2012年05月12日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

魚介ダシLOVE体質な我は、今日も発作的にニボニボ気分。んで、行徳家の期間限定麺、煮干しそばを再食。前回喰った時に、次回はトッピング野菜盛り×太麺でと決めていたが、コレがドンズバ大当たりぃ。

キャベツと太モヤシとニラの生野菜に、炒り子や削り節の佃煮に、ぶ厚く切られたチャーシューが、ドンブリから溢れんばかりにてんこ盛りなその勇姿に、萌え~(←古っ)。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ガインっとダシの効いた醤油スープに炒り子佃煮の甘みが映える、ナンともイイ感じにいなたいニボニボ甘醤油味に、一発フォーリン・ラブ。

おぉ~、ニボニボォ~!おっしゃおっしゃ、コレコレコレ!!ともんどり打って、むんずとと箸を突き刺し、具と共に太麺を掴み、ガバチョと口の中へ放り込めば、太麺のむりんむりんっと、佃煮のワニワニと、野菜のバリバリが、踊る踊る!けへへ、こりゃ楽しいわいっ、とガシガシ噛み込めば、太麺の全粒粉ならではの豊かな風味と、佃煮のニボニボと、野菜の甘みの味わいカオスが、ようこそ魔界迷宮へ。

途中囓る厚切りチャーシューが、適度にスイッチバック効果を果たし、口の中をリフレッシュ。次の一口が、また新たなるニボニボ二郎的悦楽魔界へと誘う、コレまたにトランス系。ガツガツ、ガツガツとカッ喰らっていると、ドンブリの底に卵形の鉄球が姿を現す。ナルホド、生野菜が入っているにも関わらずスープが一切冷めることなく、それどころか徐々にイイ感じに火が入ったかのように柔らかく&甘みが増していたのは、予めカンカンに熱した鉄球が潜ませてあったからなのか。味わいはモチのロンだが、そんな心配りがナンともウレシイ。煮干しがダメな人には地獄だが、煮干し好きには極楽極旨浄土な一杯に、至福なる午後。

行徳家
炒り子そば500円(期間限定)+野菜トッピング100円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん33●そば19●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 2012年05月12日 11:41
コメント
コメントしてください




保存しますか?