HENO HENO: 2012年07月 アーカイブ

2012年07月31日 火曜日

●【酒】 ビアエア@博多区福岡空港

昨年から始まったビアエア。5月15日から9月30日までの期間限定で、福岡空港の送迎デッキがビアガーデン営業。暮れゆく夕陽に映える着陸機を眺めつつ、ジョッキを重ねる。いやぁ、コリャ思った以上に楽しいっすぅ。

昼はとある街の中華料理屋。チャンポンをたのむも出てきたのは皿うどん。店内はほぼ満席状態でエラク忙しそうなので、「あぁ、イイですよぉ。皿うどんをもらいましょう。」と頂くも、皿うどんを差し出すその時も&食べ終えて精算する時にも、オーダー違いを詫びる言葉は一切ナシ。繁盛店だし、忙しいのは分かるけどぉ、お母さん、そりゃナイぜぇ……。

Posted by heno at 18:56 | Comments [1]

2012年07月30日 月曜日

●【ラーメン】 麺道はなもこし@中央区薬院

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その九

うわぁ、コリャ旨ひっ、メッチャ旨いやんっ!

10ヶ月ぶりに啜る「麺道はなもこし」の鶏白湯ラーメンは、ひと味もふた味も進化&深化した味わい。まずスープ。トロンと円やかな口当たりとともに、ぶわ、ぶわぁ~とまったり広がる鶏ガラだしの密なる旨みと、後口をスキッとまとめ上げるタレの風味。おそらく丹念なスープ仕込みの成果なのだろう、濃厚なれど瑞々しいこの鶏白湯スープは、正に感動的。

合わさる麺は細めの柔揚げ。以前は硬揚げだったが、この深化美味なるトロトロスープには、柔揚げ細麺が大正解。コレデモかとスープを絡め上げ口に収まり、ぷにぷにとスープと一体になり解けていく様が、コレまた感動的旨さ。

そして鶏チャーシューがコレまた感動美味。胸肉だろうか?脂身や皮は一切無いのだが、もっちりと柔らかく、微かに生肉っぽいしっとり感も残る絶妙なる口当たり然り、噛むほどに広がる鶏肉の旨みと微かに調味されたタレの旨み。そしてフワリと香り立つのは柚子の風味か?コレをアテに焼酎飲みてぇ~~的、立派な一品料理である!

丁寧に細切りされた白髪葱とキクラゲが食感&味わいの好アクセント。スープ、麺、具、ソレゾレがしっかり旨くて、かつソレゾレの旨さを際立たせる、まとまり感も抜群の一杯に、心底感動しきりのシアワセな午後。

麺道はなもこし
鶏とろラーメン650円
福岡市中央区薬院2-4-35
11:45~14:30&19:00~22:00・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン110●中華麺28●うどん51●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 12:40 | Comments [0]

2012年07月29日 日曜日

●【ラーメン】 鶏白湯糀麺@遠賀郡遠賀町

遠賀町でご当地グルメ化が進む、米麺。町内の飲食店数店が米粉で作った麺料理を販売しているが、その一軒「鶏白湯糀麺」は同町のラーメン店「がんこもん」が手がける米麺料理店。今年の2月のオープン時から気になり続けるも、コース料理のみで、しかも事前予約が要るとの営業形態がハードル高くて未食だったのだが、先日福岡の東濃く腹に単品メニューでも食べられるとのリポートが上がる。最近めっきり鶏白湯気分の我、こりゃ是非とも啜りたひっ。

住所を頼りに訪ねると、店頭に「ラーメン550円 魚介と鶏ガラ豚背脂Wスープです ゆで玉子チャーシュー付き」の黒板アリ。おっしゃおっしゃ、確かに鶏白湯糀麺が単品で食べられるんだ!とウキウキ気分で入店。

ラーメンをたのむと、まずサラダが供される。ゆで玉子半個に、チャーシュー2枚にキャベツとキュウリに、ゴマ風味のドレッシング。パリポリ食べつつ、ラーメンを待つ。

ほどなくラーメンが供される。ドンブリギリギリまでナミナミと注がれたスープはイイ感じに透明感を残す醤油色。おや?こりゃ白湯というより清湯スープだなぁ??とレンゲで一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりとともに、軽やかに広がる鶏ガラダシの旨み。そして、ほんわりと広がるこの和テイストな風味は魚介ダシ?それとも具に添えられている天かすか??

麺はカナリ細めのストレートなれど、ぷにんと抗いにっちり解ける存在感ある食味がドエラク我がツボ。合わさる具は水菜、白菜、太モヤシ、カイワレ、ゴマに鶏ムネ肉。麺とともにアレコレ口に飛び込み、ソレゾレの食感と味わいで踊る様がエラク楽し旨しっ!

東南アジア的オリエンタル麺のようで、ジャパネスク的和ラーメンのようで。いやはやナカナカおもろ旨いっ!が、この麺はどう考えても米麺とは思えない見た目&食味だが??とカウンター越しに店員に尋ねると、「あぁ、これは普通の小麦粉の麺で、米麺は別にあります!」と、キッパリ笑顔で応えられる……?!

改めて冷静に考えてみると、店頭の看板にも「鶏白湯」ではなく「魚介と鶏ガラ豚背脂Wスープです」と記されていたし、メニュー名も「ラーメン」で「米麺」ではない。こりゃ完全に早とちり体質の我が勘違い、とこのエントリーを書くにあたりgoogleってみると北九B級食いまくりに、由緒正しい鶏白湯糀麺の写真を発見。

ありゃりゃぁ、こりゃ完全に別モンだぁ……!

コレはコレで十分旨かったけど、やっぱ鶏白湯が喰ってみたひっ。まんぼ亭@中央区赤坂のアジアンヌードルに勝るとも劣らぬ美味麺なのでは??!!あぁあぁ、いよいよ気になる気になるぞぉ……!!

【鶏白湯糀麺】
ラーメン550円
福岡県遠賀郡遠賀町今古賀520
11:30~15:00・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン109●中華麺28●うどん51●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 12:20 | Comments [3]

2012年07月28日 土曜日

●【ラーメン】 天下一品@筑紫野市塔原西

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その八

Today’s 鶏白湯デー。天下一品の筑紫野店がオープン記念日感謝祭で、来週月曜まで並ラーメンがウレシイ半額。ならばと久方ぶりに啜ってみると、おやおや?思いのほかあっさり味だなぁ……??

十数年前、ココからほど近い大野城市に天下一品の九州一号店がオープンした時に啜った一杯は、ソリャもう半端なくゴリゴリに濃厚な口当たりだった記憶があるが、今日のスープは普通にチャンと美味。鶏ガラと11種類の野菜からとるスープは工場で一括生産され各支店に配達されると聞いた。味のブレなどあるはずもなし。て事は、単なる貧乏舌の思い違いなのだろうな。

そして、それよりナニヨリ驚いたのが麺の長さ。麺を啜ろうと箸で摘むもナカナカ解けず、箸でほぐして持ち上げてみると長さ1m弱はありそうな超ロング中太麺。ズビズバと啜ってみると、その長さゆえかスープの絡みがすこぶる良好。そして、まるで韓国麺のようなビヨンビヨンと跳ねるコシ。あれれぇ、こんな麺だったっっけぇ??と浦島太郎気分でズルズル啜る。

天下一品】筑紫野店
並ラーメンこってり325円 ※感謝祭価格 7月27日~30日
筑紫野市塔原西1丁目3-2
11:00~25:00・無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン108●中華麺28●うどん51●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 12:26 | Comments [0]

●【ラーメン】 城@大野城市南ヶ丘

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その七

鶏清湯スープがウリの「博多塩ラーメン 城」の期間限定メニュー「鶏白湯ラーメン」。イイ感じに白濁したスープは、ポテッと広がる鶏白湯らしいクリーミーな旨みは想定内だが、一足遅れて顔を出すスッキリと瑞々しい旨みは魚介系のダシの成せる技か?!そしてコノくせある独特な旨風味は焦がしネギ油か??!!x密なれどフレッシュ。コレまたユニーク&オモロな味わいに、鶏白湯スープの奥深さをヒシヒシと実感。えん舞の頃からどこか和テイストなラーメン作りが得意な若き店主だが、その本領を発揮しマクリの味わいに、深々感服。

合わさる麺は塩ラーメンと共用か?細めながらもパリンッと小気味よく弾けるコシと噛み込むほどに広がる素朴な小麦感が、鶏白湯スープと同等に渡り合うほどに存在感アリ。具の鶏肉チャーシューも皮が炒め焦がしてあり、コレまた存在感アリアリ。滋味に旨い海苔やシナチク、唐辛子の糸切りが好アクセント。シンプルなようで、その実アレコレ味わいの変化が現れマクリの力作一杯に、大満足。

博多塩ラーメン 城
鶏白湯ラーメン700円 ※7月27日~29日限定販売
福岡県大野城市南ヶ丘5-1-31
11:00~21:00・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン107●中華麺28●うどん51●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 12:05 | Comments [0]

2012年07月27日 金曜日

●【うどん】 小倉肉肉うどん@北九州市小倉北区

北九B級食いまくり記によると、北九州市小倉は最近再び、どぎどぎうどん新店開店ラッシュ。アチコチに小倉肉うどんを出す店がオープンしているようだが、その中の一軒、「小倉肉肉うどん」。どぎどぎうどんの聖地である小倉南区北方地区のすぐお隣、小倉北区の南丘に今月6日にオープン。

簡易なテーブル席に、奥の厨房との仕切りはDIY店で売っていそうな木製ブラインドと、なんとも手作り感溢れる店内。なのに卓上に置かれている蘊蓄書きには、「フランス料理」や「高級」という単語でどぎどぎうどんを説明されている。

メニューはどぎどぎうどんが並と大の2種と至って潔し。並が650円は相場からすると100円増しの印象だが、「フランス料理」的な「高級」どぎどぎうどんなのだるか?

ほどなく運ばれてきた「ほほ肉うどん(並)」は、どぎうどんからすると醤油色が薄めのスメと、かなり大切りのほほ肉がゴロゴロのっているのが印象的。まずはスメと一口啜れば、味わいは正に見た目通り。味わいの芯は、どぎうどんならではのダシと醤油カエシの芳醇なる旨みなれど、すいっと軽やか。最初から盛られているなおろし生姜も手伝って、すきっとスマートなスメである。

合わさるうどんはおそらく製麺所製の茹で置き。ほわんと柔ゴシなれど、かなりの太打ち&あれこれ食味を演出する粉をほとんど使っていないのであろう、素直&素朴な味わいで、どぎうどんスメと相性抜群。

そして特筆すべきは牛ホホ肉の旨さ!余分な部位を丁寧に掃除した後、きっちりと煮込まれた結果であろうか?もっちりと解け、かつ肉自体の旨みも十二分に残り、適度なコラーゲン感もあり、しかも大切りで食べ応えも十分。あぁ、こりゃ旨いなぁ、うししうししと一気完食。

いやはや新どぎうどん店ならではの、イイ感じに新しさも感ずる一杯でアル。これでどぎうどん店お約束の切り干し大根糠漬けが卓上に置いてあれば。そして、一味も粉末ではなく鷹の爪の粗切りが置いてあれば。

【小倉肉肉うどん】
肉うどん(並)650円
福岡県北九州市小倉北区南丘1-24-1
11:00~21:00・木曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン106●中華麺28●うどん51●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 13:44 | Comments [0]

2012年07月26日 木曜日

●【ラーメン】 こっとん@大分県竹田市

大分県竹田市へ日帰り出張。午後からの打ち合わせを前に、やっほぉ~昼麺!ずっと気になりマクっていた「こっとん」へ向かう。

住所を頼りに訪ねると、竹田湧水群のひとつ河宇田湧水の隣に、目指すこっとんを発見。地元住民が営む農産物直売所「コットン水車の会」が、博多一風堂の力の源カンパニーの指導の下、今年の4月に開店させたラーメン店である。

コットン水車は、1999年に開設され、地元住民らでつくるコットン水車の会(河野京一会長、50人)が運営。直径約4メートルの水車がシンボルで、新鮮な野菜や加工品を店内に並べている。河宇田湧水には年間を通じて水くみ客が訪れ、店内にも立ち寄ったりしているが、近年は会員の高齢化などにより、品数が減り、売り上げも減少していたため、運営の見直しが求められていた。
一方、力の源カンパニーは2009年、竹田市久住町に農業生産法人「くしふるの大地」を設立して野菜生産などに取り組んでいる。竹田の名水、豊富な食材に着眼し、同社の特長を生かして地域活性化につながればと中華そばの店を提案した。 【以上、大分合同新聞社より引用

待つことしばし、運ばれてきた中華そばは、濃い醤油色スープが竹田ブラック。こりゃ旨そうだっ!と期待を胸に一口啜れば、アッツ熱の口当たりとともにキュインッと広がる醤油ダレの風味と、ふっくら膨らみ感のある鶏ガラらしきダシの旨み。おそらく野菜もアレコレだしに使われているのだろうか?なんとも豊かな味わいに、思わずむふふと頬が緩む。

具はチャーシュー、鳴門、ホウレン草に、大分県の名産である椎茸と、地消地産を意識した盛りつけ。薬味として添えられた刻みタマネギが好アクセント。シャキッと甘辛い味わいが濃い味醤油スープをリフレッシュ。

そしてナニヨリ麺が旨い!すこぶる旨いっ!!中太のちぢれ麺はおそらく自家製か?ビチビチ踊りつつ口に収まる触感然り、噛み込んだ時のむっちりと抗うコシ然り、解ける時の弾力感あるヒキ然り、噛み込んだ時のなんとも豊かな小麦の風味然り。侍@山口市の麺を彷彿とさせる旨さに、もうメロメロ。

いやはやナンとも旨い一杯だった。またこの近くに来た時は、昼麺はココこっとんで決まりっ!

竹田の中華そば【こっとん】
中華そば580円
大分県竹田市入田字石原19
11:00~20:00・水曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン106●中華麺28●うどん50●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 12:25 | Comments [2]

2012年07月25日 水曜日

●【沖縄そば】 琉そば@博多区博多駅前

JR博多駅前の「博多塩らぁめん えん舞博多店」跡に、今年の6月開店した「沖縄麺処 琉そば」。博多経済新聞によると、沖縄旅行をメインに取り扱う旅行代理店フジ・ツーリスト・プラザが手がける新業態店なのだとか。
店頭には食券販売機。沖縄そばは豚バラ肉がのった「沖縄そば650円」に、ソーキ肉がのった「ソーキそば600円」に加え、おそらくそのどちらものっていないのであろう「かけそば400円」の3種。我にとって、沖縄そば=ソーキそば。で、ソーキそばのボタンをポチリ。

琉球ポップ・ミュージックが流れる店内で待つことしばし、運ばれてきたソーキそばは、イイ感じに白濁したスメ然り、しっかり煮込まれたであろうソーキ肉然り、ナカナカの面構え。ほうほう、こりゃイケルかも?!と期待を胸にスメを啜れば微かな酸味さえ感ずるほどにキンキンに利いた魚介ダシと、一足遅れて顔を出す豚骨らしきダシのほっこりした旨みが、やっほーウチナンチュ度高し!

沖縄の製麺所から直送で取り寄せているという中太平縮れ麺も、ビロビロと踊りつつ口に収まる啜り心地然り、むにんっと抗うコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な風味然り、ビバ・ウチナンチュ!!見た目通りにシッカリ煮込まれたソーキ肉もコラーゲン感アリアリの、もっちり美味。こりゃイイねぇ、がっつりウチナンチュ気分やねぇと、卓上の紅ショウガやコーレグースで味わいの変化も十二分に楽しみつつ、一気に完食。

このエントリーを書くにあたりgoogleて見ると、Facebookホームページを発見。8月からは島カレーそばなる新商品も発売になるという。であれば是非とも我が好物のトーフそばや中身そばも発売して欲しいぞぉ。

沖縄麺処 琉そば
ソーキそば600円
福岡市博多区博多駅前2-11-16
11:00~20:00・日祝休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン105●中華麺28●うどん50●そば21●その他22
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 15:12 | Comments [0]

2012年07月24日 火曜日

●【うどん】 大名麺通団@中央区大名

先月末にたまさか行き着いたブログでその存在を知った、大名麺通団の鶏つけ麺。昨年秋に福岡麺通団で啜った「鶏きのこつけめん」はドエラク旨かった。ならば是非とも啜りたひっ!と思い続けていた宿題麺。

鶏きのこは釜揚げ温うどんのみだったが、鶏つけは温 or 冷を選べるオペレーション。なにせ外はうだるような暑さゆえ、迷わず冷うどんをチョイス。

ほんわか温かいつけ汁には、鶏肉に加え味付玉子半個に、柚子皮入り。ポテッと甘めの鶏ダシ味と、冷太うどんのムチムチ・コラボ。鶏きのこより随分甘めの汁ゆえに、おろし生姜を大量投入し、卓上の一味の援軍も得つつ、ズビズビっとカッ喰らう快感さ。そして〆は、冷うどんでさめたつけ汁にレジ近くのサーバーから温熱スメを注ぎ入れ、ほっこり啜る。セルフうどん屋ならではの贅沢な〆に、ほっこりと。

ナニヨリ驚いたのがうどんの旨さ。今年2月のオープン時に啜った時も旨かったが、今日のうどんもカナリのもの。サクッと歯が通るも、むっちりと抗い、そして再びサクッと解ける三段ゴシの食感然り、噛み込むほどに広がる小麦感然り。こりゃ福岡麺通団より大名麺通団の方が一枚上手か?それとも単なる偶然か??はたまた単なる貧乏舌の思い違いか……???次回は休日午後に、この2店を連食してみるのも、また一興!?

大名麺通団
鶏つけ麺(大)550円
福岡市中央区大名1-11-4
11:00~25:00(日曜11:00~23:00)・不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン105●中華麺28●うどん50●そば21●その他21
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 13:54 | Comments [0]

2012年07月23日 月曜日

●【ラーメン】 シフク@博多区榎田

ブラン・ニューな否豚骨ラ店、シフクでデフォルト・メニュー「塩らぁめん」。気持ち濁った鶏ガラスープは清湯というよりライト鶏白湯。なれど、その味わいはフレッシュッ・フレッシュッ・フレ~~シュッ(←夏の扉 by またも再婚した、いつまでも元気な松田聖子調で)鶏スープ。コレ正に、若々しい瑞々しさと鶏ガラ由来のぽっこり旨さと、この独特なるキレある風味はオリジナルの香味油の成せる技か?

合わさる麺も然り。おそらく前回の鶏白湯らぁめんと共用であろう中太縮れ平麺はコリッと弾けるも、その後はもっちりと粘り感ある食感が、ドコでもアリそで、その実唯一無二的ユニークな味わいが、オモロオモロ。

白銀に輝く白髪葱とザク切りの葱の青い風味が好アクセント。途中、卓上に置かれた柚子胡椒も加え味の変化も存分に味わいつつ、シュルシュル、ずびずば、一気完食。

イヤハヤこれまた旨し。なれど、前回の鶏白湯らぁめんの重層的まったり美味と比べると、我が麺好き嗜好からすると、ちと旗色悪し。わうか50円高ならば、次回は迷わず鶏白湯らぁめんさぁ!!

【らぁめんシフク】
塩らぁめん550円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~20:00・日曜休み Pなし
すぐ近くにコインパーキングあり、違法駐車は止めましょう。

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン105●中華麺28●うどん49●そば21●その他21
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 17:50 | Comments [0]

2012年07月22日 日曜日

●【うどん】 どが肉うどん@筑紫野市針摺東

最近ラーメンよりうどんにエラク反応する我が麺心。まして言わんや小倉南区の隠れご当地うどんである「どぎどぎうどん」の新店が、ナンと筑紫野市の大型ショッピングモール内にオープンしたとか。コリャ是非とも啜らんわけにゃぁイカンでしょう!

毎度毎度の福岡新麺店情報王つぶやきでその存在を知った「どか肉うどん」。住吉と薬院で肉料理屋を営むかがみグループの新業態店が、今月12日にゆめタウン筑紫野にオープン。

麺メニューは「肉」or「どか肉」or「肉なし」×うどん or そばと、ズバリどぎどぎうどん店のラインナップ。トッピングは、どぎどぎうどん店お約束の肉ダブルと玉葱天に、大えび天やゴボ天、かきあげ、わかめ、玉子もラインアップ。

壁には「どか肉うどん 五箇条のこだわり」。肉や出汁、麺に加え、生姜と唐辛子の蘊蓄が書かれているが、文面に「どぎどぎうどん」や「小倉肉うどん」の文字はナシ。どぎどぎうどんは「どぎ肉うどん」と呼ばれることもあるが、どぎどぎうどんをベースにオリジナル・アレンジしたのが「どか肉うどん」と言うことなのか。

ほどなく運ばれてきた肉うどんは、透明感ある真っ黒のスメ×ゴロゴロのった角切りの牛スジ肉と、最初から盛られたおろし生姜が、まんまどぎうどん。卓上に置かれた鷹の爪をパラリと振りかけ戦闘準備完了。

まずはスメと一啜りすれば、熱々の口当たりとともにスイッと広がるダシの旨み。蘊蓄書きにもあった鰹節や鯖節に加え、干し椎茸だろうか?どぎうどんならではの密なる旨みを濃口醤油のカエシがキュッとまとめる本格美味。

合わさる麺は気持ち太めの自家製手打ち麺。午後2時前のアイドルタイムだからであろう、茹で置きで少し草臥れてはいるが、むっちりと解けるコシに素性の良さを感じるぞぉ。そして牛すじ肉ももっちりと炊かれていて、臭みも皆無。さすが肉料理屋ならではの仕事の跡を感ずる上出来美味。

スメ、うどん、具としっかりと作り込まれた感をビシバシ感じる、どぎうどん。価格は580円と本場小倉相場の550円より若干高めだが、この味わいならノープロブレム。次回は、揚げたてうどんにありつける確率の高い、開店間際に再訪だっ!

せっかく筑紫野市まで来たのだからと、足を伸ばして小郡市の「うどん一秀」へ。

店の駐車場に掲げられた「肉肉うどん」=どぎどぎうどん?と
気になり続けていた宿題店。

なれど、出てきた肉うどんはスライス肉の普通の肉うどん。

【どか肉うどん】
肉うどん580円
福岡県筑紫野市針摺東3-3-1 ゆめタウン筑紫野1階
11:00~22:00・無休 Pあり

【博多うどん一秀】
肉うどん500円
福岡県小郡市大板井1448-8
11:00~20:00 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン104●中華麺28●うどん49●そば21●その他21
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 13:57 | Comments [0]

2012年07月21日 土曜日

●【ラーメン】 らーめん神@早良区有田

次男の中体連区大会の応援に行く道すがら、らーめん神でサクッと昼麺。トロンとイイ感じ白濁したスープ然り、コリッと弾ける細麺然り、丁寧に細く切り揃えられたキクラゲ然り、もっちり旨いチャーシュー然り。4ヶ月前にオープンしたてとは到底思えぬ、安定感抜群のこっくり豚骨に、ほっこり。

【らーめん神】
ラーメン500円
福岡市早良区有田5-1-17
11:30~15:00&18:00~22:00
(日祝11:30~15:00&18:00~21:00)・月曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン104●中華麺28●うどん47●そば21●その他21
◎7月の総ジョグ距離14km / 2012通年378km

Posted by heno at 11:56 | Comments [0]

2012年07月20日 金曜日

●【つけ麺】 行徳家@南区野間

コレぞ創作麺名人の面目躍如的、かの名作「野菜ポタージュつけ麺」が今夏も期間限定販売開始!店主ブログによると「覚えてるだけでもキャベツ、人参、玉葱、南瓜、馬鈴薯、茄子、トマト、ウォーターミント、ローリエ、クローブ、レモン、バージンオイル、大根」などの様々な野菜と、朝倉の古処鶏のコンソメで作ったというう冷え冷えの野菜ポタージュに、全粒粉で打った冷え冷え太麺をたぷたぷ潜らせずるると啜れば、冷ややか口当たりとともに広がるナンとも芳醇なる野菜ポタージュの甘みに、もうメロメロのメロリンキュゥ。

昨年も徐々徐々に進化&深化していった野菜ポタージュつけ麺だが、今夏バージョンは昨年よりもカボチャのほっくりとした甘みが立ち更にマイルド!なれどクールミントの効能か、後味はあくまで涼やか。フローズン・トマトを箸で割り、ポタージュに溶かし入れれば、トマトの酸味と青味で更なる旨さが顔を出す、重層七変化美味。

今月24日からはファミリーマートとコラボしての「冷やし塩レモンラーメン」も発売になるという。こりゃ今夏も行徳家にハマリっ放しか!

行徳家
野菜ポタージュつけ麺700円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン103●中華麺28●うどん47●そば21●その他21
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 13:28 | Comments [0]

2012年07月19日 木曜日

●【中華麺】 まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その二

熱と辛味で暑を制す!とたのんだ咖喱(カリー)高菜ラーメンだが、スープを啜るとアラ?ビックリ!ふわっと広がるカレー粉のオリエンタルな風味を底支えする、ナンとも旨い鶏ガラ・スープと、高菜をシッカリと炒めた香味油の風味抜群なる甘み。「カレー=辛い」な世間常識は甘い甘い、ウチのカレー中華麺はもっと深く、旨く、甘いよぉ~と、ニンマリ笑う店主の姿は、ナゼかスーパーマリオに似ていると思うのは私だけであろうか?!

麺の気持ち柔揚げ具合も優し深みスープと相性抜群。しっかり炒められた高菜のジャクジャクと柔らかい食感と相まって、ナンとも我がツボ。「咖喱高菜」なる派手な味わいを思わせるメニュー名とは真逆の、ほんわりと旨い癒し系な味わいをゆるゆる楽しみ、6割ほど食べ進んだところで卓上の酢をたらしてみると、ほんわりがスイッと締まりコレまた旨い、旨いっ。ならばと9割方食べ進んだところで更に卓上のラー油をたらすと、ありゃりゃシマッタぁ、コレじゃフツーのピリ辛ラーメンだぁ。あな奥深き中華麺の味力に感心しきりで、ズルズル完食。

汁麺全制覇まで、残り21麺。

黄金の福ワンタンまくり
咖喱(カリー)高菜ラーメン550円
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00準備中)・月1回不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン103●中華麺28●うどん47●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 11:44 | Comments [0]

2012年07月18日 水曜日

●【うどん】 薫@中央区警固

うだるような暑さに耐え、ナンとかカンとか午前中の仕事を無事終了。あぁ、たまらん、冷たい麺が啜りたひっ、と薫に転がり込む。

今年の1月にオープンした、讃岐うどん薫。先日店の前を通りかかると「冷やしかけうどん始めました」とのウレシイ張り紙を発見。

讃岐ではポピュラーな冷たいうどんを冷たいスメで食べさせる、冷やしかけうどん。熱い身体をクールダウンさせるのに最適なる、我が最愛なる讃岐うどんの食べ方。

店の方に薦められるままにたのんだごぼう天冷やしかけうどんは、三つ葉と焼きカマボコが添えられた、見るからに涼やかな冷やかけうどんに、別皿でてんこ盛りのゴボ天かき揚げに、想定外の天つゆまで付いた豪華版。

まずはスメと一啜りすれば、冷や冷やの口当たりとともに、ふわりと広がるダシの旨味。気持ち甘めの優しい味わいがスイッと喉を滑り、五臓六腑に冷え冷え染み渡る様が心地よい。

かなり太打ちのうどんも冷や冷や。スルスルと口に収まり、くにっくにっと抗う猛烈なコシが心強い。太いうどんが冷や冷やだけに、噛んで飲んでも冷たいまま胃に落ちていくので、コレまた冷え冷え、冷え冷え、気持ちイイ~~!

想定外だったのがゴボ天。直径25センチ高さ10センチほどの巨大な笹がきゴボウかき揚げに、温かい天つゆまで付いた超豪華版なのはウレシイが、まず量が多すぎるし、揚げたてかき揚げを温かい天つゆで食べると、せっかく冷やしかけうどんでクールダウンした我が身が、再びメラメラと熱くなる。コリャいかんと、天つゆで4分の3まで一気に食べ終え、残り4分の1を冷やしかけうどんにのせ、ナンとか完食。

とは言いつつも、冷やかけうどんはすこぶる美味。量も十二分にあって、かけなら350円で食べられる。次回は迷わず冷やかけうどんオンリーで、冷え冷えうどんを楽しみたひっ。

【讃岐うどん薫】
ごぼう天冷やしかけうどん520円
福岡市中央区警固2-15-20
11:00~15:30&17:30~21:00・火曜休み(火曜が祝日の時は翌日) Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン103●中華麺27●うどん47●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 12:31 | Comments [0]

2012年07月17日 火曜日

●【うどん】 穂の音@中央区笹丘

今月2日にオープンした「うどん穂の音」。西長住の居酒屋「よしむら」が業態変更した新う店である。ナゼか最近の福岡市はうどん屋の開店ラッシュ。その一軒として興味津々ゆえ開店間際に訪ねるも、満席&厨房は大忙し状態だったので諦めたのだった。

オープン半月を経て少しは落ち着いただろうかと訪ねると、午後1時半を過ぎているというのに店内は3割方客で埋まっている。そしてカウンターには如何にも常連らしき年配客がビールを飲みつつ、カウンター越しに若き店主と会話を楽しんでいる。わずか半月ですっかり顧客が付いたのか?!大した人気ぶりである。

カウンター席に座りメニューを見ると、うどんは温かけうどんと冷ぶっかけ、釜玉の3種×それぞれに具のバリエーションが6~7種。牛すじ肉とごぼうを煮込んだ具がのるという「牛すじ肉うどん680円」に惹かれるも、初う店はゴボ天。

注文が通ると茹で釜に生麺が投入され、ごぼう天が揚げ始められる。うどんも具も揚げたてを提供するオペレーションなのか。ナルホドだがら開店間もない前回はドタバタと追っつかずゴッタ返していたのか。

待つことしばし、お盆にのせてうどんが供される。うどんは量多めなれど妙にスメが少なめなのが印象的。別皿に盛られたゴボ天は茶色の皮付き&見るからにガリガリな揚げ具合が期待大。

まずはスメと一口啜れば、まったり広がる昆布ダシらしき濃密滋味。おそらく大量の昆布を一晩以上水に着け入念にダシをとってあるのだろうか、ねっとりした昆布の粘度さえ微かに感じるフルスロットル優し&ストロング美味。

合わさるうどんは中太麺。揚げたてながらもイイ感じにヤワヤワ、ぷりんぷりんなコシから察するに目一杯多加水麺か?昆布ダシのスメとの組み合わせの印象はネオ博多うどん。なれど、ナゼか異常に麺腺が超ショート。なので、箸で掴みつつ、かつ溢れぬようにレンゲで掬いつつ喰らえば、結果スメの絡み具合が密になり、ナンとも優し&ガッツリ系なこの食味は LIKE A 久留米荘@久留米市

別皿で供されたゴボ天は見た目通りのガリガリ美味。美味ごぼうならではの濃密な土臭い風味がタマラン、タマラン。こりゃ濃密同士、うどんにブッ込んでカッ喰らうのが正解だっ!とうどんに投入し、ズルズル、ガリガリ、ズル、ガリリィと一気完食。

昨今オープンの新う店のほとんどがチョイ飲み営業を取り入れているが、メニューを見た限りでは、この新店はトコトンうどん屋で勝負する模様。元居酒屋だけにチョイ飲み営業はお手の物であろうに、敢えてのうどん専科営業。その潔い心意気に惚れ惚れ。

【うどん穂の音】
ごぼう天うどん480円
福岡市中央区笹丘1-31-2
11:00~15:30~17:00~20:30・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン103●中華麺27●うどん46●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 13:34 | Comments [0]

2012年07月16日 月曜日

●【ラーメン】 翠蓮@城南区堤

1ヶ月ぶりに訪ねると、店頭に「国産小麦とタピオカ麺」なる碧い幟が新設されている。そして麺メニューも全メニュー解禁販売。そして麺の量も、つけめんは200g・250g・300gから、ラーメンは150g・200gから選択可能に。はならば、塩らーめんを200g&味玉付きで。

相も変わらずアッツ熱の口当たりのスープは、スイッと広がる様々なダシの瑞々しい甘みとふわりと鼻へ抜ける魚介ダシの風味。昨日の塩ベジタンメン@麺場元次と味わいのベクトルは同じだが、熟成感が魅力の元次に対し、イイ感じに暴れん坊感のある静かな迫力が、翠蓮の魅力。前回啜った醤油らーめんもあっさり仕上げだったが、この塩味の方がよりダシの旨味をストレートに楽しめる気がするぞぉ。

麺も相変わらず美味。中太のぷりんぷりん食感を200gたっぷりと楽しめる。正直ロートル麺喰いオヤヂにとって200gはチト量が多すぎてハードなのだが、さりとて150gでは普通に美味しいだけで終わってしまいそうで。ガッツリと喰った感も翠蓮の醍醐味。

オーソドックスなようで、新しい。ナンちゃナサそうでナンかアル。ナンとも好きデス翠蓮のらーめん。おっしゃ、全メニュー制覇だなっ!

  • こってり豚骨魚介らーめん
  • こってり豚骨魚介つけめん
    • つけめん 750円
    • 味玉つけめん 850円
    • 特製つけめん 950円
  • あっさり醤油らーめん
  • あっさり塩らーめん
    • 塩らーめん 580円
    • 味玉塩らーめん 680円
    • 特製塩らーめん 780円
  • 辛い麺類
    • 辛辛らーめん 850円
    • 辛辛つけめん 880円
  • まぜそば
    • 汁なし担担麺 850円
    • ガーリックまえそば 850円

【中華蕎麦 翠蓮】
味玉塩らーめん680円
福岡市城南区堤1-10-25
11:00~14:30&18:00~22:00・不定休(7月は10.17.23.28) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン103●中華麺27●うどん45●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 12:33 | Comments [0]

2012年07月15日 日曜日

●【ラーメン】 麺場元次@中央区薬院

今月から昼営業を再開した麺場元次。前回啜った時にググッと気になったランチメニューのひとつ、塩ベジタンメンは、我が期待を遙かに上回る超ウルトラ美味美味美味~~!

まずスープが旨い。熱々の食感とともに、優しく広がる鶏ガラらしき円やかな甘みと、ふわりと鼻へ抜ける魚介ダシの風味。それぞれが己の旨さを雄弁に語りつつ、決してケンカすることなく互いの旨さも褒め称え合う、饒舌熟成美味。一昔前に流行ったWスープとは明らかに一線を画する、深みのある芳醇な味わいに、我が麺心は一発メロメロもメロリンキュゥ。

そして麺も具もドエラク旨いっ。キャベツに水菜、ネギ、スイートコーン、オクラ、キクラゲに、自家製ドライプチトマトと、ベジタンメンの名に恥じる事なくイロイロと盛り込まれた野菜に、チャーシューが大判切りとサイコロ角切りカリカリ炒めの2種。合わさる麺は中太平麺。ムチッと存在感ある食味が、様々に盛り込まれた具に負けるとことなく、食感と味わいのハーモニーを奏でるシンフォニー美味美味美味。そして、あははぁ、こりゃタマランなぁと食べ進んでいると、ふわっと顔出すこの風味は柚子皮か?そりゃもうとことん旨いタンメンに、ふと若き店主の修業時代の名作中華そばを思い出しつつ、一気完食。

昭和からラーメンを啜ってきたロートル麺喰いオヤヂには、ラーメンで650円はかなり高価。なれど、コレほど様々な食材を使い、かつ手間暇も十二分にかけて、かつコレほど美味しく作られたこの一杯が650円は、超格安感あり。もう少し値上げして、ちゃんと利益も取ることで無理のない営業を継続し、ずっとこの味を提供し続けて頂きたい。

【麺場元次】
塩ベジタンメン650円
福岡市中央区薬院4-2-12
11:30~15:00&19:00~29:00 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン102●中華麺27●うどん45●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 13:14 | Comments [2]

2012年07月14日 土曜日

●【ラーメン】 島系本店@南区野間

野間四つ角から南へ200m、以前はうどん缶だった店舗に島系本店の野間店が本日開店。入口横の食券販売機にはラーメンが具のバリエーションで数種に加え、「期間限定1」や「期間限定2」など気になるボタンもあるが、なにせ本日オープン=初ラ店はデフォルト、我が島系本店のデフォ=ラーメン小550円と野菜大盛り100円のボタンをポチリ。

こぢんまりした店内はうどん缶の頃と同じレイアウト。カウンター席に座ると壁に張り紙あり。麺が以前の普通麺、極太麺に博多細麺が加わり3種類からチョイス&博多細麺のみ替え玉も出来るように。あの二郎系ラーメンを細麺で食べるとどうなるのか?と一瞬惹かれるも、初ラ店はデフォルト、我が島系本店デフォ=極太麺をオーダー。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、ドカンと大盛りの野菜と肉厚チャーシューがダイナマイト!そしてナニヨリ、目一杯茶色のスープが見るからに濃い濃い!!こりゃカナリの強者だぞぉ、とレンゲでスープを一啜りすれば、ぐいぐいんっと押し出し感ある豚骨ダシの旨味。微かな酸味さえ感じる程にドエラク濃厚な力強い味わいを醤油ダレが納める技アリ美味。

よぉし、ならばカッ喰らうぞぉ。箸をドンブリの底まで突き刺し麺を掴み、レンゲで茹で野菜を溢れぬように押さえつつ、ぐりんぐりんと天地返しし、臨戦態勢完了。極太麺と茹で野菜をともに口へと放り込めば、ワニワニ抗う極太麺に、パリパリ、バリバリ跳ねる茹で野菜。このガッツリ喰らう咀嚼感こそ島系の味力。コレデモかと随分濃い目のスープに、茹で野菜もキャベツの比率が多め=バリバリ感が強めで、喰い甲斐のあるガッツリ食感が、気合い十分。途中、卓上の胡椒と一味で味わいの変化も楽しみつつ、一気盛んにガツガツ瞬食。

近隣には100円ラーメン勝龍軒赤のれん野間店ラーメンさかえ。半径100mに計4軒の、それぞれに個性的なラーメン屋が営業するラーメン・パラダイスが誕生。

【島系本店】野間店
ラーメン小550円+野菜大盛り100円
福岡市南区野間1-6-17
7月16日までは11:00~18:00
7月17日(火)より通常営業
11:00~15:00&17:00~22:00・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン101●中華麺27●うどん45●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 12:04 | Comments [7]

2012年07月13日 金曜日

●【ラーメン】 シフク@博多区榎田

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その六

毎度毎度のことながら、福岡新麺店情報王に誘われ、今週11日にオープンしたばかりの、らぁめんシフク。住所を頼りに訪ねると、福岡空港脇の工業団地の一角に真新しい看板と開店祝いの花々。

入口脇には食券販売機。筆頭ボタンは「塩らぁめん550円」。事前情報では鶏ガラベースの塩ラーメンがウリとのことなので迷わずボタンを押した後、改めて他のボタンを見渡すと、わぁお「鶏白湯らぁめん600円」?!最近めっさ鶏白湯ブームの我、「すんませぇ~ん、塩らぁめんの食券を買ったんだけど、鶏白湯に変えてクダサーイ。」

店内はホールに対し厨房の位置が異常に低いユニークな作り。カウンター席から見下ろしつつ、コレって厨房の位置が異常に高い麺場元次@中央区薬院の逆バージョンやん、など思いつつ待つことしばし。運ばれてきたラーメンは見るからにトロントロンな白濁スープがドエラク濃厚鶏白湯!

こいつはイケそうだぜぇ~!!とレンゲで一啜りすれば、ソリャもうトロントロンな口当たりとともに、まったりと広がる鶏ガラダシの密なる甘み。外連味は一切ナシ。コレ全て鶏で御座い的、狂おしいほどに濃密で、かつ円やかな旨味がワイルド&マイルドざぜぇ~~!!!なにせコチトラ水炊きを産湯に育った真性鶏好き、こりゃタマラン、あははタマランとさらに一啜り、もう一啜り。

合わさる麺はかなり太めの縮れ麺。ビチビチと踊りつつ口に収まるタノシ触感と、コキッ&クニッと抗う無骨食感のコントラストが愉快、愉快。厚めに切られた鶏肉チャーシューと粗切りされた白葱が、キチンと味わいの変化を演出。飛び道具的演出は一切無いが、きちんとアレコレ美味しい工夫がなされたネオ王道なる極旨な一杯に、ナンとも幸せな午後のひととき。

一幸舎店主ブログによると若き店主は博多新風出身とのこと。そしてスタッフ求人サイトには『店名の由来は「私服で食べにきて、至福になる!」ラーメンを愛するオーナーが食べ歩きの末辿り着いた塩ラーメン。製麺も行う本格派です。博多で1番の塩ラーメンを一緒に作りませんか。』とのコピー。確かに若き店主の情熱をソコカシコに感じる一杯である。うっしゃ、コリャ是非とも近々再訪し、一押しメニューの塩らぁめんも啜らねば!

【らぁめんシフク】
鶏白湯らぁめん600円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~20:00・日曜休み Pなし
すぐ近くにコインパーキングあり、違法駐車は止めましょう。

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン100●中華麺27●うどん45●そば21●その他20
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 13:02 | Comments [0]

2012年07月12日 木曜日

●【cupmen】 鶏白湯ブームなのさぁ

「野菜の旨みを利かせた濃厚な鶏白湯塩ラーメン!!」
なるパッケージのキャッチコピーに惹かれるも、………。
うぬぅ、JAROに訴えるぞぉ~~………。

ならば鶏白湯うどんや如何に?と啜った
どん兵衛の金の鶏だし塩うどんは
鶏ガラの旨みがイイ感じ!
イイぞ日清!がんばれニッポン!!

つけ麺生みの親である「山岸一雄監修」なるキャッチフレーズは
今さら感アリアリで期待薄。
なれど専用の小麦粉から作り上げたという極太冷麺は
コンビニ麺とすればナカナカの力作。
魚介ダシの利いた冷つけダレでカッ喰らえば、冷や冷や度満点。

Posted by heno at 03:10 | Comments [0]

2012年07月09日 月曜日

●【ラーメン】 一八ラーメン◇長崎県松浦市

伊万里湾の福島の小さな漁港。その入口に、陽にやけて白っちゃけた看板と暖簾がナンとも昭和な、一八ラーメン。暖簾を潜ると、午後1時前の店内は先客4名。そのいずれも、如何にも地元の漁師らしき、屈強な身体が真っ黒に日焼けした男達。カウンター奥の厨房には、年の頃70過ぎの老夫婦。調理服をきちんと着て、寡黙にそれぞれの仕事をこなしている。

カウンター席に座り壁の高いところに張られたメニューを見ると、麺がラーメン、チャンポン、皿うどん、焼きそばに、ホルモン焼き。先客同様にホルモン焼き&ビールが楽しめればさぞや極楽だろうが、午後からも目一杯仕事がある。ググッとこらえ、ラーメンをたのむ。

店の片隅に積まれたスポーツ新聞をめくりつつ待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残すスープときちんと盛られた具に旨さを予感。こりゃ大当たりか?とレンゲでスープを一啜りすれば、スイッと軽やかな口当たりとともにふわりと優しく広がるダシの旨味。香味野菜を多く使っているのだろうか?柔らかな甘みの奥に豚骨由来のほっくりとしたコクが、ナンとも滋味なるイニシエ美味に、我が麺心は一発めろりんきゅぅ~。

麺は中細ストレート。気持ち柔らかめの揚げ具合が滋味スープと相性が良い。チャーシューはイニシエ・ラ店には珍しく、冷蔵庫臭さは全くナシ。塩気強めの調味加減とキシキシとした食感が優し滋味スープに良く映える。キクラゲもキチンと細切りされていて、鮮度の良い太モヤシと相まって、コリコリ、シャキシャキと楽し旨し。

ナンちゃナイけど、チャンと旨い昭和ラーメンが未だ現存する島の暮らし。どうやら跡継ぎはいらっしゃらないようだが、いつまでもいつまでも元気でこの味を守ってくださいと心で感謝しつつ、店を出る。

【一八ラーメン】
長崎県松浦市福島町塩浜免2167
11:00~23:00・木曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン98●中華麺27●うどん44●そば21●その他19
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2012年07月08日 日曜日

●【ラーメン】 天天ノ有@糟屋町大隈

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その五

「白湯」とは唄わぬモノの、店頭テントに「鶏がら正油ラーメン」の文字。ココ天天ノ有こそ、博多鶏白湯ラーメンの祖なのかも?

一見白濁豚骨の醤油ダレ=豚骨醤油チックなスープなれど、一口啜ればライトながらも濃密曲者美味な鶏ガラ特有の旨味が鶏好きオヤヂの麺煩悩を直撃。合わさる麺は中太麺のプリプリと楽しい食感に浮かれつつ、具のチャーシューのキシキシ硬い食感にも惹かれつつ。うっとり完食。

【天天ノ有】
ラーメン500円+替え玉100円
福岡県糟屋郡粕屋町大隈409
11:00~23:00・木曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン97●中華麺27●うどん44●そば21●その他19
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 14:18 | Comments [0]

2012年07月07日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

全メニュー巡礼その二の二、期間限定麺

あちゅちゅぅ~、コレまたヤレれたぁ、ヤラれマクッたぁ~!!

アッツ熱の口当たりとともにトロンと広がるあんとじスープは、キュイッ、フワッと広がるイタリアンな優し甘酸っぱいこの味わいはバルサミコ酢由来か?加えて、しゅわっと鮮烈に広がるトマトのフルティーな甘みと酸味。そして、それらをシッカリと底ざさえする鶏ガラだしの、確かな旨味。

げへへぇ、こりゃ想定以上の力作酸っぱスープだぞぉ!と、ウキウキ気分で麺を手繰れば、出たぁ~、行徳家の伝家の宝刀、太さ違いをゴチャ混ぜ麺。細めから中太、極太扁平と、アレコレ太さの異なる麺を一緒に茹でることで、ソレゾレ異なるコシと風味が目一杯楽しめる、タノシ、ウレシ、ウマシ!!

合わさる具も抜かりナシ、メニュー名にもあるトマトを筆頭に酸辣湯麺お約束の溶き卵のトロンとした甘みと、チャーシューも恐らくコノ期間限定麺仕様の特製か?トロトロあんとじスープとすこぶる相性が良い、適度にガサゴソな食味に、若き店主の創作麺思考回路の素晴らしさを実感。

うん、コレ正にメニュー名通り。ドコからドウ食べても「トマトとバルサミコ酢のサンラータン麺」なり。コノ手の創作系ラーメンは往々にしてアイデアに持って行かれて、味わいのベクトルが迷走してしまう一杯が多々あるが、コイツは迷いなし。瞬間イタリアンなれど、結果チャンとラーメンしている。絢爛豪華なようでスキッと芯の通った潔い様こそ、うんうん、こりゃ名作創作ラーメンなり!

行徳家
トマトとバルサミコ酢のサンラータン麺700円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン96●中華麺27●うどん44●そば21●その他19
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 22:09 | Comments [0]

2012年07月06日 金曜日

●【試作麺】 まんぼ亭@中央区赤坂

夜はまんぼ亭で、牛ツラミや豚ヒモを溶岩で焼きつつ、ポッピー・ブラック。タレは塩胡椒と辛味噌ダレの2種類。肉が新鮮なだけに、そのものの味がストレートに生きる塩胡椒の方が断然旨し。コリコリ、クニュクニュ咀嚼しつつ、シュワッとポッピー。うへへ、コリャ旨いね旨いね!と、中だけ追加し、シュワシュワワァ~。

〆は近々発売したいという試作麺は、いわばオリエンタル皿うどん。思いっきり手打ち感溢れるうどん大の麺に、牛すじ肉やニンジン、ピーマン、タマネギ、ジャガイモなどを炒めた具えオリエンタル風味のピリ辛味に仕上げた具が、こんもり。

店主曰くモンゴルの麺料理をアレンジしたのだとか。きっと牛すじ肉を羊肉に変えると、独特の曲者風味がもっとモンゴル、モンゴルしてオモロ旨いのだろうが、そんなクセモノを好むのはほんの一部の好きモノだけで、きっと一般ウケせず売れないのだろうなぁ、など語らいつつ、ウォッカをクイッ。あな極楽なる麺屋飲みよ。

【まんぼ亭】 
試作麺
福岡市中央区赤坂1-9-18赤坂門市場内
11:00~15:00&17:00~23:00(土曜は夜営業のみ)日祝休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン95●中華麺27●うどん44●そば21●その他19
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 19:39 | Comments [0]

2012年07月05日 木曜日

●【うどん】 うどんや ごりあん@中央区警固

ナゼか知らねど、最近の福岡は新う店の開店ラッシュ。しかも、万平@城南区に始まり、ゆうのや@中央区荒戸に昨日のうどん日和@中央区六本松と、これまでのうどん屋とはひと味違った個性がそれぞれに魅力的な店ばかり。となれば、当然気になるのが、福岡新麺店王情報で知った「うどん穂の音」@中央区笹丘と、ここ「うどんや ごりあん」@中央区警固。住所を頼りに訪ねると、警固本通り沿いの雑居ビルの1階。3~4店舗が軒を並べる一角に、通りに大きく門戸を開いたオープンカフェ風なコジャレた店構え。

ボサノバのBGMが低くなる店内の奥に長い壁沿いのカウンター席に座り卓上のメニューを見ると、うどんは筆頭が「冷たいうどん」の「ぶっかけ」で、『温かいうどん」の「かけうどん」、「カレーうどん」に「かま玉うどん」と続く。

「冷たいうどんに特製のつゆをかけてお召し上がりいただきます。当店自慢の麺のおいしさを一番お判り頂けると思います。」とのコピーが書かれたぶっかけを啜るべきか?うんにゃうんにゃ、680円とカナリ高めの価格だが、我がうどん喰いセオリーに忠実に、新う店はゴボ天うどんでイッテみよう~。

ほどなく運ばれてきたうどんは、イイ感じに澄んだスメから湯気とともに立ち上るダシの芳しき香り。うへへぇ、コリャどえらく旨そうだ!と小躍りしつつ、付いてきた木製のレンゲで一啜りすれば、熱々の口当たりとともにふっくらと豊かで、かつスイッキレあるダシの旨味。枯れ節を使ってあるのだろうか?ナンとも懐深いダシの旨さに、思わずむふふと頬が緩む。

かなりの太打ちうどんも、エッジが反り返った見た目からして、旨さを確信。ズズッと啜れば、するるぅと艶っぽく口に収まる触感然り、噛んだ時のむっちりと解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦の風味然り。太打ちうどんならではの旨さを遺憾なく発揮しマクリの上出来美味。

別皿で供されたゴボ天も揚げたてゴリゴリで風味抜群。コレまた別皿で供された薬味に葱に加えおろし生姜も添えてあるところもドンズバ我がツボ。ゴボ天含め、アレコレ都度都度ドンブリに添え、味わいの変化も十二分に楽しみつつ、ズルズル完食。

ゴボ天うどんで680円は超高価なれど、この旨さだし、うどんの量もかなり多めで食べ応えもあるので、十分納得価格。チョイ飲みも楽しめるようだし、次回は休日昼過ぎ、うどん屋酒など楽しみたひっ。

【うどんや ごりあん】
土ごぼう天うどん680円
福岡市中央区警固2-11-10
11:30~14:30&17:30~22:00・火曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン95●中華麺27●うどん44●そば21●その他18
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 13:44 | Comments [0]

2012年07月04日 水曜日

●【うどん】 うどん日和@中央区六本松

油山観光道路から梅光園団地へと入り込んだマンションの1階に、白を基調にしたコジャレた外観の「うどん日和」。今週月曜にオープンしたばかりの新う店である。

生成りの暖簾を潜ると、午後1時前の店内は7割方客で埋まっている。空いていたカウンター席に座りメニューを見ると、うどんは温かけとぶっかけが、具のバリエーションでそれぞれ7~8種。写真の入れ方や、気持ち高めの価格設定や、ちく玉ぶっかけを押している当たりが、志成@中央区大手門と相通じるモノを感じつつ、温かけうどん+ちくわ天をたのむ。

厨房奥には姉弟らしき男女ふたり。男性が麺を揚げ、女性が揚げ物を担当するオペレーションは豊前裏打会チック。ホール担当は女性二人。うち、若い女性は男性の奥さんだろうか?コジャレた店なれど、家族で頑張ってます的雰囲気が居心地良し。

カウンターの壁に貼られた「当店は注文が入ってからうどんを茹でますので、少々お時間をいただきます」との張り紙通り。待つことしばし、運ばれてきたうどんは、しゅっと麺腺が通ったハンサムボーイ。かけうどんに三つ葉がのってくる&別の小皿で葱が供されるオペレーションは、まんま志成

まずはスメとドンブリを抱えズズッと啜れば、そりゃもう半端なくアッツ熱な口当たりとともに広がる昆布ダシらしき滋味なる旨味。志成のスメようなリッチ感とは対極のシンプル・イズ・ベスト的リーン滋味。

合わさるうどんも然り。志成よりは随分細めで、量も少なめ。すべすべの啜り心地とともに口に収まり、噛み込んだ時のねっちりと解けるコシが実直美味。おそらく演出系の粉はほとんど使っていないのだろう。噛み込むほどに広がる小麦の素朴な風味が、ほのぼの旨し。

ちくわ天もかなりドデカで喰い応えあり。なれど、すり身の魚貝の旨味がチト物足りない気もチラホラと。カウンター上部には日本酒のミニチュアボトルが並べられていることから察するに、夜営業はチョイ飲みも楽しめるということか?ならば次回は、オペレーションが落ち着くであろう数ヶ月後の夜。

【うどん日和】
かけうどん400円+ちくわ天100円
福岡市中央区六本松4-4-12
11:30~15:00&17:30~21:30・火曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン95●中華麺27●うどん43●そば21●その他18
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 12:56 | Comments [2]

2012年07月03日 火曜日

●【ラーメン】 海鳴@博多区中洲

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その四

海鳴中洲店の期間限定「極濃鶏白湯ー貝」は、とろんっと艶っぽい口当たりとともに、まったりと広がる鶏白湯の密なる甘みと、ほわんと顔出すアサリ貝の旨味とニンニクの風味。店主ブログによると鶏ガラ派老鶏とくるぶしを使っているとのことだが、ナルホドこの存在感あるとりの旨味はくるぶし由来か?狂おしいほどに広がる濃密鶏味に、一発めろりんきゅぅ~。

合わさる麺は中太平麺。濃密スープをねっとりとまとわせつつ、ズルルと口に収まり、むっちりと解ける様がタマラン、タマラン!噛み込むほどに広がる小麦の風味もデリシャス、デリシャス!!具はぷっくらと身の太ったアサリと鶏肉。誤解を覚悟で例えるならば、ヴォンゴレ・スープ・パスタ フェトチーネのオリエンタル仕様。そして、具の青梗菜と飛べるとチャイニーズに、更に大判の海苔を溶かし入れれば和風にと、アレコレ味わいを七変化。その度ごとにコレでもかと押し寄せる猛烈なる旨さの波状攻撃に酔いしれつつ、ズルズルと啜る。

 

海鳴】中洲店
極濃鶏白湯ー貝750円 (期間限定 7月2日(月)~7月7日(土))
福岡市博多区中洲3-6-23
18:00~30:00・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン95●中華麺27●うどん42●そば21●その他18
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 20:43 | Comments [0]

2012年07月02日 月曜日

●【ラーメン】 麺場元次@中央区薬院

今日から麺場元次が待望の昼営業再開。ナンというグッドタイミング、昼過ぎからの打ち合わせが元次から直線距離で200mのところである。コリャ打ち合わせ前にズズッと啜りに行くしかないでしょう!

ランチメニューは「若醤トンコツ550円」、「塩ベジタンメン650円」、「大醤魚介トンコツ650円」に「特濃魚介つけ麺 並750円」の4種。それぞれプラス50円で白飯付き、さらにプラス50円で餃子4個が付くサービスセットもあり。塩ベジとしばし迷い、大醤トンコツをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、チャーシューが大切りとサイコロ切りの2種に葱も輪切りと白髪葱の2種に大判の海苔が端正に盛られた、おご馳走美人。美人麺にハズレなし、こりゃ期待できそうだとレンゲでスープを一啜りすれば、キチンと熱々の口当たりとともに、ぽってり広がる鶏ガラ×豚骨の甘みと一足遅れて顔を出す魚介ダシの風味。巷にアリガチな魚粉感ザラザラのスープとは一線を画するクリーミーな口当たり。なれどシッカリと魚介ダシが効き鶏ガラ×豚骨の甘みの輪郭をくっきりと描き出す様に、若き店主の丁寧な仕事の跡をビシバシ感じる力作美味。

合わさる麺は極細麺。とろみのあるスープと目一杯絡みながら、シュルシュルと口に収まる様がナンとも愉快&コキコキを弾けるコシと小麦感ある味わいがドカンと我がツボ。具のチャーシューも大切りはノーマルだが、サイコロ切りはカリッと揚げ焼きにしてあるので、味わいのバラエティがコレまた愉快。卓上に置いてある胡椒と一味をそれぞれ少量ふりかけ更なる味わいの変化も十二分に楽しみつつ、ズルズル完食。いやはやナンとも旨かったぁ。こりゃ早々に塩ベジ啜りに再訪だっ。

【麺場元次】
魚介大醤トンコツ650円
福岡市中央区薬院4-2-12
11:30~15:00&19:00~29:00 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン94●中華麺27●うどん42●そば21●その他18
◎7月の総ジョグ距離0km / 2012通年364km

Posted by heno at 12:00 | Comments [2]