2012年11月16日 金曜日

●【堀留屋】@東京都中央区

前回の東京出張でグイッとドンズバ我がツボだった「角萬」@東京都台東区の”蕎麦二郎”肉南蛮そば。で、ネットでアレコレ調べると、角萬リスペクト系の蕎麦屋が日本橋にあるという。

住所を頼りに訪ねると、ビジネス街の一角に目指す「堀留屋」を発見。暖簾を潜るとカウンターだけ10席ほどの店内は先客ナシ。席に着き壁に貼られたメニューを眺めると。「ざる」や「おろし」」、「花巻」など正統蕎麦屋的メニューに並び、我が目当ての「肉南蛮そば」が、「かけ」と「冷や」と「つけ」の計3種。そしてメニュー巻末に「太麺(平打麺)あります」とのウレシイ一文。

そしてそのメニュー下にはそばの量の但し書き。「少なめ」が既に400gで、「少し少なめ」が500g、そして「普通盛」は600g。「一般そば店のもりそば3つぐらい」と説明されているが、普通の蕎麦屋は1人前150gもないのでは?なので、600gは4人前にあたる量か?!メニューは更に「少し多め」700g、「多め」800gと続き、ここまでは同一価格。そして更に「大盛り」が801g~1kgまでプラス200円。しばし迷い、「肉南蛮そば つけ」の普通盛りを太麺でたのむ。

待つことしばし、まずは蕎麦が差し出される。大皿に溢れんばかりの極太平打ち蕎麦がてんこ盛りだぁとビビッていると、普通の蕎麦屋では存在しないであろう超大型のドンブリにナミナミと盛られた熱々のつけツユと、小皿で白葱も供される。

温つけツユの中には、ツユで良く煮込まれた厚切りスライスの豚肉と白ネギがゴロゴロ。そして薬味にはタマネギのスライスが添えてある。

おっしゃぁ、戦闘開始と幅1.5センチは優にある平打ち蕎麦をむんずと箸で摘み、ざぶんと温つけツユに潜らせズビズビ啜れば、キリッと醤油カエシがきいてはいるが、豚肉や白葱の甘みがイイ感じに甘いツユに、ムリンっムリンっと踊る平打ち蕎麦。一見大味かと思いきや、その実いたって正統美味なるその味わいに、一発メロリンキュー。

こりゃ旨いな、うんうん旨いと食欲全開。具の豚煮や白葱やタマネギなどをソレゾレともに蕎麦を喰らえば、豊かに広がる味わいの変化。ガツガツと半分ほどカッ喰らったところで、こんどは小皿の白葱や卓上に置いてある七味唐辛子で更なる味わいの変化も十二分に楽しみつつ食べれば、600gなにするものぞ、食べ飽きることもなく、あっという間にぺろり完食。

いやはやコリャまた素敵に旨いガッツリ蕎麦。次回の上京の際にも是非とも立ち寄り、こんどは「冷や」で喰らってみたひっ。

昼麺は、老舗中華レストラン「銀座アスター」の渋谷東横店で、念願の「アスター麺」。その見た目からてっきり醤油スープ&具だくさんの五目そばかと思いきや、熱々スープはナンとライトな味噌テイスト。ナンでもスープは醤油味だが、具を味噌で調味していて、その味噌風味がスープに映っているのだとか。そして中太麺の恐ろしく長い麺腺とサクッとビーフンチックな食味もオリジナリティ溢れる旨さ。こりゃ次回熊本八代に行った際は「友苑」のアスター麺も啜ってみたいな。

堀留屋
肉南蛮そば つけ950円
東京都中央区日本橋堀留町1-6-10
11:30~20:30(土曜11:30~17:00)・日祝休み Pなし

銀座アスター】渋谷東横店
アスター麺1365円
東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店東横店
11:00~22:30・年始休み Pあり
◎2012通年麺喰い◎
ラーメン158●中華麺37●うどん74●そば32●その他29
◎11月の総ジョグ距離45km / 2012通年637km

Posted by heno at 2012年11月16日 17:08
コメント
コメントしてください




保存しますか?