HENO HENO: 2013年11月 アーカイブ

2013年11月30日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

ようやっと都合が付き「行徳家」。「猪かけラーメン」なる新作&短期間限定ラーメンもドエラクそそられるも、ナニせ前回半端なく我がツボ入りマクリだった「ポタージュラーメン」の新バージョン。

前作は大根、人参、南瓜、馬鈴薯などから創られた、どこか洋風な味わいだったが、今日のver.2は大根、白菜、蓮根、牛蒡、小松菜、えのき、茄子などを鶏ガラスープで煮込み、白味噌で味付けした、和風な味わい。冬の根菜の旨さをコレでもかと堪能できる熱々トロトロなベジポタスープが、いやはやタマラン旨い旨い旨過ぎっスっ!

麺の全粒粉太麺も前回同様に、己の旨み×根菜ベジポタの素朴な旨みで、コレでもかとホクホク美味。ドンブリの縁に添えられた赤柚子胡椒を添えれば、更なる深き風味が訪れ、いやぁ参った、こりゃ近々また啜っちゃうかもっ!

行徳家
ポタージュラーメン白味噌仕立て680円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン184●チャンポン16●中華麺28●うどん87●そば19●その他17

Posted by heno at 13:34 | Comments [0]

2013年11月29日 金曜日

●【うどん】 おに吉@北九州市門司区

つけぶっかけかけと啜ってきた。今日は寒いし釜揚げか!とカウンター席に座ると、「期間限定 かき天うどん かき天ぶっかけ」の張り紙が。

ナニせ麺と同じくデラ好きな牡蠣ゆえに、その誘惑に抗うことなど出来るはずもなし。で、たのんだかき天ぶっかけは、素性明晰なる真性讃岐うどんのタマランこしとタマラン甘みに、揚げたてカリッぷりっなかき天のドエライうま味のせめぎ合いに、ソリャもう、エクスタシ~~!(ナンで今更ジミー大西調で)

夜は昨夜に続き「どん兵衛」の袋麺「生そば食感 鰹の旨みつゆ」を、ざるで啜れば、しゅるるぅ~と長めの麺線と、こりっシャクッなコシと、噛み込むほどに広がる風味に、うんうんメロメロ。

おに吉
かき天うどん730円
福岡県北九州市門司区西新町1-1-24
11:00~15:00・日曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン16●中華麺28●うどん87●そば19●その他17

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2013年11月28日 木曜日

●【チャンポン】 熊っ子@篠栗町篠栗

 

久しぶりに筑豊へ打ち合わせに向かう途中、あははぁ腹減ったぁ。

で、ピンッと思い出したのが「熊っ子」。ナンでも篠栗町でチャンポンと言えばココ1的大人気イニシエ店なのだとか。

店頭の看板には「チャンポン うどん ラーメわン」の文字。で、入り口へと向かうと店の外まで薫り立つ、クイクイッの豚骨臭に思わず期待が募るでないのぉ!

厨房をL時に囲むカウンター席に、小上がり、テーブル席と想定外に広めの店内は満席状態&そのほとんどがチャンポンを啜っている。わずかに空いたカウンター席に座り壁に掲げられたメニューを眺めると、

おやぁ?「うどん」が全くないじゃないのぉ…。

麺メニューはチャンポン、ラーメン、皿うどんのみで、うどんの札がない。よほどチャンポンが人気で、うどんは止めてしまったのか?

カウンター奥の厨房には夫婦らしき中年男女。主人が中華鍋をふり具を炒め、スープを投入したところで、奥さんがテボで温めた麺をドンブリへ入れ、そこへ主人が具とスープを盛る。夫唱婦随の見事な連携調理に、旨さを予感。

待つ事しばし、カウンター越しにチャンポンが差し出される。ドンブリ一杯に目一杯盛り込まれた具と、湯気と共に立ち上る豚骨ダシの香りに旨さを確信。先ずはスープと一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共に、クイッと広がるダシのうま味。軽やかなれどナンとも芳醇な味わいに、思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は細めの中太麺。ぷるんと解ける柔らかめのコシが印象的。豚肉、イカ、キャベツ、もやし、ネギに赤カマボコと、てんこ盛りの具との食感&味わいのコラボがソリャもう楽し旨しっ。

昼のピークが過ぎ、食べ終わる頃には客が減り、カウンター奥の厨房も一段落。すると、奥さんが大きな茹で釜からテボを外し、底から大ざるで大量の麺をさらい、冷水で締めた後、一人前ごと小分けする。うん?て事は、生麺か乾麺を茹でて使っているのか?て事は、茹で立ての麺に当たる確率の高い開店間際だと、シコシコ麺でこの美味チャンポンが楽しめるのか!?

夜はどん兵衛そばの袋麺。麺を茹でるとナンとも豊かな蕎麦の香り?!そして付属の濃縮ツユに湯を注げば、コレまた惹かれるダシの香り。こりゃ旨そうだとナンちゃって花巻そばで啜れば、シュルルと艶っぽい啜り心地然り、噛み込んだときの風味然り、カエシが立ちつつも気持ち甘めのスメ然り、コレって関東の立ち食い蕎麦的旨さでないのぉ。おっしゃ次回は、ざるそばで啜ってみようっ。

【熊っ子】
チャンポン600円
福岡県糟屋郡篠栗町篠栗4935-1
10:30-16:00・月曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン16●中華麺28●うどん86●そば18●その他17

Posted by heno at 13:42 | Comments [0]

2013年11月27日 水曜日

●【うどん】 讃岐うどん@中央区渡辺通

昨日ほどではナイが、やっぱ今日もサブいっ。んならばぁ、やっぱ今日もうどんさぁ。旨くて、かつ安い「讃岐うどん」渡辺通店。熱々うどんが恋しくて「あんかけ」との文字に惹かれ「きのこあんかけうどん」。

2年前に啜った「とりあんかけうどん」同様に、温うどんに、様々なきのこをうどんのスメであんとじしたタレがかかったLIKE A 皿うどんタイプ。温うどんとしっかり和えて、おっしゃと啜れば、アンとじタレのトロんトロンんな甘みと、しゅきしゅきっと小気味よいしいたけの食味と、むっちんぷりんっな麺線極長素朴うどん。

えへへんっ、やっぱサブい昼は熱々ホカホカなうどんだなぁ。

事の起こりはこんなブログ記事。水に漬けておいたパスタは、たった1分茹でるだけで、生麺真っ青もっちもちスパに仕上がるのだと?!しかも、こんな呟き。蕎麦も、予め水に漬けていると美味しく茹で上がるとな??

ならば実験。熊本県久木野村産、乾麺蕎麦粉多めの乾麺の袋に記された茹で時間は「4~5分」。で、約2倍の10分間水に漬け、予めぐらぐら煮立たせた鍋に投入し4分間。

水で締めずに釜揚げ熱々を、温つけ汁 with 黄身でズルルゥと啜れば、アッツ熱ホックホクな口当たりと共に、サクサクぅと解ける蕎麦の密なる風味。確かに、普通に茹でる蕎麦より旨い!気がするが、断然絶対なるものかわ分からない。こりゃ近々、袋に記されている茹で方で啜り直して比べてみたひっ。

 

【博多さぬきうどん】渡辺通店
きのこあんかけうどん560円
福岡市中央区渡辺通5-13-3
10:30~20:00・日祝休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン15●中華麺28●うどん86●そば18●その他17

Posted by heno at 22:53 | Comments [0]

2013年11月26日 火曜日

●【うどん】 まる謙うどん@中央区唐人町

昨日にもまして寒い寒い、ならばうどん!と「まる謙うどん」へ向かうと、入り口に「新メニュー 和風ちゃんぽん650円」の張り紙が。ココの店主は「大助うどん別府店」出身との事だが、さらにその師匠店である「大助うどん」@早良区藤崎の名物メニューが、和風ちゃんぽん「どんちゃん」。

目一杯てんこ盛りの具がウレシいぞぉ、と先ずはスメを啜る。と、ベースのうどんのスメに炒めた具のうま味が色濃く映えるその味わいは、限りなく、どんちゃん@大助うどん本店チック。そして、ムチムチと活きの良い細うどん&パリパリ野菜に豚肉、アサリとチャンと旨い具も、LIKE A どんちゃん。隔世遺伝でキチンとそのDNAを引き継いだ感のある、旨し一杯に大満足&腹一杯&シアワセ一杯。

【まる謙うどん】
和風ちゃんぽん650円
福岡市中央区唐人町1-3-4-5
11:30~15:00&19:00~22:00(土曜は昼営業のみ)・日曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン15●中華麺28●うどん85●そば17●その他17

Posted by heno at 13:25 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013【地元コラボ④】福岡 博多新風×博多一幸舎

目指したのは「正統派豚骨」。でも、この味は新しい!!

「博多ラーメンに新しい風を」と開業し、根強い人気を誇る「新風」と、アジア店も絶好調の「博多一幸舎」の一杯が融合。スープ、元ダレともにブレンドし、パンチ力、飲みやすさを兼ね備えた“ど•豚骨”が完成した。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 02:17 | Comments [0]

2013年11月25日 月曜日

●【中華麺】 ニイハオ@城南区友丘

こんなに寒い日は熱々あんかけ&ピリ辛スッパな酸辣湯麺しかナイでしょうっ!と「ニイハオ」へ。店舗から10mほど離れた駐車場に車を止め、うへへぇ寒い寒いっと店へ向かうと、店頭の立て看板が目に留まる。

「へぇ、定食、チャンポン、担々麺なのか……。」

定食自慢の店&確かにチャンポンはドエラク旨かった。ならば担々麺も!?

で、酸辣湯麺から心変わりして担々麺をたのむと、おやおやぁ??担々麺にチャーシュー?海苔??

スープは鶏ガラらしきダシがキチンと効いたニイハオらしい旨さを芯に、ゴマ風味とピリ辛調味。麺は中細プニシコ麺、スープとの絡みがすこぶる良好。なのだが、茹で卵と厚切りチャーシューが冷たくて、結果スープがチトぬるい。コレはコレでチャンと旨いのだが、我が気分は熱々麺。なので、やっぱ浮気はイカンイカン。初志貫徹で酸辣湯麺を啜るべきだったなぁ。

【ニイハオ】
担々麺690円 (「今月のおすすめ麺」価格、通常は720円)
福岡市城南区友丘3-1-23
11:30~15:30&17:30~22:00・火曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン15●中華麺28●うどん84●そば17●その他17

Posted by heno at 20:45 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013【地元コラボ③】久留米本田商店×清陽軒

“こってり”かつ“あっさり”の「こっさり」豚骨

豚骨ラーメン発祥の地•久留米の人気2店舗がコラボ。釜を空にすることなく炊き続ける豚骨スープを合わせた「呼び戻しブレンド」に注目。両店の味の要となる元ダレ醤油も絶妙の割合でブレンドし、スープの旨味を最大限に引き出す。有明海産手もみ海苔の磯の香り、ほど良い塩気もスープにしみ出し美味。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 07:10 | Comments [0]

2013年11月24日 日曜日

●【うどん】? 侍.うどん@博多区博多駅前

コラボメニュー「野武士ゲンコツうどん」
土竜が俺を呼んでいる×侍.うどんの一品は
「真心込めたゲンコツスープ」と無添加の全粒粉ブレンドの麺を使用。

ダシは侍.うどんの返しを使用。
強調しすぎず、王道豚のゲンコツスープの旨さを引き立て風味
豊かに融合した侍のかけダシ(ウルメ・昆布・アゴ・カツオ・イリコ)
の魚介ゲンコツWスープ。

更に今日使用のオリジナル・ゴボウ薫油が風味を強くします。

”土竜が俺を呼んでいる”と”侍.うどん”が作ります「とんこつうどん」

お互いの「自分らしさ」と「優しい味」をテーマ・コンセプトに
創りました今回限りの一品です。

なお、本日ご用意しました替玉麺は、私の筑陽学園高等学校時代の
同級生であり、友人の「博多新風」髙田直樹店主の友情出演となっております。

是非とも併せてご賞味ください。

※以上、メニュー蘊蓄書きより転載

侍.うどん
野武士ゲンコツうどん980円 (おにぎり付き) ※本日限定販売
福岡市博多区博多駅前4-36-20
12:00~14:00&18:00~23:00(土曜祝日は夜のみ営業)・日曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン15●中華麺27●うどん84●そば17●その他17

Posted by heno at 21:07 | Comments [0]

●北九州マラソン2014まで、あと77日

大会まで80日を切っているのに、12㎞走るのがやっと。あはんっ、コリャまず過ぎでしょう……。
◎北九州マラソンまで400㎞走破→72㎞ / 通年324km

 
Posted by heno at 12:12 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013【地元コラボ②】久留米大砲ラーメン×博多だるま

豚骨の程よい荒々しさ、脂の旨味•••さすが横綱格!!

久留米、福岡の横綱格同士の初コラボで創業年は合わせて110年。自慢の豚骨スープを半々の割合でブレンドしたラーメンは、福岡ラーメンショー屈指の濃度の高さを誇る。久留米の伝統具材である豚の脂を揚げた通称「カリカリ」と、だるまの真骨頂「背脂」と、“脂”の旨さも存分に楽しんでもらいたい。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 10:15 | Comments [0]

2013年11月23日 土曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

コリャたまらんっ、メッサ我が好みぃ!

行徳家の最新作創作ラーメン「ポタージュラーメン白味噌仕立て」は、まずスープがタマラン旨しっ。ぽってり熱々の口当たりと共に、とろんと広がるジャガイモやカボチャのうま味。そしてその味わいに豊かなコクを与えているのは生クリーム?かと思いきや、ナンと「鶏の出汁で野菜を煮て、味付けはなんと白味噌のみ」なのだとか。

合わさる麺は挽きぐるみ太麺。コレがまたいつものソレより数段旨いっ。とろんとろん&芋感あるベジポタスープに挽きぐるみの風味が引き出され、かつアッツ熱スープでイイ感じに柔らかくなって、もっちりほくほく、あぁタマランっ。

かつ、ビックリしたのが具の薄切りキュウリと三つ葉の旨さ。芋系ベジポタにキュウリは合わんやろぉ?と食べてみると、温まったキュウリならではのシャクリとした食感とともに、キュウリ独自の青臭さがベジポタの甘みを更に際立たせる。ならば三つ葉は?と囓ってみると、青臭さプラスほの苦みがコレまたベジポタのうま味の輪郭をくっきりと描き出す。

「旬の食材を中心に様々な盛り付けを私の感性にておだしするつもりです。食材の変わり目等、ブログにて告知致します!」とのこと。こりゃ再食必死だなっ!

行徳家
ポタージュラーメン白味噌仕立て680円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン183●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他17

Posted by heno at 15:00 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013【地元コラボ①】博多一風堂×名島亭

博多っ子夢のコラボが実現! 「長浜ちゃんぽん」に大満足間違いなし

今やグローバルブランドの「一風堂」と長浜ラーメンの老舗「名島亭」がタッグを組む。一風堂店主•河原氏、名島亭店主•城戸氏が、かつて同じ厨房に立っていた「長浜一番」時代のイニシエの味を復刻。濃厚な豚骨スープで作る「長浜ちゃんぽん」は、炒めた野菜や魚介の旨味、甘味がしみ出した珠玉の一杯だ。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 11:34 | Comments [0]

●北九州マラソン2014まで、あと78日

久しぶりの麺ジョグ。行徳家まで一往復をのんびりと。

◎北九州マラソンまで400㎞走破→60㎞ / 通年312km

Posted by heno at 09:29 | Comments [0]

2013年11月22日 金曜日

●【ラーメン】 らーめんGAKU@久留米市日吉町

豚骨ラーメン発祥の地、久留米に2007年オープンした否豚骨ラーメン店「らーめんGAKU」。しばらくぶりに訪ねると、お昼時の店内は順番待ちの客が出るほど大盛況。男性客のみならず、女性客やアベックなど、客層の広さが心強い。メニューも随分と増えノリにノッてるラ店の期間限定麺が我がお目当て。

期間限定「煮干しらー麺」は、てっきり真っ黒醤油スープ×ゴリゴリ煮干しダシかと思いきや、想定外の薄口醤油×滋味系。アッツ熱の口当たりと共に広がる優しいダシのうま味と煮干し香味油の風味が、ほっこり美味。

合わさる麺はプリンプリンの中太麺。啜った時の重量感然り、噛み込んだときのサクッと感然り、ナンとも独特なる食感が楽し旨し。具はイリコをカリッカリに揚げたものと、大判海苔、茹で卵に、ネギ2種と貝割れ大根。揚げイリコのほろ苦い食味が滋味スープとコール&レスポンスで更なる旨さを醸し出す。

らーめんGAKU
煮干しらー麺750円 ※期間限定
福岡県久留米市日吉町14-36
11:30~14:30&17:00~23:00・日曜休み Pなし(コインPサービスあり)

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン182●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他17

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店⑨】鹿児島 NOODLE LABORATORY 金斗雲

 

鹿児島で行列を作る気鋭店が初来福!

2012年オープンの新顔ながら「いま鹿児島で最も行列を作る店」として名高い「金斗雲」。豚骨、鶏ガラ1:1の割合で煮出す“鹿児島らしいスープ”に、まろやかな合わせ味噌を加えた同店人気No.1「黄雲」で勝負を挑む。キャベツ、モヤシ、刻みタマネギ入りで、豚肩ロースのチャーシューも食べごたえあり。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 07:58 | Comments [0]

2013年11月21日 木曜日

●【つけ麺】 麺や兼虎@中央区赤坂

三河屋製麺」@東京から取り寄せるという正方角の太麺。まずは温つけ汁を付けずに啜れば、コキッと抗いもっちり粘るコシと、噛み込むほどに広がる小麦の風味がアナ旨しっ。

ならば次は、卓上の蘊蓄書きに従い、温つけ汁の魚粉を混ぜずにスープのみにチョイと付け、ズズッと啜れば、豚骨ダシと脂の甘き風味が香り立つ。

では次はと、魚粉を軽く混ぜて啜れば、仄かだった豚骨の甘みを魚粉がキリリと描き出すオモシロさ。さらに次はと、器の底からつけ汁を混ぜ込み啜れば、底に隠れていたタレのうま味でグインッと味がのってくる。

具は、温つけ汁底に、2センチ角の大角切りチャーシューとシナチク。更に麺に大判海苔と、プレオープンサービスで味玉1個と、デラックス。それぞれの具の味わいが、更なる旨さに彩りを添える。

濃厚つけ麺は往々にして大味で、食べているうちに食べ飽きてくるものが多々あるが、このつけ麺は啜る度に変化する味わいで、麺300gもあっという間に、ぺろり完食。と、〆のスープ割り用に魚介スープがポットで供される。つけ汁に多めに入れてレンゲで啜れば、魚介のダシの香り立つうま味に、ほっと一息。あなシアワセなる午後のヒトトキ。

東京練馬の「井の庄」出身の若き店主が、15日からプレ営業中。グランドオープンは12月1日で、現在はつけ麺のみの販売だが、来週から「中華そば」も販売するかも、との事。

【麺や兼虎】
濃厚つけ麺・麺300g 750円
福岡市中央区赤坂1-1-18
11:30~15:00&18:00~21:30(土日祝11:30~21:30)・火曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン181●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他17

Posted by heno at 13:14 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店⑧】横浜 横浜くじら軒

マー油ならぬオリジナル背脂「和ー油」が旨さの肝

店主が独学で編み出し、どのご当地麺にも属さないことから“素心ラーメン”と名付けた横浜のヒットメニュー。スープは鶏ガラ×豚骨×和風ダシ。あっさりとした淡麗スープに、カツオ節、ニンニクなどで味付けした背脂「和—油」が濃厚なコクと旨味をプラスする。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 09:50 | Comments [0]

●北九州マラソン2014まで、あと80日

大好物のゴマサバがおかずで、ついついご飯のおかわりま食べる始末。で、走ると、うっぷうっぷ、こりゃ苦しいぃ。やっぱ夜ジョグは晩飯前に走るに限る。
◎北九州マラソンまで400㎞走破→47㎞ / 通年299km

Posted by heno at 07:45 | Comments [0]

2013年11月20日 水曜日

●【うどん】 どぎや (うおっち)@北九州市小倉南区

北九B級食いまくり記でその存在を知った「どぎや」。屋号からして気合い入りマクリの、小倉肉うどん=どぎどぎうどん新店である。住所を頼りに訪ねると、

おやぁ、「魚家うおっち」?「小倉唯一の鯉料理あります!」??

入り口左手の看板には「こいこく」や「ヤマメのせごし」、「ニジマス塩焼き」など山魚料理がズラリと書かれたその巻末に、ナゼか「肉うどん」の文字。そして入り口右手の下位置には、ああ、あったぞあった、「肉肉うどん どぎや」の看板。

オッカナビックリ店内へ入ると、いかにも居酒屋然とした店内はほとんど照明が消されていて、わぁおミステリアスぅ。モチロン先客もいやしないし、こりゃ食べずに帰ろうか?と引き返しかけると、「いらっしゃいませぇ~!」と明るい声と共に、厨房奥から中年男性がにこやかに現れる。まさか走って逃げ帰るわけにもいかず、ええいままよ。腹をくくってカウンター席に着く。

壁には肉うどんのメニュー書き。「小¥500」は肉肉うどん相場からすると安めだが、並だとイキナリ250円アップの750円だし、麺が並の2倍の量のその名も「2倍」は900円。昼飯とすると随分高価だが、夜飲んだ後だと、許せる価格。どうやら居酒屋営業時をメインに考えた価格設定なのか?小をたのむと、うどんの量が普通のうどん玉の半分程度しか入ってないとの事。そりゃとても足りないなと、並をたのむ。

待つ事しばし、運ばれてきたドンブリには並々とスメが注がれていて、さすが「並」。まずはスメと一啜りすれば、かなり甘めの味付けながら、ダシも目一杯きいていて、ナカナカにパンチあるガッツリ・テイスト。

うどんは製麺所製の生麺を客の注文が入ってから茹でているのだろうか?気持ち扁平した形状でオモロな啜り心地と、みっちりと抗うコシ。具の牛角肉はスジ肉か?よく煮込まれていて、もっちりねっちりコラーゲンな食感&味わいが濃い味パンチスメと相性抜群。

これでイニシエ店ではお約束の、切り干し大根とだし昆布の糠漬けが置いてあれば言う事ナシの、ヤンチャ味どぎどぎうどんに力をもらい、さぁさ昼からもう一仕事ガンバンベェ。

【どぎや】
肉うどん 中 750円
福岡県北九州市小倉南区中曽根5-7-10
11:00~15:00 Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン181●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他16

Posted by heno at 13:23 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店⑦】千葉 勝浦 ラグタイム

辛っ! うまっ!! 千葉最強のB級グルメ

約50年の歴史を誇る「勝浦タンタンメン」は、一般的な担々麺ではなく、醤油ラーメンの上にラー油で煮込んだ挽き肉やタマネギをのせたもの。元は漁師や海女さんが考案したメニューだけあり、鮮烈な辛さに体の芯からポッカポカに! 白髪ネギの食感も加わりクセになる旨さだ。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 07:09 | Comments [0]

2013年11月19日 火曜日

●【ラーメン】 テール屋@博多区神屋町

白濁豚骨博多の牛白湯ラーメン その二

目一杯白濁したスープは思いの外、あっさり軽やか。ほわんっと甘い味わいと、海苔の磯香のコラボ加減がLIKE A フレッシュ系豚骨チック。ランチタイムは白ご飯とネギと海苔がサービスで付いてくる。ラーメン啜った後にドンブリに入れ、なんちゃってクッパも楽しめる。

【テール屋】
テール麺ランチセット650円
福岡市博多区神屋町3-24
11:00~22:00・不定休 Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン180●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他16

Posted by heno at 22:03 | Comments [6]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店⑥】東京 つけめん TETSU

極太麺にねっとりと絡む濃度大のつけ汁が◎

2005年の開業より関東のつけ麺人気を牽引。リピーター続出の「豚骨魚介つけめん」は、濃厚な動物系スープの中に、カツオ節、サバ節など魚介の旨味、風味をしっかりと感じるつけ汁がポイント高し。ツルモチ感を際立たせた極太ストレート麺も秀逸。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 09:51 | Comments [0]

●北九州マラソン2014まで、あと82日

雨の降る間をぬって夜ジョグ。おっしゃおっしゃ、この調子。

◎北九州マラソンまで400㎞走破→41㎞ / 通年293km

Posted by heno at 04:42 | Comments [0]

2013年11月18日 月曜日

●【麺】 めんちゃんこ亭@中央区六本松

なにせ無類の牡蠣好きゆえ「かき祭り」なるfacebook告知に抗う事など、ムリムリムリ。厚揚げ&大根の黄金おでんコンビ×芋お湯割りでスタートし、牡蠣フライ×芋お湯割り2杯を経由し、〆はやっぱり「元祖麺ちゃんこ」。

10種類のダシによるソップに、豚肉にキャベツ、太もやし、ニラ、焼き豆腐、カマボコ、揚げ、餅と具だくさん。プラス麺×ちゃんこ鍋で「めんちゃんこ」なるネーミングからして色物臭がプンプンだが、さに非ず。これがシミジミ旨い旨い旨いっ。ソップ×具×麺の織りなす滋味おご馳走麺も、元祖や赤のれんと並ぶ我がソウル麺なのさぁ。

めんちゃんこ亭】六本松店
あれこれ飲み&食べして1980円
福岡市中央区六本松2-6-9
11:30~27:00・無休 Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン179●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他16

Posted by heno at 19:07 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店⑤】東京 二代目 つじ田

冷えた体にスゥ〜と染み渡る、王道「札幌味噌らーめん」

王道をゆく「札幌味噌らーめん」の味を追求する味噌専門店。研鑽を重ね辿り着いた、独自のブレンド味噌のスープは、口あたりなめらかでマイルドな味わい。ツルシコッの特製麺、肉厚チャーシューもうまい!

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 02:22 | Comments [0]

2013年11月17日 日曜日

●【うどん】 大名麺通団@中央区大名

しばれる北風にいざなわれ「大名麺通団」で釜揚げうどん。熱々茹で立てのうどんを、温つゆに潜らせ啜れば、身も心もほっかほか。ネギにおろし生姜、擂りゴマとアレコレ薬味が取り放題が嬉しいサービス。味わいの変化も存分に楽しみつつ、ほっこり完食。

大名麺通団
釜揚げうどん370円+豚天120円
福岡市中央区大名1-11-4
11:00~25:00(日曜11:00~23:00)・不定休 Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン179●チャンポン15●中華麺27●うどん83●そば17●その他15

Posted by heno at 22:37 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店④】東京 肉そば けいすけ

丼を覆う豚肩ロースチャーシューで満腹必至

独創的なメニューを次々と繰り出すラーメン界の革命児•竹田敬介氏が手掛ける肉そば専門店。天然醸造醤油を使い奥行きのあるコクとキレを出したスープと、丼ぶりをおおう豚肩ロースのチャーシューがベストマッチ。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 11:22 | Comments [0]

●北九州マラソン2014まで、あと84日

ひょっとして今年に入って初か?連日のジョグは。諸事情あって朝ジョグはナカナカままらなぬ生活パターンなので、今日から夜ジョグへ切り替える事に。
◎北九州マラソンまで400㎞走破→31㎞ / 通年283km
Posted by heno at 08:18 | Comments [0]

2013年11月16日 土曜日

●【ラーメン】 下克上@中央区大名

イイ感じにカプチーノ泡立ちスープは、とろんっと艶っぽい口当たりと共に、円やかに広がるダシのうま味と脂の甘味。一昔前の博多ラーメンよろしく、外連味のない&ふくいくたる味わいが、THIS IS 博多。合わさる麺はカナリ細めでシュルッと鯔背な啜り心地。唯一残念なのがカナリ麺線が短い事。ロートル麺馬鹿オヤヂは、やっぱ長め×啜り心地抜群の麺が好き。

「ネギ入れ放題」がナンともウレシイぞぉ。

いわゆるチャンと旨い、極上普通味ラーメン。なので「下克上」なる大げさな屋号はかえって邪魔。この味わいは色眼鏡なしで啜ってこそ、その真価を思い知る。

【博多ラーメン下克上】
ラーメン500円 ※15時までのランチ価格・以降は550円
福岡市中央区大名1-12-29
11:30~23:00・不定休 Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン179●チャンポン15●中華麺27●うどん82●そば17●その他1

Posted by heno at 23:46 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店③】東京 き蔵

東京で話題の新店が早くも福岡に!

超人気店「ちばき屋」のセカンドブランドで、今年9月「東京ラーメンストリート」に鮮烈デビュー。具材には柔らかくボイルした牛タンチャーシュー、さらに生クリーム×ニンニクで作る自家製ペーストものせるなど、個性むき出しの「牛タンねぎ塩ラーメン」は必食! 豚のげん骨、牛のアキレス、豚足で取る香り高いスープを最後の一滴まで味わおう。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 21:16 | Comments [0]

●北九州マラソン2014まで、あと85日

忙しさにかまけていたら、あっという間に2週間が過ぎ、残すところ85日。練習不足のみならず、タボーな時の悪しき習慣であるヤケ酒&ヤケ食いで、えらく体重も増えてきたような……。こりゃいよいよピンチだぞぉ。

◎北九州マラソンまで400㎞走破→21㎞ / 通年273km

Posted by heno at 07:45 | Comments [0]

2013年11月15日 金曜日

●【中華麺】 大名ちんちん@中央区赤坂

店主twitterに惹かれて「大名ちんちん」で「五目あんかけ中華そば」。まずはスープと一啜りすれば、とろんとアッツ熱な口当たりと共に、ナンとも豊かに広がるダシのうま味がマーベラス。「熊猫食堂」@早良区西新のスープに勝るとも劣らぬダシの効き具合に思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は中太平麺。あんとじスープを密に絡めつつ、びろびろぉ~と口へ収まる啜り心地がオモロ美味。そして、コレでもかとアレコレ盛られた具との食感&味わいのコラボが半端ナイっ。あはは旨いっ、こりゃ旨いっ。もんどり打ちつつ一気完食すれば、身も心もほっかほか。

同行スタッフのY内さんがたのんだ「汁なし担々麺」。
一筋お裾分けを啜らせてもらうと、コレまた半端ない旨さ炸裂。
期間限定販売との事、うぬぅ近々再訪したひっ。

 

「酸辣湯麺」の謎を探る その八

このエントリーを書くにあたり、大名ちんちんのHPを見ると、「サンラー麺について」なるページを発見。

酸辣湯麺(サンラータンメン、スーラータンメン)とは!?

酸辣(サンラー)とは中国(四川料理)の味付けの一種で酸っぱくて辛い味付けの事です。煮込み料理や炒め料理、スープ、麺料理に用いられています。

一つ一つ言葉を分解すると解りやすく
酸は「酢」で 辣は「コショウ、唐辛子、ラー油などの」辛み
炒め料理となると、酸は酢で、辣は唐辛子で味付けする
酸辣湯麺となると、酸は酢で、辣はラー油で味付けする
酸辣湯(サンラータン)となると、酸味と辛みの五目スープ
これは、豚肉,鶏肉,ハム,ナマコ,アワビ,竹の子,シイタケ,春雨,
豆腐などの材料を煮込み醤油で味付けし、酸味を酢で,辛みをコショウで
出してとろみをつけ卵でとじた物。
酸辣湯麺(サンラータンメン)は、この酸辣湯(サンラータン)に麺をいれたものが多いですが、本来の酸辣湯麺(サンラータンメン)は、酸辣湯(サンラータン)とは別物で、とろみもないし、卵でとじない。具材も、多数入らない、辛みも、コショウではなくラー油で、あっさりシンプルなものなのです

なるほど、コレでやっと謎が解明できた。目出度し目出度し。

大名ちんちん
五目あんかけ中華そば800円
福岡市中央区赤坂1-7-27
11:30~22:30・月曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン178●チャンポン15●中華麺27●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 13:47 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店②】青森 中華そば 横山

奥行きのあるコクと旨味“黄金スープ”を堪能

鶏ガラ、豚骨、煮干しを合わせた“1本炊き”でダシを取る、滋味豊かな中華そばが看板メニュー。ヤマサ醤油の元ダレがふくよかなコクを添えたスープは、あっさり味ながら食べ進めるごとに旨味が増幅! 脂身と肉のバランスのいいチャーシューにも自信あり。

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 06:50 | Comments [0]

2013年11月14日 木曜日

●【ラーメン】 一燈@北九州市小倉南区

小倉から行橋へと抜ける国道10号線沿い、かつては「ハッスルラーメン」だった店舗跡に「一燈」の看板。南隣である苅田町の一燈の支店がいつの間にやら営業中。

なにせ柑橘酢系麺が大好物。なので食券販売機に並ぶボタンの中から迷うことなく頼んだ「かぼすラーメン」は、ナンと、ラーメンどんぶりプラス、別の器でかぼすぼ絞り汁が提供されるとは?!

一燈
かぼすラーメン700円
北九州市小倉南区東貫2-15-22 Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン178●チャンポン15●中華麺26●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 13:49 | Comments [0]

●福岡ラーメンショー2013 【招待店①】北海道 富良野 とみ川

唯一無二「石臼挽き自家製麺」の芳醇中華そば!
「北海道•富良野産小麦100%! 石臼で挽いた自家製無添加麺を九州の方にもぜひ味わってほしい」と店主の富川氏。「田舎そば」を思わせる粉の風味豊かなコシ強麺が、鶏の上澄み油「チー油」を浮かべた芳醇なダブルスープとしっかりと絡む。北の逸品に酔いしれるべし!

※以上、プレスリリースより転載

「福岡ラーメンショー2013」
ラーメン戦国絵巻~博多の陣
[開催期日] 2013年12月11日(水)~15日(日)雨天決行
[開催時間] 開場10:00~終了21:00(ラストオーダー20:30)
※最終日のみ終了17:00(ラストオーダー16:00)
[開催場所] 福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1−8−1)
[出店店舗] 計13店舗(地元店4ブース8店舗 他県店9店舗)
[入場料] 入場無料/ラーメン食券750円(1杯・各店一律)
※セブンイレブンにて前売券販売。(セブンコード 026-908)
福岡ラーメンショー公式ホームページ
http://www.ramen-kyokai.jp/fukuoka/
福岡ラーメンショーFacebookページ
https://www.facebook.com/fukuokaramenshow

Posted by heno at 06:49 | Comments [0]

2013年11月13日 水曜日

●【ラーメン】 幸陽閣@佐賀県佐賀市

佐賀ラーメンといえば今や「もとむら」と、ここ「幸陽閣」。佐賀きっての歓楽街で夜専ラ店として営業していたが、5年前、一旦店を閉めるも、その半年後には、ここ環状南通り沿いに目出度く移転再開。

アッツ熱の口当たりと共にグイグイと押し寄せる豚骨ダシの密なる風味と、イイ感じにテロテロヤワヤワな中太麺。うっはぁ、今日の一杯は殊更ウマしっ。この味わいをいつまでも、いつまでも。

【幸陽閣】
ラーメン550円
佐賀県佐賀市下田町3-31
11:00~21:00・月曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン177●チャンポン15●中華麺26●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 13:59 | Comments [0]

2013年11月12日 火曜日

●【ラーメン】 らーめん八@久留米市東合川

淡く背脂(?)が浮いたスープは見た目通り、豚骨ダシの甘み×脂の甘さ=かつては博多のアチコチで啜られるも、最近はナゼか見かけなくなった一昔前の哀愁博多ラーメンに、ここ久留米で再会するミラクル。合わさる麺も中細平麺でコレまたノスタルジック博多。ドエラク長い麺線ゆえに、啜り心地&共に口に収まるスープの味わいも半端なし。

昨日の「Shin Shin」同様に長年の宿題店であった「らーめん八」。ナンでも「八ちゃん」@太宰府市の姉妹店とのこと。

【らーめん八】
ラーメン450円
福岡県久留米市東合川5-6-11
11:30~14:30&17:30~22:00・水曜&木曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン176●チャンポン15●中華麺26●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 03:19 | Comments [0]

2013年11月11日 月曜日

●【ラーメン】 Shin Shin@中央区天神

アッツ熱の口当たりと共に、さらりと広がるダシの甘み。なんともフレッシュ&軽やかなこの旨さこそ真性長浜。合わさる麺は超極細。シュルルゥッと口に収まる啜り心地然り、ぱきっ、ぷりりんっと踊るコシ然り、ナンとも極旨っ。軽快な食味がフレッシュスープとの相性も抜群だし、量も多めで食べ応えもアリ。

チャーシューも適度に味付けされ&適度にもっちり加減が、軽快ラーメンとの相性を保ちつつも、ちょこっとご馳走感を演出。一見オールドスタイルの長浜ラーメンを装いつつも、キチンと今的ラーメンの旨さをプラスした、技アリ一杯に大満足。

超人気&有名店なのにナゼか未食だった「Shin Shin」は先日、博多駅に支店を出店。かつ、ショップカードをみると「けいじ」@中洲が載っている。どうやら姉妹店なのか?博多ラーメン隆盛期の第一期象徴店が「一風堂」と「一蘭」とするならば、第二期が「秀ちゃん」と「一幸舎」で、第三期が「二男坊」と「海鳴」と「Shin Shin」か?

Shin Shin】天神店
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市中央区天神3-2-19
11:00~27:00・日曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン175●チャンポン15●中華麺26●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 14:33 | Comments [0]

2013年11月10日 日曜日

●【ラーメン】 江ちゃん@早良区原

イイ感じに透明感を残す茶濁色スープに、透けて見える麺の端正な揚げ具合。こりゃエラクべっぴんっ!てことは……、おうおうおう、やっぱ旨いやん、めっさ旨いやんっ!!

博多ラーメン名店の一軒「福ちゃん」の姉妹店として昨年10月にオープンした「江ちゃん」だが、開業1年にしてど偉い成熟感。アッツ熱の口当たりと共に瑞々しく広がる豚骨ダシのコノ感じ然り、スルッと口に収まり、こりんっと解ける細麺の小気味よさ然り、ナンちゃナイけどナンとも旨い、これぞ博多ラーメンでござい的貫禄さえ感じる一杯に、ソリャもうウットリで、思わず禁断の替え玉コール。

【江ちゃんラーメン】
ラーメン500円+替え玉100円
福岡市早良区原3-10-16
11:30~20:00・水曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン174●チャンポン15●中華麺26●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 13:40 | Comments [0]

2013年11月09日 土曜日

●【中華麺】中華そば さくら@博多区美野島

夜は居酒屋「うまか処たつみ屋」で、昼は「中華そば さくら」と二毛作営業=やっつけ仕事のお手軽麺かと思いきや、さにあらず。全麺制覇を目指し頼んだ「サンマーメン」は、本来の太もやしに加え、キャベツやキクラゲ、白髪ネギなど、アレコレ豪華に盛られた野菜の具の様々な食感&味わいのラビリンスと、もっちり旨い中太縮れ麺のコラボが、もう悦楽。

スープも自宅で取って盛ってきているのか?オーダーが入る度にポットから雪平鍋に移し温めて仕上げるのだが、コレがまた深々美味。鶏ガラ由来らしき味わいのコクと風味がソリャもうマーベラス。そんじょそこらの中華料理屋のスープを遙かに凌駕する、実直技ありな味わいに、うははぁ、メロメロ。

全麺メニュー制覇まで、あと6麺。

夜はおでん&鯖スモークをあてに、松の司の純米酒。
うははぁ、素直に×芳醇な風味がタマラン我がツボっ!

中華そば さくら
サンマーメン650円
福岡市博多区美野島2-15-16
11:00~14:00・火曜&日祝休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン173●チャンポン15●中華麺26●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 20:21 | Comments [0]

2013年11月08日 金曜日

●【ラーメン】 行徳家@南区野間

コレまた超オモロなラーメンであるっ。

イタリアやトルコ産の数種のエキストラバージンオリーブオイルを当店にてブレンドし、オリーブの塩漬け、三ッ瀬ハーブ園さんのブルーベリー、旨味の強いアイコという名のプチトマト、行徳家ガーデンのウォーターミントを自家製縮れ麺にてオリーブの香り♪を楽しんで頂きたくシンプルな物にしました。 ※店主ブログより引用

 

「行徳家」の期間限定創作ラーメン最新作「オリーブオイルラーメン」は、ソリャもうアッツ熱な口当たりと共にふわふわふわぁと広がる風味は正にミラクル。誤解を承知で敢えて例えるならば、超上質版チキンラーメン。鶏ガラ醤油スープのうま味にオリーブオイルの風味が加わる事で、チャイニーズ発イタリアン経由どこかジャパニーズテイストをも感じる味わいが、えらく斬新なようで、どこかノスタルジーをも感じるラビリンス美味。

加えて、具はオリーブの塩漬けにプチトマト。だけならイタ~リアンと考えれば納得できるも、さらにブルーベリーに、マスカット?!ラーメンの具としては正にミラクルな具の数々だが、ありゃりゃ合う。こりゃ合う合う合いマクリ。ファンタスティックな発想で繰り出される際限のない創作ラーメンの数々。あぁだから楽し旨しな行徳家詣で。

行徳家
オリーブオイルラーメン680円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)
月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり
ラーメン173●チャンポン15●中華麺25●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 03:41 | Comments [0]

2013年11月07日 木曜日

●【ラーメン】 しばらく@早良区西新

卓上に置かれている擂りゴマこそ「しばらく」の真骨頂。どさどさっと小山が出来るほどに盛りつけ、徐々にスープに溶かし入れつつ啜れば、豚骨ダシの淡きうま味を擂りゴマがグイッと引き上げ、ナンとも豊か、かつ滋味なる旨さ炸裂。最後にピリリと舌にのる白い粉末の後味は御愛嬌、やっぱ旨いわ、コリャたまらん好きだわ、しばらくのラーメンが!

【しばらく】西新本店
ラーメン500円
福岡市早良区西新1-11-24
11:00~24:00(木曜は夕方まで)・月曜休み Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン172●チャンポン15●中華麺25●うどん82●そば17●その他15

Posted by heno at 21:18 | Comments [0]

2013年11月06日 水曜日

●【そば】 久木野そば道場@熊本県南阿蘇村

新そばの季節 has come. 熊本県南阿蘇の山間地、久木野の蕎麦畑にも白い花ビラを落とし、赤く色づいたソバ殻が霜が降りるのを待っている。

霜が降りるとソバ殻が茶色へと変色し、刈り取りを迎える。もとは水田だったという棚田と、竹田が源泉という清流に育てられた蕎麦は、随分と小ぶり。ナンでもモッチリとした食感が特徴だとか。

元久木野町役場横の「そば道場」で新そばのかけそばを啜る。おほほぉ、ナルホドナルホド。噛み込むほどに、もっちりぃと粘るコシと、噛み込むほどに広がる蕎麦の風味が印象的。合わさるスメは椎茸ダシか?目一杯甘めの味付けと、ぽってり広がるダシのうま味が、如何にも九州田舎そば。

【久木野そば道場】
かけそば570円(おにぎり1個付き)
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰149-1
9:00~17:00(11月~2月は16:30まで)・1st水曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン171●チャンポン15●中華麺25●うどん82●そば17●その他15
Posted by heno at 12:32 | Comments [0]

2013年11月05日 火曜日

●【ラーメン】 しる商人@田川市夏吉

超久方ぶりに啜る「しる商人」の「塩らーめん」は、うへへ?こんなに旨かったっけぇ~……??!!熱々の口当たりと共に、円やかに広がるダシのうま味と、くいんっとコクある魚介の風味。コレがひょっとして、店頭看板に記されている「あゆの汁」の正体か??

そして麺もすこぶるウマしっ。するるぅと滑らかな啜り心地然り、ぷりんっと抗うコシ然り、目一杯の多加水麺なのか?スープとのつかず離れずの絡み具合もチョベリ・グッドな我がツボ麺。かつて啜った「青葉」@東京都中野をふと思い出す、お江戸チックな美味中華そばが、ここ田川で啜られるシアワセ。

【しる商人】
塩らーめん500円
田川市夏吉1424-5
11:00~15:00・水曜休み Pあり

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン171●チャンポン15●中華麺25●うどん82●そば16●その他15

Posted by heno at 20:37 | Comments [0]

2013年11月03日 日曜日

●【ラーメン】麺屋ゆぶき@飯塚市新飯塚

 

かれこれ5年も経つだろうか?長年の宿題店である「麺屋ゆぶき」。飯塚市ではまだまだ珍しい、否豚骨ラ店の一店である。住所を頼りに訪ねると、JR新飯塚駅前の一角に、イイ感じに陽に焼けた紫の日除け幕。

午後1時過ぎ、ガラス張りの開放的な店内は先客ナシ。カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンが「味噌」、「塩」、「醤油」の3種で普通がいずれも600円。「ダブル醤油ダシでコクと甘みのある味」なる蘊蓄書きに惹かれ、醤油をたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは大振りの黒の器がインパクト大。まずはスープと一啜りすれば、ナルホド蘊蓄書きに偽りなし、キュインッとドライブする醤油ダレの艶っぽい風味と、ふんわり後を引くダシのうま味。

合わさる麺は細麺ストレート。しゅるるぅと口に収まる小気味よい啜り心地然り、ぷりんっと踊るコシ然り、鯔背な味わい。具はチャーシューと、シナチク、海苔と王道醤油ラーメン。印象的なのが白葱の新鮮な辛味。芳醇醤油味スープをピリリと引き締める様が心地よい。

派手さはない。が、キチンと作り込まれた感ある和テイストの醤油ラーメン。ならば次回はいよいよ気になるメニュー筆頭の「味噌」で決まりっ。

【麺屋ゆぶき】
醤油600円
福岡県飯塚市新飯塚16-18
11:00~22:00(日祝は~16:00)・水曜休み

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン170●チャンポン15●中華麺25●うどん82●そば16●その他15

Posted by heno at 23:45 | Comments [0]

2013年11月02日 土曜日

●北九州マラソン2014まで、あと99日

日々のタボーにかまけてウカウカと過ごしていると、早大会まで100日を切る。ぬぬぬぅ、ならば大会まで400キロ走破を目指すぅ。
◎北九州マラソンまで400㎞走破→10㎞ / 通年262km

Posted by heno at 19:04 | Comments [0]

●【ラーメン】 麺酒場木村@中央区警固

かつては「讃岐うどん薫」だった店舗に先月オープンした「麺酒場木村」の警固支店。暖簾を潜るとすぐにテーブル席&その奥がカウンター席と、薫の頃とは全く異なる店の作り。

奥のカウンター席に座り卓上のメニューを見ると、「四川汁なし担々麺」、「四川担々麺」、「中華そば」の後に、我が目当ての「博多ブラック」。鶏ガラスープしょうゆ味の中華そば×マー油=先日食べた「好来」@熊本県人吉市と同ベクトルの一杯に、惹かれマクリっ。

ぬほほぉ大正解!ほどなく差し出されたドンブリは、真っ黒クロスケのスープに具の茹で太もやしが、ライク・ア・好来。ならば、まずはスープと一啜りすれば、醤油スープの切れあるうま味と、ぽわんと甘いマー油のコラボが、ピンポ~ン好来チック。なれど、おそらくスープを注いだ後にマー油を加えただけなのだろう、好来のようなスープとマー油の限りない一体感はナシ=ちと物足りなさも感じるなぁ。

でもでも、合わさる中太ストレート麺のイイ感じに無骨なれど、噛み込むほどに広がるモッチリこしと甘み然り、シャクシャク踊る太もやしとの食感コラボ加減然り、いやはや好きだわ、我がツボだわ、この一杯。

今や福岡の秋の風物詩、「博多・天神落語まつり」。キャナルシティ劇場で催された「東西の幕開け その三」は、予定していた桂歌丸が病気により三遊亭円楽に交代。5人の噺家の中でも秀逸だったのが柳家さん喬。独自の話術と間が醸し出す「天狗裁き」の面白さに大爆笑。

【麺酒場木村】警固店
博多ブラック650円
福岡市中央区警固2-15-20
11:30~24:00 Pなし

◎2013通年麺喰い◎
ラーメン169●チャンポン15●中華麺25●うどん82●そば16●その他15

Posted by heno at 00:26 | Comments [0]

2013年11月01日 金曜日

●【うどん】 おに吉@北九州市門司区

ソリャもうアッツ熱のスメは、讃岐うどんとすると目新しい雅系。キュインとドライブする華あるダシの風味が、新鮮美味。合わさるうどんは、ピッカピカの揚げたてシコシコ。長めの麺線の啜り甲斐もマーベラスだし、ブリンッと踊るコシが、あな愉快っ。別皿にお願いしたゴボ天も揚げたて熱々サクサクだし、価格も480円だし、コリャもうファンタスティック&ウハウハ旨しっ。

おに吉
ごぼう天うどん480円
福岡県北九州市門司区西新町1-1-24
11:00~15:00・日曜休み Pあり

Posted by heno at 12:08 | Comments [0]