2012年04月24日 火曜日

●【ラーメン】 らーめん神@早良区有田

Fujiさんtwitterでその存在を知った、らーめん神。早良口から三瀬峠へと続く幹線道路沿いに先月末オープンしたラーメン店である。気にはなりつつも、最近めっきり豚骨ラーメン・ストライクゾーンが狭くなりマクリの我だけに、二の足を踏んでいたのだが、一昨日啜った幸心堂@大野城市若草で、すっかり改心。虎穴に入らずんば虎児を得ず、啜らずんば美味麺との出会いナシ!

「あらっ、いらっしゃいませぇ~。」

午前中の打ち合わせを終え、正午前に店に着くと、丹念に店のガラスを磨いていた若き女性が我に気づき、明るい笑顔。

笑顔で会釈し店にはいると、カウンター席が4~5席と4人掛けのテーブル席が2卓のこぢんまりした店内には先客ナシ。開店間もないせいもあろうが、きちんと掃除が行き届いていてナンとも気持ちが良い。

カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで3~4種。初ラ店は基本メニューでと、「ラーメン500円」をたのむと、カウンター奥の厨房で調理が始まる。若き店主のチャキチャキとこなれた仕事ぶりが印象的。コリャどこぞのラーメン店でしっかり修行されてから、独立開業されたのか?そして厨房隅には製麺機。麺も自家製なのか??

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、マットな黄土色のスープの表面には脂っ気ナシ。イイ感じに浮かんだカプチーノ気泡然り、丁寧な具の盛りつけ然り、カナリの美人!

コリャ旨いに違いなひっ、ともんどり打ってスープを啜れば、とろんと熱々の口当たりと共に、ほっくりと広がる豚骨だしの自然な甘み。 恐らく化学調味料は最小限、もしくは使っていないのではないのだろうか?ナンとも自然に、かつ豊かに己の旨さを主張する、ほっこり美味。幸心堂やカナデヤ@南区塩原と同じベクトルの味わいではあるが、このほっくり感はナンとも秀逸、我がツボツ。

合わさる麺はカナリ細めのストレート。適度にガサゴソ感ある啜り心地然り、こりっと解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦の風味然り、一緒に口へと入ったキクラゲやネギとの食感のハーモニー然り、コレまたドンズバ我がツボツボぉ~!

バラ肉チャーシューもモッチリ旨いし、いやはや旨い、コリャ旨いっと一気に啜り、禁断の替え玉コール。卓上のゴマや胡椒で味わいの変化も十二分に堪能し、ずびずば完食。

イマドキ・ラーメンの派手さはないが、ナンともほっくり旨い。若き店主は豚珍館@南区向野出身とのことだが、師匠店より断然我が好みの一杯に、メロメロのメロりんきゅぅ。酢モツなど軽めのアテも数種あるようだし、次回は休日午後。ラーメン屋酒をば楽しみたいぞっ。

 

夜は午後9時にようやく会議が終わり、
スタッフと酒呑横丁てし

カナギの炙りに始まり、ダルム塩焼き、
新玉葱とベーコンなど日替わりメニューをズラリ楽しみ、
あな極旨&極楽。

 

【らーめん神】
ラーメン500円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17?
不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン57●中華麺12●うどん31●そば18●その他16
◎4月の総ジョグ距離38km / 2012通年304km

Posted by heno at 2012年04月24日 11:48
コメント
コメントしてください




保存しますか?