンドし、しっかりとダシを取ったであろうことが、味わいのソコカシコからビシバシ感じる丁寧美味。

うどんも旨し。ヘンに強固なコシを主張することなく、さりとてテロテロでもなく、ぷるるん、ぷるぷると解ける柔軟ゴシとともに、フワリと香り立つよもぎの風味。美味スメのダシの風味とのコラボがナンとも楽し旨し。

と、スメ×うどんは癒し系滋味なのだが、合わさる牛スジ肉がガインとインパクト大。シッカリと煮込まれた牛スジ肉特有の、ニッチニッチと粘着質な噛み心地と肉と脂の荒ぶる甘みが、滋味うどんに強烈なる個性を彩るナンともオモロなネオどぎうどん。

店頭の朱色テントの上部に「筑豊製麺組合」なる看板が掲げられていたが、店内の厨房開口部にも同じ文字の暖簾が掛かる。と言うことは「筑豊製麺組合」が屋号なのだろうか?兎にも角にもカナリ我がツボなよもぎうどんだった。次回は釜玉よもぎでその味力を堪能してみたいなっ。

肉うどん◇どぎどぎうどん株式会社直売所 

昨日の極楽蕎麦屋酒でイイ感じに二日酔いの朝。
飲み過ぎ&酔っ払い、確かな記憶はないのだが、
冷蔵庫にはどぎどぎうどんの持ち帰りパックが。

kumaさんTwitterでその存在を知り、気になりまくっていた
どぎどぎうどん株式会社の持ち帰りうどんの直売店。
どうやら送迎に車を出してくれNさんが立ち寄ってくださったようだ。
ありがとう、Nさん!!

肉うどん◇どぎどぎうどん株式会社直売所

ガインと醤油カエシがドライブする真っ黒スメと
ネチネチ美味な牛ホホ肉は、本格美味。
なれど、
我がミスで加熱しすぎた茹で置きうどんのテロテロが
スメと牛ホホ肉に完敗状態。

どぎどぎうどん株式会社直売所

 

筑豊製麺組合(?):肉よもぎうどん650円。福岡県嘉麻市漆生115(?)。Pあり。

どぎどぎうどん株式会社直売店:持ち帰りどぎどぎうどん。北九州市小倉南区葛原5-6-40。10:00~20:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン150●うどん90●そば25●チャンポン18●その他60 
◎今月の総ジョグ距離54km / 通年524km

Posted by heno at 12:28 | Comments [4]

2010年10月10日 日曜日

●【ほり田@北九州小倉南】 至福也蕎麦屋昼酒

麺友とほり田で蕎麦屋酒。そばがきやだし巻き、天ざるのヌキなど、うししと美味なる蕎麦屋アテで、出羽桜の出羽燦々と一耕をクイクイと。自然、麺談義にも花が咲きまくり、ナンとも極楽な休日の午後。

そばがき◇ほり田

だし巻き◇ほり田

粗挽きせいろ◇ほり田

かけそば◇ほり田

ほり田様、美味しい料理と酒、ご馳走様でした。特に、塩とカボスで食べる粗挽き蕎麦はタマラン美味でしたぁ。麺友の方々、楽しい時をありがとうございました。あまりに楽しくついつい飲み過ぎ、最後の方は記憶が怪しいロートル飲兵衛です。何か粗相をしでかしておりませんでしょうか?もしヤラかしてましたら、心からお詫び申し上げます。どうぞどうぞ、ご容赦願います。

そば処ほり田。北九州市小倉南区守恒本町1-12-1。11:30~15:00&17:00~21:00、木曜&1st日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン150●うどん88●そば25●チャンポン18●その他60 
◎今月の総ジョグ距離54km / 通年524km

Posted by heno at 12:54 | Comments [3]

2010年10月09日 土曜日

●【ラーメン処ときちゃん@新宮】 絶滅危惧種的純粋豚骨

朝8時。短時間二度寝したとき特有の、どよんと気怠く目覚めると、窓の外もどよんと重たい灰色の雲。こりゃ山に登っても楽しくないなと三度寝を試みるも、眠れる気配全くなし。しゃ~ないなぁとまったり起き出し、遅い朝食。息子達とたわいない会話を交わしつつ、菓子パン1個を1時間かけ食べる。

午前9時半、息子達が部活に登校。そうだ私も今月末のシティマラソン福岡に向け、少しは練習しとかねばとジョギングに。長浜から天神、渡辺通を抜け、けやき通りと17キロを1時間40分かけ走る。

そんなこんなで、帰宅後風呂から上がると既に正午過ぎ。心地よい疲労感とともに、猛烈に腹が減った。こりゃ豚骨だ、旨い豚骨が喰いたいぞぉと、宿題店の一軒、「ラーメン処ときちゃん」へ向かう。

ときちゃん 

北九州小倉が本店のド豚骨ラーメン店「魁龍」。その新宮支店の店長が独立し、今年の6月、同じ店舗でときちゃんを開業。アチコチのラーメンブログで評判のラ新店である。

「いりゃっしゃいませぇ!お一人ですか?カウンター席へどうぞぉ!!」

元気な声に迎えられ店内へ。午後2時前と既にアイドルタイムなれど、店内は8割方客で埋まっている。空いてる席に着きメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで7~8種に、巻末には「濃い味ラーメン」なるメニューもアリ。

「初ラ店はデフォルト」なる我が麺喰い信条に忠実にラーメンをたのみ店内を見渡すと、色んなブログで学習したとおり、店奥のテーブルに漬け物数種とキャベツの千切りが置いてある。

ときちゃん

よっしゃよっしゃと席を立ち取りに行くが、わぁお、我が目当てのシナチクが置いてないでないのぉ。どうやら日替わりでアレコレとサービスしているのだろうが、なにせシナチク大好きの我。トホホな気分で辛子高菜&モヤシを小皿に取る。

ラーメン◇ときちゃん

スポーツ新聞をめくりつつ待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。白葱の緑にチャースーの赤に、キクラゲの黒。そして美しく白濁した豚骨スープの奥に見え隠れする麺も箸でチャンと整えられていて、ナンとも美人。

美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則。うしゃしゃコリャ楽しいだとレンゲでスープを一啜りすれば、とろんと艶やかなる食感と共に柔らかく広がる極自然な豚骨の旨味。メニューに「あっさりとしたスープで、旨味とコク。ほのかな甘みがあるときちゃんのラーメンです」と書いてあるが、正にその通り。柔らかで、旨味の奥にコクもあって、ほのかに甘い、外連味一切ナシの純粋美味。

そして麺も旨いっ。適度にガソゴソ感がある啜り心地然り、コリッと弾けるコシ然り、ゴリゴリと噛み込むほどに広がる小麦の風味然り、ドンピシャ我がツボ。純粋スープとの相性もきわめて良好な、木訥美味。

合わさるチャーシューはバラ肉のトロトロ・タイプ。チャーシュー単体だと肩肉のキシキシ・タイプが我が好みだが、このほのかに甘いスープとの一体感からすると、なるほどトロトロが大正解。キクラゲと白葱のパリパリ、シャクシャクが好アクセント、シンプルな構成ながらもナンとも楽しい味わいと食感のハーモニーがタマランタマラン!で、思わず禁断の替え玉コール。

で、普通なら替え玉は辛子高菜を加えて食べるのが我がラ喰いスタイルなのだが、このスープに辛子高菜を入れてしまうと折角の純粋柔らか味が台無しだぁ。で、卓上の胡椒で味わいの変化を楽しみつつ替え玉を完食後、辛子高菜&もやしは、それ単体で平らげる。

いやぁ、参った驚いた。開店間もない新店でコレだけ純粋丁寧な豚骨ラーメンが啜れるとは。屋号の「とき」よろしく、正に絶滅危惧種のピュア豚骨新店に、ほっこりとシアワセ気分な休日の午後。

マンハッタンクランチ

朝食は菓子パンのホームラン王、リョウユウのマンハッタン。
カミさん曰く、最近はデフォルトに加え、
ビター味とクランチ付きの3種類売っているのだとか。

で、お初で食べたマンハッタンクランチだが、うむぅ……。
元来ガリガリとした食感が美味なマンハッタンにクランチは要らないなぁ。

 

ラーメン処ときちゃん:ラーメン500円。福岡県糟屋郡新宮町大字原上1615-4。11:00~22:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン150●うどん88●そば24●チャンポン18●その他60 
◎今月の総ジョグ距離47km / 通年517km

Posted by heno at 13:39 | Comments [2]

2010年10月08日 金曜日

●【博多商店@南区清水】 コスパ&味わい共に優等生

午前中の薬院での取引先での仕事が無事終了し、さぁさ昼麺。午後からの現場への移動がてら、宿題麺を啜るべく中華そば狙いで博多商店へ。

博多商店

昨年、うどん屋として開店した博多商店だが、まず中華そばが、そしてさらに鶏そばもメニューに加わったとのこと。そして、アチコチの麺ブログがいずれも、それらの新メニューを高評価。コリャ是非とも我も啜ってみたいと思い続けていた宿題麺である。

久方ぶりに訪ねると、昼時の店内は8割方客で埋まっている。すっかり人気店となったようだ。入口左には食券販売機も設置されている。うどんも「肉肉うどん」=どぎどぎうどん?なんて気になるボタンもあるが、ココはグッとこらえ初志貫徹。「中華そば530円」のボタンを押す。

中華そば◇博多商店 

待つことしばし、運ばれてきた中華そばは、チャーシュー2枚に大振りのシナチク、海苔に半熟卵までのっていて、なかなかの具だくさん。まずはスープを一啜りすれば、ぶわんっと広がる芳醇な旨味。鶏ガラに加えアゴだしチックな魚介系の派手めな旨味がしっかりときいた明解美味。

麺はクニクニ感ある中太縮れ麺で、私はチト苦手なタイプだが、一般のウケは良いタイプ。アレコレ盛られた具との食べ合わせで味わいの変化も十二分に味わえて、うんうんナルホド、こりゃどのブログでも高評価なわけだ。

味わい然り、具だくさんなのに530円と値頃感もあり、ナンとも優等生。企業コンサル的な、まとまり感ある一杯である。このすぐ裏手に製麺会社エイコー食品が手がけるラーメン店こじま亭の本店があるが、ひょっとしてこの博多商店もエイコー食品が経営母体の新業態麺店なのだろうか??

肉まん◇サンクス

今日の早朝食に食べたサンクスの肉まんは
アンをマヨネーズとラー油で調味したヤンガー仕様。
味わい的にはナルホド新鮮でオモロイが、
マヨ&ラー油のW攻撃で
ロートルおやぢの胃はもたれマクリ…。

博多商店:中華そば530円。福岡市南区清水4-1-14 。11:30~21:00、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん88●そば24●チャンポン18●その他60 
◎今月の総ジョグ距離30km / 通年500km

Posted by heno at 06:57 | Comments [6]

2010年10月07日 木曜日

●【白頭山@博多区築港本町】 多忙な新店にご用心

午前中、得意先のI島さんと仕事の打ち合わせを終え、アレコレ馬鹿話に花を咲かせていると、ナゼか話題はどぎどぎうどんに。「興味はあるんだけど、まだ食べたことないんだよねぇ。北九州にはナカナカ行く機会がないし。」とI島さん。「ならばお任せを、福岡市内でもカナリ本格的などぎうどんが食べられる店が最近オープンしたんですよ。」と、連れ昼麺。白頭山福岡支店へ向かう。

店に着くと、まだ正午前だというのに、店内はほぼ満席状態。店道向かいの福岡国際センターで行われている商談会の客が昼飯をもとめ、一気に多数来店したようだ。店にとって想定外の客の入りだったようで、店員はてんてこ舞い。なにせ開店間もなくで、まだまだオペレーションが確立できてない新店ゆえ、うぬぬ、ナンだかイヤ予感がするなぁ…。

小倉名物肉うどん◇白頭山福岡店 

ピンポ~ン、イヤな予感が大当たりぃ。待つことしばし、運ばれてきた肉うどんは、スメ、うどん、どぎ肉とも味わい的には相変わらずの本格美味なれど、その分量が前回食べた時の半分以下……。

前回の肉うどん 因みにコレが前回の肉うどん。コレだけ分量が違っても価格は同じく680円とは、ナンとも納得いかないぞぉ。因みに前回食べに行ったのは平日夜の8時ごろ。そして先日の同じく平日夜の時間帯に食べるも、仕事が多忙でブログにアップするのを忘れていたチャンポンの写真が、コレ。

チャンポン◇白頭山 具も豪華に、エビやイカがてんこ盛り。かつ、俯瞰ぎみの写真では分かりづらいが、横から見ると……

チャンポン◇白頭山

ドデカイどんぶりに具はモチロン、チャンポン麺もおそらく2玉は軽く入っていそうな超てんこ盛り。価格は850円とカナリ高価だが、この豪華な具&麺がてんこ盛りで、この旨さなら十二分に納得価格だなぁと思ったが、もし今日このチャンポンを頼んで、肉うどんと同じくドエラク貧弱な一杯が出てきたら、価格が高価だけに、ソリャもうどえらいショックだっただろうなぁ……。

うん、この店は、オペレーションが熟れるいましばらくは、平日夜のアイドルタイムに楽しむのが正解だなっ。

白頭山福岡店:小倉名物肉うどん680円、チャンポン850円。福岡市博多区築港本町3-16。24時間営業、年中無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん88●そば24●チャンポン18●その他60 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年479km

Posted by heno at 11:53 | Comments [0]

2010年10月06日 水曜日

●【かかぁの店@北九州小倉北】 運良く旨し おっかぁどぎどぎ

昼一番の小倉での打ち合わせを終え、サクッと昼麺。先日たまたま見かけた門司港のどぎどぎうどん店「たまや」が気になるが、この後もアレコレと仕事が待っている。サクッと近場で済ませ早々に福岡へ帰らねばと、北九州都市高速道路 足立インターすぐ近くの「かかぁの店」へ。

かかぁの店

都市高速の高架下に、肉うどんと書かれた白い提灯。コレまた以前たまたま近くを通り、気になっていた宿題店だ。暖簾をくぐると午後2時過ぎの店内には先客ナシ。

「あら、いりゃっしゃいませ。」

店奥の14インチテレビで韓流ドラマのDVDを観ながらカウンター席で休憩していた「かかぁ」が我に気付き、席を立つ。代わりに席に着き壁に貼られた手書きのメニューを見ると、肉うどん550円に加え、肉そば550円とよもぎうどん580円が載っている。迷わず肉よもぎうどんをたのむ。と、「よもぎは少し時間がかかりますけど?」とお母さん。て事は、ひょっとして今から麺を茹でるって事?!はいはいはい、茹で立てが食べられるのなら、喜んで待ちます待ちます!

肉よもぎうどん◇かかぁの店 

日銀のゼロ金利政策復活を報じる新聞をめくりつつ待つことしばし、運ばれてきた肉よもぎうどんは、ナカナカの美人。たっぷりと注がれたスメ&ゴロゴロのった牛ホホ肉の黒と、スメの奥に透けて見えるよもぎうどん&多めに盛られた葱の緑のコントラストに見惚れつつ、まずはスメと一口啜れば、アッツ熱の口当たりとともにフワリと広がる軽やかな旨味。肉汁とカエシの風味はソコソコに、ダシの旨味をいかした柔らか味。

よもぎうどんは味紛うことなき茹で立て。むっちりと歯が通り、むにむにと抗うコシがナンとも楽し。思いの外よもぎの風味を感じないのがチト残念。生麺ではなく乾麺なのだろうか?

ニチニチと解け、程よい脂の甘みも感じる牛ホホ肉も上品意味。見た目然り、味わい然り、このうどんは作り手のお母さん同様に、下町の貴婦人どぎどぎでアル。

鶏肉入りとろみ麺◇翡翠園

昨日は翡翠園で鶏肉入りとろみ麺。
鶏肉、太もやし、椎茸、ニンジンなどの具が
かなりシッカリとアンでとじられていて、食感は皿うどん。
シンプルな塩味仕立て、トロトロ熱々のアンとじスープが
五臓六腑に染み入る滋味に、ほっこり。

かかぁの店:肉よもぎうどん580円。北九州市小倉北区宇佐町1-5-20。12:00~16:00&18:00~23:00、日曜&2nd&4th月曜休み。Pあり。

翡翠園:鶏肉入りとろみ麺680円。福岡市早良区高取2-17-49 SENビル2階。11:30~14:30&17:30~22:30、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん87●そば24●チャンポン17●その他60 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年479km

Posted by heno at 14:06 | Comments [0]

2010年10月04日 月曜日

●【とんちゃんらーめん@佐賀大和】 想定外だらけのイニシエ滋味

今日も東へ西へタイトなスケジュール。早朝からの北九州での仕事を終え、午後からの現場である佐賀へ移動。佐賀大和インターを下りると、約束の時間まで30分ほど余裕が出来た。おっしゃならば昼麺パワーチャージ!と、とんちゃんらーめんへ。

とんちゃんらーめん 神酒の麺道楽でその存在を知りビビッと惹かれた、とんちゃんらーめん。住所を頼りに訪ねると、幹線道路から一本入った住宅街に、脱力系の豚看板。入口を入ると、午後1時過ぎの店内は先客3名。それぞれに漫画本をめくりつつ、ズルズルと昼食を楽しんでいる。

メニューはラーメンが豚骨と味噌×具のバリエーションがそれぞれ5~6種に、チャンポン。一瞬、ググッとチャンポンひ惹かれるも、やっぱまずはラーメンでイクかぁ。

ラーメン◇とんちゃんらーめん 

ほどなく運ばれてきたラーメンは、大振りのチャーシューが2枚に葱とシンプル・イズ・ベストなイニシエ系。

あははん、こりゃ旨いわぁ!

さてさてとレンゲでスープを一啜りすれば、熱々の食感と共にぐいんっと広がる豚骨ダシの旨味。そしてその後にほのかに香るゴマの風味。見た目では気付かなかったが、どうやら微量のゴマが摺り入れてあったのだろうか?スープ自体の旨さに想定外の胡麻風味サプライズが楽し旨し。

麺も想定外。気持ち細めの中太ストレート麺は、スルスルと納まる啜り心地然り、ぷりっと抗うコシ然り、絶妙な揚げ具合がドンピシャ我がツボ。なのだが、がっつり豚骨ダシがきいたスープはなるほど佐賀ラーメンだが、この中細アルデンテ麺は佐賀ラーメンと言うより、博多ラーメンに近い気がするぞ。

気持ち厚切りの大振りチャーシューも美味。適度なキシキシ感とシンプルな調味加減がスープ&麺と相性抜群。ナンちゃナイけどナンとも旨い一杯に大満足。ズズッと一気に完食し店の外へ出ても、口腔にへばりついた豚骨臭がクンクン香る。コレぞ本格豚骨喰いの醍醐味か。同じく神酒の麺道楽ネタで啜った敏ちゃん@久留米のラーメンもドンピシャ我がツボだった。旨い未知麺を啜るには嗜好に合ったブログ情報に頼るが一番。神酒さん、これからも美味麺情報お願いしマス!

チャンポン◇とんちゃんらーめん

同行スタッフN沼さんがたのんだチャンポンもナンとも旨そうだったが
コレまた想定外の盛りつけが。
具の底にナンと冷凍のミックスベジタブルが。
根っからミックスベジタブル嫌いの私ゆえ、こりゃイタダケないなぁ。

茗荷醤油うどん 

昨日は悪天候で意気消沈し、自宅に籠もり読書&酒。
昼麺は茗荷&青ジソ生醤油うどん。
唄う!手打ちうどん稲穂で買った香露つゆを使い、
太六の茗荷そばをリスペクトし、黒胡椒をかけて啜る。

ラーメン◇博多濃磨呂福重店

夜はガッツリとラーメンが食べたいという長男のリクエストに応え
替え玉無料サービス中の、博多濃麻呂福重店へ。

とんちゃんらーめん:ラーメン450円。佐賀県佐賀市大和町川上5293-6。Pあり。

博多濃麻呂福重店:ラーメン480円。福岡市西区福重4-5-9。11:00~24:00。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん86●そば24●チャンポン17●その他59 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年479km

Posted by heno at 13:29 | Comments [5]

2010年10月02日 土曜日

●【うどん王子@那珂川町】 豊前裏打会全店制覇 その九

朝目覚め窓の外を見ると、ソリャもうバッチグーな爽快青空。こりゃ山だ、山に登って絶景を楽しまねばと、早々に身繕いし井原山。

井原山洗谷

沢沿いのトリッキーなコースが楽しい井原山洗谷コースだが、山道の踏み跡がなくともすれば迷いがち。で、久しぶりに登ると何方かがこーすのそこかしこに、新しいケルンを積んでくださっている。

キノコ型なのでよく目立ち、迷うことなく山頂へ。と思いきや、稜線へ出たところで土砂降りの通り雨。全身ビショビショに濡れナンとも気持ち悪いので、山頂を踏むことなく早々に下山。

山頂からの絶景こそ見逃したものの、やっぱ山歩きは楽しいわぁと、ほっこり気分で那珂川町へとハンドルを切る。目指すは、うどん王子。

うどん王子

早良区から那珂川町へと抜ける山道に突如現れる黄色の店舗。先月開店した豊前裏打会の新店、うどん王子である。店主は豊前裏打会グループで最年少。4年前、学生バイトとして大地のうどんに働きだし、2年前、学校を卒業する時、既に決まっていた教職の道を捨てうどん屋になることを決意したのだとか。

午後1時半の店内は7割方客で埋まっている。開店1ヶ月で既に固定客を掴んだようだ。元うどん屋っだった店舗を改装し、入口入って左手がカウンター席で右手に小上がり席が4卓と、店の作りは師匠である大地のうどんをそのまま踏襲するも、うどん作りには独自の創意工夫がそこかしこ。

ごぼううどん◇うどん王子

うどんのメニュー構成も師匠店譲り。我が麺喰い信条のひとつ、「初う店はゴボ天」に忠実にオーダーし待つことしばし、運ばれてきたドンブリには豊前裏打会のトレードマークである巨大ゴボ天。

まずはスメと一口啜れば、熱々の口当たりとともに、クイッとキレある醤油カエシの風味と、すぐその後を追って顔出すキリッと鯔背なダシの旨味。

うどんも然り。もちもちと抗うコシとぷるんぷるんと跳ねるヒキが豊前裏打会のうどんだが、王子のうどんは最初はもちもちと抗うも、ある時点を境にサクッと小気味よい歯切れ感を経て、ぷるんぷるんに。プラスアルファの食味が加わり、ナンとも楽し旨し!

カリッカリに揚げられたゴボ天にも若き勢いを感じる。これ以上揚げると焦げ臭くなる直前までキチンと揚げられていて、ナンとも香ばしい。さてさてそれでは、ゴボ天をスメに漬け込み、食感の変化も楽しみつつズルズル啜るかと巨大ゴボ天を割ると、ナンとその下にはワカメがしたためられているではないか。

ごぼううどん◇うどん王子

3段食味うどんと、カリカリゴボ天と、にっちゅりとした肉厚ワカメの食感と味わいのハーモニー。うどん職人歴2年の若者が作ったとはとても思えない上出来美味ゴボ天に、ただひたすら感服しつつズルズルと啜っていると、いみじくも店に流れるBGMは、ボブディランの「時代は変わる」。豊前裏打会の次代を背負うプリンスの誕生である。

うどん王子

薬味にも一工夫。
豊前裏打会の薬味に加え、七味唐辛子も置いてあり
七味好きの我の心を鷲掴みっ!

うどん王子

 

うどん王子:ごぼううどん480円。福岡県筑紫郡那珂川町西畑904-1。11:00~16:00、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン147●うどん85●そば24●チャンポン17●その他59 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年479km

Posted by heno at 11:30 | Comments [2]

2010年10月01日 金曜日

●【手打天神@中央区大手門】この夏(みたいな秋)冷やかけ ~その十三~

午前中の社内での雑務が一段落したところで、薬院の取引先へと移動ついでにサクッと昼麺。外へ出ると、ジリジリと真夏のような日差しに、気分は一気に冷やかけモード。で、俺コレ!Twitterでその存在を知った、手打天神の冷やかけうどん。

冷やかけうどん◇手打天神 

「冷やかけですね?麺を今から茹でますからお時間いただけますか?」との店主のウレシイお言葉にウキウキ気分で待つことしばし、差し出された冷やかけうどんは、ゴボ天、ワカメ、山菜、梅干し、錦糸卵具と、我が好みの具がてんこ盛りの豪華版。

うしゃしゃぁ、こりゃタマランなぁと、まずはレンゲで冷スメを一啜りすれば、冷や冷やの食感とともに、、ぶわんっと広がるリッチな旨味。魚介ダシに加え、味醂だろうか?はたまた日本酒そのものか??酒っぽい甘みがぽってりのった芳醇な味わい。

冷やかけうどん◇手打天神

特筆すべきはうどんの旨さ!揚げたてならではの、瑞々しい啜り心地とぷりんぷりんと踊るコシが、そりゃもうメッチャ極楽美味、美味!揚げたてゴボ天の熱々カリカリとのコントラストが、コレまたタマラン、タマラン!!

うどんの量も通常の2倍近くあろうか、大サービスのてんこ盛り。冷スメ×冷麺の冷やかけうどんでソレだけの量のうどんだと、だんだんと食べ飽きてきそうなところだが、ナンのナンの。錦糸卵のほのかな甘みに、山菜のシャクシャク山風味にワカメのシャクシャク海風味に、梅干しのとぅるんと酸っぱ風味と、様々なてんこ盛りの具による食感&味わいの変化が楽しく、あっという間に一気完食。

冷やかけを頼んだときに店主がエラク嬉しそうな表情をしたが、ナルホド納得。おそらくこの冷やかけは店主の自信作だったのだろう。750円はカナリ高価だが、コノ味わい&コノ食べ応えなら、十二分に納得価格。涼やかで、旨くて食が進みまくりな上出来冷やかけ。来年は夏真っ盛りの8月に啜ってみたいなっ。

手打天神大手門店:冷やかけうどん750円。福岡市中央区区大手門3-6-5。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン147●うどん84●そば24●チャンポン17●その他59 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年479km

Posted by heno at 00:25 | Comments [0]