HENO HENO: 2014年01月 アーカイブ

2014年01月31日 金曜日

●【ラーメン】いっとく食堂@中央区赤坂

正に隠れ家系、ナンともレトロな赤坂門市場の薄暗くて細い通りの赤提灯を目印に、更に極細の路地を入ったところにひっそりと営業している「いっとく食堂」が、今週から目出度くランチ営業を再開。

新メニュー「赤坂中華そば」は、鶏ガラスープにチト甘酸っぱい醤油ダレがきいたライトなエスニック風醤油ラーメン。多めのモヤシとネギのシャキシャキと中細麺との食感コラボがナンとも楽し。

そして卓上に置いてある花椒香味油を一垂らしすればニイハオ・チャイナ、更にコーレグースを垂らしてみればハイサイ沖縄。ラーメン一杯で東南アジア味旅行。あははコレぞいっとく食堂の味力、こりゃもうひとつの新メニュー「汁なし担々麺」も啜りに来ねば。

【いっとく食堂】
赤坂中華そば550円
福岡市中央区赤坂1-9-18赤坂門市場内
今週からランチ営業再開・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン18●チャンポン2●中華麺2●うどん7●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 12:18 | Comments [0]

2014年01月30日 木曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

創作ラーメン・マイスター 『行徳家」の新作は、初めてのチャンポン。具に京野菜である聖護院大根をふんだんに使い、プラスもやしやおそらく聖護院大根の葉などの野菜に加え、厚切り豚肉とアサリがおごられた一杯は、まずもってスープが想定外美味。

おそらく鶏ガラスープをベースに、具のアサリを予め調味した際に出たスープもプラスしているのだろうか?随分と豊かなアサリの旨みが効いている。プラス、具の聖護院大根の一癖ある旨みが加わり、音楽で例えるならYesのようなプログレッシブ・ロック。そして個性的な諸々のダシの旨みを丹念にひとまとめにする自家製醤油ダレ。

麺は行徳家秘技、太さが違う麺合わせ技。太麺×中細麺の全粒粉麺は、コレまた前衛的な啜り心地&食感の心地よい不調和音が、やっぱプログレ。

味わいの芯は滋味なれど、それを演出する調理テクはドエラク・プログレ。コレ正に、行徳家の真骨頂。

 

そんな行徳家の創作ラーメンが
マルタイの袋麺パッケージで紹介されることになったとか。

行徳家
聖護院大根ちゃんぽん700円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン17●チャンポン2●中華麺2●うどん7●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 12:15 | Comments [0]

2014年01月29日 水曜日

●【うどん】うどん日和@中央区六本松

早朝出社途中、とあるスーパーマーケットの裏手を抜けていると、建物の排気口から香る削り節のダシの香り。おそらくオープンに向け和食惣菜を調理しているだろうが、いやぁタマランなぁ、やっぱ和食はダシだよなぁ。あぁダシの旨い麺が啜りたひっ!おっしゃならば、今日の昼麺は「うどん日和」へ行くぞぉ。

うどん日和の冬季限定?「牛すじ肉うどん」。いわば北九州「どぎどぎうどん」ではあるが、その味わいは全く別物。アッツ熱のスメは、華美に走らず、キチンと要所を押さえたダシの効き具合。塩加減も必要最小限で、ダシの滋味が映える様が、ソリャもうほっこり。

キチンと煮込まれた牛すじ肉も必要最小限に甘辛く煮込まれていて、それ自体はもっちりと旨いが、その煮汁がうどんスメには映る事無く、結果、最後までちゃんと滋味スメを楽しめる悦び。生姜もおろしではなく、ハリ生姜なので、おろし汁がスメに映ることなく、生姜を食したときのみ爽やかな生姜の風味が楽しめる。

滋味スメと、がっつり牛すじと、むっちりうどん。ナンとも美味なるハイクオリティどぎどぎうどんに、あぁ惚れ惚れ。

うどん日和
牛すじ肉うどん820円
福岡市中央区六本松4-4-12
11:30~15:00&17:30~21:30(日祝は昼営業のみ)・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン17●チャンポン1●中華麺2●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 12:44 | Comments [0]

2014年01月28日 火曜日

●【うどん】かの家@長崎県諫早市

ウレシウマシの長崎日帰り出張、午前中の仕事が一段落し、美味麺啜らいでかっ!と、かの「かの家」。入店までは「今日は生醤油うどん!」と心に固く誓っていたが、念のためにとメニューを眺めていると……、

「レモンのほのかな酸味が、かけだしに…」、おぉ合う合う合うハズっ!『えびは通常よりふたまわりほど大きく…」、うんうん得得得得っ!!で、コロリと心変わりし、限定メニューであるらしき「大えびかけレモン」に、大いに浮気。

メニューポップに偽りなし。待つ事しばし、運ばれてきたドンブリから溢れんばかりの大エビ天が2尾。しかも、我が大好物のレモンスライスが2枚。そしてナニより、プリっとエッヂが立った御姿が男前な太打ちうどん。

いやぁ、コリャ間違いないねぇ!ともんどり打って、別注でお願いしたおおろし生姜を添えるのももどかしく、まずはスメと一啜りすれば、ぽわんっと広がる自然な甘み+一足遅れて顔を出すスッとレモンの爽やかな酸味と、おろし生姜のピリリな風味がタマランタマランっ。

そしてナニより、太打ちうどん。ぶるるぅ、と震えつつ口に収まり、むっちりぃ、ぷりぷりと抗う豊かなコシと、そうそうコレコレ!噛み込むほどに広がる瑞々しい特有の甘みが、ソリャもタマランタマランタマランっ!

大えびも文字通り大きくて、プリプリ、サクサク、甘甘で、エラクおご馳走。新年正月を祝うにあまりある、デラ超ウマ過ぎる一杯に、万歳三唱。

【かの家】
大えびかけレモン650円 ※限定
長崎県諫早市赤崎町314-1
11:00~15:00&17:30~20:00・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン17●チャンポン1●中華麺2●うどん5●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 11:44 | Comments [0]

2014年01月27日 月曜日

●【ラーメン】大峰ラーメン@久留米市青峰

久留米市南部の住宅街、青峰団地の中心地に2階建て長屋が2列並んだ商店街。その最も奥まった店舗に「大峰ラーメン」の青い暖簾。正午過ぎ、こぢんまりとした店内には先客4名。それぞれに漫画本をめくりつつ麺を啜っている。そして、店奥の高い位置には小型テレビ。典型的なイニシエ街の食堂系ラ店の佇まいが居心地良し。

店を切り盛りするのは夫婦らしき中年男女、麺とごはん類、それぞれ担当の料理をチャキチャキと仕上げていく様が頼もしい。カウンター席に着き、壁に掲げてあるメニューを眺めるとラーメンが基本、カレー、味噌の3種類×具のバリエーションで6~7種に、ごはん類も白飯、チャーハンに加え中華丼も置いてあるあたり、ラ店というより中華食堂的ラインナップ。

待つ事しばし、差し出されたラーメンは見るからにしっかりと乳化しているらしきスープの白さが印象的。レンゲで啜れば見た目通り、円やかミルキーな甘みが、久留米ラーメンと言うより北九州ラーメン。

唯一、ドンブリ中央の海苔が「我は久留米ラーメンでござい」と主張するも、合わさる麺もカナリ細めの中麺で、コレまた久留米ラーメンらしくない。チャーシューは、イニシエ店には珍しくバラ肉ロールタイプなれど、しっかりと冷蔵庫臭い味わいは、もろイニシエ系。

久留米のようで、北九州のようで、イマドキのようで、イニシエでもある。ナンともハイパーなれど、食味はいわゆるイニシエほっこり。「敏ちゃん」「まつば」「丸正」然り、いやはやヤッパリ、久留米の住宅街ラ店はハズさんなぁ。

【大峰ラーメン】
ラーメン450円
福岡県久留米市青峰2-5-1
11:00~21:00・水曜休み

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン17●チャンポン1●中華麺2●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

2014年01月26日 日曜日

●【ラーメン】かなで食堂@春日市須玖南

濃厚豚骨がウリの「かなで食堂」の限定新作は、シミジミ染みる滋味系塩ラーメン。「浅利の塩そば」とのメニュー名通り、イイ感じに透明感を残す白濁スープは、アッツ熱の口当たりと共に、ほのぼの広がアサリ+鶏ガラ?らしき、滋味なるうま味。加えて、バターのようなコクの後味も手伝って、一啜り目こそチト心許ないが、啜り進むうちにグイグイと加速度的に旨さが増してくるコノさまこそ、真性上出来滋味の証。

合わさる麺は細めの中太麺。適度にガサゴソ感ある啜り心地然り、噛んだときのポックリと解けるコシ然り、滋味スープと相性抜群な素朴な味わいが、うははと我がツボ。

具は良く調味されたアサリと、揚げたレンコンスライスと、別皿で供された生海苔。コリャ絶対すぐさま加えた方が数倍旨いはずっ!との予感をもとに入れた生海苔が大正解。十二分に旨かったアサリ潮味が、生海苔により更にグレードアップ。ソリャもう狂おしいほどに磯風味な一杯に、マジ惚れ惚れ。

かなで食堂
浅利の塩そば580円
※期間限定&常連 or facebook「いいね」客限定提供
福岡県春日市須玖南1-182
11:00~22:30・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン16●チャンポン1●中華麺2●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:17 | Comments [0]

2014年01月25日 土曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

予定していた所用が無くなり、よっしゃ!と「行徳家」。期間限定終了間際の「豆乳味噌ラーメン」は……、よっしゃよっしゃ!滑り込みセーフ。

店主ブログに寄ると「高木豆腐店」@南区三宅の豆乳に惚れ込んで作り上げたという一杯だけに、まずはスープのみを一啜りしれば、ソリャもう濃厚に広がる大豆の旨み。

こりゃ旨いともう一啜り二啜り楽しんだ後、ドンブリの上にのった大振りの揚げ春巻をレンゲで崩し、上に置かれていた味噌ダレを豆乳へ溶かし込み一啜りすれば、気持ち甘めの味噌の風味が濃厚豆乳に映え、ほっこり感全開の滋味なるうま味に、けへへと思わず頬が緩む。

麺はコレまた風味豊かな全粒粉太麺。滋味熱々スープにコール&レスポンス、もっちり解ける豊かなコシと、噛み込むほどに広がる風味が、コレまた我がツボ。具の味付けチャーシューに加え、揚げ春巻とキクラゲ、細かく切られた白菜の芯?の食感&味わいのハーモニーが、味わいに深い奥行きを演出。いやぁ旨いコリャ旨いっとズルズル、シミジミ、ほっこり完食。

昨日の「カレーポタージュつけ麺」もドエラク旨かったが、我が好みからすると、こちらの方が断然ツボツボっ!あぁだから、行徳家の期間限定麺から目が離せないっ。

行徳家
豆乳味噌ラーメン 750円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン15●チャンポン1●中華麺2●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:54 | Comments [2]

2014年01月24日 金曜日

●【つけ麺】行徳家@南区野間

だいたいならば、同じく期間限定&間もなく終了するという「豆乳味噌ラーメン」のつもりが、壁に張られた「カレーポタージュつけ麺」の張り紙。「カレー」にまずもって惹かれるし、ナニより「ポタージュ」?!「野菜たっぷりポタージュつけ麺」や「ポタージュラーメン白味噌仕立て」など名作ベジポタ創作麺を提供してきた「行徳家」の新作か……。しばし悩みコロリと浮気、

「すんませぇ~ん、カレーポタージュつけ麺ばクダサ~イ。」

待つ事しばし、まずはつけスープが供される。店主ブログによると、馬鈴薯、玉葱、生姜、韮、人参、ラディッシュ、蓮根、南瓜、パプリカを使い、ターメリック、クミン、月桂樹で風味をつけ、隠し味にキャラメルと柚子胡椒を使っているとのこと。

麺は全粒粉の太麺が釜揚げで。ざぶんっと潜らせズルルと啜れば、アッツ熱の口当たりと共に、ナンとも豊かに広がる野菜の甘みと香辛料の辛みのコラボ×モッチモチの太麺のコレまた豊かな風味。やっぱ旨いね、行徳家のベジポタはっ!と一気盛んにズルズル啜れば、香辛料の辛みと釜揚げ熱麺で、ソリャもう体の芯からポッカポカ。

ああ旨かったと〆にスープ割りをお願いすると、アラ不思議。香辛料の辛みのみ薄まって、ベジポタの旨みがストレートに楽しめるではないか?!結果、ナンともほっこり気分を満喫しつつ、「豆乳味噌ラーメン」食べに近々再訪も誓いつつ、店を出る。

行徳家
カレーポタージュつけ麺 700円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン1●中華麺2●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:17 | Comments [0]

2014年01月23日 木曜日

●【中華麺】熊猫飯店@早良区西新

仕事仲間と遅い新年会を「熊猫食堂」で。相も変わらず美味なる一品料理を満喫し、〆はモチのロンで「酸辣湯麺」。今日のスープはいつもの旨さにプラスして、肉の燻製フレイバーが効いていて、ナンともオモロ美味。

たいがいアレコレ喰って、紹興酒も呑みまくって、会計はひとり4000円アンダー。やっぱ旨いね、安いね、ハズさんねぇ~、熊猫食堂。

熊猫食堂
酸辣湯麺700円
福岡市早良区西新4-4-5
18:00~24:00(日曜は~21:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン1●中華麺2●うどん4●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 23:00 | Comments [0]

●【ラーメン】麺家大河@東区箱崎

今月14日にオープンした「麺家大河」。住所を頼りに訪ねると、箱崎のマンションビルの1階に真新しい白い看板。ガラス張りの店内の左手には製麺機。屋号も「麺家」が付いているし、どうやら自家製麺が自慢の新ラ店なのか?

午後2時前の店内は先客2名。カウンター奥の厨房では、そこそこ歳がいってそうな男性ひとり。テーブル席に座りメニューを見ると、麺は「ラーメン」と「辛味噌ラーメン」の2種類。迷わずラーメンをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、醤油色濃いめのスープが印象的。一口啜れば、軽やかな口当たりと共にキュンッと広がるタレの旨みと独特なダシのうま味。豚骨?鶏ガラ??らしき獣系ダシに加え、削り節チックな和風ダシが効いたこの味わいは、ふと「極」を思い出す。

合わさる麺は中細ストレート、シュルルと啜った時のブルルンっと踊る啜り心地然り、噛んだときのコリッ&モチッなコシ然り、噛み込んだときの甘み然り、カナリ我がツボ。ナンちゃナサげで、その実、十二分に個性的な一杯に感服。

【麺家大河】
ラーメン550円
福岡市東区箱崎1-12-14 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン1●中華麺1●うどん4●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 14:03 | Comments [0]

2014年01月22日 水曜日

●【そば】ウエスト@早良区野芥

「ウエスト」の「朝そば」は早良店限定か?午前5時から午前10時までの限定メニューで、温かけと冷ぶっかけの2種あるが、今日も寒いっ。で、迷わず温かけ。

待つ事しばし、運ばれてきたそばは、真っ黒なスメに具はゴボ天と生卵。まずなスメと一啜りすれば、以前千代店で啜った温かけのスメとは全く別物、キュインッと濃口醤油のカエシがきいた関東タイプ。

蕎麦はシュルルと艶めかしい啜り心地然り、しゃくりと解けるコシ然り、どうやら揚げたてか?具のゴボ天を囓り、途中生卵を割り、黄身の甘みをスメに映し味わいの変化も楽しみつつ、一気完食。

この味わいで価格はナンと290円。コレでもう少し蕎麦の量が多ければ言う事ナシ。

【ウエスト】早良店
朝そば290円
福岡市早良区野芥3-30-1
24時間営業・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン13●チャンポン1●中華麺1●うどん4●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 07:59 | Comments [0]

2014年01月21日 火曜日

●【チャンポン】麺処 立川家@糸島市板持

先日の「ラーメン白」にググッと惹かれた「立川家」で「ラーメン黒」狙い。のはずが、めっさ腹減りまくりぃ、で、「チャンポン」へ宗旨替え。

アッツ熱の口当たりと共にナンとも素直に広がる豚骨ダシらしき仄かな甘みから察するに、スープはラーメン白と共用か?外連味は一切なし、ひたすらストレート&素直にダシの味わいを生かし切った滋味系な味わいのチャンポン・スープは、未だかつて食べた事がない超滋味&美味。

合わさる麺は気持ち細めの中太チャンポン麺。へなっとハリが少なめの食感が、具だくさんな盛りつけにチト負けてる感あるも、ナニせ大盛りゆえ、トータルの食べ応えは十二分にアリまくり。

同行スタッフがたのんだ「ラーメン黒」は、コレでもかと男前な一杯。コリャやっぱ、メニュー全制覇してみたい、魅惑の麺屋がまた一軒。

【麺処 立川家】
ラーメン白500円
福岡県糸島市板待187
11:00~21:00・月曜休み Pあり

Posted by heno at 14:07 | Comments [0]

2014年01月20日 月曜日

●【ラーメン】匠@飯塚市平垣

俺コレ!の「今コレ! '13」豚骨部門である「ラーメン匠」。カノ超人気ラ店@北九州市の「ぎょらん亭」縁の店として、昨年飯塚にオープンした店だ。

メニューはぎょらん亭系お馴染みの「豚骨十割」を筆頭に6種並ぶ。店頭の幟にもあるように超濃厚とんこつがウリだけに「どろ」を頼むべきなのだろうが、ナニせヘタレなロートル麺喰い。とてもとても「どろ」はムリムリっ、で豚骨十割。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、大振りの豚バラ肉チャーシューが真一文字に鎮座する生成り白濁スープが、ナルホドぎょらん亭。先ずはスープと一啜りすれば、まったり&もったりとした口当たりと共にジュワジュワ&トロトロ広がるコレでもかと豚豚しい豚味豚骨ぅ+カスッと引っかかり感あるコクは、えぇ?昆布ダシ??

合わさる麺は中太丸麺。ボリボリとシコタマ無骨な折れコシと粉っぽい風味が、スープに負けず劣らずストロングぅ。太切りのネギやキクラゲも手伝って、もさもさ、わにわに、食い応えあり過ぎな仕上げ具合が、存在感あり過ぎのヤンガー美味。

【ラーメン匠】
豚骨十割550円
福岡県飯塚市平恒605-4 ほなみ味の街
11:00~14:00&18:00~20:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン12●チャンポン1●中華麺1●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 21:10 | Comments [0]

2014年01月19日 日曜日

●【ラーメン】うちいこ@西区野方

「西谷家」や「金の豚」が立ち並ぶラーメン屋密集地帯に先週新たなラーメン屋がオープン。マンションビルの1階に真新しい暖簾を潜ると、休日午後1時前の店内は6割方客で埋まっている。

店を切り盛りするのは若夫婦とその母と妹らしき4名と、若主人をサポートする若者5名。FMラジオがBGM&店の片隅には漫画本が一杯&入り口横には取り放題の漬け物&学生ラーメン割引ありと、新店らしからぬオーソドックスな街のラーメン屋然とした店造りが居心地良し。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、アッツ熱の食感と共に軽やかに広がるダシの風味と、キュインッと味蕾を刺激するタレの旨み。合わさる麺は麺線短めの細麺。シュルッと小気味良く口に収まる感じが、あは快感。茶シューも新店にしては珍しくキシキシ食感のオーソドックス系。近所にあれば使い勝手の良い、正統&優良な街のラーメン屋さんの今後に期待。

【らーめん うちいこ】
ラーメン500円
福岡市西区野方6-22-1 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン11●チャンポン1●中華麺1●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:04 | Comments [2]

2014年01月18日 土曜日

●【うどん】丸亀製麺@早良区賀茂

丸亀製麺の冬季限定「のり玉あんかけうどん」。カツオのだしがきいたスメをあんと溶き卵でとじ、具は生海苔と板海苔。薬味のネギとおろし生姜を添えて、ズズッと啜れば……、うへぇ、ぬ、ぬるい……。

あんでとじた麺類=アッツ熱トロトロを期待しすぎたのか?いやいや、普通に食べても、これはぬるい。味わい的には十二分に旨いのだが、あまりにぬるい、ぬる過ぎるぅ。今日もエラク寒いだけに、ガックリ感が半端ない。思わずレジ横の温スメサーバーでドバドバとツユをドーピングすれば、やっとこさナンとか温かいうどんに。

おそらく熱々あんとじスメは、作り置きするのに向かないのだろう。なので、冷めないくらいに最低限の加熱をしながら客に供しているのだろう。ならば、メニュー横に「熱々ではありません」と明記して欲しかったなぁ。

丸亀製麺】福岡賀茂店
のり玉あんかけ480円+レンコン天90円
福岡市早良区賀茂4-427-1
7:30~22:00・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン10●チャンポン1●中華麺1●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:55 | Comments [2]

2014年01月17日 金曜日

●【ラーメン麺処 立川家@糸島市板持

早朝からの糸島での仕事が午後2時過ぎ、ようやっと一段落。アチコチのブログで見かけて惹かれていた「麺処 立川家」へ。住所を頼りに訪ねると、ドカンと広がった田圃の一角のこぢんまりとした住宅外の一角に、「ラーメン」と染め抜かれた赤い幟。

こりゃ「天下一品」@うきは市吉井町に勝るとも劣らぬ、ディープな立地だなぁとピンクのプレハブ小屋へ入ると、目一杯手作り感溢るる店内の壁にはメニュー書き。「ラーメン白500円 ラーメン黒500円」には惹かれるも、「肉うまにラーメン」?「餃子入りラーメン」??店を切り盛りするのは夫婦らしき老人ふたり。ちとイヤな予感が首をもたげるも、イヤイヤ大丈夫、大丈夫と我を鼓舞しつつ、出来上がりを待つ。

スタッフ5名分のそれぞれ異なるメニューを一斉に仕上げたためか、待つ事しばし運ばれてきたラーメンは、スープ表面を分厚く覆う脂こそ想定外だが、その奥に透けて見える茶褐色のスープ然り、ドンブリ中央に山高く盛られたネギ然り、ナカナカの男前ぶりに、うししと眉が下がる。

ほんじゃま、まずはスープからと一啜りすれば、おほほぅ?!自然に甘くほっこりと滋味なるこの味わいは、ひょっとして無化調か??!!だとすると、これだけきちんと旨い=丹念に丁寧に、小まめにアクを取りつつスープを仕上げた証ということか。

合わさる麺もイヤハヤ旨いっ。気持ち細めの中麺のシュルルゥと口に収まる快感然り、ぽくっと解ける自然なコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な風味然り、滋味スープと相性抜群で、タマランタマラン!

多めに盛られたチャーシューも適度にキシキシで、己の旨さを妙に主張しすぎる事なく、全体の味わいの和を一回り膨まさる様がオール・フォー・ワン&ワン・フォー・オール。力石徹の両手ぶらりん戦法よろしく、気負った感は皆無なれど、バチンッと要所に旨さを決める、老練なる一杯にソリャもう惚れ惚れ。

同行スタッフがたのんだ「野菜たっぷりラーメン」もイイ感じ。
ではでは機会を見つけ、ヤルか全メニュー制覇?!

【麺処 立川家】
ラーメン白500円
福岡県糸島市板待187
11:00~21:00・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン10●チャンポン1●中華麺1●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 14:23 | Comments [0]

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家@中央区大名

早朝出勤途中にGood Morinig,NAGAHAMA! ケイチでナシカタネギヤマ。ドンブリ一面を覆う緑のネギの中央に小高く盛られた茶色のチャーシューがビューティフォーな一杯は、やっぱり今日も旨い旨い。臭い&不味いがウマイ!の元祖は今は昔、昨今のケイチはハズさんなぁ~。

【元祖ラーメン長浜家】
ラーメン400円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜7:00~9:00が清掃閉店)※1月21日から23日は正月休み、20日午前5時頃まで営業し正月休業へ&24日午後5時から営業再開  Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン9●チャンポン1●中華麺1●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 04:05 | Comments [0]

2014年01月16日 木曜日

●【ラーメン】永楽@北九州市小倉北区

JR小倉駅北口の商店街のはずれに、イイ感じにオゲレツな深紅の外観。麺ブログ「ブースカの本日の麺です。」にチョクチョク登場し、ついつい惹かれていた「永楽」で初啜り。

正午過ぎ、暖簾を潜ると、クンッと薫るイイ感じの豚骨臭。外の通りに面した間口の広さからすると随分とこぢんまりした、カウンター席のみ8席ほどの店内はほぼ満席状態。あちゃちゃぁ~、コリャ出直しか?と瞬間ひるむも、

「いらっしゃいっ!5名様?では右奥の階段から御二階へ~っ!」

示される掌の先を見ると、人一人がどうやら上れそうな階段が。

3卓ほどある4人掛けのテーブル席の中央の卓に陣取り、「創業昭和46年」と印字された卓上のメニューを見ると、ラーメンがデフォ+味噌+カレーの3種類に、メンマやワンタン、キムチなど、具のバリエーションが数種類。

そらにしても、学生ラーメンがノーマルより50円も高い。普通は学生ラーメンの方が安いものだが?とメニューを裏返すと…

ナルホド、近所の北九種予備校生の、安価で腹を満たしたいと願いに応えて出来たメニューなのか。ほのぼのとしたメニュー誕生秘話もイニシエ・ラ店の魅力。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、誤解を覚悟で例えるならば、極上マルタイ棒ラーメン。アッツ熱の口当たりと共にスイッと広がるダシのうま味は外連味が一切なし。ほのかな甘みの輪郭を醤油タレが丹念に描き出す様が愛おしい。合わさる麺はカナリ細めの中太麺。スルルと小気味よい啜り心地然り、ホクッと解けるコシ然り、北九州と言うより博多のラーメンチックなその食味も、棒ラーメン。

いやぁ旨いな、こりゃ好きだなぁと一気盛んに瞬食し、階段を降り精算に480円を差し出すと「ランチタイムのラーメンは400円です!」 あはん、ウレシ過ぎるヤンッ。こりゃ是非とも再訪せねば!ビビッと気になったカレーラーメンを啜らねばっ!!

【永楽】
ラーメン400円(ランチタイム価格 通常は480円)
北九州市小倉北区京町2-2-1
11:00~21:00・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン8●チャンポン1●中華麺1●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:49 | Comments [3]

2014年01月15日 水曜日

●【チャンポン】味六飯店@城南区干隈

優良街の中華料理店である「味六飯店」の店頭に、5~6本はためく幟全てが「マーボーチャンポン」。文字通りのフラッグシップ・メニューである「マーボーチャンポン」の正式メニュー名は「まーぼ味チャンポン680円」。

おそらくスープに麺と具を加えた状態であんとじされたのであろう、あんとじスープがトロットロに麺にまとわりつく、謂わばダールー麺チックな味わいがアッツ熱美味!鶏ガラベースらしきスープは、味噌らしき風味にコチジャンらしきピリ辛も効いていて、明解美味。コレでもかと盛られた野菜や豚肉、海老、イカや生卵などの具のうま味も合いまって680円は、ウレシウマシ。

【味六飯店】
まーぼ味チャンポン680円
福岡市城南区干隈2-7-21
11:00~20:50・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン7●チャンポン1●中華麺1●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 20:55 | Comments [0]

2014年01月14日 火曜日

●【うどん】小麦冶@東区箱崎

12年前、「ごぼう天うどん」「肉うどん」とも230円と、超格安博多うどんチェーンとしてスタートした「小麦冶」。12年間で15店舗に店舗を増やし、2度の値上げで現在ごぼう天うどん、肉うどんも330円となったが、それでも十二分に格安感あり。かつ、アッツ熱のスメはキリリとダシがきいているし、太めのうどんもモッチモチの博多うろんだし、丁寧な仕事の後がアリアリと見て取れるウマし一杯が、待ち時間ナシで供されるオペレーションの良さ。早い、安い、旨いと三拍子揃った、This is Japanese Fast Food , UDON に惚れ惚れ。

【小麦冶】箱崎店
ごぼう天うどん330円
11:00〜24:00・年中無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン7●チャンポン0●中華麺1●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:43 | Comments [0]

2014年01月12日 日曜日

●【そば】みすゞ庵@早良区西新

「みすゞ庵」と言えば「カレー南蛮」。今日は特に寒さがキビシイせいもあってか、客の半分はカレー南蛮を啜っている。あんでとじたスメはアッツ熱トロトロ、カレーのピリ辛なエスニックな風味と、キュンッときいたカエシの和風味のコラボが、ほっこり旨し。そばもイイが、太めのうどんで食べれば、なおさら熱々ほわほわかも?!

【みすゞ庵】西新店
カレー南蛮そば650円
福岡市早良区西新5-2-43
11:00~19:00・木曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン7●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:54 | Comments [0]

2014年01月11日 土曜日

●【ラーメン】かい@西区今宿

イイ感じにカプチーノ状に泡だった見た目通り、先ずはと啜ったスープは、こっくりとダシのうま味が広がる様と、コラーゲン状にペタペタとした食味の脂の甘味とのコラボが、えへへぇ~我がツボツボぉ~~!!

合わさる細麺ストレートも、するるぅと口に収まる啜り心地然り、ぽっくりと解けるコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な小麦感&素朴な風味然り、コレまたドキュンっと我がツボぉ。

厚切りされたチャーシューこそイマドキなれど、全体の味わいの印象は、王道豚骨濃密美味系で、ふとカノ人気ラ店「金田家」@行橋市を思い出す。なんとも辺鄙な立地なれど、更なる飛躍を確信するほどに上出来美味なる一杯に万歳三唱。

一昨年の11月にJR今宿駅近くにオープンした「ラーメンかい」。モヒカン金髪ヘヤーの主人と金髪奥さんの若き二人がチャキチャキと切り盛りするさまが頼もしい。入り口横の本棚にはギッシリと漫画本も用意さえているあたり、真性街の昼飯ラ店。なれど、その味わいは、味わい勝負のラ専門店。次回は是非ともチャンポンか?それとも、焼きラーメンか?!

かねてから惹かれていた「木のか」@久留米市の野菜肉まんは、ソリャもう半端ない旨さ炸裂。肉あんと共に仕込まれたタップリ白菜はおそらく天日干しの漬け物か?ナンとも豊かなうま味が溢れまくりのシャキシャキ美味と、もっちり皮の酒麹風味溢るる味わいのコラボに、ひたすらウットリ。

 

【ラーメン かい】
ラーメン500円+替え玉100円
福岡市西区今宿駅前1-5-5
11:30~15:00&18:30~24:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン7●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば0●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:50 | Comments [0]

2014年01月10日 金曜日

●【エスニック】ミスサイゴンベトナム料理店@東区土井

東区の「土井団地入口」交差点に面したマンションビルの一階に、イイ感じにエスニック調のピンクの電照看板。そして店内の手作り感溢れていて、あたかもベトナム現地の店のような「ミスサイゴン」。長年仕事でベトナムに住んでいた日本人のご主人がベトナム人の奥さんと結婚後、日本に帰国し、2008年にオープンさせたベトナム料理店。

我が目当て「フーティユーナンバン」は、うどんのように太い米粉麺「フォー」に、ゆで豚、エビ、レタス、モヤシに、パクチーともう一種類の香草がのった、具だくさんの「フォー」。

先ずはスープと一啜りすれば、鶏ガラらしきダシのうま味の輪郭を、密なる甘みと酸味が描き出す。具の下のフォーを箸でつまみ啜れば、麺に上に添えられていた揚げニンニクや様々の薬味のエスニックな風味が豊かに広がる。そして更に具の香草の風味も加勢して、気分はモロ、ベートナム!

ホール担当のご主人のすすめに従い、卓上の辛味調味料を添えれば、唐辛子や山椒に加えコレまた様々な香辛料が入っているのか、複雑な辛味が加わり、コレまたドエラク美味っ。

ベトナムには行った事がないが、おそらく現地の味わいそのままと思しきエスニック旨し一杯が、価格も格安500円。いやぁコリャ気に入った、次回は是非生春巻きや、ベトナム風お好み焼き「パインセオ」も食べてみたひっ。

【ミスサイゴンベトナム料理店】
フーティユーナンバン500円
福岡市東区土井1-22-23
11:00~15:00&17:00~23:00・火曜休み

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン6●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば0●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:50 | Comments [0]

2014年01月09日 木曜日

●【ラーメン】圭順@北九州市門司区

店に入った途端、クイッと薫り立つ豚骨香は伊達じゃない。イイ感じにコラーゲン化した脂膜に目を細めつつ一啜りすれば、クイっとフック感あるダシの旨み。リスペクトした「一竜軒」@唐津市のスープと味わいのベクトルの向きは限りなく同一だが、その大きさ=濃さが半端ない。凄味さえ感ずるほどに濃密なるダシのうま味に感服しきり。

【圭順】
ラーメン大盛り550円
福岡県北九州市門司区黄金町10-25
11:30~15:00・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン6●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:05 | Comments [0]

2014年01月08日 水曜日

●【ラーメン】来雷軒@久留米市櫛原町

一年半ぶりに訪ねる「来雷軒」の一杯は、随分と円熟味を増した感がありありと。しっかり&じっくり乳化した豚骨スープの自然な甘みが、冬季限定の華海苔との相性も抜群。ほくっと解ける中細麺も、うっとり我がツボ。なれど、ここの麺ってこんなに麺が短かかったっけか……?

ああ旨かったと食べ終わると、念願の煮豆が供される。
ほっくりほの甘い味わいがに、ほっこり。

 

来雷軒
ラーメン大盛り600円+華海苔100円
福岡県久留米市櫛原町31
11:30~14:30&17:30~20:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン5●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:54 | Comments [0]

2014年01月07日 火曜日

●【中華麺】福龍@筑紫野市湯町

福岡の奥座敷、二日市温泉のど真ん中で営業する「福龍」。アチコチのブログで評判の中華料理店である。目一杯街の中華飯店的店構えなれど、店内のBGMはナゼがスタンダード・ジャズ。ナンでもココの女将さんは、女優・黒木瞳の親戚なのだとか。だから店のBGMもオサレにJAZZ?など妙チクリンな我が思考に苦笑しつつ卓上のメニューを眺めると、我が目当ての汁麺はチャンポン2種に、五目麺、ワンタン麺、チャーシュー麺、汁ビーフンに、ラーメンの7種。チャンポンか?いや、ラーメンか??いやいや今日もエラク寒いので、トロンとあんとじの五目麺で温まりたひっ!

と頼んだ五目麺だが、運ばれてきたのはnotあんとじの具&サラサラ・スープ?!そして具の下から麺を掴み出すと、この細さはラーメン用の麺の流用か?

先ずはスープと一啜りすれば、ふわりと広がる鶏ガラらしきダシのうま味と、その味わいの輪郭を際立たせる昆布だしチックな風味。サラッと軽やかなれど、ナンとも豊かなこの旨みは……。そうそう、幼い頃に街の中華屋で食べたチャンポンのスープが、確かこんな味だったような、真性イニシエ中華味。

合わさる麺は中太ストレート。箸で掴んだときの心地よい重量感然り、啜った時の適度にザラツキ感ある触感然り、噛み込んだときの、ブルルンッと跳ねるコシ然り、コリャ旨いっ!メッサ我が好み!!

大振りに切られた野菜のザクザク食感も楽しいし、チャーシューもタダモノではナイ。八角らしき中華香辛料のアノ甘き風味が効いていて、ラーメンの具と言うより、一品料理の叉焼。

オーダーするときラーメンかチャンポンか迷ったが、この五目麺で大正解。なぜなら、サラサラ・スープ×中太麺×具の多さ=ラーメンとチャンポンのいいとこ取りだよなぁと、大満足で店を出る。

【福龍】
五目麺700円
福岡県筑紫野市湯町1-9-10
11:00~14:00&17:00~21:00・木曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:42 | Comments [0]

2014年01月06日 月曜日

●【ラーメン】未羅来留亭@早良区西新

午後2時前と目一杯アイドルタイムのはずが、店内には先客3名。そして私に続き、ぼちぼちと来客が続く。と、その中の一人が、

「ラーメン、硬麺でくださいっ!
お久しぶりです、よく西新に帰ってきてくれましたぁ!!」

どうやら以前からの常連客か。かつてのファンは皆、未羅来留亭の西新復活を喜んでいるのだなぁと、シミジミ啜る一杯は復活初日のそれとは比べものにならないほど、かつてのアノ味。いやぁ旨いね、ウレシイねぇと、ついつい禁断の替え玉コール。卓上の辛子高菜を盛って、ずるると啜るこのシアワセよ。

【未羅来留亭】
ラーメン480円+替え玉100円
福岡市早良区西新4-7-17
11:30~20:00・定休日は考慮中 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン0●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:54 | Comments [4]

2014年01月05日 日曜日

●【ラーメン】丸正ラーメン@久留米市野中町

JR南久留米駅にほど近い住宅街の一角に、2階建ての一戸建て住居と併設された店舗。久留米のラーメン王・チャンカメさんのブログで気になっていた「丸正ラーメン」。

店の前にわずかに空いたスペースに車を止めて暖簾を潜れば、午後1時前の店内は先客ナシ。くんっと軽やかに店内に漂う豚骨ダシの香りを楽しみつつ、4つほどあるテーブル席のひとつに座り、壁に掲げられたメニューを見ると、ラーメンはチャーシューメンやもやし、野菜など、具のバリエーションで5~6種に加え、焼きそばに焼きめしに餃子と、いかにも久留米イニシエ系的ラインナップ。

ラーメンを頼み、入り口角の高い位置に置かれた小型テレビと、そのトイメンに張られたホークス選手のサイン色紙の数々を交互に眺めつつ、出来上がりを待つ。

「はいはい、お待たせしましたねぇ。」と運ばれてきたラーメンは、イニシエ系らしからぬ、底の部分がふっくらとしたドンブリの形状。先ずはスープと一啜りすれば、軽やかな口当たりと共に素直に広がる豚骨ダシの自然な甘み。これぞ「天然純豚骨」、おそらく丹念にアクを取りつつ、ひたすらキチンと炊き込んだ結果なのだろう。外連味は一切なし、ナチュラルに甘い純粋豚骨ダシの甘みがシミジミと。

合わさる麺は細めの中麺ストレート。エラク麺線が短いのが印象的&イイ感じに柔揚げフニャフニャ加減がナンとも気分。冷蔵庫臭いチャーシュー&ゆで玉子の輪切りがのっているあたりも、真性イニシエ。懐かし旨い一杯を、ズルズルとユルユルと啜る、午後のシアワセ。

【丸正ラーメン】
ラーメン400円
福岡県久留米市野中町1173-8
11:00~22:30・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン3●チャンポン0●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:12 | Comments [2]

●【ラーメン】上津惣一@久留米市南

一昨年の年末にオープンした「上津惣一」。久留米では珍しい塩ラーメン専門店なのだとか。住所を頼りに訪ねると久留米南部を東西に結ぶ上津バイパスから一本奥に入った立地。

入り口横の「当店は豚骨ラーメンはありません」との張り紙を見つつ、店内へ。正午過ぎ、外観より思いの外広めの店内は4割方客で埋まっている。

カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンは「塩ラーメン650円」と「塩チャーシューメン850円」の2種類と至って潔い。そしてメニューの裏を見ると、ズラリと並ぶ焼き鳥の数々。と言う事は、本来は焼き鳥屋で豊かに使う鶏肉から出るガラからスープを取って、ラーメンを作っているのだろうか。

待つ事しばし、運ばれてきた塩らーめんは、美しく澄んだ黄金色のスープに旨さを確信。レンゲで一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共に、ふっくらと広がる鶏ガラダシの豊かなうま味。ナンでも「はかた地どり」と12種類の食材からスープを取っているとの事。ナンとも豊かなうま味に思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は中太縮れの卵麺。ぷりんっと跳ねるも至って自然なコシと、噛み込むほどに広がる甘みが、コレまた我がツボ。具の大判チャーシューに、シナチク、半熟玉子もキチンと丁寧に調味されていて、食味の満足感も高い。650円は決して安くないが、この味わいなら十二分に納得価格。

今日は連食予定なのでスープだけは残そうと思うも、あまりの旨さに思わずもう一啜り、また一啜り。結果、きれいに一滴残さず完食。豚骨ラーメン発祥の地である久留米だが、ここ上津惣一に「しのわ」「Gaku」など否豚骨ラーメンの名店も目白押し。いやぁ惚れたっ、近所に来たときはまた是非啜りたひっ一杯が、また一軒。

【上津惣一】
塩らーめん650円
福岡県久留米市南4-30-50
11:30~15:00&18:00~21:00・木曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン2●チャンポン0●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:07 | Comments [0]

2014年01月04日 土曜日

●【うどん】仁兵衛@田川市夏吉

豊前裏打会全店制覇 その十九

飛ぶ鳥を落とす勢いで系列店舗が増えている「豊前裏打会」。昨年末には「うどん仁兵衛」が筑豊地区一番店としてオープン。住所を頼りに訪ねると、てっきり飯塚と行橋を結ぶ幹線道路である国道210号線沿いかと思いきや、直方方向へ抜けるバイパス沿いに開店祝いの花輪がずらり。表通りからチョッと入り込んだ立地こそ、いかにも豊前裏打会。

正午過ぎの店内は6割方客で埋まっている。そのほとんどが、うどんとドンブリのセットを食べているあたりも、いかにも豊前裏打会。店を切り盛りするのは夫婦と息子二人の家族だろうか?客のオーダーが入ってからうどんを茹で始め、天ぷらを揚げる丁寧な仕事ぶりも裏打会。

「うどんの小町」@北九州市小倉南区で修行をしたらしき仁兵衛だが、裏打会を束ねる津田屋官兵衛によると、「裏打会の異色の新店舗」とのこと。なるほどメニューを眺めてみると、裏打会の他店舗ではあまり見かけないものがチラホラと。

さらに温うどんメニューに載せられた写真によると、ゴボ天は裏打会名物のフリスビー型ではなく、細いゴボウを長く縦割りにして揚げた突き槍タイプではないか?!

ならば目一杯裏打会らしからぬメニューをと頼んだ「牛すじうどん」は、一見して確かに異色。スメに透けて見えるうどんが随分と太いのだ。

先ずはスメと一口啜れば、コレまた異色。裏打会のスメは甘みがたったタイプか、削り節の風味が効いたタイプが多い気がするが、このスメは昆布らしきダシが豊かにきいた懐かしほっこり系。

そしてうどんも啜ってみると明らかに太め。もっちりと解ける餅ゴシが、昆布だしスメとの相性抜群な癒やし系。牛スジ肉もどぎどぎ肉よりは随分と薄めの調味具合で、見てくれこそ小倉名物どぎどぎうどん風なれど、味わいは王道肉うどんの牛すじバージョン。

前知識なしに啜っていたら、おそらく豊前裏打会系列の一軒とは気付かなかったかも。およそ新店らしからぬ、ほっこり美味な一杯に大満足。次回は裏打会的メニューである「ごぼう天ぶっかけ」なぞ啜ってみたひっ。

【うどん仁兵衞】
牛すじうどん570円
福岡県田川市大字夏吉840-5
11:00~15:00&17:00~20:00・定休未定 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン1●チャンポン0●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:13 | Comments [2]

2014年01月03日 金曜日

●【ラーメン】かなで食堂@春日市須玖南

ソリャもうアッツ熱の口当たりと共に、ふわりと広がる鶏ガラダシの豊かなる滋味。おそらく削り節か根菜か?鶏ガラプラスのダシも効いているのか、ジワジワと&シミジミと&啜る度に加速度的に増すうま味が、ソリャもう天晴れ美味。

合わさる麺はスベスベ滑らか中細麺。するるぅと小気味よい啜り心地然り、噛み込んだときのプリンっと愛らしいコシ然り、加えて滋味美味鶏ガラスープとの取り合わせ然り、ふと「黄金の福ワンタンまくり」を思い出す、上出来旨し取り合わせに、思わず頬が緩む。

大判のもっちりチャーシューに海苔に白葱と、至ってシンプルな具が、中華そば本来の味わいを引き立てる。うぬぬぅ、コレだけ旨くて期間&食べ手限定提供とは、モッタイナ~イ!(←祈冥福、ワンガリ・マータイさん調で)。

かなで食堂
鶏ガラ中華そば580円
※期間限定&常連 or facebook「いいね」客限定提供
福岡県春日市須玖南1-182
11:00~22:30・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン1●チャンポン0●中華麺0●うどん1●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km
Posted by heno at 11:52 | Comments [0]

2014年01月02日 木曜日

●【うどん】牧のうどん@城南区片江

年明けうどんは「牧のうどん」の「鴨うどん」。わぁお、こりゃラーメンか?!と我が目を疑うほどに、超濃厚&オイリーなスメは見た目通り。アッツ熱の口当たりとともに、ぽってりと&コレでもかと濃厚に広がる鴨のダシのうま味と脂の甘味。微かなえぐみさえ感じるほどにコッテコテ味に、もうタジタジ。

たまらず、同行の次男がたのんだ「たまごうどん」用に供されたヤカンでスメをドーピングするも、まだまだ濃い濃いっ。ならばとスメヤカンをお代わりして、さらに全てをドーピングすると、ようやっとナンとか食べられるレベルの味わいに。

ダイナミックな濃厚味、おそらく若かりし頃はタマラン旨いっと感じたはずだ。正月を迎えまたひとつ歳を重ねたロートル麺喰い親父、今年こそ分相応の麺喰いライフを楽しみたひっ。

【牧のうどん】片江店
鴨うどん500円
福岡市城南区片江4-1-20
10:00~23:30(土日~24:00)・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン0●チャンポン0●中華麺0●うどん1●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

大晦日から二泊三日、原鶴温泉で年明け。
昨年は公私とも激動の一年だったなぁなど顧みつつ、
田中六五の生を、くいっ。

今年は山にも登りたいと、東峰村の岩屋神社へ初詣。

Posted by heno at 11:48 | Comments [0]