2013年04月01日 月曜日

●【うどん】 えびすやうどん@博多区住吉

うどん好きに惜しまれつつ閉店した「もちもち麺工房 松」の跡に、先月上旬オープンした「えびすやうどん」。開店1ヶ月を過ぎ、おそらくオペレーションも落ち着いた頃かと、初訪問。

コジャレた外観&店内は松の頃とまんま同じだが、メニュー構成は異なる。松の頃はうどんをかけ、ざる、ぶっかけ、醤油ぶっかけの4種類の食べ方×量でたのみ、別途に具をトッピングするオペレーションだったが、えびすやうどんはかけうどんが基本で量も一種類で330円×トッピングが10種ほど。そして、ぶっかけうどんが具のバリエーションで6~7種に、ざるうどんと、カレーうどんと、スタミナうどん。迷うことなく「初う店はゴボ天」をたのむ。と……。

ほどなく運ばれてきたゴボ天うどんは、湯気とともに豊かに立ち上るダシの風味。コリャ旨そうだっと期待を胸に一啜りすれば、パキンッとダシがきいた鯔背な味わいが、文句なし旨しっ。ならばうどんは?とズズッと啜れば、ソリャもうもっちもちの、もちもちもちぃ~。こりゃ半端ないモチモチ食感だぞぉ!と楽しんでいるうちに、ふと思い出す。

そう言えば、松のうどんも鯔背スメにモチモチうどんだったよなぁ…。

で、カウンター奥の厨房に視線を移すと、麺茹で釜がナント大型圧力釜ではないのぉ!?確か、松の店主は圧力釜うどん名店である「麺屋ほり野」出身だったはず。と言うことは、と炊きあがった圧力釜に冷水をかけ冷ましている従業員の顔を見ると、

やっぱりそうか?確かこの方は松の時にもいらっしゃったような……?!
て事は、えびすやうどんは店主は同じ方だが、松から屋号と商品構成を変えた新業態うどん店だったのか??!!

兎にも角にも、旨しうどんが再び啜れるシアワセよ。次回は松の頃に啜り損ねたぶっかけうどんを啜りたひっ。

【えびすやうどん】
うどん330円+ごぼう天150円
福岡市博多区住吉2-16-8
11:00~21:00 Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン53●チャンポン6●中華麺5●うどん20●そば7●その他3
◎4月の総ジョグ距離0km / 通年129km

Posted by heno at 2013年04月01日 12:16
コメント
コメントしてください




保存しますか?