2010年10月07日 木曜日

●【白頭山@博多区築港本町】 多忙な新店にご用心

午前中、得意先のI島さんと仕事の打ち合わせを終え、アレコレ馬鹿話に花を咲かせていると、ナゼか話題はどぎどぎうどんに。「興味はあるんだけど、まだ食べたことないんだよねぇ。北九州にはナカナカ行く機会がないし。」とI島さん。「ならばお任せを、福岡市内でもカナリ本格的などぎうどんが食べられる店が最近オープンしたんですよ。」と、連れ昼麺。白頭山福岡支店へ向かう。

店に着くと、まだ正午前だというのに、店内はほぼ満席状態。店道向かいの福岡国際センターで行われている商談会の客が昼飯をもとめ、一気に多数来店したようだ。店にとって想定外の客の入りだったようで、店員はてんてこ舞い。なにせ開店間もなくで、まだまだオペレーションが確立できてない新店ゆえ、うぬぬ、ナンだかイヤ予感がするなぁ…。

小倉名物肉うどん◇白頭山福岡店 

ピンポ~ン、イヤな予感が大当たりぃ。待つことしばし、運ばれてきた肉うどんは、スメ、うどん、どぎ肉とも味わい的には相変わらずの本格美味なれど、その分量が前回食べた時の半分以下……。

前回の肉うどん 因みにコレが前回の肉うどん。コレだけ分量が違っても価格は同じく680円とは、ナンとも納得いかないぞぉ。因みに前回食べに行ったのは平日夜の8時ごろ。そして先日の同じく平日夜の時間帯に食べるも、仕事が多忙でブログにアップするのを忘れていたチャンポンの写真が、コレ。

チャンポン◇白頭山 具も豪華に、エビやイカがてんこ盛り。かつ、俯瞰ぎみの写真では分かりづらいが、横から見ると……

チャンポン◇白頭山

ドデカイどんぶりに具はモチロン、チャンポン麺もおそらく2玉は軽く入っていそうな超てんこ盛り。価格は850円とカナリ高価だが、この豪華な具&麺がてんこ盛りで、この旨さなら十二分に納得価格だなぁと思ったが、もし今日このチャンポンを頼んで、肉うどんと同じくドエラク貧弱な一杯が出てきたら、価格が高価だけに、ソリャもうどえらいショックだっただろうなぁ……。

うん、この店は、オペレーションが熟れるいましばらくは、平日夜のアイドルタイムに楽しむのが正解だなっ。

白頭山福岡店:小倉名物肉うどん680円、チャンポン850円。福岡市博多区築港本町3-16。24時間営業、年中無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン149●うどん88●そば24●チャンポン18●その他60 
◎今月の総ジョグ距離9km / 通年479km

Posted by heno at 2010年10月07日 11:53
コメント
コメントしてください




保存しますか?