2012年05月04日 金曜日

●【ラーメン】 桜木家@大野城市下大利

ぐっさんTwitterでその存在を知り、俺コレ!でその実体を知った桜木家。先月末にオープンしたらしき、二郎系ラーメン新店である。住所を頼りに訪ねると、西鉄下大利駅西口の雑居ビルの1階に「博多麺道楽 桜木家」と書かれた、手作り感溢れる木製看板。

全面ガラス張りの外観然り、白を基調とした広々とした店内然り、ナンともラーメン屋らしからぬ作りだが、入口には最近のラーメン屋お約束の食券販売機。麺は「桜木そば500円」を筆頭に「つけ麺600円」、「辛麺600円」、「まぜソバ600円」に「チャンポン550円」の5種類。そして肉や揚げネギ、キクラゲ、海苔などのトッピングに、チャーハンや肉めしなどのご飯類に、日替わり定食もアリ。

今やデフォルトのラーメンがワンコイン500円は割安感あり。なので、桜木そばに加え煮玉子トッピング100円の食券を買いカウンター席に着くと、注文を取りに来た店員より、麺の太さと野菜の量を尋ねられる。麺はモチロン極太麺、野菜の量はと指し示された張り紙を見ると、「通常150g・ダブル400g・トリプル800g」。二郎系お約束の「増し」や「増し増し」ではなく、ダブルやトリプルとの表現か。そう言えば「食べ終わった器はカウンター上の棚に上げてください」との張り紙も無いなぁなど思いつつ、ダブルをオーダー。

さてさて、どんな二郎と出会えるのか?と期待を胸にカウンター奥の厨房へ目を移すと若き男女2名。チャキチャキとそれぞれの仕事をこなす姿が心強いなぁと眺めていると、おやぁ?あの男性は島系本店で働いていた方ではないかぁ?かなりのベテランで舞鶴店博多麺業しまけいの立ち上げにも関わり、その勇姿が島系本店のHPに載っている、あの人にそっくりだぞぉ…??て事は、独立開業されたのか?それとも島系本店の新業態店なのか??

待つことしばし、運ばれてきた桜木そばは、こんもり盛られた太モヤシ&キャベツが男前。おっしゃ喰らうぞっ、戦闘開始とコレまた二郎系ラーメンを食べる時のお約束、箸で麺をほじくり出し、レンゲで押さえた野菜を混ぜ押さえる「天地返し」をすると、おやおやぁ随分と麺が少なめで、島系本店のラーメン小とほぼ同じ量か?

など思いつつ戦闘態勢完了、まずはスープと一啜りすれば、ぽたっと甘い豚骨醤油味のすぐその後に顔を出す味噌チックな後味が、2月に食べた島系本店舞鶴店とまんま同じ。ならば麺はとガッつけば、適度にガサゴソではあるが、ムチムチと食べやすくゴチゴチではない食味然り、縮れていないストレート麺&かなり黒みがかかった見た目然り、コレって自家製麺になる前の島系本店で出していた麺と酷似しているなぁ。そして、適度にキャベツが入った太モヤシとのブレンド比も、当時の島系本店チック。

スープの味わいは現在の島系本店直系、なれど麺や具の印象はかつての島系。かつ500円という安めの価格設定。うぬぬぅ、独立開業?島系本店の新業態店??ナンとも気になるが、ここは敢えて尋ねずにおこう。次回は島系にもあるつけ麺か、それとも島系にはないまぜソバorチャンポンを啜り、謎解きを楽しみたひっ。

【博多麺道楽 桜木家】
桜木そば500円
福岡県大野城市下大利1-13-8
11:30~ Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン64●中華麺15●うどん32●そば18●その他16
◎5月の総ジョグ距離0km / 2012通年315km

Posted by heno at 2012年05月04日 12:12
コメント

閉店しました。

Posted by Orbit at 2013年07月15日 11:33

そのようですね。
ナンだかイロイロあったようで。
ちと複雑な気分です。

Posted by への at 2013年07月16日 21:38
コメントしてください




保存しますか?