2013年07月06日 土曜日

●【チャンポン】 ご馳走家@早良区四箇

 

息子達のバスケの試合会場がすぐ近くで、その存在は知っていた「ご馳走屋」だが、Sakura’s daily lifeによると「チャンポン」がかなりイケてる様子。んならば啜らんわけにゃぁイカンでしょう!

外観同様に目一杯手作り感溢れる店内には、夫婦らしき男女2名。カウンター席に座りメニューを見ると、汁麺が「ちゃんぽん650円」、「少なめちゃんぽん590円」、「あんかけちゃんぽん600円」、あんかけラーメン600円」に、「ラーメン500円」と「味噌ラーメン600円」。加えて焼きそばや、ドンブリ、トンカツや焼き魚の定食も数種アリ。あんかけちゃんぽんに惹かれるも初志貫徹、メニュー筆頭のちゃんぽんでイクか!

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたチャンポンは、ソリャもう具がてんこ盛り。誇らしげに山頂に添えられた茹で海老が、「ニイハオ」@城南区友丘チック。大振りのドンブリ一杯に盛られた様に一瞬腰が引けるも、うんにゃうんにゃ、カッ喰らうべなぁ!

右手に割り箸、左手にレンゲを持ち、戦闘態勢完了。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、豊かに広がる鶏ガラらしきダシのうま味と、ラード由来か?コラーゲン感あるネチッと感。

メニューに定食類も載っていたのでチト不安だったがナンのナンの、コリャ本格的なスープだぞぉ!ともんどり打って箸をドンブリ底へ突き立て麺を掴み、口へと放り込めば、バリバリキャベツや太もやしや、ニンジンや、プリプリゲソや貝柱やカマボコや、もっちり豚肉などなどなど、半端なく大量多種の具と、気持ち細めのチャンポン麺のポワンポワンが、口の中で踊る踊る!

具はかなりしっかり炒めら、食材の旨みを十二分に引き出しつつ、かつソレゾレの食感もキチンと残っていて、うんうんエエ仕事してまんあなぁ。確かこの場所は20年ほど前は中華料理店が営業していたが、ひょっとして2代目に代替わりの際、業態変更し「ご馳走屋」として営業しているのかも?など思わず妄想してしまうほど、チャンと旨い一杯に腹いっぱい、シアワセ一杯。うぬぅ、ならば次回は是非ともあんかけチャンポンだっ!

夜は家族で「一鉄」。ゆで鶏や餃子など、キチンと旨いアテで芋ロックをクイッと2杯。

んで、〆はラーメン。ソリャもうトロントロンのオイリー甘味スープは、師匠店である「一楽」とは全く別物、ふとかつての「拉麺帝国」@中央区高砂を思い出す。

【大衆食堂 ご馳走家】
チャンポン650円
福岡市早良区四箇6-16-42
11:30~17:00・火曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン107●チャンポン12●中華麺15●うどん48●そば9●その他7
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年206km

Posted by heno at 2013年07月06日 21:11
コメント
コメントしてください




保存しますか?