HENO HENO: 2012年05月 アーカイブ

2012年05月31日 木曜日

●【ラーメン】 一竜軒@佐賀県唐津市

口当たりは至って軽やか。なれど、一足遅れてふわりと広がる確かなるダシの旨み。淡麗、かつふくよか。中太麺の素朴な小麦感も相まって、得も言われぬ極上滋味に心酔しきり。このラーメンを愛した亡き麺友を想い出しつつ、ズルズルと。

【一竜軒】
チャーシューメン600円
佐賀県唐津市菜畑4070-2
11:30~15:00・日曜&第2&第4水曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン76●中華麺21●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 11:36 | Comments [0]

2012年05月30日 水曜日

●【中華麺】 まくり@早良区飯倉

イニシエ街の中華料理屋名店in 福岡市が永楽@城南区樋井川ならば、新進気鋭の名店は文句ナシ&ダントツ一位で、黄金の福ワンタンまくり。20種はあろうかという豊富なメニューはどれを食べてもキッチリ旨くて、しかも、いずれも550円以下という安さが感動的。

中でも我の一押しはカレー福ワンタンメン。まずはスープと一口啜れば、ふわりと軽やかなカレーの風味のすぐその後に、ぐわんっと力強い鶏ガラらしきダシの旨み。

わぁお、今日のカレースープはことさら旨いでないのぉ~!とワンタンを頬張れば、とぅるんとぅるんの口当たり然り、噛んだ瞬間皮から飛び出るジューシー・スープ然り、ネチッと旨い肉あんの甘み然り、更なるカレー風味然り、ソリャもう絶品旨しっ!

合わさる麺は中細麺。スルスルとなめらかな口当たりがナイスなハンサム・ボーイ。具のキクラゲとホウレン草の食感&味わいのコラボも楽しいし、美味ワンタンと相まっておご馳走感もシコタマ・グレートなのに、価格は嬉しすぎる550円。

いやぁ、やっぱ旨いわぁ安いわぁ惚れちゃうわぁ。おっしゃならば、永楽に続き、まくりも全品制覇、イッテみるかぁ~?!

黄金の福ワンタンまくり
カレー福ワンタン麺550円
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00準備中)・月1回不定休 Pあり
※5・6月は無休、次の休業日は7月11(水)・12(木)・13日(金)

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン75●中華麺21●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:25 | Comments [0]

2012年05月29日 火曜日

●【ラーメン】 オレズ・マガラズ@博多区須崎

須崎の山笠廻り止め近くでの仕事が無事終了し、おっしゃ昼麺。先日たまさか前を通りかかり、ググッと気になった新店、「牛骨ラーメン オレズ・マガラズ」へ。

午後1時半、入店し尋ねると、ナンとビックリ。先週23日、たまたま店の前を通りかかったその日が開店日だったとのこと。席に着きメニューを見ると、牛骨ラーメンが「ピリ辛しょうゆ550円」、「塩550円」に「特製みそ650円」の3種に、「パワーライス600円」。聞くと、パワーライスは白飯にプルコギや生野菜、卵焼きを盛った、韓国版タコライスとのこと。

メニュー筆頭のピリ辛でイクか?いや牛骨スープなら、塩か。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは想定外の白濁スープ。ナルホドそうなのか、牛骨ラーメンはその名の通り牛骨スープで、牛テール・ラーメンじゃないんだと独り合点しながら一啜りすれば、軽やかな口当たりと共にふわりと広がる自然な甘みの後、ひと味遅れて顔を出す、ぽたっと風味あるコラーゲン感。ナルホドナルホド、こりゃ韓国料理でよく出てくる、ソルロンタンなのか。

合わさる麺は中細ストレート。適度にガサゴソ感ある啜り心地然り、ネチッと粘るコシ然り、優し味のソルロンタンと相性良し。具は太モヤシとワラビのみで肉はなし。ナムルチックで、粘りゴシ麺との食感&味わいのハーモニーが楽し旨し。

韓国ではソルロンタン=白飯にかけながら食べるスープとして食べたことがあったが、こうしてラーメンとして食べるのもナカナカ旨し。このエントリーを書くにあたりgoogleってみると、上川端に同店名の韓国料理店があり、牛骨ラーメンを出しているようだ。と言うことは、この店は支店なのか?それても移転してきたのだろうか??

【オレズ・マガラズ】
牛骨塩ラーメン550円
福岡市博多区須崎町1-10?
11:30~13:30&18:00~23:30 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン75●中華麺20●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:40 | Comments [0]

2012年05月27日 日曜日

●【中華麺】 永楽@城南区樋井川

豚骨博多の醤油ラーメン その三十六

先日啜ったやなぎだ屋の中華ソバで、街の中華料理屋の中華そばの味力を再認識。で、無性に恋しくなった永楽。福岡では数少ない真性イニシエ街の中華料理店で、ワンタンメンを啜る。

アッツ熱の口当たりと共に、ふわっと広がる鶏ガラらしきダシの旨みと、クイッとフックがかった醤油ダレの風味。ふとノスタルジックな気分にかられる、シミジミ旨いイニシエ中華そば味に、ほっこり。合わさる麺は中太縮れ。ビチビチと踊りつつ口に収まる触感然り、プリンプリンと抗うコシ然り、ナンとも楽し旨し。

具は、とぅりん、とぅりんのワンタンと、シナチクではなくタケノコ?と、ワカメ。その全てがイニシエ中華そばにベストマッチ!特にワカメ。ラーメンの具として我が最も嫌うワカメだが、この一杯には合いマクリ&不可欠。

シミジミ旨くて、しかもワンタンメンが500円はカナリの値頃感。いやはやエエねぇ、やっぱ好きやねぇ中華ソバ。で、16種ある汁麺メニューの全制覇を決意。

愛媛県西条市の石鎚酒造。西日本最高峰「石鎚山」の伏流水で仕込むという石鎚 無濾過 純米 槽しぼり」は、「松山三井」を60%まで磨き上げた純米酒。ふわりと広がる豊かな香りと、ふっくらふくよかさ旨みがググッと我がツボ。

【永楽】
ワンタンメン500円
福岡市城南区樋井川6-14-22
11:00~20:00・水曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン74●中華麺20●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 11:30 | Comments [3]

2012年05月26日 土曜日

●【ラーメン】 じろう。@早良区西新

なぬぅ~?「中太麺うめー!あっ、言ってもらったら提供出来ますので。」だとぉ?!なにせ真性太麺フェチな我。で、件の店主Twitterに惹かれ、のこのこと啜りに行けば、うひょひょぉ、コイツは旨しっ。

最近スープに脂度+髄感がググッと増し、屋号に配した長浜ラーメンと言うよりは、久留米や佐賀のスープに近づいてきた感がアリアリだっただけに、小粋な細麺よりもムチムチ旨い中太麺の方がドエラク相性良し。

おそらく意図しているのだろう、合わせるチャーシューも細麺の時より厚めに切られているあたりも、さすがの心遣い。いやはや参った、うんうんコレ大正解!次回から麺は迷わず中太麺で啜らいでかっ。

長浜ラーメンじろう。
ラーメン500円
岡市早良区西新5-4-1
11:30~23:00(日祝11:30~21:00)途中昼休みアリ・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン74●中華麺19●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:20 | Comments [0]

2012年05月25日 金曜日

●【中華麺】 中華居酒屋やなぎだ屋@中央区平尾

豚骨博多の醤油ラーメン その三十五

先月末にまるげん@平尾の隣にオープンした「中華居酒屋やなぎだ屋」。屋号に居酒屋を謳うセンスにイマイチ足が向かなかったのだが、そんな我が偏屈先入観を見事に打ち砕く美味麺に、シアワセなる午後。

白を基調としたシックでオサレな店内の奥の厨房から、ゴォ~~、ゴォ~~と静かに鳴り響く重低音。て事は、吉興@警固と同じく高火力のコンロで調理するのか?!てぇ事はぁ、ドエラク旨い中華麺にありつけるのか??!!麺メニューは「濃厚たんたんめん650円」と「中華ソバ600円」に、日替わりランチで「白鶏湯麺(チャーハン付き)600円 」。白鶏湯麺にチト惹かれるも、何せ初ラ店。まずは味力が最もストレートに味わえそうな中華ソバをイットクか。

ほどなく運ばれてきたドンブリにはピリ辛チックな肉味噌と青梗菜がのっている。おやおやコレって芝麻醤抜きの担々麺?と訝しみながら、まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ふわっと広がるナンとも豊かなダシの旨み。ピリ辛感はほとんどなし。おそらく鶏ガラをベースに色んな根菜を加えてしっかりとスープをとられているのだろう、ナンともふくよかなダシの旨みと円みに思わずむふふぅと頬が緩む。

そして麺もドエラク旨しっ。太めの中太縮れ麺は、啜った時のスープの絡み具合然り、ビチビチ踊る口当たり然り、むっちりもっちりなコシ然り、噛み込むほどに広がる自然な甘み然り、ドンズバ我がツボ。麺と一緒に口に飛び込んでくる肉味噌の肉や干し椎茸や、細切れ白葱の食感&味わいのコラボも、ソリャもう楽し旨しダイスキっ。

一見担々麺のようで、味仙@名古屋の台湾ラーメンのようで、その味わいはオーソドックスな中華そばのようで、その実、中華そばよりご馳走感高し。なるほど、だから中華料理店の「中華そば」ではなく、中華居酒屋の「中華ソバ」なのか。おそらくこの店はナニを食べてもハズレなし!次回は是非とも夜、色んな一品料理をアテに飲んだくれ、中華居酒屋の味力に酔いちくれたひっ。

中華居酒屋 やなぎだ屋
中華ソバ600円
福岡市中央区平尾2-2-18
11:30~14:00OS&17:30~23:00・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン73●中華麺19●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:00 | Comments [2]

2012年05月24日 木曜日

●【つけ麺】 らーめん家 政@長崎県長崎市

グッドタイミングの長崎出張、ヤマダホニャララTwitterでググッと惹かれた煮干しラーメンを啜りに「らーめん家 政」を訪ねるも、まさかの売り切れ……。で、結局薬局「あえそばつけめん」。

政のオリジナルメニュー・あえそばつけめんは、タレと和えたあつもり太麺×温つけ汁。麺だけで食べても十二分に旨いが、濃厚魚介豚骨ダシの熱々つけ汁に潜らせれば、ソリャもう狂おしいほどに旨さ炸裂。デフォで煮玉子が付いてくるのも、板東英二ばりにゆで玉子好きの我にはタマラン魅力。やっぱ旨いわぁ、うんうん旨いっ!と一気完食。なれど、やっぱやっぱ啜りたかったぁ、煮干しラーメン。

【らーめん家 政】
まぜそばつけめん650円
長崎県長崎市大黒町10-11
11:00~翌1:00・不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン73●中華麺18●うどん37●そば21●その他17
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 14:30 | Comments [0]

2012年05月23日 水曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

豚骨博多の醤油ラーメン その三十四

福岡創作ラーメンの雄、行徳家の新作醤油ラーメンは「諸味醤油そば」。その名の通り、醤油が作られる課程で出来る、発酵した大豆の諸味をタレに使ったスープは、ふわんっと広がる発酵風味が癒し系。おそらく諸味の効能か、軽く味噌っぽい風味さえ感じる深い風味と、軽やかな酸味と、円やかな甘み。同じ醤油ラーメンながら、前回のゴリゴリ旨い炒り子そばとは真逆の、シミジミとほっこり旨い優し味。

そしておそらく優し味スープに合わせてたのだろうか?チャーシューはキシキシと旨い肩肉の大判が2枚。麺は細、中太ちぢれ、太から、中太ちぢれをお願いしたが、コレが大正解。この深く、優しい味わいのスープは是非とも中太ちぢれ麺で!などと、このエントリー記事を書きつつ店主ブログを覗いてみると、ナンと早くも次回の創作麺の予告が?!次々と創作麺作りに取り組む店主のひたむきなる麺愛に、深々と感服しきり。

行徳家
諸味醤油そば550円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン73●中華麺18●うどん37●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 11:36 | Comments [0]

2012年05月22日 火曜日

●【中華麺】 舞鶴麺飯店

福岡新飲食店情報王・ちょいグルさんのリポでその存在を知り、ググッと惹かれた舞鶴麺飯店。上川端のチャイナパパで修行された方が今月7日に開店されたとか。

舞鶴の細い通り沿いの、およそ飲食店が入居しているとは思えない雰囲気のビルの1階。しかも、フロア奥に店舗があり、通りからは店舗入口が見えないという、ナンとも辺鄙な立地、かつ午後1時半とランチタイムも終わり近くだというのに、店内は8割方客で埋まっている

わずかに空いた2人掛けのミニテーブル席に滑り込み、卓上に置かれたメニューを見ると、麺は「旨辛担々麺」、「黒胡麻担々麺」、「五目あんかけ担麺」、「五目塩担麺」、「酸辣湯麺」に「五目あんかけ皿うどん」の6種類がいずれも580円。そして麻婆豆腐やエビチリ、酢豚、回鍋肉などのド定番中華料理の定食8種も、同じく580円。

我がお目当ての酸辣湯麺は、直径30センチは優にある超大振りなドンブリにてんこ盛り。なみなみと注がれたスープはとてつもなく熱々。軽くあんとじされたトロみとともに、軽めの酸味と辛味が広がる優し味。

合わさる麺は中細ストレート。かなりの柔揚げで、テロテロとした柔ゴシでスープと馴染み良し。具は豚肉、海老、タケノコ、溶き卵など酸辣湯麺定番のものに加え、シメジやニラなども入っている。

万人受けしそうな食べやすい味わい然り、大盛りなのに580円という値頃感ある価格設定然り、店を切り盛りする夫婦らしき若き男女の元気な仕事ぶり然り、ナルホドだから開店半月にして人気店なわけだ。屋号に「麺飯店」を謳っているということは、おそらく夜営業も、メニューは昼営業と同じく麺と定食のみなのだろう。ならば次回は夜、レバニラ定食&ビールを楽しみたいぞっ。

【舞鶴麺飯店】
酸辣湯麺580円
福岡市中央区舞鶴2-3-8 棋会ビルⅡ 1F
11:30~15:00&17:00~22:00(土日祝17:00~22:00)・不定休

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン72●中華麺18●うどん37●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:46 | Comments [0]

2012年05月21日 月曜日

●【うどん】 麦の花@熊本県南関町

 

今日も熊本へ日帰り出張。九州自動車道を南関インターで下り、一般道を山鹿方面へと向かう途中に、麦の花の本店でサクッと昼麺。

ずっと気になりつつもナゼか啜る機会がなかった麦の花だが、重なる時は重なるもので、先週の月曜日にはたまさか通りかかった玉名支店でゴボ天うどんを啜り、ちょうど1週間後の今日は南関町の本店でもやしうどんを啜ることになろうとは。

これまさに本店の実力か?昆布ダシのじんわり染み入る熱々スメ然り、むっちりねっちりな母性溢るるコシが悦楽なる極太うどん然り。先日の玉名支店も十二分に旨かったのだが、それよりもさらにひと味、いやふた味、いやいやみ味もよ味も上をゆく旨さに心底感服。

しかもコレだけ旨くて、十二分に食べ応えのある量で、価格はわずか290円!うははぁ、惚れてまうやろぉ~(←超今さらWエンジン調で)。なのだが、ナゼか蕎麦はエラク高くて、もやしそばは480円と倍近い価格。そして、コレまたナゼか小籠包も力を入れて売られているし。ナゾがナゾ呼ぶマジカル・ミステリー・旨ぁ~な一杯に、うっとり。

麦の花
もやしうどん290円
熊本県玉名郡南関町大字小原1889-1
11:00~21:00・年中無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン72●中華麺17●うどん37●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 11:37 | Comments [0]

2012年05月20日 日曜日

●【チャンポン】 なんちゃん@熊本県南関町

かれこれ5年ぶりの魚釣り。船釣りでキスを狙うも、当たりは取れないは、手返しもヘボヘボで、釣果はわずか20尾ほど…。たまにやっても釣れない、釣れない。いよいよ釣りは卒業し山登りに専念するかなと帰宅し、塩焼きにで食べると、コレがタマラン美味美味っ。鮮度の良い魚の旨さを改めて実感しきり!よっしゃ、次回は鯵釣りだ!!

九州自動車道と並行して走る国道443号線沿いに、ぽつんと一軒営業している「なんちゃん」=南関のちゃんぽん専門店。チャンポン・メニューは、基本の「ちゃんぽん580円」に、「こだわりちゃんぽん780円」、「キムチちゃんぽん680円」、「味噌ちゃんぽん650円」、「皿ちゃんぽん680円」の5種類。

基本のちゃんぽんでも具は十二分にてんこ盛り。大切り野菜のザクサクに、厚切り豚肉や大切り烏賊や海老がゴロゴロと。麺は生麺タイプの中細めん。

【ちゃんぽん専門店なんちゃん】
ちゃんぽん580円
熊本県南関町関外目784-1
11:00~15:00&17:00~20:00チ・月曜休み

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン72●中華麺17●うどん36●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 12:42 | Comments [0]

2012年05月19日 土曜日

●【ラーメン】 福来家@北九州市小倉南区

北九州市小倉南区の一大住宅地、徳力団地の一角の、これまたドでかいパチンコ店、パーラーOPAの裏手にあるらーめん福来家。我が長年の宿題店は、北九州のラーメン屋としてはカナリ早期から極太麺の魚介豚骨ラーメン&つけ麺も提供するなどヤル気満々。心底極太麺フェチの我、なれど何せ初来店。やっぱ基本メニューの「ラーメン500円」だなっ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、黄土色に濁ったスープの感じが魚介豚骨か?とレンゲで一啜りすれば、のんののぉ~ん!(←いまさら山川恵里佳調で)ナンともイマドキな見た目とは裏腹に、むわんっと広がる豚骨ダシと醤油ダレつよめの旨味然り、シュルッと瑞々しい後味然り、その味わいは我がソウル・ラーメンである赤のれんに、クリソツじゃん?!

合わさる麺は中太麺、ガサゴソと無骨な食味がスープに負けじと己の存在感を猛烈アピール。柔揚げテロテロ扁平細麺でスープとの一体感が信条の赤のれんとは真逆だが、コレはコレでドエラク美味。むほほぅ、ならば赤のれんラーメンお約束の黒胡椒をかけると更に旨いのでは?と卓上の胡椒を大量ドーピングすれば、うんうんエエねぇ!旨いねぇ!!子供の頃から食べ親しんだ赤のれんチックでノスタルジー気分をあおられつつ、さりとて明解なるオリジナリティも併せ持つ斬新さも感じつつ、一気完食。

らーめん福来家
ラーメン500円
福岡県北九州市小倉南区徳力3-8-10
11:00~17:00(土日祝~20:00)・1st&3rd火曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン72●中華麺16●うどん36●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 16:14 | Comments [0]

2012年05月18日 金曜日

●【うどん】 はるや@山口県下関市

土地柄香川県に近いせいか?ナゼか山口県にはヨサゲな讃岐うどん店が数多く点在する。その中の一軒、「はるや」は本場讃岐の超人気店「はりや」で修行された方が独立開業されたとか。旧国道2号線沿いで立地的には恵まれているとは思えないが、午後2時過ぎだというのに広めの店内はほぼ満席。

わずかに空いたカウンター席に滑り込みメニューを見ると、師匠店よろしく基本メニューは、海老と野菜の「天ぷら」 or 「いか天」 or 鶏肉の天ぷら「かしわ」×釜揚げ or かけ or ざる。加えて醤油うどんやカレーうどんのバリエーション。釜揚げか?としばし迷うも初志貫徹、いか天×ざるうどん=「いかざる」をたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたいかざるは、イカゲソの天ぷらに加えナゼかオレンジが添えてある。むむぅ?ツユに絞り入れて食べろと言うことか??兎にも角にも、まずはうどん!箸で摘めば随分と長い麺腺が印象的。ザブンとツユに潜らせ、ずびずびぃっと一気に啜れば、ほわんと甘いツユの中でビチビチ踊る太うどん。えへへ、コリャ楽しいねと噛み込めば、むっちりと芯にかけてコシを増す力強いコシ。

イカゲソは熱々揚げたて。サクサクの衣とプリプリの身の食感&味わいが、太うどんと相性抜群。想定外のオレンジはアレコレ悩んだ末にツユに絞り入れてみると、やっぱそうかぁ、元来甘めのツユが更にフールーティー甘味に。コレはコレでオモロ美味ではあるが、辛党の我。ツユには絞り入れず、うどん食後にデザートとして食べるのが正解か。

とは言いつつも、山口でコレだけリアルな讃岐うどんが啜れるとは。おそらくこの芯にかけてコシが増すタイプのうどんは、長田@香川県満濃町よろしく釜揚げで食べた方が更に旨いはず。次回は是非とも釜揚げうどんをは啜ってみたひっ。

【手打ちうどん はるや】
いかざるうどん700円
山口県下関市王司川端1-4-41
11:00~15:00・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン71●中華麺16●うどん36●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 14:14 | Comments [0]

2012年05月17日 木曜日

●【ラーメン】 やきとり雲仙@早良区田隈

豚骨博多の醤油ラーメン その三十三

早良区田隈の住宅街の一角。2階建てのコーポの1階部分のテナントに数軒入居している飲食店の中の一軒が、お目当ての「やきとり雲仙」。

手作り感溢れる暖簾を潜ると、正午半過ぎの店内は先客2名。カウンター席の奥の方では店主らしき中年男性が焼き鳥の下ごしらえ。黙々とパッドに盛られた砂ズリを串に刺している。そしてカウンター奥の厨房では若い男性が、中華鍋を振っている。

カウンターの空席に着き壁に貼られたメニューを見渡すと、焼き鳥に加え、ジンギスカン鍋など焼き鳥やらしからぬ料理がアレコレと。そして「札幌ラーメン 味噌 塩 醤油」と思いっきり手書きの張り紙が。

あちゃぁ~、コリャひょっとしてハズしたかぁ……。

腹をくくり、初志貫徹で醤油ラーメンをたのむ。

待つことしばし、ようやくラーメンが運ばれてくる。と、イイ感じに透明感を残すスープの醤油色と、丁寧に切り揃えられた白髪葱の白。ほうほう、こりゃナカナカの美人だなぁ!て事は……、と一気に期待で胸膨らませつつ木製レンゲでスープを一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりとともに、ふわんと香り立つ芳ばしい脂の甘みと、ずいんっと力強い鶏ガラらしきダシの旨み。そして具の下にはくし形に切られたタマネギがゴロゴロ。ラードとスープでタマネギをシッカリと炒め煮しする=本格的な札幌ラーメンの製法で作られていたのか!

合わさる麺は黄色みの強い中太縮れ麺で、コレまた正統札幌ラーメンスタイル。なれど、ホロホロに煮込まれたバラ肉ロール・チャーシューと、シャクシャク旨いシナチクが、単に札幌ラーメンにとどまらない、独自の味わいを演出。すみれ@中央区今泉の醤油ラーメンと相通ずるものを感じるも、それよりさらにイイ感じに懐かし感のある、ほっくりと旨い一杯に、うっとり。

こりゃ確かにタダモノではないスープひとつとってもカナリの手間をかけて作られているようだ。こりゃ是非とも塩と味噌も啜ってみたひっ。

【やきとり雲仙】
醤油ラーメン600円
福岡市早良区田村2-10-2
11:30~14:30(夜は焼鳥屋営業)

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン71●中華麺16●うどん35●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 12:45 | Comments [0]

2012年05月16日 水曜日

●【うどん】 ゆうのや@中央区荒戸

今月上旬に中央区荒戸にオープンした「うどん麺蔵ゆうのや」は、一風堂薬院店の店長を務めた方が独立開業したという。午後1時過ぎに訪ねると、白壁&ナチュラルウッドのカウンター席のロハスにオサレな店内は、先客2名。うち1名は店主の知人なのか、カウンター越しの厨房で調理している若き店主と、親しげに会話している。

カウンター席に置かれたメニューを眺めると、温かけうどんが具のバリエーションで9種に、ぶっかけと釜揚げうどん。オススメマークも付いていることだしと、迷うことなく「土ごぼう天うどん580円」をたのむ。

オーダーすると、若き店主が釜にうどんを投入する。どうやら揚げたてうどんが食べられるのか!と喜んでいると、厨房奥から男性店員が、ゴボ天を運んでくる。大きめの皿に溢れんばかりにてんこ盛りされたゴボ天は、熱々サクサク。皿に添えたカレー塩で囓りつつ、うどんの出来上がりを待つ。

待つことしばし、腰高&切り立ち型のオサレなドンブリに盛られて、うどんが運ばれてくる。まずはスメと一口啜れば、すいっと広がるダシの風味と、キリリと鯔背なカエシの旨み。昆布よりも削り節のダシが勝った、小粋に華ある味わいがオサレに旨し。

そしてうどんもオモシロ美味。太めに打たれた効能か、にっちりと抗う強コシのすぐその後に、ほわんとソフトな柔ゴシが顔を出す変則2段ゴシが、楽し旨し。しばし素うどんを楽しんだ後、ゴボ天を投入したり、卓上に置いてある柚子胡椒を添えたりしつつ、ほっこり完食。

ゴボ天580円はカナリ高めの価格設定なれど、夜はチョイ飲みも楽しめるという。ならば、ゴボ天でチビチビ呑んで、〆にうどんを啜れば、値頃感もアリか。近々、ひやかけうどんも始めるとのこと。

道向かいには、同じくうどん屋の手打天神に加え、ラーメン&つけ麺&油そばの麺屋慶史に、休日昼は行列必至のスパゲティ屋らるきぃが営業。チョイ飲みうどん屋も加わり、この通りは麺天国ストリートやぁ。

【うどん麺蔵 ゆうのや】
土ごぼう天うどん580円
福岡市中央区荒戸1-4-21
不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん35●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:36 | Comments [2]

2012年05月15日 火曜日

●【そば】 八州@博多区住吉

早朝から仕事&おそらく今日も昼麺を啜る暇はナシ。んならば、朝麺啜って元気百倍と、八州でゴボ天そば。前回同様、小麦感アリアリの蕎麦はチト悲しいがナニせ揚げたて、プニプニと愛らしいコシが楽し旨し。そして、キュインとダシが効きマクリの美味スメで、価格は嬉しすぎる400円。

【八州】
ごぼう天そば400円
福岡市博多区住吉1-210-6
24時間営業・日曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん34●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 09:47 | Comments [0]

2012年05月14日 月曜日

●【うどん】 麦の花@熊本県玉名市

熊本市と玉名市の境でセコセコ仕事。午後1時半過ぎ、朝からの仕事現場が一段落し、次の現場へと移動がてらサクッと昼麺。たまさか通りがかった麦の花の玉名店へと転がり込む。

うどんに合わせ、店頭にはいきなり団子や小籠包の幟が上がっているところからして、間違いなく麦の花南関本店の支店かと。午後2時半と思いっきりアイドルタイムゆえ、ガランと広めの店内は先客ナシ。

席に着きメニューを見ると、うどんが具のバリエーションで十数種に、ホルモン味噌煮うどんなど惹かれるメニューがてんこ盛り。なれど、博多んもんうどん喰いの悲しき性、アレコレ心揺れるも、とどのつまりはゴボ天うどん。

ほどなく運ばれてきたゴボ天うどんは、かなり太めのうどんが、ぐへへぇ我がツボだぞぅ!まぁま落ち着いて、まずはスメからと一口啜れば、キチンときいた削り節メインのダシと、シャキッと鯔背なカエシの風味がエエ感じヤンッ。

んならば、うどんと箸で掴めば、ずんっと重ための重量感。えへ?!て事は、うどんも我がツボなのかぁ??!!ともんどり打って啜れば、ずるりんっと口に収まる艶っぽい啜り心地然り、むっちりぃとトコトン抗い、ぷりんっと解けるコレまた艶っぽいコシとヒキ。おそらくアレコレ原料粉の配合を研究し完成した創作系太麺とは思うが、食べた時のこのイイ感じにいなたい食味が、うんうん、エエねぇ。

ガリゴリに揚げられたごぼう天が味わいの好アクセント。ナンちゃナイけどチャンと旨い。しかも価格はウレシイ390円。うははぁん、素晴らしっ!ビバ・ジャパニーズ・ファスト・フード!!

麦の花】玉名店
ごぼう天うどん390円
熊本県玉名市大倉510-1 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん34●そば20●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 14:31 | Comments [0]

2012年05月13日 日曜日

●【そば】 まんどき@八女市矢部村

dream has come. かねてより興味津々だった福岡県の秘境、矢部村のまんどきで、まんどきそばを啜る。

八女市から黒木町を抜け、大分県前津江村へと向かう国道442号線沿いの、日向神ダムの南東端に「そば処まんどき」の手書き看板。既に午後2時を過ぎているが、店内は8割方客で埋まっている。しかも、そのほとんどは見るからに休日のドライブ客。て事は、観光テレビ番組や雑誌で広く知られた店なのか?

わずかに空いたカウンター席に滑り込み、壁に掲げられたメニューを見ると、蕎麦は僅かに「まんどき600円」、「かけ600円」、「ざる800円」の3種のみ。迷うことなく、屋号を配したまんどきそばをたのむ。

小皿で配されたタクワンと高菜漬けを囓りながら待つことしばし、運ばれてきた蕎麦は、ソリャもう極太。そんじょそこらのうどんより一回りも二回りも太い勇姿に一目惚れしつつ、まずはスメと一啜りすれば、ぐいんっとドライブする鶏ガラダシの密なる旨み。おそらくカナリの時間煮込んでダシを取られているのだろう、微かな酸味さえ感じるほどに目一杯鶏鶏鶏な旨みがタマラン旨しっ。

そしてお目当ての極太田舎蕎麦が、コレまた旨し旨しっ。箸で摘んでもほぼ直線状態で、啜られることを拒む様然り、えいやぁと口に放り込み噛んだ時のニッチリ&さらに噛み込んだ時のザクザクと解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる蕎麦の風味然り。コレ正に我が思い浮かべる理想的田舎蕎麦ナリっ!

矢部村で普段は農業を営むお母さん達が、土日祝日のみ開くまんどきそば。「まんどき」とは満時=南中=お天道様が真ん中に来る時=お昼時の古語なのだとか。古くから村の祭りで舞われてきた「将軍そば」という伝統食を再現したのが、「まんどきそば」とのこと。

【そば処まんどき】
まんどきそば600円
福岡県八女市矢部村矢部3277-1
土・日祝祭日のみ営業 10:00~16:00 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん33●そば20●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 14:06 | Comments [2]

2012年05月12日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

魚介ダシLOVE体質な我は、今日も発作的にニボニボ気分。んで、行徳家の期間限定麺、煮干しそばを再食。前回喰った時に、次回はトッピング野菜盛り×太麺でと決めていたが、コレがドンズバ大当たりぃ。

キャベツと太モヤシとニラの生野菜に、炒り子や削り節の佃煮に、ぶ厚く切られたチャーシューが、ドンブリから溢れんばかりにてんこ盛りなその勇姿に、萌え~(←古っ)。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ガインっとダシの効いた醤油スープに炒り子佃煮の甘みが映える、ナンともイイ感じにいなたいニボニボ甘醤油味に、一発フォーリン・ラブ。

おぉ~、ニボニボォ~!おっしゃおっしゃ、コレコレコレ!!ともんどり打って、むんずとと箸を突き刺し、具と共に太麺を掴み、ガバチョと口の中へ放り込めば、太麺のむりんむりんっと、佃煮のワニワニと、野菜のバリバリが、踊る踊る!けへへ、こりゃ楽しいわいっ、とガシガシ噛み込めば、太麺の全粒粉ならではの豊かな風味と、佃煮のニボニボと、野菜の甘みの味わいカオスが、ようこそ魔界迷宮へ。

途中囓る厚切りチャーシューが、適度にスイッチバック効果を果たし、口の中をリフレッシュ。次の一口が、また新たなるニボニボ二郎的悦楽魔界へと誘う、コレまたにトランス系。ガツガツ、ガツガツとカッ喰らっていると、ドンブリの底に卵形の鉄球が姿を現す。ナルホド、生野菜が入っているにも関わらずスープが一切冷めることなく、それどころか徐々にイイ感じに火が入ったかのように柔らかく&甘みが増していたのは、予めカンカンに熱した鉄球が潜ませてあったからなのか。味わいはモチのロンだが、そんな心配りがナンともウレシイ。煮干しがダメな人には地獄だが、煮干し好きには極楽極旨浄土な一杯に、至福なる午後。

行徳家
炒り子そば500円(期間限定)+野菜トッピング100円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん33●そば19●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 11:41 | Comments [0]

2012年05月11日 金曜日

●【そば】 立花うどん@久留米市東合川町

うどん屋の蕎麦 その十七

久方ぶりの久留米出張。長年の宿題店、立花うどんの久留米店で、もやし蕎麦を啜る。

スメはうどんと共用か?昆布ダシがメインのほっこり旨し母性溢るる滋味。蕎麦もカナリ細めなれど、ザクザクした食味然り、噛み込むほどに広がる豊かな蕎麦の風味然り、コレまた旨し。手打天神@中央区大手門の蕎麦と相通ずる味わいがドンズバ我がツボ。合わさる太モヤシのパリパリ食感&風味とのコラボも、わんだふぉー!

コレだけ旨くて価格はウレシイ320円。もやしうどんなら更に安くて290円。そして忙しいランチタイムなれど、ホールで配膳するお母さん達のチャキチャキとした仕事ぶり&フレンドリーな接客も素晴らしい。ナルホドこれなら、ドォーモのナンデモランキングうどん編で第1位に選ばれたのも、十二分に合点がいく大衆うどん名店に万歳三唱。

立花うどん
もやしそば320円
福岡県久留米市東合川5-6-1
9:30~21:00・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン69●中華麺16●うどん33●そば19●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 12:35 | Comments [0]

2012年05月10日 木曜日

●【ラーメン】 かんしゃく魂@長崎県長崎市

久方ぶりの長崎出張。午後からの打ち合わせを前にズズッと昼麺。かねてからの宿題店、かんしゃく魂を訪ねる。

JR長崎駅と大浦駅の中間当たり、岩川町の路面電車道路沿いに、レトロモダンな外観。以前何度か訪ねるも、ナゼかいつも閉まっていて啜れず仕舞いだったのだっが、良かった今日は営業しているぞぉ。

正午半、14~5席のL字カウンターと4人掛けのテーブル席が3卓と広めの店内は満席。立地的には決して良いとは思えないが、大した人気ぶりである。

客の回転が速く、待つこと5分ほどで無事着席。カウンター席に着きメニューを見ると、「らぁめん600円」が基本で、マー油やタカナ、もやし、ニンニク、煮玉子などバリエーションで10種ほど。初ラ店は基本メニュー、ラーメンをたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、しっかり乳化したらしき見るからにポッタリとしたスープに、気持ち厚切り&表面にイイ感じにタレが染みたチャーシューに、多めの白葱。うんん、コリャ旨そうだっ!と期待を胸に、まずはレンゲでスープを啜れば、アッツ熱の口当たりと共に、とろんと広がる豚骨ダシの滋味なる甘み。化調やタレによる調味は最小限、しっかりと乳化させたダシの旨みが気持ちよいソフト・マッチョ豚骨スープに、うっとり一口惚れ。

合わさる麺は、先日啜ったみっちゃん食堂@南区警弥郷→よっちゃん食堂に負けず劣らず、カナリの細麺&超柔揚げ。するするるるぅと口に収まり、ぷにゅーう、ぷにゅりんっと踊る食味が、あなタノシ。厚切りチャーシューと多めの白葱が、食感&味わいの好アクセント。こりゃ旨いねぇ、うんうん気持ちよいねぇと一気完食し、禁断の替え玉コール。卓上に置いてあった擂り胡麻をドバッと大量にふりかけ、しばらくスタイルでカッ喰らえば、コレまた旨しあな旨し。

丁寧な仕事の跡をソコカシコに感じる、ネオ滋味豚骨。まさか長崎でコレほど旨い正統派豚骨が啜れるとは…。ああだから、麺食べ歩きはヤメラレナイ。

【かんしゃく魂】
ラーメン600円+ランチタイム替え玉50円
長崎県長崎市岩川町4-3
11:30~13:30&18:30~25:30・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン69●中華麺16●うどん33●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 12:31 | Comments [2]

2012年05月09日 水曜日

●【中華麺】 小桃園@博多区綱場町

旧博多部、綱場町の外れに建つビルの1階、かつて老上海唐菜房が営業していた店舗に「本格中華料理」と染め抜かれた真新しい暖簾。おやおやいつの間に?と興味津々で入店すれば、午後1時前の店内はほぼ満席。

わずかに空いていたカウンター席に滑り込み卓上に置かれたランチメニューを見ると、定食が7~8種&我が目当ての麺は、担々麺、中華五目ラーメン、酸辣湯麺、パリパリ皿うどん、麻婆茄子麺、炒麺、辣炒麺、大肉麺に紅焼牛肉麺の9種類。「台湾チックな本格中華ラーメン」との分かったようでよく分からないキャッチコピーの紅焼牛肉麺や、「太デカ中華角煮が2枚、麺上に横たわる!」大肉麺などアレコレ惹かれるも、ナニせ根っからの酸味麺好き。で、結局薬局、酸辣湯麺。

待つことしばし、運ばれてきた酸辣湯麺は、モヤシのラー油和えとザーサイの小皿と、小ご飯が付いたセット仕様。うぬぬぅ、このスタイルは……。

ならばと、レンゲでスープを一啜りすれば、瞬間広がる「酸」と「辣」と、その奥にキチンと顔を出す鶏ガラだしの旨味。おそらく黒酢は使っていないのだろ、酸っぱ辛くはあるのだが、良くも悪くもクセのない、万人受けしそうな優等生なこの味わい。と言うことはと、箸で麺を持ち上げると、ピンポ~ン大当たりぃ、うどんのような太麺だぁ。

セット仕様のメニュー構成然り、優等生美味なきつめのアンとじ熱々スープ然り、極太麺然り、ナニからナニまで台北@中央区平尾の酸辣湯麺にソックリ似ているぞぉ。唯一の違いは具の少なさ。溶き卵や青菜も少量だし。うん?待てよぉ、台北にそっくりで、かつ具は少なめの酸辣湯麺て事は、ここは薬院の小桃園の支店なのかっ!

このエントリーを書くにあたりgoogleってみると、昨年の12月にオープンしたようだ。兎にも角にも旨し酸辣湯麺に我が酸っぱ麺好き魂がメラメラと再燃の兆し。酸っぱ辛い麺啜れば火もまた涼し。この夏は、いろんな店の酸辣湯麺巡りを楽しみたいぞっ!

小桃園】綱場町店
酸辣湯麺680円
福岡市博多区綱場町1−11
11:30~23:00 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン68●中華麺16●うどん33●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:12 | Comments [0]

2012年05月08日 火曜日

●【ラーメン】 よっちゃん食堂@南区警弥郷

大体なら前回惹かれたチャンポンのつもりが、カウンター席に着き思わず口から出たオーダーは「すんまっせぇ~ん、ラーメンば。麺?普通で。」

女性二人での調理&ゴマがふられて出てくるオペレーションも前回同様なれば、瑞々しい口当たりは昨日の未羅来留亭@早良区西新と同ベクトルながら、ふわっとあくまでも優しく柔らかく、かつコクのある、ビミョーな攻め所満載の技アリ&歴史アリ的滋味スープも、前回同様。いや、前回以上に上出来で、我が麺心はフラフラ&メロメロ。

合わさるも前回同様の細麺ストレートのカナリ柔揚げ。パミュパミュンならぬ、ぷにゅぷにゅ、ぷるるんな愛らし小悪魔系なるヒキがクセモン&ハマリモン!

冷蔵庫臭いガチコチなチャーシューが好アクセント、ナンちゃナイけどナンちゃ旨いのは未羅来留亭と同じなのだが、味わいのニュワンスは全く別物の、染み染み系豚骨に、yes! standing ovation !!

あぁドエラク旨かったなぁと、改めて壁に掲げてあるメニューをシゲシゲと眺めると、ラーメンやチャンポン、皿うどんのメニューと並び、牛ホルモン700円!ニラ玉子とじ400円!!餃子8個入り450円!!!チッキショ~、このイニシエ・ラ店でも是非ともラーメン酒じゃっ。

 

【よっちゃん食堂】
ラーメン500円
福岡市南区警弥郷3-3-6
11:00~20:00・日曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン68●中華麺15●うどん33●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 13:57 | Comments [0]

2012年05月07日 月曜日

●【ラーメン】 未羅来留亭@早良区西新

「定休日前日の月曜の未羅来留亭のスープはぽってり濃厚」との我が経験則、破れたり。今日の未羅来留亭のスープはいつもよりも増してナンとも瑞々しく、かつ、ほわんと広がるコクある甘みが、絶好調滋味!

合わさる麺は前回同様、スルスル系。細めながらもムチッと粘るヒキが楽しい、端正美人麺で、滋味スープと小粋にランデブーする様がナンとも楽し。前回は気のせいかと思ったが、こりゃ明らかに進化、おや深化してるぞ、未羅来留亭!

げんこつ@早良区田隈神@早良区有田の、ほっくり豚骨も旨いが、この瑞々し系深化豚骨もタマラン我がツボ。同じ豚骨でも、コレだけ違った旨みが楽しめる。げに奥深き豚骨ラーメンなり。

【未羅来留亭】
ラーメン400円+替え玉100円
福岡市早良区西新4-9-17
11:30~19:30・火曜日休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン67●中華麺15●うどん33●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離17km / 2012通年332km

Posted by heno at 12:41 | Comments [0]

2012年05月06日 日曜日

●【ラーメン】 ら-めん神@早良区有田

ソリャもうアッツ熱の口当たりと共にほっくりと広がるダシの甘みと、シュルッとコリッとネチッと旨い細麺と。そしsて、軽く炙られスモーキーに旨いもっちりチャーシューに、丹念に細切りされたキクラゲの小気味よい食感と。開店僅か1ヶ月の新店らしからぬ、超キッチリ丁寧な仕事の跡が燻し銀に映えまくる超王道豚骨ラーメンに心底惚れた。

10日ぶりに訪ねると、メニューが写真入りに変わっている。キッチリとサービスをブラッシュアップしている様が心強い。うん、次回こそラーメン屋酒も楽しみたいっ。

夜は家族で、とあるうどんチェーンの、とある店舗。順番待ちの出来る人気ぶりだが、注文は取り間違えるは、うどんは温いは&量も少ないはで、あんびりーばぼーなオペレーション。スメだけは異常に熱々だが、我が麺心は寒々と冷えまくり。

【らーめん神】
ラーメン500円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17?
不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン66●中華麺15●うどん33●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離17km / 2012通年332km

Posted by heno at 13:47 | Comments [0]

2012年05月05日 土曜日

●【ラーメン】 もとむら@佐賀県佐賀市

『軒』の高い残存率を誇っていた佐賀市だが、ここ数年減少傾向が著しい。昨年8月には一休軒本店が閉店し、今年1月には一休軒鍋島店も閉店。と思いきや、「らーめん もとむら」と屋号を変えて営業再開。

屋号が変われど、ラーメンは相変わらずのシミジミ滋味。佐賀×○によると、豚骨の膝関節の部分・ゲンコツでダシをとっているとのことだが、口当たりは至って優しく、ふわっと鼻へ抜ける心地よい豚骨の香りと、くいっと広がる瑞々しいダシの旨み。今日のスープは大当たりぃ!こりゃイイね、いやいや旨いねと、さらに一啜り、もう一啜り。

合わさる中細麺も、ドンズバドンズバ佐賀ラーメン。テロっと艶めかしい啜り心地然り、むにゅむにゅヤワヤワなコシ然り、滋味スープと相性良し。イイ感じに塩気を残したモチモチ・チャーシューと、チャーシューの下に奥ゆかしく潜ませてある白葱が好アクセント、ズルズルとズルズルと、シミジミと五臓六腑へ染み渡る旨さを、ゆるゆる楽しむ午後のシアワセ。

ああ旨かったとドンブリを見ると、「鍋島一休軒」の文字。佐賀ラーメンbotによると、屋号改名は「ちょっと哀しい大人の事情」とのこと。一休軒本店が昨年9月、広島で営業再開したことに関係するよな、しないような…。

【もとむら】
ラーメン550円
佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸1144-1
11:00~20:30・水曜休み(祝日の場合は翌日) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン65●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 11:46 | Comments [0]

2012年05月04日 金曜日

●【ラーメン】 桜木家@大野城市下大利

ぐっさんTwitterでその存在を知り、俺コレ!でその実体を知った桜木家。先月末にオープンしたらしき、二郎系ラーメン新店である。住所を頼りに訪ねると、西鉄下大利駅西口の雑居ビルの1階に「博多麺道楽 桜木家」と書かれた、手作り感溢れる木製看板。

全面ガラス張りの外観然り、白を基調とした広々とした店内然り、ナンともラーメン屋らしからぬ作りだが、入口には最近のラーメン屋お約束の食券販売機。麺は「桜木そば500円」を筆頭に「つけ麺600円」、「辛麺600円」、「まぜソバ600円」に「チャンポン550円」の5種類。そして肉や揚げネギ、キクラゲ、海苔などのトッピングに、チャーハンや肉めしなどのご飯類に、日替わり定食もアリ。

今やデフォルトのラーメンがワンコイン500円は割安感あり。なので、桜木そばに加え煮玉子トッピング100円の食券を買いカウンター席に着くと、注文を取りに来た店員より、麺の太さと野菜の量を尋ねられる。麺はモチロン極太麺、野菜の量はと指し示された張り紙を見ると、「通常150g・ダブル400g・トリプル800g」。二郎系お約束の「増し」や「増し増し」ではなく、ダブルやトリプルとの表現か。そう言えば「食べ終わった器はカウンター上の棚に上げてください」との張り紙も無いなぁなど思いつつ、ダブルをオーダー。

さてさて、どんな二郎と出会えるのか?と期待を胸にカウンター奥の厨房へ目を移すと若き男女2名。チャキチャキとそれぞれの仕事をこなす姿が心強いなぁと眺めていると、おやぁ?あの男性は島系本店で働いていた方ではないかぁ?かなりのベテランで舞鶴店博多麺業しまけいの立ち上げにも関わり、その勇姿が島系本店のHPに載っている、あの人にそっくりだぞぉ…??て事は、独立開業されたのか?それとも島系本店の新業態店なのか??

待つことしばし、運ばれてきた桜木そばは、こんもり盛られた太モヤシ&キャベツが男前。おっしゃ喰らうぞっ、戦闘開始とコレまた二郎系ラーメンを食べる時のお約束、箸で麺をほじくり出し、レンゲで押さえた野菜を混ぜ押さえる「天地返し」をすると、おやおやぁ随分と麺が少なめで、島系本店のラーメン小とほぼ同じ量か?

など思いつつ戦闘態勢完了、まずはスープと一啜りすれば、ぽたっと甘い豚骨醤油味のすぐその後に顔を出す味噌チックな後味が、2月に食べた島系本店舞鶴店とまんま同じ。ならば麺はとガッつけば、適度にガサゴソではあるが、ムチムチと食べやすくゴチゴチではない食味然り、縮れていないストレート麺&かなり黒みがかかった見た目然り、コレって自家製麺になる前の島系本店で出していた麺と酷似しているなぁ。そして、適度にキャベツが入った太モヤシとのブレンド比も、当時の島系本店チック。

スープの味わいは現在の島系本店直系、なれど麺や具の印象はかつての島系。かつ500円という安めの価格設定。うぬぬぅ、独立開業?島系本店の新業態店??ナンとも気になるが、ここは敢えて尋ねずにおこう。次回は島系にもあるつけ麺か、それとも島系にはないまぜソバorチャンポンを啜り、謎解きを楽しみたひっ。

【博多麺道楽 桜木家】
桜木そば500円
福岡県大野城市下大利1-13-8
11:30~ Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン64●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 12:12 | Comments [2]

2012年05月03日 木曜日

●【ラーメン】 げんこつ@早良区田隈

先日、らーめん神@早良区有田のラーメンを啜りながら、ふと啜りたくなった、げんこつのラーメン。神と同じく、マットな黄土色のスープ表面には脂は一切ナシ&イイ感じに気泡が浮いている。そして味わいのベクトルも神と同じ。豚骨髄の旨みがほっくりと広がるストロング滋味。神より更に濃密にダシが出ていて、うっはぁ、やっぱ旨いわ、げんこつは。無化調&ラードも一切使わないのに、いや使わないからこその旨さに、心底メロメロ。

神よりダシが濃い分、麺も太め。適度にアルデンテな揚げ具合も上々で、噛み込むほどに広がる小麦の風味とストロング滋味スープのコラボがタマラン、タマラン。あははぁ旨いウンウン旨いと一気に8割方平らげたところで、卓上の辛子高菜をトッピングすれば、ピリリとした辛味と高菜の酸味と渋味がコレまたストロング滋味スープに合いまくり。改めてゾッコン惚れ直しつつ、ほっこり完食。

佐賀ラーメンbotの「豚骨ラーメンは、元ダレの種類ではなく、出汁の種類が呼称となっている。味噌や醤油や塩と相容れないその成り立ちが、ヒマヤランの虹彩のように心をくすぐるのだ。」はナルホド納得の名言なり。豚骨ラーメンはダシが要と思い知る一杯に大感動しつつ、シアワセ気分で改めて卓上のメニューを眺めると、午後5時以降はホルモン焼きも食べられるのか?!こりゃ是非とも次回は夕方、チョイ飲みラーメンを楽しみたいぞっ。

【博多ラーメンげんこつ】
ラーメン500円(麺増量無料)
福岡市早良区田隈1-10-7
11:00~23:30・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン63●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 13:58 | Comments [0]

2012年05月02日 水曜日

●お麺なつぶやきダイジェスト

【そば】第一回 薬院・白金そば街道「はしご蕎麦酒しませんか?」開催。
【うどん】福岡市中央区長浜2-5に、とまと傳の新支店が営業開始。店頭にカレーうどんの看板。

【ラーメン】福岡市博多区博多駅前4-5-5、でびっとの跡に麺やダイニングこもんど、5月11日開店

【ラーメン】奉天本家@博多区中洲でランチスタートとのこと。黒、赤、白の三種の中華そばを680円から提供

【沖縄そば】福岡市東区馬出5-12-6の旭軒の向かいに、「由ら花」。 沖縄そばと博多唐揚、ちょい呑みの店

【ラーメン】セブンイレブンに期間限定麺「石ちゃんの野菜たっぷり!冷たい塩ラーメン」

【ラーメン】一竜軒@佐賀県唐津市5月1日、4日、5日が営業& 2日、3日はお休み

【うどん】麺蔵 ゆうのや@中央区荒戸1-4-21、チョイ飲みうどん新店が営業開始した模様

【ラーメン】伍ノ壱@早良区有田、平日限定替え玉1玉サービス。

【中華麺】熊猫食堂@早良区西新GWは5月3日から7日までお休み

【ラーメン】ラーメン仮面@中央区薬院、「しょう油ワンタン麺750円」と「焼きラーメン650円」を新発売。

【ラーメン】久留米ラーメン「清陽軒」が開店3周年記念キャンペーン開催

【チャンポン】福岡市早良区西新4-8-37、名代ちゃんぽん博多カナリ開店。

【うどん】北九州発うどんチェーン資さんうどんの福岡市内2号店が博多区諸岡にオープン。

【そば】芭蕉庵@北九州市八幡東区、GWの店休日は暦通り

【ラーメン】博多元助西通り店で元助流IH豚骨ラーメン販売開始

【うどん】大木戸@中央区舞鶴、カレーうどんの夏仕様 「カレーぶっかけうどん」発売。

Posted by heno at 23:34 | Comments [0]

●【ラーメン】 志士@北九州市小倉北区

豚骨博多の醤油ラーメン 北九州編その二

たまさかか?ソレとも確信か??北九州の醤油ラーメンは味力満点だぁ。

3年ぶりに啜る志士の醤油ラーメンは、同じく小倉北区で営業するぎょうざ家ひろに勝るとも劣らぬダシの旨さ。ひろがアレコレいろんなダシの団体戦なら、志士は鶏ガラらしき獣系のダシがメイン。啜った瞬間、ドバッと広がる艶めかしいダシの密なる味わいが、タマラン濃密。

合わさる麺は適度に柔揚げの中細麺。むちっと解ける愛らしいコシが楽し旨し。多めに盛られたシナチクと白葱が味わいの好アクセント。シャクッと&シャキシャキと、小気味よい食感&味わいのコラボが、にひひと我がツボ。

3年前、福岡同様に豚骨至上主義的食文化の北九州に、全くの独学で醤油&塩ラーメン店として創業。そして、先月開催された北九州ラーメンフェスティバルでは並み居る豚骨ラーメン店を押さえ、参加21店舗中4位に輝く。ちきしょ~、カッチョいいじゃないのぉ。よっしゃよっしゃ、次回こそ未食の塩をも啜らいでかっ。

らーめん志士
醤油らーめん550円
北九州市小倉北区中井2-11
11:00~14:00&17:30~23:00・日曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン62●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 14:12 | Comments [0]

●【ラーメン】 ぎょうざ家ひろ@北九州市小倉北区

豚骨博多の醤油ラーメン 北九州編その一

ウレシタノシの北九州出張。小倉北区の営業を前にサクッと昼麺、ズッと気になり続けていたぎょうざ家ひろで、宿題麺の醤油ラーメンを啜るのさっ。

JR小倉駅前の繁華街、小倉コレットにほど近い路地裏に、「ら~めん ぎょうざ ひろ」の赤い暖簾。午後1時半過ぎだというのに、外観から察するより随分とこぢんまりした店内は先客3名。そして、カウンター席に座りメニューを眺めていると、常連さんらしき年配女性の二人組も来店。こりゃナカナカの人気店のようだ。

常連二人組と店主らしき年配女性のかしましいトークを聞き流しつつ、壁の高い位置に設置された29インチHDテレビを眺めつつ待つことしばし。運ばれてきたラーメンはスキッと澄んだ醤油色のスープ&透けて見える中太麺&端正に盛られたネギとモヤシと海苔&イイ感じに黒胡椒がかかった豚バラ炙りチャーシューが、ベッピンベッピン!

まずはスープとレンゲで一啜りすれば、わぁお、なんじゃこりゃぁ~?!コレだけ醤油色がかったスープである。てっきり醤油ダレの旨みが舌にのるかと思いきや、、いの一番に顔を出すのは、ぶわんっと密なるダシの旨み。鶏ガラか豚骨か?獣系のダシに加え、昆布か削り節か煮干しか??魚介系の旨みにに香味野菜も加えてあるのだろうか??兎にも角にもナンとも豊かな色んなダシの旨みに、びっくらこ。醤油ダレはあくまでも調味料で脇役で、味わいの主役はダシ。

合わさる中太麺はイイ感じにガサゴソ、ボリボリな無骨タイプ。密なるダシ旨スープに負けず劣らずの存在感で、食べ応えアリ。とろんと煮込まれ、カリッと側を炙られたチャーシューも、エエ仕事してまっせぇ~的美味。「ぎょうざ家ひろ」との屋号から醤油ラーメンはやっつけかと思いきやさに非ず。キチンと作られた感アリアリの丁寧な一杯に、惚れ惚れ。

こりゃ是非とも屋号に謳われた餃子もビールと共に、喰らってみたひっ。うんうん、いつか高速バスで小倉入りし、飲んだくれ&啜りたくれしてみるかっ。

【ぎょうざ家 ひろ】
醤油ラーメン500円
福岡県北九州市小倉北区米町1-3-13
11:30~14:00&17:30~24:00・日祝休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン61●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2012年05月01日 火曜日

●【ラーメン】 拉麺空海@那珂川町松木

拉麺空海のグランドメニューがリニューアル。白、赤、黒、黄、緑、茶に青と、色とりどりのオリジナル・メニューがズラリと並ぶが、やっぱり気になる青豚骨。「五島列島の元気なアジを大量に使用しています。今、話題のラーメンです。」。おっしゃ啜るぞ、煮干し豚骨!

待つことしばし、運ばれてきた青豚骨のスープは、デフォルトの白豚骨より若干茶色がかっている。どらどらとレンゲでスープを一啜りすれば、グインッとドライブする鯵節の旨みと、ドスンッとパンチの効いた濃厚豚骨ダシのコラボ。後味にカキンッと金気さえ感じる=かなり大量の鯵節を使われているのだろうが、にぼにぼ感はない。あくまでも旨みとして濃厚豚骨ダシと融合調和したビューティフォ美味。

合わさる麺はデフォと同じく中細ストレート。濃厚魚×豚ダシスープの旨みを絡め取り、スルルと口に収まる様が小気味よい。もっちりチャーシューにコリコリキクラゲに加え、前回もらった無料トッピング券でお願いした煮玉子で、味わい七変化。うんうんいやはや、オモロな青豚骨。こりゃ他の色々ラーメンも気になるぞ。いっそのこと、BーダディのゆったりSAGA日記よろしく、全色制覇を目指してみるか!?

拉麺空海
青豚骨ラーメン600円+煮玉子50円(トッピング無料券使用)
福岡県筑紫郡那珂川町松木1-1
11:00~15:00&18:00~24:00・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン61●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 15:48 | Comments [0]