2012年05月16日 水曜日

●【うどん】 ゆうのや@中央区荒戸

今月上旬に中央区荒戸にオープンした「うどん麺蔵ゆうのや」は、一風堂薬院店の店長を務めた方が独立開業したという。午後1時過ぎに訪ねると、白壁&ナチュラルウッドのカウンター席のロハスにオサレな店内は、先客2名。うち1名は店主の知人なのか、カウンター越しの厨房で調理している若き店主と、親しげに会話している。

カウンター席に置かれたメニューを眺めると、温かけうどんが具のバリエーションで9種に、ぶっかけと釜揚げうどん。オススメマークも付いていることだしと、迷うことなく「土ごぼう天うどん580円」をたのむ。

オーダーすると、若き店主が釜にうどんを投入する。どうやら揚げたてうどんが食べられるのか!と喜んでいると、厨房奥から男性店員が、ゴボ天を運んでくる。大きめの皿に溢れんばかりにてんこ盛りされたゴボ天は、熱々サクサク。皿に添えたカレー塩で囓りつつ、うどんの出来上がりを待つ。

待つことしばし、腰高&切り立ち型のオサレなドンブリに盛られて、うどんが運ばれてくる。まずはスメと一口啜れば、すいっと広がるダシの風味と、キリリと鯔背なカエシの旨み。昆布よりも削り節のダシが勝った、小粋に華ある味わいがオサレに旨し。

そしてうどんもオモシロ美味。太めに打たれた効能か、にっちりと抗う強コシのすぐその後に、ほわんとソフトな柔ゴシが顔を出す変則2段ゴシが、楽し旨し。しばし素うどんを楽しんだ後、ゴボ天を投入したり、卓上に置いてある柚子胡椒を添えたりしつつ、ほっこり完食。

ゴボ天580円はカナリ高めの価格設定なれど、夜はチョイ飲みも楽しめるという。ならば、ゴボ天でチビチビ呑んで、〆にうどんを啜れば、値頃感もアリか。近々、ひやかけうどんも始めるとのこと。

道向かいには、同じくうどん屋の手打天神に加え、ラーメン&つけ麺&油そばの麺屋慶史に、休日昼は行列必至のスパゲティ屋らるきぃが営業。チョイ飲みうどん屋も加わり、この通りは麺天国ストリートやぁ。

【うどん麺蔵 ゆうのや】
土ごぼう天うどん580円
福岡市中央区荒戸1-4-21
不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン70●中華麺16●うどん35●そば21●その他16
◎5月の総ジョグ距離27km / 2012通年342km

Posted by heno at 2012年05月16日 13:36
コメント

への様、はじめまして。
『立呑処 越前屋』という食べ歩きブログをやっております、越前屋と申します。
いつも美味しそうで為になる記事を提供してくださって、ありがとうございます。
こちらのお店も、『一風堂』に勤務されていた方が店主さんとのことで、興味津々です。
近いうちに訪問したいと思います。

ところで今 気づいたのですが、
貴ブログのリンクに弊ブログを入れてくださっているのですね!
毎日のように拝見させてもらっているサイトだったので、非常に嬉しかったです。
重ねて御礼申し上げます。
当方でも貴ブログをリンクさせて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します m(_ _)m

Posted by 越前屋 at 2012年05月17日 10:30

越前屋さん
初めまして&ヨウコソ!
ナカナカに美味なるうどんでしたよ、ゆうのやさん。
徐々に色んなメニューも増えてきそうで
今後が楽しみデス。

貴ブログをジッとストーカーしておりました。笑
こちらこそ宜しくお願いいたしマス!

Posted by への at 2012年05月17日 21:30
コメントしてください




保存しますか?