2010年11月19日 金曜日

●【とんこつラーメンたくま@中央区長浜】 博多デフレ・ラーメンを巡る ~その十二 ~

中央区長浜の福岡鮮魚市場前。豚骨臭いお家騒動が続き、一帯には「元祖」を謳うラ店が乱立、我が麺心はスッカリ冷め切ってしまったかつての豚骨ラーメンのメッカに、先週新たなデフレ・ラーメン店が開店。

とんこつラーメンたくま長浜店

かつて、280円でラーメンを出していた長浜大将だった店舗に、「長浜ラーメン長浜 320円」の看板。博多おんな節。でオープンを知った、とんこつラーメンたくまの長浜支店である。暖簾を潜るとがらんと広い店内は長浜大将だった頃と、まんま同じ。nonopapaの福岡ラーメン健忘録によると、東区三苫のとんこつラーメンたくまが、長浜大将の居抜きをそのまま借りて、開店。三苫の本店で450円で出しているラーメンを320円で提供しているとのこと。

ラーメン◇とんこつラーメンたくま長浜店

ほどなく運ばれてきたラーメンは、どよんと淀んだ白濁スープがナカナカの面構え。薄切りながらもチャーシューが2枚に、ネギ、キクラゲまでのっている。どらどらとスープを啜れば、とろんっと艶っぽい口当たりとともにぽってりと広がるダシの旨みと脂の甘み。ふわりと鼻へ抜けるスモーキーな風味は、とことん火をかけスープをとった証なのか?元ダレもガチッときいていて、こりゃ万人受けする明解美味!気持ち細めの中麺の適度なガサゴソ感も定番美味。適度にアルデンテ状態の揚げ具合も文句ナシ!!

唯一難点を上げるとするとチャーシュー。作り置きして日が経ったのかタレの味が肉に染みこみすぎてダダ辛い。とは言いつつも、コレだけ旨くて、量的にも十二分に食べ応えあって320円は超格安感アリ。一帯の元祖の400円より2割安の価格設定。経営的に無理がないのであれば、是非ともこの価格で頑張ってほしいなぁと、ズルズルと啜っていると、新たな客が来店。

「スープ、ベタ!麺は20秒!!」

どうやら馴染みの客のようで、カウンター席に座る。

「昨夜は夜中の12時までやったのですが、 お陰様ですごい売上げでしたぁ。」

と嬉しそうに語る大柄の年配店主。

「20秒で揚げましたけど、固すぎたらおっしゃってくださいね、火を通しますから。」

客を思いやる気持ちもウレシイ新デフレ・ラーメン店に、フレー、フレー、フレーーのエール三唱。

DVC00015

卓上には擂り胡麻に紅ショウガ、生ニンニク、
替え玉タレ、胡椒に加え、一味唐辛子もアリ。

とんこつラーメンたくま長浜店

手造りラー油入りの「辣担らーめん550円」なんて新メニューもアリ。

とんこつラーメンたくま長浜店

本店と共通のスタンプサービスも。

とんこつラーメンたくま長浜店:ラーメン320円。福岡市中央区長浜2-5。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン169●うどん105●そば29●チャンポン19●その他66 
◎今月の総ジョグ距離35km / 通年571km

Posted by heno at 2010年11月19日 13:42
コメント
コメントしてください




保存しますか?