HENO HENO: 2012年04月 アーカイブ

2012年04月30日 月曜日

●【うどん】 万平@城南区七隈

前回囓り損ねた新じゃが丸天は、ぷにぃとモチモチなすり身と、ホクホクなジャガイモの食感&味わいのコラボが、ほっこり癒し系。おそらくジャガイモに予め下味を付けられているのだろう、イイ感じの塩気がジャガイモ自体の味わいの輪郭を描き出す。たがが丸天、されど丸天。牛すじ然り、タケノコ然り、素材ごとにキチンと仕事がなされている感がアリアリで、コリャもう立派な一品&逸品。久方ぶりに訪ねると、もずく丸天なる新メニューもラインナップ。密かに丸天全品制覇を目論んでいたが、季節ごとの新メニューが続く可能性がアリアリで、コリャとてもじゃないが、無理無理無理ぃ~!

とある老舗大衆中華店のチャンポンは、大振りのドンブリにタップリと注がれた大盤振る舞い盛りつけが、なるほどイニシエ!で、マットな白濁スープの妙に甘い味わいも、なるほどイニシエ……。

丸天うどん専門店【万平】
新じゃが丸天うどん480円
福岡市城南区七隈4-8-19
11:00~15:00&17:00~22:00・しばらく無休 Pあり
※GWも無休営業

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン60●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離49km / 2012通年315km

Posted by heno at 22:30 | Comments [0]

2012年04月28日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

超久しぶりに、井原山・洗谷コースを登る。渓流沿いの山道を、時にはロープにしがみつき登ること2時間、尾根に出る。背振山系の尾根道のこの季節の楽しみと言えば、三ツ葉ツツジだが、今年はまだまだほとんど咲いていない。例年より2週間遅れの感じ。ベストは来月半ば頃か?

山頂でひとしきり景色を楽しみ、下山し、行徳家で期間限定「ハーブ麺」。店主ブログによると、セロリにイタリアンパセリ、ウォーターミント、ローズマリーに桜花の塩漬けなど、様々なハーブ野菜を使い、大量の干しエビも入れ、酸っぱ辛いあんとじスープで仕上げた一杯は、啜った瞬間、まるで生のセロリを大量に囓ったかのような風味と、干しエビの旨みと、酸っぱ辛い醤油スープの味わいが狂おしいほどに広がる超オモロ味。

コリャまた個性的な一杯だなぁと食べ進むうちに、ハーブの香り×酸っぱ辛いスープが、どことなくウースターソースっぽく感じられてきて、ぷらすあんとじの感じ+それに絡む干しエビの味わいが、どことなくもんじゃ焼きぽく感じられて来るではないか?!うへへぇ、こりゃオモロイオモロイ!へぇへぇナルホドねぇと感心しきりで一気完食。

はまる人にはトコトン旨いが、ダメな人は目一杯ダメそうな、超個性派な一杯。香草や酸味が好きな方のみオススメします。是非麺は中太縮れ麺で!

夜は2週間遅れの長男誕生祝い。
最近家族揃っての外食=ゴールデン食堂@南区長丘
色んな部位のホルモンがずらりと揃い、しかも新鮮!
なので旨いのなんの!!
しかも、家族4名でアレコレ食べて、酒もソコソコ飲んで
7000円アンダーと安い安い!
因みに店内BGVは毎回決まって、E.YAZAWAのLIVE!

ホルモンをガッツリ食べて、シェケナ、ロッケンロール!

〆は丸亀製麺でおろしぶっかけうどん。
自らおろす大根をかけて啜る一杯
ピリッと辛く&スキッと冷たくて、ホルモン焼きの〆にドンピシャ旨しっ。

 

行徳家
ハーブ麺550円(期間限定)
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

丸亀製麺】福岡賀茂店
すりたておろしぶっかけうどん大430円+イカ天100円
福岡市早良区賀茂4-427-1
11:00~22:00・無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン59●中華麺14●うどん32●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 13:31 | Comments [0]

2012年04月27日 金曜日

●【チャンポン】 新月@早良区西新

昨日に続き、チャンポン喰いたいモード。西新の十鉄跡に今月末オープン予定というカナリというチャンポン店を訪ねるも、店頭には明日28日開店との張り紙アリ。しゃーないなぁ、んだば先日啜り損ねた新月だな!

4年間、豚骨と醤油ラーメンの店としてオープンした新月だが、いつからかチャンポンもメニューに加わり、アチコチのブログでナカナカの高評価。コリャいつか啜らねばと思い続けてきた宿題麺。

待つことしばし、カウンター越しに差し出されたチャンポンは大きめのドンブリにたっぷり大盛り。具の上にちょこんと盛られたネギがお茶目だし、うへへ、コリャ旨そうだと、レンゲでスープを一啜りすれば、まるんっと広がるダシの甘み。

豚骨ラーメン用のスープを共用しているのだろうか?炒めた具の野菜の甘みも加わってナンとも円やか。唇に心地よく残るコラーゲン感の後味もエエ感じやし、なるほどコリャかなり旨いでないのぉ。

かなり太めのチャンポン麺も、しっかりと加熱されていて、ぽわんぽわんと踊る柔ゴシがコレまた楽し旨し。野菜の加熱具合もナンとも絶妙。適度に柔く適度にシャキシャキ感も残り、円やかスープ&ぽわんぽわん麺との相性抜群。ちょこっと入ったゲソやカマボコが食感&味わいの好アクセント。いやはやエエねぇ、こりゃ旨いねぇと、ガツガツ完食。

【新月】
チャンポン650円
福岡市早良区西新4-9-3
11:00~24:00・不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン58●中華麺14●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 14:28 | Comments [0]

2012年04月26日 木曜日

●【チャンポン】 丸功@博多区浦田

イイ感じに透明感を残すスープは鶏ガラベース。おっしゃっ!とウハウハ気分で一啜りすれば、ぬふふぅ、スキッと旨し…。ならば麺はとズルルと啜れば、気持ち固揚げなプリッと食感。なれど、ナンだか、ドウにも、以前啜った本店のチャンポンとは、ナニかが違う気がするぅ~~。(←ナンとナンと、天津木村調で)

【丸功ちゃんぽん】
ちゃんぽん 560円
福岡市博多区浦田2-20-26
11:00〜22:00 水曜休み Pあり
(GW:5月2日は営業、7日は15時まで、8日は休み)

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン58●中華麺12●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 12:10 | Comments [0]

2012年04月25日 水曜日

●【ラーメン】 麺場元次@中央区薬院

店主ブログの「パクチーありきな商品なんで」とのコメントにググッと惹かれた麺場元次の期間限定麺は、とろんと甘い白濁豚骨スープ×干し桜エビの甲殻風味×パクチーのクセある風味×レモンの酸味×干しナツメ(→店主ブログによると、「自家製セミドライトマト」とのこと)の甘さ=タイのバミーナムやベトナムのフォーのスープにココナツミルクを加えたかのような、超越東洋亜細亜的美味。

そして白濁スープの下には中太平麺に加え、太モヤシ、生タマネギ、タケノコなどの食味豊かな野菜がソリャもうてんこ盛り。ラーメンと言うより、コリャもう立派なスープ料理の一品だ。麺の量はさほどないが、具の野菜と豊かなスープの味わいで、目一杯腹一杯な大満足な一杯。

【麺場元次】
オリエンタルメン700円(期間限定:4月24日~5月20日)
福岡市中央区薬院4-2-12
19:00~29:00・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン58●中華麺12●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 20:30 | Comments [0]

2012年04月24日 火曜日

●【ラーメン】 らーめん神@早良区有田

Fujiさんtwitterでその存在を知った、らーめん神。早良口から三瀬峠へと続く幹線道路沿いに先月末オープンしたラーメン店である。気にはなりつつも、最近めっきり豚骨ラーメン・ストライクゾーンが狭くなりマクリの我だけに、二の足を踏んでいたのだが、一昨日啜った幸心堂@大野城市若草で、すっかり改心。虎穴に入らずんば虎児を得ず、啜らずんば美味麺との出会いナシ!

「あらっ、いらっしゃいませぇ~。」

午前中の打ち合わせを終え、正午前に店に着くと、丹念に店のガラスを磨いていた若き女性が我に気づき、明るい笑顔。

笑顔で会釈し店にはいると、カウンター席が4~5席と4人掛けのテーブル席が2卓のこぢんまりした店内には先客ナシ。開店間もないせいもあろうが、きちんと掃除が行き届いていてナンとも気持ちが良い。

カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで3~4種。初ラ店は基本メニューでと、「ラーメン500円」をたのむと、カウンター奥の厨房で調理が始まる。若き店主のチャキチャキとこなれた仕事ぶりが印象的。コリャどこぞのラーメン店でしっかり修行されてから、独立開業されたのか?そして厨房隅には製麺機。麺も自家製なのか??

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、マットな黄土色のスープの表面には脂っ気ナシ。イイ感じに浮かんだカプチーノ気泡然り、丁寧な具の盛りつけ然り、カナリの美人!

コリャ旨いに違いなひっ、ともんどり打ってスープを啜れば、とろんと熱々の口当たりと共に、ほっくりと広がる豚骨だしの自然な甘み。 恐らく化学調味料は最小限、もしくは使っていないのではないのだろうか?ナンとも自然に、かつ豊かに己の旨さを主張する、ほっこり美味。幸心堂やカナデヤ@南区塩原と同じベクトルの味わいではあるが、このほっくり感はナンとも秀逸、我がツボツ。

合わさる麺はカナリ細めのストレート。適度にガサゴソ感ある啜り心地然り、こりっと解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦の風味然り、一緒に口へと入ったキクラゲやネギとの食感のハーモニー然り、コレまたドンズバ我がツボツボぉ~!

バラ肉チャーシューもモッチリ旨いし、いやはや旨い、コリャ旨いっと一気に啜り、禁断の替え玉コール。卓上のゴマや胡椒で味わいの変化も十二分に堪能し、ずびずば完食。

イマドキ・ラーメンの派手さはないが、ナンともほっくり旨い。若き店主は豚珍館@南区向野出身とのことだが、師匠店より断然我が好みの一杯に、メロメロのメロりんきゅぅ。酢モツなど軽めのアテも数種あるようだし、次回は休日午後。ラーメン屋酒をば楽しみたいぞっ。

 

夜は午後9時にようやく会議が終わり、
スタッフと酒呑横丁てし

カナギの炙りに始まり、ダルム塩焼き、
新玉葱とベーコンなど日替わりメニューをズラリ楽しみ、
あな極旨&極楽。

 

【らーめん神】
ラーメン500円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17?
不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン57●中華麺12●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 11:48 | Comments [0]

2012年04月22日 日曜日

●【ラーメン】 幸心堂@大野城市若草

最近とみに豚骨ラーメン・ストライクゾーンが狭まりマクっている我だけに、豚骨ラーメン新店&未食店開拓に、ついつい及び腰。なので、昨年末にオープンした幸心堂も啜らず仕舞いだったのだが、巷の麺ブログがこぞって高評価。となれば、俄然興味津々。

午前11時過ぎ、開店直後の店内は先客ナシ。カウンター席に座り、壁の高いところに掲げてあるメニューを見ると、ラーメンと替え玉に、塩おにぎりとラーメンのトッピングの具が5~6種と、至って潔い。「えび油100円」にチト惹かれるも、ナニせ初ラ店、まずはオーソドックスに「ラーメン550円」でイッテみようっ。

ナンでも一風堂出身の店主がオープンさせたという幸心堂。なれど、供されたラーメンは、一風堂とはマンマ別物。スープに浮かぶカプチーノな気泡が象徴的、イイ感じに「祖にして野だが卑ではない」な見た目に、旨さを予感。

まずはスープと一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりと共に、ほわっと広がる軽やかな甘みと、クイッとコクある豚骨出しの風味が、うへうへ我がツボっ!シンプルに滋味系を装いながらもキチンと旨い技アリ美味。ふとカナデヤ@南区塩原を思い出すも、明らかにカナデヤより意図的にアレコレと創意工夫を網羅し作り上げた感のあるナンとも上出来なるスープに、一発メロメロ。

そして麺もソリャもう旨しっ。細めのストレート麺は適度にガサゴソとした啜り心地然り、噛んだ時のコリッと感然り、さらに噛み込んだ時のニチッと粘るコシ然り。そして、焼き肉チックな、もっちもちのチャーシュー然り。いやはやコリャ参った参った。ナンちゃナサげで、その実アレコレと創意工夫がされまくった、上出来ネオ滋味系な一杯に心底感服。

いやはや、コリャ旨いっと一気に啜り、禁断の替え玉コール。と、替え玉に端肉チャーシューが添えられて供される心憎いサー

ビスも。替え玉をドンブリに入れても、相変わらずアッツ熱のスープはナゼ?と麺を啜れば、コロッと共に口に飛び込んでくる端肉チャーシューと麺のコラボがコレまたタマラン旨い旨いっ!

精算時に尋ねると、若き店主は一風堂の塩原店を皮切りに、山王店や姪浜店に加え、関東の数軒の立ち上げにも関わったという。なれど、ココを開業するにあたり、あえて一風堂の上品なラーメンとは別物の、力強い一杯を目指したのだとか。ナニせコレだけ旨いのだ。カナデヤのクロ香味油の轍を踏むことなく、えび油は不要。次回もシンプルにラーメン&替え玉を堪能したひっ。

【幸心堂】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡県大野城市若草1-4-4
11:00~15:00&17:00~21:00(土日祝は11:00~21:00)
火曜休み(祝日の場合は翌日水曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン56●中華麺12●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 11:03 | Comments [0]

2012年04月21日 土曜日

●【そば】 昌庵@早良区野芥

フジさんTwitterで開店を知り、気になっていたそば処 昌庵。稲穂跡に今週17日にオープンした新店である。こぢんまりした店内は、稲穂の頃とまんま同じレイアウト。カウンター席に座りメニューを見ると、「かけそば550円」を筆頭に、ざる、鶏南、ごぼう天、鴨せいろ、天ざると、そばが5種類に、かけ、ざる、ごぼう天、鶏南と、うどんが4種類。オススメとある鴨せいろそば1200円に惹かれるも、チト高価。まずは、ざるそば650円でお手並み拝見。

注文をすると、よろしかったらと、揚げ蕎麦が供される。カリッと小気味よい口当たりとともに、ふわりと広がる蕎麦の風味と、砂糖のほのかな甘み。こりゃ揚げ蕎麦と言うより蕎麦かりんとうだなっ!

ほどなく運ばれてきたざるそばは、しゅっ麺腺が整った細めの蕎麦がドエラク美人。コリャ旨いに違いないっ!と小躍りしつつ、一筋掴み、半分ほどをツユに付け、しゅるしゅるっと啜れば、ひんやりした口当たり然り、噛んだ時のクニッと抗うコシ然り、しゃくっと解けふわりと広がる蕎麦の風味然り。こりゃ新店らしからぬ、カナリ手慣れた感のある上出来蕎麦であるっ!ツユはカナリ甘めの、いわゆる博多ざるそばツユ。なれど、甘さと共に広がるカエシの旨さと、その奥に顔を出す削り節の豊かな旨み。

卓上の開店チラシに「そば、うどんとも手打ちです。太宰府で修行しました。」との一文。太宰府の蕎麦屋と言えば、北谷庵か?それとも、やす武か??と店を出ると、店舗横に置かれた開店祝いの花輪の中に、「やす武 従業員一同」の文字を発見。なるほど、太宰府天満宮参道で梅が枝餅を焼く蕎麦屋で修行したらしき、大衆的で優しい味わいの蕎麦ではあった。うっしゃ、次回はうどん狙いで再訪だっ。

みおせるTwitterで気になっていたウエストのざるそば。
蕎麦粉を選別し直して生そばに近い食感に仕上げたとのことだが、
ぷつっぷつっと強ものヒキが、新潟魚沼五島ご当地麺である、へぎそばチック。

【そば処 昌庵】
ざるそば650円
福岡市早良区野芥3-24-3 Pあり

【ウエスト】麦野店
ざるそば380円
福岡市博多区三筑1-5-8
24時間営業 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン55●中華麺12●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 16:51 | Comments [0]

2012年04月20日 金曜日

●【ラーメン】 火の国文龍@熊本県熊本市

早朝からの熊本市内の仕事が夕方6時にようやく終了。車で福岡へと帰る途中、九州高速道に乗る前に、超遅い昼麺を文龍で啜る。未食の塩ラーメンに惹かれるも、疲れ切った我が身体は猛烈に豚骨を欲する。で、こってり豚骨の「とんこつ黒」を更に「こってり」でたのむ。

スープ一面を覆う背脂が迫力満点。なにせロートル&ポンコツ麺喰いの我、普段ならとてもじゃないけど腰が引けてダメだろうが、今日はとてもソソられる!まずはスープと一啜りすれば、どろんっと艶っぽい口当たりとともに、ぶわっと広がる脂の甘みとタレの旨みと、それらを底支えする豚骨ダシの風味。ぽってりと濃い味ながら、重さはない。うんうん、コレなら食後に胃がもたれることはナサそうだ。うっしゃならば思う存分、カッ喰らうぞぉ!

合わさる麺は中太縮れ麺。コリコリと弾けワシワシと解ける無骨なコシが、メガトンパンチ・スープと相性抜群。レンゲで供された辛味噌を少量スープに溶かし入れると、トロトロ甘旨味に辛味のアクセントが効いて、コレまたイイ感じ!うん、こりゃエエねぇ、ガッツリ旨いねぇと、一気盛んに瞬間完食し、禁断の替え玉コール。卓上に置かれていたニンニク味噌を添えて更なるメガトン味にスープを整え、ズビズビズバンっとコレまた一気喰い。

【火の国文龍】総本店
とんこつ黒590円
熊本県熊本市戸島4-2-47
11:30~15:00&18:00~22:30・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン55●中華麺12●うどん31●そば16●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 18:45 | Comments [0]

2012年04月19日 木曜日

●【ラーメン】 源ゴロー@博多区上呉服町

前回啜った中華そばがドエラク好印象だった源ゴローへ、コレまた前回惹かれたもやしそばを啜りに寄るも、午後2時過ぎという時間が災いしたのか、「もやしそばは、本日は売り切れました。」とのつれない返事。ならばとたのんだ「肉味噌そば」は、チャンと旨いスープが相も変わらず我がツボ。

鶏ガラや魚介ダシに加え香味野菜の甘みも感じる、シンプル滋味なる優し味醤油スープに、一発メロメロ。普通のラーメンの具にワカメは大嫌いな我なれど、このスープにワカメはナンとも合う合う合いマクリっ!トータルにほっこりと旨い極上普通味でアルっ。

が、このスープにこの肉味噌はチト疑問。肉味噌と共に煮込まれた鷹の爪が強烈に辛くて、せっかくの優し滋味スープの味わいを台無しに。そして今日は麺の茹で具合が固揚げ過ぎて、前回のようなぷりんぷりん&モチモチ感もナク、トホホのホォ。

一昨日は、行徳家の製麺体験会で打った全粒粉中太麺を
ペペロンチーノ風油そばで。
乾燥ニンニクを漬け込んだオリーブオルに
オイスターソースとクレイジーソルトを加えて喰らえば、
どははぁ、コリャ旨いっ!

ならばと今夜はビーンズカレーに
オリーブオイルで炒めた茄子とプチトマトを添え喰らえば、
うしゃうしゃしゃぁ、コレまた旨いっ!!

【中華そば 源ゴロー】
肉味噌そば580円
福岡市博多区上呉服町1-34 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン54●中華麺12●うどん31●そば16●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 14:23 | Comments [0]

2012年04月18日 水曜日

●【ラーメン】 博多元助@中央区薬院

ニボニボしたラーメンが無性に啜りたくなり、博多元助薬院本店へ。博多の濃厚魚介豚骨ラーメンの祖とも言うべき中華そばは、トロントロンの食感とグイングインと暴れん坊の豚骨&魚介ダシが、うへへ、うへへぇ~。

むっちり、こしこしの極太麺をワシワシと咀嚼する快感を目一杯楽しみつつ、モッチモチの厚切りチャーシュー&しゃっくしゃくのシナチク&トロットロの半熟煮玉子で味わいの変化も楽しみつつ、ガッツガツとカッ喰らっていると、ふと卓上に置いてある酢が目にとまる。

こりゃイケルかも?とチョロリと入れると、わぁお濃厚スープの、旨みは更に際立ち&爽やかな後味に変わったではないか!元来酸っぱ麺好きの我、啜り速度が猛加速。うへうへ旨ひ、こりゃ旨ひっ!と小躍りしつつ一気完食

【博多元助】薬院本店
中華そば750円+半熟煮玉子(無料サービス券利用)
福岡市中央区薬院2-2-2
11:30~23:00・年中無休

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン53●中華麺12●うどん31●そば16●その他14
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 11:45 | Comments [0]

2012年04月16日 月曜日

●【チャンポン】 台宝軒@北九州市若松区

北九州市若松区での仕事が一段落し、サクッと昼麺。1年半ぶりに啜る台宝軒のチャンポンは、相も変わらずドカンとドカ盛り。麺の量はモチロン、具だって半端ない二郎系。キャベツや太モヤシなどの野菜に加え、豚肉もコレデモかと大盛り。むんずと具と麺を掴み、口の中へと放り込み、ガツガツとカッ喰らう、格闘技的悦楽を目一杯楽しみ、さぁさ午後からもう一仕事、ガンバンべぇ。

製麺体験会◇行徳家@南区野間

夜は行徳家の製麺体験会。強力粉に準強力粉、福岡県産ラーメン用小麦である「ラー麦」に、全粒粉2種と、5種類の小麦粉を、参加者それぞれが思い思いに調合し、練り、製麺する。

製麺体験会◇行徳家@南区野間

行徳家の太麺に負けじと打った、超幅広麺を醤油ラーメンで啜る。見た目通り、あたかもうどんのような食感が、あなオモロ。そして、他の方の打った麺もアレコレ摘み食いさせてもえば、それぞれに異なるそれぞれの旨さ。改めて麺作りの奥深さと楽しさを実感。

【台宝軒】
チャンポン580円
北九州市若松区二島6-1-28
11:00〜23:00・水曜休み Pあり

行徳家
製麺体験会500円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン52●中華麺12●うどん31●そば16●その他14
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 13:59 | Comments [0]

2012年04月15日 日曜日

●【ラーメン】 昇龍らーめん@東区箱崎

豚骨博多の醤油ラーメン その三十二

「箱崎の「昇龍」に塩、醤油、担担麺が追加されてた。」とのトンマニTwitterに、ビビッと反応。麦野店で醤油ラーメンを出していると聞き訪ねるも、既に閉店しており食べられなかった幻の醤油、こりゃ啜らんワケにはイカンでしょう!

昇龍らーめん博多本店

2年間の7月にオープンした昇龍らーめん博多本店。巷のブログでナカナカの高評価なので気になりつつも、黒豚餃子とんとん@中央区大名も手がける(株)九州食道の新業態店=コンサル系の豚骨ラーメン店か?と二の足を踏んでいたラ店である。

「いらっしゃいませぇ~~!!」

入店すると店員4名が声を合わせ元気にお出迎え。あちゃぁ~、やっぱコンサル系かぁ…。午前11時過ぎの開店間もない店舗には先客ナシ。カウンター席に座りメニューを見ると、お目当ての醤油らーめん580円に加え、味噌680円、塩580円、担々麺680円にチャンポン650円もラインアップ。確か黒豚とんとんで出しているチャンポンは具の大盛り無料サービスだったはず。うぬぬぅ、チャンポンかぁ……?いやいや初志貫徹、醤油らーめん、お願いします!

醤油らーめん◇昇龍博多本店

待つことしばし、カウンター越しに差し出された醤油らーめんは、イイ感じに透明感を残す醤油スープに、大きめのチャーシューと、その上には白髪ネギが山高に盛られていて、こりゃナカナカの美人麺である。

美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則、コリャいけるかもっ!ともんどり打ってスープを啜れば、きゅいんと酸味を帯びたダシの旨みと醤油ダレの甘み。中華料理の醤油スープチックな上出来独特美味。おそらくダメな人にはとことんダメだが、元来酸味好きの我にはドンピシャ&どえらくツボな味わいに思わず頬が緩み放し!

醤油らーめん◇昇龍博多本店

そして麺もドエラク旨しっ。、太めの扁平麺は啜った時のぬらっと艶っぽい触感然り、噛み込んだ時のくにんっ抗うコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味然り、ドンズバ我がツボぉ!コリャ旨いわ、タマランわぁ!!もっちり旨いチャーシューやキリリと辛い白髪ネギで味わいの変化も十二分に楽しみつつ、ズルズル、ズババンっ、一気完食。

唯一の難点が底が浅いドンブリ。麺を掴もうとするとコツンと底に当たり、ナンとも食べづらいし、実質より麺の量も少なく感じてしまう=食べた後の充実感に欠ける気がするなぁ。んでもでも、このスープ&麺はタマラン我がツボ!新発売記念で、4月末まで豚骨らーめん以外の新メニューがすべて100円引き。こりゃサービス期間中に、他の4メニューも啜ってみたいぞぉ!

昇龍らーめん】博多本店
醤油らーめん480円(5月からは580円) 
福岡市東区箱崎4-9-1
11:00~23:00・無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン51●中華麺11●うどん31●そば16●その他14
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 11:19 | Comments [0]

2012年04月14日 土曜日

●【ラーメン】 大将軒@東区原田

豚骨博多の醤油ラーメン その三十一

大将軒

昨年末にパチンコ店、Eスペース福岡本店@東区原田内にオープンした大将軒。東京大勝軒@熊本県西原町の支店とのことだが、中年男の奮闘記パート2によると、諸事情あって屋号に「勝」ではなく「将」の文字を使っているのだとか。

中華そば◇大将軒

我がポン友、R&R real estateのTwitter写メに惹かれた中華そばは、真っ黒ブラックな透明スープが見るからにドバンッと我がツボ。どぉらどらとレンゲで一啜りすれば、ほわっと華咲く醤油ダレのコクある風味と、一足遅れて顔を出すダシの素朴な甘み。MANIC SOMEDAYによると、おおもとの東京大勝軒@熊本県西原町の修業先は、東京東池袋本店ではなく千葉大勝軒とのことだが、

ソンなの関係ねぇ~!ソンなの関係ねぇ~~!!(←超今さら小島よしお超で)

思いのほか正統派お江戸中華そば的スープに、うしゃしゃと、ほっこりと。

中華そば◇大将軒

んがぁ、合わさる中太ストレート麺は、こっつん、ぶりんっぶるんっなコシがイマドキ、ブリリアントぉ。開口部は小さめだが腰高の縦長ドンブリにビッチリと収まっていて、目一杯食べ応えアリまくりの、ポーションだけからすると二郎系。なれど、噛み込むほどに自然に広がるその小麦感ある風味は、正統滋味系。

スープ&麺ともコレデモかと大盛りで、680円は納得価格。だが、かれこれホンの数年前、ラーメンに600円以上払う事にヤリ切れなさを痛感していた我はいずこへ?今や680円は福岡で啜るラーメンの価格とすると、十二分にアリって事に?!まぁそりゃ、同じ麺でも蕎麦やスパゲティなら680円はむしろ安い価格帯。ものの値段の不思議を痛感しつつ、ズルズル啜る。

仕事仲間のN沼さんのススメで買った福井県の地酒、黒龍は
開封直後の抑揚の効いた風味こそドンズバ我がツボ。
なれど日が経って飲むと、気が抜けたビールチック。
こりゃ開封当日に一気完飲すべきだったかな。

【大将軒】
中華そば680円
福岡市東区原田3-7-35Eスペース福岡本店内
12:00~19:30(土日祝11:30~)・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン50●中華麺11●うどん31●そば16●その他14
◎4月の総ジョグ距離28km / 2012通年294km

Posted by heno at 12:59 | Comments [0]

2012年04月13日 金曜日

●【ラーメン】 くまラーメン@熊本県熊本市

熊本市内での打ち合わせを前に、うしし昼麺。かねてから気になっていた宿題店、くまラーメンを訪ねる。

くまラーメン

住所を頼りに訪ねると、イイ感じに陽に焼けた看板が、店の歴史を物語る。店に入ると、正午半過ぎの店内は、7割方客で埋まっている。その全てが見るからに常連客らしき男性客。外回りの仕事途中に立ち寄ったのだろう、全てが2人組で、アレコレ会話を交わしつつ、ラーメンを啜っている。

くまラーメン

テーブル席に着きメニューを見ると、「おいしい最高品質の強力多加水麺!」の文字。そうそうコレコレ!この強力多加水麺を楽しみに来たのよ!!と、小躍りしつつ、我はのりラーメンを、同行スタッフY内さんはネギラーメンたのむ。と、注文を取りに来たお母さんが、

「ネギラーメン!?以前食べられたことありますか??
ネギラーメンは辛いですよぉ。スープが真っ赤になりますよぉ。
口の中がヒーヒーなりますよぉ、とってもとっても辛いですよぉ~~。」

あまりの脅しに屈したY内さんは、メンマラーメンにオーダー変更。

のりラーメン◇くまラーメン

待つことしばし、運ばれてきたのりラーメンは一枚海苔に大振りシナチクが7~8本に、厚切りチャーシュー2枚に、茹でモヤシと、ダイナマイトな盛りつけ。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ふわりと広がる豚骨ダシの甘みとキリリときつめのニンニクの効き具合が、如何にも熊本ラーメン。

ではではと、楽しみにしていた麺を啜れば、しゅるるっと口に収まり、もちもちもちぃと抗い、ぷるぷるぷりりんと跳ね踊る様がナンとも愉快。コレ正に強力多加水の成せる技か?!ソレとも食味演出系の粉もブレンドして麺を打っているのか??イニシエな店の佇まいに似つかわしくない、ナンともオモロ食味に作り込まれたイマドキな味わいに、驚き桃の木山椒の木、

自家製というシナチクも、コリッとした食感の後に広がる奈良漬けチックな発酵風味がオモロイし、一枚海苔が食べ進むうちに徐々にスープに溶け込んで、磯の香がスープに映りゆく味わいの変化も、あな楽し。

のりラーメン◇くまラーメン

ガツガツとカッ喰らい、うんうん、オモロイラーメンだったなぁと寛いでいると、入店してきた客がネギラーメンを注文する。と、再びお母さんが

「ネギラーメン!?以前食べられたことありますか??
ネギラーメンは辛いですよぉ。スープが真っ赤になりますよぉ。
口の中がヒーヒーなりますよぉ、とってもとっても辛いですよぉ~~。」

どうやらネギラーメンは、お母さんが認めた常連客しか食べられないスペシャルメニューなのか???こりゃいよいよ食べたくなるよねぇとY内さんと笑いつつ、店を出る。

【くまラーメン】
のりラーメン550円
熊本県熊本市東野2-6-3
12:00~23:45・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン49●中華麺11●うどん31●そば16●その他14
◎4月の総ジョグ距離13km / 2012通年279km

Posted by heno at 12:40 | Comments [0]

2012年04月12日 木曜日

●【つけ麺】 麺屋慶史@中央区大手門

一幸舎のつけ麺ブランド「元」シリーズの集大成、麺屋慶史。昨年の開店時には醤油に特化していたが、今や味噌にカレーと三昧のつけ麺が楽しめる。残念ながら我が未食のままクローズした博多元功のカレーつけ麺をリスペクトしつつ、啜った一杯は、くにぃっ、こつんっと小気味よい固ゴシ扁平太麺の食味が、わんだふぉ。カウンターに据え置かれたIHヒーターで熱々のカレーつけ汁は、力石徹的両手ぶらりんノーガード戦法。醤油カエシらしきコクこそ新しいも、全体の印象は、まんまカレーで、明解なる味わいが、ナルホドナルホド。

麺研究所【麺屋慶史】
カレーつけ麺 850円
福岡市中央区大手門3-7-6
11:00~23:00・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン48●中華麺11●うどん31●そば16●その他14
◎4月の総ジョグ距離13km / 2012通年279km

Posted by heno at 21:53 | Comments [0]

2012年04月11日 水曜日

●【cupmen】 盃麺もまた旨し、Hi! men!!

サッポロ一番ちゃんぽん

麺が旨いと鳴り物入りで発売されたサッポロ一番ちゃんぽんだが、
生麺チックなコシコシ食感が
枯れ系食味が好みのロートル麺喰いオヤヂには、眩しすぎるぜっ。

 

IMG_0700

「あさりだし」と「スンドゥブチゲ」に惹かれた我が麺喰い煩悩が大当たり!
いやぁ、旨いなぁ。ダシもイイし、スンドゥブも旨いし、中太麺もモチモチ旨しっ。
往々にして辛麺カップはソコソコ喰えるが、こりゃ別格の上出来盃麺。

IMG_0609

カップスターとハウスバーモンドカレーのコラボ盃麺は
話題作り先行型の普通味。

IMG_0601

ご当店カップ麺で常連の白河とら食堂の盃麺は…。

IMG_0558

「塩と黒胡椒とレモン風味のまぜそば」と、
我が好みキーワード満載の盃麺なれど……。

IMG_0533

温蕎麦ならば盃麺もナカナカ旨し!を絵に描いたような
コスパ良好優良盃麺。

IMG_0506

対して、うどん盃麺は
ナカナカに名作に当たらぬ寂しさよ。

IMG_0343

カップヌードル総選挙で好成績だったという蕎麦盃麺が
期間限定再発売されるも、
今や盃麺蕎麦のクオリティは、そんなもんじゃナイよぉ。

Posted by heno at 20:31 | Comments [0]

2012年04月10日 火曜日

●【ラーメン】 じろう。@早良区西新

夜はオヤヂだらけの飲み会。久方ぶりに、てしでナンちゃナイけどチャンと旨いアテをつつきつつ、クイクイと酒をあおりつつ、夜が更けるぅ。

ラーメン◇長浜ラーメンじろう。

ほんで〆は、てし隣のじろう。でラーメン。固麺で頼んだ細麺はパキパキと心強いが、today’s スープは、ちとダシが弱めかなぁ。

油そば◇長浜ラーメンじろう。

じろう。のブランニュー油そばは、想定外の平打ち麺。付け合わせのスープにもレモンが浮かべてあったりと、前作を超えるべく創意工夫の跡がソコカシコ。

長浜ラーメンじろう。
ラーメン500円
岡市早良区西新5-4-1
11:30~23:00(日祝11:30~21:00)途中昼休みアリ・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン47●中華麺10●うどん30●そば14●その他11
◎4月の総ジョグ距離13km / 2012通年279km

Posted by heno at 20:38 | Comments [0]

●【ラーメン】 いち麺@春日市昇町

豚骨博多の醤油ラーメン その三十

太宰府の得意先での仕事を終え、ほっと昼麺。Sakura's daily lifeでその存在を知り気になっていた宿題店、「烏骨鶏らーめん いち麺」を訪ねる。

住所を頼りに訪ねると、みそ煮込みうどん名店である喜良久から細い路地へと入り込んですぐに「らーめん」や『ラーメン」と染め抜かれた色とりどりの幟。手作り感溢れるカフェ風な店内には、チョビ髭をはやした店主らしき若き男性。

カウンター席に着きメニューを見ると、ラーメンがしょうゆ、みそ、しお、とんこつ、ゆずみそとアレコレ5種類。加えて、「スープOFF系」と称した麺が2種。加えて替え玉が、ちぢれ麺、博多細麺、平打ち麺と3種に「替飯」や「復活玉」もアリ。ナニやらオモロそう!「イチオシ」とある「みそ」or「ゆずみそ」か?うんにゃ、いやいや、初志貫徹。我がラーメン・ブームは醤油なのさと、「しょうゆ烏骨鶏ラーメン630円」をたのむ。

烏骨鶏らーめん いち麺

待つことしばし、カウンター越しに差し出されたラーメンは、チャーシューにメンマ、味玉、海苔、葱と、端正に盛りつけられた具が好印象。美人麺にハズレなし!こりゃイケルに違いナイ!!と、うひょひょ気分でスープを啜れば、ぶりんっと広がる密なるダシの旨み。烏骨鶏=鶏ガラと思われるも、鶏ガラだけとは思えない、グイグイ感ある力強い旨みがビックラコ。

烏骨鶏らーめん いち麺

合わさる麺は平打ち麺。スルッと小気味よい啜り心地と、コリッと解けるクセあるコシが、偶然にも昨夜啜っためんちゃんこの麺と相通ずるものを感じ、たまさかの巡り合わせに、コレまたビックラコ。そして博多で「烏骨鶏ラーメン」と言えば龍@博多区中洲。なので、ここいち麺の烏骨鶏らーめんも龍同様に、具に烏骨鶏の茹で肉がのっているかと思いきや、チャーシューは豚バラ肉で、はたまたビックラコ。

店のオフィシャルFACEBOOKによると、先々月にオープンした新ラ店とのこと。オモロな麺メニュー満載のビックラコ烏骨鶏ラーメン。同行スタッフN牟田さん曰く、店イチオシのみそ烏骨鶏らーめんはカナリいけてるとの事。うんうん、こりゃまた機会を作り再訪せねば。

烏骨鶏っらーめん いち麺
福岡県春日市昇町2-83
090-8392-8602
11:00~22:00・不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン46●中華麺10●うどん30●そば14●その他10
◎4月の総ジョグ距離13km / 2012通年279km

Posted by heno at 12:20 | Comments [3]

2012年04月09日 月曜日

●【めんちゃんこ】 めんちゃんこ亭@早良区百道

めんちゃんこ亭百道本店

社内で一日、こざこざした仕事をこなし、夜。フラストレーションがコザコザつのり、飲みたい気分。昼麺も啜る暇なかったしと、めんちゃんこ亭で、チョイ飲み&啜り。福岡市内では数店舗にしか設置されてないという、高炭酸ハイボールとおでんで始まり、肉味噌キャベツと芋焼酎でほんわか酔っ払い、〆は元祖めんちゃんこ。

元祖めんちゃんこ◇めんちゃんこ亭百道本店

久方ぶりに啜るめんちゃんこは、スープは随分と煮干し感あるダシの味わいだし、麺もエッジがキリリとたっているしコシもコツコツと固めで、以前とは異なる印象。日々改良を重ねてあるのだろう。

イイ感じに酔っ払って、〆に具だくさんの麺もキッチリ啜り、1500円アンダーは、ナンともウレシイお手軽プライス。コリャちょくちょく、チョイ飲みも楽しみたいな。

元祖めんちゃんこ◇めんちゃんこ亭百道本店

めんちゃんこ亭】百道本店
元祖めんちゃんこ ※価格失念
福岡市早良区百道2-8-1
11:00~29:00・年中無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン45●中華麺10●うどん30●そば14●その他10
◎4月の総ジョグ距離13km / 2012通年279km

Posted by heno at 19:21 | Comments [0]

2012年04月08日 日曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

豚骨博多の醤油ラーメン その二十九

炒り子そば◇行徳家

福岡創作ラーメンの雄、行徳家の放つ新作ラーメンは、ゴリゴリ&キンキンな煮干しの旨さが暴れ回る!回るぅ!!

以前、京都や滋賀県にて
私自身、鰊蕎麦という物を食した事を
何となく、思い出しました
イリコや鰹節(厚削)を佃煮にし
天盛りにしたシンプルな物です
炒り子(煮干)が苦手な方には
勿論オススメできません
こういった麺もあるんだな♪
くらいに話のネタや
新しい味覚の引き出し
くらいに思って貰えると楽しめる
と、思いますm(__)m

【以上、店主ブログより引用】

店主ブログ記事から想像するに、炒り子の甘辛煮汁がスープに染み出た、ぽったり柔味かと思いきや、なんのその。ギャインっとドライブする煮干しの旨みが、にぼ、にぼ、にぼ、にぼと舌の味蕾全てを駆逐する、超ストロング醤油味スープの味わいに、元来煮干しLOVEな我が麺心は、そりゃもうトロトロ、トロリとゾッコン惚れマクリぃ。

合わせる麺に太麺をチョイスしたことも大正解。超デラ旨い濃い味煮干しスープに引けを取ることなく、むりん、むりんと十二分に己の旨さを猛烈アピール。麺と共に口に飛び込む炒り子の佃煮のカリカリ、ワシワシな食味と、厚切りチャーシューのもっちり感もパーペキ旨しっ。こりゃタマラン、是非とも正式メニューに昇格し、いつでも啜れるようになってくれろぉ。

行徳家
炒り子そば500円(期間限定)
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン45●中華麺10●うどん30●そば14●その他9
◎4月の総ジョグ距離13km / 2012通年279km

Posted by heno at 11:50 | Comments [0]

2012年04月07日 土曜日

●【ラーメン】 悠翔樹@中央区小笹

豚骨博多の醤油ラーメン その二十八

中華そば◇悠翔樹

夜は長男の高校入学祝いで我が最愛ホルモン焼き屋、ゴールデン食堂@南区長丘で旨しホルモン&芋焼酎でシアワセ気分。んで、〆は久方ぶりに悠翔樹で中華そば。

ほわんと軽やかな鶏ガラ&豚骨ダシの旨みと共に、きゅいっとドライブするクセあるこの風味こそ、悠翔樹の中華そば。麺はぷりんぷりんの中太縮れ麺の素朴な食味。もっちり旨い厚切りチャーシューと、ナニヨリ旨い白葱が好アクセント。ナンちゃナイけど、こそっと自己主張する曲者美味。夜専営業でナカナカ啜ることが出来なくなったが、是非また立ち寄り次回は悠翔樹のフラッグシップ・メニューである、豚骨醤油スープ×平麺の悠翔樹ラーメンをば啜りたひっ。

塩ラーメン◇悠翔樹

次男がたのんだ塩ラーメンのスープをお裾分けしてもらい、確信。中華そばと塩ラーメンは同じスープの塩ダレ or 醤油ダレ。と言うことは、醤油ラーメンのスープも鶏ガラ×豚骨×鯛だしだったのかぁ……?!

悠翔樹
中華そば450円
福岡市中央区笹丘1-35-20
19:00?~23:30? Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン44●中華麺10●うどん30●そば14●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 20:09 | Comments [0]

●【うどん】 万平@城南区七隈

全メニュー制覇計画 その二

IMG_0670

お目当ての新じゃが丸天が仕込み途中とのことで、予定変更してお願いしたタケノコ丸天が、想定外の旨さ炸裂。熱々プリプリ&旨々のすり身の中に、コリコリッ、サクサクッな食感と共に豊かに広がるタケノコ独自のアノ風味。食感然り、味わい然り、丸天仕様で揚げることで引き出されるタケノコの旨さをシミジミ楽しむ。

その丸天の旨さを際立たせるのが、上出来&上品&本格スメ。己が己がと猛烈アピールすることなく、さりとてきちんと&さりげなく&最小限に己の旨さを主張することで、合わさるうどんと丸天の旨さを、くっきりと描き出す、ナンとも絶妙なる塩梅が、ソリャもうメロメロのメロリンキュ~~。テロテロ&ヤワヤワ&モチモチ&プルプルの技アリうどんが名コンビ。これぞ進化系ネオ博多うどんナリ!

開店半月にして、冷ぶっかけうどんを新発売。かつ、「蓮根と里芋の揚げ煮200円」や「やホタルいか酢味噌かけ200円」など、ソソられるアテがラインナップされ、チョイ飲みも楽しめるように。うんうん惚れた!こりゃうどん丸天全品制覇&次回はチョイ飲み決定!

丸天うどん専門店【万平】
たけのこ丸天うどん530円
福岡市城南区七隈4-8-19
11:00~15:00&17:00~22:00・しばらく無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン43●中華麺10●うどん30●そば14●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 11:14 | Comments [4]

2012年04月06日 金曜日

●【ラーメン】 武蔵@熊本県熊本市

魚介ラーメン武蔵

午前中の熊本市内での仕事を終え、うへへ昼麺。ヒマな女の日常でその存在を知り、ずっと気になり続けていた、魚介らーめん武蔵へ転がり込む。

正午前、カウンター席だけ10数席の店内には先客ナシ。カウンター奥の厨房には、魚介らーめん=今風=若い店主かと思いきや、店主らしき年配男性。カウンター席に座り卓上のメニューを眺めていると、店奥から女性店員が現れ、「食券をお願いします」。視線の先に目線を移すと、入口横に食券販売機。

イマドキの店なのか?さりとてイニシエ系な雰囲気もあるしと、頭の中が「??」状態で食券販売機の前に立つと、ラーメンが魚介と豚骨の2種に、魚介つけ麺もアリ。いよいよ「???」気分で初志貫徹、魚介らーめんのボタンを押す。

魚介らーめん◇魚介ラーメン武蔵

ほどなく運ばれてきた魚介らーめんは、イイ感じに透明感を残す醤油スープに、具はチャーシュー&シナチク&半熟煮玉子&水菜&大判海苔と、アレコレ豪華。さてさてと、レンゲでスープを一啜りすれば、ふわっと広がる魚介ダシの芳醇なる旨味と甘み。煮干し系のゴリゴリ感は皆無、アラや骨からスープを取ったかのようなふくいくたる柔らかな旨みが優しく広がるさまが、ドキュンと我がツボ。

合わさる麺は、いかにも熊本ラーメン然とした、中太ストレート。箸で摘んだ時のズッシリとした重量感&噛み込んだ時のもっちり感が存在感アリアリで、旨旨スープと相性抜群。

魚介らーめん◇魚介ラーメン武蔵

あははぁ、こりゃ旨いなぁ、好みだなぁとズビズビと半分ほど啜ったところで、卓上に置いてある華鰹節をトッピングしてみると、かっき~ん、かきかき、かっき~ん。煮干し系チックなかなっ気あるストロング魚介ダシが、うへうへコレまた我がツボじゃんっ!えへへぇ、こりゃエエねぇ、魚介ラーメン好きにはタマラン旨さやねぇ、とワハハワハハと啜っていると、ふと顔を出す柚子の風味。おうおう、スープの底に柚子皮が仕込んであったのかぁ!派手さはナイが実がある。アレコレちゃんと心配りされた一杯に大満足。こりゃ是非とも再訪し、魚介つけ麺も啜りたひっ。

魚介らーめん【武蔵】
熊本県熊本市武蔵ヶ丘2-1-35
11:30~15:00&18:00~22:00・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン43●中華麺10●うどん29●そば14●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 11:59 | Comments [0]

2012年04月05日 木曜日

●【うどん】 肉よも亭@北九州市小倉北区

ウレシタノシの北九州出張、午前中の仕事を終え、ヤッホ~昼麺!今週から発売になった芭蕉庵@八幡東区の梅しそレモンを啜らいでかっ!!と思いきや、

「へのさん、俺まだ、どぎどぎうどん喰ったことないんスよねぇ…。」

と同行スタッフY内さんの切なげな一言に予定変更、ネオどぎうどん名店の、肉四方亭へ。

肉よもぎうどん「◇肉よも亭

キュインッと旨みがドライブする熱々濃口&旨口スメに、よもぎーぷにゅぷにゅなよもぎうどんに、ほろほろ牛すじ肉。いやぁ旨いっ、こりゃタマランっ。スメ、うどん、肉、どれひとつとっても非のつけどころナシ。キチンと端正かつドエラクパワフルに旨し一杯に、ハラショー三唱。

ごぼう天◇肉よも亭

うどんに加え、天ぷらも抜かりナシ。同行スタッフN牟田さんの頼んだゴボ天も、揚げたてサクサク&大切りザクザクで、ドエラク旨そうっ!次回は肉抜きで、ゴボ天よもぎうどんなど啜ってみたひっ。

【肉よも亭】
よもぎ肉うどん(並)600円
北九州市小倉北区泉台3-10-10
6:00~14:00頃まで・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン42●中華麺10●うどん29●そば14●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 11:40 | Comments [0]

2012年04月04日 水曜日

●【そば】 土師@早良区西新

IMG_0648

西新・高取商店街ちゃんぽん完食計画に参画すべく新月@早良区西新を訪ねるも、店休日。ならばと超ウルトラ久方ぶりに土師で滋味温蕎麦。アッツ熱の口当たりと共に、パッと華咲く鰹節の華ある風味と、ぷるぷるむっちりな蕎麦の甘み。このぷるぷる食感然り、丸ぽい形状然り、島原のご当地麺である六兵衛を彷彿とさせる食味の蕎麦は、やはり押し出し麺なのだろうか??などアレコレ想いを馳せつつ啜る、午後のひとときのシアワセ。

【古式生そば土師】
とり南蛮そば630円
福岡市早良区西新4-7-21
11:00~18:45・金曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン42●中華麺10●うどん28●そば14●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 14:14 | Comments [0]

2012年04月03日 火曜日

●【そば】 sobaya@中央区今泉

博多駅前での飲み会を終え、フラフラ歩き天神へ。帰宅すべくバス停へと向かっていると、突如むくむく顔出す麺煩悩。

せやったなぁ、このすぐ近くにイマドキ蕎麦屋が営業しとったよなぁ…。

sobaya

んで、向かったのは西鉄今泉ビル。かつて福岡天神駅地階の飲食街・西鉄名店街で営業していた店舗の、駅の再開発に合わせた移転先として建てられた雑居ビルの1階に、目指すsobayaを発見。

「つなぎを一切使わない十割そばを使用し、リーズナブルながら本格的日本蕎麦をcoffeスタイルの店舗にて提供」することをコンセプトに、昨年11月にオープンしたsobaya。オサレな蕎麦屋=若き女性客で一杯か?と、おっかなビックリ訪ねるも、こぢんまりとした店内は全て若き男性客。その中にローカルテレビ局の某アナウンサー、Iさんを発見。

空いていた二人掛けのテーブル席に着きメニューを見ると、ざるや鶏南蛮などの定番メニューに加え、ぶっかけ水菜ササミやぶっかけプルコギサラダなどの創作メニューもラインナップ。「NEW!」とのキャッチコピーに惹かれ、カレー南蛮そばをたのむ。

カレー南蛮そば◇sobaya

待つことしばし、運ばれてきた蕎麦は、灰色の中に黒い斑点が見てとれる。ナルホド十割風ではあるが、それにしては妙に白っぽい色と、極端に柔揚げチックなテロテロ&へなへなな見た目が印象的。

おっしゃ、カッ喰らうぞぉと、蕎麦をカレー汁にざぶざぶと付け、ずるずずずぅと啜れば、アッツ熱のカレー汁のぶわっと華咲くオリエンタルな辛味&風味と、ヘナちょこテロテロ冷製蕎麦の、食感&味わいのコントラストが、わぁお、オモロ~~。

ミンチ肉や微塵切りのニンジンや玉ねぎが満載のカレー汁は、限りなくカレー風味のボロネーゼソース。食べ方こそ温つけ蕎麦なれど、味わいの印象は新感覚ボロネーゼ。ナルホドナルホド、新しくはある。のだが、ロートル&ポンコツ麺馬鹿オヤヂには、オーソドックスなイニシエ系蕎麦屋の方がお似合いさっ。

しょうゆラーメン◇花筏

昼は、一昨日の五目タンメンがゾッコンLOVEだった花筏で、しょうゆラーメン。チャンと甘旨いスープに、シャキッと感が好アクセントの葱と、ぽわんっと弾ける中太麺。トロトロもっちりな豚バラ肉チャーシューは、あたかもトンポーロー。めっさおご馳走感が強いリッチ・テイスト。コレで400円はコスパ抜群。なれど、このリッチ系スープは、五目タンメンなど具がアレコレ入った麺の方が、その真価を発揮する気がするぞぉ。

sobaya
カレー南蛮そば800円
福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル1F
11:30~15:00&18:00~24:00・無休 Pなし

【中華菜館 花筏】
しょうゆラーメン400円
福岡市早良区西新1-7-10
11:30~21:30・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン42●中華麺10●うどん28●そば13●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 23:07 | Comments [2]

2012年04月01日 日曜日

●【中華麺】 花筏@早良区西新

花筏

today’s今日も休日出勤。セコセコと仕事をこなし、一段落付いたところで、せめてもの昼麺パラダイス。福岡新麺店情報王ブログでその存在を知り、福岡新麺店食べ歩き王ブログで高評価だった中華料理新店、花筏を訪ねる。

西新の裏通り、かつて餃子の旭軒が営業していた店舗に「中華菜館 花筏」の白い幟。扉を開けると縦に細長い店内の右手は、テーブル席が4卓。そして左手の厨房には夫婦らしき年配男女。

席に座りメニューを見ると、定食は全て1000円オーバーと高めだが、麺メニューは「しょうゆラーメン400円」を筆頭にお手頃価格。「チャーシューメン650円」にも惹かれつつ、結果、五目タンメン650円をたのみ、クラシックのBGMを聞きつつ出来上がりを待つ。

五目タンメン◇花筏

待つことしばし、運ばれてきた五目タンメンはゴロゴロと大振りな具が印象的。まずはスープと一啜りすれば、ほわっと広がる鶏ガラらしきダシの旨みとふくよかな甘み。合わさる麺は中太ストレート。硬すぎず柔すぎずの揚げ具合がナンとも絶妙で、旨甘スープと相性抜群。

大切りの具の調理具合もコレまた絶妙で、固めのニンジンから柔らかめの白菜へと時間差で調味したのか、どの野菜も適度に柔らかめながらもキチンとそれぞれの食感を残している。豚肉や海老も予め卵白で揉み込み油通ししてから調理してあるので、ぷるんとした食感が楽しいし、素材の味もしっかり感じる丁寧美味。大振りのキクラゲやタケノコも手伝って、ナンとも豊かな食感&味わいのハーモニーが、愉快愉快!

おそらく店主はどこぞの有名中華料理店に長年勤められて独立されたのだろうか?奇をてらった感は一切ない、キチンと作られた王道ジャパニーズ中華料理麺に、うっとり。こりゃ是非とも再訪し、スープ麺料理全品制覇してみたひっ。

【中華菜館 花筏】
五目タンメン650円
福岡市早良区西新1-7-10
11:30~21:30・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン42●中華麺9●うどん28●そば12●その他9
◎4月の総ジョグ距離0km / 2012通年266km

Posted by heno at 12:07 | Comments [2]