HENO HENO: 2012年09月 アーカイブ

2012年09月30日 日曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

期間限定麺「海老づくし麺」。まずはスープと一口啜れば、コレ正に海老。一見茶色がかったスープは醤油味かと思いきや、ナンのソノな目一杯きいた海老香味油&海老ダシを鶏ガラと思わしき堅実なダシの旨みが際立たせる海老味。あまりの海老さ加減に、思わずムフフと頬が緩む。

そして麺も正に海老。店主ブログによると「数種の干し海老、焼き海老を練り込み」数日間熟成させたという麺は、茶色がかった生地に黒い斑点が見てとれる、あたかも粗挽き蕎麦チックな見た目。ドラドラと一啜りすれば、シュルルゥと収まる口当たり然り、おそらく練り込まれた干し海老&焼き海老の成せる技か、噛んだ時のポキポキ、ポロポロと解けるコシ然り、共に広がる芳ばしい旨み然り、コレって誤解を覚悟で例えるならばどん兵衛そば的、ぽくぽく食感と共に豊かに広がる海老の風味然り、海老海老。

そして合わさる具も「麺と同じ生地を幅広くカットし熟成させたのちに揚げました」。コレって「桜一旦木麺」から派生した仕上げ方か?まずはそのままと一囓りすれば、ガリガリっと小気味よい食感と共に芳ばしく広がる海老海老海老。ならば次はスープにつけて食べ進めば、徐々にヘナヘナと変化する食感と、その風味がスープに映り旨みのグラデーションが、コレまた旨し楽し。

前作の「鍋巴伊府麺」も随分と手の込んだ創作麺だが、この海老づくし麺も勝るとも劣らぬ力作&名作。かつての同じ職場で働いていたという立ち呑み二代目@西新の店主の行徳家店主評は、「あの人は天才です。いろんな料理を、ふと思い付き、ちゃんと美味しく仕上げる天才です」。早くも次作が待ち遠し~ぞぉ。

行徳家
海老づくし麺730円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン139●中華麺34●うどん63●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離117km / 2012通年502km

Posted by heno at 11:41 | Comments [0]

2012年09月28日 金曜日

●【チャンポン】 つる荘@八女市新代

早朝からの八女市での仕事を終え、久方ぶりに「つる荘」で昼麺。正午半の店内は作業着の親父客でほぼ満席。奥の厨房からクンクンと香り立つ豚骨臭に思わずラーメンを頼みそうになるも、前回食べたし今日はチャンポン!

底の浅いドンブリに山高に盛られた具が、見た目からして正統イニシエ。恐らくラーメンのスープを共用して作っているのだろう、イイ感じに透明感を残す白濁スープに旨さを確信しつつレンゲで一啜りすれば、あっさりと広がるダシの旨みと、様々な具から滲み出す円やかな甘み。

うんうんコレコレ!これぞ正統イニシエチャンポンの味なのよと小躍りしつつチャンポン麺を啜れば、気持ち細めながらもポワンポワンと優しく踊る心地よいコシと、様々な具の食感と味わいのハーモニー。特に丸天、赤カマボコ、ちくわの練り物3兄弟がグッド・ジョブ。うんうんコレコレ!コレなのよぉ~と、ウレシウマシ大好き!

ここつる荘はラーメンあり、チャンポンあり、うどんありの食堂系イニシエ名店なり。どこぞのブログで見た記憶があるが、ここの店主は久留米の「久留米荘」出身なのだとか。となると、次回は是非ともうどんを啜らねばっ。

【つる荘】
チャンポン550円
八女郡広川町大字新代1879-1
11:00~20:30・木曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン138●中華麺34●うどん63●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離95km / 2012通年480km

Posted by heno at 12:32 | Comments [0]

2012年09月27日 木曜日

●【うどん】 大名麺通団@中央区大名

今月末までの「ひんやりうどんフェア」の一品である「辛ぶっかけ」は、冷うどんのぶっかけにラー油がかかり、具はキュウリ、茗荷、大根おろしに桜エビ。プラス、カウンターに置いてあるネギとおろし生姜も添えてカッ喰らえば、ぶりんっぶりんっと踊るうどんと、様々な具の食感と味わいでソリャもう味わい祭りぃ~。あたかも盛岡じゃじゃ麺を冷麺にして、さらにぶっかけで喰っちゃいました味わいが、あなオモロ。

大名麺通団
辛ぶっかけ370円 ※9月末までの期間限定メニュー
福岡市中央区大名1-11-4
11:00~25:00(日曜11:00~23:00)・不定休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン137●中華麺33●うどん62●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離95km / 2012通年480km

Posted by heno at 12:05 | Comments [0]

2012年09月26日 水曜日

●【ラーメン】 まんぼ亭@中央区赤坂

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その十

幾度か訪ねるも巡り合わせが悪く、啜ることが出来なかった「まんぼ亭」の「とりダシらーめん」は、キチンと熱々のスープがソリャもう旨いのなんのっ!鶏白湯ならではの密なるダシの旨みとペタペタと心地よいコラーゲン感ある後味×豚骨チックな心地よいキレも併せ持つ、技アリ美味。

合わさる麺は極細ストレート。するると口に収まり、コキコキ折れるコシ&その度広がる豊かな小麦の風味がコレまた我がツボ。そして、もっちり旨い滋味チャーシューと、丁寧に細かく切り揃えれた多めのネギのシャクシャク食感とピリピリ辛味に、大判海苔の磯の香り。

メニューには「麺はちぢれの細麺 コクあっさりの鳥すーぷ おすすめの一品!!」とのキャッチコピー。スープの件は納得だが、ナルホド店のお薦めは「ちぢれ細麺」だったのかぁ。ストレートでも十二分に旨かったが、ならば是非とも近々ちぢれで再食か!

【まんぼ亭】 
とりダシらーめん500円
福岡市中央区赤坂1-9-18赤坂門市場内
11:00~15:00&17:00~23:00(土曜は夜営業のみ)日祝休み Pなし

Posted by heno at 12:11 | Comments [0]

2012年09月25日 火曜日

●【ラーメン】 張@南区大橋

豚骨博多の醤油ラーメン その四十六

西鉄大橋駅西口の飲食街の一角に「中国菜酒茶家 張」の看板。福岡新麺店情報王の呟きで、ずっと気になっていた宿題店。店のHPによると、「張記」@東区箱崎の姉妹店として昨年4月にオープンしたようだ。

午後1時過ぎ、外観から察するより随分と広い店内は、ほぼ満席状態。その大半は女性客。JAZZのBGMが流れる中、ゆっくりと女子会ランチを楽しんでいる。「らっlしゃいまぁせぇ~。」と独特のイントネーションで迎えてくれた店員全てが、どうやら中国人。運ばれてきた水はレモンの風味が効いているし、中国の方が営む中華料理店とすると、随分とオサレな店作りである。

待つことしばし、運ばれてきた中華そばも然り。イイ感じに澄んだ醤油色のスープに、丁寧にまとめ盛られた中太縮れ麺が透けて見える。更に、気持ち厚切りのチャーシューやシナチク、白髪ネギが山高に盛られていて、ナンともオサレな美人麺。

まずはスープと一口啜れば、キチンとアッツ熱な口当たりと共に密に広がる濃い味わい。見た目はジェントルながら、味わいはかなりワイルドだなぁ~。シュルシュルと口に収まり、プリプリ踊る麺は、ドンズバ我がツボ。ならばスープは調味液と割り切り、麺のみをシュルシュルと啜るに限る。

中国菜酒茶家 張
中華そば500円
092-552-1616
福岡市南区大橋1-23-25 サンアートビル1F
11:30~15:00&17:30~22:00・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン137●中華麺33●うどん62●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離95km / 2012通年480km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2012年09月24日 月曜日

●【ラーメン】 麺屋慶史@中央区大手門

豚骨博多の醤油ラーメン その四十五

「麺屋慶史」の新メニュー「中華そば」は、期待以上の超ウルトラ真っ黒黒助のブラック・スープ。アッツ熱の口当たりと共に、すいっと広がる醤油ダレの風味と、一足遅れて顔を出す鶏ガラらしきダシの旨みが素朴に旨しっ。同じくブラック系の「奉天本家」の「中華そば」の様な脂の甘みは皆無。気持ち辛めの醤油ダレと、ほんのり甘いダシの旨みのシンプルな味わいが、ググッと我がツボ。

合わさる麺は中太ストレート。ホリホリと折れる強コシがオモシロい。スープとさほど絡まないので、辛すぎることなくワシワシと喰らう。具は厚切りのバラ肉チャーシュー。ムチムチと弾力のある存在感ある食味で食べ応えアリ。

華美な演出は一切ナシ、シンプルにググッとガブリ寄ってくるストロング・タイプ。未だ啜ったことのない我が憧れラーメンである「冨山ブラック」はこんな感じの味わいなのか…?など思いを馳せつつ、ズルズル啜る。

麺研究所【麺屋慶史】
中華そば 600円 ※1日限定20食
福岡市中央区大手門3-7-6
11:00~23:00・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン136●中華麺33●うどん62●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離95km / 2012通年480km

Posted by heno at 12:10 | Comments [0]

2012年09月23日 日曜日

●【うどん】 丸亀製麺@早良区賀茂

久方ぶりに福智山に登ろうと朝7時に家を出るも、昨日15キロ走ったせいか、ドエラク腹が減る。北九州まで行ってから「今浪うどん」でどぎどぎうどんを啜るつもりだったが、コリャとてもガマン出来ないぞと、ケイチへピットイン。

くへへぁ、コリャまた旨いっ!

最近の我がケイチブームは「ナシヤワネギヤマ」だが、元祖長浜食べ比べ♪に惹かれ「ナシカタ」にチャレンジ。と、同じナシでも麺の固さ一つで味わい全体の印象が様変わり。ボソボソ、コリコリな細麺の存在感ある味わいとナシ・スープの力石徹の両手ぶらりん戦法的なイイ感じに気の抜けた、しょぼしょぼ豚骨が、五臓六腑に染み渡るぅ。

で、腹一杯にほっこりすると、北九州まで行く気力が失せ、福智山から福岡市西区の井原山へと予定変更。登山口まで車を走らせるも、山頂にかかる黒い雲。どうやら山頂は雨か……。で、更に気が失せ、すごすご帰宅。ならば麺ジョグと、往復10キロのコース取りをして「丸亀製麺」の早良賀茂店へ。

10月3日より全国で開催予定の「肉汁つけうどんフェア」だが、岡山以西の店舗では先週水曜から先行販売。温かい肉汁にうどんをつけて食べる「肉汁つけうどん」。温かい「釜揚げうどん」と「冷たいざるうどん」の2種からざるうどんをチョイス。

つけ肉汁の具は我が最愛「武蔵野うどん」よろしく、肉は豚肉。さらに白葱、タマネギに揚げが入り、味付けはかなり甘めの醤油ダシがナカナカに気分。太打ち冷うどんを付けて啜れば、むっちり、むりんむりんと甘旨醤油味が、わぁおラビリンスぅ。備え付けのおろし生姜やネギや七味唐辛子に、うどんに添えられたスダチと、アレコレ薬味を足す度にイロイロ変化する味わい。

うどんも通常の1.5倍と多めで食べ応えも十分だが、食べ進むうちに当然、温つけ汁が冷めてくる。ならばと、セルフ式うどん屋ならではのスメ・サーバーから熱々のスメをつけ汁に注げば、濃い味のカエシに熱スメの滋味ダシがイイ感じに映り、新たな旨さ。

欲を言えば、つけ汁の具にゴボウやニンジンなど根菜類を入れてくれれば、完璧美味。なれど、これだけ旨くて価格480円。うんうんエエねぇ、旨いねぇ。こりゃフェア終了までに幾度が啜ってみたい

【元祖ラーメン長浜家】
ラーメン400円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜&火曜7:00~9:00は清掃閉店) Pなし

丸亀製麺】福岡賀茂店
すだちおろし冷やかけ330円+ごぼう天100円
福岡市早良区賀茂4-427-1
7:30~22:00・無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン135●中華麺33●うどん62●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離95km / 2012通年480km

Posted by heno at 13:46 | Comments [0]

2012年09月22日 土曜日

●【そば】 不老庵@東区香椎

最近の休日の楽しみ、麺ジョグ。今日の気分は蕎麦。で、気持ちの良い秋空の下、自宅から15キロの香椎宮までジョギングし、境内のトイレで汗だらけの上着を着替え参拝し、神社隣の「不老庵」で、ズズッと美味蕎麦。

若干緑がかった蕎麦は、ひょっとして早くも新蕎麦か?スルルと小気味よく口に収まりつつ、同時にふわりと鼻へ抜けるダシの香り。枯れ節を使っているのだろうか?キリリと抑揚の効いた鰹節の旨みと、締まりある醤油カエシの風味を楽しみつつ蕎麦を噛めば、ぽくぽくと解けつつ、ふわりと香り立つ蕎麦の甘み。いやぁ旨いな、コリャ旨いっ!

あまりの旨さにシアワセ気分が急上昇し、食欲爆発。ずる、ずる、ずるるぅ~と、ものの5分で一気に啜り上げ、〆は師匠店「芭蕉庵」@北九州市八幡東区ゆずりのトロトロ濃厚蕎麦湯でほっこり。

【手打ちそば不老庵】
せいろ700円
福岡市東区香椎4-13-14
11:30~14:30・火曜&1st&3rd月曜 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン134●中華麺33●うどん61●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離85km / 2012通年470km

Posted by heno at 13:00 | Comments [0]

2012年09月21日 金曜日

●【うどん】 太郎うどん@八女市本村

午後からの立花町での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。かねてからの宿題店である「太郎うどん」へ転がり込む。

住所を頼りに訪ねると、八女市街地の商店街の一角に「味自慢うどん」と染め抜かれた真新しい藍色の暖簾。

午後1時過ぎの店内は先客1名。テーブル席に座りメニューを見ると、うどんが具のバリエーションで10種ほど。

風の噂によると、ココ太郎うどんの店主は瀬高町の安&旨うどん名店である大力うどん出身なのだとか。ならば、大力うどん名物のごぼう天うどん or カレーうどんが常道か?ならば「初う店はゴボ天」なる我が麺喰いポリシーに忠実に、ゴボ天うどんでイッテみよぉ~。

ほどなく運ばれてきたゴボ天うどんはまるんと角が丸まったうどん然り、かなりの透明度を残す黄金色のスメ然り。コレって限りなく博多うろんチックでないのぉ~!?と、まずはスメ。と、キチンと昆布ダシが効きつつも、華美な演出は一切ナシ、塩分も必要最小限の限りなく優しい味わいの滋味。

うどんも然り。とぅるんっと優しい口当たりと共に口に収まり、ぷるん&てろんっと解ける柔ゴシなれど、むっちりと広がる小麦の風味こそキチンと手打ちされた証。笹切り姿揚げのゴボ天のゴリゴリ食味が好アクセント。最近尊ばれる讃岐うどんチックな強ゴシうどんとは対極のテロテロ&ヤワヤワ美味うどん。

いやぁ参ったぁ、このタイプの美味うどんが八女市で啜れるヨロコビ。次回機会があれば是非とも&マストでカレーうどんも啜ってみたひっ。

【太郎うどん】
ごぼう天うどん430円
福岡県八女市本村425-42
11:00~21:00・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン134●中華麺33●うどん61●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離70km / 2012通年455km

Posted by heno at 13:15 | Comments [0]

2012年09月20日 木曜日

●【ラーメン】 元祖伊都商店@中央区警固

国体道路の警固四つ角、かつて「志どう」が営業していた店舗に一昨日オープンした「元祖伊都商店」。看板のに屋号には「糸島産直ラーメン」のキャッチコピー。糸島の食材にこだわったラーメンが食べられるのか?

正午前、カウンター席のみ10数席の店内は既に満員。入口右手の食券販売機にはラーメンが「とんこつラーメン」と「中華そば」の2種類×具のバリエーションがそれぞれ3~4種。筆頭ボタン=店のオススメ(?)は「とんこつラーメン」だが、我が興味は「中華そば」。

ほどなく運ばれてきた中華そばは、スープたっぷりのつゆだく盛りつけ。イイ感じに透明感を残すスープを啜れば、ふわりと広がる豊かなダシの旨み。おそらく肉系×魚系×野菜系のいろんな食材でダシを取っているのだろう。外連味は一切ナシ、ナンともふくいくたる自然なダシの旨みが、ググッと我がツボ。味わいのベクトルは、いみじくもかつてココで営業していた志どう店主が城南区に移転&屋号を変えて開業した「翠蓮」@城南区堤に相通じるものを感じる。

合わさる麺は中太扁平麺。かなり多加水なのか、もちもち、ぷるぷるな食味がコレまた我がツボ。具のチャーシューもモッチリ旨いし、量もソコソコあるし、キチンと作られた感アリアリの一杯に、ほっこり満足。こりゃ近々再訪し、とんこつラーメンも啜ってみたひっ。

糸島産直ラーメン【元祖伊都商店】
中華そば600円
福岡市中央区警固1-13-1
11:30~22:00 Pなし
◎2012通年麺喰い◎
ラーメン134●中華麺33●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離70km / 2012通年455km

Posted by heno at 11:57 | Comments [0]

2012年09月19日 水曜日

●【中華麺】 大明担担麺@早良区百道浜

発作的にドエラク辛~い麺を欲し「大麺担担麺」のパヴェリア店へ。「担担麺」を啜るつもりが食券販売機で「麻婆豆腐麺」のボタンを見つけ、コロッと浮気。

担担麺に負けず劣らずラー油地獄のスープは、啜った瞬間こそまるんっと広がる脂がほのかに甘いが、一呼吸置いて徐々に徐々に顔を出す唐辛子のピリピリとした「辣」と、さらに一呼吸置いてジワジワときいてくる山椒のビリビリとした「麻」。

合わさる麺はボソボソと素っ気ない中太ストレート。ボリボリとしたコシがオモロ美味。唯一残念なのが具の麻婆豆腐。アンのとじ方が甘いのか、もしくは全くアンでとじていないのか、食感がただの豆腐。麻婆豆腐ならではのトロン、ぷるんなアンとじ豆腐が食べたかったなぁ。

とは思いつつも、なにせハマルこの「辣」と「麻」。けへへぇ~辛い、うへへぇ~痺れるぅとズルズルズルルと一気完食すれば、全身から吹き出す汗。おっしゃおっしゃ、エネルギーチャージ&気分転換無事完了。午後からもう一仕事ガンバンべぇ~。

大明担担麺】パヴェリア店
麻婆豆腐麺630円
福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館1F
11:00~21:30・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン133●中華麺33●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離70km / 2012通年455km

Posted by heno at 13:13 | Comments [0]

2012年09月18日 火曜日

●【うどん】 牧のうどん@博多区東平尾

牧のうどんを啜り尽くせ その四

注文して間もなく運ばれてきた「わかめうどん」は、うどんと共に追加スメ用のヤカンが最初から供されるオペレーションに、まずビックリ。そして、かれこれ30数年の我が「牧のうどん」喰らい史上お初で啜る「わかめうどん」は、具のワカメがソコソコ盛られて価格はまさかの400円。

前回啜った「たまごうどん」。ワカメの量はほとんど同じ&たまごうどんの方がキツネ揚げや玉子まで付いて、価格はわかめうどんより-20円の380円。まぁまぁ、数ある店舗で唯一、近隣の福岡空港に離発着する飛行機の展望台も有するチャーン内異色店だけに、コレもアリなのか…??

全メニュー制覇まで、あと29。

  • 1号店:加布里本店(福岡県糸島市)
  • 2号店:今宿店(福岡市西区):白看板
  • 3号店:周船寺店(福岡県糸島市)
  • 6号店:和多田店(佐賀県唐津市)
  • 7号店:早良重留店(福岡市早良区)
  • 8号店:伊万里店(佐賀県伊万里市)
  • 9号店:片江店(福岡市城南区):黄看板
  • 10号店:三川内店(長崎県佐世保市)
  • 11号店:二丈バイパス店(福岡県糸島市)
  • 12号店:大野城店(福岡県太宰府市)
  • 13号店:奈多店(福岡市東区)
  • 14号店:武雄北方店(佐賀県杵島郡北方町)
  • 15号店:白水店(福岡県春日市)
  • 16号店:マリナタウン店(福岡市西区):看板ナシ
  • 17号店:新宮店(福岡県糟屋郡新宮町)
  • 18号店:空港店(福岡市博多区) :白看板・展望台アリ
  • 19号店:久山店(福岡県糟屋郡久山町)
  • 20号店:鳥栖店(佐賀県鳥栖市)
    ※以上wikipediaより引用

 

【牧のうどん】空港店
わかめうどん400円
福岡市博多区東平尾2-4-30
10:00-23:00

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン133●中華麺32●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離70km / 2012通年455km

Posted by heno at 17:57 | Comments [4]

2012年09月17日 月曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

うへへぇ~、コリャたまらんなぁ!

運ばれてきた瞬間、フワッと香り立つ揚げもの特有の芳ばしいアノ香り。今回の期間限定麺のメニュー名は「鍋巴伊府麺」。「鍋巴」=ご飯のお焦げ&「伊府麺」=一度茹でてから油で揚げた麺。

まずはスープと一口啜れば、アンでとじたトロントロンな口当たりと共に、ふわりと広がるダシの甘みと醤油ダレの風味。チト味噌っぽい発酵風味がきいている=ひょっとしてロングセラーの期間限定麺である「諸味醤油そば」のスープを流用してアンとじしているのだろうか?

合わさる麺は自家製の全粒粉太麺を茹でてから揚げたもの。キッチリ揚がった部分のカリカリと、ほとんど揚がってない部分のニッチリ。イイ感じの揚げむらが豊かな食味を醸し出す。さらに具のお焦げのカリカリサクサク。

揚げもの特有の風味とアンとじ醤油スープの相性の良さもさることながら、焦げ麺と焦げご飯自体の旨さと、食べ進むうちに徐々にとろみスープと密に馴染み、ヤワヤワと優しい食感に変化していく様も、メッサ楽し旨しっ!

さらに、太モヤシとサイコロ切りチャーシューの具が、ふくよかなる食味を演出。よくもココまでオモロ旨い創作麺をば作り上げたものだと、ただひたすら惚れ惚れとガツガツカッ喰らう、午後のシアワセ。

なにせ麺を茹でてから揚げたり、スープをアンとじしたりと、アレコレと手間がかかる一杯だけに、出来上がりを待つ自分のためにも、お店のためにも、アイドルタイムに啜られることを強くオススメいたしマス!

行徳家
鍋巴伊府麺700円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン133●中華麺32●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離70km / 2012通年455km

Posted by heno at 11:31 | Comments [0]

2012年09月16日 日曜日

●【チャンポン】 福寿飯店@早良区南庄

一日早い敬老の日で、両親を連れ福寿飯店へ。母は皿うどん、父は三鮮麺=五目中華麺に、我はチャンポン。スキッと軽やかなダシのスープに、コレデモかと野菜や魚介がてんこ盛り&気持ち細めの固揚げチャンポン麺。そうそう、老舗の中華料理屋が作るチャンポンって、こんな感じだったよなぁ~と、ノスタルジック美味。

特筆すべきは次男も頼んだ三鮮麺の麺の旨さ。中太の角麺のムチムチとした食感と甘みが、大したタマゲタぁ~。コリャ次回は、三鮮麺のあんかけスープ仕様である「打る麺」をば啜らねばっ。

福寿飯店に来たのだから喰わんわけにゃぁイカンでしょうじょう、
名物巨大焼き餃子!
カリカリ&ムッチムチぃな皮とてんこ盛りの具の旨さが
わぁお、わぉわぉ、マーベラス!

休日午後の楽しみは、昼酒。
福岡県唯一の女性杜氏酒蔵という若竹屋酒造場@田主丸
ひやおろしは、ひやおろしらしからぬナンとも優しい甘みが
シミジミと我がツボ、ツボ。

【福寿飯店】
チャンポン600円
福岡市早良区南庄2-5-7
11:30~14:00&17:30~22:00・水曜日 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン133●中華麺32●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離55km / 2012通年440km

Posted by heno at 12:47 | Comments [0]

2012年09月15日 土曜日

●【ラーメン】 ひるず亭@南区長丘

豚骨博多の醤油ラーメン その四十四

弊店のラーメンは昔ながらの支那そばを基本にしています。
鶏ガラ・豚骨に数種の野菜を加え、じっくりと時間をかけてとった肉系スープと、昆布・椎茸に数種の魚の節・煮干しを加えて丁寧にとる魚系スープ。この2種類のスープに自家製の醤油ダレを合わせて味作りをしています。
もちろん麺にもこだわり、スープとの相性から特性のちぢれ細麺にしています。
繊細なあっさり醤油味をご賞味ください。

カウンター席に置かれた蘊蓄書きに偽りなし。二つの寸胴鍋からそれぞれ汲み取られ、ひとつの雪平鍋に注がれ温められた肉系+魚系のWスープは、まず広がる肉系の芯ある旨みの周辺を、風味豊かな魚系が彩りを添える。派手さはない。いろんな食材から出る自然なダシが織りなす、ナンとも豊かな味わいがシミジミ滋味美味。合わさる縮れ麺も、コリコリと弾け、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味が、滋味スープと相性抜群。

「カイワレ大根が具にのせられたラーメン我が好みに合わない」が我が麺喰い経験則だが、なんのその。カイワレ大根のシャクシャク食感&仄かな辛味さえ、スープと麺の旨みを際立たせる薬味としての役割を十二分に果たしている。

住宅街にひっそりとラーメン屋を営む「ひるず亭」だが、改めてその味力をシミジミ実感。こりゃ近々、絶品ゆず塩ラーメンも啜り直したひっ。

夜はゴールデン食堂@南区長丘
20種ものホルモン肉をラインナップする、我が最愛ホルモン焼き屋で
ポッピー~芋焼酎ロックのゴールデンリレー。

イイ感じに酔っ払ったところで、「じろう。」へ移動。
絶品焼き餃子と卓上の辛子高菜で芋焼酎ロックをキュイッとあおり、
ラーメンでしめる。

おおぅ?背脂片が見え隠れするスープは一見イマドキだが、
その味わいはシミジミ滋味。
誤解を覚悟で例えるなら、若々しい未羅来留亭。
こりゃ旨い、タマラン旨い!とウハウハ完食。

【ひるず亭】
醤油らーめん500円
福岡市南区長丘3-23-19
11:30~14:00&18:00~元気があるまで
(日祝11:30~元気があるまで)・火曜休み Pあり

長浜ラーメンじろう。
ラーメン500円
岡市早良区西新5-4-1
12:00~15:00&18:00~27:00・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン133●中華麺31●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離55km / 2012通年440km

Posted by heno at 12:42 | Comments [0]

2012年09月14日 金曜日

●【そば】 一耕@太宰府市観世音寺

月曜にひき続き太宰府の得意先へ営業し、さぁさ昼麺。店休日でフラれた釜揚げ蕎麦を啜るのさっ、と「一耕」を訪ねると、卓上メニューに「夏季限定 かぼすの冷やかけ」が?!師匠店「芭蕉庵」@北九州市八幡東区の一昨年夏季の限定メニューに、まさかココでありつけるとは。こりゃ啜らんわけにゃぁイカンでしょう!

白い器にスメの澄んだ茶色にカボスの白と三つ葉の緑。そしてスメ中央部には、スメを凍らせたシャーベットが添えてある。ナンとも美人なその御姿に惚れ惚れしつつ、まずはスメとドンブリを抱えると、予めしっかりと冷やされていたのだろう。ヒンヤリと冷たい触感を掌に楽しみつつズズッと啜れば、冷ややかな口当たりとともにスイッと広がるダシの旨みと、微かなかぼすの風味。

合わさる蕎麦は、師匠店よりチト細打ち。釜揚げをしっかり冷水で締めて、かつ冷スメで供された効能か、スルッと口に収まり、クニクニッと抗い、ホックリ解けるその食感がまず楽し。そして噛み込むほどに広がる蕎麦の甘み。さらにカボスと共に噛み込めば、カボスの酸味と苦味との爽やかコラボ。

うははぁ、こりゃ旨いわぁと食欲全開、途中、薬味として供されたカボスをスメに絞り入れたり、山葵を添えてみたりと味わいの変化も存分に楽しみつつ、一気完食。そして仕上げは、師匠店直伝のトロトロ蕎麦湯で、ほっこりと。

950円は確かに高価。なれどこの美味蕎麦が我が家から20キロ以内の近場で啜れるシアワセ。師匠店の北九州まで車で行くガソリン代まで含めて考えればグッと割安。コレから徐々に涼しくなることだし、次回は念願釜揚げ蕎麦だなっ!

一耕
かぼすの冷やかけ950円
福岡県太宰府市観世音寺1-7-6
11:00~15:00・月曜&1st日曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン131●中華麺31●うどん60●そば28●その他27
◎9月の総ジョグ距離45km / 2012通年490km

Posted by heno at 08:34 | Comments [2]

2012年09月13日 木曜日

●【ラーメン】 麺場元次@中央区薬院

トロンと艶やかな口当たりと共に、まったり広がるダシの甘み。鶏ガラと豚骨でとったというスープは外連味の一切無い、柔らか、かつ芳醇なる旨味が円やかに広がるウットリ滋味。

合わさる麺は極細ストレート。ぽってりスープと密に絡みつつ、シュルシュルと小気味よく口に収まる食感然り、極細ながらコリコリと抗い弾け、豊かに小麦の風味を主張するさま然り、ドンズバ我がツボ。

具もひと技あり。チャーシューが大切りと角切り炙りの2種のっていて、もっちり&カリカリ・スモーキー風味と、ソレゾレにソレゾレの旨さ。加えて、太切りシナチクとキクラゲが更なる食感&味わいの変化を演出する、おご馳走な一杯に、ウハウハ&メロメロ。

7月にランチ営業を再開した「麺場元次」。これで、「若醤トンコツ550円」、「塩ベジタンメン650円」、「大醤魚介トンコツ650円」に「特濃魚介つけ麺 並750円」と4種のランチメニューを全制覇!と思い改めてメニューを見ると、おやおや?「塩ベジタンメン」が消え、代わりに「塩らーめん」が載っているではないか。うぬぬぅ、ちょこざいなっ!!近々再訪し、mission is completede.

麺場元次
特濃魚介つけ麺 並750円
福岡市中央区薬院4-2-12
11:30~15:00&19:00~29:00 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン131●中華麺31●うどん60●そば27●その他27
◎9月の総ジョグ距離45km / 2012通年490km

Posted by heno at 12:22 | Comments [0]

2012年09月12日 水曜日

●【うどん】 とも也@長崎県長崎市

長崎市で早朝からの仕事が午後7時に、ナンとか無事終了。まともに昼飯食べる暇もなかったので、ドエラク腹が減ったと、「讃岐うどん とも也」へ転がり込む。

前回訪ねた時にググッと惹かれた夜営業のみ販売される「豆腐とろみうどん」。つぶした豆腐をあんとじしたスメはダシの旨み×豆腐の甘みが、ソリャもう熱々のトロントロンのふわっふわっの旨っ旨っ!

そしてナニヨリうどんが旨いっ。にっちりと抗いムニムニ解けつつ、気持ち強めの塩気とともに、豊かに香り立つ小麦の風味。コレだけ熱トロふわ旨なスメに全く負けることなく、己の食感&旨みを静かに主張する様が心強い。卓上に置いてあるおろし生姜や擂り胡麻やすだち酢で、味わいの変化も存分に堪能しつつ、ズルズル完食。

屋号に讃岐うどんを謳ってはいるが、独自の調理で紡ぎ出すこの旨さは、讃岐を越えたとも也オリジナルうどん。おっしゃ、次回また長崎に来る時はマストで再訪し、常連客が「肉ぶ」と呼ぶ人気メニュー「肉ぶっかけ」をば啜らねばっ。

精算時に「よかったらどうぞ」と頂いたうどん。茹でて10分以上経ったうどんは店では使わないので無料で持ち帰りできるのだ。で、一日経った今夜、自宅で焼きうどんにして食べると、ナンとナンと、十二分にコシも残っているし、ナニヨリうどん自体がメチャクチャ旨い、旨いっ!茹で置いて24時間以上経ってもコレだけ旨いとは……。あな恐るべし、とも也うどん!

【讃岐手打ちうどん とも也】
豆腐あんかけうどん530円
長崎県長崎市賑町5-25-2
11:00~14:30& 17:00~21:00([木・土・祝は昼営業のみ)・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン130●中華麺31●うどん60●そば27●その他27
◎9月の総ジョグ距離45km / 2012通年490km

Posted by heno at 19:39 | Comments [0]

2012年09月11日 火曜日

●【ラーメン】 金二郎@大分県大分市

超ウルトラ久しぶりに大分市日帰り出張。午前中の仕事が一段落したところでヤッホー昼麺!楽しみにしていた宿題店「金二郎」へと向かう。

住所を頼りに訪ねると、都心部の大型アーケード商店街の一角の「大分マート」入口に「ラーメン金二郎」の黄色い看板。

路地を入ってすぐの右手に「爆盛宣言の店」。そして路地入口と同じく黄色い看板に、屋号は金二郎。そう、ココ金二郎は今年の3月にオープンした、ドカ盛り極太麺ラーメン&黄色い看板が名物の二郎@東京三田のインスパイア系新店でアル!

暖簾を潜ると左手に食券販売機。麺はラーメンが「小」と「大」の2種×具のトッピングがデフォと味玉、豚増し、W豚増しの4種類。そして油そばがデフォと「大」の2種×具のトッピングがデフォと、味玉、豚増し、W豚増し、おろし、レッドの6種。

ナニせヘタレなロートル麺喰いオヤヂゆえ、迷うことなく小ラーメンの食券を買いカウンター席に付くと、壁にには野菜、ニンニク、あぶらの量がチョイス出来る旨記された張り紙と、「食器は上に戻してくれたら助かります」との黄色いテプラ。コリャいよいよ二郎、二郎!カウンター奥の厨房で若き店主が我が一杯を調理し始めるっぽい雰囲気を感じ、「すんませぇ~ん、あぶら少なめ、ニンニクなし、野菜多めでお願いしマス!」と自己申告。すると、若き店主が「麺の湯で加減はどうしましょう?」との想定外の質問…?!博多ラーメンなら常識なこの問いを、まさか二郎インスパイア店で聞かれるとは……??!!

「普通でお願いします」と応えて待つことしばし、カウンター越しにドンブリが差し出させる。チョモランマに盛られた茹で太モヤシ粗切りキャベツもさることながら、1センチは優にある厚切りチャーシューに、真っ黒黒助のブラッキー醤油スープがグインッグインッと我がツボォ~。

えへへぇ、コリャ旨いんでないのぉ~!一気に期待指数急上昇しつつ、まんずはスープと一啜りすれば、見た目の醤油ブラックの刺々しい印象とは相反する、まるんっと旨みが転がる素朴系ダシが旨しな、適度にいなたくググッと個性的な味わいが、キタ、キタ、キターーー!

微妙に縮れた極太ストレート麺のコリコリ、ムチムチもコレまた想定外にエエ感じぃ、エエ感じぃ。適度の粉っぽく適度に旨みを自己主張する。かつ、厚切りチャーシューのモッチリ&ニッチリな味わいが限りなく二郎に近くて、ヤッホーーー、デラ旨しっ。

てんこ盛りの茹で野菜もバリバリ&ボリボリで抜かりナシ。大分市では太一商店荒法師に続く第三の二郎なれど、その味力はダントツ我が一位!醤油系二郎は博多にもラーメン大があるが、我が好み指数は一桁違いで断然、金二郎。コリャ次回の大分出張も間違いなく金二郎へ直行だっ!

ラーメン金二郎
小ラーメン600円
大分県大分市中央町1-4-22
11:00~22:00 日曜休み Pなし
◎2012通年麺喰い◎
ラーメン130●中華麺31●うどん59●そば27●その他27
◎9月の総ジョグ距離45km / 2012通年490km

Posted by heno at 12:33 | Comments [0]

2012年09月10日 月曜日

●【そば】 そば好日@福岡県春日市

久方ぶりに太宰府の得意先へ営業に行き、さぁさ昼麺。外はドカ雨&ポンコツ社用車は微妙な温度調整が利かぬポンコツエアコンで、キンキンに冷えまくった我が身体は猛烈に釜揚げ蕎麦を欲する。で、コレまた超久しぶりに一耕@太宰府市観世音寺で熱々釜揚げ蕎麦を啜るのさっ!と向かうも、店頭に「定休日」の張り紙…。うぬぬぅ、ならば山月@大野城市白木原で温もりそばだ!!と立ち寄るも、「定休日 日月火」との張り紙……。

わぁお、がってむ……。んが、一旦火が付いた蕎麦喰いたひっモードは、そう簡単には納められない。んならばっ「そば好日」へ行ってみるか?!

毎度毎度の福岡新麺店情報王リポに惹かれマクっていた、そば好日。十種を頼りに訪ねると、わぁおわぉわぉ、目一杯住宅街を入り込んだディープなリッチに「そば好日」の看板が。

おっかなビックリ訪ねると、恐らく民家を改装しての営業か、玄関で靴を脱いで上がり込めば、以前は居間だったのだろうか?見事な庭の見える座敷に木製のテーブル席が5~6卓。

卓上のメニューを眺めると、冷たい蕎麦は十割そばで「盛りそば600円」に、「おろしそば700円」と「やまかけそば800円」に、温かいそばは二八そばで「地鶏そば600円」と「山菜そば600円」。メニュー筆頭の盛りそばにググッと惹かれるもナニせ温蕎麦気分、「すんませぇ~ん、地鶏そばをクダサイ~」

程なく運ばれてきた蕎麦は、小綺麗な白磁のドンブリに黄金色のスメと、その下に透けて見える気持ち太打ちの蕎麦。おっしゃおっしゃ太打ち最高!と心の中で万歳三唱しつつ、まずはスメと一口啜れば、アッツ熱の口当たりと共にフワッと広がる鰹節らしき華ある香りと、ふっくら旨い昆布ダシらしきダシの旨み。

けへへぇ、コリャいいねぇ!と蕎麦を啜れば、恐らく揚げたて蕎麦を一旦冷水で締めた後、再び温めてからドンブリに盛ったのであろう、ヌラヌラと艶っぽい啜り心地と、噛むほどににっちりと解ける強ゴシが、タマラン我がツボ!

コリャ旨いでナイのぉ!と喜び勇んで食べ進めば、鶏肉と干し椎茸の旨みに加え、最初から盛られているアオサの潮の香りに、平商店@久留米市の黒糖醤油を使ったというカエシの風味が、変幻自在に旨さを披露。

蕎麦の量も十二分に盛ってあって、しかもこの旨さで、価格は嬉しすぎる600円。うぬぬぅ、コリャはまる予感が絶大な優良上出来リーズナブル・デリシャス・蕎麦に、ソバ・ビアンっ!

そば好日
地鶏そば600円
福岡県春日市惣利4-54
11:30~15:00&18:00~20:00
(夜のみ当日正午までにわ要予約)・木曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン129●中華麺31●うどん59●そば27●その他27
◎9月の総ジョグ距離45km / 2012通年490km

Posted by heno at 12:35 | Comments [0]

2012年09月08日 土曜日

●【つけ麺】 奉天本家@博多区中洲

毎年恒例初秋のお楽しみ、中洲ジャズ。我が最愛Funky&groove hard vap jazz band in FUKUOKAである福岡城は、夕方6時半からキャナルシティに登場。相も変わらずカッチョエエ演奏に身体を揺らせれ、小一時間。あぁ腹減ったぁと、ライブの合間に腹ごしらえ。小料理屋 悦@中央区西中洲で絶品おどんを突く。

お約束の「野菜の盛り合わせ」に始まり、「がんもどき」や「生麩」、「つぶ貝」など絶品おでんをアレコレ突き、花の露純米酒をクイックイッ。

その後一端キャナルシティ近くの清流公園に戻り、日野皓正のライブを楽しんだ後、奉天本家で〆。夏季限定の「博多黒つけソバ」は、ドス黒いつけ汁のイイ感じに酸味も残しつつ&イイ感じに醤油辛いつけ汁のイイ感じに中華チックな独特フレイバーと、固揚げの扁平中太麺のコリコリが、ありゃまマーベラス!ナルホドこりゃ博多麺通神であるあの人が諸手を挙げて絶賛するはずだぁ。

元来の名物メニューである餃子も美味。リニューアル開店当時の中華ソバ、チャンポン、大辛もつタンメンに加え、「奉天激辛麺」や「博多もつニラソバ」、「中洲とんこつ」など気になる新メニューも満載。こりゃ機会を作りアレコレ啜ってみたいでないのぉ~!

【奉天本家】
博多黒つけソバ780円 (夏季限定)
福岡市博多区中洲2-6-12
12:00~15:00&17:30~27:00・無休 Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン129●中華麺31●うどん59●そば26●その他27
◎9月の総ジョグ距離45km / 2012通年490km

Posted by heno at 22:05 | Comments [2]

2012年09月07日 金曜日

●【中華麺】 まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その四

辛い麺が恋しくなる夏のウチにとたのんだ「麻婆めん」は、ありゃりゃ?豆腐がのってないじゃな~い?しかも、小瓶で山椒が供されるとは…?!

待つことしばし、運ばれてきた麻婆めんは、澄んだ醤油色のスープに赤い肉味噌のみで豆腐の角切りは姿なし。うぬぬぅ?と一瞬戸惑うもヨクヨク考えてみると「麻婆豆腐」=「麻」=シビレルような辛味&「婆」=とあるお婆さんが考案した&「豆腐」=豆腐な訳で、「麻」=山椒は別瓶で供されているし、「麻婆めん」で「豆腐」は謳っていないのだから豆腐ナシでも何ら問題ナッシング。

透明醤油色のスープは相も変わらずズズッと美味しっ。ダシがききつつも軽やかな食味がイロんな具の旨さを素直に際立たせている。喰い進むうちに、目一杯ふりかけた山椒の辛味が徐々に徐々にきいてくる、味わいのグラデーションも愉快に美味い。

てろんと柔揚げの中太ストレート麺も、いわば具の一種。中華麺の主役はあくまでスープ。麺は食べ甲斐のある、スープの具の一種として食味を底支えする役割に徹する様が、コレまたお見事。

一見「台湾担仔麺」チックではあるも、コレはコレでビビッと旨し。うん、ならばいよいよ気になるのが「担担麺」。この麻婆めんとナニがドウ違うのか??うっしゃ、次回は担担麺で決まりだなっ。

汁麺全制覇まで、残り19麺。

 

黄金の福ワンタンまくり
サンマー麺550円
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00準備中)・月1回不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン129●中華麺31●うどん59●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離35km / 2012通年480km

Posted by heno at 13:20 | Comments [0]

2012年09月06日 木曜日

●【ラーメン】 麺也オールウェイズ@長崎県長崎市

ウレシタノシの長崎日帰り出張。午前中の仕事が一段落したところで、うしゃしゃぁ昼麺!かねてからの宿題店「麺也オールウェイズ」へ。

住所を頼りに訪ねると、長崎市きっての繁華街、浜町の外れに真新しい白い暖簾。3年前にオープンした比較的新しいラ店ながらも、食べログ人気ランキングで長崎市なら1位、長崎県でも2位の新進気鋭の人気店である。

正午過ぎというゴールデンタイムも手伝ってか、比較的広めの店内は既に満席間近。わずかに空いたカウンター席に滑り込みメニューを見ると、ラーメンは基本の「らーめん600円」に「とろーり煮玉子らーめん700円」、「野菜たっぷりらーめん700円」、「のりたまあーめん750円」、「チャーシューらーめん800円」に、具全部のせの「オールウェイズらーめん950円」に、我がお目当ての「レモントンコツラーメン700円」。さらに「つけ麺800円」に「担担麺700円」に期間限定の「黒豚背脂らーめん」と、アレコレあり。その選択肢の多さ&コジャレた店内インテリア&ジャズのBGM&元気かつ丁寧な接客オペレーションがナルホド女性も好みそうな=人気ラ店の要素満載。

待つことしばし、運ばれてきたレモントンコツらーめんは、イイ感じに茶色がかった迫力白濁豚骨スープと、オサレな白いドンブリ&赤いレンゲ&黄色いレモンの取り合わせが、うふふっ、オサレ!

まずはスープとレンゲで一啜りすれば、とろんと広がる豚骨ダシの滋味なる甘み。臭みは一切ナシ、これはトコトンきちんと下処理してスープをとった証か?同じく長崎市で屈指の人気ラ店である「かんしゃく魂」に相通ずる、ネオ滋味豚骨味が、グインッと我がツボ。

合わさる麺は中細ストレート。パリパリ踊り、ニチニチ解けるオモロなコシがコレまた我がツボ。なれど、なにせ真性柑橘酸味麺好きの我、肝心のレモンが味わいにさほど貢献していない様が、カナリ残念。

ドンブリ縁に添えられた切り身レモンをギュギュッと絞り入れても、濃厚髄系豚骨スープの味わいに大差なし。輪切りで具として添えられたレモンを麺と共に囓れば、瞬間キュキュッと酸味が広がるも、行徳家@南区野間の塩レモンラーメンのような有機的旨さ結合効果はイマイチ感じられない。これならばストレートに美味豚骨を堪能するのが正解か。
公式HPによると、久留米で9年修行した後の開店なのだとか。この熟れたメニュー作り&オペレーションから察するに大砲ラーメン出身なのか??兎にも角にもオモロかつ実直美味なる一杯に大納得。次回の長崎出張は他のメニューもイロイロと啜ってみたひっ!

麺也オールウェイズ
レモントンコツらーめん700円
長崎県長崎市万屋町5-22
11:00~24:00(金土・祝前日~26:00)・2ndo&4th木曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン128●中華麺31●うどん59●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離25km / 2012通年470km

Posted by heno at 12:13 | Comments [0]

2012年09月05日 水曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

全メニュー巡礼その二の三

グランドメニュー「酸辣湯麺」を、先日啜った期間限定「ラタトゥィユ酸辣湯麺」と啜り比べ。赤いスープに黄色の溶き卵と見た目は似た感じのスープだが、味わいは別物。トマトがきいたイタリアン・テイストだったラタトゥィユに対し、グランドはキチンとチャイニーズ。鶏ガラらしきダシの旨みと溶き卵の甘みが一体となった、あんとじトロトロスープが、はふはふ熱々美味美味!

具もラタトゥィユはズッキーニや玉ねぎにバジルなどのイタリアンな野菜がしんなり食感。スープと一帯となり美味かったが、グランドは太モヤシにキャベツにキクラゲに香菜と、パリパリシャクシャク食感で、それぞれの香味がスープの味を際立たせる。

ソレゾレにソレゾレの旨さ。スッパ辛い濃い味酸辣湯麺は自ずと味わいのベクトルがワンパターンに陥りそうなものだが、ナンのソノ。コレほど異なる2種類の味わいに、しかもソレゾレにコレほど美味しく仕立て上げる力量に、シミジミと感服しつつ、ズルズル啜る午後のシアワセ。

行徳家
酸辣湯麺650円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン127●中華麺31●うどん59●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離25km / 2012通年470km

Posted by heno at 14:24 | Comments [0]

2012年09月04日 火曜日

●名前のない料理店 in FUKUOKA 「長月の章」

沖縄在住のフレンチ料理人、小島圭史の出張料理レストラン「名前のない料理店」が、今月末、福岡市で日程&人数限定営業。

◎『名前のない料理店』 at 建立寺
▽開 催 日:9/29(土)
▽開催場所:『建立寺
▽開始時間:18:00~(17:30開場)
▽定 員:30名
▽料金等について
・会 費:5,000円
・内 容:沖縄食材をメインとしたフランス料理のコース(5~6品)
・飲み物:持ち込み自由

◎『名前のない料理店』 at つきよし
▽開 催 日:9/30(日)
▽開催場所:『つきよし
▽開始時間:18:00~(17:30開場)
▽定 員:11名
▽料金等について
・食 事:4,000円
・内 容:沖縄食材を中心としたフランス料理のコース(5~6品)
・飲み物:500円~(予定)
ワイン(白・赤)
ビール
焼酎
沖縄食材を使ったオリジナルのボワソン(飲み物) などを予定

◎『名前のない料理店』 at つきよし de 昼酒
▽開 催 日:9/30(日)
▽開催場所:『つきよし
▽営業時間:12:00~15:00
▽料金等について
・食 事:500円~1,000円
・内 容:沖縄食材を中心とした大皿・小皿料理
・飲み物:500円~(予定)
ワイン(白・赤)
ビール
焼酎
沖縄食材を使ったオリジナルのボワソン(飲み物) などを予定

all photo by satoyan

■料理人プロフィール
小島圭史(おじまけいじ)
1970年宮城県生まれ。
1996~2002年にかけ、東京・パリ・マルセイユで修業。
その後、沖縄に移住し県内のホテルやレストランに勤務。
2009年『名前のない料理店』開業。
前回の「名前のない料理店 in FUKUOKA」の様子はコチラコチラ

肉類それぞれの特性を活かしきったシンプル&芳醇なる独特ウチナー&フレンチ料理。私は『名前のない料理店』 at つきよし』に参加しマス。イベント詳細&予約はコチラ

Posted by heno at 19:57 | Comments [0]

●【ラーメン】 シフク@博多区榎田

福岡空港へ客を送りホッと一息ついた瞬間、ググッと恋しくなってもうた「シフク」の「鶏白湯らぁめん」。2ヶ月ぶりに啜る一杯は、わぉおマーベラス!以前もデラ旨かったのに、更に更に深く旨くなっているでないのぉ~!

ナンと言っても超ウルトラにスープが旨い。あぁタマラン旨ひっ!!

アレコレとイジリまわした感は皆無、こまめに&誠実に&キチンと&シッカリと鶏ガラからスープをとっているのだろう。外連味は一切ナシ。ぽったりと柔らかく円やかな鶏白湯の旨みがストレートに生きた、ネオ滋味に心底ゾッコン。

自家製麺の中太平打ち麺は今日は気持ち固揚げか。コリッと弾けるコシと噛み込むほどに広がる素朴な風味は確かに旨い。か、このぽったり滋味美味スープには、スープとの馴染みが良い柔揚げの方がトコトン旨い気がするぞぉ。

ザク切りと白髪ネギと2種類の大きさに切り分けられた白葱の、ソレゾレ異なる食味が正に好アクセント。実直美味なる鶏もも肉チャーシューも滋味美味スープと合いマクリ。新しいようで、その実ドエラクドメスティックに実直美味なる一杯に、ただひたすら惚れ惚れと、惚れ惚れと。

【らぁめんシフク】
鶏白湯らぁめん600円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~20:00・日曜休み Pなし ※すぐ近くにコインパーキングあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン126●中華麺31●うどん59●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離25km / 2012通年470km

Posted by heno at 17:11 | Comments [0]

2012年09月03日 月曜日

●【ラーメン】 源海食堂@朝倉市菱野

朝からの朝倉市での仕事が無事終了し、遅い昼麺。神酒の麺道楽でググッと惹かれていた源海食堂へ。住所を頼りに訪ねると、朝倉街道のよしい市手前に、「御食事処」と「大衆酒場」の2枚暖簾。そして建物上部には「源海荘」なる看板。恐らく以前は民宿として営業されていたのだろうか??

午後3時過ぎの店内は先客ナシ&店員さんも皆無。「すんませぇ~ん、いいですかぁ?」と声をかけると、厨房奥から「はいはい、いらっしゃいませぇ~!」との明るい声と共に、恐らくスタッフ全員であろう年配夫婦とその娘さんらしきお母さんの計3名がお出迎え。目一杯アイドルタイムの珍客を笑顔で迎えてくださる接客からしてググッと我がツボ。

ラーメンを頼み、改めて壁に掲げられたメニューを眺めると、麺がラーメン、チャンポンに加え、うどん数種に焼きうどんと焼きそば。更にカツ丼やカレーライスなどのご飯類に、さくら刺し=馬刺しに冷凍クジラ刺し、ホルモンに朝倉定番の肉ちくわ焼きなど、惹かれる酒のアテ。

なにせ午後3時過ぎ、恐らく麺揚げ釜の火を完全に落としていたのだろう。店片隅の高い位置に置かれた29インチハイビジョンテレビから流れる昼ワイドを眺めるともなく待つことしばし。運ばれてきたラーメンは、最初から紅ショウガと胡麻がのった柔らかな白濁スープが、正統イニシエ食堂計。

けへへぇ、コリャ期待通りの一杯か?!と両手でドンブリを抱えスープを一啜りすれば、アッツ熱の食感とともに、ほわんっと広がる優しいダシの甘み。イマドキのゴリゴリ豚骨とは対極の、枯れ系優し甘みが、うんうん染みるっ。

合わさる麺は中細ストレート。適度にガソゴソ感を残す啜り心地然り、基本は柔揚げなのだが解ける間際に、こつんっと己の存在を主張するコシが顔を出す様も愛し恋し。

イニシエ食堂系にしては珍しく、チャーシューも冷蔵庫臭さは皆無&モチモチとチャンと美味。うぬぬぅ、コリャ是非とも近所に欲しい名店なり。休日昼下がりからアレコレと酒のアテを突いて飲んだくれ、〆にこのナンちゃナイ“&チャンと旨いラーメンをば啜りたひっ。

【源海食堂】
ラーメン400円
福岡県朝倉市菱野1319-2 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン125●中華麺31●うどん59●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離25km / 2012通年470km

Posted by heno at 15:11 | Comments [5]

2012年09月02日 日曜日

●【うどん】 讃岐うどん誠屋@南区曰佐

休日だというのに朝っぱらからアレコレとアクティブに過ごし、さてさて昼麺。今日は是が非でも旨い讃岐うどんが啜りたひっ!で、我が最愛なる讃岐うどんの食べ方である「冷やしかけうどん」を求め「誠屋」へ。

おやおや?コレまたナンだかイイ感じでないのぉ…?!

昨年11月のオープン当時に啜った冷やしかけうどんや、今年の1月に啜ったごぼう天うどんのスメは濃い醤油色だったが、今日のスメは黄金色。うんうん、コレぞ讃岐うどんのスメの色だぞっ!と旨さを確信しつつズズッと啜れば、冷や冷や食感ながらも、ふわりと優しく、かつ豊かに広がるイリコらしきダシの素朴な旨味。イリコ特有のキンキンとした金気ある旨みの抑揚感も絶妙美味、冷スメなのにナンともふくよかなる味わいに、くぅ~~、旨いんデスっ!

そしてうどんも文句ナシの旨さ炸裂。「ぷにっ、くにぃ~~、さくっ」な噛み込んだ時の3段ゴシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味然り、以前よりひと味もふた味も旨くなって、価格は超ウレシイ290円!

げへへぇ、旨いぞ、こりゃ旨いっ!さすが福岡冷やかけうどん作りの雄、大木戸@中央区舞鶴だけのことは十二分にアリアリの上出来なる一杯に、心から版愛三唱。いやぁ惚れ直しましたぁ、誠屋。コレだけ旨いと、ついつい全メニュー制覇をしたくなるぞぁ……?!

夜は昨日オープンした「チャオズ」@早良区城西で飲む。
しっかりと煮込まれた牛スジ肉の煮込みに…

多めのネギとキャベツ千切りが好アクセントの塩ホルモン焼きに…

自家製の皮で焼く餃子は、モチモチ&パリパリ。
具の野菜類の気持ち大振りな切り方がジャクジャク、
モチパリ皮との食味のコラボがタマランタマラン。

手羽先唐揚げやニラ玉、酢モツなど、
博多餃子飲み屋定番のメニューが
ナンちゃナイけどチャンと旨いっ!
さすが我が最愛居酒屋の一軒、「てし」@早良区西新の手がける
新店だけのことはある。

あぁ旨かったと時計を見ると、まだ7時前。
ならばと即行駆けつけ、未羅来留亭で〆ラーメン。
焼酎を生でチビチビなめつつ、ズルズルとラーメンを啜る。

いやぁ、旨いっ。今日の未羅来留亭は格別にウンマイっ!

酔いがそう感じさせるのか?さりとて本当にいつもより旨いのか??
喰ってる我が大満足なのだから、
ソンなの関係ねぇ~!(←覚えてますか?小島調で)

 

【讃岐うどん誠屋】
醤油うどん290円+ちくわ天130円、釜玉うどん380円
福岡市南区日佐4-39-30
11:00~15:30&17:00~20:30・火曜休み Pあり

【未羅来留亭】
ラーメン400円+替え玉100円
福岡市早良区西新4-9-17
11:30~19:30・火曜日休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン124●中華麺31●うどん59●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離25km / 2012通年470km

Posted by heno at 12:55 | Comments [0]

2012年09月01日 土曜日

●【ラーメン】 拉麺空海@那珂川町松木

拉麺空海の店主ブログに惹かれる告知。今週末限定で煮干し豚骨ラーメン「青豚骨」のスペシャル煮干しバージョン「ラーメンブルーニボ×3」を販売するという。根っからの煮干し好きの我、こりゃ是が非でも啜りたひっと、麺ジョグ。

自宅から15キロをのんびりLSDして1時間半、空海まで1キロほどのふくの湯@春日市に着き、ジョグの汗を流す。小一時間露天風呂を楽しんでいると、イヤハヤ腹が減ってきた。んで、館内の食事処で豊後高田産新蕎麦を小盛りで軽く啜り、いざ空海へ。

一見して煮干し色濃いスープが迫力満点。ズズッと啜れば、バチコンっとパンチ溢れる煮干しの風味。あたかも豚骨髄の如くザラザラとした食感がニボニボ・スペシャルの証、食べ進むうちに煮干しの金気味で軽く舌が痺れてくるほどのド煮干し味が、好きモンの我にはタマラン旨しっ!

麺は普通で頼んだが、スープと馴染みの良い柔麺の方が、よりこのスープを楽しめる気がするぞぉ。店主曰く、この2倍濃度の煮干しスープの製法も確認済みとのこと。いつの日にか発売されるであろう「ラーメンブルーニボ×3×2」が、楽しみ楽しみ!

拉麺空海
ラーメンブルーニボ×3 600円
福岡県筑紫郡那珂川町松木1-1
11:00~15:00&18:00~24:00・不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン123●中華麺31●うどん58●そば26●その他26
◎9月の総ジョグ距離15km / 2012通年460km

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]