2014年04月03日 木曜日

●【ラーメン】麺道はなもこし@中央区薬院

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十八

トリ・トリ・トリ。我鶏白湯が異常に恋しっ。んで「いっとく食堂」@中央区赤坂の鶏白湯ラーメンをば啜りたひっ!と訪ねるも、オーマイガァ、閉まっているぅ。うぬぬならば「麺道はなもこし」!

消費税が8%に上がったタイミングでレシピから原価計算までシッカリ見直したという「鶏だしラーメン」は、とろり鶏白湯に対し魚介ダシの明快なるうま味が以前より随分ときいた感があり、後味のキレがナンとも鯔背。合わさる細麺のシュルルと小気味よい啜り心地然り、上出来REBORN。

ラーメン一杯700円はカナリ高価。なれど小麦を始めとする原材料の高騰に、円安、そして増税。痛みを全て麺屋に負わせてはイケナイ。旨し一杯を提供してもらった対価はキチンと払う。そして末永く、この一杯にありつきたひっ。

夜はJR博多駅のデイトスに最近オープンした「住吉酒飯」の角打ち。4種の九州地酒のセットの飲み比べを楽しみつつ、厚揚げを突きつつ。

ワインのようなパッケージの日本酒を販売したりと、オモロ酒が得意な「三井の寿」の古酒。十数年ねかせたという日本酒は、赤茶色の透明食がまるで紹興酒。で、味わいも然り。酸味と甘みが際立つ、ある種オリエンタルな味わいが、芳醇醸造感溢るる紹興酒。

〆麺は「大地のうどん」博多駅地下店のつもりが、トリ・トリ・トリ!昼に続き鶏白湯モードがスイッチオン。で、「兼虎」@中央区赤坂の限定麺「極鶏そば(きわみとりそば)」を訪ねるも、どうやら売り切れ。んで、すぐ近所の「鸛」へ緊急避難。

入り口の食券販売機で「鶏白湯ラーメン」の食券を買っていると、「プラス100円で濃厚鶏白湯ラーメンに」との張り紙。うへぇ惹かれるぅと迷わず濃厚ボタンをぽちり。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、表面に黄色い鶏油が密に浮いた様にワクワクドキドキっ!レンゲを持つ手ももどかしく、ズズッと一啜りすると……、おやぁ想定外にアッサリじゃんっ。鶏のダシは十二分に感じるも、期待ではち切れそうな濃厚ぽってり味は見つからないぃ……。どうやら鶏油の一癖ある風味が際立つことで、逆に鶏ダシの印象が薄まってしまうパラドクスなのか??兎にも角にも鸛はノーマル鶏白湯ラーメンに限るっ。

麺道はなもこし
鶏だしラーメン700円
福岡市中央区薬院2-4-35
11:45~14:30&19:00~22:00・日曜休み Pなし

【鸛】
濃厚鶏白湯そば700円
福岡市中央区赤坂1-5-23

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン52●チャンポン5●中華麺4●うどん25●そば5●その他6
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年119km

Posted by heno at 2014年04月03日 22:57
コメント

はじめまして…でしょうか?
3年以上前からブクマに入ってるのでわかりません(汗)
いっとく食堂ですが、串焼きの焼き場作ったりで昼は休んでましたが4/4から再開してます。
日曜は休みですが。
兼虎も4/10にランチ再開するって張り紙してましたよ。

Posted by JUNK at 2014年04月06日 02:08

JUNKさん
いっとく食堂、昼営業再開ですか!
ウレシタノシで近々再訪決定です。
情報ありがとうございます。

Posted by への at 2014年04月12日 09:14
コメントしてください




保存しますか?