HENO HENO: 2014年05月 アーカイブ

2014年05月31日 土曜日

●【ラーメン】牛骨送油醤油らーめん3@中央区平尾

一昨日プレオープンした「牛骨醤油らーめん3」。今日までキャンペーン価格300円で啜れると聞けば、啜らんわけにゃイカンでしょう。入り口右手の食券販売機には、ラーメンとトッピングの具に加え、「稲荷寿司」のボタン。なるほど山口県の下松牛骨ラーメン系か?

アッツ熱のスープは醤油辛くて&甘くて、コレまたなるほど「すき焼きラーメン」の別名を持つ下松牛骨。麺と具のの少なさはキャンペーン価格300円を成り立たせるための企業努力か?

【牛骨醤油らーめん3】
ラーメン300円(キャンペーン価格、通常は650円)
福岡市中央区平尾2-5-8 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン82●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば5●その他8
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 22:02 | Comments [0]

2014年05月30日 金曜日

●【つけ麺】鸛@中央区赤坂

とあるヤローの情報で知った「鸛」の「濃厚鶏白湯つけ麺」再発。ナニせ以前啜ったつけ麺がタマラン我がツボだっただけに、こりゃマストで啜らんわけにゃイカンでしょうと訪ねると、わぁお若コウノトリが、「魅せられて」を演じるジュディオングの衣装の羽ばたきナニする物ゾと、力強い鸛へ成鳥。

まずもって、その御姿がドエラクダンディ。以前は具は温つけ汁に全て投入し、麺の上にはナニも具が無い状態で供されたか、今日は鶏チャーシューにミンチ団子、シナチク、水菜、レモンと様々な具や薬味がアレコレと。

麺は以前より扁平率が高めの平縮れ麺。並180gと中270gを同価格で提供。迷わず頼んだ中盛りは、カナリの盛りの良さ。鶏油の色だろうか、黄金に輝く温つけ汁にザブンと潜らせズビズバ啜れば、ナンとも豊かに広がる鶏の旨み。あたかも鶏一羽丸ごと喰らっているかの如く密なる旨みと甘みに一発フォーリンラブ。

麺は扁平率が増した見た目通り、するりと小気味よい啜り心地然り、噛み込んだときのコリッと感あるコシ然り、以前の優し食感からグッと鯔背な男味へシフト。具も随分と食べ応えが増したし、ナンと言っても薬味のレモンがプラスされたことがポイント高し。麺の一部へチュッと絞り啜れば、豊かな鶏の旨みの輪郭を丹念にあがき出す爽やか酸味。そして小皿で供されるおろし生姜も加え、アレコレ味変も楽しみつつズビズバ啜り、〆はポットで供されるスープ割りでほっこり。で大満足完食。

だがしかし、ここ赤坂一丁目は、鸛に「兼虎」、「鈴木商店」、「大名ちんちん」、「た~ちまやぁ」、「うどん大学」、「いっとく食堂」、「DREAM BOAT」、「うどん処 松島」と我がツボな&バラエティ豊かな美味麺店密集地帯。さぁて次回も、ここいらで麺を啜るときは何処で啜るか、随分と悩まされることだろう!

IMG_6337

Wカップブラジル大会記念発売
「チキンラーメンBRAZILLIAN Chiken」は
黒胡椒にクミン、コリアンダーなど超スパイシーな香辛料が効きまくり。
どんな色にも染まるチキンラーメンのソコヂカラを改めて痛感。

【鸛】
濃厚鶏白湯つけ麺750円
福岡市中央区赤坂1-5-23
11:30~24:00(スープが無くなり次第終了)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン81●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば5●その他8
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 22:49 | Comments [0]

2014年05月29日 木曜日

●【ラーメン】来久軒@佐賀県武雄市

かれこれ4年ぶりか、屋号通りに久しぶりに来た「来久軒」。別棟厨房の大釜で煮出される三段仕込みの豚骨スープの、しっかり乳化しマクッたミルキーな甘みと、その奥から顔を出す随感ある凄味が、相も変わらず旨い旨い。なれど、合わさる麺がナンとも頼りないのは、佐賀ラーメン特有の柔麺提供ではなく、大人数のラーメンを一気に仕上げようとしてオペレーションがもたついて、麺がのびてしまった結末か。

【来久軒】
ラーメン600円
佐賀県武雄市武雄町武雄4190-2
11:00~22:00・月曜休み(祝日の場合は翌火曜)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン80●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば5●その他7
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:55 | Comments [0]

2014年05月28日 水曜日

●【麺】行徳家@南区野間

ラーメン屋ながら、うどんそばの創作麺も提供してきた「行徳家」の創作最新作は、ナンと焼きそば。

インドネシアの焼きそば「ミーゴレン」。タマネギやキャベツの具と共に、竹炭入りの真っ黒太麺を炒め、干し海老をダシにタマネギやトマトを加え、種々のスパイスでピリ辛に仕上げた「サンバルソース」で調味。

更に添えられたライムをヨーグルトに絞り入れ、麺に和えてズルルと啜れば、ピリ辛ソースのエスニックな辛みをヨーグルトが丸めて旨みへと昇華。興味深いのが竹炭麺のコリッとコシ。前回汁麺で啜った時はナンともすべすべのモチモチだったのだが、ソレとは全く異質の存在感ある食味がパンチあるソースと対等に渡り合う。

トマトやレタス、キュウリで口をリセットしつつ、ズルズル喰らい、締めに卵焼きの黄身を割り、トロリと黄身を合わせ啜れば、辛旨×酸味×甘みのコラボで、一気昇天。

行徳家
ミーゴレン780円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン80●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば5●その他7
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km
Posted by heno at 14:31 | Comments [0]

2014年05月25日 日曜日

●【ラーメン】来来@飯塚市片島

飯塚市の看板の無いラーメン店「来来」。なれど店入り口脇の右の柱に「営業中」と、左の柱に今日は「ラーメン小寺」の木札。

差し出されたラーメンは、ナンとも麗しく澄んだ黄金色のスープに、もう一目惚れ。こりゃタマランっ!あぁ早く喰らいらひっ!!とレンゲを持つ手ももどかしく、ズズッと一啜りすれば、ほのかに&円やかに甘いダシの旨みが、ソリャもう滋味美味。

麺もパーペキ。気持ち細めの中太麺は、するると口の収まるベルベットな口当たり然り、噛み込んだときの愛らしいムチッと感然り。そしてチャーシューはバラ肉と肩肉の2種類。とくれば、そう「黒門」@遠賀町ベクトルな、ネオ滋味な一杯に、惚れてまうやろぅ!!(→皆さん覚えてますよね?Wエンジン調で)

【来来】
ラーメン大盛600円
福岡県飯塚市片島1-3-38
11:30頃~15:00頃・不定休(木金休み?)
Pあり(店から80mほど奥まった月極駐車場の8番・24番)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン80●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 22:26 | Comments [2]

2014年05月24日 土曜日

●【うどん】藤店うどん@埼玉県さいたま市

関東=そば食文化圏かと思いきや、それは東京都のみで、周辺部のほとんどは、うどん食文化圏。東京都の西部、武蔵野エリアは、地粉を使った灰色のうどんを、豚肉が具の温つけ汁で食べる「肉汁うどん」文化圏。だが、同じ武蔵野でも、地区によって&店によって、それぞれにオリジナルに美味なる肉汁うどんが楽しめる。

武蔵のエリアの北部、さいたま市の「藤店うどん」。休日は午前10時の営業開始から順番待ちの行列必至の人気店。

一番人気メニューはモチのロンで、肉汁うどん。長めの麺線のうどんは、かつて啜った東村山市のそれより、ずいぶんとノーマルな白っぽいうどん。そして温つけ汁もアーバン仕様。美しく澄んだ醤油色の汁に、多めの豚肉と葱と揚げ。しゅるりんっとモチモチうどんと、キリリ&甘いつけ汁と多めの具の味わいコラボが、なるほど人気店。

一方、さいたま市の南&東村山市の北に位置する入間市の、片道一車線のこぢんまりとした幹線道路から山間へ入り込んだところに、ぽつんと営業する「さわだ」は、その立地通り、ナンとも素朴な「もりうどん」。

うへ?コレって極太そば??的灰色うどんは、乱れた麺線が象徴的。ごりんごりんっのぶりんぶりんなコシが、うしゃしゃ好き者にはタマラン旨いねぇ。ポットに注がれたアッツ熱の汁を猪口についで、極太そば、いやうどんを浸けて啜れば、イリコらしき素朴なダシの風味が、ゴリぼそ素朴地粉うどんのうま味を持ち上げる。因みにザルの表面に張られたラップは、多めのうどんを食べ残した客が気軽に包んで持ち帰れるようにとの、心遣いなのだとか。

IMG_6330

入間市よりグッと東京都寄りの朝霧市には、持ち帰り専門の製麺所「林製麺所」。買って帰り自宅でナンちゃって肉汁うどんでカッ喰らえば、もっちりむっちりなコシと、噛み込むほどに広がる小麦の風味が、わぁおエクスタシー。

【藤店うどん】
肉汁うどん680円
埼玉県さいたま市西区三橋6-14-7
10:00~15:00・日祝休み Pあり

【 さわだ】
埼玉県入間市根岸461-1
10:30~14:00・日&月休み Pあり

【林製麺所】本店
生うどん細麺500g 400円
埼玉県朝霞市根岸台2-12-13
日曜午後のみ休み

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン79●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 21:06 | Comments [0]

2014年05月23日 金曜日

●【ラーメン】神田小松屋@東京都千代田区

東京出張、午後からの仕事を前に「神田小松屋」。とある方の「ここぞ昔ながらのオーソドックスな東京中華そば」との薦めで訪ねると、なるほどイイ感じに透明感を残す濃い醤油色のスープが、ナンとも鯔背。一口啜れば、クイッとフック感ある魚介ダシの風味と、その味わいを下支えする鶏ガラらしきダシの旨み。

合わさる麺は中太ストレート。加水率がカナリ高いのか、スベスベとした啜り心地然り、もっちり解けるコシ然り、超美味スープと相性抜群。具はチャーシュー、メンマに海苔と葱。過不足ない品数&量が小気味よい。虚仮威し感の一切ない、キチンと旨さに惚れ惚れ。

夜は葛飾柴又にほど近い下町で呑む。「宇ち多”」は、
好みの部位を、好みの味付け&好みの焼き方でオーダー出来る
もつ焼き名店。

カシラ・塩とレバ・塩・若焼きを電気ブランで流しこみ、
アブラ・素焼き、浅漬け、シロ・タレをアテに焼酎梅入り2杯で
お代はナンと1600円チョッと?!

〆は「鶏白湯のパイオニア」を謳う「らーめん まる玉」両国本店。トロントロンのスープは鶏の旨みがコレでもかと濃密なれど外連味はナシの、ドンズバ我がツボ・タイプ。具のアオサで潮の香がプラスされることで、味わいに奥深さを演出。合わさる麺は想定外の細麺。スープの絡みもすこぶる良好なれど、ナンとも軽い食感で、もつ焼き呑み後の締めに最適。

【神田小松屋】
ラーメン650円
東京都千代田区外神田2-19-2
11:30~24:00(土~20:30)・日祝休み Pなし
【まる玉】両国本店
まる玉らーめん680円
11:30~14:30&17:30~21:00(日祝11:30~15:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン79●チャンポン8●中華麺9●うどん39●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 08:26 | Comments [0]

2014年05月22日 木曜日

●【ラーメン】住吉亭@博多区博多駅南

コレ正に麺神様のお告げナリ。かれこれ5年ぶりか、ナゼか知らねど発作的に無性に啜りたくなり訪れた「住吉亭」のラーメンは、ソリャもうタマラン旨い旨いっ。

まずもってスープ。透明感を残すルックスはジェントルマンだが、一口啜ると、ふわっと鼻へ抜ける豚骨風味と、じわりっと舌に広がるうま味と、コラーゲン感すら感じる後味が、軽やか&瑞々しく、かつ濃密。これぞ長浜ラーメンで御座い的わんだふぉ美味に目尻が下がりっ放し。

合わさる麺は麺線短めのホクホク中細麺。加えてコレでもかと盛られた葱とキクラゲの存在感ある食味。おそらく正統ラーメン好きなら、この大量&バリバリ食感ありマクリの葱とキクラゲは邪魔者。事実、我が後から入店した客の一人は「ラーメン、葱抜きね。」とオーダー。なれどなれど、我にとっては葱抜きの住吉亭は、住吉亭に非ず。元祖と同じく、住吉亭の葱&キクラゲてんこ盛りラーメンは、ただのラーメンではなく、「住吉亭」という名前の独自の食べ物なのだ。

ズルズル、ホクホク、バリバリと一気盛んに平らげて、迷わず禁断の替え玉コール。出てきた替え玉に、テーブル席に置かれた高麗人参&梅干し甘酢を二回り流し入れ、卓上の辛子高菜も添えれば、住吉亭流酸辣湯麺の出来上がり。けへへ旨いね、やっぱ旨いで、あぁシアワセ一杯な午後。

【ラーメン住吉亭】
ラーメン650円+替え玉100円
福岡市博多区博多駅南5-5-1
11:00~21:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン77●チャンポン8●中華麺9●うどん39●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 14:06 | Comments [0]

2014年05月20日 火曜日

●【チャンポン】かい@西区今宿駅前

前回ラーメンにマジ惚れした「ラーメンかい」で、チャンポン。

ソリャもうエゲツなくアッツ熱々なスープを啜れば、クイッとフック感あるダシのうま味こそ流石流石。一見小盛りのイニシエ系チャンポンかと思いきや、想定外に深いドンブリから次から次へと麺が現れる、牧のうどんチックなミステリアスてんこ盛りな一杯ならば、700円も納得価格。

【ラーメン かい】
チャンポン700円
福岡市西区今宿駅前1-5-5
11:30~15:00&18:30~24:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン76●チャンポン8●中華麺9●うどん39●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 20:58 | Comments [0]

2014年05月19日 月曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

屋号は味を表す。スープを啜れば、熱々トロンっな口当たり共に、優しくかつ濃密に広がる鶏ガラ・ポタージュ・スープの豊かな味わいが至福。外連味は一切なし、ただひたすらに鶏・鶏・鶏なうま味と、その味わいの輪郭を描き出す魚介らしきダシの風味。

そして合わさる中太麺がコレまた至福。良い頃加減にもっちりな、かつスープとの絡みもすこぶる良好なこの麺こそ、このスープのために自家製された感アリアリの旨旨っ。

具もパーペキ至福。白髪葱に糸唐辛子に、皮目を炙ったもっちり鶏チャーシューに、かりっこりっな山クラゲと、しゃくしゃく甘辛な玉葱角切り。アレコレ味わいの変化も十二分に楽しみつつ、うっとり完食。

【らぁめんシフク】
鶏白湯らぁめん600円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~22:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン76●チャンポン7●中華麺9●うどん39●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 17:20 | Comments [0]

2014年05月18日 日曜日

●【うどん】一休@筑後市長浜

早朝からの仕事が一段落し、地元の方に連れられて久方ぶりに「一休うどん」。かれこれ十数年前か、前回はゴボ天うどんを啜った事だし、ナニせここは筑後ゆえ、この一帯で多々目にする「もやしうどん」を啜るのさ。

出てきたもやしうどんは、わぁお太もやし?!先ずはスメと一啜りすれば、ほわんっと広がる昆布だしらしき滋味なるうま味。うどんはイイ感じにヤワヤワ、なれどモッチモチ感も良い頃合いに残る、中太うどん。プラス太もやしのシャキシャキが確かに旨い。が、やっぱノーマルもやしの方が、もっと言えば細モヤシの方が、うどんには合う気がするぅ。

【一休うどん】
もやしうどん400円
福岡県筑後市大字長浜1544-1
11:00~21:00・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン75●チャンポン7●中華麺9●うどん39●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:40 | Comments [0]

2014年05月17日 土曜日

●【ラーメン】神@早良区有田

わぉ、なんと言う事でしょう?!(←今更大改造!!劇的ビフォーアフター調で)。自家製麺が全粒粉製になったと聞いて啜りに来たが、いやはや味チェンは麺のみならず、スープも具もドエラク・グレードアップしてるでないのぉ。

まずもってスープがデラ旨っ。こっくり濃い味系の豚骨スープは元来我が好みの範疇外なのだが、「神」のスープは以前からナゼか相性抜群。なのに加えて、今日のスープは更に更にこっくり、なれど外連味の一切ない濃厚滋味。

で、自家製全粒粉中細麺の、その存在感あるボリボリ食感&噛み込むほどに豊かに広がる小麦感が、こっくり濃密スープと合う合う合うっ!このガサゴソ麺はダメなヒトにはとことんダメだろうが、ツボなヒトにはソリャもうタマラン旨い旨いっ。

かつ、具もバージョンアップ。デフォで茹で卵が付いてくるし、ナニよりチャーシューが以前にも増して半端なく旨いっ。コレだけ旨くて&食い応えも十二分にあって550円は超リーズナブルぅ。ああ旨いなぁとズルズル啜っていると、隣席の夫婦らしき男女はホルモン焼きで焼酎をキュッ。あははぁウラヤマシイっ。次回こそラーメン屋酒をば楽しひっ。

【らーめん神】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17
11:30~15:00 &18:00~22:00(日祝は~21:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン75●チャンポン7●中華麺9●うどん38●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:21 | Comments [0]

2014年05月16日 金曜日

●【ラーメン】ラーメン元次@中央区薬院

「行徳家」@南区野間と双璧の創作ラーメン気鋭「ラーメン元次」の新作は、イタ~~リアンっ!(←今更あべこうじ調で)。

醤油スープをベースにトマトソースを添え、さらにマリネしたトマトの上にはジェノベーゼ。ファーストインパクトはちとイタリアンな醤油ラーメンだが、徐々に徐々にトメイトォ~なうま味の比率が高くなるグラデーション美味。なれど、最後にジェノベーゼを溶かし込んでも、味わいの芯はチャンと醤油ラーメンなのがお見事名作。

具はプリップリのアサリと、シャキシャキ春キャベツに、ジャクジャクアスパラに、隠し味に生の新玉葱のみじん切り。とことんサービス精神満載で、アレコレ手間をかけマクリで、かつチャンと旨い一杯に、元次スピリッツをビンビン堪能。

ラーメン元次
ボンゴレ醤油ラーメン750円
福岡市中央区薬院4-2-12 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン74●チャンポン7●中華麺9●うどん38●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 21:06 | Comments [0]

2014年05月15日 木曜日

●【うどん】うどん屋 米ちゃん@博多区博多駅前

「当店は茹で立ての麺を提供する 博多うどんの店です」がキャッチフレーズの「米ちゃん」。とてもうどん屋とは思えない、昼間でも真っ暗な店内は今日も満席御礼状態。

我が目当ての「つけ麺」は、「注文後に麺を茹で始めますので 季節よって麺の状態にもよりますが 7~8分の茹で時間をいただく場合がございます」との断り書き通り。如何にも茹で立てなのだが、エッジがよれた感じが良い感じにヘナチョコ博多風。常温つけツユに潜らせズビビとすすれば、もちぃ~もちもちぃ~~な餅感あるヒキが演出系。天つゆチックな甘めのツユには大量の大根おろしと少量の天かすが入っていて、うどんとツユの仲を取り持つ、創作系。

【うどん屋 米ちゃん】
とり天入りつけ麺680円
福岡市博多区博多駅前3-9-5 1F
11:30~15:30(土曜は~14:30)&水~金は18:00~20:00)・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン73●チャンポン7●中華麺9●うどん38●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 21:02 | Comments [0]

2014年05月14日 水曜日

●【ラーメン】ラーメン人生JET@大阪府大阪市

大阪で鶏白湯と言えば「ラーメン人生JET」。「和風醤油」、「煮干し塩」、「カレー」と5種類あるメニューの中でもダントツ人気の「鶏煮込みそば」は、アッツ熱トロリの食感とともにまるんっと広がる鶏ガラだしのうま味と、それをキリリとまとめ上げる醤油&ニンニク的なタレとダシの風味。鶏白湯なのだが、その実、醤油豚骨に相通ずる明快ベクトルの味わいが、流石の人気店。麺はお江戸チックなツルツルコシコシ中太麺。スープと絡む事なく己の味わいを強烈にアピール。

夜は最終の新幹線に乗る前に新梅田食堂街の「とり平本店」。小ぶりで、そのネタも一仕事してある焼き鳥は、博多とは一味違う美味。薬味の辛子と口直しのおろし大根を楽しみつつ、芋のお湯割りをついつい3杯。

【ラーメン人生JET】
鶏煮込みそば780円+煮玉子100円
大阪府大阪市福島区福島7-12-2
11:00~15:00&18:00~23:30・年中無休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン73●チャンポン7●中華麺9●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 20:46 | Comments [0]

2014年05月13日 火曜日

●【ラーメン】三く@大阪府大阪市

夜は、以前仕事でお世話になった方々と久方ぶりに呑む。新梅田食堂街に勝るとも劣らぬ大衆呑み屋の殿堂、大阪駅前ビルの第一から第三までをアチコチ呑み渡り、〆は福島まで移動し、「三く」で啜る。

今をトキメク、新進気鋭ラ店だけに、「恋焦がれ鯛三」、「かけ」、「肉かけ」、「白壺ラーメン」、「貴そばラーどん」とオモロメニューが目白押し。で、我が惹かれたのは「恋煮干し麺魚三」。

夜はサービスで出るというひじきの突き出しを突きつつ待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、わぁおスープが灰色やん!アブクぶくぶくやんっ!!コリャ随分と手強そうだと構えつつ一啜りすれば、押し出しこそグインっとパンチあるも、後味は思いの外マイルド。魚介ダシの旨みが外連味なく豊かに広がるダンディ美味。合わさる中太麺のほわんとイイ感じのコシ然り、見た目の派手さとは裏腹のキチンと丁寧美味なる優し味に、メロメロ。

【烈志笑魚油 麺香房 三く】
恋煮干し麺魚三 800円
大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F
11:39~14:39&18:39~23:39(日祝は昼営業のみ)2nd&4th日曜休み

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン72●チャンポン7●中華麺9●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 22:14 | Comments [0]

●【ラーメン】熊きち@大阪府茨木市

ウレシタノシな大坂一泊二日出張。バリバリと仕事をこなし、ズルズルと麺を啜る。現地スタッフの薦めに従い、仕事現場近くの「ラーメン熊きち」。地元・大坂MBSのグルメ番組でNo.1に選ばれたという、店一番人気メニューである「みそ味チャンポン」は、鶏ガラと豚骨で取られたスープを味噌ダレで仕上げ、他のラーメンと共用の中太ストレート麺を合わせ、気持ち多めの野菜とチャーシューが具。チャンポンというよりチャーシュー味噌ラーメン的味わいに、揚げニンニクの薬味の風味が熊本ラーメンを思わせる、ハイパーほっこり系。

熊きち
みそ味チャンポン800円
大阪府吹田市新芦屋下9-6
11:00~23:00・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン71●チャンポン7●中華麺9●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:47 | Comments [0]

2014年05月12日 月曜日

●【ラーメン】清陽軒本店@南区西長住

『軒』を訪ねて 第82回

ずっとずっと惹かれつつも、ナニせ我が最愛ラ店の一軒「行徳家」がすぐ近く。で、ついつい啜りそびれていた「清陽軒本店」へ、ようやっと訪ねると、外観同様にイイ感じに草臥れた店内には親子らしき男性2名。

年配主人は赤シャツ&茶コーデュロイのハンチング帽と、なかなかモボなフャッションでラーメンを揚げている。が、一方息子は、雨の中すぐに配達に飛び出せるようにと雨具のズボンをはいたままチャーハンの鍋を振る。

壁の高いところに掲げられたメニューは「ラーメン400円」を筆頭にチャンポンや皿うどんなど、麺メニューがずらり10数種のあとの、中華丼やかつ丼、ハヤシカレーにカレーライスまで、ずらりアレコレ揃えた食堂タイプ。メニュー札の古びた感じからすると、どうやらこの春の消費税増税にもめげず、価格据え置きで営業しているのか。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンを見てびっくり!透明感を残すスープに中太ストレート麺に、茹で卵に、胡椒がのった海苔……。コレって大分市の「清陽軒」のラーメンにそっくりでないのぉ?!ひょっとして大分清陽軒の暖簾分け??いや待てよ、店頭に誇らしげに掲げられている「清陽軒本店」の看板からすると、こちらが本家で大分が分家???などアレコレ想いを馳せつつ啜る、シアワセな午後のひととき。

【清陽軒本店】
ラーメン400円
福岡市南区西長住1-1-46 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン70●チャンポン7●中華麺9●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:00 | Comments [1]

2014年05月11日 日曜日

●【ラーメン】直ちゃんラーメン@宮崎県日南市

創業51年、宮崎県日南市の老舗ラーメン店の一軒、「直ちゃんラーメン」。住所を頼りに訪ねると、こぢんまりとした飲食店の一角に真新しいオレンジの暖簾。

間口は狭いが奥に長い長屋作りの店舗こそ、老舗の証。世代交代が上手くいったようで、創業50余年の割には店内で働く従業員は全て若者。チャキチャキと明るい接客が心地よい。

メニューはラーメンが「ラーメン」と「とりラーメン」の2種。注文を取りに来た店員に尋ねると、「ラーメン」が豚骨で「とりラーメン」が鶏ガラ清湯スープとのこと。ナニせ根っから鶏好きゆえ、とりらーめんに激しく惹かれるも、初ラ店はデフォルト、ラーメンをたのむ。

宮崎&鹿児島のラーメン店お約束の茶請け菓子ならぬ、出来待ちタクワンを囓っていると、ラーメンが運ばれてくる。トロンッとシッカリ白濁したスープに太もやし=オーソドックス宮崎豚骨。

おっしゃ喰らうぜっとレンゲでスープを一啜りすれば、あっさり軽やかな口当たりとともに、ふんわり広がる気持ちミルキーな甘み然り。そして麺はモチのロンで中太ストレート。硬くもなく柔らかくもなく、ほっくりと解けるコシも然り。そしてエラク旨いチャーシューに、太もやし独特の風味然り然り。Yes,korezo MIYAZAKI TONKOTSU janaidesukala~~!

直ちゃんラーメン
ラーメン550円
宮崎県日南市岩崎2-10−6
11:00〜15:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン69●チャンポン7●中華麺9●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:02 | Comments [0]

2014年05月09日 金曜日

●【中華麺】中華そば さくら@博多区美野島

居酒屋が昼だけ中華さば屋へ変身。んでも、コレがエラク旨い一杯を出すから驚き桃の木山椒の木。「豚ときくらげの玉子とじそば」は、他の麺同様に、やっぱりアレコレ&ガッツリ大盛り。

大量の玉子で寄せた結果か、豚肉を溶き玉子にくぐらせ焼いたピカタ・チックな豚肉&玉子に、キクラゲに、青梗菜に太もやし。ガチョ~ンと大盛りな太っ腹な具と、中太麺のプリプリと、それらを一体にまとめ上げる鶏ガラだし効きまくりの醤油スープの力強い旨み。いやはや旨い、うんうん我がツボ。おっしゃおっしゃ、次回は地鶏ミンチワンタン麺あたり啜ろうか!

さくら

汁麺メニュー制覇まで、あと4麺。

中華そば さくら
豚ときくらげの玉子とじそば650円
福岡市博多区美野島2-15-16
11:00~14:00・火曜&日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン68●チャンポン7●中華麺9●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:47 | Comments [0]

2014年05月08日 木曜日

●【中華麺】協和飯店@長崎県大村市

長崎空港にほど近い立地もあってか多くの芸能人が訪れる「協和飯店」。中でも福山雅治は4回も来店したとかで、休日には遠方からも福山ファンが訪ねてくるという人気の中華料理店。

福山雅治はチャンポンを食べるらしいが、地元客の一番人気は「ダル麺」。メニューに「ダル麺(中華丼風味)」とあるが正にその通り、醤油ラーメンに、豚肉やミンチ団子、玉葱、ニンジン、キクラゲ、ウズラの卵などの具を大量の卵でとじたトロリあんがてんこ盛り。かなり甘めの調味加減が、コレ正に長崎の中華料理でござい的味わい。

同行スタッフY内さんがたのんだ「みそ麺(みそ味)」も、その下に「炸醤麺」と記してあるのでてっきりジャージャー麺かと思いきや、醤油ラーメンに味噌味の肉あんとキュウリがのったオリジナル仕様と、オモロな麺料理満載。

【協和飯店】
ダル麺700円
長崎県大村市森園町1590-2
11:00~13:50&17:00~20:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン68●チャンポン7●中華麺8●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:33 | Comments [0]

2014年05月07日 水曜日

●【うどん】博多讃岐うどん@中央区渡辺通

全メニュー制覇 その三

「博多讃岐うどん渡辺通店」は、我が最愛暴れん坊うどん。不均等に極太で、麺線もよじれマクリのヤンチャうどんの、変化に富んだ啜り心地然り、噛み込むほどに踊るニッチリ強ゴシと豊かな小麦の風味がタマランタマラン。「冷やしカレー南蛮」は冷水で締めたままの冷うどんなので、温うどんでも十二分なコシが更にパワーアップ、ぐにっちりぃ、ぶるん、ぶりんっと口の中で踊る踊る!

あんは、揚げが具のカレーをうどんのスメで割り、片栗粉でとじて冷やしたもの。なので麺&あんとも冷製なのだが、カレーのスパイスも手伝って、ガツガツ喰らえば徐々に我が身体はヒートアップ。食べ終わる頃にはうっすら額に汗さえにじみ、ガッツリ喰った感満点で元気百杯。さぁさ午後からももう一仕事、ガンバンベェ!

博多讃岐うどん新

博多讃岐うどん新_冷

 

【博多讃岐うどん】渡辺通店
ごぼう天うどん450円
福岡市中央区渡辺通5-13-3
10:30~20:00・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン68●チャンポン7●中華麺7●うどん37●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:43 | Comments [0]

2014年05月06日 火曜日

●【うどん】うどん日和@中央区六本松

ソリャもうアッツ熱な口当たりと共に、ピリリと広がるスパイシーなカレーの風味と、その後味をキリリと締める醤油カエシ&魚介ダシの鯔背な旨み。この本格オリエンタルカレーと和スメのコラボ加減がタマラン我がツボ。

合わさるうどんも相変わらず風味豊か。細めながらもムッチリ解ける豊かなコシと、噛み込むほどに広がる小麦の風味。猛烈美味なカレー風味に負けることなく香り立つその小麦魂に、そりゃもうメロメロ。具は鶏そぼろに葱と必要最小限にとどめてある=うどんの味力が遺憾なく発揮される、コレぞ正にカレーうどんで御座い的一杯に天晴れ感服。

うどん日和
鶏そぼろカレーうどん700円
福岡市中央区六本松4-4-12
11:30~15:00&17:30~21:30(日祝は昼営業のみ)・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン68●チャンポン7●中華麺7●うどん36●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:37 | Comments [0]

2014年05月05日 月曜日

●【ラーメン】瓢@八女市黒木町

八女市内から矢部村へと抜ける国道442号線から住宅街へと入り込んですぐ、イイ感じにやれた外観と陽に焼けた電照看板が店の歴史を物語る。

「いらっしゃいませぇ~!」

最近新調されたのか真新しい赤のれんを潜ると、明るい笑顔に迎えられる。こぢんまりした店内には先客ナシ。正面に5席ほどのカウンター席の奥の厨房に、夫婦らしき中年男女。出前の大量注文が入ったのか、二人揃って手際よく餃子を包んでいる。

席に着き壁の高いところに掲げてあるメニューを見ると、ラーメンは「ラーメン」と「味噌ラーメン」の2種類。迷う事なく基本の「ラーメン」を頼む。

ほどなく差し出されたラーメンは、最初から紅ショウガとゴマがのって出てくるあたり、真性イニシエ。先ずはスープと一啜りすれば、まるんっと円やかな甘みと香り立つゴマの風味が、誤解を覚悟で例えるならば極上「うまかっちゃん」。合わさ中細麺もイイ感じにテロテロで、スープの絡みもすこぶる良好。紅ショウガとチト厚切りのチャーシューの塩気が好アクセント、優しい味わいに癒やされつつ、ズルズル啜る午後のシアワセ。

IMG_6138

黒木町名物、「駅前まんじゅう」の「肉まん」は、
もっちり旨い皮の奥に、肉あん&白菜漬け。
ザクザクとした歯ごたえと共に
酸味さえ感じる古漬け白菜の旨みがタマラン我がツボ。

【ラーメン瓢】
ラーメン500円
八女市黒木町桑原128-6
11:00~20:00・日曜休み(祝祭営業) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン68●チャンポン7●中華麺7●うどん35●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:06 | Comments [0]

2014年05月04日 日曜日

●【ラーメン】ドラゴンラーメン@熊本県熊本市

思いっきりイニシエ系の店構えに惹かれ「ドラゴンラーメン」。「中華そば」と染め抜かれた暖簾を潜ると、こぢんまりした店内には先客ナシ。店内左手が5席ほどのカウンター席に、右手が4人がどうにか座れそうな小上がり席。そして入り口左手の高い位置に14インチテレビからは「アタック25」が流れている。そして店奥の厨房からは昭和アイドル歌謡が漏れ聞こえる。ナニからナニまでトコトンイニシエ系な店造りだが、出てきた「中華そば」は一捻りある、いわばネオ・イニシエ系。

透明感ある醤油色のスープは、ほっくりと広がるダシの旨みを、焦がしニンニク油の甘みが優しく包む、もっこす滋味がググッと我がツボ。ふと今は閉店してしまったという「悠翔樹」@福岡市城南区の、あの滋味加減を思い出しつつ、もう一啜りさらに一啜り。

とココまではイニシエ気分なのだが、合わさる麺がナンとも新しい。店頭に掲げられた「手打ち麺」の看板は伊達じゃない。気持ち細めの中太ストレート麺は、ソリャもうスルスルな啜り心地然り、噛んだときのパキッ、もっちりぃなコシとヒキ然り、かなり研究し尽くされた感アリアリのイマドキ美味麺。

具のチャーシューもモッチリ旨いが、具は他にキクラゲのみと、絞り込んだ盛りつけが、再びイニシエ気分。ナンちゃナサげなれど、その実ナンちゃアリまくりの一杯に惚れ惚れ。コリャ是非とももう一つのラーメンメニューである「塩ラーメン」も啜ってみたひっ。

【ドラゴンラーメン】
中華そば550円
熊本県熊本市西区蓮台寺4-5-14
11:00~15:00&17:30~19:30・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン67●チャンポン7●中華麺7●うどん35●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 17:30 | Comments [0]

●【ラーメン】いっぷくラーメン@熊本県熊本市

ずっとずっと惹かれていたが、発売しばらくは夕方営業のみの提供で、なかなか啜れず仕舞いだった「いっぷくラーメン」の「山・マー・醤麺」。やっとこさアリツケル!と期待満々で出来上がりを待つ。

待つ事しばし、運ばれてきた一杯は、山盛りの太もやしとニンニクの茎をキャベツで丁寧に包んだ緑に、頂点に背脂の白、奥に大判海苔2枚の黒に手前は大判チャーシューの赤、に半熟味玉の紅白と、ソリャもうィヨコワケハンサムボーイ!

ほんじゃま、まずはスープと一口啜れば、醤油ダレがギュインッと踊るブラックな濃口醤油スープに、これまたブラックなマー油の香ばしい甘みがコラボするその味わいは、誤解を覚悟で例えるならば「好来」@熊本県人吉市をグインッと力強した旨みがビシバシ暴れる凶暴美味っ。

合わさる麺は中太平麺。するんっと口に収まりコキッと解ける強ゴシが激旨スープと対等に渡り合う。瞬間、オーション粉チックな無骨粉味かと思いきや、噛み込むほどに広がる自然な旨みが流石自家製麺自慢のいっぷくである。

具の茹で野菜のキャベツ比率高めが味わいに大きく貢献。バリバリと踊り、噛み込むほどに広がるアノ青味が濃い味スープと合いまくり。ホワイト背脂を多めに喰らえばグイッと甘み、海苔と喰らえばパリトロ磯の香、チャーシューと喰らえば、モチモチ肉旨っ。この手の一杯は往々にして大味に陥りがちだが、この一杯はキチンと計算された感ある、ある意味端正美味。さすがいっぷくラーメンが作る肥後もっこす二郎、出来る事ならチョクチョクガッつきたひっ。

【いっぷくラーメン】
山・マー・醤麺650円
熊本県熊本市南区田井島221-1
11:00~16:00&18:00~22:00(日祝11:00~22:00)・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン66●チャンポン7●中華麺7●うどん35●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:09 | Comments [0]

2014年05月03日 土曜日

●【ラーメン】名島亭@東区名島

先月半ばに改装リニューアルオープンした名島亭。GW後半初日も手伝ってか、今日も店頭には順番待ちの列。

以前より随分と長浜ラーメン寄りのニートな白濁スープは、スイッと軽やかな啜り心地の奥にコクっとフック感あるダシの旨み。キリリと締まり感ある小気味よい後味が、老練鯔背。麺は以前より若干太め?茹で加減を普通で頼むもコリッと折れるコシが無骨に素朴。

【名島亭】
ラーメン550円
福岡市東区名島2-41-7 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン65●チャンポン7●中華麺7●うどん35●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 20:35 | Comments [0]

2014年05月02日 金曜日

●【中華麺】杏仁荘@博多区博多駅南

「酸辣湯麺」の謎を探る その八

先月上旬に「月や」跡にオープンした「杏仁荘」は、開店間もないが、巷のブログで高評価の中華料理新店。万太郎.netによると、ゆくゆくは一品料理に定食なども出す予定だが、当面は中華麺のみでスタートとのこと。

8種ある麺メニューから迷う事なく「酸辣湯麺」をチョイス。ソリャもう熱々トロトロのスープは酸っぱさ&辛さはほどほどで、むしろ底味に甘みを感じる明快味。具は多め&あんでとじてあるが、溶き卵が入っていないし、タケノコもナシ。代わってコンニャクの薄切りが入っていたりと、オリジナル感ある味わいがオモロ美味。

どの麺にも白ご飯かミニデザートがサービス

【杏仁荘】
酸辣湯麺750円
福岡市博多区博多駅南4-17-6
11:30~14:30&18:00~22:30 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン64●チャンポン7●中華麺7●うどん35●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 16:04 | Comments [0]

2014年05月01日 木曜日

●【ラーメン】博多 松すけ@博多区住吉

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その二十九

先月オープンした「博多 松すけ」は、西鉄大牟田線沿線に居酒屋や焼肉店、ラーメン店を次々と展開する元気企業O.B.U Companyが手がける串焼きと水炊きの店。そのランチメニューの一品である「鶏らぁめん」は、トロントロン熱々なスープが、ソリャもうド直球鶏白湯でトレビアンっ。巷の鶏白湯ラーメンは、鶏ガラに魚介ダシをプラスしたWスープが多々あるが、この味わいは超鶏白湯。外連味は一切なし、我が天下と鶏ガラダシのポッタリ円やかなる甘みがひたすら旨い癒やし系滋味。

合わさる麺はかなり細めのストレート。密なるスープを絡め取りつつ、するるぅと口に収まり、むちっと解けるコシが小気味よい。具の鶏つくねもほろりと旨くてドンズバ我がツボ。そして半熟味玉もこれ以上トロトロに仕上げるのは不可能であろう超生感覚の黄身。もはやニラのアクセントある食味は不必要。ナンとも優し旨しな鶏鶏鶏ワールドな一杯に、メロメロのメロリンキュー。

夜は久方ぶりに「酒肆ちろり」。
「六十餘洲」のにごり酒を皮切りにアレコレ旨し酒の数々を飲み、
その酒の旨さを生かし切るアテをつつく極楽。

IMG_6105

そして〆は昼に続いて鶏気分。
で「麺道はなもこし」を訪ねも時既に遅し。
で結局薬局、大坂の鶏白湯ラーメン人気店
「ラーメン人生JET」監修の杯麺に溺れる鶏ビアン。

 

串と水炊き【博多 松すけ】
鶏らぁめん700円(単品)
福岡市博多区住吉1-2-82 キャナルシティ博多グランドハイアット福岡B1
11:00~24:00・年中無休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン64●チャンポン7●中華麺6●うどん35●そば5●その他6
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 05:38 | Comments [0]