2010年10月27日 水曜日

●【浪花うどん満永@城南区別府】 浪花版めんちゃんこ現る

久しぶりの終日社内勤務。午前中の仕事が一段落したところで、昼麺ポタ。さぁて今日はナニを啜ろう?久方ぶりに未羅来留亭?いや、大徳屋の黄そばにするか??そう言えば荒江から西新へ移転してきた琉球料理GO!YAの沖縄そばも啜ってないしぃ…。アレコレ考えつつペダルを踏んでいると、突如麺神降臨。

「汝、肌寒いこの季節は、やっぱ、うどんでっしゃろう?
浪花うどん満永が開店してるかも知れまへんでぇ。」

せやったせやった、そうやったぁ。ほな早速、ダメモトで行ってみまひょっ!

浪花うどん満永

福岡新麺店情報データバンク、俺コレ!でその存在を知り、屋号の「浪花うどん」と「九州初上陸! うどん・そば・ちゃんこのお店」のキャッチコピーに惹かれた、「浪花うどん満永」。住所を頼りに訪ねると、「ちゃんぽんくくる」の入居している雑居ビルの2階に白い看板と提灯を発見。

正午過ぎの店内には先客なし。カウンター席に座りメニューを探すと、壁に「うどんかそばをお選びください680円」との張り紙。注文を取りに来た奥さん曰く、昼のメニューは1種類のみ。調理法は同じで、うどんかそばが選べるとのこと。オススメを尋ねると、「うどんを頼まれる方が多いですねぇ。」 屋号も浪花うどんだしと、うどんをたのむ。

うどん◇浪花うどん満永

新聞を読みつつ待つことしばし、運ばれてきたドンブリは、かなり大振り&開口部が楕円に変形したオサレな造り。そしてうどんも、白菜、つくね、豚肉、白葱とこんもり盛られた具に、ポテッと醤油色のスメが、ちゃんこ風でナカナカに個性的。

まずはスメとレンゲで一啜りすれば、まるんと広がる様々なダシのナンとも芳醇なる味わい。昆布や削り節に加え鶏ガラや根菜など、おそらく色んな食材でダシをとっているのだろう。色んな旨味がまるんとまとまった、まさにちゃんこ的味わいに思わず頬が緩む。

合わさるうどんはかなり細め。なれど、にっちりと粘るコシとヒキで己の存在感を強烈にアピールし、芳醇スメと対等に張り合う強者ぶりがたのもしい。噛み込むほどに広がる小麦の風味もドンピシャ我がツボ。

てんこ盛りの具との食感&味わいのハーモニーがナンとも楽し旨し。軽くニンニクの風味がきいたつくねが好アクセント、ドンブリ縁に添えられた柚子胡椒で味輪の変化も楽しみつつ、ペラペラと新聞をめくりつつノンビリ啜る、束の間の午後のシアワセ。

どん兵衛

深夜の残業のお供に、新どん兵衛。
「三層太ストレート製法」による
太さ2ミリ超の「“最太”ストレートめん」に変わったというが
以前とさほど変わりなしで、チトがっかり。

 

浪花うどん 満永:うどん680円。福岡市城南区別府1-21-3-2F。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン157●うどん95●そば26●チャンポン18●その他64 
◎今月の総ジョグ距離66km / 通年536km

Posted by heno at 2010年10月27日 12:45
コメント

ここってぼくんちの近所ですね!

もしや1Fはちゃんぽん屋さんですか?

近所の大助うどんさんも未食なんですよね~

近いから和助ばかり寄っちゃうんですよ!?

Posted by たんしん at 2010年11月04日 22:39

はい、ちゃんぽんくくるの入居しているビルの2階ですよ。

Posted by への at 2010年11月05日 20:58

正直 うまい
だし に おどろいた。
意表を突かれる本格さ 

Posted by Anonymous at 2011年01月26日 13:07

最近はカレーうどんも出しているとか。
近々再訪したい一軒デス!

Posted by への at 2011年01月27日 01:57
コメントしてください




保存しますか?