HENO HENO: 2010年11月 アーカイブ

2010年11月30日 火曜日

●【長安@粕屋町仲原】 がっつり本場味のどぎどぎ刀削麺

飯塚の得意先へ納品に向かう途中に、ズズッと昼麺。先月たまさか前を通りかかり「西安刀削麺」の看板文字に惹かれまくった、長安へ。

 

長安

正午前、こざっぱりとしたインテリアの店内はテーブル席オンリーのコンサバ系。そして更にBGMはスタンダードジャズかぁ……。

うう~ん、コリャなんだかイヤな予感……。

おっかなびっくり卓上に置いてあったメニューを見ると、ランチタイム刀削麺は、トマト玉子スープに、醤油風味の炒め刀削麺、汁なしと汁ありの担々刀削麺の4種がいずれも650円。そして月替わり刀削麺が海鮮、牛筋肉、黒酢の3種でいずれも680円。さらにグランドメニューを見ると、つけ麺で食べる釜揚げ刀削麺650円なんて変わり種も。威海金絲猴だんざ如家東方見聞録的厨房、崟泉楼と、福岡で刀削麺を出す店多々あれど、コレだけのメニューを揃えた店は他に知らない。

いずれもオモロそうな刀削麺の数々に、普段はほとんど迷うことなくオーダーを決める私だが、珍しく熟考。消去法で徐々に候補を絞り込み、トマト玉子と、牛筋肉、釜揚げの3種まで絞り込み、最後は「どれにしましょうか?麺神様の言うとおり」で、やっとさ牛筋肉に決める。

牛筋肉刀削麺◇長安

待つことしばし、目一杯大振りなドンブリにナミナミと注がれた牛筋肉刀削麺登場。コレだけボリューム感のある刀削麺は初めてだ。具も牛スジ肉に白菜、ホウレン草、モヤシ、キクラゲとカナリのてんこ盛り。コリャ食べ応えありそうだと、まずはレンゲでスープを啜れば、見た目通りの味噌っぽい素朴な味わいに、鷹の爪のピリ辛と八角らしき中華香辛料のオリエンタルな風味が加わった曲者美味が、カナリ我がツボ!いなたい中華テイストに、ふと中国湖南省で食べたヘビの煮込み料理のスープの味を思い出す。

牛筋肉刀削麺◇長安

麺生地を削り麺にした刀削麺。その製法ゆえの、不均一な厚みが織りなす食感の乱調がナンとも愉快。噛み込んだときのニチニチと独特な粘りゴシは、生地の寝かせ具合によるものか?はたまた小麦粉に演出系の粉も加えた生地作りをしているのだろうか。他店にはない食味がコレまた楽し。

具の牛スジ肉もよく煮込まれていて、クニクニ美味。大振りキクラゲのシャクシャクに、白菜のパリパリに、ホウレン草のサクサクトロトロと、様々な具の織りなす食感と味わいのラビリンス。

奥の厨房から漏れ聞こえる声は、中国語。食べログの口コミによると、金絲猴で働かれていた中国の料理人がヘッドハンティングされ勤めているとのことだが、金絲猴よりコチラの刀削麺の方がカナリ我がツボ。是非機会を作り、次回は夜。一品料理も食べてみたいし、なによりトマト玉子&釜揚げ刀削麺を食べてみたい!

長安

酒肆ちろりカニ味噌焼き・揚げたて厚揚げ

夜は酒肆ちろり
渋めのアテで地酒をアレコレ浮気飲みが楽し旨し。

長安:牛筋肉刀削麺680円。福岡県糟屋郡粕屋町大字仲原2589。11:30~14:30&17:30~23:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン176●うどん109●そば32●チャンポン19●その他67 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:09 | Comments [2]

2010年11月29日 月曜日

●【悠翔樹@中央区笹丘】 イツクシミ ウルワシ

午前中の社内での雑務が一段落し、やっほぉ昼麺!今日こそ啜るノダ、悠翔樹の塩ラーメンを!!

先々週の土曜日にとだいTwitterでその存在を知り、めっさ気になるも都合が合わず10日間おあずけ状態だった、悠翔樹の新メニュー、塩ラーメン。スポーツ新聞をめくりつつ待つことしばし、差し出されたドンブリは、黄金色に澄んだスープと中太の縮れ麺。具は鶏のササミと水菜と白葱。別皿で柚子胡椒が供される。

ナンとも美人でアル!しかもこの香りっ!!
うっしゃぁ、こりゃ旨いに違いないっ!!!

鯛・豚骨・鶏の塩ラーメン◇悠翔樹

レンゲを持つ手ももどかしく、まずはスープを一啜りすれば、ほわっと優しく、かつ豊かに広がるダシの旨み。雑味は一切ナシ。柔らかなダシの芳醇なる旨みが全ての滋味。店主曰く、豚骨のスープをベースに、しっかりと煮てとった鶏のモミジのコラーゲンと、鯛の煮こごりを香味油的に使って仕上げたのだとか。こざかしい演出は皆無。それぞれの素材をそれぞれきちんと料理し合わせた優し味。

そして麺も旨い。中太の縮れ麺は滋味スープとよく絡み、ビチビチと口に収まる触感然り、ぷるんと跳ねる優しいコシ然り、中太ならではの豊かな噛み心地然り、この滋味スープにドンピシャ相性抜群。

鶏ササミのモソモソ&葱と水菜のシャキシャキとの食感&味わいのハーモニーもナンとも楽し旨し。半分食べ進んだところで柚子胡椒を少量足して味わいの変化をチト楽しむも、この滋味スープに辛味を加えてしまっては、あまりにももったいない。ダシの自然な甘みを存分に味わいたい。柚子胡椒ではなく柚子皮が欲しいなぁなど思いつつ、ゆるゆる完食。

悠翔樹

帰りがけにスタンプカードをもらう。
ラーメン一杯でスタンプ1個、
10個で替え玉1玉、20個でラーメン一杯サービス。

悠翔樹:塩ラーメン520円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 12:00~14:30&19:00~23:30(木曜&祝日は夜のみ営業)、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン176●うどん109●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:06 | Comments [0]

2010年11月28日 日曜日

●【まつばラーメン@久留米市】 あるべきイニシエ

なにせ今日は麺喰い休日と決めたのだ。確かに津軽らぁめん じょんがら煮干しは旨かったぁ!が、せっかく久留米まで来たノダ。たった一杯啜っただけでスゴスゴと帰るわけにゃぁ、イクまいてぇ!!んで、もう一杯。今年の夏からの宿題麺である、まつばラーメンへ。

まつばラーメン

町の電器屋さんの麺ドラと温泉!でその存在を知り、ズッと気になっていたまつばラーメン。住所を頼りに訪ねると、久留米市南部の古くからの公団住宅が林立する一画に、ナンともエエ感じに草臥れた白い外観。

屋号の「まつば」が白く染め抜かれた藍色の暖簾を潜ると、正午過ぎの店内は先客1名。随分と年配のお父さんが、店片隅の高い位置に設置された14インチテレビから流れるNHK のど自慢を眺めつつ、既に8割方食べ終えたチャンポンに卓上の紅ショウガを加えつつ、ズルズルと休日の昼食を楽しんでいる。

空いていたテーブル席に座り、カウンター席上部の手書きのメニュー書きを眺めると、「ラーメン400円」に「チャンポン450円」に「ホルモン300円」!こりゃjほるモン&焼酎経由、ラーメンで1000円アンダーの黄金庶民派ホリデーディナー・コースを楽しみたいっ!んが、今日は車で来ているしぃ……。んで、渋々と、ラーメンだけをオーダー。

ラーメン:まつばラーメン

スポーツ新聞をめくりつつ待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、わぁおわぁお、ドエラク男前ぇ~!!イイ感じに透明感を残す白濁スープに、大振りのチャーシューが3~4枚に、シナチクに海苔に葱にゆで卵の輪切りまでのってるでないのぉ~~。

随分と大盤振る舞いな見た目に目を細めつつ、まずばスープとレンゲで一啜りすれば、まるんっと柔らかく、かつ力強く広がる豚骨ダシの旨み+ナンとも絶妙なるニンニクのきき具合が、正統久留米ラーメン。かれこれ30年前になるのか、花畑の大龍本店で初めて久留米ラーメンを啜った時の感動再び。

中太麺のガサゴソと粉っぽい味わいもドエラク気分。力石徹の両手ぶらり戦法よろしく、ナニも構えずただひたすらに「チャンと作った結果がこのラーメンです」的心意気と潔さがぐいんと染みるイニシエ系。数々の具による味わいの変化も天晴れ美味。ナンちゃナイけどナンとも旨い極上普通味ラーメン癒されマクリ。

ああ旨いなぁとズルズル啜り精算すると、「ありがとうございましたぁ!」とにこやか笑顔のお父さん&お母さん。あははぁん、惚れてまうやろぉ~!的名店が、ナンちゃナイ住宅街に点在する久留米は、四の五の言っても豚骨ラーメン天国だよなぁ。

まつばラーメン:ラーメン400円。久留米市津福今町457-7。11:00~20:00、火曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン175●うどん109●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:52 | Comments [0]

●【らぁめん花月嵐@久留米新合川】 ド煮干しLOVE

山口防府の一泊二日出張から昨夜帰宅。今日はのんびり&まったりと麺喰い休日でも過ごすかと、ネットでアチコチ覗いていると、トンマニTwitterに気になるつぶやき。

らぁめん花月嵐で「津軽ラーメン」なる期間限定ラーメンが啜れるのかぁ。
ナニナニ?「煮干しが強烈なスープに、うどんみたいな太麺」ですとぉ?!
「煮干し」に「うどん」に「太麺」と我が好みのキーワードが満載でないのぉ~!と備忘録を兼ねてそのつぶやきをリツイートすると、香港凪「豚王」の店長より「そのど煮干し中華そばはカップ麺もウマシです!」とのリプライが。そしてさらに、高性能旨いもんセンサーの持ち主、てんもりさんのブログにもそのラーメンの実食リポが高評価。我が信頼を寄せる麺グルマン達がこぞって絶賛する期間限定ラーメン、こりゃ啜らんわけにはイカンでしょう!

らぁめん花月嵐

久留米市北部の幹線道路沿いの大型ショッピングセンター、ゆめタウン。その2階のフードコートに着くと早速「津軽らぁめん じょっぱり煮干」のド派手な幟が目にとまる。カウンターでオーダーし、呼び出しベルをもらい、出来上がりを待つ。

津軽らぁめん じょっぱり煮干し◇らぁめん花月嵐

待つことしばし、呼び出しベルが鳴り、カウンターへ。茶褐色に濁ったスープが迫力満点。トレイに受け取りテーブル席へと運んでいる途中から、湯気とともに猛烈に香る煮干しの香りに食欲がかきたたれマクリっ。こりゃタマランなぁとテーブル席に着席するや否や、ドンブリを両手に抱えズズッとスープを一啜りすれば、ぐわんっと力強い煮干しの風味と、その風味をラーメンスープの味わいへと誘う醤油ダレと豚骨ダシの旨み。昨今流行の濃厚魚介スープとは明らかに一線を画する。脂は最小限に抑えてあり、口当たりは軽やかなれど、猛烈な煮干しの旨みがインパクト大。素朴なようで今風で、懐かしいようで新しいナンともオモロな味わいに我が麺心は一発でフォーリン・ラブ。

津軽らぁめん じょっぱり煮干し◇らぁめん花月嵐

そして麺も独特美味。中華麺に不可欠なカンスイは使わず仕上げたという中太麺は、つるんとした啜り心地然り、ぷにんと愛らしいなコシ然り、軽やかな食味がナルホドうどんチック。自然、煮干しダシとの相性も抜群。量もかなり多めで食べ応えアリ。具はバラ肉チャーシューとシナチクと白葱と至ってシンプルだが、この猛烈煮干しスープには多くの具は要らない。スープと麺をメインに十二分に味わいつつ、ときたま具で味わいの変化も楽しむぐらいが、うん、ちょうどエエ。(←二丁拳銃調で)。「FCラーメンはその出来があまり期待出来ない」なる我が麺喰い経験則を考え直さざるを得ない、ナンとも上出来美味オモロラーメンに、万歳三唱。

津軽ど煮干し中華そば◇エースコック

で、あまりの旨さに、早速夜は
エースコックから商品化されたカップ麺をついつい啜る麺馬鹿一匹。

らあめん花月嵐ゆめタウン久留米店:津軽らぁめん じょっぱり煮干し670円。福岡県久留米市新合川1-2-1ゆめタウン久留米2階フードコート内。10:00〜22:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン174●うどん109●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 11:28 | Comments [3]

2010年11月26日 金曜日

●2010年11月26日(金)のお麺なつぶやき

あたしゃルートイン防府、らう。客室へのエレベーター内に上田カレーのメニューカレー書きアリ。どうやら上田カレーはルートインの直営飲食店なのかな? http://twitpic.com/3ac8zp

【吟@山口防府市】うぬぅ…、コレも下松牛骨ラーメンか??@heno_kyon http://twitpic.com/3abz0n

【海風屋@山口防府】やっぱ山口は牛喰い文化園か?昼麺の牛すじ肉ラーメンに続き、夜居酒屋も牛メニューが満載。 http://twitpic.com/3abhwq

【悠翔樹@中央区笹丘】新メニュー「塩ラーメン」の実食リポが。めっさ旨そう!@TODAY_TODAI

【ドルヒィン@山口防府】山口で遭遇、どぎどぎラーメン!?久留米ラーメンがウリのドルフィンで敢えて岩塩ラーメンをたのむと、コッテリ濃い味の牛スジ肉がてんこ盛り。 http://twitpic.com/3a8r0n
 

そしてmixiアプリ対応 無料携帯ゲーム 『ラーメンWalkerコレクション』もスタート。 http://t.co/Lx25Pn7

ラーメンバンクのiPhoneアプリ 【 ラーメンバンク for iPhone 】 が、AppStoreに登場。 http://t.co/H5798O0

鳥取ご当地ラーメン「牛骨ラーメン」をお取り寄せ? http://t.co/9htHZUO

早速ローソンで買い食いするも、いわゆるフツーに旨い肉まんでんな。 http://twitpic.com/3a6scm QT @heno_kyon: ヤマザキ・グルメボックス 〜 大砲ラーメン監修 『とんこつ肉まん』 〜 http://t.co/7128URQ

 

【ラーメン源@博多区千代】巨大バラ肉チャーシューの新ラ店でしたか?!@ryomakobayashi http://ow.ly/3fBi5

posted at 08:09:22

【丸亀製麺@博多区西月隈】西月隈三丁目交差点に11月26日オープン。向かい角には人力うどんが営業中。

posted at 08:00:26

ヤマザキ・グルメボックス ~ 大砲ラーメン監修 『とんこつ肉まん』 ~ http://t.co/7128URQ

【松源@山口市】山口にもどぎどぎうどん?? http://t.co/hGIFJ14

posted at 07:54:20

【博多らあめん えん舞@博多駅前】次回の期間限定麺は、油そばタイプの和え麺か? http://t.co/AI9ps4B

【五島軒@中央区荒戸】手打ちうどん提供にともない、新メニューをイロイロとと試作中。 http://t.co/5i4cnTp

ドルフィン:岩塩ラーメン680円。山口県防府市開出本町12-12。10:00~22:00、水曜休み。Pあり。

中華そば 吟 防府店:牛こつ醤油中華そば600円。山口県防府市戎町1-9-21。11:00~15:30&17:30~24:00(土日祝日は11:00~24:00)、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン172●うどん109●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 09:23 | Comments [0]

2010年11月25日 木曜日

●【よっちゃん食堂@南区警弥郷】 染みる「再会」

福岡空港からほど近い五斗蔵交差点角、トライアル空港店の駐車場スペース。今や福岡きっての人気店、極太麺に山盛り野菜のジャンクな二郎系ラーメンを出す島系本店が営業しているが、その隣の現在はうどん屋善勝が営業している店舗に、にかつてマルセンというラーメン屋が営業していた。

かつて 福岡市の対馬小路に、50年続いたラーメンの名店があった。戦後 屋台からスタートした その店の名は「浜荘」。ラーメン好きの博多っ子がのどを鳴らしてラーメンをすすったその店は、今から12年前に惜しまれながら 暖簾を下ろした。その味を今に伝える店が、実は志免町にある。

(※以上、いけいけラーメン王より転載)

かれこれ10年前になるのか。マルセンのラーメンを初めて啜った時の感動は忘れられない。透明に澄んだ一見頼りなさげなスープなのだが、その見た目に反しシッカリとダシがきいた深い味わいは、それまで食べてきた豚骨白濁スープとは一線を画する、滋味。なるほど、古き良き博多ラーメンとは、こんな味わいだったのかぁと、シミジミ啜ったのであった。あまりの感動に、会社の同僚を誘い2~3回通うも、その3ヶ月後、突如閉店。そして、博多区対馬小路で営業再開との噂も現実とならず。

そんな我が麺心に深く刻まれた思い出の味に近いラーメンが博多区警弥郷で啜れるとのトンマニTwitter。ソリャ是非とも、しかも早々に啜りたひっとGO SOUTH。

よっちゃん食堂

福岡市南部の古くからの住宅街、警弥郷。入り組んだ細い路地を進むと、地区の鎮守様然とした趣き有る小さな神社のすぐ隣に、イイ感じに古びたプレハブ造りの店舗。玄関横には出前用のスーパーカブ。そして、入口上部の看板には「チャンポン ラーメン カツ丼 親子丼 皿うどん 焼き肉 ホルモン その他色々」とのメニュー書き。正統イニシエ系街の食堂である。

暖簾を潜ると縦長い店内には先客は中年男性1名。チャンポンと白飯を交互に突きつつ、ペラペラと漫画の単行本をめくっている。入口右手のカウンター奥の厨房にはおばちゃん2名。女性のみで営業するスタイルも、正統イニシエ。

ラーメンをたのみ、カウンター席で新聞をめくりつつ出来上がりを待っていると、次々と電話のベルが鳴る。どうやら近所の顧客からの出前注文のようだ。のんびりとしていた厨房がやわら活気づき、おばちゃん2名がそれぞれ担当の料理をチャキチャキと仕上げていく様が、頼もしい。

ラーメン◇よっちゃん食堂

ほどなく差し出されたラーメンは、ナルホド白濁スープがイイ感じに透明感を残している。そしてネギと共に予め振られたゴマもマルセン風。そして湯気とともにふわりと香り立つ豚骨ダシの芳しき香り。

うっはぁ、こりゃイケルに違いなひっ!

レンゲを持つ手ももどかしく、スープをズズッと一啜りすれば、ふわりと広がる豚骨ダシの柔らかな旨みと、その旨みを軽やかに底支えするラードの甘み。ナンとも柔らかで、かつ瑞々しいこの味わいは、うんうん、あのマルセンだぁ。ナンとも懐かしい味わいとのウレシイ再会に、思わずにひひと頬が緩む。

麺はカナリの柔茹でテロテロで、まるで素麺を煮込んだにゅーめん状態。マルセンの麺はもう少しガサゴソと無骨な食感だった記憶があるが、このテロテロ麺は十分アリ!いやむしろ、このテロテロの方がその優しい食感が滋味スープと相性抜群で、むしろ我が好み。

が、待てよ。マルセンを食べてから既に10年、我も歳お重ねた結果、味の指向も枯れてきた証なのかも……。など思いつつチャーシューを囓る。と、コレがドエラク旨いでないのぉ!イニシエ系ラーメンにのっているチャーシューは冷蔵庫臭い草臥れた味わいが定番なのだが、ナンのソノ。もっちりとした食感然り、豚肉の甘さを生かし切った適度な調味具合然り、豚肉の旨みが生きた上出来美味なる味わいが、サプライズ美味。そして葱も新鮮シャキシャキ美味。こりゃラーメンの具としてだけではモッタイナイ!是非とも休日昼間、チャーシュー&葱で瓶ビールを楽しんでみたいぞぉ。

よっちゃん食堂:ラーメン500円。福岡市南区警弥郷3-3-6。11:00~20:00、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン170●うどん109●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:13 | Comments [0]

2010年11月24日 水曜日

●【きよたうどん@久留米長門石】 手延べ&煮込みが久留米うどん?

午前中の久留米市内での営業を終え、さぁさ昼麺。念願の宿題店である、きよたうどんへ向かう。

きよたうどん

久留米市西部の新興住宅地である長門石地区。ニューファミリーを当て込んでか、町中央の幹線道路沿いには大砲ラーメン長門石店つるてん八賀来など、町の規模からすると多めの麺屋が営業している。

そんな幹線道路から一本住宅街へと入り込んだ路地に、目指すきよたうどんを発見。巷のブログ情報によると、つるてん八賀来の師匠店と言うことなのだが、ここきよたからつるてんまでは、直線距離で500mほどしか離れていない。普通に考えると、こんな至近距離に独立開業する弟子はいない。て事は、つるてんはきよたの親戚筋なのか?それとも資本関係のある系列店なのか??

暖簾を潜ると正午過ぎの店内は8割方客で埋まっている。いわゆる一昔前のうどん屋然とした目一杯ざっくばらんな造りが居心地良し。空いていた大型テーブル席の片隅に座り、壁に貼ってあるメニューを見ると、うどんに加え唐揚げや白身魚のフライなど揚げ物類の定食が豊富にラインナップ。そして店内の男性客の8割方はうどんではなく定食を食べている。

うへぇ、カノ美味うどん店つるてん八賀来の師匠店ということで
さぞや旨いうどんが啜れるのでは、と期待して来たのだが、
うぬぅ、ナンだかビミョーだぞぉ……。

が、今更ジタバタしてもしょうがない!と「初う店はごぼう天」をたのむ。と、カウンター席奥の厨房から、

シュッ、シュー、シュシュシュシュー…

おぉ、この音は圧力釜のキャップから湯気が噴き出す音じゃないかぁ。て事は、きよたうどんも圧力釜でうどんを茹でるのかぁ?!

ごぼう天うどん◇きよたうどん

北朝鮮の暴挙を報じる新聞をめくりつつ待つことしばし、うどんが運ばれてくる。

おやおやぁ?コリャどこかで見たようなうどんだぞぉ……?
あぁ、そうそう、久留米荘のうどんにソックリじゃないかぁ!!

ところどころ泡立ったスメに、強烈に香り立つダシの香り。そして、丸っこいうどん。いずれも久留米市民のソウル麺である、久留米荘のうどんと瓜二つなのだ。

ドラドラと、まずはスメを一口啜れば、久留米荘ほどではないにしろ、グインッと荒ぶる魚介ダシのいなたい旨みが、やっほぉ!エエ感じぃ~!!ならばうどんと箸で一筋掴みズズッと手繰れば、ツルツルと口に収まる丸麺ならではの啜り心地と、細めながらもプニンッ、プニンッとヒキの強いこのコシは、ひょっとして手延べうどんなのんか?!

ごぼう天うどん◇きよたうどんかつて久留米のグルメシティ店で目撃したが、泡立つスメは、うどんをスメとともに鍋に入れシッカリと煮込んだ結果であった。考えてみると、小麦粉の記事を引っ張り延ばす手延べうどんは、麺表面がツルツルとしてコシが強い。て事は、スメの味が麺内部へと染み渡りにくいから、共に入れて煮込むのかも……?そう言えば、久留米市の北隣、佐賀県鳥栖市の人力うどんめん一番も手延べうどんだった。て事は、鳥栖から久留米にかけてのこの一帯は、ひょっとしてもともとは手延べうどん文化圏だったのだろうか???

きよたうどん:ごぼう天うどん370円。福岡県久留米市長門石4-2-9。11:00~15:00&17:00~20:00、日曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん109●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:41 | Comments [0]

2010年11月23日 火曜日

●【手打蕎麦 不老庵@東区香椎】 初夏に啜りたひ緑蕎麦

いやはや、すっかり老いぼれだ。先週からの風邪がいまだ治らない。微熱続きでぼやんと気怠い朝。折角の休日をこのまま寝床で暮らすのも悔しいぞと、もそもそ起き出し、せめて昼麺。ソワニエの最新号の蕎麦特集でビビッと惹かれた「ずんだそば」を啜りに、手打蕎麦 不老庵へ。

かれこれ3年ぶりか。久方ぶりに訪ねると、正午前だというのに店内はほぼ満席状態。3年ですっかり顧客がついたようだ。空いていたカウンター席に滑り込み、一応ざっとメニューに目を通すと、温せいろそばを温つゆで食べる「あつもり」にビビッと惹かれるも、初志貫徹。ずんだそばを頼む。

ずんだそば◇不老庵

枝豆をすりつぶした「ずんだ」は東北地方の郷土料理。それを蕎麦にかけたという「ずんだんそば」。枝豆=未成熟な大豆、て事は呉汁の青臭い感じか?と思いきや、呉汁は大豆のペースト×白味噌=もったり素朴だが、この「ずんだそば」は、(枝豆のペースト+山芋とろろ?)×蕎麦汁=青い土風味×キリリと鯔背な味わいのコントラストが悦楽美味。ほんの僅かに柚子皮が忍ばせてあるのだろうか、微かな渋みと酸味が、その悦楽コントラストを更に味わい深く際立たせる。そして、細打ちの温蕎麦の艶やかな味わい。ひと癖あるずんだ汁と密に絡みつつも、しゃくりと解け、ふわりと甘い、ナンとも木訥なる風味が、たまらん、たまらん!

中央に数粒のった枝豆のつるりとした食感が好アクセント。せいろなど、冷蕎麦を啜りつつ酒を飲みたくなることは多々あれど、これだけ風味豊かな温蕎麦冷である。酒飲みつつ啜れば更にその旨さを満喫できるのにと、車でやって来た我が愚行を後悔しつつ、ズルズルと啜る休日の午後。

香椎宮

食後はすぐ横の香椎宮。
七五三の子供達に目を細める我のオヤヂ度を実感しつつ、お参り。

徳永寺

そして帰りしなに、紅葉が素晴らしいと聞いた徳永寺に立ち寄る。
野芥の住宅街の奥のこぢんまりとした山寺なれど、
参道には見事に色づいた紅葉が。

徳永寺

春はさくらも見事とのこと。
来春はここで花見酒なぞ楽しむかな。

手打蕎麦 不老庵:ずんだそば900円。福岡市東区香椎4-13-14。11:30~14:30、火曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん108●そば32●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 11:52 | Comments [3]

2010年11月22日 月曜日

●【五島軒@中央区荒戸】 志麺

2年前、オリジナルの創作麺料理「あごだし麺」の店として開店した五島軒。焼きアゴのダシでとったスープに中華麺を合わせたその味わいは、正に独特。そして開店1ヶ月後にはカレー担々麺なる更なる創作メニューを発売。その後も、つけ麺や飛びつくね麺など、オリジナルメニューの開発に余念がない。

店主の麺に対する情熱はとどまるところをしならない。今年に入ると、創作メニュー作りに加え、麺作りにも取り組む。まず6月、福岡県産のラーメン用小麦粉「ラー麦」を使い、製麺機自体も自ら自作し、中華麺を自家製。更に10月からは屋号に冠した五島の手延べうどんを自家製しようと日々試作&挫折を繰り返えす。そして11月、手延べうどんは来年の宿題とし、手延べ試作で培ったうどん作りの経験を生かした手打ちうどんを発売

アゴだしうどん◇五島軒

国産小麦100%、捏ねと寝かしを数回繰り返した後、一晩熟成させたといううどんは、啜った時のスルスル感がナンとも悦楽。正に文字通り、「ツルツル」ではなく、「ガサゴソ」でもなく、絶妙に「するする」なのだ。そして、噛んだときのぷにんっと愛らしいコシ。「くにっ」でもなく、「ぷりんっ」でもなく、「ぷにんっ」。そして、噛み込むほどに豊かに広がる小麦の風味。ちょっと素朴でちょっと小粋。その塩梅が独特美味なる中細うどんに、ほっこり。

スメも滋味美味。焼きアゴのダシらしき華ある風味と醤油カエシのキリリと鯔背な後味がドンピシャ我がツボ。卓上に置いてある自家製の柚子胡椒を少量入れれば、柑橘系の香りが更にその味わいを鮮やかに描き出す様も、コレまた楽し旨し。

アゴだしうどん◇五島軒

店主の麺に対する真摯な姿勢をソコカシコにコレでもかと感じる志麺に、心身ともにほっこり満腹。うん、来年の手延べうどんの完成も楽しみだ。

あごだし麺 五島軒:アゴだしうどん580円。福岡市中央区荒戸3-4-20 パークサイドアイビー2階。。 11:30~14:50&18:00~21:30(土曜日は昼のみ営業)、無休。Pあり(ビル1階駐車場の1番、2番、3番)。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん108●そば31●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:46 | Comments [0]

2010年11月21日 日曜日

●【こまどりうどん@西区福重】 福岡うどんチェーンを啜る その五

朝目覚めると、外は爽やかな青空。なれど我が身は猛烈なる二日酔い…。そして更に、先週半ばから引いていた風邪が悪化したのか、喉は痛いし、全身ほわんと熱っぽいし、頭がどよんと重たい……。

今日は限定ラーメンが目白押し、拉麺空海雑餉隈店のトマト豚骨ラーメンに、shinshinの今日だけアニーさんお茶漬けラーメンに、でびっと4周年ラーメンと気になるラーメンだらけだが、この体調ではアキマヘン、ラーメンはとてもじゃないけど食べられマヘン……。ならば、うどん。温かうどんをほっこり啜り、薬を飲んで寝るのが一番と、こまどりうどんの福重店へ。

こまどりうどん福重店

午前10時過ぎ、店に着くと広々とした店内に先客ナシ。入口左手の厨房で、ちょうど店主がうどんを茹で釜に投入している。

「すんませ~ん、茹で上がるまでしばらくお待ちくださいねぇ!」

恐縮する店主に笑顔を返し、空いたテーブル席に着き、メニューをざっと眺めるも、心は既に決まっている。気怠い朝は、ほんのり甘い煮汁が癒し系のきつねうどんで決まりっ。オーダーした後、携帯でメールのチェックをしていると、

「今うどんを茹で始めたので、もうしばらくかかります。
すみません、どうぞ新聞でも読んでお待ちください。」

と店主が自ら新聞を持ってきてくださる。細かな心遣いも味のうち、どうぞどうぞ、美味しいうどんが食べられるのならいくらでも待ちます、待ちます!

きつねうどん◇こまどりうどん福重店

新聞をスポーツ面まで読み進んだところで、きつねうどんが運ばれてくる。テーブル席に置かれた瞬間、ふわっと香り立つダシの香りに、思わずむふふと頬がゆるむ。いやぁ、エエねぇ、コレぞ由緒正しき(?)、体調不良の時の朝うどんやねぇと、抱えたドンブリの熱が両掌にじんわりと伝わる感覚も楽しみつつ、ズズッとスメを一啜りすれば、ふわっと華咲く削り節らしきダシの香りと、きゅいんとドライブするカエシの旨みと、すぐその後を追ってくる昆布ダシらしき母性溢るる素朴な風味。

あははぁ、こりゃ旨いっ。タマラン旨いなぁ!

それまでのどよんと淀んだ気分が、スメ一啜りで一転、イキナリのほんわか極楽気分。

きつねうどん◇こまどりうどん福重店

そしてうどん。揚げの下から引っ張り出すと、既に角が丸まり気味。我が目でしっかりと確認したのだ、間違いなく茹で立て=普通はキリリとエッヂが立った角張ったうどんのはずなのだが、こりゃ小麦粉に加えアレコレイロイロ工夫された、カナリ意図的に作り上げられた演出系うどんに違いないと、ずるると啜れば、ねろんと滑らかかつ柔らかな啜り心地と、口当たりは柔らかなれど、噛み込むうちに、もっちり、もちもちと、艶っぽく粘る餅ゴシと餅ヒキ。

あははん、コレまた楽し旨しっ。タマラン癒されるぅ。

揚げはおそらく稲荷寿司用に煮た揚げと共用か?噛み込むとジュルッと溢れる甘い煮汁と揚げの香ばしい風味が好アクセント。更に卓上には取り放題の揚げ玉サービスと、薬味も一味ではなく七味唐辛子が置いてある。うどんと揚げで半分楽しみ、七味唐辛子を入れ残り半分を楽しみ、最後は揚げ玉を少量トッピングし、ズルズルとまったり完食。

コレだけ旨くて価格はウレシイ380円。さらに、チャンポン風の「うどんチャン」

や、和風ラーメン「トンチンメン」や、もつ煮込みうどんやカツカレーうどんなど、オリジナルの創作うどんに、ドンブリも15種と半端ないメニューのバリエーション。うん、コレぞ超優良普段使いうどん屋ナリっ!form北九州の資さんうどんナニするものぞ!どっこい博多には、こまどりうどんアリっ!!

 

こまどりうどん

●店舗数:10店舗 (2010年11月現在 公式HPでカウント)
●店舗規模:大規模な店舗に中人数の店員
●メニュー:うどんに蕎麦、韃靼蕎麦、茶蕎麦も胃揃える。ドンブリ種も豊富。
●価格:かけうどん280円・ごぼう天うどん390円。
●サービス:卓上に揚げ玉サービス、一味ではなく七味唐辛子、梅が枝餅も買える

こまどりうどん福重店:きつねうどん390円。福岡市西区石丸4-1-28。10:00~21:30、4th木曜(祝日の場合は翌日)。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん107●そば31●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 20:54 | Comments [5]

2010年11月20日 土曜日

●2010年11月20日(土)のお麺なつぶやき

【そば処芭蕉庵@北九州八幡東区】九州手打ち蕎麦同好会主催「新そば祭り」が、11月23日(祝・火)、同店で開催。いずれも当日限定メニューである釜揚げ丸天そば(温)と千切り大根ぶっかけそば(冷)が各500円。収益金は福祉施設へ寄付されます。 http://t.co/Eitxwnu

レンコンが練り込んであるという「つくばうどん」に、そりゃもう惹かれまくり! http://t.co/STgCHbA

【ラーメン仮面 55@中央区薬院】 ヌワラエリアのエスニックラーメンが専門店で12月に提供開始。店主日記サイトでは草香江と記してあったが、ナンと薬院に開店となっ?!http://t.co/1Xlxk2D

【いまとみ@中央区高砂】RT @miocel: 「いまとみ@高砂」に「カレー南蛮そば」げなよ? http://twitpic.com/38envz

若松区の大橋袂に万吉なる見かけぬ新ラ店?

国道3号線若木台交差点にラーメン暖暮の支店開店

【輪喰@久留米北野】本日20日、つけ麺発売。醤油と味噌の二種、それぞれ雑炊とセットで。

【博多つけ麺秀@天神ソラリアステージ】新メニューにトマトつけ麺が。ナポリタン風かぁ…。RT @miocel: 博多つけ麺秀@ソラリアステージに新メニュー2種。ラー油つけ麺がなくなってた。 http://twitpic.com/37k36g

味噌の次は塩か。そして来年は醤油?RT @today_todai: 今年中に、元◯の四店舗目が出るらしいです。どうやら塩みたいです。来年一幸舎大名がリニューアルして濃厚豚骨極太麺がラインナップの模様

【悠翔樹@中央区笹丘】 @today_todai: 悠翔樹に新メニュー登場。鯛・豚骨・鶏の塩ラーメン是非是非啜らねば!!

【博多五行@中央区今泉】RT @today_todai: 博多五行、とん汁ラーメン登場

【濃厚つけ麺風雲丸@南区鶴田】RT @today_todai: 風雲丸に塩つけ麺登場

【恵味うどん@中央区薬院】KBC九州朝日放送「サワダデス。」12月24日水曜放送で紹介されるとか。 http://t.co/oUWYsWi

Posted by heno at 19:49 | Comments [0]

●【うどんの角兵衛@北九州若松】 豊前裏打会全店制覇 その十一

『麺に熱い想いを吹き込んだ一品を提供すること。』
『いつも新しい個性を発信し続ける情熱を持ち続けること。』
※以上、公式HPより抜粋

うどんに対する熱き想いのもと集った19店舗で形成する、創作うどん作り集団、豊前裏打会。その一店である「うどんの角兵衛」で、天晴れ美味なるカレー釜揚げ。

うどんの角兵衛

JR二島駅前に威圧感ある黒い外観。なれど正午半過ぎの店内は、7割方客で埋まっている。地元では随分と人気の店のようだ。メニューは豊前裏打会王道のぶっかけや巨大ゴボ天に加え、「角兵衛特製丸天ごぼう」や「ササミ梅肉ときおのこのぶっかけ」など、惹かれるオリジナルメニューが目白押し。そして我が目当ての釜揚げカレーつけ麺も「牛南カレーかまあげ580円」と「なすとひき肉カレーかまあげ650円」の2種あり。しばし迷うも、おそらくカレーかまあげのデフォと思わしき牛南をたのむ。

牛南カレーかあまげ◇うどんの角兵衛

来春の福岡県知事膳へ自民党は元内閣広報官の小川氏を擁立すると報ずる新聞をペラペラとめくりつつ待つことしばし、長年の宿題麺である釜揚カレーつけ麺が配される。湯気とともに豊かに香り立つスパイシーなカレーの香りに我が麺喰い心は瞬間クレイジー状態!

あははぁ、コリャたまらんぞぉ!と箸を持つ手ももどかしく、茹で汁を張られたドンブリからうどんを掴み、温つけ汁にザブンとくぐらせ、ズビ、ズズズゥ~~と啜れば、ふわんっと鮮烈に華へと抜けるオリエンタルなカレー香辛料の風味。そして、口いっぱいに広がるカレー独自のピリ辛味に加え、どっぱぁ~んと広がるナンとも濃密な蜂蜜チックな甘みぃ。そしてさらに、ぷにゅんぷにゅんとお祭り状態で踊る中細うどんの演出系なコシとヒキ。

牛南カレーかあまげ◇うどんの角兵衛

温つけ汁には牛肉のスライス肉に加え、玉葱やゴボウの笹がきなども目一杯入っていて、カレー香辛料とインパクト大な甘みに負けず劣らずナンとも重層的な旨み&風味が広がりまくりで、テイ、ヤー、トーと、我が味蕾を刺激しまくりっ!

牛南カレーかあまげ◇うどんの角兵衛

正真正銘茹で立ての釜揚げうどんも、むちむち、ねちねち、むふふと旨しっ。くっはぁ、ヤルねぇ旨いねぇ、このカレー釜揚げはぁ!と、熱々うどんを、ふぅふぅ、ズビズビ、はほはほ、ズバンッ!と一気に平らげ、シアワセ一杯腹一杯。残った温つけ汁にご飯&卵の黄身を入れてカレー雑炊仕立てで更にガツガツ喰らいたい欲望を懸命に抑えつつ、店を出る。

せいろ◇芭蕉庵

今年も到来、秋新蕎麦!我が再愛蕎麦屋の一軒、
芭蕉庵の福井県産新蕎麦せいろ。
九州手打ち蕎麦同好会主催「新そば祭り」が、
11月23日(祝・火)、同店で開催。
いずれも当日限定メニューである
釜揚げ丸天そば(温)と千切り大根ぶっかけそば(冷)が各500円。
収益金は福祉施設へ寄付されるとのこと。

うどんの角兵衛:牛南カレーかまあげ580円。北九州市若松区東二島5-1-2。11:30~16:00&17:00~19:30、不定休。Pあり。

芭蕉庵:せいろ750円。北九州市八幡東区尾倉2-7-10。 11:00~14:30、日祝休み。 Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん106●そば30●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 19:34 | Comments [0]

2010年11月19日 金曜日

●【とんこつラーメンたくま@中央区長浜】 博多デフレ・ラーメンを巡る ~その十二 ~

中央区長浜の福岡鮮魚市場前。豚骨臭いお家騒動が続き、一帯には「元祖」を謳うラ店が乱立、我が麺心はスッカリ冷め切ってしまったかつての豚骨ラーメンのメッカに、先週新たなデフレ・ラーメン店が開店。

とんこつラーメンたくま長浜店

かつて、280円でラーメンを出していた長浜大将だった店舗に、「長浜ラーメン長浜 320円」の看板。博多おんな節。でオープンを知った、とんこつラーメンたくまの長浜支店である。暖簾を潜るとがらんと広い店内は長浜大将だった頃と、まんま同じ。nonopapaの福岡ラーメン健忘録によると、東区三苫のとんこつラーメンたくまが、長浜大将の居抜きをそのまま借りて、開店。三苫の本店で450円で出しているラーメンを320円で提供しているとのこと。

ラーメン◇とんこつラーメンたくま長浜店

ほどなく運ばれてきたラーメンは、どよんと淀んだ白濁スープがナカナカの面構え。薄切りながらもチャーシューが2枚に、ネギ、キクラゲまでのっている。どらどらとスープを啜れば、とろんっと艶っぽい口当たりとともにぽってりと広がるダシの旨みと脂の甘み。ふわりと鼻へ抜けるスモーキーな風味は、とことん火をかけスープをとった証なのか?元ダレもガチッときいていて、こりゃ万人受けする明解美味!気持ち細めの中麺の適度なガサゴソ感も定番美味。適度にアルデンテ状態の揚げ具合も文句ナシ!!

唯一難点を上げるとするとチャーシュー。作り置きして日が経ったのかタレの味が肉に染みこみすぎてダダ辛い。とは言いつつも、コレだけ旨くて、量的にも十二分に食べ応えあって320円は超格安感アリ。一帯の元祖の400円より2割安の価格設定。経営的に無理がないのであれば、是非ともこの価格で頑張ってほしいなぁと、ズルズルと啜っていると、新たな客が来店。

「スープ、ベタ!麺は20秒!!」

どうやら馴染みの客のようで、カウンター席に座る。

「昨夜は夜中の12時までやったのですが、 お陰様ですごい売上げでしたぁ。」

と嬉しそうに語る大柄の年配店主。

「20秒で揚げましたけど、固すぎたらおっしゃってくださいね、火を通しますから。」

客を思いやる気持ちもウレシイ新デフレ・ラーメン店に、フレー、フレー、フレーーのエール三唱。

DVC00015

卓上には擂り胡麻に紅ショウガ、生ニンニク、
替え玉タレ、胡椒に加え、一味唐辛子もアリ。

とんこつラーメンたくま長浜店

手造りラー油入りの「辣担らーめん550円」なんて新メニューもアリ。

とんこつラーメンたくま長浜店

本店と共通のスタンプサービスも。

とんこつラーメンたくま長浜店:ラーメン320円。福岡市中央区長浜2-5。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん105●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 13:42 | Comments [0]

●2010年11月19日(金)のお麺なつぶやき

【らーめん四郎@南区大橋】進化系味噌ラーメン「トムヤム味噌ラーメン800円」発売 http://t.co/kiPwtOJ

【蕎麦切 桜花@篠栗町】裏メニュー「そばスパ」は蕎麦つゆ+オリーブオイル+ワインビネガー+ブラックペッパ。 http://t.co/7I0Gv64

【大名ちんちん 「離宮」@大野城市】12月1日オープン http://t.co/DrGmoY6

【拉麺空海@博多区雑餉隈】毎週末恒例の限定拉麺、11月21日日曜の限定ラーメンは「苺一会 〜あなたに出会えてよかった〜」。ラーメンにのった赤い物体、一見イチゴと思いきや……。アイデア抜群!惹かれるぅ。 http://t.co/qYASjkU

【四郎@南区大橋】 RT @rkb_4day: 【クーポンを見せてトクしちゃおう!】ラーメンライター・上村氏がオススメ!福岡市大橋『らーめん四郎』麺メニュー注文時にクーポンを見せると《煮卵サービス!》11月26日(金)まで http://ow.ly/3ceS3

【芭蕉庵@北九州八幡】新そば提供開始! RT @sobasky: 新そば! http://bashouan.blog36.fc2.com/blog-entry-217.html

ソワニエ最新号の麺特集は蕎麦屋。いまとみの太打ちと不老庵のずんだそばに、惹かれるぅ。 http://www.web-soigner.jp/

【喰海@中央区天神ビル】@kinsaiya_group: おかげさまで季節限定メニューの「あったかじゃじゃ麺」「あったか汁そばの“肉そば”」大好評です。個人的にはもちもち太麺の和そばの方が好きなんですが、特製味噌ダレのじゃじゃ麺も人気なんです。ありがとうございます。

【でびっど@博多駅前】4周年記念、11月21日限定で「でびちゃんらーめん」500円を提供 http://t.co/UEOCO9u

Posted by heno at 08:56 | Comments [0]

2010年11月18日 木曜日

●【牧のうどん@西区豊浜】 福岡うどんチェーンを啜る その四

福岡市民から最も広く&深く愛されているうどん屋の一軒、牧のうどん。誰でも自由に編集に参加できるワールドワイドなオンライン百科事典サイトであるWikipediaに紹介記事が掲載されているところからも、その人気ぶりがうかがえる福岡市民のソウルフードうどんチェーンである。

人気の秘訣は「茹で立てのうどんが待ち時間なく食べられる」独自のオペレーション。大規模店舗中央の広い厨房に設置された独自開発の自動機器で、次々にうどん生地を伸して、麺に切り分け、茹で釜に設置されたバケットへ投入。バケットは茹で釜に直線上に複数配置されていて、バゲット単位で茹で時間を変えて麺の固さを調整。客は好みで固麺、普通、軟麺がチョイスできる。

具はキツネや野菜かき揚げなどのオーソドックスなものから、コロッケやオリジナル「緑のてんぷら」などユニークなものまで約20種。因みに我が再愛うどんの具はごぼう天だが、牧ののごぼう天は衣が厚く油がキツイのでイタダケナイ。で、かつては「しめじうどん」か「素うどん」、そして最近は「もやしうどん」!

もやしうどん◇牧のうどんマリナタウン店

茹でた細もやしとワカメがのったもやしうどんに、取り放題の白葱を山盛りのせて、戦闘態勢完了。スメはソリャもうアッツ熱。昆布ダシらしき野太い風味に塩気強めの、肝っ玉おっかさん的な力強い味わいが、ほっこり旨しっ。固麺うどんはにっちり抗う自然なコシ。昨今流行の食味演出系うどんとは対極の、小麦粉一本勝負的無骨さが、母は強しなスメと相性抜群。パリパリと弾けるモヤシとの食感のコントラストもドエラク楽し旨し大スキ!あはは、コリャ旨いやぁと血気盛んに一気にカッ喰らう快感よ。

牧のうどんマリナタウン店

そしてヤカンで供されるスメも牧のの魅力、継ぎ足し継ぎ足し、うどんを啜る。そして更に食べ終えてた空のドンブリに注いで〆スメを楽しむ。うどんと共に味わうと昆布ダシメインの野太い味わいなのだが、スメのみを味わうとカツオ節メインの華ある味わいに変わるから、アラ不思議。

牧のうどん
●店舗数:18店舗 (2008年8月現在 wikipediaでカウント)
●店舗規模:大規模な店舗に少人数の店員
●メニュー:温うどん約20種、冷うどん約3種、ドンブリ種はナシ。
●価格:かけうどん(要確認)・ごぼう天うどん(要確認)
●サービス:茹で立てうどんを好みの固さでオーダーできる、白葱盛り放題、スメ追加無料サービス

I.W.ハーパー ハイボール

コンビニ限定販売のI.W.ハーパーのハイボール
ハーパー特有の甘みと柑橘炭酸が合いマクリでドエラク旨しっ!

牧のうどんマリナタウン店:もやしうどん420円?。福岡市西区豊浜3-1-10ダイエーマリナタウン内。 10:00~20:00、年中無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン168●うどん105●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2010年11月17日 水曜日

●2010年11月17日(水)のお麺なつぶやき

【博多喜庵@中央区赤坂】RT @miocel: 博多喜庵、ワンコインランチ期間限定で復活 http://twitpic.com/37ihex

【玄瑛@中央区薬院】RT @miocel: 玄瑛なう。ただいまツイッターとの連動キャンペーン中。詳しくは玄瑛ブログを。 http://ow.ly/3b3EZ

【肉肉うどん@中央区西中洲】RT @miocel: 名代ラーメン亭@ビブレがなんかすっげぇスタイリッシュな感じになっとるーー!(ガビガビガビーン) ちなみに19日オープン。肉肉うどん@西中洲も19日11時30分オープン予定。 http://twitpic.com/37k5hf

【一優亭@博多区冷泉】RT @ichiyu1013: RT希望。 RTでトッピング2つ無料。 一優亭冷泉店でカレーうどんランチ。 #RTwari

【とりあえずチゲ屋@博多区神屋町】あっさり激辛チゲ味噌ラーメンに、汗だくだく。 http://twitpic.com/37ipeg

【Cafe Lieto@城南区七隈】「 カフェ風チャンポン」とな? http://t.co/thc2r5P
【五島軒@中央区荒戸】今日からうどんが自家製手打ち麺に。 http://t.co/xOS3Gxm
今夜のドーモの特集は「○○が具材?秋の新味ラーメンでクイズバトル」。土竜が俺を呼んでいる@中央区大名、拉麺空海@那珂川町、えん舞@博多駅前が出演か?

とりあえずチゲ屋:チゲ味噌ラーメン600円。福岡市博多区神屋町3-23。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン168●うどん104●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離27km / 通年563km

Posted by heno at 06:39 | Comments [0]

2010年11月16日 火曜日

●【鳴門うどん筑紫野店@筑紫野杉塚】 福岡うどんチェーンを啜る その三

福岡県に本拠地のうどんチェーンを啜り歩くつもりで思い立った「福岡うどんチェーンを啜る」。なのだが、

どうせなら福岡県内で営業するうどんチェーンに拡大解釈しちゃいなよっ!

との麺神からのお告げアリ。アイアイサー、分かりましたぁーと、久方ぶりに鳴門うどんの筑紫野店へ。

鳴門うどん筑紫野店

大分県大分市と別府市を中心に14店舗を展開する、鳴門うどん。名物はうどん大盛りサービス。うどんの量をダブル(600g)、トリプル(900g)と増量しても、シングル(300g)と同じ価格で提供。そしてもうひとつの名物がうどんとドンブリのセット商品。単品で食べても十二分に腹一杯になるドンブリに、しっかり具だくさんのうどんをセットして、価格は普通のうどん屋のドンブリ単品価格。しかもセットのうどんはダブル、トリプルと増量OK。そしてしかも、ステーキ丼や肉うどんをたのむと、肉の増量もサービスという、エラク太っ腹。

ごぼう天うどん+カツ丼セット◇鳴門うどん筑紫野店

で、ゴボ天うどんとカツ丼のセット。タライのような大振りの器にナミナミと注がれたゴボ天うどんに…

ごぼう天うどん+カツ丼セット◇鳴門うどん筑紫野店

コレまたドデカい豚カツがデンとのったカツ丼がセットで、価格は630円!

ごぼう天うどん+カツ丼セット◇鳴門うどん筑紫野店

削り節の華ある風味と椎茸らしき野太い旨みが両極美味な明解スメ。なれど、今日のうどんは先々日の資さんうどん橋本店に酷似した、コシ&ヒキの余韻皆無の我が苦手タイプで残念無念。カツ丼はフツーに旨くてシアワセ・モード。なのだが、我がロートルな胃には、コノうどんとカツ丼を全て食べきる元気はナシ。第一昼間っから米粒食べるなんて、根っから麺馬鹿な我にとっては正に暴挙。食べられるだけ頑張ってはみたものの、うどんの半分を残してしまうテイタラク。優良コスパに、ただひたすらに敬意を払いつつ、スゴスゴ退散するポンコツ麺喰いオヤヂ一匹……。

 

鳴門うどん
●店舗数:14店舗 (2010年11月16日現在 yahoo電話帳でカウント)
●店舗規模:大規模な店舗に中人数の店員
●メニュー:温うどん14種、冷うどん4種、ドンブリ6種、ご飯類3種。
●価格:かけうどん270円・ごぼう天うどん370円
●サービス:うどん3玉まで同じ価格でサービス、肉増量サービス、各種麺×ドンブリセットを格安提供

鳴門うどん筑紫野店:ごぼう天うどん+カツ丼セット630円。福岡県筑紫野市杉塚2-6-15。10:30~22:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん104●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離20km / 通年556km

Posted by heno at 22:24 | Comments [2]

2010年11月15日 月曜日

●【うどん王子@那珂川町】 福岡うどんチェーンを啜る その二

福岡うどんチェーンで、今最もビビッドな元気印うどん店集団、豊前裏打会。北九州市小倉南区の津田屋官兵衛のもと、独自のうどん生地製法を伝授され独立した19店舗が、それぞれに創意工夫をこらしたオリジナルメニューを提供。

会派きっての最若年店主が営むうどん王子も、その一軒。1ヶ月ぶりに訪ねると、ナンと若き店主がユニークな屋号よろしく、王冠を頭にかむり王子姿にコスプレしてうどんを揚げているではないか?!そして壁には「数量限定 亀の背中うどん550円」に、「数量限定 南蛮ぶっかけNo.1 680円」と、コレまた楽しいネーミングの新メニューの張り紙が2枚。とことんサービス精神溢れる営業努力に度肝を抜かれマクリ!

うどん王子

濃い味のつけ汁をうどんにかけて食べる「ぶっかけ」という食べ方自体が苦手な私。なので、迷うことなく亀の背中うどんをたのむ。で、出てきたうどんがコレ。

それでは、クエッション!(←世界ふしぎ発見の草野仁調で)
このうどんのどこが「亀の背中」なのでしょうか?

亀の背中かうどん◇うどん王子

野々村「えぇ~、この問題難し過ぎるよぉ…。」
板 東「なに弱音はいてるねん、ゆで卵食べてしっかり考え~よ!」
草 野「まぁまぁ、板東さん。確かにかなり難しいクエッションですよねぇ。」
黒 柳「いいえ、解りましたよ私は。ヒントはメニュー書きの張り紙の柄よねっ!」

では、うどんミステリーハンターの「への」が正解をお答えしマス。
「亀の背中」の正体は……、コレ!

亀の背中かうどん◇うどん王子

豚の角煮デス!!一見普通の角煮ですよねぇ。では何処が「亀の背中」かと言いますと、「亀の背中」=「亀の甲羅」→「コウラ」→「コーラ」。そうなんです、この豚のバラ肉はコカコーラで煮付けてあるのデス!恐ろしくトンチの効いた駄洒落メニューに「コラ!」と怒っちゃイケマセン、コレがチャンと旨いのデス!!

むっちりとした噛み心地とともに広がる煮豚の醤油風味の奥に、ほんの微かに感じるコーラの風味が味わいに奥行きを演出。試しにと煮汁ごとドンブリに入れてスメを啜れば、カエシのきいた蕎麦つゆチックなキリッとしまりのある味わいの奥にコカコーラ的なオリエンタルな風味が僅かに香る、オモシロ美味。

うどんも旨しっ。豊前裏打会ならではのモチモチ食感を踏襲しつつ、よりアグレッシブに食感をアレンジ。店主の若さよろしく、クニッと抗い、ニチッとひき、サクッと解ける勢いのある食感が爽快美味。

草 野「それでは、ラストクエッション!
もうひとつの創作うどん「数量限定 南蛮ぶっかけNo.1」の正体は?」
野々村「ひぇ~、コレまた難し過ぎるクエッションだよぉ…。」
黒 柳「いえいえ簡単よ。私はスーパー仁君でイクわよっ。
答えはある食材の天ぷらに卵が原料の調味料がかけてある
ぶっかけうどんよね!」
板 東「あ、卵が原料の調味料ねぇ!ワシも解ったでぇ!!」
野々村「え?え??ボク全く解からな~い……。」
板 東「なに?野々村はまだ正解にマヨってるのかい?」
草 野「おおっと、板東さん!ヒントはそこまで。
正解は皆さんご自身でうどん王子に食べに行ってお確かめクダサイ!」

豊前裏打会

●店舗数:19店舗 (2010年11月15日現在 HPの店舗情報をカウント)
※独自のうどん製法を伝授され独立営業している店舗の集団
会則は『麺に熱い想いを吹き込んだ一品を提供すること。』
『いつも新しい個性を発信し続ける情熱を持ち続けること。』
以上、公式HPより抜粋
●店舗規模:小~中規模な店舗に少人数の店員
●メニュー:大型円盤状のごぼう天が名物、各店それぞれに創作メニューを考案
●価格:各店各様だが、かけうどん300円前後・ごぼう天うどん500円前後
●サービス:卓上に豊前裏打会オリジナルの辛味薬味が3~4種

うどん王子:亀の背中ううどん550円。福岡県筑紫郡那珂川町西畑904-1。11:00~16:00、水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん103●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離20km / 通年556km

Posted by heno at 11:52 | Comments [0]

2010年11月14日 日曜日

●【資さんうどん橋本店@西区橋本】 福岡うどんチェーンを啜る その一

今日はとほほの休日出勤。午前11時には出社せねばならない。ならば出社前にブランチ麺、資さんうどんの橋本店へ。

資さんうどん橋本店

北九州のうどんチェーン、資さんうどん。北九州市内を中心に、苅田町、山口県下関に24店舗出店していたが、今年の3月に粕屋町、4月に志免町と、福岡市近郊に相次いで出店。そして今月7日、遂にここ西区橋本に福岡市内一号店をオープン。

午前10時前だというのに、広めの店内は8割方客で埋まっている。そして、家族連れに若いカップル、早朝野球帰りにお父さん達と、広い客層。オープンして一週間、開店景気もあるだろうが、いやはや大した人気ぶりである。

メニューは福岡市近郊2店と同じで、一部の店舗のみ販売の焼きうどんも、しっかりラインナップ。かけうどんが具のバリエーションで20種に、鍋焼き7種、ぶっかけ3種、冷やし7種に、焼きうどんと豊富なメニュー。

以前から惹かれまくっている冬季限定メニュー「くじら鍋うどん」か?
いや、ブランチ麺にはチト重たい気かなぁ……。
うん、やっぱ優し系のきつねうどんにするかな。

きつねうどん◇資さんうどん橋本店

頼んで5分も待っただろうか、早々にきつねうどんが運ばれてくる。ふっくら炊かれた大振りのきつねが2枚に、「この紋所が目に入らぬかぁ~」な資の字入りのカマボコも2枚のって380円は格安感あり。

まずはスメと一口啜れば、きゅいんと広がる削り節らしき華ある風味と、一足遅れて顔を出す昆布だしらしき素朴な旨味。アッツ熱の口当たりとしっかりととられたダシの旨み&気持ち塩気強めの調味で、明解に旨さを主張する優良大衆美味にほっこり。

揚げも美味。ふっくらとした口当たりと、噛み込むほどに滲み出る甘き煮汁と、揚げの風味が、これまたほっこり。なのだが、如何せん、今日のうどんはイタダケナイ。噛み込んだ瞬間は、むにっと強めに抗うのだが、すぐさまぶつんと切れ、さらっと解けてしまい、ナンとも味気ない。コシやヒキの余韻が皆無のこの味わいは我が最も苦手なタイプ。

粕屋町門松店のうどんも志免町店のうどんもドエラク旨かった。て事は、今日のうどんはたまさかか?開店してわずか一週間、オペレーションがまだまだ安定していなかったのか?ただ、ある人より「資さんうどんは最近うどんの製法を変えたらしい」との噂も聞いた。こりゃオペレーションが落ち着くであろう数ヶ月後に再訪せねば。

 

資さんうどん

●店舗数:29店舗 (2010年11月14日現在 HPの店舗情報をカウント)
●店舗規模:大規模な店舗に大人数の店員
●メニュー:うどんだけで約40種。細うどんの「細めん」や蕎麦もあり。加えて、おにぎりご飯類十数種にカレーやドンブリが9種に朝定食もあり。
●価格:かけうどん320円・ごぼう天うどん400円
●サービス:卓上に揚げ玉ととろろ昆布

資さんうどん 橋本店;きつねうどん380円。福岡市西区橋本1-8-15。24時間、年中無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん102●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離20km / 通年556km

Posted by heno at 09:33 | Comments [0]

2010年11月13日 土曜日

●【練り込みうどん権@志免】 それぞれの創意がオモロな肉つけうどん

今シーズン唯一出場するフルマラソン大会、青島太平洋マラソンまで、あと1ヶ月。なのに全くもって練習不足。先月末のシティマラソン福岡から全然走っていない。シティのハーフマラソンでさえ、ゴール間近では足が攣りそうになり、ナンとかカンとかゴールできたのだ。今の状態でフルマラソン完走は絶望的。

よっしゃ、今日から練習再開だ。
そして、青島まで1ヶ月間で150キロ走り込むぞっ。

まず今日はガツンとハーフ、20キロのLSD。目の前にニンジンをぶら下げて、ナニがナンでも走るのだ。で、考えついたのが麺ジョギング。我が家から14キロ弱の志免にある、練り込みうどん権までジョギングし、気になっている新メニュー「肉釜」を啜るノダ!

肉釜◇練り込みうどん権

豊前裏打会の一店、練り込みうどん権。先月末、ファミリーマートから豊前裏打会監修の肉汁つけうどんが発売になったのと期を同じくして、新メニュー「肉釜」が発売。

権名物の円筒状の器に釜揚げうどん。肉汁は牛肉を甘辛く煮た煮汁にをうどんのスメでわったものか?表面を覆うゴマとネギが印象的。そして別皿にごぼうとシメジの天麩羅と薬味のスダチ。

肉釜◇練り込みうどん権

湯気の上る器からうどんを一筋掴み、温つけ汁にザブンと潜らせズズッと啜れば、気持ち甘めの肉汁の濃密なる旨みの奥に、魚介ダシの柔らかな旨み。そして一足遅れて顔を出す生姜の爽やかな風味。細めのうどんはコレぞ豊前裏打会的、もちもち感。具の牛肉のニチニチと、薬味のゴマのプチプチとの、食感&味わいのコラボが、あな楽し。

あははぁ、コリャ旨いわぁ!

うどん3分の1は、肉汁の組み合わせでストレートに楽しみ、プラス3分の1は天ぷらと。カリカリとしたごぼう天の食感と風味がプラスされ旨さ倍増!そして最後の3分の1となったところで肉汁に薬味のスダチを絞り入れる。爽やかな酸味と香りが肉の濃いめの味わいを爽やかにかえ、かつ、魚介ダシの旨みの輪郭を鮮やかに描き直し、それまでとはまた違った旨みがコレまた我がツボ。肉釜の元祖、大地のうどん@西区下山門にはないスダチの薬味サービス。単なる後発組に甘んじない、独自の創意がナンとも心強し。

アレコレと味わいの変化も存分に楽しんで、量的にも十二分に食べ応えがあって680円は超納得価格!

肉釜◇練り込みうどん権

うどんは典型的な豊前裏打会チックな細麺。
昨日の港屋千兵衛の極太麺との食味の違いがオモシロイ。

 

帰路は博多駅のヨドバシまで歩きジョグ用のイヤフォンを買い直し、ヨドバシからはジョグで帰宅。トータル20キロを走る。よっしゃ、この調子!。「きのこうどん」や「和風チャンポンうどん」など気になる創作メニューも増えてたし、また近々、権へ麺ジョグで再訪だなっ!

練り込みうどん 権:肉釜680円。福岡県志免町南里34-4。11:00~22:00、2nd&4th木曜休み(祝祭日の場合は営業)。Pあり

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん101●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離20km / 通年556km

Posted by heno at 13:26 | Comments [4]

2010年11月12日 金曜日

●【港屋千兵衛@北九州門司】 太麺旨々

北九州市小倉南区での打ち合わせを終え、ヤッホー昼麺!普段なら、迷うことなくどぎどぎうどんなのだが、今日はゴボ天!門司港の港屋千兵衛で啜るのさっ。

ごぼう天うどん◇港屋千兵衛

ドンブリを覆い隠さんばかりの巨大円盤ゴボ天は、豊前裏打会のお約束。なので、豊前裏打会系ゴボ天うどんとすると、一見普通なのだが……

ごぼう天うどん◇港屋千兵衛

ゴボ天の下に隠れたうどんは、幅2センチ弱の超極太!豊前裏打会の公式ブログの記事によると、鍋用のうどんとして提供されているもので、煮込んでも延びないように極太平麺に仕上げた麺とのこと。記事にアップされている通常麺とのツーショット写真を見れば、尋常でないその太さが一目瞭然。

通常麺との比較 ©港屋千兵衛

通常麺との比較 ©港屋千兵衛

 

で、肝心なその味わいだが、これがドエラク旨いノダ!

豊前裏打会のうどんの特徴&魅力であるモチモチとしたコシ。通所の細さでもアレだけのもちもち感があるのに、極太で食べたらさぞやアゴが疲れるのでは?とおっかなびっくり啜ってみれば、なんのその。啜った時の口当たりも通常の裏打会うどんより太い分存在感を感じナンとも頼もしいし、噛んだときのコシも、いつものモチモチがムッチリムッチリに深化しナンとも楽し旨し!なのに、だご汁のだごのような、いなたい感じはナシ。ナンともオモロユニークな悦楽極太うどんに仕上がっている。

精算時に聞いた若き店主の話では、この極太うどんはカレーうどんや肉つけ麺など、味の濃い食べ方の方がよりその味力を楽しめるとのこと。来週明けあたりから、スメをあんとじしておろし生薑を添えた「あんかけうどん」も新メニューとして始めるとの耳より情報も。今井@大阪道頓堀でたべた「あんかけうどん」は旨かった。コリャ是非とも機会を作り、あんとじうどんをコノ極太うどんで啜ってみたひっ。

ルフィのギガント肉まん◇セブンイレブン

セブンイレブンのワンピースフェア限定発売「ルフィのギガント肉まん」は
通常の肉まんの2.5倍もの豚肉を使っているだけあり
食べ応えが十分過ぎ。

港屋 千兵衛:ごぼう天うどん(価格失念)。福岡県北九州市門司区港町6-10。11:30~15:00&17:00~21:00、(土日祝は11:00~16:00&17:00~21:00)、木曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん100●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 13:26 | Comments [0]

2010年11月11日 木曜日

●【わらの蔵@中央区今泉】 隠れ家系博多うどん

薬院の取引先での仕事が正午過ぎに一段落。よっしゃ昼麺喰うぞと今泉へ。目指すは、新う店「わらの蔵」。

わらの蔵

福岡新麺店情報王、俺コレ!を頼りに訪ねると、イイ感じに古びたマンションビルの1階隅に、わらの蔵の看板あり。その横の幅1.5mほどの細い路地をビルの奥へと4~5m進むと、突き当たりの壁に花が生けてあり、右を向くと趣きある木の引き戸。がらりと明けるとそこが店舗。白壁と木を基調とした落ち着いたインテリアに、ボサノバのBGM。うどん屋とすると、随分とオサレな隠れ家系。わらの蔵

メニューは「素うどん500円」に天ぷらや温泉卵などの具が200円前後と、とかなり高価な価格設定。そして、「巣ごもりうどん750円」に「重ね煮のカレーうどん950円」と、昼食セットが1000円なり。やっぱ「初う店はゴボ天」だなと、素うどんにごぼう天をたのむ。

注文が厨房に通ると、店主がうどんを茹で釜へ入れる。よっしゃ、揚げたてのうどんにありつけるのかとカウンター越しに眺めていると、「どちらからいらっしゃったのですか?」と店主。それをきっかけに、うどんが茹で上がるまでアレコレと話がはずむ。

ナンと店主は元はラーメン一番山を経営していたが、一番山を他人に譲り、この店を開いたのだとか。最近は讃岐うどんに押され気味の博多うどんを復権させたいとこだわり、ダシはイリコは使わず焼きアゴ、小麦も福岡県産を使っているとのこと。

かけうどん◇わらの蔵

待つことしばし、大振りのドンブリに素うどんが供される。まずはスメと一口啜れば、くいっとキレあるカエシの旨みと焼きアゴらしき華ある風味。ナルホド、確かに子供の頃から慣れ親しんだ博多うどんのスメである。気持ち太めのうどんも揚げたてならではのコシはあるものの、ナンともソフト。ぷにっと抗いつつも、ほわんと素直に解けていく様がコレまた博多うどんチック。

ごぼう天◇わらの蔵

別皿で供されたごぼう天は素揚げ。新ゴボウなのだろうか?適度にガリガリしつつも適度に柔らかく、根菜ならではの風味も豊か。うどんと交互に食べるのも旨いが、休日午後に酒でも呑みつつ囓りたい一品。

うどん然り、スメ然り、ごぼうの素揚げ然り。キチンと誠実な仕事の跡をソコカシコに感じる丁寧味がカナリ我がツボ。なれど、素うどん500円+ごぼうの素揚げ250円=ゴボ天うどん750円は、平日の昼麺とするとあまりにも高価。いっそのこと休日か平日夜に酒を飲みつつ「うどん鍋コース3800円」なぞ楽しみたいっ。

 

酸辣湯麺◇熊猫食堂

夜は麺友とぐすく@大手門で沖縄料理&泡盛。
そして二次会は、熊猫食堂。
ピータン豆腐や牡蠣の豆豉炒めも楽しみ、
〆はモチロン酸辣湯麺。

饂飩と自然食料理 わらの蔵:かけうどん500円、ごぼう天250円。福岡市中央区今泉1-9-6レジデンス松寿1階。11:30~15:00&17:00~22:00。月曜&祝日休み。

熊猫食堂:酸辣湯麺700円。福岡市早良区西新4-4-5。18:00~24:00(日曜は~21:00)、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん99●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 01:56 | Comments [0]

2010年11月10日 水曜日

●【老上海唐菜房@博多区綱場町】 ヌーベルシノワ!

市内での打ち合わせを終え、サクッと昼麺。中年男の奮闘記でその存在を知り、気になっていた中華料理新店、老上海唐菜房(オールド・シャンハイ・レストラン)へ。

老上海唐菜房

住所を頼りに訪ねると、旧博多部の歴史を感じるビルの1階にレトロモダンな白い外観。テラス席もあり、屋号よろしく上海バンスキング的なオサレな造り。

午後1時前の店内は7割方客で埋まっている。空いていたカウンター席に座り、卓上に置いてあるメニューを見ると、

日替わりランチ 750円
海老ワンタンそば 900円
野菜のあんかけそば 700円
肉みそそば 650円

中年男の奮闘記で見た我がお目当ての「豚肉と高菜のスープそば」は載っていない。どうやらランチメニューは麺メニューも日替わりのようだ。ならばと野菜のあんかけそばでイクか。

野菜のあんかけそば◇老上海唐菜房

コレ正にメニュー名通り。待つことしばし、運ばれてきたドンブリには色とりどりの豊富な野菜。タケノコに椎茸、青梗菜、ニンジンに加え、カリフラワーやマッシュルームなどなどの中華料理にはあまり使われない野菜ものっている。そして、肉や魚介類は全くナシ。正に野菜だけの中華そばである。

コリャなかなかに面白うそうだぞと、まずはスープを啜れば、ふわりと香り立つナンとも芳醇なる柔らかな旨み。おそらくかなり大量の鶏ガラを使い、丁寧にとられたのだスープなのだろう。野菜の甘みも加味された、柔らかかつ豊かな味わいに思わずむふふと頬が緩む。

麺は中太ストレート。啜った時のベルベットな食感然り、にっちり解ける程よいコシとヒキ然り、優し味スープと相性抜群。そしてさらにイロイロ盛られた野菜の旨さ。火の入れ加減がナンとも絶妙で、パリ、しゃきっ、くにゅっと、食材ごとの様々な食感のバリエーション。そしてそれぞれの味わいのハーモニーがナンとも楽し旨し。具に肉や魚介類が入っていないと物足りなさを感じそうなものだが、なんのその。いやむしろ、この麺に肉や魚介類は全く不要。この楽し旨し感は、野菜だけだからこそ得られる快感でアル!

店名こそオールド・シャンハイ・レストランだが、料理はヌーベルシノワ。こりゃ他の日替わり麺もイロイロ食べてみたいし、夜の一品料理も気になるぞっ!

老上海唐菜房:野菜のあんかけそば700円。福岡市博多区綱場町1-11飯尾ビル1F。11:30~14:30&17:30~22:00、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン167●うどん98●そば29●チャンポン19●その他65 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 12:32 | Comments [0]

2010年11月09日 火曜日

●【福源@春日】 早安旨な台湾ラーメン

太宰府の得意先へ行った帰りにサクッと昼麺。宿題麺である「ちゃんぽん おだ」へと向かっていると、旧県道5号線沿いのかつては格安うどん&カツ丼店「どんマック」→鹿児島塩ラーメンFC「麺’sらぱしゃ」→豚骨ラーメン「豚々拍子」だった店舗に新店が。真っ赤な外観にド派手な看板。

へぇ、「中華料理 福源」かぁ。え、えぇ~、「台湾ラーメン380円」?!

台湾ラーメンに目がない我。しかも380円は格安でないのぉ~!で、からいとも容易く予定変更、ちゃんぽん おだはまた今度と、福源の駐車場へとハンドルを切る。

福源

正午過ぎ、広めの店内は先客2組。店中央のテーブル席に着き、メニューを見ると麺だけでも台湾ラーメンに醤油、とんこつ、とんこつ台湾、激辛台湾、塩、塩バター、海鮮塩、チャーシュー、牛肉、角煮、ネギ、味噌、味噌台湾、麻婆、五目とドエラク豊富なラインナップ。そしてさらに定食類が十数種に一品料理が三~四十種。これだけの料理を提供するのはさぞやタイヘンだろうなぁと店奥の厨房に目をやると、5~6名の調理人がキビキビとそれぞれの仕事をこなしている。飛び交う言葉は中国語。どうやら中国の方が営む中華料理店のようだ。

台湾ラーメン◇福源

片言の日本語でオーダーを取りに来た店員に台湾ラーメンをたのんでほんの2~3分も経っただろうか、早々に台湾ラーメンが運ばれてくる。うへぇ、もう出来上がったの?ひょっとして作り置き??とおっかなびっくりスープを啜ると、ソリャもうアッツ熱の口当たりが味紛うことなき作りたて。くいんとドライブする醤油ダレの旨みとほのかに香る中華香辛料の風味が、ドンピシャ我がツボ!

台湾ラーメン◇福源

麺は太めの中太麺。片栗粉などで食味を買えてあるのだろうか?クニクニと強固なナンとも不自然なコシは、チトいただけない。が、ゴロゴロと大切りのミンチ肉とモヤシ、ニラの具の食感&味わいのコラボはコレまた我がツボ!380円という格安価格でこの味わいなら大満足。

うんうん、コリャ旨いわぁと啜っていると、新規の客が続々来店。次々といろんな飲食店が入れ替り、決して恵まれた立地的とは思えないが、是非とも繁盛してほしいなぁ。

生粉打ち玄

夜は天神での勉強会を終え、生粉蕎麦 玄で蕎麦屋酒。

出羽桜&そばみそDVC00007

沢木耕太郎の「オリンピア」をめくりつつ、
蕎麦味噌と蕎麦掻きの揚げ出しで酒二合。

DVC00008

そして〆は、かけ蕎麦くろ味にごぼう天をトッピング。

これだけ飲み食いして、これだけ旨くて2000円。
さすがの格安美味蕎麦屋に万歳三唱。

中華料理 福源:台湾ラーメン380円。春日市原町1-87。11:00~14:30&17:00~24:00。Pあり。

生粉蕎麦 玄:かけ蕎麦くろ味+ごぼう天(価格失念)。福岡市中央区長浜1-2-24 北天神SBホテル1F。 11:00~21:00、無休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン166●うどん98●そば29●チャンポン19●その他65 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 12:07 | Comments [3]

2010年11月08日 月曜日

●【もちもち麺工房 松@博多区住吉】 屋号に恥じぬもちもちオモロうどん

昨今何故か福岡市には次々と新しいうどん屋が開店ラッシュ。しかも、それぞれに特徴のある屋号の店ばかり。で、今日の昼麺はその名も「もちもち麺工房 松」なる新う店へGO!

もちもち麺工房 松

福岡の新麺店情報百貨店ブログ、俺コレ!の情報を頼りに訪ねると、博多キャナルシティの裏手の、かつてはちー坊のたんたん麺が入居していた店舗にカフェ風な外観&オサレなロゴの看板。

午後1時前の店内はOLの二人連れが一組のみ。食事を終えて精算している。外観同様に白壁と木を基調としたローファイなインテリア然り、店内のBGMもオサレなボサノバがかかっている。

店中央の大テーブルに座りメニューを見ると、うどんをかけ、ざる、ぶっかけ、醤油ぶっかけの4種類の食べ方×量でたのみ、別途に具をトッピングするオペレーション。価格はいずれも200gが250円、300gがプラス100円、400gがプラス200円、500gがプラス300円。具はきつねやワカメ、エビ天、肉など50円~150円。13日のグランドオープン後は湯だめうどんやカレーうどん、ちゃんぽんうどんなども加わる模様。

醤油ぶっかけにチト惹かれるも我が麺喰い信条は「初う店はゴボ天」。で、かけうどん200gにごぼう天をトッピング。

かけうどん200g+ごぼう天◇もちもち麺工房 松

気持ち濃いめの醤油色のスメは見た目通り、カエシの旨みと削り節のダシの風味がキリリとたった鯔背味。そしてうどんは、屋号通りのもちちもち&クニクニ食感。豊前裏打会のうどんにも相通ずるカナリの演出系だが、裏打会よりよりもちもち感が強く、かなり後ひくヒキが印象的。さらにコシやヒキが強くなる冷うどんで食べると一体どうなっってしまうのか?とチト心配になるくらいにもっちもちのクッニクニ。

メニューにも書いてあったが、200gは「一般的な量より少なめ 女性にお勧めのサイズです!」。スメもかなり少なめで、我が胃には食べたりない。オサレな店の造り然り、トータルに女性客にうけるうどん店を目指しているようだ。

兎にも角にもオモロなうどん屋がまた一軒。次回は醤油ぶっかけを300gだな!

特製つけ麺◇博多元蔵

夜は大阪からの客とよし田@天神で飲む。
イカとサバの活き作りで飲んだ〆は
「博多で今、一番面白いラーメン屋に行きたい」という
客のリクエストに応え博多元蔵へ。

半熟卵にチャーシュー増量の特製つけ麺は
前回同様かなり美味!
なれど味噌の風味が前回よりチト薄めでチト物足りない。

もちもち麺工房 松:かけうどん200g250円+ごぼう天100円。福岡市博多区住吉2-16-8。Pなし。
博多元蔵:特製つけ麺1000円。福岡市中央区大手門3-1-21。11:00~23:00、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン165●うどん98●そば28●チャンポン19●その他65 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 21:46 | Comments [0]

2010年11月07日 日曜日

●山あり谷あり 長崎麺ポタ

ウレシタノシの好天続き週末二連休。2日目の今日は長崎麺喰い輪行さっ。

JR九州の普通列車に西鉄大牟田線、北九州モノレール、熊本や長崎、鹿児島の市電など、九州内の全ての鉄道1日乗り放題が3回(または3人)分で10,500円のJR九州「旅名人の九州満喫きっぷ」5月に熊本6月に大分の麺ポタを楽しみ、今日が最終回。

旅名人の九州満喫きっぷ

長崎方面への普通列車は極端に便数が少なく、正午前に現地に入るには午前6時半には博多駅を出発しなければならない。で、午前5時半に目覚ましをかけ、自転車を自走し、福岡市営地下鉄藤崎駅へ。地下鉄でJR博多駅に着き鹿児島本線鈍行列車に飛び乗る。

博多駅から鹿児島本線で鳥栖まで南下し、長崎本線へ乗り換えGO WEST。今回の麺ポタのメインイベントは、昨年夏の家族旅行でたまたま見つけたラーメン店「とんこつ家」@諫早。ナンとも潔い屋号に加え、巷のブログでも、欲しいままに高評価を手にしている新進気鋭のラーメン店である。

JRバルーンさが駅

 

途中、バルーンフェスタに沸くJRバルーンさが駅を通過し、佐世保を経由し諫早を目指す途中、携帯電話でアレコレ調べていると、諫早駅と長崎駅が30分ほどの距離であることに、はたと気付く。

そう言えば、ラーメン政が
日曜昼限定で、つけ麺あらかぶ家に変わるんだったよなぁ……。

JR長崎駅

で、予定を変更しJR長崎駅に下り、駅から歩いて3分のらーめん家 政へ、いやつけめん家あらかぶへ。つけめん家あらかぶ

さすがに備え付けの看板だけはらーめん家 政のままだが、幟と暖簾はチャンとつけめん家あらかぶとなっている。暖簾を潜るとカウンター席のみ十数席の縦長店内はほぼ満席。

入口横の食券販売機には「つけめん」に加え、油そばの「アラカブーレ」や、二郎系ラーメンの「稲佐山」のボタンが並ぶ。迷わず我が目当てのつけめんのボタンを押し席に着くと、「無料で大盛りも出来ますが?」と店員さん。

この後お目当てのとんこつ家が控えているのだが……。
まっイイかぁ、ナンとかなるさぁ!

折角のお誘いを断っては麺神様に合わせる顔がないと大盛りをオーダー。

あらかぶつけ麺◇あらかぶ

待つことしばし、まずはつけ汁が差し出される。微かに透明感を残す茶褐色で、表面には白葱に混じり、魚介の練り物天ぷらの角切りが浮いている。巷の濃厚魚介系のつけ汁とは明らかに異なる見た目に、期待が膨らむ。

あらかぶつけ麺◇あらかぶ

ほどなく麺が差し出される。大振りのドンブリに山盛りされた麺は、うどん大のカナリの極太麺。コリャ旨そうだと箸で摘み、温つけ汁にくぐらせズズッと啜れば、

あははぁ、コリャ旨いわぁ!

まるでアンでとじたかのようなトロンと滑らかな食感の温つけ汁は、魚介のダシがきいた醤油風味の軽やかな旨みと、すぐその後から追ってくる豚骨ダシの力強い風味。巷の濃厚魚介チックなゴタゴタとした濃密味とは異なる、キレと膨らみ感を併せ持つ豊かな味わいが、ドンピシャ我がツボ。

あらかぶつけ麺◇あらかぶ

つけ麺は冷たい麺を温かいつけ汁で食べるスタイルが基本だが、ココのつけ麺は温かい麺を温かいつけ汁で食べるあつもりが基本。しかもドンブリの底には温かいスープが張ってあり、ナカナカにユニーク。温かい極太麺のむにむにと踊るコシと具の練り物天ぷらのぷにぷに食感がオモシロ旨し。具も角切りチャーシューに海苔、半熟卵とイロイロのっていて、味わいの変化も十二分に楽しめる。

らーめん家 政のつけ麺も力作だったが、またひと味異なる美味つけ麺。うんうん、コリャ旨いわと大盛り麺を一気に平らげ、〆は麺ドンブリに張られていたスープで温つけ汁をスープ割り。

JR諫早駅

ああ旨かったと長崎を後に、諫早へ。
我が目当てのとんこつ家まで17キロ、
いざ啜らんとペダルを漕ぎ10数キロ進むと、
突如スゴイ上り坂……。、

愛野展望台

えっちらおっちらペダルを漕ぎ、ナンとか坂の頂点着。

標高100mの愛野展望台から橘湾の眺望を楽しみつつ
汗をぬぐい、ゼイゼイと上がった息を整え、いざ出発!
急な下り坂にビビりつつも、よっしゃ啜るぞ、念願のとんこつ家を!!
と店頭に着くと

う、うっそぉ、マジすかぁ……。

とんこつ家

店頭には「臨時休業」の立て看板……。

あづまラーメン

で、再び愛野展望台の急坂を諫早駅方向へ上って下り、
諫早のもう一軒の宿題店である、あづまラーメンへ。

ラーメン◇あづまラーメン

醤油や味噌、スタミナラーメンなどアレコレ豊富なメニューがあれど
初ラ店はデフォルト。
透明感を残す豚骨スープは、
スキッとキレある口当たりと豚骨ダシのコクがイニシエ美味。
急坂往復で完全にへばった我が身にズブズブと染み入る滋味。

堤防道路

諫早湾干拓事業の副産物、堤防道路を通り
長崎本線の湯江駅へ。
予定ではどろりの里のどろりそばを啜るつもりだったが、
時既に夕方4時。

すっぱり諦め、正に山あり谷ありの麺ポタもコレまた楽しと
鈍行列車で4時間かけて福岡へ帰る。

つけめん家あらかぶ:あらかぶつけ麺700円。長崎市大黒町10-11。日曜11:00~15:00。Pなし。

あづまラーメン:ラーメン500円。長崎県諫早市森山町杉谷179-30。11:30~23:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン165●うどん97●そば28●チャンポン19●その他64 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 16:38 | Comments [7]

2010年11月06日 土曜日

●【長浜じろう。@早良区西新】 原点回帰的進化&深化豚骨に感涙

今週末の土日は目出度く連休できそうだ。ならば遊ぶぞっ!トコトン遊ぶぞっ!!と張り切って目覚めれば、窓の外は抜ける様な青空ぁ~!!!おっしゃ、山だ。山に登り紅葉を満喫しまくるぞぉと、英彦山へ。

英彦山

弥彦山@新潟県&雪彦山@兵庫県とならぶ日本三彦山のひとつ、英彦山。
目一杯気持ちイイ青空のもと、まずは奉幣殿にお参り。

英彦山

境内の一角にある龍神水は
修験行者が山中で修行する際の
もしもの時のための保健飲用水。
カナリの軟水なのか、とろりと甘くナンとも旨し。

英彦山英彦山英彦山

急な石段や平らな山道をのんびりと3時間弱、紅葉山歩き。
時期が遅かったのか紅葉はイマイチ。

山菜そば◇山乃茶屋

山菜そば◇山乃茶屋

下山後は山乃茶屋に立ち寄り、山菜蕎麦。
極太打ちの田舎蕎麦とゴロゴロとのった山菜と
シミジミ滋味なるスメに、ほっこり。

七輪焼肉わさび

夜はカミさんはPTAの集まりで飲み会。
で、息子達と七輪焼き肉わさびで晩飯。

宮崎の養鶏場が直営する店だけに
名物の鶏のザル焼きは宮崎地鶏焼き風でカナリ美味。
なれど、さすが宮崎由来の店だけに、焼き肉のタレがカナリ甘い……。

宮崎牛特選ロース◇七輪焼肉わさび

3周年の特別企画で、なななんとぉ宮崎牛の特撰ロースが30円!
ただし、1組1皿限定&先着10組限定。

とりこつラーメン◇七輪焼肉わさび

そして〆は、こちらも1日限定10杯提供の「とりこつラーメン」。
3種類の鶏ガラでとったというスープは謂わば濃密水炊き味。
手羽先など脂分の多い部位を使っているのか
ぽってりとした食感が、あぁコラ~~ゲンっ。
具はササミが少々で、シンプル仕様。
ガサゴソ無骨な中太麺はLike a マルタイ棒ラーメン。
ポーションも少なめで、食べた後の〆としてはイイのだろうが、
なにせ食べ盛りの息子達。
肉と一緒に山盛りご飯を食べたのに、
ラーメンも食べたいと横取りされ、我が麺煩悩は満たされず仕舞い。

長浜じろう。

ならばもう一麺と、すぐ近くの長浜じろう。へ。
卓上の辛子高菜にゴマを振り、芋のロックで出来上がりを待つ。

ラーメン◇長浜じろう。

おや、以前は卵かシナチクがのっていたが
随分とシンプルな盛りつけに変わったなぁとスープを啜れば、

うっはぁ~~、コリャ旨いわぁ。

じろう。特有の、とろんと軽やかな甘みは健在なれど、
今日のスープはその奥に、ぐいんっと力強い豚骨ダシの旨み。

ナルホド、このラーメンに様々な具は無用。
巷で流行の創作系ラーメンとは明らかに真逆の
原点回帰的進化&深化がタマラン旨しっ。

あれだけ飲み食いした後なのにコレだけ旨いのだ。
次回は是が非でも素面の時に啜りに来ねば。

七輪焼肉わさび:とりこつラーメン600円(1日限定10杯)。福岡市早良区西新5-1-13 みつやビル2F。11:30~14:00&18:00~23:00(土日祝jの夜営業は17:30から)、不定休。Pなし。

長浜じろう。:ラーメン500円。福岡市早良区西新5-4-1。11:00~17:00&18:00~23:00(日祝11:30~21:00)、月曜休み。Pなし

◎通年麺喰い◎ラーメン163●うどん97●そば28●チャンポン19●その他64 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 21:11 | Comments [0]

2010年11月05日 金曜日

●【黒田屋一文字@南区花畑】 悦楽もちうどん

早朝からの久留米での仕事が無事終了し、午後からの仕事に遅れてはなるまいぞと早々に福岡市南区花畑へ移動。と、先方との約束の時間まで若干の余裕が。ならばサクッと昼麺パワーチャージ、長年の宿題店である黒田屋一文字へ転がり込む。

黒田屋一文字

「25時間営業」の看板を掲げ、福岡と佐賀に8店舗を展開する黒田屋。その新ブランドとして3年前に本部ビル一階にオープンした黒田屋一文字は、こだわり指向のうどん店。蘊蓄書きによると、うどんは「九州産小麦粉を使用し、豊富な地下水で丹念に仕上げ」、スメは「昆布・あじ子・いりこ・焼きあご・かつお節・さば節・いわし・しいたけ八種類の国産素材をタップリ使用」し「この素材を一晩水に漬込み、素材本来の旨味を損なわず、雑味のない風味豊かな上品な旨味を引出します。」とのこと。

ごぼう天うどん◇黒田屋一文字

さてさて、その味力や如何に?とスメを啜ると、なるほど蘊蓄書きに偽りなし。アッツ熱の口当たりとともに、ふわっと華さく芳醇なるダシの旨み。イロんな素材を使いチャンと丁寧にダシをとったであろう痕跡がソコカシコに滲み出る豊かな味わいに、思わずほっこり。なのだが、特筆すべきは、うどんの旨さっ!

ごぼう天うどん◇黒田屋一文字

かなり太めのうどんは正真正銘の釜揚げ。うどんのまわりにヌラヌラとしたぬめりがまとわりつき、啜った時のズルズル感が目一杯ズルズルしていて、ナンとも独特。そしてもっちりとした深いコシとにっちりと粘るヒキもチョベリおもろ~~!一見イニシエ博多うどんのふりをしつつも、その実シッカリ演出が施された創作うどんである。コリャナンともおもろ旨いなぁと、ズルズル、もちもち、にっちりと啜っていると、ふと思う。

このぬめり感に、このもっちり&にっちり感。
そして噛み込むほどに広がるこの甘みは、限りなく餅に近くないかぁ?

蘊蓄書きには原料は九州産小麦としか書かれていないが、ひょっとして餅の原料となるうるち米の米粉をブレンドしているのでは??このおもろうどんは一文字専用なのか?とすると黒田屋ではどんなうどんが啜れるのか??こりゃ近々、黒田屋に啜りに行かねばなるまいぞ……。

黒田屋一文字:ごぼう天うどん420円。福岡市南区花畑4-4-1。10:30~16:00、土日祝休み(第4第5日曜は営業)。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン161●うどん97●そば27●チャンポン19●その他64 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 12:54 | Comments [0]

2010年11月03日 水曜日

●一泊四麺宮崎出張 その弐

朝7時半から都城で仕事。6時過ぎ、ホテルを出発し迷わず向かったのは、おくのうどん。

おくのうどん

かつては吉長うどんとして営業しておくのうどん。朝の6時から営業する、宮崎市民のソウルフードうどん店である。6時半前、広めの店内は既に満席状態。屋号は変われど、相変わらずの人気ぶりである。

天かそば◇おくのうどん

どこぞのブログで見かけた、うどんに負けず劣らず蕎麦が旨いとの記事をたよりに来店5回目にして蕎麦に初挑戦してみれば、ナルホド、ナルホド、こりゃ旨いわぁ~。

おそらくスメはうどんと共用。おそらく湯を沸騰させながら削り節をトコトン煮てとったダシなのだろう。酸味さえ感ずるほどにダシがガシガシきいたストロング滋味が、五臓六腑にズブズブと染み入る。

天かそば◇おくのうどん

太めの蕎麦は見紛う事なき手打ち。ざらりとした啜り心地然り、ザクザクとしたコシとねっちりと解けるヒキ然り、噛むほどにむせかえるほど香り立つ蕎麦の風味然り。ナンとも木訥な、コレ正に正調田舎蕎麦でございっ!的素朴な味わいが、タマラン我がツボ!しかも価格も、かけなら160円!天ぷらと天かす入りの天かそばでも260円たぁ、恐れ入谷の鬼子母神。

天琴

夜7時、都城の仕事を終え福岡へ帰りがてら、ズズッと夜麺。高速道を人吉インターチェンジで下り、宿題店である豚珍KANへ向かうも、臨時休業。うぬぅ、ならばと一軒の宿題店、天琴へ向かうと、住宅街の一角にラーメンの赤提灯。

人吉の歓楽街から昨年この地へと移転した天琴は、好来と並ぶ老舗の人気ラーメン店。好来がマー油なのに対し、天琴は焼きニンニク入りのラーメンが名物。なのだが、なにせニンニク入りのラーメンがトコトン苦手な我。焼きニンニクなしのチャーシューメンをたのむ。

チャーシューメン◇天琴

ぅおっと、コレまたエラク旨いでないのぉ……!

イイ感じに透明感を残す茶褐色のスープは、ふわっとほのかな甘みの奥に、グイッと力強い豚骨ダシの風味がマーベラス。デフォルトで少量のマー油が使ってあるが嫌味は一切ナシ。実直ストロング豚骨をイイ感じに丸く、甘く仕立てている。そしてさらに磯の風味も感じるなぁとチャーシューをめくると、その下に海苔がしたためてあるではないか。

チャーシューメン◇天琴

太めの中太麺もプリンと旨し。キシキシ旨いチャーシューやパリパリキクラゲとの食感のハーモニーも完璧美味。あははぁ、こりゃ旨いタマラン旨いとカッ喰らっう。

天琴

卓上には生ニンニクとニンニク醤油に加え、うすくち醤油と酢が置いてある。酢は珍しいなぁ。餃子のタレの酢醤油用か?と改めて壁のメニューを眺めるも、餃子の記載はナシ。て事はラーメン用の調味料なのか?しかし、豚骨に酢は合うのかなぁ?と半信半疑でチョロリとたらし啜ってみると、わぁおコリャ合う合う!めっさ旨いヤンっ!

チャーシューメン◇天琴

ならばと今度は卓上に置いてあった梅干しを入れてみる。とコレがドエラク旨いっ!梅干しの酸味と風味がアッサリ&ガッツリストロング豚骨スープをシミジミと味わい深く演出。いやぁ、こりゃ参った惚れましたぁ。こりゃ人吉に来る機会があれば、是非とも再訪&啜りたひっ!

おくのうどん:天かそば260円。宮崎県宮崎市大坪東3-10-20。6:00~19:30、正月三が日のみ休み。Pあり。

天琴:チャーシューメン600円。熊本県人吉市中神町164。11:00~20:00、月曜休み(祝日は翌日振替)。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン161●うどん96●そば27●チャンポン19●その他64 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 20:22 | Comments [2]

2010年11月02日 火曜日

●一泊四麺宮崎出張 その壱

一泊二日の宮崎出張。正午前、昼からの都城での打ち合わせを前にまずは昼麺。前回啜ったつけ麺がドえらく我がツボだった、家系ラーメン澤井へ。

ラーメン◇家系らーめん澤井

醤油豚骨+太麺の家系ラーメンに茹でキャベツをトッピングして、家系二郎。

本家の横浜家系よりは随分と醤油ダレが控えめ、かつ、ググッとききまくった豚骨ダシの風味が、ドエラク我がツボ。

ラーメン◇家系らーめん澤井

プリプリの太麺もウシシと旨しっ。デフォルトで盛られている家系お約束のホウレン草に加え、シャクシャクと弾ける茹でキャベツをトッピングしたことが大正解。色んな食感と緑黄色野菜ならではのクセある風味が、味わいに深みを演出。

ラーメンはデフォルトに加え、和風、カレーもあり。そして壁には「塩豚骨らーめん」の張り紙も。いずれ劣らず惹かれマクリのメニューの数々、こりゃカミさんの実家である宮崎へ帰省の都度都度、啜りに寄りたいぞっ。

あかえラーメン

夕方の宮崎市内での仕事を終え、今日は宮崎泊まり。宮崎市内の歓楽街、中央通りの居酒屋でアレコレつつきアレコレ飲んで、〆はあかえラーメン。

かつては宮崎市南部の住宅街で営業していたが、数年前に日南市に移転し、さらに最近、ここ宮崎市内にも再び出店。おそらくスナックが営業していた店舗に居抜きで入居したのだろう、ナンとも怪しげな飾りが付いた鉄の扉の奥に、赤提灯。

ラーメン◇あかえラーメン

丸く巻かれたバラ肉チャーシューの下に太もやし。そして太めの中麺のプリプリ食感×明解な旨みの白濁スープが相変わらず。うんうん、コレぞオーソドックスな宮崎ラーメンだよなぁ、と啜りつつ、ふと気付く。

明解味の白濁スープ×中太麺×太もやし。コレって北九州ラーメン、だよなぁ。
東九州の北部と南部で相通ずるラーメン・スタイル。うう~ん、興味深いぞぉ。

家系らーめん澤井:ラーメン600円+キャベツ50円+半熟卵100円。宮崎県都城市高城町石山43-10。11:00~14:00&18:00~20:30、月曜休み(祭日の場合は翌火曜日)。Pあり。

あかえラーメン:らーめん600円。宮崎市中央通7-7。11:00~14:00&19:00~26:30、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン161●うどん96●そば27●チャンポン19●その他64 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 22:40 | Comments [0]

2010年11月01日 月曜日

●【とんかつしばた@城南区長丘】 てろ旨癒し系ちゃんぽん

昨日のハーフマラソンでアチコチ痛む足を引きずりつつも、朝からガッツリお仕事お仕事。長丘での打ち合わせを終えたところで、サクッと昼麺。ここからアノ店までほんのわずかじゃないかぁ。こんなグッドチャンスを逃すわけにはイカンっ!と、長年の宿題店である、とんかつしばたへ。

とんかつしばた

博多チャンポンの一ジャンル、「とんかつ屋系」。味のかつえだ@平尾をはじめ、博多のとんかつ屋は何故かチャンポンが人気の店が多い。こことんかつしばたもそんな一軒。いつかは啜りたひっと思い続けていた店だ。

午後1時前の店内は7割方客で埋まっている。背広姿のお父さんや年配女性の二人組など、客層は千差万別ながらも、その9割はチャンポンを食べている。

よっしゃ、よっしゃ、こりゃ期待出来そうだっ!

ちゃんぽん◇とんかつしばた

待つことしばし、運ばれてきたチャンポンは民芸調の陶器の器が、味のかつえだ風。て事は、ここしばたはかつえだの暖簾分けなのだろうか?と思いつつ、レンゲでスープを一啜りすれば、円やか、かつ熟成したナンとも柔らかな癒し系美味な味わいに、一発メロメロォ……!

味のかつえだのバターの様な風味は皆無。鶏ガラらしきシンプルかつ柔らかな滋味を核に、イカゲソやエビの魚介&天ぷらやかまぼこ&キャベツや玉葱、ニンジンなどの野菜が、豊かな味わいの彩りを添える。色んな具がてんこ盛りのチャンポンのあるべき姿、あるべき味わいを見事に具現化した感のある、丁寧な味わいがタマラン旨しっ。

そして、チャンポン麺の茹で上げ方がコレまた絶品。最低限のプルンとしたコシを残しつつ、てろっとヤワヤワなのだ。これ以上ちょっとでも煮すぎると、とてもじゃないがイタダケナイ、デロデロ麺になる正にその直前で茹で上げた柔ゴシチャンポン麺が自然味スープに合いマクリィ~!!

モチのロンで野菜類の加熱具合も、ギリギリにヤワヤワで、おそらくヤンガーには物足りない一杯。なのだろうが、ロートル&ポンコツ&へっぽこ麺喰いにはソリャもうタマラン優しし系癒し味チャンポン。750円は十二分に高価だが、この味わいでこの盛りの良さなら、十二分に納得価格。

あははぁん、ええチャンポン啜らせてもろうたことやしぃ、
さぁさ午後からもう一踏ん張りガンバンべぇ。

とんかつしばた:ちゃんぽん750円。福岡市南区長丘5-16-4。12:00~14:30&18:00~21:00、日祝&第三月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン159●うどん96●そば27●チャンポン19●その他64 
◎今月の総ジョグ距離88km / 通年536km

Posted by heno at 12:54 | Comments [3]