HENO HENO: 2014年03月 アーカイブ

2014年03月31日 月曜日

●【ラーメン】らーめんstyle JUNK STORY@大阪府大阪市

ウレシタノシの大阪出張。茨木市での早朝からの打ち合わせを2件終え、午後からの打ち合わせ現場である大阪市本町へ移動し、近くの「らーめんstyle JUNK STORY」でサクッと昼麺。

さすが超人気店、時既に午後2時前なれど店頭には順番待ちの列。待つ事しばし、無事入店&カウンター席に着席し、店の看板メニューである「塩のキラメキ」をたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、ドンブリを覆おう半生鶏肉チャーシューがインパクト大。加えて具は、味玉にシナチク、水菜に白葱。

先ずはスープとレンゲで一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、キリッと鯔背な魚介ダシのうま味。ナンでも鶏ガラ×サンマ節、鯛節、イワシ煮干しでダシをとっているとのことだが、魚介ダシの締まりある風味があたかも和食。ヘンに華美に走らず、さりとて十二分にその風味を際立たせる、侘び寂び感ありありのこの味わいは、Yes!世界遺産に登録して欲しいぞぉ。

合わさる麺は中太偏平麺。するるぅと小気味よい啜り心地然り、コリッと固揚げな茹で具合然り、鯔背スープと相性抜群。そしてアレコレ盛られた具がコレまた和食。半生鶏チャーシューは、柚子の風味が絶品の鶏わさだし、シナチクも極太ながらサクッと小気味よい口当たりとともに外連味のない甘みが広がる一級品。

いやぁナルホド、大いに納得。コレだけ旨ければソリャ人気のハズだ。「大阪はラーメン後進国」は今は昔。さすが食い倒れの都、キチンと創意工夫がなされつつも、小手先に走らない実味十分の一杯に、心底感服。

午後の打ち合わせも無事終えて、帰福前に「樽金杯」@梅田食堂街
名物「エッグ」やクジラ刺しを突きつつ、白鹿樽酒をクイクイ2杯。

そして「松葉総本店」に河岸を変え、
ソース二度付け禁止の串カツをアレコレ喰らい、
芋焼酎経由、白角水割り。
ソース横に置かれた春キャベツが妙に旨くて
ついつい喰いすぎ飲み過ぎる。
あぁ悦楽なる大阪の夜。

らーめんstyle JUNK STORY
塩のキラメキ900円
大阪府大阪市中央区高津1-2-11
11:00~14:30&18:00~22:30・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン49●チャンポン5●中華麺4●うどん23●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km

Posted by heno at 13:21 | Comments [0]

2014年03月30日 日曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区南片江

次男と昼麺デート。小生意気にも、美味いイニシエ系の豚骨ラーメンが啜りたいとか。おっしゃ、ならばと味わいのみイニシエ系の「七福亭」に連れて行ってやらいっ。

アッツ熱の口当たりとともに、博多ラーメンお約束の瑞々しい甘みと、上]出来イニシエ系豚骨お約束のほっこり広がる豚骨ダシの後味。そして適度にガサゴソ感ある、気持ち太めの細麺の、コリっと解けるコシと嚙み込むほどに広がる小麦の風味。どや?と隣席の次男を見ると、笑顔を大きく縦に振る。あははんっ、旨いやろ、七福亭。麺好きオヤヂの面目躍如!

【七福亭】
ラーメン450円 ※4月からは各メニュー20〜30円アップ
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜休み Pあり
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン48●チャンポン5●中華麺4●うどん23●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km

Posted by heno at 22:01 | Comments [0]

2014年03月28日 金曜日

●【ラーメン】ラーメン軒々@熊本県益城町

『軒』を訪ねて 第81回

なにせ『軒』が大好きな我ゆえ、facebook「熊本のラーメン」でその存在を知り、惹かれマクっていた、その名も「ラーメン軒々」。住所を頼りに訪ねると、益城町役場近くの裏通りに、「ラーメン チャンポン チャーハン 丼物 ホルモン」の黄色の看板。

真新しい深紅の暖簾を潜ると、こぢんまりとした店内には先客2名。どうやらいずれも常連客か?作業服を着た若者はラーメンとチャーハンをがっつき、老人客はホルモンをアテに酒を飲み終え、ラーメンを追加注文している。

カウンター奥の厨房には、撫で付けた金髪が遊び人風の中年男性。なれど、同行スタッフの一人が自ら店隅のサーバーから水を汲もうとすると、茹で釜からチャッチャッと手際よく麺を揚げつつ、「どうぞどうぞ、水は席までお持ちしますから。お待たせしてすみません。すぐお持ちしま す!」と明るく対応。この店主が作るラーメンならきっと旨いはずっ!

壁の高い位置に掲げてあるメニューを見ると、麺はラーメン、味噌ラーメンが具のバリエーションで10種ほどに、チャンポンに、おぉ「中華そば」もあるではないか?!と店主に尋ねると「揚げた麺に中華のアンをかけたものです」。て事は皿うどん?ならば迷わず「すんませ~ん、ラーメンくださいっ。」

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに醤油色に澄んだスープに、ふと「好来」@人吉市を思い出す真性イニシエ熊本ラーメン。先ずはスープと一啜りすれば、キュインッと踊る醤油ダレの旨みとダシのうま味と、ふわり香り立つニンニクの後風味。好来がマー油なら、ここ軒々は細かくみじん切りされたニンニクの揚げ油が味わいの要。

合わさる麺は中細ストレート。イイ感じに柔揚げで、スープとの絡みがすこぶる良好。加えて、ぶるるんっ、むっちりと踊るコシがナンとも楽し旨しっ。具のバラ肉チャーシューもモッチリ旨いし、丁寧な仕事の後がソコカシコに感じられマクリの一杯に、うはうは完食。

30年以上営業されている店らしいが、その割に店主は若いので、どうやら2代目か?チャキチャキと仕事をこなし、店の客の料理が終わるや否や、店頭の軽ワゴンに飛び乗り出前に出発。地元ではかなりの人気店のようだ。次回またこの近くへ来る事があれば是非とも再訪したい『軒』に惚れ惚れ。

【ラーメン軒々】
ラーメン450円
熊本県上益城郡益城町大字木山352
11:00~21:00・木曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン47●チャンポン5●中華麺4●うどん23●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km

Posted by heno at 12:34 | Comments [0]

2014年03月27日 木曜日

●【うどん】鶴八房@博多区博多駅前

前回隣席の客が啜っていて、漂ってくる香りにググっと惹かれた「カレーうどん」は、想定外のnothingスメ&Onlyカレールー。トロリとアッツ熱のカレールーの、チャツネ&玉ネギ由来らしき甘さと、もっちり抗ううどんのコシと、嚙み込むほどに広がる小麦の風味が、ぽってり美味。

別々に大皿で供される薬味の中から、ネギと天かすを入れ啜ろうとすると、「ゴマも結構美味しいんですよ」とお母さん。ならばとゴマも入れ、グリグリ混ぜてズビズバ酢すれば、おぅおぅ合う合う!カレーうどんに合うね、ゴマ。

予想以上の来客で、うどんのスメを切らしてしまうほどに盛況だったとか。「ゴボウ入りの薩摩揚げうどん」や「ピリ辛つけチャンポン」など、新メニューも増えているし、コリャまたチョクチョク寄りたい食べたひっ!

【鶴八房】
カレーうどん500円
福岡市博多区博多駅前1-18-15 エトワール博多103号
11:30~20:00・日祝休み Pなし
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン46●チャンポン5●中華麺4●うどん23●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km

Posted by heno at 13:24 | Comments [0]

2014年03月26日 水曜日

●【うどん】ウエスト@博多区川端


「ウエスト」の期間限定「春のかき揚げうどん」は、通常の野菜かき揚げに、菜の花やタケノコが具に加わった豪華版。注文が入ってから揚げられるので、熱々サクサクのかき揚げを齧るほどに広がる春野菜のほろ苦みが、Spring has come !
うどんチェーン・ウエストは、うどん麺は全店共通&スメは各店独自と聞いていたが、ここ川端店のうどんは他店に比べ太めに感じる。そしてスメも、後味に軽い粘度を感じるほどに昆布のダシが効いていて、ほっこり度満点がドンズバ我がツボ。今は閉店してしまった大濠店で好んんで食べていた「イワシ天」も置いてあるし、こりゃ次回の中洲飲みの〆は、ここで決まり!

【ウエスト】川端店
春のかき揚げうどん472円 ※期間限定
福岡県福岡市博多区上川端1-8
24時間営業・年中無休 Pなし
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン46●チャンポン5●中華麺4●うどん22●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km
Posted by heno at 12:12 | Comments [0]

2014年03月24日 月曜日

●【ラーメン】うめ屋@早良区梅林

昨年の10月、「ちゃんぽんとめし」跡にオープンした「鹿児島ラーメンうめ屋」。巷の噂では、鹿児島のチェーン店「麺’s らぱしゃ」に関わりのあった方が開いたラーメン屋なのだとか。

店の一押しラーメンである「塩ラーメン」は、ナルホド以前啜った佐賀県鹿島市の旧「麺’s らぱしゃ」&現「豚豚拍子」のソレと瓜二つ。黄金色のスープは一見あっさりだが、表面に浮く香味油の成せる技か、グイッと力強いうま味が広がるストロング滋味。そして具も、具は大判のバラ肉チャーシューに、太モヤシ、大葉、梅干しにニンニクを揚げてフレーク状に砕いたものdと、瓜二つ。

特筆すべきは合わさる中太スレート麺の旨さ。スルスルと艶っぽい啜り心地然り、噛み込んだときのふんわりと抗うコシと、にっちりと粘るヒキが、ソリャもう楽し旨し。

もうひとつのラーメンメニューに、豚骨醤油ラーメンあり。どうやら麺’s らぱしゃの佐賀福岡地区FCが新規展開した「豚豚拍子」の関係者が始めたラーメン屋なのか?兎にも角にも「ちゃんぽんとめし」が1年半で閉店してしまった立地だけに、どうぞ末永い営業をと祈りつつ店を出る。

【鹿児島ラーメンうめ屋】
塩ラーメン690円
福岡市早良区梅林6-5-16
11:00~20:00・水曜休み

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン46●チャンポン5●中華麺4●うどん21●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

●【うどん】ごりあん@中央区薬院

「ごりあん」の新作は、JR鳥栖駅の「中央軒」や折尾駅の「東筑軒」よろしく、鶏肉を甘辛く煮た「かしわうどん」。店のfacebookに、温かけうどんの「かしわうどん」、「かしわカレーうどん」、「かしわ汁つけ麺」の3種発売とあったが、卓上のメニューに「かしわ汁つけ麺」の文字はナシ。d

こりゃ「恵味うどん」@中央区薬院の「鶏おろしうどん」に勝るとも劣らぬ美味うどんか?と楽しみに訪ねてきただけにダメもとで尋ねてみるると、「かしわ汁つけ麺は結果、鴨汁つけ麺にすることで落ち着いたのですが、かしわでも出せますよ!」とウレシイ返事。

待つ事しばし、運ばれてきたかしわ汁つけ麺は、イイ感じに透明感ある&エッジがキリリとたったうどんが、見紛う事なき揚げたて&締めたて。そして大振りのドンブリに盛られたかしわ汁には、焼き目の入った白ネギと、キッチリ煮込まれた感アリアリの、かつブロイラーではなく地鶏らいき鶏肉がゴロゴロと。

うしゃしゃぁ、コリャ間違いなく旨いはずっ!ともんどり打って、うどんを掴み温つけ汁にざぶんっと潜らせ、ずるるぅぅと啜れば、びちびちびちぃと踊りつつ口へと収まり、くにんっ、くにゅ、くにんっ、と抗ったかと思いきや、ある瞬間にはらりと解け、噛み込むほどに広がる小麦の素朴な風味。いやはや、初食のごりあんの冷うどんは想像以上の旨さっ!

温つけ汁のぽったりと甘い味わい×ほろほろに煮込まれた鶏肉の豊かなうま味×焼き白葱のスモーキーな甘みも、パーペキ美味っ。うどんザルの端に盛られたおろし生姜で味わいの変化も存分に楽しみつつ、ズルズルズルルぅと一気完食。

次男がたのんだ「土ごぼう天うどん」も、かつて私が啜ったそれより、ごぼう天のボリュームも増え、ドエラク旨そう。だがしかし、先日の「鶴ハ房」@博多区博多駅前の「かごんま母のつけ麺」然り、温かけうどんの里、ココ博多にも肉汁つけうどんを出す店が増えてきたなぁ。東関東の肉汁つけうどん大好きな我にてってはメッサ大歓迎。そしてここ薬院からJR博多駅にかけての一帯は「福岡麺通団」、「うどん太さぶろう」、「うどん侍・」、「博多商店」に近々オープン予定の「うどん処 十金」などなど、オモロ美味うどんの密集地。あぁ我が麺煩悩に忠実にアレコレ連食できるタフな胃袋があればなぁと嘆きつつ、家路へつく。

うどんや ごりあん
かしわ汁つけ麺680円 (裏メニュー?)
福岡市中央区薬院3ー1-16
月曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン45●チャンポン5●中華麺4●うどん21●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離55km / 通年119km

Posted by heno at 00:33 | Comments [0]

2014年03月22日 土曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

げへへとドエラク力作の創作ラーメン新作「春のラーメン」。かなり醤油ダレ薄めの滋味スープに、五島産のアオサと桜エビ、それぞれの風味がその周辺のスープにそれぞれに映えて、それぞれに旨い変則トリプルスープ。

合わさる麺は中太ストレート。するるぅと口に収まり、ぽっくりと解ける優しコシが滋味スープと相性抜群。そしてナニより、麺と共に口へと収まるアオサと桜エビの異なる食感&風味の悦楽コラボ。

で、さらに!今回はジュレと薬味まで奢るこだわり様。オリーブオイル漬けの桜エビ+塩漬けの桜花をカツオだしでジュレに仕上げ、さらにレンゲにパクチーとビネガー?と粗挽き黒胡椒??スパイシーな辛ダレが、味わいに奥深さを演出。

シンプル地味かと思いきや、アレコレとプログレッシブな技アリうま味を足していく、七変化美味に一本も二本も三本も取られマクリで、もう降参&礼賛。

店主ブログによると、たまにアオサにビナ貝が潜んでいることもあるとか。美しい花にはトゲがある?私は全くノープロブレムでしたが、食べられるときはどうぞお気をつけください。

行徳家
春のラーメン780円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン45●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離44km / 通年108km

Posted by heno at 13:22 | Comments [2]

2014年03月21日 金曜日

●【麺】さいそぼ@中央区薬院

ずっと惹かれていた宿題店「そいさぼ」。薬院大通り交差点の裏通りの2階でひっそりと営業するタイ&沖縄料理店である。冬季限定の夜メニューである沖縄おでんと共に惹かれていた、ランチメニュー「沖縄ソーキそば」を啜るノダ。

クインッときいた鰹節らしきダシのうま味豊かなスープと、おそらく沖縄から取り寄せたであろうそばのニッチリねっとりな食味が、リアル沖縄チック。ソーキもしっかり煮込まれていて、もっちり旨しっ。別皿で供された紅ショウガを添えれば、いよいよ沖縄気分・途中、コーレグースで味わいの変化も楽しみつつ、うはうは完食。

カミさんがたのんだ「カパオライス」もヒリヒリ旨い旨いっ。アジア野菜を育てる川辺農園@小郡市から野菜を仕入れているようだし、ならば次回は夜、アレコレと呑み喰いしたひっ。

夜は齋藤酒造店@青森県弘前の「六根」ルビー。

秋田県の酒造好適米 「秋田酒こまち」で作られた純米吟醸酒は
するりと雅な口当たりと豊かに広がる甘みが印象的。

 

そいさぼ
沖縄ソーキそば600円
福岡市中央区薬院2-2-33 OAS薬院ビル2F
12:00〜15:00(木曜休み)&18 00〜27:00(不定休) Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン44●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば5●その他6
◎3月の総ジョ グ距離44km / 通年108km

Posted by heno at 08:00 | Comments [0]

2014年03月20日 木曜日

●【ラーメン】博龍軒@東区馬出

元祖博多ラーメンの一軒「博龍軒」の一杯は、いつにも増してシミジミ滋味。柔らかな口当たりとともに、ふわりと広がる豚骨ダシの自然なコクと、スルルと口に収まる偏平麺の啜り心地。今日のチャーシューはチト冷倉庫臭くて、イニシエ気分満点。いつまでもこの味を、いつまでも。

【博龍軒】
ラーメン550円
福岡市東区馬出2-5-23
11:00~17:00・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン44●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば5●その他5
◎3月の総ジョ グ距離44km / 通年108km

Posted by heno at 11:29 | Comments [0]

2014年03月19日 水曜日

●【麺】阿宗麺線@台湾台北市

中国の食文化を受け継ぎ、年中温暖な気候=自然豊かな産物に恵まれた台湾は食の王国。

台湾の麺と言えば「麺線」。そして麺線と言えば「阿宗麺線」。鉄道台北駅すぐ近くの繁華街にある本店は連日行列必至。

とろんとろんのアンとじスープは、ガツンときいたカツオだし+黒酢の酸味+ニンニク醤油+ほのかにきいた店特製のピリ辛味噌が、ソリャもう旨いのナンのっ!合わさる麺は中太偏平。いくら時間が経っても伸びない=グルテン由来の特製か?具のプリプリホルモンと、癖ありパクチーがハマリ系。

いやぁ旨いね、気に入った。このエントリーを上げるにあたりググってみると、東京に一軒、台湾麺線を食べさせる店があるようだ。そして福岡にも美野島に一軒、麺線を出す店があるとのこと。うぬぬぅ、近々福岡麺線をば啜ってみたひっ。

肉や魚を一切使わず、野菜だけで料理するという、台湾の健康志向食スタイル「素食」。かつてはシンプルな野菜料理だったらしいが、さすが食の王国。日々雨後の竹の子宜しく、素食進化形が次々オープン。

夜遅くまでの仕事を終え、ホテルの自室で一杯やるかとコンビニを訪ねると、レジ横のおでんの什器が2台あって、うち1台は汁にラー油がドバドバかけてある。

台北市から南南東へ70キロほどにある古都・宜蘭は健康食の宝庫。黒大豆に岩塩を加えて瓶に寝かせ、自然界の菌で発酵を促すという醤油が絶品!



そして農産物そのものも旨いっ。地下を流れる温泉で農作物を育てる宜蘭の野菜はドレもコレも、ハォツー!

そして宜蘭の郷土料理も半端なく旨しっ。鶏を丸まま釜で焼き、厄災に落ちる鶏油でフォンデュしたサツマイモをそえた一品のその旨さに、目尻がデレデレと下がりっ放し。

宜蘭の夜市の人気NO.1は、名産ネギをシコタマ包み込んだ焼き中華まん。カリッ&もっちりな皮と、ジャクジャク、ぴり辛、ほの甘々な具のネギとの食感と味わいのコラボが、エクスタシー。

【阿宗麺線】
小50元=190円くらい
台北市峨嵋街8號之1
11:00~22:30(金~日~23:00)無休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン43●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば5●その他5
◎3月の総ジョ グ距離44km / 通年108km

Posted by heno at 23:12 | Comments [0]

2014年03月17日 月曜日

●【うどん】風月めん処@福岡空港国際線

2泊3日の台湾出張。福岡空港国際線に早めに着き、アレコレと手続きを終え、さぁ朝麺。とは言え、このビル内で麺を啜られるのは4階の「風月めん処」のみ。さして期待もせず「ごぼう天そば」を啜ってみると、わぁおイイやんっ、結構旨いやんっ!

まずスメが旨い。おそらくうどんと共用なのだろう、カエシ軽めのタイプだが、豊かに効いた魚介ダシの風味。そばも生麺揚げたてか?自然なコシと風味が、十分旨し。THIS IS 和食的ほっこり美味なる一杯に元気いっぱい腹一杯。さぁさ台湾へレッツラゴー。

【風月めん処】国際線店
ごぼう天そば600円
福岡市博多区青木739福岡空港国際線4階
7:30~20:30・無休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン43●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば5●その他4
◎3月の総ジョ グ距離44km / 通年108km

Posted by heno at 08:32 | Comments [0]

2014年03月16日 日曜日

●【ラーメン】元次@中央区薬院

わぁお……、ナンじゃコリャぁ~~!

今週発売になった「元次」の創作ラーメン新作「えびそば」は、まずもってルックスがインパクト大っ!!運ばれてきたその瞬間、ナニコレ珍百景なルックスにトキメキ、トキメキ!!

なので、写真は伏せて&以下の詳細コメントも白文字にします。是非、ご自分で足を運ばれ、初見のサプライズ&その美味しさを存分に。
(食べに行く機会がない方は、下記リンクをクリックすると写真が、区切り線以下の文章をドラッグ選択すると、読んで頂けます。)

ラーメン写真①


ナンじゃコリャ~!(←超今更「太陽に吠えろ」の松田優作超で) 運ばれてきたラーメンはヤフオクドームならぬラーメンドーム。運んできた店員さんによると、ドームはライスペーパーを揚げたものなのだとか。繊維の入った感じのシワシワ加減が、あたかも白いキャベツ。壊しながら食べるか、共に供される小皿に一旦取り上げ、ラーメンのおかず的に食べてもよいとのこと。

壊しながら食べるか?と箸で突いてみるが、結構硬くて簡単には壊れない。そして何より、白キャベツからうっすら透けて見えるラーメンの正体が気になる気になるぅ。で、別皿に取り上げラーメンとご対面~~!(これまた超今更「パンチDEデート」の桂三枝・現文枝調で)

ラーメン写真②

そこまでカプチーノ状に泡立っていないスープは、このラーメン専用か?具は厚切りの大判チャーシューに、エビ、煮たまごに、太もやし、玉葱に三つ葉。そしてエビ味噌らしきジャンが添えられている。

ラーメン写真③

別皿の白キャベツを割り入れ、戦闘開始!先ずはスープと一啜りすれば、ぶわんっと広がる豚骨ダシの旨みのすぐその後に、こくっくりと顔を出すエビだしの存在感ある旨み。こりゃ具やジャンだけではなく、スープ自体にもエビがダシとして使われているのか?!濃厚魚介豚骨ならぬ濃厚蝦豚骨的味わいが愉快愉快っ。

合わさる麺は中太ストレート。するるぅと小気味よい啜り心地と様々な具の食感のハーモニーが、コレまた愉快。特筆すべきはエビのプリプリ感。えびそばの名に恥じぬ存在感ある食感に加え、バーナーで焦げ目がつけられている効用か、ナンとも豊かな風味がタマラン美味。

更に低温調理で8時間かけて作るというチャーシューのもっちりや、様々な野菜のパリパリに、揚げたライスペーパーがスープに馴染み、最初のバリバリから徐々にトロトロへと変化する食味然り。ソリャもうコレでもかとおご馳走な一杯に感服しきり。


「行徳家」@南区野間と双璧をなす創作ラーメンの雄の期間限定新作は、いみじくも行徳家の期間限定「豆乳味噌ラーメン」の逆バージョン。そして添える具材もシンプルな行徳家に対し、豪華な元次。店ソレゾレに個性溢るるラーメンが啜れるココ福岡は、楽し旨しなラーメン天国であるっ。

麺場元次
えびそば750円
福岡市中央区薬院4-2-12

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン43●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば4●その他4
◎3月の総ジョ グ距離44km / 通年108km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2014年03月15日 土曜日

●【ラーメン】元祖 時計台魂@中間市中尾

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン 中間市編

黄土色がかったスープは鶏油たっぷり?て事は鶏油特有のクセある旨みがギンギンなのかと思いきや、なんのその。目一杯ライトな味わいで鶏油感は皆無。代わって、あたかも卵を食べたときの後味に似た、ナンとも不思議な甘みが、鶏白湯と言うより卵白湯。

麺はストレートと縮れから、縮れをチョイス。かなりの太麺で、ムッチリ、モチモチな食味が、ドンズバ我がツボ。鶏チャーシューに味玉、シナチク、キクラゲに海苔までのって600円は納得価格。

北九州市戸畑区の人気ラ店「札幌ラーメン時計台」の暖簾分けで一昨年オープンした、元祖時計台魂。ラーメンは醤油、味噌、塩、カレー、鶏白湯に、牛テールの6種類。

【元祖 時計台魂】
鶏白湯ラーメン600円
福岡県中間市中尾1-14-5
11:00~20:30・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン42●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば4●その他4
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 13:25 | Comments [0]

2014年03月14日 金曜日

●【ラーメン】龍宝軒@佐賀県白石町

『軒』を訪ねて 第80回

早朝からの仕事が一段落し、午後2時過ぎにようやく昼麺。恐らくかつての長崎街道か?佐賀県白石町の旧市街地、白石商店街に目指す「龍宝軒」を発見。イイ感じに色あせた黄色の暖簾を潜ると、奥に長い町屋作りの店内には先客1名。おそらく常連さんか?年配の男性客がゆるゆるとチャンポンを啜っている。

店を切り盛りするのは二代目らしき中年男女。スタッフと小上がり席に上がりメニューを眺めていると、ホール担当のお母さんが愛想よく注文を取る。ラーメンが具のバリエーションで7~8種に、みそラーメン。我以外は全てチャーシュー麺を、我は基本のラーメンをたのむ。

注文が入ると、カウンター奥の厨房で主人による調理が始まる。複数杯のオーダーをチャキチャキとこなす仕事ぶりが心強い。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、ナンともイイ感じに気泡が浮き、美しく白濁したスープに旨さを確信。レンゲで一啜りすれば、軽やかな口当たりとともに素直に広がるダシの甘み。外連味の一切ない、柔らかな味わいに、思わずホッとため息ひとつ。

合わさる麺は中太ストレート。イイ感じに柔揚げでスープの絡みも抜群だし、ぽわんっと解けるコシがイニシエ気分を加速。なれどチャーシューはちとイマドキの厚切り仕様。しかも3枚ものっているので食べ応え十分。ナンちゃナイけどナンとも旨い。あぁだから『軒』が好き。

夜は立川談春独演会。春風亭一蔵が20分ほど前座を務めた後、談春登場。「夢金」と「紺屋高尾」といずれもトリネタ2話を、たっぷり2時間大盤振る舞い。

いやぁオモロかった、楽しかったと徒歩で帰路途中、屋台けいじに引っかかり、おでんや餃子でイモお湯割りを軽く3杯。そして〆にラーメンをと頼みかけて、ふとすぐ近所の「兼虎」が今月は夜営業しかしていない事を思い出す。夜にこの辺りで麺を啜る機会など、我が生活パターンではそうそうあるものでもないし…。

で、屋台けいじの裏通りにある兼虎へ向かうと店頭の電照看板が点灯している。よかった開いていたと入店すると、あらら?麺友tyuさん!同僚の送別会から流れてきたという彼と、互いの近況を語らいつつ、イモお湯割りも飲みつつ、辛辛つけ麺を啜りつつ、旨し楽しな夜が更ける。

【龍宝軒】
ラーメン500円
佐賀県杵島郡白石町福田1497
11:00~23:00・不定休 Pあり

麺や兼虎
辛辛つけ麺800円
福岡市中央区赤坂1-1-18
11:30~15:00&18:00~21:30(土日祝11:30~21:30)
※3月は夜営業のみ・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン41●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば4●その他4
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 13:38 | Comments [0]

2014年03月13日 木曜日

●【ラーメン】大黒とん@博多区対馬小路

しゅるるるぅと独特なる食感で口に収まるスープはコラーゲン感がソリャもう半端ナイ。あたかも粉末コラーゲンを溶かし込んだかの如く、軽い固形感をたたえつつ、口に収まる触感がサプライズ美味。スープのダシの出方もさることながら、味わいの芯はこのコラーゲン感と元ダレの革新的旨さか…?

合わさる細麺の適度なガサゴソ食感とニチニチ粘りゴシもイイね、イイねぇ。唯一の個人的難点はチャーシューのあまりにもトロトロとウマ過ぎるところ。端正に切り揃えられたネギとキクラゲの食感&味わいのハーモニーもキチンと旨いし、スキなく優等生美味なる一杯に敬意をはらい、禁断の替え玉コール。

ナルホドあちこちのブログでも高評価のハズだ、店横に駐車場まで備えてあるし、と食べ終え精算すると、わぁお700円?!ラーメンが580円に替え玉が120円かぁ。ならば、駐車料込みでもケイチが安旨。げに豚骨帝都で新たに豚骨新ラ店を開業するには、アレコレとハードル高いよなぁ。

【大黒とん】
ラーメン580円+替え玉120円
福岡市博多区対馬小路2-10
11:30~23:00・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン40●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 17:36 | Comments [0]

2014年03月12日 水曜日

●【うどん】鶴八房@博多区博多駅前

トンマニtwitterでググッと気になった「鶴八房」。住所を頼りに訪ねると、JR博多駅前とは言え、表通りから随分と入り込んだ西鉄バス操車場近くの、しかもわざわざ見つかりづらい立地を選んだかの如く、表通りに背を向けたマンションの一階にひっそりと営業する鶴八房を発見。

こぢんまりとした店内はローファイなインテリア&ジャズのBGMがカフェっぽい。店内の張り紙によると、昨年末にオープンしたようだ。

正午過ぎて駆けつけたらしき近所の会社の勤め人らしき2名が、ズルズルと麺を啜っている。カウンター席に座り卓上のメニューを見るも、やっぱ気になるのは店頭にもデカデカと張り出されていた「かごんま母のつけ麺」。

注文すると間もなく、まず瓶入りのキャベツの味昆布漬けが供される。
パリパリと囓っていると、まず温つけ汁が、続いて薬味のネギ、ゴマ、天かす、おろし生姜の四店セットに、最後にドンブリが供される。

わぁお想定外…!供されたドンブリは二連で、一方には湯通しキャベツがのった釜揚げうどんに、もう一方はホカホカ白飯?!ホール担当の奥さんらしき若き女性曰く、つけ汁でうどんを食べて、ご飯もつけ汁をかけてクダサイとの事。

ほうほう、コリャなかなかオモロなうどんだなぁと、まずは釜揚げうどんを湯通しキャベツと共に温つけ汁に潜らせ、ずるるぅと啜れば、甘辛醤油味のつけ汁の豊かな甘みと、ムッチリねっとり艶っぽいうどんのコシとヒキと、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味。そして加えて湯通しキャベツのパリパリとした甘みと、温つけ汁の具であるそぼろ肉のニチニチとした旨み。

ほほほぅ!コリャ旨いねぇと、麺啜り速度が加速度的に速くなり、ズルズル、パリパリ、ニッチニチ。血気盛んに猛然完食し、次は白飯。レンゲで掬い、温つけ汁に軽く潜らせ喰らえば、牛丼の肉がそぼろ版的味わい。いやぁ、超久しぶりに麺屋でコメを食べるなぁ。でも、結構旨いよなぁ、この食べ方、とガツガツ瞬食すれば、ソリャもうお腹一杯、シアワセ一杯。

恐らく若き店主は鹿児島出身で、その母はリアルにこんな感じのうどん&白飯を家庭の味として若き店主に振る舞っていたのだろうと確信できるほどに、ほっこり感溢るる創作うどんに惚れ惚れ。こりゃ他のうどんメニューもウルトラ気になるぞ。まずは次回はカレーうどんだなっ!

【鶴八房】
かごんま母のつけ麺680円
福岡市博多区博多駅前1-18-15 エトワール博多103号
11:30~20:00・日祝休み

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン39●チャンポン5●中華麺4●うどん20●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 12:02 | Comments [0]

2014年03月11日 火曜日

●【うどん】裕英うどん@糟屋郡志免町

ずっと気になり続けていた超長年の宿題店「裕英うどん」。12年前、福岡市早良区で営業していた支店では啜った事があるが、ここ本店はお初。

午後2時前と目一杯アイドルタイムのはずが、店内には先客1名。そして、我に続き2人組に一人客と、ポツポツと客が続く。どうやら地元では超人気のう店のようだ。

壁の高い位置に掲げられた看板には、かた麺、中麺、やわ麺と客の嗜好に合わせ麺を提供する旨、記してある。ならば、ゴボ天うどんをば硬麺で。

オーダーが入ってから、カウンター席に居た店主らしき男性が厨房に入る。どうやら今からうどんを茹で始めるのか?て事は、随分と出来上がりを待つ事になりそうだと覚悟を決め、高い位置に置かれたテレビを眺めていると、「はい、お待たせしましたぁ。」とうどんが運ばれてくる。

いやいや、オーダーしてまだ5分かそこら経ったか経たないかぐらいだし……。て事は茹で置きうどんを温め直しての提供か?と思いつつドンブリを眺めると、

いやいや、なんのなんの。このイイ感じに透明感と白濁が相まみえるうどんは、見紛う事なき釜揚げだっ!

おっしゃっ旨そっ!!ともんどり打ちつつ、まずはスメと一口啜れば、すきんっと澄み切った口当たりとともに、クイッと軽くフックするダシの旨みと、イイ感じに甘みのきいた調味加減が、ナンとも晴れ晴れとクリア美味。

合わさる麺は厚み1ミリ×幅1センチほどの偏平うどん。今は閉店してしまった「川端うどん」を彷彿とさせる形状だが、スルスル、ぴちぴちと口に収まる啜り心地こそマンマ川端うどんなれど、硬麺でたのんだせいもあってか、くにんっと抗うコシ然り、噛み込んだときの粉感ある風味然り、テロリンふにふにと旨かった川端うどんとは全く別物。力強ささえ感じる食味の存在感に、うしうし惚れてまうやろっ。

そしてゴボ天も新食感。直径3センチはありそうな極太ゴボウを2ミリほどの輪切りにして揚げてある。普通はゴボウの生育方向を生かして=繊維を生かして細長く切られたゴボ天が主流=ジャクジャク食感だが、このゴボ天は敢えて繊維を断ち切って揚げてある効能か、衣のサクサク×未体験のゴボウのホクホク食感が半端ナイっ。

うどん然りゴボ天然り、ありそうでその実ナカナカお目にかかれない地味系創作うどんがタマラン我がツボ。ならば次回は冷うどんでも啜ってみたひっ。

裕英うどん
ごぼう天うどん500円
福岡県糟屋郡志免町志免中央3-10-18
11:00~15:00・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン39●チャンポン5●中華麺4●うどん19●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 23:03 | Comments [0]

2014年03月10日 月曜日

●【ラーメン】馬賊@北九州市若松区

アッツ熱の口当たりとともに、クインッと広がる鶏ガラ+魚介+根菜らしき豊かなダシのうま味と、後味にふわりと香り立つ柚子の風味。そして中太平麺の、ぶるるんっと震える啜り心地とプル、プリリンッと踊るコシが、もうタマラン旨い旨いっ。
現在の場所に移転前からずっと惹かれていた「馬賊」の「鶏そば」は期待以上の旨さ炸裂で、うひゃひゃマジ惚れ。コリャ是非とも豚骨ベースの「らーめん」や「もつニラそば」、「ざるらーめん」も啜りたひっ。


【馬賊】
鶏そば620円
福岡県北九州市若松区中川町1-14
11:30~15:30&17:30~23:30・月曜休み P:若戸大橋下の駐車場
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン39●チャンポン5●中華麺4●うどん18●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 13:38 | Comments [0]

2014年03月09日 日曜日

●【うどん】牧のうどん@城南区片江

早い、安い、旨い。かつ、店舗前に駐車場がアリ、テーブル席も多くて、柔麺もある=高齢の父を連れて行くのにベストな店造り。かつ、父が大好物で毎日の彼の朝食に欠かせない昆布の佃煮も買い出しできる。あぁ、だから牧のうどんが好き。

【牧のうどん】片江店
野菜かき揚げうどん440円
福岡市城南区片江4-1-20
10:00~23:30(土日~24:00)・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン38●チャンポン5●中華麺4●うどん18●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年94km

Posted by heno at 19:18 | Comments [0]

2014年03月08日 土曜日

●【ラーメン】麺や楽笑@熊本県熊本市

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン 熊本編

久しぶりの連食。とある新ラ店@熊本市クリエイティブ系な一杯を啜った後、ドエラク気になっていた「麺や楽笑」へ。たけ4の今日の一杯でその存在を知った「麺や楽笑」へ。

住所を頼りに訪ねると、目一杯住宅街の普段着感覚バリバリの立地。弁当屋や八百屋と並ぶマンション1階の長屋店舗に目指す楽笑を発見。

午後2時前の店内は先客2名。カウンター席に座りメニューを見ると、つけ麺がノーマルと辛味の2種に、我が目当ての「鳥白湯ラーメン」。

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたラーメンは、ナンとも良い感じに白濁トロリンなスープが旨そう、旨そうっ!はやる気持ちを抑えつつレンゲで一啜りすれば、アッツ熱トロリな口当たりとともに、円やかに広がる鶏ダシのうま味と、そのうま味をキッチリと描き出す魚介ダシの豊かな風味。加えて結構強めに鶏油を効かせているのだろうか?ちとクセある but 嫌味までにはならない絶妙なるエグ味が、あはぁタマランなぁ。

合わさる麺は想定外の細麺。しゅるるぅと小気味よい啜り心地&密にスープを絡めつつ口に収まる感じが、エクスタシー!具は、鶏胸肉の低温調理チャーシューに、シナチク、キクラゲ、ネギ。瞬間無骨か?と思いきや、食べ進むうちに、いやいやナルホド、キチンと計算さててる感アリアリの、相性抜群&一杯のラーメンとしての完成度がカナリ高い一杯に、大満足。となると、気になるぞぉ、「つけ麺」も……!!

【麺や楽笑】
鳥白湯ラーメン600円
熊本県熊本市中央区九品寺3-14-17
11:30~14:30&18:00~21:00・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン38●チャンポン5●中華麺4●うどん17●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年86km

Posted by heno at 14:09 | Comments [0]

2014年03月07日 金曜日

●【ラーメン】稀鳥屋@博多区博多駅前

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十七

長年の宿題店である「居酒屋 稀鳥屋」の「とりダシらーめん」は、微かに白濁したスープがチョイ鶏白湯。鶏チャーシューに鶏そぼろ、キクラゲと具多めのサービス盛りつけに、居酒屋魂を感じる一杯。

日清のノンフライ杯麺「行列のできる店のラーメン」に
鶏白湯ラーメンが登場。
なるほどイイ感じにトロ甘だが、
あの風味までは再現できないか…。

 

【稀鳥屋】
とりダシらーめん450円(ランチ価格)
福岡市博多区博多駅前3-2-8 住友生命博多ビルB1F

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン37●チャンポン5●中華麺4●うどん17●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年86km

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

2014年03月06日 木曜日

●【ラーメン】麺8-34@北九州市小倉北区

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン 北九州編

北九州市ではまだまだ希有な否豚骨名店「麺8-34」。7年ぶりに訪ねると「しお」、「しょうゆ」に、「鶏白湯しお」と「鶏白湯しょうゆ」が加わり4種類が各500円。最近めっきり鶏白湯気分の我は、迷う事無く「鶏白湯しお」。

ぽってりと美しく白濁したその見た目、プラス湯気と共に立ち上るコノ香り。うへへ、コリャ旨いに違いないっ!ともんどり打ちつつ一啜りすれば、トロリと熱々な口当たりとともに円やかに広がる鶏ガラダシの豊かなうま味。鶏ガラを支える魚介系のダシはかなり控えめ。なので、ヘタするとガラの嫌味まで感じることがあるタイプだが、ナンのソノ。そのギリギリ手前までガラを煮だしきった感のある、限りなく濃密なのに外連味の一切ない味わいに、一発でメロメロ。

合わさる麺は中細ストレート。おそらく小麦粉にデンプンを加えた食感演出系なのか?韓国冷麺チックな独自のコシと味わいが、あなオモロ。具のチャーシューとシナチクもシッカリと調味されていて、鶏白湯の甘みを際立たせる。プラス味玉半個までのっていて、500円は超納得価格。

いやはやコレまた旨かった。となると俄然気になるのが「鶏白湯しょうゆ」と「しょうゆ」の未食2種。またの小倉出張の昼麺に再訪を心に誓い、店を出る。

【麺8-34】

鶏白湯しお500円

福岡県北九州市小倉北区室町2-11-5

11:30~16:00&18:00~21:00(日祝11:30~19:00)・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン35●チャンポン5●中華麺4●うどん17●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年86km

Posted by heno at 12:13 | Comments [0]

2014年03月05日 水曜日

●【ラーメン】松福@佐賀県鹿島市

我が行動範囲から近くて遠い佐賀ゆえ、惹かれる  but 行けない麺屋がアチコチと。ここ「松福」もそんな一軒。佐賀県きっての老舗の一軒なのだとか。長年の願いが成就して、ようやっと訪ねると、イイ感じに遣れた外観、なれどキチンと整理整頓が行き届いた店内に、ここが噂に違わぬイニシエ・ラ名店であることを予感。

「ビール」に「酒」とアルコールで始まり、「カツカレー」に「カレー」とカレー2種が来て、ようやっと「チャンポン」。こりゃ真性食堂系かと思いきや、「特製」に「卵」、「チャーシュー」、「学生ラーメン」に基本と計5種のラーメンがたたみ込むメニュー書きが、店の本気を物語る。

おっしゃならば、こちらも真剣勝負で挑むが礼儀。寸分迷う事無く基本の『ラーメン」をたのむと、カウンター奥の厨房で調理を始めるお母さんの、白髪をキチンと綺麗に撫で付けた様に、ココが名店である予感が確信へと変わる。

で、出てきたラーメンは、想定外の茶褐色白濁スープ?!さらに表面には気泡さえ浮いているではないか…。およそイニシエ系らしからぬストロンゲスト・ナイスガイな見て目がウレシイ誤算。

メガトンパンチに一発KO喰らわぬようにと心して一啜りすれば、トロンッと丸みのある口当たりとともに豊かに広がる瑞々しい甘みとダシのコク。そして後味に感じる骨粉の軽いザラツキ感は、豚骨をトコトンかき混ぜ続けてスープを取った証。

合わさる麺は中細ストレート。半乾燥麺でも使っているのだろうか?ねっちりと歯にまとわりつくほどの粘り腰がオモシロ美味。チャーシューはイニシエ・ラ店お約束の冷蔵庫臭。この独特の遣れた風味がエッセンス、シミジミ気分全開でシミジミ啜る、午後のシアワセ。

【松福】
ラーメン450円
佐賀県鹿島市高津原横田1841
11:00~19:00・不定休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン35●チャンポン5●中華麺4●うどん17●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年86km

Posted by heno at 22:36 | Comments [2]

2014年03月04日 火曜日

●【うどん】葉隠うどん@博多区博多駅南

ぞっこん全品制覇 ~その一~

我が最愛うどん店の一軒「葉隠うどん」で、お初の細麺をオーダー。「はい、細麺ですねぇ。」と、よく熟成が進んだうどん生地を取り出し、麺切り機でうどんにしては極細に切り出し、ゆであげる。

で、うどん麺は想定通り、いや想定以上に旨い旨いっ。するるぅと小気味よく口に収まる、随分と麺線長めの啜り心地然り、噛んだときのぷりんっと愛らしく抗うコシ然り。ナンちゃナイうどん麺の旨さをチャンとチャンと描き出す誠実な仕事の跡こそ、味の要。

熱々スメは、ほっこりと和み系の昆布らしきダシの旨みに、ほどよく効いた削り節の鯔背な風味に、ほんの気持ち強めの塩気。と、ココまで感じて、ふと思い立つ。これってノーマル太めのうどんに合わせた調味であり、なのでこの細麺にはあまりに絡みすいて、結果塩辛く感じるのでは?いやきっとそうに間違いナシ。

兎にも角にも、ここ葉隠こそ
我がベスト・オブ・オーディナリー博多う店でることを再認識。
んで、ヤッちゃいます、全品制覇。

 

夜は「山の壽」の飲食店限定銘柄「OKIRO」狙いで「焼き鳥のあんど」@早良区西新。旨し酒と焼き鳥を楽しみ、〆は「じろう。」。ヤッパじろう。は細麺の硬麺に限る!いやはやタマラン旨いなぁと、禁断の替え玉までしてしまうテイタラク……。

【葉隠うどん】
ごぼう天うどん400円
福岡市博多区博多駅南2-3-32
11:00~21:00・日祝休み Pなし

長浜ラーメンじろう。
ラーメン 価格失念
福岡市早良区西新5-4-1
12:00~15:00&18:00~27:00(日曜12:00~24:00)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン34●チャンポン5●中華麺4●うどん17●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年86km

Posted by heno at 14:46 | Comments [0]

2014年03月03日 月曜日

●【ラーメン】鳥鶏研究団@博多区博多駅前とり

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十六

昨年6月の開店当時は塩と醤油の2種類で、麺メニューには無かった「鶏白湯らぁめん」。ナニせ正午過ぎで店内は8割方客で埋まっている。で、待つ事しばし、運ばれてきた一杯は明らかに師匠店「シフク」のそれとは異なる新味。

まずスープがソリッド。トロンとチキンポタージュなシフクのスープの口あたりに対し、この一杯はスキッと軽やか。なれど舌にのるダシの旨みはカツンッと濃密。

そして麺も鯔背。中細ストレートな麺は、するっと口に収まり、ぱりんっくにゅっと軽やかに踊るコシ&加えて大切りのキクラゲのコリコリ食感が軽快美味。鶏チャーシューに加え、鶏そぼろのタレ煮も加わり新たな鶏白湯ラーメンの旨さを演出。後発部隊ならではの創意工夫が光る一杯。

【鳥鶏研究団】
鶏白湯らあめん600円
福岡市博多区博多駅前4-31-11
11:30~14:00&17:30~24:00・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン33●チャンポン5●中華麺4●うどん16●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離9km / 通年73km

Posted by heno at 12:11 | Comments [0]

2014年03月02日 日曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家@中央区大手門

GOOD MORNING GANSO!

スイッと軽やかな口当たりとともに、ふわりと広がるダシの旨み。細めの麺の適度にコリッと感もパーペキ。加えてネギのシャリシャリ風味に、クズ肉チャーシューの調味料。くへえ、パーペキ美味でないのぉ。午前6時過ぎはケイチのゴールデンタイム。一軍メンツの華麗なるオペレーションを楽しみつつ啜るナシカタネギヤマにシミジミ惚れ惚れ。

【元祖ラーメン長浜家】
ラーメン400円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜7:00~9:00が清掃閉店)  Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン32●チャンポン5●中華麺4●うどん16●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離9km / 通年73km

Posted by heno at 06:31 | Comments [0]

2014年03月01日 土曜日

●【うどん】亀じいうどん@中央区西公園

福岡市民の地味なオアシス、西公園の中央展望台の駐車場脇で営業する「荒津亭」が、本日をもって「亀じいうどん」としてリニューアルオープン。店頭のガラス窓際の手打ちうどん台が、本格手打ちうどんであることを主張。

正午半過ぎの店内は先客1名。おそらく長らくの知人がリニューアル開店を祝っての来店か、店員のお母さんとアレコレ会話を交わしている。そして店奥のテーブル席にはお孫さんらしき少女が2名、美味しそうに昼飯の弁当を食べている。少しだけ華やかに開店を祝う普段着な空気が、居心地よい。壁の高い位置に貼られたメニューはうどんのみ5~6種類。「ハモ丸天うどん」にチト惹かれるも、やっぱ初う店はゴボ天か。

おぉ、揚げたてか?ジュジュゥと微かな音を立てつつ、ごぼう天うどんが供させる。先ずはスメと一口啜れば、キチンと熱々の口当たりとともに豊かに広がる昆布や鰹節のダシの旨み。塩気も気持ち強めでシッカリと己の旨さを主張するストロングな味わい。

合わさるうどんは見紛う&味紛う事なき手打ちうどん。キリッとエッジがたった鯔背な見た目通り、むちむちぃと抗うコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味然り、店頭看板の文字に恥じぬ本格派。

イニシエ行楽地の食堂が見事な転身。この店然り、昨日の「太さぶろう」然り、最近ナゼか福岡は美味うどん店の開店ラッシュ。ラーメンよりシンプル、だからこそ更に味わい深いうどんをアレコレ啜られるシアワセをシミジミ楽しむ休日の午後。

【亀じいうどん】
ごぼう天うどん600円
福岡市中央区西公園13-6 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン5●中華麺4●うどん16●そば4●その他3
◎3月の総ジョ グ距離9km / 通年73km

Posted by heno at 12:37 | Comments [0]