HENO HENO: 2014年02月 アーカイブ

2014年02月28日 金曜日

●【うどん】太さぶろう@中央区渡辺通

今週25日にオープンした「うどん太さぶろう」は、スポーツジム「フォジオ福岡」を経営する株式会社ライフオーダーの新事業。

暖簾にある「讃州泉流」の文字からして、讃岐うどんがウリ。なのだが、メニューは温かけうどんが7~8種に、釜揚げ、釜玉に、讃岐の冬うどん「しっぽく」と、温うどんのみ。我が大好物の「醤油うどん」や「ぶっかけ」などの讃岐冷うどんはオペレーションが熟れてきてからの販売か?ならば迷わず「初う店はゴボ天」。

アッツ熱のスメは、クイッとイリコらしきダシがきいた、モロ讃岐うどんチックな味わい。そしてうどんも、キッチリとエッジが立った見た目はコレまた讃岐チックだが、噛んだときのむっちりとしたコシと、ねっちりとしたヒキと、噛み込むほどに広がる小麦の風味がタダモノではない。

開店間もなくでオペレーションはかなりドタバタとしているが、うどんの味わいは超べっぴん!おそらく香川県の製麺機メーカー「大和製作所」で研鑽を積んでの開業か?かの繁盛店「志成」@中央区大手門然り、大和製麺所の「大和うどん学校」卒業生はすべからく優等生。こりゃ冷「醤油うどん」の発売が待ち遠しいぞおっ。

【うどん太さぶろう】
ごぼう天うどん450円
福岡市中央区渡辺通2-9-17
11:00~18:00・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン5●中華麺4●うどん15●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 11:58 | Comments [0]

2014年02月27日 木曜日

●【チャンポン】芳扇@東区二又瀬

東区松島での仕事が一段落付き、サクッと昼麺。CAR & NOODLEでその存在を知り、ググッと惹かれていた「焼肉の芳扇」でチャンポンを啜る。

午後2時前、目一杯アイドルタイムの店内は先客ナシ。同行スタッフ5名が全てチャンポンをたのむと、「全員チャンポンですかぁ…?」とチト戸惑い気味のお母さん。そして、厨房に入り料理が始まると、まず聞こえてきたのは野菜を刻む音。

で、出てきたチャンポンは、どっさり野菜の具だくさん。先ずはスープと一啜りすれば、軽やかな口当たりとともに広がる牛テールのダシの旨み。麺もよく加熱されていて、ぽわんぽわんと跳ねる食味が心地よい。ナルホド上出来美味なるチャンポンである。が、もう少しスープにダシが強めに効いた方が更に旨いのだが…、と思いつつ、ふと思いつく。

随分と遅い時間帯に5杯のチャンポンは、焼き肉店のランチ営業としては想定外の量だったのでは?なので急いで野菜も刻み増し、スープも少し薄める事で増量したのかも……??なにせコレでもカナリ旨いのだ。ならば次回は早い時間帯に単身で啜りに来たひっ。

焼肉の芳扇
チャンポン600円
福岡市東区二又瀬4-15
11:00~23:00・3rd月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン5●中華麺4●うどん14●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 13:17 | Comments [0]

2014年02月26日 水曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十五

なにせ水炊きを産湯に育った我故、昨日の「とりラーメン」@DREAM BOATで激しく鶏白湯ラーメンLOVEが再燃。んで、TODAY'S昼麺は久方ぶりに「らぁめんシフク」。

前回の印象がチトさえなかったので、いつしか足が遠のいていたシフク。ひょっとして若き店主の入魂鶏ガラだしの濃厚さがへなちょこロートル麺喰いにはチトきつ過ぎたのか?ならば今日はアッサリ味の「塩らぁめん」??と入り口の食券販売機で瞬間迷うも、うんにゃうんにゃ、やっぱ鶏白湯でイットクか!

ピンポ~ン、鶏白湯らぁめんでドンズバ大正解!アッツ熱の口当たりとともに、トロトロトロりぃと広がる、このうま味こそ正に鶏白湯で御座い!超ウルトラ円やか、かつ芳醇なる旨さがコレでもかと広がる。かつ、前回感じたえぐみは一切なし。ただひたすら純粋に&素直に己のうま味を遺憾なく発揮する味わいに、ソリャもうメロメロぉ。

そしてそして、ドエラク麺も旨いでないのぉ。自家製中太偏平縮れ麺の、しゅるるぅと豊かにスープを絡め取りつつ口に収まる啜り心地然り、もっちりと深いコシ然り、噛み込むほどに広がる風味然り、太麺&平麺フェチの我には、ワハハと痛快美味っ。

尚且つ鶏チャーシューの旨さがバージョンアップ。以前は茹でただけだった気がするが、今日のは皮を焼き焦がしてあるのか、もっちり鶏の旨みにカリッと小気味よい食感とスモーキーな風味が加わり、タマランタマラン。

明らかに一回りも二回りも美味しく進化&深化した一杯に心底感服。店横に駐車スペースが1台分出来てたことだし、ホットペッパーに替え玉サービスクーポンもアップされているでないのぉ?!コリャ近々再訪し、未食の替え玉細麺をば啜ってみたひっ。

【らぁめんシフク】
鶏白湯らぁめん600円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~22:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン4●中華麺4●うどん14●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 13:31 | Comments [0]

2014年02月25日 火曜日

●【ラーメン】DREAM BOAT@中央区赤坂

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十四

じぇじぇじぇぇ~?!これほどまでに本格美味だとは……!!

福岡新麺店ハンター王の呟きでガッツリ惹かれた「DREAM BOAT」のランチ麺。今月12日から始めたというランチは「とりラーメン」と「とり辛ラーメン」×それぞれノーマルと汁なしの2種=計4種。で、我が惹かれた「とりラーメン」は、とろんっと艶っぽい口当たりとともに、芳醇に広がる鶏ガラダシの素直な旨みが、けへへっ!我がツボっ!!目一杯白濁した様は一見猛烈暴れん坊風ではあるば、その実、外連味の一切ない純粋鶏ガラ・ベラボー美味。

合わさる麺は、中細縮れ麺。半生タイプの袋麺に入っていそうなタイプで、この旨旨スープに組みするには確かにチト弱い。が、圧倒的我がツボなスープの前には、NO PROBLEM!

夜はライブハウスとして営業する店のランチだけに、やっつけ仕事と思いきや、想定外の極旨味わいに心底感動。ひょっとして、ごく近所の鶏白湯ラーメン店である「いっとく食堂」がスープを分けている!?兎にも角にも、「鸛」然り、ここ赤坂一帯は今や鶏白湯ラーメン天国だ。

【DREAM BOAT】
とりラーメン550円
福岡市中央区赤坂1-11-20
ラーメンは月~金の11:30~15:00 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン30●チャンポン4●中華麺4●うどん14●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 21:25 | Comments [6]

2014年02月24日 月曜日

●【ラーメン】一竜軒@佐賀県唐津市

今日も今日とて絶好調美味っ。ぶわりと広がるダシのうま味と、くいんっと押し出し感ある後味スープと、イイ感じにぽわんっと跳ねニチッと抗う中太麺に、あはは今日もやっぱりメロメロのメロリンキュー。

【一竜軒】
ラーメン500円
佐賀県唐津市菜畑4070-2
11:30~15:00・日曜&第2&第4水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン29●チャンポン4●中華麺4●うどん14●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 19:58 | Comments [0]

2014年02月23日 日曜日

●【うどん】誠屋@南区曰佐

久方ぶりの「誠屋」は、随分とメニューが充実。で、ググッと惹かれたのは、鹿児島の錦江湾でしか捕れないという「ヒメアマエビ」のかき揚げうどん。カリッと揚がったアマエビの甲殻類全開の美味さを、カキンッとダシがきいた熱々スメに浸しつつ堪能。

うどんは以前より太打ちか?もっちりと抗う深いコシと噛み込むほどに広がる素朴な甘みがタマラン我がツボ。同行の父のために、うどんを柔らかめにお願すると、箸で持つと切れるほどにチャンとヤワヤワ&テロテロに仕上げてくれる丁寧な仕事ぶりにも惚れ惚れ。駐車場もあるし、また是非家族で寄らせていただきたい名店に、ほっこり。

さぬきうどん誠屋
姫アマエビかき揚げうどん580円
福岡市南区曰佐4-39-30
11:00~15:30&17:00~20:30・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン4●中華麺4●うどん14●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 12:09 | Comments [0]

2014年02月22日 土曜日

●【ラーメン】ニイハオ@城南区友丘

我が最愛・街の中華料理屋「ニイハオ」の麺メニュー全品制覇を目指し、未食だった「醤油ラーメン」。熱々の口当たりとともにふわりと広がる鶏ガラらしきダシのうま味と、その輪郭を丹念に描き出す醤油ダレの風味がウルトラ上出来中華麺スープ。

そして薬味が名脇役。細かに乱切りされたネギとゴマの食感と味わいが味わいに深みを演出。厚切りチャーシューも中華香辛料の後味が、チャイナ気分を加速。

麺は中細ストレートを柔揚げで。スープの絡みがすこぶる良好でグッジョブなれど、この旨スープなら中太麺で啜ってみたい気がチラリとよぎるほどに、バッチグーな一杯にシアワセな午後。

朝は早朝からの仕事が一段落した午前8時に、開いてて良かった!24時間営業の「ウエスト」。土曜得得メニューである「ちくわ磯辺揚げわかめ」を蕎麦で啜る。カリッとむっちり旨いチクワ天と、肉厚ワカメの風味にうっとり、ずるるぅ。

【ニイハオ】
醤油ラーメン470円 (「今月のおすすめ麺」価格、通常は500円)
福岡市城南区友丘3-1-23
11:30~15:30&17:30~22:00・火曜休み Pあり

ウエスト】針摺店
磯辺揚げワカメうどん390円(※土曜得得価格)
福岡県筑紫野市針摺東3-4-12
24時間営業 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン4●中華麺4●うどん13●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 14:59 | Comments [0]

2014年02月21日 金曜日

●【ラーメン】未羅来留亭@早良区西新

我が最愛豚骨の一軒「未羅来留亭」に異変アリ。先月啜った時は白濁感あるスープだったが、今日のスープは透明感が強く、かつ随分と醤油色が濃い。そして味わいも然り。濃口の醤油タレの風味がきいていて、豚骨ラーメンというより醤油ラーメン。シナチクの煮汁が映えてそう感じるのか?いやいや確かにスープの調味が変わったようだ。コレはコレでチャンと旨いのだが、一体ナゼに??

【未羅来留亭】
シナチクラーメン530円+替え玉100円
福岡市早良区西新4-7-17
11:30~20:00 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン27●チャンポン4●中華麺4●うどん12●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 16:52 | Comments [0]

2014年02月20日 木曜日

●【うどん】侍.うどん@博多区博多駅前

久方ぶりに「侍.うどん」。我が目当ての「魚魚うどん」は本日はナシという事で「春ベジうどん」。待つ事しばし、運ばれてきたうどんは、そのメニュー名に恥じぬ、春野菜の天ぷらがてんこ盛り。ゴボウにカボチャ、ニンジン、ブロッコリーに、博多蕾菜らしきからし菜などなど、カリッとサクサク&熱々食感と共に、それぞれの野菜のあま味やホロ苦みが豊かに楽しめる。

そしてナニより、うどんが更に旨くなっている。スマの入った全粒粉で打ったらしき偏平太打ちうどんは、ムッチリと解ける深いコシと噛み込むほどに広がる小麦の風味がマーベラス。キリリとダシの効いた熱々スメをが、それぞれに存在感あるうどんと野菜天ぷらの美味さを巧みに橋渡し。一体感ある食味で食べ終えたときの満足感も十分で600円は超納得価格。

iPhoneがトラブり今回は麺写真ナシ。なれどブログにアップせねば気が済まないほどに美味なる一杯に感服。コリャ早々に魚魚うどんもリベンジせねばっ。

侍.うどん
春ベジうどん600円 ※季節限定
福岡市博多区博多駅前4-36-20
12:00~14:30&18:00~21:00(水曜&日曜は昼のみ営業)・祝日休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン26●チャンポン4●中華麺4●うどん12●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 12:18 | Comments [0]

2014年02月19日 水曜日

●【ラーメン】まさや@中央区薬院

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十三

「とんえるずのみなさんのおかげでした」で、蕎麦屋なのにラーメンが旨い「なのにトランin福岡」選出の「まさや」。Today's 今日もほぼ満席状態の店内客の7割はラーメンを啜っている。

茶褐色のスープは鶏の足である「モミジ」までも炊き込んだ鶏白湯スープ。適度にクセある密なる風味と、適度に和テイストな後味に、ついつい一啜り、もう一啜り。

合わさる麺は中細ストレートの、もちもち食感。まるで餅かの如く粘るヒキが軽く歯にまとわりつく様が、あな悦楽。具の鶏チャーシューにシナチク、キクラゲもスキなく旨し。その総合力勝負の味わいが奥深く我が麺中枢を刺激しマクリっ。

【そば処まさや】
ラーメン575円+替え玉105円
福岡市中央区薬院2-10-1
11:00~20:00・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン26●チャンポン4●中華麺4●うどん11●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 12:34 | Comments [0]

2014年02月18日 火曜日

●【チャンポン】割烹中央@佐賀県鹿島市

かれこれ7~8年は優に経つか?コレ正に長年の宿題店である「割烹中央」@佐賀県鹿島市。午後1時半過ぎと、地方都市ではあり得ないほどアイドルタイムのハズが、広めの店内はほぼ満席状態。

ナニせ屋号に割烹の冠がある店だけに、ランチメニューは刺身や豚カツなど一品料理を織り込んだ定食類が主流。なれど卓上メニューをめくっていくと「名代中央ちゃんぽん」の文字。

生卵入りにチョロッと惹かれつつも、初店は基本メニューとたのんだ「名代中央ちゃんぽん並」は、アッツ熱の口当たりとともに広がる、ほわんっと軽やかな甘みが、真性イニシエ。

同行スタッフY崎さんがたのんだ「玉子とじうどん」のスメの色から察するに、このチャンポン・スープは、うどんスメと共用か?なれど和だしテイストはソコソコに、ぽわんっ系甘みを際立たせる=チャンポンのスープとしても自然に美味さを感じる事が出来るハイパー・イニシエ。

合わさる麺は偏平気味の中太ぽわんぽわん。噛み込んだ後味に、ニチッと微かに粘るヒキが艶ぽい。キャベツや太もやしニンジンに加え、豚肉、イカなど、チャンポン王道の具のてんこ盛り具合も抜かりなし。気持ちクタッと系炒め具合がイニシエテイストなスープとバチコン合いマクリ。ナルホドこりゃ人気なハズだぁと独り合点しつつ、ズルズル、シャクシャクかっ喰らう、午後のシアワセ。

【割烹中央】
名代中央ちゃんぽん並650円
佐賀県鹿島市大字高津原3923
11:00~15:00&17:00~22:00(土日祝は昼休憩なし)・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン4●中華麺4●うどん11●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 13:24 | Comments [2]

2014年02月17日 月曜日

●【うどん】むぎ麦@中央区清川

かつて蕎麦屋「しば多」が営業していた店舗に昨日オープンした新う店「むぎ麦」。チョッとコジャレた屋号宜しく、店内も昭和レトロな雰囲気の内装。壁に張られた蘊蓄書きによると、手間暇かけた昔ながらの博多うどんが食べられるとのこと。

ナルホド、卓上のメニューは昔懐かし系のオーソドックスなものが並ぶ、と思いきや「ごぼ丸」に「めんたい丸」、「えび丸」に「元祖 焼き丸天」の文字。そして巻末には「特製焼麺」なるメニューもアリ。そしてさらに「冷たいうどん」に讃岐チックな「ぶっかけ」もアリ。

我が頼んだその名も「博多ごぼう天」は、ソリャもう半端なくアッツ熱のスメはイイ感じに抑揚の効いたアゴらしきダシのうま味が博多うどん。合わさるうどんは、注文してすぐに生麺を釜に入れていたのでてっきり揚げたてうどんかと思いきや、さすが博多うどんを謳うだけあって、ちゃんと茹で置きふわふわううどん。ごぼう天はも細切りゴボウを味付きの衣で揚げてあるのかチャンと旨い感じが、王道博多。

同行スタッフY内さんがたのんだ「ごぼ丸」は、「焼き丸天」の但し書き通り、ゴボウ丸天を炙ったものがのっている。香ばしさが増した丸天にこの美味スメは確かに相性良さそうだ。ならば次回は「えび丸」か…?

【むぎ麦】
博多ごぼう天480円(オープン価格、通常は580円)
福岡市中央区清川3-12-1

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン3●中華麺4●うどん11●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2014年02月16日 日曜日

●【うどん】吉屋うどん@久留米市荒木町

午後2時過ぎ、現場での仕事がようやく一段落し、遅い昼麺。かねてから惹かれていた宿題店「吉屋うどん」を訪ねると、目一杯アイドルタイムのはずだが、店内は7割方客で埋まっている。噂通りの超人気う店である。

人気の理由その一が、価格の安さ。「かけうどん190円」を筆頭にズラリと並ぶ格安メニュー。最高価格の「上エビ天うどん」でさえ、アンダー・ワンコインの470円。

人気の理由その二は、盛りの良さ。あまりに腹が減っていたので「もやしうどん」を大盛りで頼むと、大振りのドンブリから溢れんばかりのうどんの量。コリャ普通盛りでも十分食べ応えあっただろうなぁ。

そして人気の理由の極みが、その旨さっ。アッツ熱のスメは昆布らしきダシがガッシリときいていて、気持ち甘めの調味具合が、ほっこり感満載。あわさるうどんは太さ1.5センチを優に超える極太うどん。どぅるるんっと口に収まり、ふんわりとした歯触りながら噛み込むほどに、むぅっちりぃぃ、もちもちぃぃぃと抗う奥深いコシとヒキに、ふと「かま蔵うどん」@佐賀県北方町を思い出す。伊勢うどん的に温うどんに甘辛醤油ダレだけかけて食べても旨そうな豊かな味わいに、もうメロメロ。

私のトイメンに座った同行スタッフN牟田さんが頼んだゴボ天も旨そうだと思っていると、彼が「へのさん、向かいの席の客の竹輪天が半端ナイっす!」と声を上げる。すかさず振り向きその客のうどんを見ようとするも、ちょうどその客の肩で竹輪天が見えず断念。おっしゃ、そんじゃ竹輪天狙いで近々再訪せねばっ!

【吉屋うどん】
もやしうどん大盛り360円
福岡県久留米市荒木町藤田1117-1
11:00~21:00・1st&3rd火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン3●中華麺4●うどん10●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 14:31 | Comments [0]

2014年02月15日 土曜日

●【中華麺】新ちゃん@春日市須玖南

Sakura’s daily lifeにチョクチョク登場する「中華料理 新ちゃん」。ガツン系中華麺が食べられると惹かれていた宿題店。午後2時過ぎ、目一杯アイドルタイムに訪ねると、店内に客はなし。カウンター席で昼食を取っていた店主が「いらっしゃいませぇ~!」と中国人が話す日本語独特のイントネーションで、席を立ち厨房へ。

席に座り店内を見渡すと、壁の高い位置に「ホルモン麺600円」の魅惑的な写真入りメニューにググッと惹かれるも、いやいや今日の目当ては「酸辣湯麺」。

ほどなく運ばれてきたスーラータン麺は、ドンブリの半分を覆うレタスがまるで「オペラ座の怪人」。レタスの下の具は、豚肉、椎茸、タケノコ、キクラゲと少なめで、かつスープはアンとじされていない=四川飯店タイプの酸辣湯麺である。

先ずはスープと一啜りすれば、瞬間広がる猛烈な酸味と辛み。そして一足遅れて顔を出すダシの仄かな甘み。四川飯店タイプは醤油ダレがきいているが、ココのはナシ。結果、敢えて例えるなら、ベトナム料理のフォーのスープの酸味を増し、辛みをガツンと加えたような味わいで、オモロ美味。

麺は幅広偏平麺。するりと口に収まり、くにんっと抗う固揚げ具合が猛烈スープと相性抜群。諸々の具の食感&味わいのハーモニーもナンとも楽し。特にレタスの仮面は伊達じゃナイ、熱々スープに浸して食べるとテロン、シャキッ、ホロ苦~辛っで、タマラン旨し。

中国人の作る大味ガツン系のようで、一工夫された上出来本場味。いやぁ気に入った、次回はホルモン麺狙いで再訪だっ。

【新ちゃん】
酸辣湯麺600円
福岡県春日市須玖南2-150
11:00~23:00・月曜休み Pあり
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン3●中華麺4●うどん9●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 14:48 | Comments [2]

2014年02月14日 金曜日

●【そば】山うち@小郡市稲吉

長年の宿題店である「山うち」小郡店。席に着きメニューを見ると、「かけそば」が350円に「ざるそば」も480円、最も高価な温かけそばである「鴨南そば」でさえ、ナンと600円?!今は閉店しまった福岡市大名店や赤坂店に勝るとも劣らぬ大衆価格がナンとも嬉し。しかも店舗の一角には取り放題の惣菜が3~4種。その太っ腹サービスぶりに、まず惚れ惚れ。

そして肝心の蕎麦もドエラク我がツボ。熱々のスメは気持ちカエシ濃いめで適度に関東風。抑揚の効いたダシの効き具合がシミジミ旨し。合わさる蕎麦は、幅5ミリは優にある超太打ち。こちんっと抗うコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な風味然り、コリャ味紛う事なき手打ち&揚げたてだ。具の鴨も太打ち蕎麦に負けじと厚切りで、しかも4枚のっている。コリャ旨いな、かつ食べ応えも十分だなぁと、途中、共に供された山椒で味わいの変化も存分に楽しみつつ、うっとり完食。

小郡のそば処【山うち】
鴨南そば600円
福岡県小郡市稲吉1318-3
11:00-20:00・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン3●中華麺3●うどん9●そば4●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 11:17 | Comments [0]

2014年02月13日 木曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

店に入った途端、ふわりと香り立った魚介ダシの香りに、ググッと旨さを確信し頼んだ「五目めん」は、まずもってヤッパ旨いわ、スープが旨い旨いっ。鶏ガラらしきダシに加え円やかにきいた魚介ダシと、それらを美しくまとめ上げる醤油ダレの風味が、王道&上出来中華そば。至ってオーソドックスなようで、その実こそっとクオリティが超高いこの味わいは、食べんと分からん分からんっ。

加えて主役である麺。メニュー名である五目そばの五目は、具が五目でなはく、麺が五目。長崎県五島の五島うどんの節麺に、行徳家の細麺、縮れ麺、太麺に、超幅広の「一反木麺」の、5種類の麺が盛り込まれた一杯は、その啜り心地然り、噛み込んだときの食味然り、ソリャもうラビリンス美味っ。様々な太さ&形状の麺がそれぞれに己の啜り心地や、コシ、ヒキ、食味を声高に主張するデラオモロな不幸和音が LIKE A FRANK ZAPPA .

具は至ってシンプルにチャーシュー1枚とネギのみ。主役はあくまでも五目麺、ただひたすら謙虚に引き立て役に徹し、五目の麺の味力を余す事無くサポートする様が健気で愛おしい。

いやはや今回も、きちんっとヤラれましたぁ。そのさり気なさに真の創作麺王たる手腕にメロメロ。

行徳家
五目めん500円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン3●中華麺3●うどん9●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 21:28 | Comments [0]

2014年02月12日 水曜日

●【ラーメン】長浜ラーメンじろう。@早良区西新

2ヶ月ぶりに啜る「長浜ラーメンじろう。」のラーメンは、随分と熟れた感あるライト but 濃密旨み。開店3年半を過ぎ、随分と円熟味さえ感じる but 勢いも感じる滋味派手スープにうっとり。

じろう。は裏メニューとして麺を中太麺でオーダーもできるが、今日は基本の細麺で。しゅるるぅと口に収まる啜り心地然り、敢えて私好みに合わせてくれたのだろう、柔揚げ麺のぷにゅんっと解けるコシ然り、コレまた我がツボ。

大判のシャーチューも適度にキシキシ、追加でトッピングしたシナチクもシャクシャク旨いし、よっしゃならば替え玉は敢えて硬麺でっ!と、シュルッ、コキッな鯔背な食味で、いきなりターボ加速する旨みの勢い。うへぇ、コリャ更に旨いっ!その勢いについついつられ、卓上の辛子高菜もドーピングし、一気に瞬食。いやぁ、やっぱ若き店主の作るこのラーメンは、細麺の硬麺で啜るのが一番かっ!

長浜ラーメンじろう。
ラーメン500円+シナチク60円
福岡市早良区西新5-4-1
12:00~15:00&18:00~27:00(日曜12:00~24:00)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン24●チャンポン3●中華麺3●うどん9●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 04:15 | Comments [0]

2014年02月11日 火曜日

●【ラーメン】大栄ラーメン@久留米市東町

久留米ラーメン老舗の一軒、「大栄ラーメン」。以前、小頭町で営業していた頃に啜って以来、かれこれ10数年ぶりに訪ねると、一昨年に移転したという店舗はかつてに比べ随分と広々。そしてカウンター奥には親父さんの姿はなく、息子さんらしき若者。時代の移ろいを感じつつ、ラーメンの出来上がりを待つ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、白濁スープの表面に浮いた気泡がイイ感じ。まずはスープと一啜りすれば、ぐいんっと力強いダシのうま味は、呼び戻し製法の成せる技か。チトひねた感ある迫力ある味わいと共に口に飛び込んできた背脂揚げ=カリカリの香ばしい風味こそ大栄ラーメンの味力。

夜は「九州ちくほう野菜」のミニサラ白菜の花が咲いてしまったとう立ち菜をオリーブオイルでガーリック炒め。と、コレまたエラク旨い旨いっ。昨日の間引きニンジンと同じく、このとう立ち菜も通常の農法では捨てられているとは。あぁ、あまりにもモッタイナイモッタイナイっ。

 

【大栄ラーメン】
ラーメン580円
福岡県久留米市東町30-25
11:00~15:00&17:00~21:30・木曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン23●チャンポン3●中華麺3●うどん9●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 19:20 | Comments [4]

2014年02月10日 月曜日

●【ラーメン】志士@北九州市小倉北区

野菜ソムリエ・白木浩二さんとらーめん志士のコラボラーメン第四弾、「かつお菜らーめん」。スープは醤油、塩、ピリ辛から塩をチョイス。

具は、博多の正月には欠かせないカツオ菜をメインに、白菜、ニンジン、ゴボウ。先ずはスープと一啜りすれば、シミジミ滋味なる鶏ガラスープにカツオ菜のうま味が淡く映る様がナンとも旨しっ。ならば今度はと、ゴボウ近くのスープを掬い啜れば、ゴボウの風味が映えコレまた旨い旨いっ。

麺は中細ストレート。ほっくりとした食味と具の野菜とのコラボ加減がコレまた美味。カツオ菜のざっくりとした食感とホロ苦みと、高菜らしきピリ辛さに、炊かれたゴボウのシャクシャク風味に、ニンジンナムルの甘みに加え、驚いたのが白菜の甘み。畑に霜が降りた後のこの白菜の甘みはタマランタマランっ。

そして夜は「九州ちくほう野菜」の間引きニンジンを天ぷらで。ブログ記事に惹かれたのだが、ナルホドその美味さが半端ナイ!ほっくりとした食感と共に豊かに広がる芋のようあ甘みに加え、後味にふっと顔を出すパセリのような青みが、自らの甘みを更に際立たせる。葉のシャリシャリのホロ苦青みもおご馳走。コレだけ美味い野菜が、通常の農法では間引きされ捨てられているとは、モッタイナイモッタイナイっ。

らーめん志士
かつお菜らーめん750円
北九州市小倉北区中井2-11-13
11:00~14:30&18:00~21:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン22●チャンポン3●中華麺3●うどん9●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 12:09 | Comments [0]

2014年02月09日 日曜日

●【うどん】はるやうどん@北九州市小倉北区

福岡県初の参加者1万人規模のマラソン大会である、第1回・北九州マラソン。ナニせ北九好き&初物好き故、公募と共に応募すると、ドンピシャ当選!なれど昨年末からアチコチと体調不振が続き、全くトレーニング無しで今日を迎える。

さすが1万人大会、スタート時の行列は壮観、壮観。スタートともに雨が降り出し、寒空の下、八幡へ向かう。見慣れた北九州の街を道路中央部から眺めつつ走るのはナカナカ楽し。なれど初マラソン大会で馴れていないのか、沿道の声援&エイドがエラク寂しいっ。が、「ペースワールド」近くの「いのちのたび博物館」沿道で大会ゲストの有森裕子さんからハイタッチ応援を頂き元気百倍!

なれど、ナニせほとんどトレーニングなしでの参加ゆえ、15キロを過ぎたあたりから一気にバテだす。20キロ地点の小倉駅近くでリタイアを考えるも、せっかく出場したのだし、行けるところまで行ってみるかと、更に走る。

が、24キロを過ぎたあたりで遂に足が止まる。息は上がるは足は痛いはで、もうとても走れない。ならば歩くのみ。途中いくつもある関門タイムに引っかかり強制的に送迎車に収容されるまでは。

ひいこらひいこら歩を進めると、門司区へ入る。と、突如沿道の応援が増え、声援に後押しされる。私設エイドで黒糖をいただき、さぁ歩くぞ歩くのみ。

門司港レトロ地区を折り返し、ゴールの小倉西日本展示場を目指す。どうやらこうやらあまたの関門ポイントをクリアしてきたが、第9ポイント通過が関門タイム4分前。うぬぬぅ、この調子ではゴール直前の第10ポイントが関門タイムに引っかかるぞぉ…。おっしゃダメもと、どこまで走れるか分からないが、とにかく走るぞっ。

ほとんど歩いているときと変わらない超スローペースでしか走れないが、少しでも早く進むのだ。痛む足を誤魔化しつつ、深めに呼吸する事を意識しつつ、ひいこらひいこら、ひたすらゴールを目指す。

 

そんなこんなで、第10ポイントもなんとかクリアし、制限時間6時間の2分前に無事ゴール。あまりのキツさに思わず目頭が熱くなる。初回マラソン完走時以来の感動を楽しみつつ会場を去る。

 

午後4時前、超遅めの昼食を小倉っ子のソウルフードでもある「はるやうどん」で。超久しぶりに訪ねるもメニューは変わらず、「うどん」か「そば」にトッピング用の温泉玉子とわかめのみ。

「みやけうどん」@福岡市博多区に負けず劣らず小ぶりなドンブリには、甘く炊いた揚げの刻みと鳴門が2枚がはるや流。ソリャもうアッツ熱のスメは、揚げの煮汁も映り込みカナリ強めの甘辛味。ぷにんと抗う茹で置き太うどんをズルズル啜れば、冷え切った体がみるみる温まり、ほっこりとシアワセを噛みしめる、遅い午後のシアワセ。

【はるやうどん】
うどん450円
北九州市小倉北区魚町1-3-18
11:00~19:00・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン21●チャンポン3●中華麺3●うどん9●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離54km / 通年64km

Posted by heno at 15:45 | Comments [5]

2014年02月08日 土曜日

●【ラーメン】フジヤマ55@北九州市小倉北区

ナニせ心底醤油好きゆえ、ググッと気になり続けていた「フジヤマ55」の「黒醤油ラーメン」は、メニュー名に負けず劣らず真っ黒クロスケなスープがわんだふぉ~。

いやぁイイねぇ男前だねぇ!と一啜りすれば、見かけに負けず劣らず密なる醤油のうま味がソリャもう半端ナイ!あたかも味噌チックな発酵風味の後味が香り立つ様がググッと我がツボっ。

合わさる麺は中細偏平麺。しゅるるんっとひたすら滑らかな啜り心地は濃密醤油スープと相性イマイチなれど、噛み込んだときの素直な風味&味わいはエエねぇエエ、エエっ!

具のチャーシューの適度な脂のり加減&調味加減もエエねぇ、エエエエ。薬味のネギにプラス玉葱のみじん切りがシャリシャリ、ピリ辛&甘で、イイ仕事してまんなぁ。

見た目のインパクトより、味わいは随分王道。チャンと旨い滋味派手な味わいに、きゃっほぉ~、やっぱI LOVE BLACK系ラーメンなのさっ。

【フジヤマ55】小倉旦過店
黒醤油ラーメン680円
北九州市小倉北区旦過町馬借1-4-10
11:30~15:00&17:30~22:00(日曜は~21:00)・月曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン21●チャンポン3●中華麺3●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 13:45 | Comments [0]

2014年02月07日 金曜日

●【中華麺】李華@中央区六本松

ウルトラ久しぶりに訪ねた「李華」で、中華麺定番の「五目めん」。と、運ばれてきた一杯には、塩スープのあんとじ?具に魚肉ハム??五目めんと言えば醤油スープにアンとじの具かと思っていたが…。かつ、昔々我が家の食卓にも良く並んだ魚肉ハム……。

あちゃちゃぁ~、コリャやっちまったなぁ~。(←今更クールポコ調で)覚悟を決め、先ずはスープと一啜りすれば、アッツ熱とろんとろんっな口当たりと共に、円やかに広がるダシのうま味。

いやぁコリャ旨いねっ!イヤな予感を見事覆す美味スープにウキウキ気分で具の下の麺を掴めば、ありゃりゃぁ、細麺じゃんっ……。五目めん=中太麺がお約束でナイのぉ?と再びイヤな予感。なれど、啜ってみれば、おうおう合う合う合う。イイ感じにスープと絡みつつ口に収まり、ぷにゅぅと踊る、その美味さ!ダシのきいたとろみスープにドンピシャ合いマクリ。

加えて具も美味い美味いっ!白ネギや白菜、タケノコのシャキシャキに、赤カマボコのムッチリに、えびのプリプリ、キクラゲのシャクシャクに、とどめは魚肉ハムのむにっ。様々な食味の豊かなコラボが奥深い味わいを演出。

一見チャチそうで、その実ナンとも豊かなうま味。これぞイニシエ町の中華屋さんのソコヂカラ。いやはや参りました&惚れました、次回はオンリー550円のチャンポンをば啜らせてクラハイっ!

【李華】
五目めん620円
福岡市中央区六本松2-3-5 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン20●チャンポン3●中華麺3●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 14:30 | Comments [0]

2014年02月06日 木曜日

●【うどん】とも也@長崎県長崎市

大振りのドンブリにガッツリ盛り込まれた太うどん。一見してソリャもう美味そうやんっ!ともんどり打ってスメを啜れば、カキンッときいたイリコ&そのうま味を底支えする昆布らしきダシの味わい。

そしてナニより感動的なうどんの旨み。ずっしりと重量感ある掴み心地然り、啜った時のぶるるんっな踊り具合然り、噛み込んだときのむっちりぃと抗う深きコシ然り、噛み込むほどに芳醇に広がる小麦の甘み然り。イヤハヤ毎度毎度感じ入る心底我がツボなる味わいに、うへへうへへとニヤけつつ、ずるずるずるるぅと一気完食。

【讃岐手打ちうどん とも也】
かけうどん380円+てんぷら90円
長崎県長崎市賑町5-25-2
11:00~14:30& 17:00~21:00(木・土・祝は昼のみ)・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン20●チャンポン3●中華麺2●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 12:55 | Comments [0]

2014年02月05日 水曜日

●【つけ麺】麺道はなもこし@中央区薬院

あぁ、旨いつけ麺が啜りたひっ。ならば「麺道はなもこし」。

あたかも蕎麦のような色合いの自家製全粒粉太麺は相変わらず……、うん?いやいや、以前より更に旨く感じるぞぉ!相変わらずの麺自体の旨さに加え、更に増した瑞々しい食味と、ぷりぷるるんっと爽やかなコシが、タマラン旨いぞっ!と店主に「麺、変えました?」と尋ねるも、「おや、そうですか?」と素気ない返事。て事は、随分久しぶりに啜るので、改めてその旨さに気付いただけのこと?あはは、あばたもえくぼ的惚れた弱みか…?!

メニュー名通り、とろっと舌にのる温つけ汁も、随分と旨く感じるのも久しぶりの再会のせいか?ぽってりと香り立つ鶏ダシの味わいは、これ以上煮詰めると嫌味が出そうな一歩手前でキチンと炊きあげられていて、ソリャもう文句なしの絶品美味。

加えて、もっちりとソフトに美味い低温調理の鶏胸肉チャーシューと、ドコをとっても一分の隙も無い、バッチ・グーな我がツボつけ麺に目尻が下がりっ放しで一気完食。

麺道はなもこし
鶏とろつけそば700円
福岡市中央区薬院2-4-35
11:45~14:30&19:00~22:00・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン20●チャンポン3●中華麺2●うどん7●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 13:12 | Comments [0]

2014年02月04日 火曜日

●【そば】やお八うどん@早良区西新

奥に長い店内には10席ほどのカウンター席のみ。うどんか蕎麦をたのむと、厨房奥で麺を温め始める。その間に、カウンター中心部に山高く盛られた数々の具の中から好みをチョイスしオーダーすれば、ものの1~2分で我が手元へと供される。

熱々のスメはカナリ甘めに調味されていて、啜った時のほっこり感が半端ナイ。蕎麦はおそらく自家製茹で置き、つなぎの小麦が多めなのか、蕎麦の風味に乏しいも、蕎麦特有のしゃっくり感も感じられるし、必要最小限美味。

具の一番人気であるかき揚げも、サクッと揚がっていて、小エビにゴボウやタマネギ、ニンジン、インゲンなどなどアレコレ具だくさんで最大限美味。

コレだけ早くて、旨くて、かけそば300円+かき揚げ150円=450円、うどんだと50円安の400円とウレシイ納得価格。THIS IS JAPANESE “EXCELLENT” FAST FOOD !

【やお八うどん】300円+かき揚げ150円
福岡市早良区西新4-9-1

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン20●チャンポン3●中華麺2●うどん7●そば3●その他2
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 13:13 | Comments [0]

2014年02月03日 月曜日

●【ラーメン】一休軒@佐賀県佐賀市

平成23年8月24日、佐賀ラーメンの祖とも言うべき「一休軒」閉店。そしてその翌年の年末、「一休軒さがらーめん」のFC2号店として「一休軒呉服本町店」がオープン

壁面がガラス張りのコジャレた店舗に入ると、右手に食券販売機。基本のラーメンに加え、アレコレと具のバリエーションで数種類。加えて我が目を疑う「替え玉」のボタン。わぁお、佐賀ラーメンに替え玉??

気を取り直して外観に負けず劣らずコジャレたカウンター席に座り、店員に食券を渡すと、

「麺の堅さはどうしましょう?」

えぇ?ココは佐賀でしょう?麺の堅さは柔麺に決まってるでしょう…。と、後から入ってきた客達が

「麺、硬麺で。」「俺はバリ硬」「俺、ハリガネ」

ジミラーメンノサトサガデ、イッタイナニガオコッテイルノカ???

ほどなく運ばれてきたラーメンは、チャンと熱々のスープは軽やかフレッシュなダシのうま味&カナリ細めの麺が、佐賀ラーメンというより博多ラーメン。イイ感じに冷蔵庫臭いチャーシューのみイニシエ的だが、全体の味わいの印象は、イマドキ博多ラーメン。コレはコレでチャンと美味。なれど、店頭の屋号立て看板に「懐かしの佐賀ラーメン」なるキャッチフレーズ。うぬぬぅ……。

【一休軒】呉服元町店
ラーメン550円
佐賀県佐賀市呉服元町1-8
11:00~24:00(金土祝前日~26:00、日曜~21:00)・年中無休
Pあり(店舗北側の有料駐車場セイワパーク呉服元町の40分無料券を発行)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン20●チャンポン3●中華麺2●うどん7●そば2●その他2
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 21:47 | Comments [2]

2014年02月02日 日曜日

●【チャンポン】基峰@中央区笹丘

ガッツリとパワフルなチャンポンが啜りひっ。で、超久しぶりに「基峰」。甘系豚骨ラーメンのトロントロンスープを流用か?ドエラク甘く濃厚なうま味満載の熱々スープと、目一杯大切り&てんこ盛りの具と、ポワンポワンのチャンポン麺。この濃厚チャンポンには、ラーメン用に置かれている卓上の紅ショウガがドンピシャ合いマクリ。ガッツガツと食べまくる快感を目一杯享受しつつ、ハポハポ完食。

【基峰】
チャンポン750円
福岡市中央区笹丘1-12-23
12:00~20:30
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン19●チャンポン3●中華麺2●うどん7●そば2●その他2
◎2月の総ジョ グ距離12km / 通年20km

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

2014年02月01日 土曜日

●【ラーメン】来来@飯塚市片島

麺友ブログAでその存在を知り、麺友ブログBより詳細情報をいただき、おっしゃ啜るぞっ!と訪ねると、ピンポ~ン開いているぅ!


入り口の左右にそれぞれ「営業中」と「ゴウリキ」の極小の札。いわゆる看板は一切ナシ、およそラーメン屋とは思えない外観ゆえ、知る者しか行き着けない孤高の営業。

引き戸を開けると、こぢんまりした店内には先客1名。おそらく顧客か?食事を終えたばかりで、カウンター奥の厨房の店主とにこやかに談笑している。

その顧客の隣に座り、壁に掲げてあるメニューを見ると、ラーメンが普通と大盛りの2種のみと至って潔い。ひたすらその味力を楽しみに訪ねたのだ、迷わずラーメンを大盛りでたのむ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残した黄金スープに、旨さを確信。肩肉とバラ肉の2種類のチャーシュー&細切りのネギが添えてあるあたり、ふと「黒門」@遠賀町を思い出す。

先ずはスープと一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共にグイッと広がる力強いダシのうま味。かなり煮込んでとられたスープなのか、味わいの芯は滋味なれど、旨みの濃度が半端ナイ。塩気もカチンと効いていて、見た目よりも随分と力強い味わいに、思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は麺線長めの中細麺。イイ感じに柔揚げされていて、滑らかな啜り心地と、ぷにんっと解けるコシが悦楽。スープとの絡みも抜群で、これまた旨い旨いっ。2種のチャーシューの食感&味わいの変化を楽しみつつ、ズルズルずるる、一気完食。

食べ終わると冷コーヒーとお菓子が供され、店主とラーメン談義。かなりラーメンがお好きなようで、アチコチ食べ歩かれているようだ。店主のラーメン愛が注ぎ込まれた一杯を楽しみに是非また再訪したい店が、また一軒。

【来来】
ラーメン大盛600円
福岡県飯塚市片島1-3-38
11:30頃~15:00頃・不定休(木金休み?)
Pあり(店から80mほど奥まった月極駐車場の8番・24番)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン19●チャンポン2●中華麺2●うどん7●そば2●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 11:49 | Comments [2]