HENO HENO: 2014年06月 アーカイブ

2014年06月30日 月曜日

●【ラーメン】博多きらら@西区豊浜

2年ぶりに啜る「博多きらら」は、前回とあまりにも異なる印象に、思わずドギマギ。

【博多きらら】
ラーメン550円
福岡市西区豊浜2-3-4
11:00~21:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン10●中華麺14●うどん48●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:25 | Comments [0]

2014年06月29日 日曜日

●【中華麺】佐藤商店@西区内浜

IMG_6542

今月オープンした「佐藤商店」。メニューは「焼きめし」、「ナポリタン」、「焼肉ビーフカレー」、「ハンバーグ定食」、「チキンソテー定食」に「牛肉のバター焼き定食」と洋食メニューオンパレードの中に、ナゼか「鶏中華そば」。(せ)ぐっさん情報によると「大将が洋食出身、20年ぶりに1人で仕切るお店だそうです。メニューはこれからかなり変わるそうですので、鶏中華そばが存続するかは微妙かもしれません」との事。コリャ速攻で啜っておかねばならんでしょう!

IMG_6541

待つ事しばし、運ばれてきた一杯は、イイ感じに濁った醤油色のスープに、具は茹で鶏モモ肉に、シナチク、白髪葱に青ネギと至ってシンプル。先ずはスープと一口啜れば、ふっくら広がる柔らかな甘みが純正鶏ガラスープ。外連味は一切なし、シナチクの独自の風味が微かに映る様もちゃんと見て取れる、シミジミ広がる素直なうま味がタマラン滋味。

そしてそして、合わさる麺もドエラク旨しっ。中太円形でスルルゥと口に収まる独自の触感然り、噛んだ時のモッチリ感然り、ドンズバ我がツボ。シャクシャクとシナチクもネギも旨い。茹で鶏チャーシューも素朴にGOODなれど、この一杯は本格チャーシューで啜ってみたひっ。

洋食屋さんのナンちゃって中華そばと思いきや、トンでも8分歩いて10分、十二分にチャンと旨い一杯が、価格もウレシイ480円。となればいっその事、湯麺やサンマー麺など、より本格仕様の中華そばも提供して欲しいぞぉ!

【佐藤商店】
鶏中華そば480円
福岡市西区内浜2-4-5 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン10●中華麺14●うどん48●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:03 | Comments [0]

2014年06月28日 土曜日

●【うどん】きた八@西区周船寺

JR周船寺駅から幹線道路へと出る手前に、イイ感じに遣れた外観。ずっと気になりつつも未食だった「きた八」は、午後2時前だというのにこぢんまりとした店内は満席状態。わずかに空いた席に滑り込みメニューを見るとアレコレ20種ほど。そして「※太うどんも選べます」の文字を見つけ、瞬間心揺らぐもナニせ初食、ゴボ天うどんを店一押しの細うどんでたのむ。と、すぐさま小皿でおからが供される。コリャ嬉しいサービスだと、つつきながら出来上がりを待つ。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんはゴボ天が小皿で別盛り。先ずはスメと一口啜れば、アッツ熱の口当たりとともに、キュインっとドライブするカエシの風味と、クイッとフック感あるダシのうま味。店の作りからてっきり甘系のほんわか味と思いきや、切れ味ある鯔背な味わいに思わずむふふと頬が緩む。

合わさるうどんはカナリ細め&エッジが丸まっている形状が、あたかも手延べうどん。どらどらと啜ってみると、すべすべと滑らかな啜り心地然りと、ぷりんっと踊る柔ゴシが、ナンとも楽し。なれど手延べうどんの食感ではないような。ひょっとしてコレは…?などアレコレ思いを巡らせつつ、揚げたてゴボ天のカリカリも楽しみつつ、ゆるゆる完食。

ああ旨かったと精算すると「今日はサービスデーなので50円引きの400円いただきます」。なんでもきた八の屋号に因み、8の付く日は全品50円引きなのだとか。ずっと気になっていたうどん屋にやっとこさ寄った日がサービスデーに当たるシアワセ。コレも麺神様のお導きかと心で手を合わせつつ店を出る。

夜は中学時代のプチ同窓会。大名の居酒屋で懐かし話に花が咲き散会後、〆はケイチでナシカタネギヤマ。久方ぶりの飲んだ後ケイチは、やっぱ素面ケイチより数倍旨いわっ!あぁ旨い、うははぁシアワセと、ウルトラ禁断の「カタい玉!」。あははヤッテもうたぁ、あれだけ飲んで喰った後なのにぃと、ニヤニヤと後悔しつつ替え玉も瞬食&スープも一滴残らず完飲する背徳の快感。

【きた八】
ごぼう天うどん400円(8の付く日サービス価格、通常は450円)
福岡市西区周船寺1-11-26
11:00~21:00・火曜休み Pあり

【元祖ラーメン長浜家】
ラーメン450円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜7:00~9:00が清掃閉店)  Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン10●中華麺13●うどん48●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:14 | Comments [0]

2014年06月26日 木曜日

●【中華麺】福寿飯店@早良区南庄

「福寿飯店」の名物メニュー「打る麺」は、チャンポン麺に中華のあんとじスープをかけた、いわば中華丼のチャンポン版。アッツ熱のあんとじスープが、ポワンポワンのチャンポン麺にトロットロに絡み、ソリャもう旨い旨いっ。具も野菜に豚肉、キクラゲに溶き卵と、食感&味わいのハーモニーがナンとも楽し旨し。

今やシンプルな豚骨ラーメンでさえ600円オーバーが珍しくない時代に、コレだけ旨くて&量もてんこ盛りで価格はウレシイ650円。大衆中華名店の心意気に感謝感激雨霰。

【福寿飯店】
打る麺650円
福岡市早良区南庄2-5-7
11:30~14:00&17:30~22:00・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン10●中華麺13●うどん47●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:26 | Comments [0]

2014年06月25日 水曜日

●【中華麺】大名ちんちん@中央区赤坂

今年も来ました、「冷やしサンラー麺」の季節が!
ヒャッこい!けど、(ピリ辛HOT+爽やかな酸味)×ダシの旨み。韓国冷麺のスープの中国版的味わいの冷スープに、シュルシコッと爽快冷や麺。かつ、肉みそのうま味とモヤシとニラとサラダ菜のシャキパリッ!にゴマのプチプチに、半熟玉子のトロ甘っ。コレ正に夏冷麺名作の一杯だなぁと感服満腹。

大名ちんちん
冷やしサンラー麺:680円
福岡市中央区赤坂1-7-27
11:30~22:30・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン10●中華麺12●うどん47●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 14:22 | Comments [0]

2014年06月24日 火曜日

●【ラーメン】s福一ラーメン@那珂川町道善

午後3時前に遅い昼麺。が、お目当てのラ店は既に午後休憩タイムで閉まっている。ならばかねてから気になっていた「s福一ラーメン」だ。

恐らく福一ラーメン@南区花畑のチェーン店なのだろうが、店頭の看板は脱力系の手書きで、しかも「福一ラーメン」の前に謎の「s」の文字。

巷の麺ブログによると、かねてからこの地で営業していた「道善福一ラーメン」が6~7年前、改装オープンしたのだとか。コジャレた感ある店内は目一杯アイドルタイムなのに、先客2名。改装前からの常連客なのか?

席に座り壁に掲げてあるメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで7~8種、福一ラーメン名物の「岩のりラーメン」もある。価格も基本のラーメンが500円と納得価格、我が好物のシナチクラーメンをたのむ。

注文を受けカウンター奥の厨房で、店主らしき中年男性が調理を始める。釜に麺を投入し、ドンブリに化調とタレを入れスープを加える。そして釜の前で麺の茹で加減をしばし注視した後、チャッチャッチャッ、と平笊で揚げ、ドンブリへ。一切無駄の無い、チャキチャキとした仕事ぶりに、惚れ惚れ。

そしてカウンター越しに差し出されたラーメンは、スープ表面の脂がチト多めだが、イイ感じに透明感を残す見た目に、旨さを確信。レンゲで一啜りすれば、見た目より脂感なナシ、瑞々しい甘みがシュワッと広がるこの味わいは、ドンズバ我がツボっ。

合わさる麺は細めの中太麺。イイ感じに柔らかめに揚げられていて、スープとの絡みがすこぶる良好。嚙んだときのモチッとテロテロ感含め、どこか佐賀ラーメン的郷愁そそる、昭和美味。加えてシナチクのシャクシャクとゴマのプチプチ。ナンちゃナイけどナンだかおご馳走な食味に、旨旨ウハウハ。で、禁断の替え玉コールをしてもうたぁ。

【s福一ラーメン】
シナチクラーメン600円
福岡県筑紫郡那珂川町道善1-35 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン10●中華麺11●うどん47●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 14:45 | Comments [0]

2014年06月23日 月曜日

●【うどん】花そう@西区姪の浜

ググッと気になっていた「花そう」の「ワイド麺」。超久方ぶりに訪ねると、「ワイド麺」は「カレーうどん」でのみチョイス可能なのだとか。ならばソレでお願いしますと待つ事しばし、運ばれてきたうどんは想定外の鍋焼きタイプ?!

「熱々ですから十分お気をつけください」との忠告に従い、取り分け皿に麺とスープを取り分ければ、幅2センチ×厚み2ミリほどの超扁平うどんに、一般的なカレーよりカナリ黄色寄りのスメ。デハデハと、スメを一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに円やかに広がる甘みと微かなスパイシーさと、ふわりと後追いで鼻へ抜けるダシの風味。まさかココナッツミルクを使っているのだろうか?この甘系なカレーうどんは初体験だが、イヤこれ、エラク旨いっ。

そして合わさる超扁平うどんが、コレまたGOOD!スルルぅと独自の啜り心地然り、超扁平の効能か、その啜り心地から期待する以上のニッチリとしたコシと、プリリンなヒキ。さらに多めの牛スライス肉に、揚げナス、揚げ山芋、揚げシメジに、プチトマト、ブロッコリーと、てんこ盛りの野菜の、それぞれの食感とうま味。いやぁ、コレご馳走だぁ。コレだけ旨くて、コレだけ食べ応えあるなら750円も十分に納得価格。

開店して13年経ち、十二分に発達発展した美味うどん店になっていたんだなぁと感慨ひとしお。うん、ならば近々再訪し、アレコレうどんを楽しいたひっ。

晩飯はコレまた超久しぶり、7年ぶりに「うどん吉」でかつ丼。
大振りカツをサクッと揚げ、多めのツユと玉子でとじた
ツユダクな一杯は、サクサク、ジューシー、腹一杯。

 

【花そう】
カレーうどん(ワイド麺)770円
福岡市西区姪の浜4-13-20
11:00~15:30&17:30~22:00(日祝 ~21:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン10●中華麺11●うどん47●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:14 | Comments [0]

2014年06月22日 日曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

創作ラーメン名人「行徳家」の新作は、夏夏夏夏ココッ夏。注文が入ってから焼かれる焼きナスに、新生姜の針生姜と、味山椒の粉末に、厚めの削り節が盛られ、スープはキュインっと醤油ダレな、LIKE A SOBA。

行徳家

焼き茄子、実山椒、新生姜のラーメン750円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン10●中華麺11●うどん46●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 23:44 | Comments [0]

2014年06月21日 土曜日

●【うどん】大地のうどん@博多区博多駅前

昨今の薬院~博多駅一帯は、オモロ美味うどん屋沸騰地帯。アチコチに個性的なうどん屋がオープンしてるが、その先駆けの一軒が「大地のうどん」。北九州市が本拠地の独自製法の美味うどん集団「豊前裏打会」の福岡市進出一号店として、西区上山門に出店。住宅街のはずれの裏通りとナンとも辺鄙な立地なれど、休日の食事時は行列必至の人気店が、昨年秋、博多駅前のビル地下2階に支店をオープン。

店頭ポスターのコピー、「美味い、安い、遅い」は伊達じゃない。客の注文が入ってからうどんを茹で、天ぷらを揚げるから「遅い」が、「美味い」し「安い」!

ずっと惹かれつつも未食だった「かき揚げうどん」は、豊前裏打会名物の巨大フリスビーごぼ天に勝るとも劣らぬドデカかき揚げがドンッ!そして更にその上に、海老の姿揚げがドンドンッと大盤振る舞いで、価格は驚きの480円?!

先ずはスメと一口啜ればソリャもうアッツ熱の口当たりともに、豊かに広がるダシの旨み。あははぁ、やっぱ旨いね大地のスメは!とうどんを啜れば、おやおや、随分と力強さを増した男前うどんでないのぉ?!裏打会ならではの、しなやかなモチモチ感にプラスして、クニクニ、ムッチリなコシがナンとも楽し旨しっ。

そして豪華かき揚げの半端ない旨さ。揚げたて熱々サクサクの野菜の様々な食感と味わいが、口の中で踊る唄う。プラス、えび天のカリッとプリプリな甘み。あはは旨いなぁ、こりゃタマランなぁと、衣が溶け出し甘くなるスメの味わいの変化も存分に楽しみつつ、一気完食。

IMG_6497

立川志らくの「博多四季の会」。
2014年6月のゲストは同門の立川談笑。
古典落語を現代の娯楽として再構築する改作落語の名人。
商家の主人が3人の息子のひとりに店を譲るにあたり、
それぞれの金銭感覚を試すために、
自分が死んだらどんな葬式をするか?とそれぞれに問う「片棒」を改作、
息子達をそれぞれゲイ、ヤク中、ユダヤ人に設定し、
痛快に笑い飛ばす軽快な話術に抱腹絶倒。

 

<<備忘録>>

桂文枝 独演会
2014年5月25日 飯塚嘉穂劇場

桂三語 「たぬさい」
桂三若 不明
桂文枝 「ぼやき酒場」

仲入り

桂三枝 「友よ」

 

大地のうどん】博多駅ちかてん
ごぼう天うどん450円6
福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビルB2F博多うまかもん通り東端
11:00~16:00&17:00~21:00・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン90●チャンポン10●中華麺11●うどん46●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:45 | Comments [0]

2014年06月20日 金曜日

●【ラーメン】天郷食堂@熊本県合志市

熊本市の東隣、合志市の熊本市内へと向かう路面電車の始発駅である御代志駅の道向かい。ナンともイイ感じに遣れた外観が、何となく「来々軒」@福岡県宮若市と似ているなぁと「天郷食堂」。

外観同様、昭和を感じる店内は先客2組。入り口高い位置のテレビの横に掲げてあるメニュー札はラーメン、チャンポン、うどんに、ドンブリと、食堂的ラインナップ。そして、年配女性が注文を取りに来たすぐその後に、もう一人、更に年配の女性が「いらっしゃいませぇ」と満面の笑顔でご挨拶。二世代の家族経営なのかと思いつつ、「ラーメン350円」をたのむ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンを見て、あらビックリ!イイ感じに澄んだ豚骨スープが入店時にふと思い出した来々軒@宮若市のそれと、ソックリだぁ?!コリャなんたる偶然か?と一啜りすれば、ふわりと広がるダシの旨みと、その味わいの輪郭をキッチリ描き出す塩気強めのタレとの塩梅が、コレまた来々軒に似ている似ている。そして更に気持ち太めの麺の食感も相通じる物を感じるなぁ。全く予期せぬデジャブな旨さ、あぁだから麺食べ歩きはヤメラレナイ!

【天郷食堂】
ラーメン350円
熊本県合志市御代志1739-7
10:00〜21:30・2nd&4th日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン90●チャンポン10●中華麺11●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km
Posted by heno at 13:21 | Comments [0]

2014年06月19日 木曜日

●【ラーメン】弐の心@南区弥永

先月オープンした「弐の心」。福岡新ラ店情報王ブログでその存在を知り、惹かれていた店だ。住所を頼りに訪ねると、南区弥永の住宅街の一角に真新しい黄色のテント。屋号の上に書かれた「製麺所直営」の文字にグッときつつ店内へ。

コレまた真新しい赤い暖簾を潜ると、午後1時前の店内は先客1名。旨そうにホルモン定食を突いている。カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンは醤油豚骨と塩とんこつの2種。加えて「オーストラリア産の最高級小麦粉を使用」など、製麺に対する蘊蓄書きも。「豚骨ラーメン好きの方は是非」とのキャッチコピーに惹かれ、塩とんこつを頼む。

カウンター奥の厨房でチャキチャキと仕事をこなす若い女性と、入り口右手に置かれたモニターで再生されるディズニーアニメの白雪姫を見るとはナシに見つつ待つ事しばし、カウンター越しに差し出された塩とんこつは、イイ感じに白濁したスープに旨さを予感。ならばとレンゲで一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりとともに、ほっくりと広がる豚骨ダシの素直なうま味。

合わさる麺は、箸で摘まんだ感が、ズシッと重量感ある中細麺。その摘まみ感に旨さを確信しつつ、ズルルゥと啜れば、スラスラとした啜り心地然り、むっちりぃぃ、むちんっと解けるコシ然り、ナルホド「製麺所直営」を唄うだけの事はある力作美味。一見ナンちゃナサそうで、その実チャンとナンちゃある、誠実滋味。タダならぬ味力溢るる地味豚骨新店にメロメロ。

【ラーメン弐の心】
塩とんこつ500円
福岡市南区弥永1-34-3
11:00~15:00・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン89●チャンポン10●中華麺11●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 05:56 | Comments [0]

2014年06月18日 水曜日

●【ラーメン】博多ラーメン西新亭@早良区西新

IMG_6475

今月上旬、かつて「未羅来瑠亭」が営業していた店舗にオープンした「博多ラーメン西新亭」。ナンでもイマドキ320円のラーメンを出していて、しかも結構旨いと、アチコチの麺ブログで高評価。コリャ楽しみだと訪ねると、店頭には白い暖簾。未羅来瑠亭に、未羅来瑠亭退去後入居した「いっぽう」も黄色の暖簾だっただけに、ナンだか違和感バリバリ…。

暖簾を潜ると、午後1時過ぎの店内は先客ナシ。パートらしき女性店員が仕事を終え、カウンター奥でラーメンを啜っている。店の作りは未羅来瑠亭~いっぽうの頃とマンマ同じ。ならばと入り口右手の冷水機から水を汲もうとすると、その横にはナンと食券販売機?!

この店に食券販売機は似合わないなぁとボタンを眺めると、一段目筆頭から「マヨチャーシュー丼セット」、「明太子丼セット」、「餃子セット」と続く。そして二段目筆頭に「ラーメン320円」。モチのロンでラーメンのボタンを押す。

IMG_6471

うぬぬぅ、もしかしてぇ……??

ほどなく差し出されたラーメンは脂たっぷりだが透明感を残す黄色のスープに、表面に浮かぶ細かなアク。そして具はチャーシューに葱に、キクラゲ。ナンだか見た目がエラク似ているぞぉ……???コリャひょっとして、と期待ウキウキで一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともにスイッと広がるオイリー&瑞々しいダシの旨み&ほわんと香り立つ甘みと、その味わいの輪郭をクッキリと描き出す、気持ち塩気強めのタレ。

おぅおぅおぅおぅぅぅ、やっぱ似てる、かつての未羅来瑠亭に!!

チト塩気が強すぎるきらいはあるも、味わいのベクトルは限りなく往年の未羅来瑠亭テイスト。ならば麺は?とはやる気持ちを抑えつつズルルと啜れば、カナリ細めの中太麺の素直にプリンと踊る素麺チックなコシは、かつての未羅来瑠亭とは全く異質。コレはコレで十分旨い。が、このスープはゴリブリと暴れん坊な未羅来瑠亭タイプの麺で啜りたひっ。

この場所での営業を終え、平尾で移転オープン&閉店し、現在はココから300mほどのところで営業している未羅来瑠亭だが、醤油ダレがカナリ強めの醤油豚骨よりの味わいにスイッチした。が、創業店舗跡に新規オープンした一杯が往年の味わいを再現するとは、なんたる因果。

カウンター奥の厨房で調理するのは如何にも雇われたらしき若者。真の経営者はもしかして……?!コリャ近々確かめねば。

【博多ラーメン西新亭】
ラーメン320円
福岡市早良区西新4-9-17
11:00~23:00(金土祝前日~26:00)Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン88●チャンポン10●中華麺11●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 20:43 | Comments [0]

2014年06月17日 火曜日

●【ラーメン】田の久@佐賀県唐津市

久方ぶりに啜る「田の久」は。骨髄感さえ感じる濃密ダシと脂の甘味が織りなす、相変わらずのメガトン・ド豚骨。おっしゃならばと、胡椒と紅ショウガをドカンと盛って、ズルズル、ガツガツカッ喰らい、禁断の替え玉コール。昔は佐賀ラーメンで替え玉を出来る店は、ここ田の久ぐらいだったよなぁなどプチ哀愁に浸りつつ、コレまた瞬食。さぁさ午後からももう一仕事、ガンバンベェ。

【田の久】
チャーシュー麺650円
佐賀県唐津市石志3274-1
11:30~16:00・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン10●中華麺11●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:37 | Comments [0]

2014年06月16日 月曜日

●【チャンポン?】名島亭@東区名島

4月半ばのリニューアル・オープンに合わせ発売された「名島のチャンポン」。ナニせイニシエ系名店ゆえ新発売のチャンポンもノーマルかと思いきや、運ばれてきたドンブリには、キャベツや赤カマボコなどチャンポンお約束の具の他に、干し海老や貝柱に加え、コチジャンらしき辛味噌までのっているではないかぁ?!そしてそして、麺はナンとラーメンと共用らしき中細ストレート??!!

たまたまカウンター席で隣り合わせた若者は常連客のようで、カウンター越しの厨房から店主が親しげに語りかける。「昨日まで河原さんが来とったんよ、一風堂の河原さん。言わんかったっけぇ?先々月からウチは一風堂とコラボしとったい。明るい未来を目指さなイカンと思ってね」。老舗の新たな一歩に幸多き事を祈りつつ、店を出る。

【名島亭】
名島のチャンポン650円 ※15時から販売
福岡市東区名島2-41-7
11:00~21:00・水曜休み  Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン10●中華麺11●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 18:00 | Comments [0]

2014年06月15日 日曜日

●【中華麺】蓮双庭@博多区博多駅東

父の日孝行、五目中華麺好きの父を祝おうと「蓮双庭」。中華の鉄人・脇屋友詞プロデュースの高級中華店だけに「五目スープ麺」が1,200円とエラク高価だが、具も豪華で味も父の口に合ったようで大満足そうな笑顔がナンとも嬉し。

我が頼んだ「アサリとごぼうのスパイシースープ麺」も1,190円とtoo expensive!なれど、コレでもかと効きまくったアサリのダシの旨み+ニンニク風味+唐辛子などのスパイスの辛みが、どこかコリアンで、やっぱりチャイニーズな豊かな味わい。中細麺のシュルル、ホクホクに、ゴロゴロ入ったアサリのモッチリ、薄切りゴボウのジャキジャキに太もやしのシャキシャキと、様々な食味の織りなす味わいのコラボにうっとり。

料理の味もさることながら、感心したのが接客サービス。腰の曲がり背もたれに椅子に座りづらそうにしている父へ、背に当てる座布団をさっと持ってきてくれたり、担々麺を食べ汗をかきまくっている息子へ素早く冷水をサービスしてくれたりと至れり尽くせり。麺で最安で890円と確かに高価。なれど、料理は旨いし接客も完璧、しかも店造りが広いし、建物に隣接して駐車場も完備しているので、脚の不自由な父を連れてきやすい。おっしゃ、今度から家族のお祝いの食事は、ここ蓮双庭で決まりっ。

蓮双庭
アサリとごぼうのスパイシースープ麺1,190円
福岡市博多区博多駅東2-7-27 TERASO 2F
11:00~22:00・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン9●中華麺11●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:12 | Comments [0]

2014年06月14日 土曜日

●【うどん】麺や よし田@中央区伊崎

「ジュワァ~、ジュワジュワ~」

圧力釜を水で冷却する音が、うどんの茹であがりを知らせる。師匠店である「ほり野」直伝の圧力釜揚げモッチモチ餅うどんこそ「麺や よし田」の味力。スパイシーなカレーをうどんのスメで溶いたカレーうどんは、そんなうどんの旨さが遺憾なく楽しめる逸品。アッツ熱のカレーすめが絡むうどんを、ハホハホ、もっちもちぃ、ヒリヒリと。額から首筋へとにじむ汗を拭き拭きカッ喰らえば、巷の暑さなにするものぞ、気分爽快シアワセ一杯。

【麺や よし田】
カレーうどん680円
福岡市中央区伊崎4-11
11:00〜15:30&17:30〜21:00・火曜休み(祝日の場合は翌日)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン9●中華麺10●うどん45●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:52 | Comments [0]

2014年06月13日 金曜日

●【そば】山乃茶屋@福岡県東峰村

半年かかった大仕事がやっとこさ完了し、息抜き代休。早朝からWカップ初戦をテレビ観戦後、超ウルトラ久方ぶりにくじゅうへ登る。牧ノ戸から急坂をキュキュッと上れば、今が旬のミヤマキリシマ。ゆっくりペースで景色を楽しみ、星生山頂を踏むショートコースの3時間。いやぁエエねぇ、楽しいねぇ、山歩き。

くじゅう牧ノ戸への道すがら、「山乃茶屋」@東峰村小石原でブランチ麺。コレまた今が旬の「山菜蕎麦」をズルズルと。うどんも真っ青な超ぶっとい挽きぐるみ黒蕎麦をワサワサ、ボリボリ啜りつつ、ワラビやタケノコ、シイタケを囓りつつ、干しシイタケらしきダシの効きまくった熱々ツユを啜るシアワセ。

夜はコレまた超久しぶりに「ひさご」@那珂川町。豚骨×魚介らしきダシがほっこり旨いこの味わいこそ、博多流中華そば。麺のゴリゴリとしたコシも然りだが、このドエラク美味スープはお江戸仕様の中太モチモチ麺で喰らいたひっ。

【山乃茶屋】
山菜そば750円
福岡県朝倉郡東峰村大字小石原1111-1
8:00~17:00 定休日  木曜日

【ひさご】
ラーメン530円
福岡県筑紫郡那珂川町松木2-2-1
11:30~15:00&17:00~21:00・水曜休み Pあり
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン9●中華麺10●うどん44●そば8●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 10:06 | Comments [0]

2014年06月12日 木曜日

●【ラーメン】心生麺商人@熊本県熊本市

ドロンとど迫力に黒ずんだ見た目は伊達じゃ無い。一口啜れば、バチンッと繰り出すメガトン煮干しパンチ炸裂。4種類使っているという煮干しのうま味がベースだが、半端ない量を使った結果か、キンキンと暴れ回る金気と酸味と、すぐその後を追ってくる豚骨らしきマイルドなうま味のせめぎ合いが、くふふぅぅ~~、タマランうっうっ旨いっっ!!!

合わさる麺も抜かりなし。気持ち太めの中太麺は良い感じにテロテロヤワヤワで、猛烈スープを懐深く受け入れて、己の旨さへと昇華させる。さらにチャーシューにシナチクと盛り合わせる具もパーペキ美味だし。

巷に溢れる濃厚魚介豚骨とは全く異質&異次元の感動美味。間違いなくダメなヒトには絶対ダメだが、好きモンには猛烈ハマリ系な超個性溢るる一杯に、まだ半年経たないが、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2014年・麺大賞」否豚骨 of the yearはこの一杯で決まりだなっ!

熊本ラーメンより筆頭に津軽ラーメン。前回は3タイプあったが、スープや麺をバージョンアップした結果、2タイプにシェープアップ。うん、次回は煮干し中華そばを再食だっ。

心生 麺商人
極にぼとんこつ730円
熊本県熊本市中央区出水3-4-18
11:30~14:30&18:00~21:00 不定休(店blogで告知) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン86●チャンポン9●中華麺10●うどん44●そば7●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 20:52 | Comments [0]

2014年06月11日 水曜日

●【ラーメン】しばらく@西区福重

FCのはずなのに、イロイロ。博多ラーメンの老舗の一軒「しばらく」は、先代が元気だった30数年前になるか?FCを募る看板を店頭に掲げて営業していた。そして2代目が後を継ぎ、あの横浜ラーメン博物館にも出店と、ブイブイいわせ、福岡市内にもアチコチに「しばらく」の屋号を許された店舗が増えた。が、コレまた見事に店ソレゾレにソレゾレの味。

そんな一軒、しばらく福重店は我にとってBESTしばらく。元気いっぱいの接客が象徴的、アッツ熱のスープは差し出されて間もないのに、表面にコラーゲンの膜が張る様は本格仕込みの証。一口啜れば、あっさりと軽めの口当たりなれど、クイッとフック感ある豚骨ダシの風味が、ブラボー美味。

合わさる麺がコレまた独創的。中太ストレートながら、嚙んだ瞬間はぽわんっと軽く踊り、むにふにふぬぅと不思議食感で踊る。卓麺に絡まる卓上に置いてあった摺ゴアの粉っぽい口当たりも相まって、重奏食感のラビリンスに、我が麺煩悩はもうクラックラっ。いやぁ旨いっ、コリャたまらんっ!とズビズビ、ズバズバ、パパパヤァ~と一気完食。

【しばらく】福重店
ラーメン450円
福岡市西区石丸4-48-3
11:00~22:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン85●チャンポン9●中華麺10●うどん44●そば7●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 20:55 | Comments [0]

2014年06月10日 火曜日

●【そば】天ぷらうどん@中央区唐人町

「天ぷらうどん」で初食の蕎麦は、てっきり茹で置きかと思いきや、ナンと揚げたて!シュルシュルと小気味よい啜り心地と、サクッと解けるコシがナカナカ鯔背。気持ち甘めのしっかり味のスメに、山盛りの薄切りごぼう天と葱も相まって、がっつり旨い食味がライトな二郎。

熱心なファンが多い天ぷらうどん。今朝も開店直後から続々と客が来店。そのほとんどが「ごぼう天うどん」か「野菜天うどん」をたのみ、卓上に置いてあるキムチを小皿に取る。

天ぷらうどん名物の取り放題キムチの入った壺は、長いカウンター席に点々と置かれているが、我が座った席には「明太子キムチ」と「キンピラゴボウキムチ」の2つの壺。確か他にも「納豆キムチ」と「カレーキムチ」があったはずだが?とカウンターを見渡すと、厨房向かって右端にカレー、左端に納豆キムチが入っているらしき形状の壺を視認。おっしゃならば、次回は「山かけうどん」をカウンター左端の席で!

【天ぷらうどん】
ごぼう天そば450円
福岡市中央区今川1-3-2
11:00~25:30 Pなし(コインP料金を領収書で精算)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン9●中華麺10●うどん44●そば7●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:00 | Comments [0]

2014年06月09日 月曜日

●【中華麺】苗老太@早良区西新

西新のビル1階食堂街に一昨年オープンした「苗老太」。中国人の料理に人が作る中華定食が人気のようで、アチコチのブログで高評価の店。今日も昼1時過ぎだというのに広めの店内は大盛況で、客のほとんどは中華定食を食べている。

定食メインの店なので、汁麺は担々麺とワンタンメンの2種のみ。迷わず頼んだワンタンメンは、ワンタンに加え、恐らく担々麺用の流用か?肉みそがのっっている。

淡く白濁したスープはゴマ油の風味が映えるシンプル淡味。合わさる麺は中細ストレート。スルルと唇を擽る啜り心地然り、ほっくり解けるコシ然り、淡味スープと相性抜群。ワンタンも具がみっちり入った大振りで、具と言うよりおかず。ゴロゴロと5つも入ったワンタンをおかずに、淡味ラーメンを食べる。なので、濃い味肉みそは我には不要。次回は肉みそ抜きでお願いするか?いやいや肉みその味わいが遺憾なく発揮されるであろう担々麺か??

【苗老太】
ワンタンメン650円
福岡市早良区城西3-21-27 美食街B-dish 1F
11:00~15:00&17:00~23:00・木曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン9●中華麺10●うどん44●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:50 | Comments [0]

2014年06月08日 日曜日

●【うどん】丸亀製麺@東区原田

今年も季節到来、「丸亀製麺」の夏季限定メニュー冷やしかけうどんの「すだちおろし冷やかけ」を啜る。ひゃっこいうどんをひゃっこいかけ汁で啜る冷やしかけ、すだちの酸味とおろし生姜の辛みがキリリと涼味を応援。なれど、肝心要のうどんがチトのび気味か?直営多店舗展開の丸亀製麺だが、どうやら店ごとに味わいにバラツキがあるような……。

【丸亀製麺】福岡原田店
すだちおろし冷かけ340円
福岡市東区原田3-7-39
11:00~22:00・年中無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン9●中華麺9●うどん44●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 11:56 | Comments [0]

2014年06月07日 土曜日

●【ラーメン】けん翔@東区多の津

CAR & NOODLEでその存在を知り、気になっていた「けん翔」。住所を頼りに訪ねると、昨年10月末に流津センターの一角に、茶色と生成りの2食の暖簾と手書きの看板と、ナンとも手作り感溢れる外観。

暖簾を潜るとカウンター席のみ8席ほどの横長の店内には先客ナシ。この場所で土曜で14時過ぎなので、当然か。壁の高い位置に貼られている手書きのメニューを眺めると、ラーメンは「ラーメン400円」と「拳ラーメン500円」の2種。カウンター奥の店主に尋ねると「ラーメン」が豚骨×鶏ガラのWスープで「拳ラーメン」は100%豚骨とのこと。瞬間迷うも、初ラ店は基本メニュー、ラーメンを頼む。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、厚切りのチャーシューと大きめに切られた白葱が印象的。まずはスープと一啜りすれば、ほわんと広がる、あたかも鶏白湯チックな鶏の甘みと豚骨のコク。外連味は一切なし、ダシの旨みでド直球勝負の味わいに、一口惚れ惚れ。

合わさる麺は細めの中太麺。するりと口に収まる啜り心地然り、ぷりんっと踊るコシ然り、コレまた我がツボ。大切りの白葱も、鶏白湯チックなスープなら大正解。シャクッとした食味と仄かな辛みが、スープの甘みを際立たせる。厚切りチャーシューもモッチリ美味。なれどカナリ濃口のチャーシューダレが、徐々にスープに映る様がチト残念。この美味スープはストレートに楽しみたいぞっ。

兎にも角にも、コレだけ旨くて価格は400円。しかもチャーシュー抜きの「素ラーメン」なら300円?!ならば次回は素ラーメン!いやいや純豚骨「拳ラーメン」か!?

IMG_6403

夜は九州無農薬新鮮野菜【Qvege】のお取り寄せ野菜。今が旬の新じゃがが「インカの目覚め」、「ノーサンルビー」、「シンシア」、「きたあかり」の4種類。オリーブオイルでガーリック炒めにしてカッ喰らえば、それぞれのホクホク感やネットリ感に、異なる甘み。最近とみに野菜に首ったけ、魚や肉より旨い野菜っ!あはは旨いねコリャ旨いとワインもガブ飲みしつつ更ける夜のシアワセよ。

けん翔
ラーメン400円
福岡市東区多の津1-13-1
11:30〜20:00・日曜休み
Pなし(店舗向かって右手のコインPが30分無料)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン9●中華麺9●うどん43●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 14:09 | Comments [0]

2014年06月06日 金曜日

●【ラーメン】陽向@熊本県嘉島町

昨年の11月にオープンした「陽向。若き店主は「龍の家」出身で「いちげん」@佐賀県川副町の知人とのこと。住所を頼りに訪ねると、想像していたより随分と広めの店内は、午後2時前とは思えないほどの賑わいブリ。

「いらっしゃいませぇ~!お二人様ですかぁ?テーブル席へどうぞぉ!」

如何に新人研修マニュアルに書いてありそうなサービスを受けつつ着席すればナルホド龍の家出身、卓上には辛子太もやしと辛子高菜の壺が置いてある。

ほどなく運ばれてきた「ラーメン600円」のスープは、良い感じに茶褐色の、器ギリギリつゆだくな見た目然り。そして啜った時の瑞々しくもコクもある豚骨ダシの食味然り。コレって限りなく、いちげんベクトルな味わいでないのぉ。

同じ豚骨ラーメンでも、しっかり白濁&ニンニク風味&具だくさんの熊本ラーメンとは明らかに異なる、佐賀豚骨ラーメン的この味わいは、熊本の人々にとっては黒船到来的目新しい豚骨味なのでは?開店半年ですっかり受け入れ、かつ支持されている感ある店内の賑わいに感服しつつ、ついつい禁断の替え玉コール。そう言えば、替え玉は熊本にも、佐賀にも無いよねぇ~など思いつつ、がっつり喰らえば元気百倍。

【陽向】
ラーメン600円+替え玉100円
熊本県上益城郡嘉島町鯰1804-1
11:00~15:00&18:00~23:30(土日祝は17:00~)・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン83●チャンポン9●中華麺9●うどん43●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:20 | Comments [0]

2014年06月04日 水曜日

●【チャンポン】高砂かい乃@中央区高砂

ナンつったって、「鶏白湯スープ」って言うじゃないっ?(←えっ、それ誰でしたっけぇ?的ギター侍調で) オープンして半年、アチコチのブログで高評価&スープは鶏白湯とのこと。CWSフェチ(=Chichen White Soupフェチ=鶏白湯好き)な我、往々にしてチャンポン専門店の多くは鶏白湯スープなのだが、鶏白湯と改めて文字にされると啜らんわけにゃイカンでしょうっ?!

夜は居酒屋的営業のようだが、ランチ営業は至って潔く、メニューは「ちゃんぽん」、「大盛りチャンポン」と2トップ。で、迷わず頼んだちゃんぽんは、気取ったところが一切ない、力石徹的両手ぶらりんノーガードな真正直美味。

まんずもってスープが旨い。ドーピング系のイカガワシイ調味料の存在は一切感じない。が、とてつもなく素直に甘いその味わいが、店主の実力をものがたる。ガチッととられた鶏白湯に昆布メイン?な魚介だしの滋味なるうま味が映え、ナンとも滋味派手美味。

合わさる麺もポワン&にっちりな食味がお見事。加えてナンとも絶妙なる加熱具合の野菜の具。キャベツと太もやしのシャキシャキ、なれど十二分にうま味を引き出した加熱具合が半端なくお見事。麺と具のナンとも極楽な食味&うま味のコントラストを思う存分楽しみつつ、ガッツガツと一気完食。

【高砂かい乃】
チャンポン700円
福岡市中央区高砂2-12-29
11:30~14:00&18:00~23:00・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン82●チャンポン9●中華麺9●うどん43●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 13:24 | Comments [0]

2014年06月03日 火曜日

●【うどん】岡崎さんのうどん

IMG_6383

ナンと超ラッキーな巡り合わせ、全くもって思いがけなく、岡崎さんが打つうどんにありつけるとは。超久しぶりに啜るも、やっぱコレコレ、うんうん旨いねタマランねぇ。

ビチッと角が立った男前で、一見ツルツルコシコシタイプのようだが、さに非ず。啜った時のヌラリ感然り、噛み込んだときのサクッ&ムチっ&ぷにんっな三段ゴシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な小麦のうま味然り。艶っぽく、かつ男気もあって、母性もある。うん、やっぱこのうどんは岡崎さんしか作れない。

IMG_6370

10年前、早良区野芥の裏通り。立地がナンとも辺鄙なら、屋号も「唄う手打ちうどん稲穂」と、コレまた変。なれど岡﨑さんが作るうどんは多くの人々のハートをわしづかみ。

輩出した門下生が「二○加屋長介」に「うどん大學」と次々と人気うどん居酒屋店の営業を始める中、自らは店をたたみ、東京の新天地で新たなる業態のうどん店作りにチャレンジ。

その店を軌道に乗せ、先月、福岡に戻ってこられたとのこと。近々、コレまた新業態のうどん店をオープンさせるかも?と語る笑顔が頼もしい。

ナンでも二○加屋長介出身の方も六本松にうどんすき屋を近々オープン予定とか。いやはやヤッパリ、今年の福岡はうどんが旨い!オモシロい!!

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン82●チャンポン8●中華麺9●うどん43●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 00:53 | Comments [1]

2014年06月01日 日曜日

●【そば】生粉蕎麦 玄@中央区長浜

久方ぶりに啜る「鶏そば」は、随分とバージョンアップ。焼き鳥と炒め葱だった具が、焼き鳥と黒胡麻をまぶしたゴボ天に。そしてスメも、キュインッとカエシがきいた熱々に、黒酢とコーレグースの仄かな風味がきいたオリジナルな味わいが奥深い。そしてナニより、押し出し成形の揚げたて蕎麦。シュルルゥと艶っぽい啜り心地と、サクッと解けるコシと、噛み込むほどに広がる風味と。以前より100円アップの490円なれど、この味わいならばソレでも十二分にリーズナブルは格安蕎麦に、目尻がデレデレ下がりっ放し。

生粉蕎麦 玄】長浜本店
鶏そば490円
福岡市中央区長浜1-2-24
11:00~22:30・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン82●チャンポン8●中華麺9●うどん42●そば6●その他8
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年128km

Posted by heno at 12:29 | Comments [1]