HENO HENO: 2012年02月 アーカイブ

2012年02月29日 水曜日

●【つけ麺】 麺道はなもこし@中央区薬院

行徳家@南区野間の期間限定麺「鶏白湯つけ麺」が来月発売予定。はてさて如何なる美味つけ麺か?と想いを馳せていると、ふと思い立つ。そうだそうだ、鶏白湯つけ麺と言えば、はなもこし。うんうん、啜りたいぞ、はなもこし!

鶏つけそば◇麺道はなもこし

あははん、うっまい。やっぱ旨いわ、はなこもし!

まずは、別の小皿で供される塩で麺を啜れば、くにっと抗い、すっとんと解け、にちにち粘るコシと、噛み込むほどに広がる自然な甘みが、ドエラク我がツボ。ならばと、温つけ汁にちょいと付けて啜れば、とろんと円やかな口当たりと共に、ぽってり広がる鶏ガラの密なる旨みと甘み。濃厚なのにクドくない。円やかなのに凜とした佇まいを感じる鯔背つけ麺。

鶏つけそば◇麺道はなもこし

麺に添えられた鶏チャーシューの、しゃくっともっちりなW食感と微妙にスモーキーな風味と肉の甘みもタマラン絶品。つけ汁に沈んでいる味玉の黄身を麺に絡ませ啜れば、トロンとまったりと甘い風味に、もうメロメロのメロリンキュー。

一時の我がつけ麺ブームは去り、最近は王道汁麺気分なのだが、はなもこしのこのつけ麺だけは別格。きっとまた発作的に啜りたくなること間違いナシの、我が最愛つけ麺でアルっ!

麺道はなもこし
鶏つけそば650円
福岡市中央区薬院2-4-35
11:30~14:00&18:00~22:00・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン30●中華麺5●うどん19●そば7●その他5
◎2月の総ジョグ距離104km / 2012通年231km

Posted by heno at 12:05 | Comments [0]

2012年02月28日 火曜日

●【うどん】 大名麺通団@中央区大名

冷やかけ+ゲソ天◇大名麺通団

うへへぇ、コイツぁデラ旨しっ!!

昨日グランドオープンした大名麺通団の冷やかけうどんは、想定外の超絶デラ旨っ。兎にも角にも、うどん。キリリと角が立った鯔背な見た目に期待指数が急上昇。コリャ間違いなく旨いハズっ!ともんどり打って、ズビズバンッと一気啜れば、むっちりぃと抗うコシと、ぶるるんっと震える粘り感あるヒキが、ソリャもうタマラン極楽ぅ~~!!新規オープンに向け、キチンと生地を寝かせ成熟させた結果なのだろうか?諸手を挙げて万歳三唱な、うしゃしゃ旨し讃岐うどん。

大名麺通団

大名麺通団
冷やかけ320円+ゲソ天100円
福岡市中央区大名1-11-4
11:00~25:00(日曜11:00~23:00)・不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン30●中華麺5●うどん19●そば7●その他4
◎2月の総ジョグ距離104km / 2012通年231km

Posted by heno at 14:06 | Comments [0]

2012年02月26日 日曜日

●東京マラソン2012

東京マラソン2012

東京マラソン当日。朝6時に目覚め、スタート会場の東京都庁前へ歩いて向かう。スタートまで1時間半、頃合いを計り、防寒着を脱ぎ手荷物と一緒に預け、スタート地点へ並ぶ。スタートラインから数百メートル後方。スタート間際の石原都知事の挨拶の声も聞こえることなく、レースがスタート。

東京マラソン2012

スタート5㎞弱でゴールタイム4時間半のペースランナーに追いつく。しばらく伴走するも、フルマラソンゴール時までこのペースに追いつく体力が我にはないと判断し、ならばダメモトとペースを上げ先行する。

東京マラソン2012

東京マラソン2012東京マラソン2012

皇居に、新旧東京タワーに、銀座に浅草と、劇的に変わる街の風景と、沿道を埋め尽くす人々の声援。そして、新東京タワーやマリオやエルビス・プレスリーなど、様々なキャラクターの仮装に身を包み走るランナー達。いやぁ流石、いやはやお見事な都市型マラソンを楽しみつつ、ゴールを目指す。

東京マラソン2012

案の定、鬼門の28㎞時点から一気にペースダウンし、結果は5時間20分で完走。街の元気、人の元気に後押しされた結果なのか?それとも2週連続フルマラソンがプラスに働いたのか??先週の熊本城マラソンより10分早く無事ゴール。走り終えた後の足腰の痛みも軽いし、人の身体の順応性の高さに驚いたり、感心したり。

地点名
Point

スプリット (ネットタイム)
Split
Net Time

ラップ
Lap

通過時間
Time

5km

00:38:38 (0:30:22)

0:30:22

09:48:38

10km

01:08:45 (1:00:29)

0:30:07

10:18:45

15km

01:39:14 (1:30:58)

0:30:29

10:49:14

20km

02:11:43 (2:03:27)

0:32:29

11:21:43

25km

02:49:51 (2:41:35)

0:38:08

11:59:51

30km

03:35:28 (3:27:12)

0:45:37

12:45:28

35km

04:21:39 (4:13:23)

0:46:11

13:31:39

40km

05:10:07 (5:01:51)

0:48:28

14:20:07

Finish

05:29:09 (5:20:53)

0:19:02

14:39:09

参加者ごとの走行タイム結果を検索出来るサービスや、ゴールシーンムービーサービスもアリ。いやはや楽し嬉し、鍛錬を積み是非また参加したいぞ、東京マラソン!!

ゴール後は空きっ腹を満たすべく、JR東京駅ビル地階の東京ラーメンストリートの六厘舎へつけ麺を啜りに向かうも、さすが超人気&有名店だけに、店頭には長蛇の列。ならばと、たがせ屋のセカンドブランドであるひまわりに向かうも、コレまた店頭に順番待ちの列。何せド空腹、すぐに食べられる店は?と探し、麺や七彩へ転がり込む。

つけ麺◇麺や 七彩

喜多方ラーメンがメインメニューの麺や七彩だが、我が口は目一杯つけ麺モード。で、ダメモトでたのんだつけ麺は、想定外の旨さ炸裂。まず麺が旨し。気持ち黒ずんだ見た目から察するに国内産小麦の挽きぐるみ粉か?芯に向け、ぼわぼわぼわんっと抗う奇天烈ゴシのオモロさと、三ツ葉が薬味のつけ汁の外連味のない醤油ダレの甘みが、けへへぇ我がツボっ!

【麺や 七彩】
つけ麺850円
東京都千代田区丸の内1-9-1八重洲南口地下1階 東京ラーメンストリート内

07:30~10:30(※朝メニュー営業)&10:30~22:30・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン30●中華麺5●うどん18●そば7●その他4
◎2月の総ジョグ距離104km / 2012通年231km

Posted by heno at 17:09 | Comments [3]

2012年02月25日 土曜日

●【ラーメン】 さいころ@東京都中野区

まさか2週続けてフルマラソンを走ることになろうとは……。

先週の第1回熊本城マラソンに続き、明日は東京マラソン2011。昨年夏の東京マラソン参加者募集に応募したところ、9月中旬に熊本城マラソンの募集が始まる。

申し込み順で参加できるという。かたや東京マラソンは競争率9.6倍の抽選に当たらなければ参加できない。クジ運がすこぶる悪し、なにせ2008年の大会に既に1度出場したので、きっと事前審査でハネラれるに違いないと、熊本城マラソンに申し込み参加費を支払った10月中旬、東京マラソンの当選を知らせるメールが来る。

DVC00022

明日の大会を前に、東京ビッグサイトで事前受付。受け付け開始1時間前の午前10時に会場に着くも、既に200mほどの順番待ちの列が出来ている。さすが3万6千人が参加するアジア最大級のレースである。

予定を30分繰り上げ、受け付け開始。ゼッケンと計時チップを受け取り、EXPO会場へ。協賛企業各社のブースを冷やかし歩いていると、会場の一角に東日本大震災復興募金箱が。あれから1年、日常生活に流されついつ忘れがちだが、被災地では未だ復興の目処すら立たない地区も多い。僅かながらではるが募金をし、明日の大会の活況が被災地の元気に繋がればと、会場を去る。

特製中華ソバ◇ソラノイロ

昼はソラノイロ@千代田区麹町で特製中華ソバ。一風堂や五行で10年間腕を磨いたという若き店主の作る一杯は、流石の旨さ。鶏ガラ・豚骨×真鰯・鯖・鯵節のWスープは、口当たりはクイと魚介ダシが勝ち目の和テイストなれど、すぐその後を追ってくる鶏ガラ・豚骨ダシの厚みのある旨み+葱やエシャロットと鶏油で作るという香味油の風味が、ナンともゴージャス。

合わさる麺は、気持ち細染めの扁平麺。スルスルとした滑らかな啜り心地然り、ぷるんっと解けるコシ然り、コレまた上出来。具も肩ロースに腕肉、もも肉と3種類のチャーシューが、それぞれの食感&旨さを演出。シナチクもシャクッと旨いし、味玉の半熟具合もトロリと絶妙で、コレ正におご馳走な一杯に、ひたすら感服。コリャ是非とも再訪し、ベジソバも啜りたひっ。

末廣亭

新宿のホテルに荷物を預け、末廣亭で演芸を楽しみ、夕方は旧友と中野で飲み会。明日の大会に向け、飲み過ぎは禁物と飲む前に麺で腹を満たすべく、中野駅前の「さいころ」で啜る。

肉煮干し中華そば◇さいころ

「我流旨味ソバ 地雷源 中野本店」が10周年を節目に昨年9月、店舗2階を自家製麺所に改装し、屋号も「肉煮干し中華そば さいころ」としてリニューアルオープン。屋号がメニュー名=一押しらしき肉煮干し中華そばは、グリッと存在感ある煮干しの旨さを鶏ガラらしきダシの甘みがほどよく包み込む味わいがドンピシャ我がツボ。新しいようで、その実どこか懐かしい感じのする醤油味のスープを、さらに一啜り、もう一啜り。

そしてナニヨリ旨いのが、リニューアルのきっかけとなったという自家製麺の旨さ。うどん大の太麺は、するると艶めかしい啜り心地然り、むっちりと粘り、噛み込んでいくと、ある瞬間をきっかけにぽわんっと解けるコシ然り。ナンとも愉快な食感と、豊かな小麦の風味が、コレまた我がツボ。

もっちりチャーシューと、ぱりしゃくシナチクが好アクセント。実はコレ、東北のご当地ラーメンなんですよ、と言われるとそのまま信じてしまいそうな身の丈感。新作ながら、気負いや奇をてらった感は微塵もナシの、まとまりある一杯に心底メロメロ。

肉煮干し中華そば◇さいころ

ソラノイロ
特製中華ソバ950円
東京都千代田区平河町1-3-10
11:00~15:00&17:00~23:30([土日祝11:00~15:00)・無休 Pなし

肉煮干し中華そば さいころ
肉煮干し中華そば730円
東京都中野区中野2-28-8
11:30~23:00・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン30●中華麺5●うどん18●そば7●その他3
◎2月の総ジョグ距離62km / 2012通年189km

Posted by heno at 14:57 | Comments [2]

2012年02月24日 金曜日

●【ラーメン】 元祖ラーメン長浜家@中央区大手門

悪性の風邪だろうか、猛烈な頭痛と微熱に悩まされつつ、ナンとかカンとか日々の仕事をこなす、ここ数日。食欲も全くないが、せめて今日くらいはまともな昼麺を腹に入れなければ。でもしかし、午後一の仕事までさほど空き時間もナシ。うぬぅ、ならば、早い&安い&旨不味いの三拍子揃った、元祖の「ケイチ」へピットイン。

ラーメン◇元祖ラーメン長浜家

オンボロ我が身を癒して欲しいと頼んだナシヤワは、想定外の超滋味系。脂っ気は皆無&外連味のない極々自然なダシの甘みと、てろんと滑らかな口当たりのぷにゅてろ麺の優しい食味が、くっそぉ、旨じゃねぇかぁ……。なにせ時間がないのでシミジミズルズル啜ることが出来ないことが悔しいくらい。ズバズバズビズバ一気に啜り、ズブズブと元気とヤル気をもらいピットアウト!おっしゃ、もう一仕事ガンバンべぇ。

【元祖ラーメン長浜家】
ラーメン400円+替え玉100円+焼酎200円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店) Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン28●中華麺5●うどん18●そば7●その他3
◎2月の総ジョグ距離62km / 2012通年189km

Posted by heno at 12:34 | Comments [2]

2012年02月21日 火曜日

●【チャンポン】 たっちゃん@中央区警固

たっちゃん

某在福テレビ局の某麺好きアナのTwitterに惹かれ、チャンポン屋、たっちゃんへ。道順を頼りに訪ねると、確かココは、以前は立ち呑み屋が営業していた店舗だろうか、真っ赤な壁と思いっきり手書きの看板。

今月14日にオープンしたという、たっちゃん。奥に長いカウンター席のみの店内は先客なし。メニューはチャンポン、もつチャンポンに、ホルモン焼き。もつチャンポンに一瞬惹かれるも、初店は基本メニュー。チャンポンを頼み、思いっきりイカした50's Rock’n’Rollの店内BGMと、カウンター席の端に用意されたスポーツ新聞や雑誌とのミスマッチ感を楽しみつつ出来上がりを待つ。

チャンポン◇たっちゃん

待つことしばし、差し出されたチャンポンは、透明感を残す醤油色のスープと、ごろんと大振りの豚肉とイカゲソが印象的。まずはスープと一啜りすれば、すいっと軽やかな口当たりの滋味系美味。外連味のないあっさりとした味わいに醤油ダレの旨みが彩りを添える。麺は製麺所製茹で置き麺、しっかりと加熱されていて、ぽわんぽわんと跳ねる軽やかなコシが滋味スープと相性良し。

特筆すべきは具の食感の面白さ。大振りのニチニチ豚肉とプリプリイカゲソの食感コラボに加え、しゃっくち玉ねぎとパリンパリンキャベツの食感のコントラストがあなオモロ。よく見てみると、玉ねぎには炒めて焦げた跡があるが、キャベツは限りなく生状態。ってことは、食味を考え玉ねぎは炒めるが、キャベツは炒めず軽くスープで加熱しただけで仕上げてあるのだろうか?ナンとも丁寧な仕事ぶりを思わせる誠実美味なる一杯に、ほっこりにっこり。

茹で置き麺&ぽったりスープの長崎チャンポンとも、茹で置き麺&濃い味スープの佐賀チャンポンとも、生麺&ぽったりスープの博多チャンポンとも異なる、すっきり鯔背なオリジナル・チャンポン。ここたっちゃんを始め、最近とみにチャンポン新店が目につくなぁ。博多にチャンポンブーム到来か?

【たっちゃん】
チャンポン650円
福岡市中央区警固2-15-3? Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン27●中華麺5●うどん18●そば7●その他3
◎2月の総ジョグ距離62km / 2012通年189km

Posted by heno at 13:19 | Comments [0]

2012年02月19日 日曜日

●【ラーメン】 宗運@熊本県熊本市

第1回熊本城マラソン

今年の4月に、九州では福岡市、北九州市に次ぐ第三の政令指定都市となる事を記念して開催される、第1回熊本城マラソン。昨今のマラソンブームも後押しし、1万人が参加。

手荷物を預ける熊本城内の会場の出入り口が狭く異常に混雑したり、そこからスタート地点の目抜き通りまでスタート1時間前に移動させられ延々と待たされたりと、スタート前までは不満たらたらだったが、いざスタートすると、都心部から周辺部へと様々に景色を変えるコース取りが、ナンとも楽し。そしてナニヨリ素晴らしかったのが沿道の応援。周辺部では集落ごとに趣向を凝らした応援に励まされ、都心部では施設エードの飴や飲み物に元気をもらい、えっちらおっちらナンとか完走。

第1回熊本城マラソン

記録は5時間34分。来週に東京マラソンを控え、無理は禁物と29㎞地点からは、2㎞走って1㎞歩くを繰り返した結果とすると、まずまずのタイム。なのだが、余裕で養生ランニングのはずが、ゴール時にはヘトヘトヨレヨレ。うむむぅ、来週が思いやられるなぁ。

博多とんこつ◇宗運

帰福前に腹ごしらえと立ち寄った宗運の「博多とんこつ」は、
ソリャもう半端ないトロットロのオイリー濃い味スープ。
かなり旨い。けど、ロートル・ヘタレ麺喰いオヤヂにはカナリきつい。

【博多麺屋 宗運】
博多とんこつ650円
熊本県熊本市下通り1-12-3
18:00~26:00(日曜は11:30~21:00)・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン27●中華麺4●うどん18●そば7●その他3
◎2月の総ジョグ距離62km / 2012通年189km

Posted by heno at 15:30 | Comments [0]

2012年02月18日 土曜日

●【ラーメン】 麺処てしお@熊本県熊本市

明日の熊本城マラソンの受付を済ませ、熊本市街地をぷらぷらと散歩し、早めの晩麺。馬刺しで米焼酎のつもりでいたが、飲み過ぎて明日がツラくなるかも、と蕎麦屋酒に切り替える。

アーケード商店街・上通りの裏通り、上乃裏通りは蕎麦屋天国。船橋更科出身の堅平更科や、雪花山房は屋号から察するに翁達磨@広島の暖簾分けか?気になる蕎麦屋が目白押し。

鴨せいろ◇生そば森山

そんな上乃裏通りの蕎麦屋の老舗、生そば森山。壁一面の大きな本棚がある店内は蕎麦屋と言うより、ひと昔の学生街の喫茶店。そしてメニューも蕎麦以外にアレコレと酒の肴も揃っていて、蕎麦屋と言うより蕎麦居酒屋。旨いと評判の鴨せいろは、どろんと黒い温つけ汁の底に超厚切りの鴨とナゼかシメジがゴロゴロ沈むガッツリ系。コレはコレで確かに旨いが、主役が完全に鴨肉でどうにも蕎麦の影が薄い。

麺処てしお

で〆張鶴でサクッと平らげ、締め麺はしご。コレまたかねてから気になっていた宿題店、麺処てしおを訪ねる。住所を頼りに訪ねると、白川沿いの路地裏の真っ暗な通りにぽつんと白い灯り。こぢんまりと落ち着いた作りの店内然り、隠れ家系の塩ラーメン専門店である。

こだわり塩麺◇麺処てしお

店の一押しらしき「こだわり塩麺」は、鶏ガラと魚介をベースに根菜や葉野菜らしき旨みがシミジミと感じられる、甘く深い味わいが丁寧美味。麺は、ストレートと縮れかチョイス出来るが、我がチョイスの縮れ麺はしゅるるぅと口に収まる口当たり然り、くにぃ、こつんっと抗い解けるコシ然り、ナンとも鯔背な食味が、滋味スープの旨みを更に際立たせる技アリ美味。

具の鶏肉チャーシューももっちり旨いし、鶏つくねは表面を軽く炙り、さらに中に軟骨が忍ばせてあり、もちもちコリコリと豊かな味わい。そしてメンマや白葱に至るまで、チャンと旨くて、それぞれの異なる旨みが滋味スープを彩るさまが、コレまた楽し。

供される飲料水もレモン風味と、そこかしこに店主の思いが感じられる。こりゃ是非とも再訪し、ほかのメニューも啜りたひっ。

【生そば森山】
鴨せいろ1400円
熊本県熊本市草葉町3-3
11:30~15:00&17:00~22:00
(土曜祝日は中休み無し・日曜は11:00~21:00)・月曜休み Pなし

【麺処てしお】
こだわり塩麺650円
熊本市九品寺1-5-41
11:30-15:00,18:00-23:00 不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン26●中華麺4●うどん18●そば7●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 18:37 | Comments [0]

●【うどん】 みのや@熊本県熊本市

ジョギング練習をかまけていても日々は過ぎ、明日は熊本城マラソン。大会当日は参加受付はナシ。で、高速バスで今日熊本入り。
午後1時前、熊本着。大会受付前にサクッと昼麺。かねてから啜ってみたいと思い続けていた長年の宿題店、みのやを訪ねる。



住所を頼りに尋ねると、市役所近くの路地裏に、年季の入った店構え。藍染の暖簾を潜ると、こぢんまりした店内は、ほぼ満席。わずかに空いたカウンタ席に滑り込み、この店の名物という「まめ天うどん」をたのむ。
客のほとんどは常連らしき地元客。カウンター席のほとんどがビールや焼酎を飲んでいる。いいネェ、我も飲むか?いやでも、大会受付を済ませてないし、と指をくわえていると、客の一人が、
「お母さん、まめまめごぼうをつまみでちょうだい」
おぉ、噂通りだ!この店には常連のみが許される「専門用語オーダー」が存在するのか!とあるブログで前調査したところによると、「まめまめごぼう」はまめ天2人前とごぼう天1人前を指すとのこと。因みに「まめうどんセミで」はまめ天うどんをセミダブルでの略語なんのだとか。


「ごめんねぇ、うどんがやっと茹で上がりましたぁ。お待たせしました。」
待つことしばし、カウンター越しに差し出されたまめ天うどんは、そりゃもう半端なくアッツ熱。ドンブリ越しに掌に伝わるジンワリとした熱を楽しみつつ、ズズッとスメを啜れば、アッツ熱の口当たりとともに、柔らかく広がる昆布ダシらしき素朴な旨味。派手さは皆無、ひたすら優しい母性あふるるシミジミ滋味が五臓六腑へ染み渡る。
なのだが、合わさるうどんは目一杯創作演出系。気持ち細めながらも、噛み込むほどに、もっちもちと正にお餅のごとく粘るヒキがナントモ楽し旨し。
具の「まめ天」はインゲン豆の天ぷら。コレマタ揚げ立てアツアツ&カリカリの衣と、きにゅきにゅ解けるインゲン豆の食感コラボが地味に旨し。
ナンちゃナイけどナンとも旨い、これぞソウルフード的味わいに、ほっこり。おっしゃ、パワー充填完了!明日のフルマラソンもガンバンべぇ。



【本格手打ちうどん みのや】
まめ天うどん480円
熊本市手取本町3-7
11:00~21:00(祝日~19:00)・日曜休み Pなし
◎2012通年麺喰い◎
ラーメン25●中華麺4●うどん18●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 16:43 | Comments [0]

2012年02月17日 金曜日

●【ラーメン】 伍ノ壱@早良区有田

豚骨博多の醤油ラーメン その二十三

醤油ラーメン◇伍ノ壱

どろんとオイリーな見た目こそイマドキだが、啜った瞬間にふわりと広がる豊かなダシの風味はナンとも芳醇滋味。醤油ダレの風味<ダシの旨さが際立つその味わいに、ふとカノ醤油ラーメン名店、関東軒@佐賀県唐津市のスープを思い出す。プラス、表面を覆う多めの脂の甘み=新福菜館@京都のアノ甘旨い感じにも相通じて、ナンとも我がツボ。

合わさる麺は中太ストレート。ガサゴソとした啜り心地然り、ゴリゴリと解けるコシ然り、カナリ無骨な食味がコレまたオモロ。もっちり旨い厚切りチャーシューと、トロ甘半熟卵のイマドキ・トッピングとの対極具合にオリジナリティを感じまくり。

イマドキそうでイニシエで、スマートそうで無骨でもあり。しかも価格もワンコイン500円ナリ。こりゃ是非とも再訪し、新メニュー「元祖博多ラーメン」に夜営業限定販売の塩ラーメンも啜りたひっ。

【伍ノ壱】
醤油ラーメン500円  ※裏メニューとしてオーダー可
福岡市早良区有田3-10-7
11:00~21:00・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン25●中華麺4●うどん17●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 14:07 | Comments [0]

2012年02月16日 木曜日

●【うどん】 権@糟屋郡志免町

IMG_0438

ドエライ寒空の下、あったかうどんが啜りたひっと飛び込んだ、練り込みうどん権。数あるメニューの中でも、ググッと我が麺喰いハートをゲットしたのは、とりごぼううどん。おそらく、ぽってりと甘辛く煮た鶏肉とゴボウがのった熱々うどんなのでは?とたのむと、ドンピシャ&ピンポ~ン!&大当たりぃ。熱々スメに甘辛煮の具が映えまくりの、ほんわか温かうどんに、ズブズブとと癒されマクリでんがなぁ、まんがなぁ。

キーマカレーうどん◇権

ぐへへぇ、コリャ旨いわっ!とズビズビ啜っていると、同行スタッフが頼んだキーマカレーうどんが遅れて配される。

うどんにカレーのルーをぶっかけ、具は野菜天に卵の黄身……。
そしてさらに、猪口で温スメが供されるおご馳走加減が
LIKE A 博多あかちょこべ@博多区冷泉町の
釜揚げキーマカレーうどんチックでドエラク旨そうぅ……。

練り込みうどん権
とりごぼううどん580円
福岡県糟屋郡志免町大字南里34-4
11:00~22:00・2nd&4th木曜休み(祝祭日の場合は営業) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン24●中華麺4●うどん17●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 11:15 | Comments [0]

2012年02月15日 水曜日

●【ラーメン】 ながた屋@佐賀県鳥栖市

ながた屋

佐賀県鳥栖市の久光製薬本社のすぐ横。サロンパスの消炎剤特有のシパシパする空気漂う小さな住宅街の一角に、「ラーメン 焼きそば 焼きめし ながた屋」と染め抜かれた藍色の暖簾。これだけシパシパと爽快な空気を吸ってると、この辺りの人々は花粉症にも無縁じゃないの?など思いつつ店に入れば、こぢんまりした店内はリアル昭和。

福岡の老舗うどん屋みやけうどん@呉服町よろしく、土間に直に埋め立てられたカウンター席に座り、壁の高い位置に掲げられたメニューを見ると、チャンポン、ラーメン、焼きそば、焼きめし、ホルモン、野菜炒めに、めしとビール。ゆるりと昭和なこの店で休日午後にホルモン&ビール経由、ラーメンで締める、なんてサイコーだろうなぁ、など憧れつつラーメンをたのむ。

ラーメン◇ながた屋

スイッと軽やかな味わいのスープには、最初からのった大量の紅ショウガがマストな調味料。カウンター席下の棚に積まれた週刊誌をペラペラとめくりつつ、きもち柔らかめの中細麺をズルズル啜る、昭和な午後。

【ながた屋】
ラーメン400円
佐賀県鳥栖市田代外町469-2
11:00~18:00・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン23●中華麺4●うどん17●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 11:15 | Comments [2]

2012年02月14日 火曜日

●【ラーメン】 麺屋黒船@博多区大博町

豚骨博多の醤油ラーメン その二十二

醤油麺◇麺屋黒船

かの元祖長浜屋も昭和20年代後半の創業当時に屋台で営業していたという大博町に7年前にオープンした、否豚骨FCラーメン店、黒船。、いわばリアル博多豚骨ラーメン発祥の地に、正に屋号よろしく黒船のごとき進出。かつFCラーメンとなると、いよいよ前途多難か?と思いきや、ナンのソノ。超久方ぶりに訪ねるも、正午過ぎの店内は8割方客で埋まっているではないか!

そして、これまた超久方ぶりに啜る醤油麺は、明らかに進化&深化の後が見てとれる力作美味。ダダ濃い味わいだったスープは、魚介×獣系のWダシ+焦がしネギ油の風味がチャンと香り立つイマドキ美味。太めの平打ち麺の、なんとも長い麺腺の心地よい啜り心地と、ぷりんぷりんなコシも上出来極楽。

醤油麺◇麺屋黒船

【麺屋黒船】博多店
醤油麺650円
福岡市博多区大博町2-14
11:00~14:30&18:00~22:30・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン22●中華麺4●うどん17●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 12:04 | Comments [0]

2012年02月13日 月曜日

●【酒】 東一 山田錦 純米 うすにごり 生酒

東一 山田錦 純米 うすにごり 生酒

蔵人を中心とした栽培グループで山田錦の栽培を手がける五町田酒造のうすにごり純米酒は、すいっと軽やかな旨みと、一升瓶底に沈んだおりの円やかな甘みと、しゅわっと微細に弾ける発泡感が、いやはや初春。

どん兵衛すき焼きうどん◇日清

どん兵衛のトールカップシリーズ最新作は
「すき焼きうどん」とのメニュー名に
こりゃコッテリと甘めのストロング味か?と
期待過多でズズッと啜れば
思いのほか上品な味わいに肩透かしぃ……。

Posted by heno at 13:53 | Comments [0]

2012年02月12日 日曜日

●【うどん】 讃岐うどん誠屋@南区曰佐

醤油うどん◇讃岐うどん誠屋

讃岐うどん大木戸@中央区舞鶴より独立し、昨年11月にオープンした誠屋。讃岐うどん=醤油うどんとオーダーすると、デフォルトでうどんに擂り胡麻と少量のおろし生姜が添えてあるオペレーションが独創的。合わせて供された生醤油を少量かけ、ぐりぐり和えてズビズビ啜れば、ぶりんっぶりんっと抗うコシと噛み込むほどに広がるほのかな小麦の風味が、うしゃしゃぁリアル讃岐ぃ~。

醤油うどん◇讃岐うどん誠屋釜玉うどん◇讃岐うどん誠屋

醤油うどんもさることながら秀逸美味が、カミさんのたのんだ釜玉うどん。釜揚げ熱々のうどんの、むっちりと解ける艶あるコシと、まったり甘い卵の黄身と、気持ち甘めのダシ醤油の織りなす極旨コラボに、うっとりぃ。

【讃岐うどん誠屋】
醤油うどん290円+ちくわ天130円、釜玉うどん380円
福岡市南区日佐4-39-30
11:00~20:30・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン21●中華麺4●うどん16●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 12:29 | Comments [2]

2012年02月11日 土曜日

●【中華麺】 迦南地@南区大橋

来週の熊本城マラソンに向け、付け焼き刃トレーニング。今日は20㎞は走るぞ。ならば馬にニンジン、へのに麺!で、麺ジョグへ。我が家から片道10㎞ぐらいで惹かれる麺は……。そうだ、らーめん四郎店主ブログに近々醤油ラーメン発売とあったぞっ!

そんなこんなでえっちらおっちら走ること小一時間で大橋へ。四郎に着くも店頭に「醤油ラーメン発売」との知らせナシ。まだ開発中で発売にはなっていないのか?目一杯醤油ラーメンモードの我、ならば久方ぶりにあすかで醤油ラーメンを啜ろうか?など考えつつジョグっていると、先日オープンした海豚や大橋店の路地に「台湾家庭料理」の幟を発見。

迦南地

幟だけは立派だが、店舗に看板も掛けられていないし、入口のシャッターも完全に上げられていないしで、ナニやらかなり怪しげな店だなぁと近づくと、窓に写真入りのメニューが貼られていて、その中に「牛すじ麺」を発見。

牛すじ麺=台湾版どぎどぎうどんか?
かなり手作り感ある出来上がり写真にも惹かれるぞぉ…。

おっしゃ、「虎穴に入らずんば虎児を得ず」のたとえあり。ダメモトで啜ってみるか!

外観同様手作り感満載の店内には年配女性の先客2名。どうやら常連客なのだろう、年配女性店主も交え食事もそこそこに、かしましく喋くりマクリ。空席に着くと卓上に「オススメ 肉すじ麺750円」のプレート。おやおや、カナリ高価だが、うんうん「虎穴に入らずんば虎児を得ず」!

牛すじ麺◇迦南地

待つことしばし、運ばれてきたドンブリ中央にはごろんと輪切りの大根&ニンジンも2センチ厚でゴロゴロな様に、ふとポトフを思い出す。どらどらとレンゲでスープを一啜りすれば、淡いダシの旨みと密なる中華香辛料の風味と、コチジャンらしき辛味。

麺はおそらく乾麺うどん。茹でたてなのだろう、ぷにぷにと踊るコシがあな楽し。お目当ての牛すじ肉は想定外の旨さ炸裂。しっかり煮込まれているのだろう、くにゅくにゅの食感と肉の味とエスニック風味の調味が、ドンピシャ我がツボ。ごろごろ入った根菜を崩しつつ共に食べれば、さらなる旨みが花開く。

台湾版どぎどぎうどんは、看板に偽りなしの上出来家庭料理麺。この麺はコチジャン抜きで食べてると、さらに味わい深かった気がするなぁ。家庭料理に本格麺料理はそぐわない。一品料理や定食類であれば本物の台湾家庭料理を楽しめるのでは?

【迦南地 (カナンチ)
牛すじ麺750円
福岡市南区大橋2-12-12
11:30~15:00&17:30~22:30・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン21●中華麺4●うどん15●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離20km / 2012通年147km

Posted by heno at 12:28 | Comments [0]

2012年02月10日 金曜日

●【そば】 藪@北九州市若松区

冷やしトンカツざる◇藪

北九州市若松区の藪。創業明治3年の老舗の大衆蕎麦屋の名物メニュー、冷やしトンカツざる。蕎麦の二番粉に抹茶を入れて打つという茶蕎麦の上には、巨大トンカツ。つけ汁は椀で供されるも、店のオススメはぶっかけ。山葵を溶き入れ葱も入れたつけ汁を、蕎麦とトンカツにぶっかけて食べる。ぷりんぷりんのヒキがオモロな冷たい茶蕎麦と、揚げたて熱々サクサクのトンカツを、カナリ甘めのツユが繋ぐ、ガッツリ喰らう大衆美味。

冷やしトンカツざるは、4代目が考案したメニューで、創業以来の名物メニューは、天ざるとスタミナそば。スタミナそばは、天かすと刻み海苔と卵の黄身をのせたぶっかけ蕎麦。量もカナリ多めで、ぽったりと甘いぶっかけ汁のこの蕎麦こそ、かつて若松が石炭の積み出し港として栄えた頃、力仕事を終えた労働者の胃袋を満たしてきたのだろう。

藪

【藪】
冷やしトンカツざる980円
福岡県北九州市若松区本町2-8-8
11:00~14:20&17:00~19:20・木曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン21●中華麺3●うどん15●そば6●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 18:43 | Comments [0]

2012年02月09日 木曜日

●【ラーメン】 壱の家@中央区大名

豚骨博多の醤油ラーメン その二十一

天神西通りから西へ100mのビルの1階。周辺には百貨店・福岡岩田屋に、ファッション、雑貨の路面店も多く、立地的には好条件と思われる。が、フロアの奥まった場所が災いしてか、麺一筋、元祖長寿ラーメン、ホン・ロンYoshidaと次々とラーメン屋が開店閉店を繰り返す店舗に、昨年7月、壱の家がオープン。

ラーメン壱屋@中央区六本松の系列店とのことだが、メニュー筆頭は「あごだし醤油500円」で、その下に「豚骨らーめん500円」が記されている。豚骨より醤油ラーメンを前面に押し出し、六本松本店や、閉店してしまった大野城店より安めの価格設定。なにせ周辺は、入居ビル入り口には博多元助に、道向かいには黒豚餃子とんとん=昇龍ラーメンに一心不乱と、超過密ラーメン店エリアへの出店。他店との差別化を意識しての店作りなのだろうか?

博多醤油らーめん◇壱の家

そんな壱の家の博多醤油らーめん。あごだし醤油500円の具を少なめにした廉価版で、価格は290円。どらどらとスープを一啜りすれば、ぐいんとドライブするあごだしらしき魚介ダシと、その風味を下支えする、ふんわり甘いこの感じは鶏ガラか?壱屋のあご出し醤油よりもダシ強めで、醤油ダレ控えめ。一味違った旨さが、コレまた我がツボ。

麺はクニクニ、ネチネチのコシがオモロな中細麺。コレはコレでオモしろいが、このスープには自然なコシの麺の方が相性がイイ気がするなぁ。価格を下げるために、量もチト少なめにしてあるのだろうか?少々食べたり無さ感アリ。なれど、大振りチャーシューはしっかり旨いし、ナニヨリこの旨さで290円は大満足。店周辺には飲み屋も多いことだし、飲んだあとの〆の一杯とすると、量&価格とも最適か。

豚骨焼麺◇壱の家

茹でた麺を鉄板で焼き付けた、新感覚な豚骨ラーメンも発売。低価格に創作麺とアレコレ創意工夫をこらす新ラ店に幸アレ!

壱の家

【壱の家】
博多醤油らーめん290円
福岡市中央区大名1-12-52
11:30~24:00(金土11:30~30:00) Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン21●中華麺3●うどん15●そば5●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 12:52 | Comments [0]

2012年02月08日 水曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

味噌御田麺◇行徳家

麹味噌に始まり、仙台味噌八丁味噌煮干し味噌と、この3ヶ月で4種もの創作味噌ラーメンを考案してきた店主だが、ナンとまたもオモロ&旨しな味噌創作。

「味噌御田麺」なる名の通り、ドンブリ中央には、もぐ俺@中央区大名よろしく、おでんの大根がゴロリと鎮座&周りには細切れチャーシューと揚げや厚揚げの角切りが。

どらどらと、まずはスープを一啜りすれば、ソリャもうカンカンにアッツ熱な口当たりと共に、ぶわりと広がる抱擁感ある味噌の旨み。適度に甘く柔らかく、かつ後味はキリリと締まりあるこの味わいは、仙台みそだろうか?母性と父性を併せ持つ柔ら強い味わいが、この冬一番の冷え込みで凍えきった我が身の五臓六腑へほかほかと染み渡る快感よ。

麺は八丁味噌、煮干し味噌に続き、太&細混合ブレンド。太さが異なる麺が織りなすハイパーな口当たりとコシが、オモロ&楽し&旨し。具の大根や揚げ、厚揚げ、チャーシューとの食味のハーモニーも加わり、愉快愉快と食べ進むと、むにゅんと新たな食味が顔を出す。おや?とレンゲで掬ってみると、スープの底に薄切りコンニャク。

うへへぇ、うめぇ~~!けへへぇ、楽しぃ~~~!!

おでんと味噌とラーメンと。一見奇をてらい過ぎかと思いきや、その実、ほっこりと癒され感あるいなたさと、キチンとまとめ上げられた感ある洗練が同居するこのハイパー滋味なる味わいこそ、福岡創作ラーメンの雄、行徳家の真骨頂か。

行徳家
小結 味噌御田麺600円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン20●中華麺3●うどん15●そば5●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 11:48 | Comments [0]

2012年02月07日 火曜日

●【うどん】 大木戸@中央区舞鶴

冷やしかけうどん+さつまいも生姜天◇大木戸

天神での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。寒空に誘われ大木戸で熱々釜揚げうどん、のつもりだったが、店に入りメニューを見たのが運の尽き。やっぱ、大木戸といえば「冷やしかけうどん」で決まりでしょう!

冷たい食感とともにスイッと広がるダシの旨みを口の中に残しつつ、ズズズと冷うどんを啜り噛み込めば、むりんぷにんと抗いつつ香り立つ小麦の風味。冷スメ×冷うどんの冷やしかけだが、十二分に風味&旨さが豊かに広がる、It’s my best HIYAKAKE-UDON in FUKUOKA !

大木戸
冷やしかけうどん380円+さつまいも生姜天100円
福岡市中央区舞鶴2-8-29
11:00~15:00&17:30~19:30・日祝休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン19●中華麺3●うどん15●そば5●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 11:58 | Comments [0]

2012年02月05日 日曜日

●【そば】 ウエスト@博多区東光

福岡空港へ東京からの客を迎える前に、サクッとブランチ麺。かねてから気になっていたウエスト東光空港通り店のオリジナルメニューである「豚しゃぶ」を蕎麦で啜る。

豚しゃぶそば◇ウエスト東光空港通り店

待つことしばし、運ばれてきた豚しゃぶ蕎麦は、ロースらしき豚肉の茶に、ニンジンの赤、ホウレン草と三つ葉の緑に白髪葱の白と、想定外のベッピン麺。うひゃひゃ、コリャ大当たりかも?!と、蕎麦と共に供された黒胡椒をササッとふり、卓上に置いてある葱をドッサリ盛り、まずはスメを一啜りすれば、カチンときいた魚介ダシに豚肉の甘みが映える、奥行きある味わいが、ドンピシャ我がツボ!

合わさる蕎麦はかなりの細打ち。シュルッと鯔背な啜り心地然り、しゃくりと解けるコシ然り、味紛うことなく揚げたて生蕎麦。噛み込むほどにほのかに広がる蕎麦の風味もチャンと旨し。さらに具も、シャキッと風味が生きたホウレン草が象徴的な、チャンと調理された感がソコカシコ。豚肉は甘いし、三つ葉はホロリと青いし、ナンとも豊かな味わいの力作オリジナル蕎麦が、しかも480円で啜れるシアワセよ。

ウエスト】東光空港通り店
豚しゃぶそば480円
福岡市博多区東光2-4-9
24時間営業・無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン19●中華麺3●うどん14●そば5●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 09:40 | Comments [0]

2012年02月04日 土曜日

●【うどん】 久留米荘@久留米市六ツ門

思い起こせば9年前。極寒の難所ヶ滝で見た景色に惚れて、我が冬季登山の楽しみ=「凍る滝」。で、3ヶ月前に偶然知った英彦山の「HO11の沢」。コリャ是非ともこの冬に登りたいと麺友を集い、いざ英彦山!と思いきや、先日来の寒波襲来で英彦山周辺は交通規制。なにせコチトラ、真性軟派&ナンちゃってクライマー。キツイ&キビシイ雪山登山はノン・ノ・ノンッ!(←ナンで今更山川恵里調で)と、あっさり予定変更し、我が「凍る滝」ホーム・マウンテンである、宝満山へ。

難所ヶ滝◇宝満山

かれこれ半年ぶりの山登りなので、ストック2本にたより
おっかなビックリ、ゆるゆると一歩一歩。
登り初めて小一時間ほどで、難所ヶ滝へ。
コキンッと凍る滝は近年希な上出来なる凍り加減。
自然の織りなす造形美にしばし見惚れる。

難所ヶ滝◇宝満山

難所ヶ滝◇宝満山難所ヶ滝◇宝満山

その後、宝満山頂まで登り、雪の絶景を堪能し、うさぎ道を下山。
ウッカリと登山道分岐点を見落としそうなところを
しっかり者のマニが発見。
いやはや、持つべき者は賢者友!

(※詳細リポはコチラコチラ)

ごぼう天うどん◇久留米荘久留米荘

無事下山後、都久志の湯@太宰府市で汗を流し、GO SOUTH!久方ぶりに啜る久留米荘のゴボ天うどんは、スメ表面に浮いた細かな小泡がカプチーノ系。ぐへへぇ、コレコレコレ!迫力満点の見た目に惚れ惚れしつつ、両手でドンブリを抱えズズッとスメを一啜りすれば、ワカチコ!ワカチコ!!(ええっ?今更??なゆユッティ調で)と広がる煮干しダシの、金気さえ感じるキンキン猛烈なる旨みと、その暴力的旨みを丸く収めるトロリンQなる昆布ダシの滋味なる甘み。

合わさる麺は筑後のこの一帯でよくよくお目にかかる手延べ系か?まるんっと円形な麺形状然り、ぷるるんっと愛らしく踊る跳ねゴシ然り、ヤワヤワモチモチなヒキが味力。千切りゴボウが密に絡まりワシワシゴリゴリに揚げられたゴボ天を徐々にスメに溶かし入れ、ふやかし囓りつつ、ズルズルと。一見ドコにもありそで、その実限りなくオンリー・ワン・イズ・ベスト・ワン。ナンちゃナイ。だからこそナンとも旨しっ!なレジェンダリーイニシエ名店の一杯に、くははぁ、惚れてまうやろ~~!ラーメン◇三九

あははんっ、やっぱ旨いでないのぉ~!イニシエ麺名店!!んで、次なるターゲットは三九@佐賀市。佐賀屈指の老舗ラーメン店の一軒。だが、十年ぶりに啜るのラーメンは、随分と白濁したスープ然り、荒くれな盛りつけ然り、以前啜った時より随分と姿を変えている。

三九

 

【久留米荘】本店
ごぼう天うどん430円
久留米市六ツ門町2-18
10:00~19:00&水曜休み Pなし
【三九】
ラーメン 550円
佐賀市中の小路4-24
11:30~22:00 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン19●中華麺3●うどん14●そば4●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 23:25 | Comments [1]

2012年02月03日 金曜日

●【ラーメン】 博龍軒@東区馬出

ラーメン◇博龍軒

正午半、午前中の仕事が一段落しサクッと昼麺。現場近くの博龍軒へ転がり込む。

先客2名がズルズルとラーメンを啜るカウンター席奥の厨房には、年配のお母さんと娘さんと息子さん。我が同行スタッフ6名が皆ラーメンをたのむと、カウンター奥の厨房で調理が始まる。
「6人分、一気に揚げるばいっ」
麺茹で釜の前に立つお母さんが指示すると、息子さんがドンブリを6つ並べ、それぞれにタレを注ぎ始める。と、その時、我が同行スタッフのうち4名が煙草を吸おうと店の外に出る。すると、

「ちょっと待ちっ!お客さんが煙草吸い終わる頃に作るばい。」

すかさずお母さんが息子さんへ指示を出す。

「あははぁ、すんませんねぇ~。」と我が詫びると「今日は特に寒いけんね。熱々のラーメンが美味しいよ。」と、にこやかな笑顔のお母さんと娘さん。ナンとも嬉しい心遣いにほっこり。

ラーメン◇博龍軒

 

【博龍軒】
ラーメン550円
福岡市東区馬出2-5-23
11:00~17:00・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン18●中華麺3●うどん13●そば4●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 13:02 | Comments [0]

2012年02月02日 木曜日

●【ラーメン】 島系本店@中央区舞鶴

島系本店舞鶴店のスープがリニューアルし、オープン当初の島系本店の味わいに回帰したとのブログ記事が気になりつつ、早1ッヶ月半。ようやく&超久方ぶりに訪ね啜ってみれば、

ほうほう、確かにリニューアルしているぞぉ!
だが、原点回帰というより更なる新味では??

ラーメン小+野菜大盛り◇島系本店舞鶴支店

スープの見た目は、一時期の醤油色濃い感じより、確かに島系本店志免本店がオープンした当初に近い茶色ではある。が、啜ってみると、当初のチャンポン・スープ的なダシ&食材&背脂の甘みが素直に生きたコッテリ滋味系とは違って、あたかも味噌ラーメンのスープのような、もろみの発酵味が猛烈に己の存在を主張するミラクル・ワンダー味。

ラーメン小+野菜大盛り◇島系本店舞鶴支店

ウネウネと縮れた極太麺は相変わらずのワニワニ美味。咀嚼する快感を目一杯享受できる、「粗」にして「野」だが、「卑」ではない侍美味。なれど、相方のスープが激変だし、店内の雰囲気も激変。中高年サラリーマン客が激増し、かつ、それに伴いセットメニューが数出るようになったのか、店内はセットメニュー用の唐揚げを揚げる油の香りが充満していて、かつ、カウンターの片隅には取り放題の辛子高菜が置いてあったりと、ラーメン屋と言うより定食屋チック。麺好きマニア以外の一般客の来店が増えることは喜ばしことではある。が……

山岸一雄監修つけ麺◇東洋水産

夜はマルちゃん山岸一雄監修のインスタントつけ麺
濃厚魚介豚骨のつけスープもそれなりだし、
味玉やチャーシューまで揃えると結構チャンと旨い。
濃い味のつけ麺は、インスタント化に適しているなぁと、
改めてシミジミ実感。

 

島系本店】舞鶴店
ラーメン小(極太麺)550円+野菜大盛り100円
福岡市中央区舞鶴1-6-14
11:00~16:00&18:00~22:00・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン17●中華麺3●うどん13●そば4●その他3
◎2月の総ジョグ距離0km / 2012通年127km

Posted by heno at 12:12 | Comments [0]

2012年02月01日 水曜日

●【ラーメン】 未羅来留亭@早良区西新

ラーメン◇未羅来留亭

午後4時前、朝からの仕事がようやく一段落し、遅い昼麺。久方ぶりに未羅来留亭に転がり込む。アイドルタイムは店を閉める麺屋が増える中、こんな時間でも赤く点る提灯&黄色の暖簾に迎えられ店内へ。

カウンター席に座りつつラーメンをたのむと、店主が麺を茹で釜へ。ドンブリへスープを注ぎ、再び茹で釜の正面に構え、麺の茹で上がりを見極める。淡々とした仕事ぶりが心強い。

ほどなく差し出されたドンブリは、中央のチャーシューに葱とキクラゲが積み上げられた、端正な美人麺。昔はスープ表面にアクが浮いていることが多々あったが、最近はまったくない。

両手でドンブリを抱え、ズズッとスープを啜る。口当たりはあっさりと瑞々しいが、一足遅れで顔を出す豚骨ダシの淡き甘みとコクが、相変わらずのシミジミ旨し。あははぁ、コレコレ!と麺を啜ると、おやおや?以前より気持ち細めになったかなぁ?口当たりもスルスルと小気味よいし、食味も以前のゴリゴリ暴れん坊ではなく、ムチッと粘るヒキが印象的。

コリャいよいよ、麺を変えたのかな?それとも我の勘違いか??なにせ久しぶりだし。まぁしかし、兎にも角にも、やっぱナンちゃナイけどナンとも旨いなぁ、などなどアレコレ思いを馳せつつ、禁断の替え玉コール。卓上の辛子高菜を盛り、一気完食。

未羅来留亭

 

【未羅来留亭】
ラーメン400円+替え玉100円
福岡市早良区西新4-9-17
11:30~19:30・火曜日休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン16●中華麺3●うどん13●そば4●その他2
◎1月の総ジョグ距離127km / 2012通年127km

Posted by heno at 15:45 | Comments [0]