HENO HENO: 2012年10月 アーカイブ

2012年10月29日 月曜日

●【うどん】 かずのかすうどん@博多区博多駅南

福岡新麺店情報王ブログでその存在を知り、気になっていた「かずのかすうどん」は、先月中旬にオープンした新う店。住所を頼りに訪ねると、ナンと屋号通りの真性「かすうどん」を提供しているではないか?!

かすうどんとは大阪南部一帯の隠れご当地うどんで、その特徴は牛の腸を油であげた「油かす」の具。かつて本場の大阪で一軒、北九州市でも粋麺やの枝光店西港店大福で食べたことがあるが、ここのかすうどんがダントツ我が好み!

まず、カツンと削り節のダシがききマクッたスメが旨い。そして、そのスメで油かすをシッカリと加熱してから盛られているので、油かすのクニクニとした食味もgoodだし、噛み込むほどに広がるほのかな甘みがコレまたmarvelous!合わさるうどんも気持ち太めの釜揚げで、むりんっと勢いあるコシが油かすに負けることなく己の旨さを主張する。あははイイねぇ、こりゃ旨いねぇと一気完食。

唯一の難点は麺の量の少なさ。コリャ是非とも次回は麺増量で、メニューに「おすすめ」と記された「かき揚げかすうどん」か「おぼろこんぶかすうどん」をば啜りたひっ。

【かずのかすうどん】
かすうどん390円
福岡市博多区博多駅南2-13-2
11:00~25:00・日祝休み

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン152●中華麺35●うどん71●そば29●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 12:16 | Comments [2]

2012年10月28日 日曜日

●【そば】 すみくら@糸島市二丈吉井

フジさんTwitterでその存在を知り、ググッと気になっていた「すみくら」。一茶庵で修行した店主が先々月の8月上旬に開店したばかりの新そ店。住所を頼りに訪ねると、JR福吉駅にほど近い住宅街の一角に、真新しい暖簾。そして窓には「新そば」とのウレしき張り紙が!

新築民家の一角を店舗にしたらき店内。空いていたテーブル席に着き卓上のメニューを眺めると、冷蕎麦が「もり800円」、「十割900円」、「つけ鴨1,500円」に、温蕎麦が「かけ800円」、「玉子とじ900円」、「鶏南蛮キ1,500円」とそれぞれ3種に、もり or かけ&そば豆腐&ガレット&鴨焼きがセットになった「そばセット」をラインナップ。値頃感あるそばセットのもりをたのむ。

デシーランドジャズはともかく、早くもクリスマスソングまで流れる有線BGMにチト苦笑しつつ待つことしばし、まずはそば豆腐が運べれてくる。寒天でよせてあるのか、豆腐の中に蕎麦の実が入っていてナカナカに風味良し。

続いてそばのガレットが運ばれてくる。かなりライトな焼き具合の蕎麦クレープに、具はロースハにプチトマト、オクラ、にとろけるチーズ。

3品目は鴨焼き。薄切りながらもモッチリと旨い鴨肉に、シシトウに白ネギ。うははぁ、コリャ日本酒飲みたいねぇ。車で来なきゃ良かったなぁ…。

そして〆はもり。本枯節でダシをとったというツユは、キリリと江戸前辛口ではあるが、程よい甘みも併せ持つ。甘口醤油文化圏の九州に合わせて調味したのだろうか?気持ち白っぽい蕎麦は更科粉を多く使っているのか?新そばならではの香りはさほど感じないが、噛むほどに広がるほのかな甘みが心地よし。

量も思いのほか多めで食べ応えも十分アリ。そして、ああ旨かったと蕎麦湯をたのめば、我が好物のトロトロ濃厚タイプで、食後の満足感もすこぶる高し。これで1200円なら十分納得価格。次回は温蕎麦も啜ってみたい!

【手打蕎麦 すみくら】
そばセット1,200円
糸島市二丈吉井3729-1
11:00~16:00・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン152●中華麺35●うどん70●そば29●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 13:38 | Comments [0]

2012年10月27日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

短期限定麺「冬の根菜味噌ラーメン」は、「生姜、白葱、里芋、大根、人参、牛蒡、玉葱、南瓜」と、目一杯根菜満載の味噌味。まずはスープと一啜りすれば、大鍋で仕込んで2日目ならではのトロントロンと溶け込んだ根菜の旨味が、ドロンドロンと濃密まったり旨しっ。あたかもダゴ汁チックな癒し系な旨味なれど、味わいの芯となるダシの味わいと、仕上げに添えられたらしきゴマ油の風味が、我創作拉麺也と主張する様が、さすがの出来。

合わさる麺は気持ち固揚げの全粒粉太麺。まったりスープに負けず劣らずキッチリと己の旨さを主張する。店主ブログによると細長くそぎ切りされた大根の皮も麺として添えてあるらしいが、トロトロ濃い旨スープで喰らえばその存在は確認できず。特筆すべきは一見つくねチックな蕎麦団子と、じゃがいもチックな小麦団子の旨さ。にっちりと解けネットリと広がるそれぞれの風味に、イエス、フォーリン・ラブ!

ラーメン命のラオタには、おそらく理解不可能。なれど麺好きには、ナルホドナルホド、こんな理解の仕方もあったのかぁ!とネオ&クラシカルな野菜の旨みも十二分に生かしつつの麺料理。うんうん、ならばらばいっそのこと、夏の野菜ポタージュつけ麺の冬版で、根菜満載スープをグラインドして熱々つけ汁&熱々麺の釜揚げつけ麺で食べさせるのもオモロ旨いのでは「?などアレコレ美味創作麺に思いを馳せつつ一気完食。

行徳家
冬の根菜味噌ラーメン650円 ※期間限定完売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン152●中華麺35●うどん70●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 12:37 | Comments [2]

2012年10月25日 木曜日

●【うどん】 うどん屋@朝倉市宮野

かれこれ5年ぶりか。久方ぶりに訪ねると、おやおや屋号が変わっているぞ。以前は「A・COOPあさくら 純手打ち うどん・そば」と書かれていた看板が新しくなり「純手打 うどん屋」。A・COOPの文字が消えたと言うことは、JAから独立したうどん屋になったと言うことか?

だがしかし、変わったのは看板だけで、店内の作り&メニュー&お母さん達の気さくな接客、そして肝心のうどんの旨さは以前通りの、ほっこり系。強めの昆布だしがシミジミ旨いスメに、茹で置きながらもモッチリと重量感ある食味が癒し系な太うどん。細切りかき揚げのゴボ天もモチロン揚げ置き。食べ始めは冷たくてゴリゴリと無骨だが、食べ進むうちに熱々スメにほだされてホクホクと味わいを変えるさまが、おご馳走。卓上に置いてあるトロロ昆布も加え、コレまた食べ進むうちにその味わいがスメに映る様も存分に楽しみつつ、ズルズルと、ゆるゆると味わう、午後のヒトトキのシアワセ。

いわゆる昔ながらのチャンと旨いコノ手のうどんは、ここ朝倉や北九州ではアチコチに残っているのだが、ナゼか福岡市内では絶滅危惧種。同行スタッフも諸手を挙げて絶賛するこの味わいを、どうぞいつまでも。

【うどん屋】
ごぼう天うどん370円
福岡県朝倉市宮野2130-1
9:30~19:00 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン151●中華麺35●うどん70●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 14:12 | Comments [0]

2012年10月24日 水曜日

●【中華麺】 福福@南区清水

豚骨博多の醤油ラーメン その五十一

これこれ7~8年前になるのだろうか?オープン当時に一度訪ねた「中華料理 福福」@南区清水。仕事の移動途中に久方ぶりに訪ねると、相も変わらぬリーズナブル&チャンと旨し、醤油ラーメンにシミジミ感服。

まずスープが旨しっ。鶏ガラの豊かな風味を必要最小限に描き出す醤油ダレの塩梅が、真性ナンちゃナイけどナンとも旨し。合わさる中太麺のプリプリ&モッチリ食味もネオ滋味スープと相性良過ぎ&旨過ぎ。気持ち大判のチャーシュー1枚に、太モヤシと海苔と少量のネギと、コレまた必要最小限の具もチャンと備えつつ、価格はウレシイ450円。

麺メニューは他に「担担麺550円」、「黒ゴマ担担麺550円」に「味噌ラーメン600円」。この美味スープがベースならばいずれもハズレはないだろうが、いよいよ次回是非とも啜ってみたな、味噌ラーメン!

【中華料理 福福】
醤油ラーメン450円
福岡市南区清水1-7-30
11:30~14:30&18:00~22:00・日曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン151●中華麺35●うどん69●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 21:36 | Comments [0]

2012年10月22日 月曜日

●【中華麺】 まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その五

前回啜った「麻婆麺」との違いがエラク気になり啜った担担麺は、わぁお!想定外のスープにビックラコっ。乳白色のスープの表面に螺旋状にかけられたラー油の赤。コリャてっきり醤油スープに互いに浮いた表面だけの色合いかと思いきや、さに非ず。スープはドンブリ底まであたかも豆乳スープ・チックな乳白色。どろりんと粘度ある口当たりと共に密に広がるコレまた豆乳チック+少々のゴマ風味が斬新・担担麺スープ。

合わさる麺は例によって例の如く、シンプル細麺ストレート。なれど細麺らしからぬ存在感あるコシと味わいが濃口中華スープとイイ勝負。特筆すべきは具の肉味噌よりもホウレン草の旨さ。熱々&粘度高めの豆乳チックスープにほだされ、よく加熱されたホウレン草特有のトロンと艶っぽい食味が、Oh!モーレツっ!

汁麺全制覇まで、残り18麺。

黄金の福ワンタンまくり
担担麺550円
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00準備中)・月1回不定休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン150●中華麺35●うどん69●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 12:52 | Comments [0]

2012年10月21日 日曜日

●【ラーメン】 長浜御殿@博多区住吉

ド豚骨が啜りたくて、ついつい長浜御殿住吉店。ぷくぷくと浮く気泡が心強いカプチーノ豚骨スープを一啜りすれば、まるんっと広がる脂の甘みとどっしり香る豚骨ダシの風味。合わさる麺はプリプリ細麺&密ダシ味スープとの絡みもバッチシ。唯一の難点は今日はチト少なめのスープの量。やっぱこのラーメンは熱々つゆだくスープをズルズル啜りたひっ。

【長浜御殿】住吉店
ラーメン450円
福岡市博多区美野島1-5-1
10:00~27:00・無休 Pなし※近隣コインパーキング駐車時は100円バック

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン150●中華麺34●うどん69●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 12:02 | Comments [0]

2012年10月20日 土曜日

●【うどん】 牧のうどん@早良区重留

牧のうどんを啜り尽くせ その七

久方ぶりの早良店は、客が入口へと近づいてくると店員が入口の引き戸を開けて向かい入れ、かつセルフサービスであるはずの水も汲んで運んできてくれる、接客サービスがマーベラス。

お初で食べる牧のうどんの丸天うどんは、細かい笹がきゴボウが練り込まれた丸天が、オールドスタイル博多うどん。なれど、合わさるうどんは牧のうどん名物の釜揚げぶりんぶりんな無骨強ゴシ。そして塩気強めの正統牧のうどんのスメ。懐かし博多うどんのようで、その実、独特オリジナルな牧のうどんワールド全開な、ガチコンカッ喰らい系美味。

早良店の壁に掲げられたメニューは

  1. わかめ
  2. かきあげ
  3. ごぼう天
  4. 丸天
  5. きつね
  6. たまご
  7. おぼろこんぶ
  8. コロッケ
  9. タレつき釜揚げ
  10. 山イモかけ
  11. みそ
  12. しめじ
  13. 山菜
  14. キムチ
  15. カレー
  16. お子様
  17. えび天
  18. スペシャル
  19. ざる
  20. 冷やし
  21. 冷やし麦

先日行った白水店と比べると、唯一「鴨」が白で消されているだけで、ほぼ同じ。となると俄然気になってくるのが「鴨」と直されたそこに、以前はナニが書かれていたのだろうか……。

牧のうどんトリビア その六

牧のうどんには廃番となったメニューがある?

全メニュー制覇まで、あと26。

夜は立ち呑み二代目@早良区西新で、旨し立ち呑み。
温やっこ豆腐に盛られた肉味噌は豆鼓入りだし、
ワンタンは羊肉の旨味を生かす香辛料使いが絶妙だし、
うぬぬぅ、やっぱコノ若き店主、タダモノではない……!

 

【牧のうどん】早良店
丸天うどん400円
福岡市早良区重留2-16-25

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン149●中華麺34●うどん69●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離90km / 2012通年592km

Posted by heno at 12:29 | Comments [2]

2012年10月19日 金曜日

●【ラーメン】 博多きらら@西区愛宕浜

西区愛宕浜の住宅街の入口に先月上旬オープンした「博多きらら」は、「博多ラーメンほくと亭」@早良区東入部&「博多いちばん星」@博多区上牟田の姉妹店とのこと。最近オープンするラ店の多くはアレコレといろんなメニューが満載だが、ココはラーメンが具のバリエーションで4~5種と至って潔い。そしてデフォルトの「ラーメン」が500円と、ヘンに安売りせずそこそこチャンとした価格設定が心強い。

オーダー早々に運ばれてきたラーメンは、「きらら」なる軟弱なる屋号とは相反する、ド迫力の茶褐色&プンプン立ち上るえげつない豚骨臭。けへへ?こりゃイケそうだ!とワクワクドキドキ気分でスープを啜れば、バチコンッと広がるストロングな豚骨ダシと、その風味を色濃く描き出す醤油ダレの風味。

合わさる麺は極細ストレート。しゅるるっと一気盛んに口に収まる快感と、ぷにぷにと抗うコシが、ある意味イマドキ。カチッと味が決められたチャーシューの旨味然り、丹念に作り込まれた感アリアリの極上普通味に感心しきりで、一気完食&禁断の替え玉コール。

【博多きらら】
ラーメン500円
福岡市西区豊浜2-3-4
11:00~21:00・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン149●中華麺34●うどん68●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離86km / 2012通年588km

Posted by heno at 13:49 | Comments [0]

2012年10月18日 木曜日

●【ラーメン】 北京@佐賀県佐賀市

佐賀市の北部、大和町の幹線道路沿いに、思いのほか大きな店構えの「北京」。さがの日々佐賀×○のリポでずっと気になっていた佐賀イニシエ・ラーメン店の一軒である。

「いらっしゃいませぇ~!」

老夫婦の元気な声に迎えられ店内へ。午前11時半の店内に先客ナシ。店内に流れるラジオ番組で喋っているのは、店主の娘婿であるというヒーマンか?テーブル席に座り、壁に掲げられたメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで4~5種。焼き肉屋も兼ねているだけに「キムチラーメン」など気になるメニューもそこかしこ、なれどやっぱり「初ラ店はデフォルト」でイクかと「ラーメン500円」をたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、大振りのチャーシューがダンボの耳のように左右に盛られた、想定外のイマドキな佇まいにビックラこ。あたかもシジミのお吸い物のような、微妙に透明感を残す乳白色のスープを一啜りすれば、口当たりはふわりと淡いが、その芯はカチッと硬質なこの味わいは、あたかも韓国料理のソルロンタン。コレってヒョッとして牛骨スープなのだろうか??

合わさる麺は中細ストレート。スルスルと小気味よい啜り心地と、ぷりんっと抗う元気なコシも、柔揚げ麺がお約束の佐賀ラーメンらしからぬ旨さ。大切りチャーシューの塩気のきいた調味具合が絶妙なる薬味効果、大判の海苔をスープに溶かし、味わいのグラデーションも楽しみつつ、ズルズルと啜っていると、次から次にかかってくる出前注文の電話。

「ラーメン2杯に、えっ、チャーハン?
すいません、今日はチャーハンはないけど牛丼なら出来ますよ。
○○さんね?久しぶりねぇ、元気にされとりましたぁ?」

チャキチャキと電話応対するお母さんの声もおご馳走。やっぱガバ好いとるばい、イニシエ佐賀ラーメン。

【北京ラーメン】
ラーメン500円
佐賀市大和町大字尼寺718-7
11:00~21:00 ・月曜休み(祝日の場合は翌日に振替) Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン148●中華麺34●うどん68●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離76km / 2012通年578km

Posted by heno at 11:34 | Comments [2]

●第5回 ふくおか町村フェア

ふくおかの各町村自慢の特産品、工芸品、加工品が天神中央公園に大集合!

ふくおかの町村ならではの「おいしいもん」が天神にやってくる!
早飲み大会や〇×クイズ大会など楽しいイベントがもりだくさん!
今年はご当地アイドルグループ「QunQun」のステージイベントがあるよ!ご当地自慢の太鼓演奏も必見!

平成24年10月27日(土)~28日(日) 天神中央公園

※以上、福岡県HPより引用

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/d11/choson-fair5.html

Posted by heno at 00:28 | Comments [0]

2012年10月17日 水曜日

●【ラーメン】 月や本店@博多区店屋町

豚骨博多の醤油ラーメン その五十

ヤマダホニャララTwitterでその存在を知った「支那そば月や本店」。住所を頼りに車で訪ねると、おやおや何処だ?見つからない。おかしいなと付近を一周し、もう一度訪ねると、パステルカラーの外観に「Chinese Noodle Tsukiya」の文字看板。およそラーメン屋らしからぬ外観に負けず劣らず、広々した店内もオサレなカフェ風。そしてホール担当は全員女性とトコトン女性客を意識した店作り。

麺メニューは「支那そば490円」、「チャーシューそば690円」、「海老ワンタンそば690円」、「柚子そば690円」に「チャーシューワンタンそば890円」。「支那そば月や」創業店にはあった「ゆず星」や「辛味星」などの「薬味星」はナシ。柚子そばが気になり注文を取りに来た店員に尋ねると、支那そばに多めの白髪ネギと柚子胡椒を添えたものとのこと。ならばデフォの支那そばでイクか。

待つことしばし、運ばれてきた支那そばは創業店のソレよりチト具&薬味が少なめなのか、妙に醤油色のスープが目立つ盛りつけ。どらどらと月や名物の巨大レンゲでスープを一啜りすれば、おやおや創業店とチト印象が異なるぞぉ。

創業店はぽってりと甘くまったりときいた醤油の風味が印象的な独特美味なるスープだったが、今日のコレはダシの旨味がきいて醤油の風味も程よい、いわゆるチャンと旨い醤油ラーメンのスープ。

合わさる麺はうどんチックな扁平平麺。モチモチ、プルプルなコシから察するに、かなりの多加水麺なのだろうか?チャンと旨い醤油スープと相まって、ナンとも旨いし食べ応えもアリ。大判チャーシューも厚さこそ創業店のソレより随分薄めだが、十二分にモチモチと旨し。

創業店のアノ味と比べると少々インパクト不足の感は否めないも、十二分にチャンと旨い上出来醤油ラーメンが、価格もウレシイ490円。あぁ旨かったと改めてメニューを見ると、夜営業ではチョイ飲みに最適なアテも豊富にラインナップ。ではでは次回は夜、ラーメン屋酒をばまったりとタノシみたい。が、このオサレな雰囲気に、むくつけき中年麺馬鹿の酔っ払いは不似合いか?!

支那そば月や本店
支那そば490円
福岡市博多区店屋町2-21
11:00~15:00&18:00~24:00・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン147●中華麺34●うどん68●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離76km / 2012通年578km

Posted by heno at 13:06 | Comments [2]

2012年10月16日 火曜日

●【うどん】 新たうどん@北九州市戸畑区

錦うどん」や「更新うどん中原店」と美味うどん店が密集する北九州市戸畑区中原に、7月末オープンした「新た切り麦 新たうどん」。らーめんくーぱーのブログでその存在を知り、屋号からしてナニやらオモロ旨そうだと興味津々だった宿題店である。

住所を頼りに訪ねると、土壁風の古民家チックな外観。そして店内も割烹料亭チックだし、店内BGMはクラシックだし、店員の装いも白い上着に黒の袴の和装と、目一杯オサレ感を演出。

メニューは「温かいおうどん」が7~8種と「つけ麺(さくら麺)」が5~6種。そして要予約ではあるが、うどんを盛り込んだコース料理も3種ほどアリ。桜の塩漬けを練り込んだらしき「つけ麺(さくら麺)」に惹かれるも、今日の気分は温うどん。で、我が麺喰いポリシーに忠実に「初う店はゴボ天」。

待つことしばし、運ばれてきたごぼう天うどんは、コレまたオサレ。うどんのドンブリは有田焼の深川製磁だし、薬味はネギではなく三つ葉。天ぷらもモチロン別皿盛り。笹切りごぼう天の姿揚げにカボチャ天が一片添えてある。そして柚子胡椒が小皿に少々。

まずはスメと木製レンゲで一啜りすれば、ぶわんっと広がる削り節の力強い旨味と醤油カエシの密なる風味。あたかも蕎麦のスメのごとき江戸前な味わいがオサレ感を演出。そして合わさるうどんも中細ながら、コシコシ&ぷりんぷりんの食味演出系。ごぼう天もモチロン揚げたて、サクッ&ザクッと噛み込めば根菜ならではの風味が味わいに彩りを添える。途中、柚子胡椒や卓上に置いてる七味唐辛子で更なる味わいの変化も存分に楽しみつつ、ゆるゆる完食。

ああ旨かったと一息ついていると、冷たいお茶と共に、やせうまならぬうどんの黄粉和えが供される。とことんオサレなおご馳走うどん、なので「ごぼう天うどん630円」もいたしかたなしか。

新た切り麦【新たうどん
ごぼう天うどん630円
北九州市戸畑区中原東1-14-16
11:00~15:00&17:30~20:00・木曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン146●中華麺34●うどん68●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離66km / 2012通年568km

Posted by heno at 11:59 | Comments [0]

2012年10月15日 月曜日

●【うどん】 牧のうどん@春日市天神山

牧のうどんを啜り尽くせ その六

初めて訪ねる白水店。まずは店頭の看板が黄色なのか白なのかとチェックすると、おやおや看板に書き文字ではなく、店舗の壁に文字型が貼り付けれているではないか?!ひょっとして、このタイプの店頭看板は、唯一ここ白水店だけではないだろうか??

大学生の頃は決まって啜っていた「ごぼう天うどん」を久方ぶりに啜ると、おやおや、ごぼう天が随分と丁寧に揚げてあるではないか?!当時は衣が剥げかかった雑なゴボ天が平気で出てきていたのだが、など思い出しつつスメを啜ると、

わぁおわぉ、こりゃドエラク旨いスメでないのぉ~!!

グリンと密なる昆布ダシに塩気強めの調味が牧のうどんのスメなれど、今日のコレは随分と柔らかなダシと気持ち甘めの調味具合がほっこり美味。スープは本社で一括生産されて各支店に配達されると聞いているが、先日の東平尾店はハンパなく塩辛かったし、ひょっとして配達されたスープをベースに各支店で独自の再調味をされているのか??それとも本店で作るスメが日によってかなり異なる味わいで、ひょっとして今日東平尾店で啜ったら、このスメと同じ甘めの味わいなのだろうか???

白水店の壁に掲げられたメニューは

  1. わかめ
  2. かきあげ
  3. ごぼう天
  4. 丸天
  5. きつね
  6. たまご
  7. おぼろこんぶ
  8. コロッケ
  9. タレつき釜揚げ
  10. 山イモかけ
  11. みそ
  12. しめじ
  13. 山菜
  14. キムチ
  15. カレー
  16. お子様
  17. えび天
  18. スペシャル
  19. ざる
  20. 冷やし
  21. 冷やし麦

「みそ」が載っているところは今宿店と同じだが、更に「鴨」まで載っている。これまで片江店、今宿店、マリナタウン店、東平尾店に周船寺店と巡ってきたが、かなり自由な営業が許されているようだ。

 

牧のうどんトリビア その五

牧のうどんには季節限定の具がある。しかも同じうどんチェーンである「ウエスト」の様に各店各様ではなく、どうやら全店で一斉に販売されている模様。この季節は「いも天」と「新じゃがコロッケ」が販売中。

全メニュー制覇まで、あと27。

【牧のうどん】白水店
ごぼう天うどん400円
福岡県春日市天神山1-75
10:00~23:00・第3水曜日休み

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン146●中華麺34●うどん68●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離56km / 2012通年558km

Posted by heno at 13:14 | Comments [2]

2012年10月14日 日曜日

●BREAK GENERATION 2012

ポスト博多めんたいロック3バンドの現在進行形ギグ!

Posted by heno at 12:44 | Comments [0]

●【うどん】 讃岐うどん雲海@志免町田富

空前の(?)新う店開店ブームに沸く(?)福岡市だが、その南隣、糟屋郡志免町に今月9日「手打ち讃岐うどん雲海」がオープン。正午過ぎに訪ねると、店内はほぼ満席状態。おそらくその多くは店主の知人か?精算する客の多くが、開店を祝う言葉をかけている。

わずかに空いたカウンター席に座りメニューを見ると、うどんは温かけうどんと、ざる、ぶっかけ、生醤油の4種類。讃岐うどんを屋号に謳うわりには、讃岐うどんお約束の具のトッピングはナシ。メニュー筆頭の温かけうどんの中から香川県観音寺市から直送という「ちくわ天」でいくか?いやいや、讃岐うどん=うどんが主役。その味わいがストレートに楽しめる「生醤油」でイクぞっ。

待つことしばし、生醤油うどんが運ばれてくる。くるりと丁寧に盛り込まれたうどんがナカナカの美人である。美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則、こりゃイケそうだと期待を胸に、生醤油をちょろりとかけ&レモンを搾り入れ、ズルズズッと啜ればぬらりと艶やかな啜り心地。うへへ、こりゃイイぞぉと噛み込めば、むっちり&もっちりと抗う優しゴシ。エッジ丸めな見た目通り、グニッと抗う強ゴシよりひと味懐深いこのコシが好印象。そして噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味がカナリ我がツボ。

生醤油は気持ち甘め。コレはコレで旨いのだが、我が好みからすると、マチッと辛めだとよりうどんの甘みが際立つ気がする。そして価格も、このうどんの量で温かけうどんのちくわ天430円より高い450円はチト割高感アリ。

とは言いつつも昨今オープンラッシュの新う店の中でもカナリ好みの一杯。そして隣の客が啜っている温かけうどんから漂うエラク旨そうな温かけ汁の芳しきダシの香り。コリャ是非とも再訪必至、オペレーションが落ち着くであろう1ヶ月後にちくわ天だっ。

【手打ち讃岐うどん 雲海】
生醤油うどん450円
福岡県糟屋郡志免町田富4-1-17
11:30~15:00・火曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン146●中華麺34●うどん67●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離56km / 2012通年558km

Posted by heno at 12:39 | Comments [0]

2012年10月13日 土曜日

●【ラーメン】 麺道はなもこし@中央区薬院

夜は久しぶりの「酒肆ちろり」@中央区渡辺通。突き出しの鯛の昆布じめやイカの肝和え貝焼き、銀杏にざる豆腐の唐揚げ厚揚げなど、相も変わらずの鉄板美味アテを突きつつ、旨し地酒をあおるシアワセ。たまさか居合わせたコレまた超お久しぶりの麺友と山の話も楽しみつつ、ゆるゆると流れる楽しき時。

〆は「麺道はなもこし」で念願のチョイ飲み。想像以上にデラ美味なる鶏ダシおでんを突きつつ、焼酎ロックをクイクイッ。そして〆麺は鶏中華そば。甘きダシ香り立つ優し味スープにシュルシュルと小気味よい中太ちぢれ麺。具もシナチクに岩海苔に白髪ネギと味わい深くバージョンアップ。前回啜った時とは全く別物の癒し系美味なる一杯に、コレまたシアワセ一杯腹一杯。

麺道はなもこし
鶏中華そば580円
福岡市中央区薬院2-4-35
11:45~14:30&19:00~22:00・日曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン146●中華麺34●うどん66●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離56km / 2012通年558km

Posted by heno at 22:20 | Comments [0]

2012年10月11日 木曜日

●【ラーメン】 五島軒@中央区荒戸

豚骨博多の醤油ラーメン その四十九

2年ぶりに啜る五島軒のあごだし麺は、随分と力強くパワーアップ。まずスープが旨いっ。アゴだしの旨味の広がり感がググッと増した感ある包容力溢るる味わいに、まずメロっ。そして麺。福岡産ラーメン用小麦粉であるラー麦を使った自家製麺は、前回のサクッと小粋な食感から、あたかもうどんチックにむっちりと抗うコシが太麺好きの我が麺心を鷲掴み。

そして薬味も然り。チャーシュー、煮玉子、ホウレン草と以前の具に加え、新たに添えられた岩海苔がスープに塩の香を映し、ナンともイイ仕事をしマクリ美味。スープ、麺、具それぞれがパワーアップし、互いに互いの旨さを引き立てる。イヤハヤこりゃまたウレシイ&オイシイ想定外。あぁだから麺食べ歩きはヤメラレナイ!

五島軒
あごだし麺550円
福岡市中央区荒戸3-4-20 パークサイドアイビー2階
11:30~14:30(土日祝のみ18:00~21:00も営業)
Pあり(ビル1階駐車場の1番・2番・3番)

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン145●中華麺34●うどん66●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離40km / 2012通年542km

Posted by heno at 13:19 | Comments [0]

2012年10月10日 水曜日

●【ラーメン】 ラーメン仮面55@中央区薬院

豚骨博多の醤油ラーメン その四十八

一軒ナンちゃナサげな醤油色のスープだが、その実アレコレありマクリのプログレ滋味。熱々の口当たりと共に、淡く広がる鶏ガラと根菜らしきダシの旨味のすぐその後に広がる和テイストなダシの旨味は、若干使っている魚介ダシの成せる技か?そしてさらに、ふわりと香り立つエスニックな後味風味が、わぁおオリエンタル!それぞれ個性異なる淡い滋味が折り重なり生まれる豊かな味わいに、あぁもうメロメロォ。

合わさる麺は中太ストレート。エラク短めなのは女性客が食べやすいようにと考えてなのか?ボリボリと折れ広がる素朴な風味がプログレ滋味なるスープとベストマッチ。そして鶏肉チャーシューも「麺道はなもこし」バリにしっとりと旨いし、白髪ネギと大葉の薬味が更なる味わいの深みを演出するしで、シッカリと作り込まれた淡麗正油ラーメンに、心底ゾッコン。

【ラーメン仮面55】
正油ラーメン580円
福岡市中央区薬院2-13-33
11:30~22:00・月曜休み Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン144●中華麺34●うどん66●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離40km / 2012通年542km

Posted by heno at 13:17 | Comments [0]

2012年10月09日 火曜日

●【ラーメン】 江ちゃんラーメン@早良区原

早良区の原団地入り口交差点に一昨日オープンした「江ちゃんラーメン」。福岡新麺店情報王ブログによると、「ふくちゃんラーメン」@早良区田隈の姉妹店「ふくちゃん亭」@早良区藤崎が移転、餃子&ホルモン店からラーメン店に業態を変え再スタート。

正午過ぎ、暖簾を潜るとこぢんまりした店内は先客5名。カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで4~5種に、餃子と揚げ餃子。そして、ふくちゃんラーメンでは無料サービスの辛ネギニラと辛子高菜がそれぞれ100円。なれどラーメンはふくちゃんより安めの500円。

カウンター奥の厨房には女性がふたり。私の記憶が正しければふくちゃんラーメンの現店主のお母さんと妹さん。ラーメンを頼むと妹さんが麺を釜に投入し、茹で、平ザルで揚げる。カッカッカッと平ザルを釜の縁に幾度も当てて、丁寧に湯切りする様が今なき先代店主と、まんま同じ。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、スープは普通の量だしチャーシューには脂身があるしで、ドンブリすれすれまで汁だくスープ&脂身のほとんど無い肩肉チャーシューであるふくちゃんラーメンとは、かなり異なるルックス。なれど、スープを啜れば、スイッと滑らかな口当たりと共にクイッと顔を出す豚骨ダシのコクと、気持ち塩気強めのこの味わいは、ナルホド姉妹店。

気持ち細めの中太麺は適度にコシを主張するジェントルな味わい。合わさるチャーシューも、もっちりと旨くて、コレまた印象は兄弟ではなく姉妹店。

酒のアテとなるメニューも豊富だし、ならば次回は休日の午後。休日は行列必至の超人気店ふくちゃんラーメンでは叶わぬ、ラーメン屋昼酒なぞ楽しんでみたいぞっ。

【江ちゃんラーメン】
ラーメン500円
福岡市早良区原3-10-16
11:30~ Pなし

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン143●中華麺34●うどん66●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離30km / 2012通年532km

Posted by heno at 12:30 | Comments [0]

2012年10月08日 月曜日

●【うどん】 牧のうどん@糸島市高田

牧のうどんを啜り尽くせ その五

牧のうどんの全店を巡りつつ全うどんメニューを啜り尽くすとの野望を胸に向かったのは周船寺店。20店舗ある牧うどんの3号店と、かなり古くから営業している店舗だが、今日がお初。近所に我が最愛の今宿店があるせいだろうか?など思いつつ入店すれば、正午前だというのに既に7割方席が埋まっている。

周船寺店の壁に掲げられたメニューは

  1. わかめ
  2. かきあげ
  3. ごぼう天
  4. 丸天
  5. きつね
  6. たまご
  7. おぼろこんぶ
  8. コロッケ
  9. タレつき釜揚げ
  10. 山イモかけ
  11. しめじ
  12. 山菜
  13. キムチ
  14. カレー
  15. お子様
  16. えび天
  17. スペシャル
  18. ざる
  19. 冷やし
  20. 冷やし麦

2号店である今宿店とほぼ同じだが、唯一の違いは「みそ」が載っていないこと。て事はここ3号店がオープンした当時は2号店で出していたみそが不人気だったのでメニューから外していたということだろうか?

お初で啜る牧のうどんの「かき揚げうどん」。どん兵衛の後のせ天ぷらも真っ青なほどにゴチゴチガリガリのかき揚げ天に食べ始めこそ閉口するも、スメにヒタヒタに浸し徐々に衣が解けていくに従って、グイグイと旨さが増すエビの風味と天かすの甘みが、うししと旨しっ。

正午前という時間も味方したのか、キリリとエッジの立った男前うどんは、見た目通りのぶりんぶりんゴシ。スメの塩加減もイイ感じで、かけうどんとしても我が最愛今宿店に勝るとも劣らぬ旨さ。さがしかし、スメは本社工場で一括生産し各支店に配る牧のうどんだが、店舗ごとに微妙に味が違うように感じるのはナゼだろうか??

先日の空港店同様に、足しスメ用ヤカンがうどんとともに最初から供される。卓上の一味は今宿店はドンブリに盛ってあった記憶があるが、ここ今宿店はふりかけ容器入り。

 

牧のうどんトリビア その四

あぁ旨いなぁ、次は何処の店舗で何うどんを啜ろうか?と卓上に置いてあるオーダーシートを眺めていると、ふと違和感が…。

ううん?ナンだかメニューが減ってないかぁ…??

コレが今日の今宿店のオーダーシート。そして下が8月に片江店で撮ったオーダーシート。

夏季用メニューである「冷やしうどん」、「冷レモンおろし」、「冷麦」、「冷なめこおろし」、「冷やしとろろキムチ」が姿を消しているではないか?!

 

全メニュー制覇まで、あと28。

【牧のうどん】周船寺店
かき揚げうどん400円
福岡県糸島市高田4-25-5
10:00~23:00 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン142●中華麺34●うどん66●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離30km / 2012通年532km

Posted by heno at 11:21 | Comments [0]

2012年10月07日 日曜日

●【うどん】 元祖肉肉うどん@太宰府市水城

北九州市小倉南区の隠れご当地うどんである「どぎどぎうどん」のチェーン店である「元祖肉肉うどん」。博多区千代、中洲、川端通、中央区渡辺通、東区松島、西区福重、春日市、太宰府市水城と、福岡市とその周辺に8店舗を展開している。その大半の店舗は冷凍うどんを使用しているが、おそらく唯一自家製うどんの釜揚げうどんが楽しめるのが、ここ太宰府市の水城店。

真っ黒黒助なスメの見た目通りのぽってり濃い味スメにも、そして角切り牛ホホ肉のニチニチと広がる旨味にも、決して引けを取らない太打ちうどんのむっちりコシと、噛み込むほどに広がる小麦の風味。やっぱ肉肉うどんには、食感演出系の粉を使った冷凍うどんは似合わない。やっぱ元祖肉肉うどんは、ここ太宰府店が我が最愛。

夜は「どぎどぎラーメン」。マルちゃん「正麺」塩味に、昨夜「讃岐うどん きむらや」でお土産に貰ったどぎどぎ肉を盛り、おろし生姜と鷹の爪をこんもり添えてズビズビ啜れば、うんうんコレありっ!コレめっさ旨いっすぅ。

【元祖肉肉うどん】太宰府店
肉うどん580円
福岡県太宰府市水城3-4-6
11:00~22:00・無休 Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン142●中華麺34●うどん66●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離17km / 2012通年519km

Posted by heno at 11:08 | Comments [0]

2012年10月06日 土曜日

●【ラーメン】 三洋軒支店@糟屋郡志免町

志免町の志免鉱業所竪坑櫓のほど近く、路地へ入り込んだ住宅街の一角に、深紅の暖簾。店へと近づくほどに、ふわんと香り立つ豚骨臭に食欲を掻き立てられマクリ。暖簾を潜るのももどかしく、「すんませ~ん、ラーメンくださ~い!」

イイ感じに透明感を残す白濁スープを一口啜れば、すいっと軽やかな口当たりとともにフワッと広がる豚骨ダシの甘みと微かな酸味。このちょっとチトひねた味わいが「三洋軒支店」の味力。

合わさる麺は中細麺。ボリボリと折れニチニチ粘る無骨な味わいがひねものスープと相性抜群。イニシエ・ラ店にしては珍しく、チャーシューも冷蔵庫臭なくチャンと美味。海苔が大きいのにイマイチ風味が弱いのはご愛敬、ナンちゃナイけどナンとも旨い一杯に、シミジミと癒されマクリ。

夜は来週10日水曜オープンの「讃岐うどん きむら」のレセプションに参加。

讃岐うどん定番の「ぶっかけうどん」がメインではあるが、「肉つけ汁うどん」や「和牛もつ煮込みうどん」に、夜営業のみ提供の「カルボナーラうどん」や「洋風焼きうどん」などオモロ旨そうなメニューも充実。さらに夜は日替わりで3品のアテをひと皿に盛り込んだ「ワンプレート」など、チョイ飲みうどんも楽しめる。※詳細はコチラ。10月10日グランドオープン。10日&11日はオープン記念で「讃岐天ぶっかけうどん」を500円にて提供とのこと。

【三洋軒支店】
ラーメン400円
福岡県糟屋郡志免町東公園台2-7-2
12:00~21:00・水曜休み Pなし

讃岐うどん きむらや
福岡市中央区大名1-5-3
11:00~15:00&17:00~24:00・月曜休み

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン141●中華麺34●うどん65●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離17km / 2012通年519km

Posted by heno at 12:26 | Comments [0]

2012年10月05日 金曜日

●【麺】 ASIAN DINING MARUTOMI@中央区天神

天神西通りの路地に建つオサレなビルの地下1階に、先月末オープンした「ASIAN DINING MARUTOMI」。生け簀割烹「稚加榮」@中央区大名が手がける新業態店とのこと。ビル脇の階段を下りると、映画「ブレードランナー」に出てきそうな、中国と日本とベトナムを足して3で割ったようなインテリアの広々とした店内。

奥のテーブル席へ通されメニューを見ると、昼は創作麺料理で夜は創作鍋料理が食べられるようだ。メニューの蘊蓄書きによると、麺は小麦粉に玄米粉を合わせたオリジナル、ダシはカツオ、昆布×鶏ガラのWスープとのこと。具も「きつね」や「かき揚げ」などのうどん定番のものに加え、「豚天」や「季節の温野菜」などユニークなトッピングも。一瞬「季節の温野菜」に惹かれるも724円はチト高価ゆえ、やっぱ止めたと「ごぼう天」598円をたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたごぼう天は想定外のゴンブト丸太ん棒タイプ!更に、その下にはレタスが敷かれ、脇には桜エビが添えてある摩訶不思議仕様。

まずはスープと一啜りすれば、ぶわんっと広がる華ある旨味。カツオの風味と鶏ガラの旨味と濃い目のカエシがギュンギュンとせめぎ合うド派手な味わいに、まずビックリ。

麺はかなりの太め。箸で摘んだ時のズッシリとした重量感が象徴的、するると口に収まり、むっちりと解ける深いコシが心地よい。玄米粉をミックスした効能か噛み込むほどに広がる素朴な風味もググッと我がツボ。

なれど、丸太ん棒ごぼ天を囓ると、ぶわんっと広がるド派手な旨味に、コレまたビックリ。おそらくゴボウをシッカリ甘辛く煮てから衣につけ揚げてあるのだろう。こんなに濃い味のゴボ天を私はかつて食べたことがないぞと、下に敷いてあるレタスを口に入れると、その濃い味が若干緩和される。ナルホド、この為にレタスが惹いてあったのか……?

兎にも角にも、老舗割烹料亭がアレコレと創意工夫を凝らした新感覚の創作麺料理である。いみじくもここはかつて、創作フレンチの名店「キハチ」が営業していた店舗。次回は麺自体の旨さがストレートに楽しめそうな「ざる」を啜ってみたい。

【ASIAN DINING MARUTOMI】
ごぼう天598円
福岡市中央区天神2-4-29-B1F
11:00~15:00&17:00~22:00・月曜休み(祝日は翌日振替)

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン141●中華麺34●うどん63●そば28●その他29
◎10月の総ジョグ距離0km / 2012通年502km

Posted by heno at 12:10 | Comments [0]

2012年10月04日 木曜日

●【ラーメン】 中華そば みのる@佐賀県鳥栖市

佐賀県鳥栖市の本通り商店街から北へ路地に入った大正町に、土壁作り風のシックな外観の「中華そば みのる」。「ラーメンの鬼」として一世を風靡した佐野実のもとで修行した店主が先月上旬にオープンした新ラ店である。

木の引き戸を開けると外観同様、木を基調としたシックな店内。カウンター席に座ると、奥の厨房からナンとも芳しい魚介ダシの香り。そして卓上のメニューを見ると、ラーメンが中華そばとチャーシューメンの2種×麺の量の大・中・小の3種と至って潔いメニュー構成。コリャ期待できそうだと小躍りしつつ、中華そばの中をたのむ。

ほどほどに熱いスープは、スイッと広がる豊かなダシの旨み。味わいの芯は魚介ダシなれど、鶏ガラに加えおそらく様々な食材でスープをとっているのだろう。なんとも豊かに、かつ軽やかに広がる旨味に、思わずムフフと頬が緩む。

合わさる麺がコレまた旨いっ。中細のストレート麺は、啜った時の滑らかな触感然り、クニッと軽やかに抗いサクッと解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦の甘み然り、滋味美味スープとの相性も抜群。そして、チャーシューやシナチクも必要最小限に我が旨味を主張し、滋味スープンの旨さを邪魔することがない。一杯のまとまり感が抜群なので、食後の満足感も高い=630円というチト高めだが十二分に納得価格。

いやはやドンズバ我がツボな中華そば。夜は焼き鳥も出すという。コリャ是非とも機会を作り、次回は夜営業。焼き鳥でチョイ飲みし、中華そばの小で〆てみたひっ。

【麺処呑処 中華そば みのる】
中華そば630円
佐賀県鳥栖市大正町778-5
11:30~14:00?&18:00~23:00・日曜休み Pあり

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン141●中華麺34●うどん63●そば28●その他28
◎10月の総ジョグ距離0km / 2012通年502km

Posted by heno at 11:33 | Comments [0]

2012年10月03日 水曜日

●【ラーメン】 麹屋@早良区西新

豚骨博多の醤油ラーメン その四十七

西新商店街の路地に先月オープンした「烏骨鶏らーめん麹屋」。ラーメンは「味噌麹」に「醤油麹」、「塩麹」の3種類×具のバリエーションがそれぞれ4種。店頭の幟に書かれた蘊蓄書きによると「塩麹に含まれる酵素の働きで旨みがアップし、食材どうしの味のバランスを整え、味わいをより深いものにしてくれます。更に、肌と関節に効果があるとされる『コラーゲン』をたっぷり含んだ『烏骨鶏のスープ』で創った麹屋自慢の逸品」とのこと。

イイ感じに透明感を残す醤油スープは、スイッと広がる鶏ガラだしの豊かな旨みと、ふわっと広がる味噌っぽいこの発酵感は麹の成せる技か?合わさる麺は中太縮れ麺。ガサゴソと口に収まりボリボリと折れるコシが無骨に美味。具は大判の薄切り豚バラ肉チャーシューと、メンマ、ゆで玉子に海苔。

烏骨鶏の肉片こそのっていないが、ドンブリの「薬膳料理 烏骨鶏ラーメン」の青い文字は、博多の烏骨鶏ラーメンの祖、龍@博多区中洲とまんま同じ。天照@中央区舞鶴同様の、龍の変名FCラ店の一軒なのだろうか?キチンと旨い一杯ではあるが、価格は630円。この立地&否豚骨ラーメンで630円が果たして受け入れられるのだろうか??

【博多烏骨鶏らーめん 麹屋】
おいしいらーめん醤油630円
福岡市早良区西新4-7-17
11:00~23:00 不定休

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン140●中華麺34●うどん63●そば28●その他28
◎10月の総ジョグ距離0km / 2012通年502km

Posted by heno at 13:16 | Comments [0]

2012年10月01日 月曜日

●【つけ麺】 博多元助@中央区薬院

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その十一

豚骨ラーメン至上主義であるここ博多で、つけ麺の存在を広く知らしめた、いわば博多つけ麺の祖の一軒である「博多元助」@中央区薬院本店で、先月新発売された「鶏つけ麺」は、とろりんっと円やかに広がる白湯特有のダシの旨みと魚介ダシの風味×ぷりんっぷるんっと踊る中太丸麺。

いやはや旨い。コリャ旨いっ。なれど具は厚切りの茹で鶏モモ肉とシナチク2~3本と、白髪ネギで850円。チャンと旨い一杯なれど、「はなもこし」@中央区薬院を筆頭に、アレコレ手の込んだ絶品鶏白湯がそこかしこ。かつてグループ店で「濃厚鶏魚介」を謳い絶品オモロ鶏白湯つけ麺を出していた元助、果たして今後の展開は……?

【博多元助】薬院本店
鶏つけ麺850円
福岡市中央区薬院2-2-2
11:30~23:00・年中無休

◎2012通年麺喰い◎
ラーメン139●中華麺34●うどん63●そば28●その他28
◎10月の総ジョグ距離0km / 2012通年502km

Posted by heno at 19:01 | Comments [0]