HENO HENO: 2014年07月 アーカイブ

2014年07月31日 木曜日

●【うどん】筑豊製麺組合@博多区東比恵

筑豊・嘉麻市が本店の「筑豊製麺組合」の博多駅店が先週オープン。JR博多駅にほど近い、国道3号線沿いのマンションの一階に「よもぎうどん」の赤い看板。そうここは、牛すじ肉ゴロゴロのどぎどぎうどんが、よもぎうどんで楽しめる店。

正午過ぎに訪ねると、店頭に順番待ちの客3名。オープン早々かなりの人気ぶりである。しばし待って無事着席。卓上のメニューを見ると、うどん麺が白とよもぎの2種×かけうどんor釜玉うどん×具がわかめ、ごぼう天、牛すじ肉の組み合わせ=20種ほど。「オススメ!」の文字が躍る店一押しらしき「よもぎ牛すじ肉ごぼう天うどん780円」をたのむ。

ほどなく運ばれてきたうどんは、ニョキッと天にそそり立つドデカ笹切りゴボ天が男前。そしてゴボ天剣山の麓には真っ黒に煮込まれた牛すじ肉に、その下にはよもぎうどんの緑。ナンともソソるルックスに心躍りつつ先ずはスメと一啜りすれば、牛すじ肉煮汁が大量に注がれているのだろうか?ぽってりぃと甘めの味わいが個性的。

よもぎうどんは盛況ランチタイプ営業に備えた茹で置きか?しっとりモッチリなコシが心地よい。が、本店で食べたときとは違って、この濃い甘味スメだと、せっかくのよもぎの風味が楽しめないのがチト残念。

牛すじ肉も真っ黒な見た目通り、濃い甘辛味でトコトン煮込まれた結果なのか、ホロホロに甘い甘い味わいが個性的。かつて長崎に荷揚げされた砂糖を江戸へと運んだシュガーロード、長崎街道の宿場町の中でも筑豊地区は老舗製菓店が数多く残る甘党の街。この甘甘牛すじ肉うどんは筑豊の新ご当地B級グルメなのか?など考えつつ啜りつつ、ふと視線のカウンターに上げると、なにぃ?「大魔王」?!

店オリジナルの辛味調味料が500円で販売されている。ナルホドこの甘味うどんに映えそうだ。うん、次回はコレをかけて啜ってみたひっ。

【筑豊製麺組合】博多店
よもぎ牛すじ肉ごぼう天うどん780円
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~未定 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン10●中華麺16●うどん59●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離27km / 通年155km

Posted by heno at 12:06 | Comments [0]

2014年07月30日 水曜日

●【うどん】大木戸@中央区舞鶴

午後3時前、うだるような暑さのもと打ち合わせの移動途中に「大木戸」で遅い昼麺。モチのロンで「冷やしかけ」。冷たいスメと冷たいうどんで、クールダウン&リフレッシュ。前回から劇的大改造をしたといううどんは、ナルホドひたすらムッチリブリンな剛麺から、ぷにん感が若干増した気もするも、前回うどんで我は既に大満足。

あぁ今日も旨かったな大木戸の冷やしかけ、と一気啜りドンブリから顔を上げると「この時間帯は提供できます チーズ釜玉うどん」の下げ札。うぬぅ、またまた宿題麺が出来てしまったなぁ!

大木戸】福岡舞鶴店
冷やしかけうどん380円+ちくごぼう100円
福岡市中央区舞鶴2-8-29
11:00~15:00&17:30~20:00(土曜は昼営業のみ)・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン10●中華麺16●うどん58●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離27km / 通年155km

Posted by heno at 14:55 | Comments [0]

2014年07月29日 火曜日

●【うどん】丸亀製麺@大分県中津市

ウレシタノシの大分県中津市日帰り出張!のはずが、お目当てのラ店は定休日だし、緊急避難したラ店は満席&店内の順番待ちスペースも一杯で、炎天下で待たされる。ジリジリと照りつける陽射しに耐えかねて、再び緊急避難し、丸亀製麺へと転がり込む。

こんなに暑い日はモチのロンで「冷やかけ」。冷たいうどんを冷たいスメで啜れば気分爽快!のはずが、おやぁ、またもやかぁ。前回の福岡原田店然り、丸亀製麺はチェーン店とは思えぬほどに、各店各様の味わいのばらつきが半端ないなぁ。

【丸亀製麺】中津店
冷やかけ290円+イワシ天
大分県中津市沖代町1-1-1
11:00~22:00 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン10●中華麺16●うどん57●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離27km / 通年155km

Posted by heno at 12:01 | Comments [2]

2014年07月27日 日曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

とある事情があって一家揃っての外食が不可能=ハンドルキーパーのカミさん不在=遠方の飲食店で飲めない日々が続くが、ひょんな事から今夜はそれが可能?!ヒャッホー、ならば迷う事無く「ゴールデン食堂」でホルモン&ホッピー!鮮度抜群の美味ホルモンの部位毎に異なる食感とうま味を存分に楽しみつつ、ホッピーの「中だけ」を追加しつつ、ガツガツ喰らえば、夏バテなんて心配ナーーシ!

そして〆はゴールデン食堂からほど近い「行徳家」で、期間限定「ゴーヤの苦い酸辣湯麺」。行徳家オリジナルのスッパ辛い酸辣湯にコレでもかと入ったゴーヤのシャクシャクと広がる豊かな苦みが、逆に食味のスッキリ感を演出=ナンとも夏向きな味わい。

と、ここまでは想定内だが、加えて添えられたカシューアッツのキャラメルガレットが、驚きの美味さを演出。キャラメルならではのほろ苦い甘みが、ゴーヤの苦みとコール&レスポンスし、イタリアンの甘系ソース&バルサミコソース添え的味わいさえ彷彿とさせる、独自の旨さ炸裂。

さすがの創作ラーメン名店の一杯にメロメロ完食。なれど既に次回の期間限定麺も決まっているとか。ああだから、行徳家参りがヤメラレナイっ。

行徳家
ゴーヤの苦い酸辣湯麺800円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン10●中華麺16●うどん56●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離14km / 通年142km

Posted by heno at 20:31 | Comments [0]

2014年07月26日 土曜日

●【うどん】和助@中央区天神

豊前裏打会全店制覇 その二十

豊前裏打会加盟24番目の店舗が今月14日、天神にオープン。場所柄平日ランチ営業は周辺のビジネスマンで混み合うだろうと週末に訪ねるも、広めの店内は7割方客で埋まっている。

この店は「和助」@城南区鳥飼の2号店だが、本店よろしく厨房やホールにバイト生らしき若者多数。そして厨房を仕切る年配男性は、かつて蕎麦屋をやられていた和助店主のお兄さんか?オープンして間もないが浮ついた感じは一切ナシ、しっかりと落ち着いたオペレーションが心強い。

そしてうどんも然り、しっかり旨い。裏打会名物のフリスビーごぼ天は、今が旬の新ゴボウを使っているのか、カリッと熱々な衣の中は、ほくほくと芋のように甘いゴボウが絶品。そしてうどんも、裏打会お約束のプルプル、モチモチな悦楽食感に、そのうま味を底座さえするダシの効いた滋味なるスメ。流石の美味さにウハウハともんどり打ちつつ、一気完食。

和助】天神店
ごぼううどん600円
福岡市中央区天神3-4-30 梅山ビル 1F
11:00~15:30&17:30~21:00・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン10●中華麺15●うどん56●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:18 | Comments [0]

2014年07月25日 金曜日

●【ラーメン】幸帝ラーメン@熊本県菊池市


4年ぶりに啜る「幸帝ラーメン」だが、改めてその旨さにゾッコン。まずスープ。口当たりは軽やかなれど、クイッとダシがきいた確かな滋味。そしてプラス、薬味の揚げニンニクのホロ苦&甘さ。元来ラーメンの薬味としてのニンニクはエラク苦手なのだが、このスープに揚げニンニクの取り合わせは大いに納得美味。
そして麺。適度にガサゴソ感ある啜り心地に、ムッチンプリンなコシと、中細麺ながらも存分に存在感ある食味で、具の太もやしとも対等に渡り合う様が心強い。加えてチャーシューもシンプルな塩味仕立てながらも、コレでもかとモッチリ美味。
いやぁ旨いな好きだな、この一杯。で決定、幸帝ラーメンこそ、そこまで行って啜る麺⑤。
【幸帝ラーメン】
もやしラーメン700円
熊本県菊池市西寺1751-8
11:30~15:00&17:00~20:00・木曜休み Pあり
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン10●中華麺15●うどん55●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 03:57 | Comments [0]

2014年07月24日 木曜日

●【ラーメン】博多うまかもん小野@博多区博多駅中央街

福岡の元気企業「ディーディーカンパニー」が昨年11月にオープンさせた「博多うまかもん小野」。九州産の食材にこだわった居酒屋だが、ランチ営業は豚骨ラーメンor月替わりの限定麺に替え玉1玉とブッフェ食べ放題が付いて、それぞれ700円or800円。

7月の限定麺は「博多モツらーめん」。芝麻醤がきいたゴマ味スープ&中太縮れ麺に、プリップリのモツとシャキッシャキのニラと、パリッパリの太もやし。加えて野菜、ポテサラ、ワカメの酢の物に唐揚げまで取り放題のブッフェ料理。ソリャもう腹一杯で無料サービスの替え玉まで行き着かないヘタレなロートル麺喰いオヤヂ一匹。

夜は超人気の居酒屋で飲むも、イマイチ我が好みに合わず早々に退店し「しばらく祇園店」。軽く飲み直し、〆ラーメンをゴマ山で。ドンブリから飛び出した麺の盛りつけが象徴的、スープ然り、麺然り、チャーシュー然り、随分とワイルドな味わいにオッカナビックリ。FCチェーンながら各店各様バラバラの味わいこそ、しばらくの真骨頂か。

【博多うまかんもん小野】
博多モツらーめん800円(7月限定ランチ、ビュッフェ食べ放題)
福岡市博多区博多駅中央街4-23 ホテルセントラーザ博多 B1F
11:00~24:00・年中無休

【しばらく】祇園店
ラーメン550円
福岡市博多区博多駅前2-12-16 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン107●チャンポン10●中華麺15●うどん55●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:10 | Comments [0]

2014年07月22日 火曜日

●【うどん】とも也@長崎県長崎市

ウレシタノシの長崎市出張の昼麺うどんはモチロン「とも也」&梅雨明けイキナリ猛暑=「ひえひえ」で決まり。イイ感じにひゃっこいスメは、ギンギンにイリコのダシがきいた真性讃岐仕様。そして、コレまたイイ感じに冷水で締められた冷やうどんの、ぐいんっ、むっちりぃ、もっちりぃな3段ゴシと、噛み込むほどに広がる小麦の風味。あははぁ、やっぱ旨いわと、途中卓上のおろし生姜やスダチ、七味で味わいの変化も存分に楽しみつつ、大盛り&太打ちうどんをガッツリ完食。

夜はしばらくぶりに、「しばらく」でラーメン屋酒。
おでん×焼酎、トン焼き×日本酒経由、締めラーメンをゴマ山で。

【讃岐手打ちうどん とも也】
かけうどん330円(ランチ割引価格)+かき揚げ90円
長崎県長崎市賑町5-25-2
11:00~14:30& 17:00~21:00(木・土・祝は昼のみ)・日曜休み Pなし

【しばらく】西新本店
ラーメン500円
福岡市早良区西新1-11-24
11:00~24:00(木曜は夕方まで)・月曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン105●チャンポン10●中華麺15●うどん55●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:26 | Comments [0]

2014年07月21日 月曜日

●【ラーメン】かね庵@北九州市小倉北区

魚介豚骨ラーメンがウリの「らーめん泰玄」が、先月から不定期で「支那ソバかね庵」として営業。7月は今日のみ営業すると泰玄Facebookで知り、是非とも啜りたひっとノコノコ訪ねる。

開店直後なれど既に先客2名。我と同じく楽しみにしてい方が多々いらしたのだなぁとカウンター席に付くと「今日のメニューはコチラです」と品書きが差し出される。麺は中華そばとつけそばの2種×具のバリエーション、一瞬つけそばに惹かれるも初志貫徹、中華そばをたのむ。

運ばれてきた瞬間、湯気と共に上り立つ魚介ダシの香りに美味さを確信。こりゃタマランなぁとスープを一啜りすれば、ナンとも豊かでコクのある魚介ダシのうま味。微かに金気と酸味さえ感じるほどに存分にダシがききまくったこの味わいは、若き店主の修業先という「たんたん亭」@東京都杉並区の直伝か?かつて食べた「青葉」@東京都中野をふと思い出す、関東のイマドキ中華そば的味わいに一発メロメロのメロリンキュ~~。

合わさる麺は細めの中太ストレート。加水率が低めなのかガサゴソとした食感で、スープとの絡みがすこぶる良好。具のチャーシューの醤油がかった調味具合こそ我が好みからはハズレるも、シナチクと大判海苔は、キンキン魚介スープと相性抜群。こんなお江戸味ラーメンが、まさか北九州で啜れるシアワセをシミジミと感じつつ、うっとり完食。

これまでは各月1日ペースの営業だったかね庵だが、来月8月は毎週月曜日~水曜日営業するとの事。うぬぬぅならば、11日月曜に予定している北九州市出張の昼麺は、かね庵のつけそばで決まりっ。

支那そば専門店かね庵(らーめん泰玄)
中華そば650円
北九州市小倉北区末広2-3-2
営業日不定(8月は毎週月・火・水営業予定)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン104●チャンポン10●中華麺15●うどん54●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 11:26 | Comments [0]

2014年07月20日 日曜日

●【ラーメン】一貫@北九州市八幡東区

北九州滋味豚骨王ブログでチョクチョク紹介される度、ググッと気になりマクッていた「一貫」。もともとは焼き鳥居酒屋なのだが、ランチ営業で供する豚骨ラーメンが半端なく滋味美味とのこと。

住所を頼りに訪ねると、スペースワールドのほど近く、幹線道路から山手の住宅街へと登りかけてすぐに「ラーメン」の赤暖簾。いやいやナンとも燻し銀な店構えだなぁと暖簾を潜ると、正午半過ぎの店内は先客4名。

席に座り卓上のランチメニューを眺めると、麺はラーメン、チャンポンに新発売のつけ麺の3種。モチのロンで迷う事無く「初ラ店は基本メニュー」、ラーメンをたのむ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンはイイ感じに白濁したスープから湯気と共に立ち上る豚骨ダシの甘み香りに、ビビっと美味さを確信。けへへ、たまらんねぇとレンゲでスープを一啜りすれば、熱々の食感とともにフワッと軽やかに広がるダシの極々自然な甘み。そしてベルベット感ある柔らかかつ優しい口当たりがナンだかえらくプレミアム感をも感じ、一発メロメロぉ。

惜しむらくは麺。コシが弱め&ニチニチと粘るヒキが味力のタイプだが、このナチュラル滋味なるスープには、小麦粉感ある素朴な麺の方が合う気がするなぁ。とは言いつつも、これだけ旨くて、具もチャーシューに、キクラゲ、シナチクものって、価格はウレシイワンコイン500円。

作る店主はカジュアルなファッションの、如何にも居酒屋店主らしき中年男性。なれどこのラーメンは居酒屋が作るとは到底思えない、本格滋味なる一杯に、惚れ惚れ。コリャ是非とも機会を作り、チャンポンも啜りたひっ。

【一貫】
ラーメン500円
北九州市八幡東区枝光4-16-4
11:00~14:00&18:00~23:00 ・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン103●チャンポン10●中華麺15●うどん54●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 22:07 | Comments [0]

2014年07月19日 土曜日

●【うどん】麦兵衛@中央区春吉

IMG_6715

先週8日にオープンした「麦兵衛」は、ネオ讃岐うどん人気店である「志成」@中央区大手門で修行された方が独立開業した新う店。かつて「つけ麺 咲きまさ」だった頃は逆L字型のカウンター席のみだったが、奥に伸びる長い片のカウンターを廃し、代わりに4人掛けのテーブルが2卓置いてある。師匠店同様に女性客が入りやすい店造りである。

IMG_6708

IMG_6709

麺メニュー表面が「冷たいうどん」でぶっかけうどんや醤油うどん、裏面が「暖かいうどん」で温かけうどんに、釜玉やカレーうどん。で、我が気分は温かけうどん。「初う店はゴボ天」かとメニューを見渡すも、師匠店同様に載っていない。うぬぅ、ならば「店長おすすめ」とある「炙り牛すじ葱まみれうどん」にするか。

IMG_6713

注文が入ってから生のうどんを茹で始めるオペレーションも、師匠店譲り。待つ事しばし、運ばれてきたドンブリの中央にはドカンと大振りな牛テール肉。そしてスープ一面を覆う葱の下には、かなり太めの男前うどん。

まずはスメと一啜りすれば、牛テールスープ特有の硬質感あるうま味と、すぐその後に顔を出す削り節らしき柔らかな風味。ナルホド、具に添えるだけでは無く、スメも牛テール×魚介のWスープなのか?!うどんとすると、随分と力強い食味が食べ応え有り。

そして合わさるうどんも、箸で摘まめばズッシリ重い重量感。するるぅとゆっくり啜れば、こっつり、むちちぃと抗い解ける硬ゴシタイプ。噛み込むほどに、むりんむりんと踊り、ふんわり香り立つ小麦のうま味が、楽し旨し。牛テール肉もしっかりと煮込まれていて、ほろりと身離れ抜群かつニッチリとコラーゲン感ある甘みがドンズバ我がツボ。スメと共に口に飛び込む葱のシャキ辛が好アクセント、するるぅとゆっくり味わう休日の午後のシアワセ。

【麦兵衛】
炙り牛テールの葱まみれうどん880円
福岡市中央区春吉1-7-18  Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン102●チャンポン10●中華麺15●うどん54●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:28 | Comments [0]

2014年07月16日 水曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

 

豚骨博多の醤油ラーメン 六十九

豚骨帝都・博多で否豚骨、塩と醤油ラーメンで勝負する「行徳家」の最新作創作ラーメンは「銘柄が選べる醤油そば」。時々で変わる4銘柄の再仕込み醤油から好みの物を選んで啜られるオーダーメイドな一杯。今日の4銘柄は福岡3銘柄と大分日田1銘柄。しばし悩んで福岡の北伊醤油の特吟をチョイス。と、ラーメンと共に、使った醤油の瓶が目の前に置かれる。地酒飲み屋ではよくあるサービスだが、まさかラーメン屋で?!

真っ黒だがスキッと澄んだスープから香り立つ醤油の香りに、ウキウキドキドキしつつ一啜りすれば、キュッと締まった密なる醤油の風味がナンとも鯔背。鶏ガラだしのうま味は最小限、あくまでも醤油の味わいを生かし切る調味加減に、醤油ラーメンを愛する店主の心意気がヒシヒシと。

3年前の「なま醤油らーめん」に2年前の「諸味醤油らーめん」と、数々の醤油LOVEラーメンを提供してきた行徳家だが、今回の醤油そばは、より醤油本来の味わいにフォーカスした一杯。このスープにベストマッチな中太縮れ麺とスープを交互に啜っていると、上顎から鼻腔へと発酵感ある醤油の風味がふわりと留まる様が、ソリャもう旨いのナンの。

杉樽に2年寝かせた醤油を原料とし、更に2年間再仕込みしたという北伊醤油の特吟の締まり感ある味わいをつくづく堪能。おっしゃ次回は、円みが生きているらしい上久醤油@福岡大名の本造りを啜ってみるか?!

行徳家

銘柄が選べる醤油そば600円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン102●チャンポン10●中華麺15●うどん53●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:39 | Comments [0]

2014年07月15日 火曜日

●【うどん】大木戸@中央区舞鶴

オーストラリア産から北海道産へと、うどん粉を変更した「大木戸」。

今まで使っていた小麦粉は、大木戸の本店(香川県高松市)で修行し
ていた頃から触り続けてきた小麦粉です。思い入れがありました。
何よりそのうどん粉は、安定したうどんを造れる小麦粉でした。

【中略】

うどん造りは、気温や湿度に左右されて味を一定にするのが難しい。
だからせめて原料は安定していて欲しい、と造り手としては思うもの。
国産小麦粉を使ってみたい気持ちはあったものの、余程安定した商
品でなければ、おいそれとチャレンジするわけには行きませんでした。
ところが先日。日清製粉(製粉業界最大手)が「国産うどん用小麦粉」
を出していることを、偶然知りました。
今まで使っていた小麦粉も、日清製粉のもの。同じように扱えるか
もしれない。 ※以上、大木戸通信 No.61より抜粋

 

我が断然好みな大木戸の冷やしかけで、その味力を実感。以前より随分と麺線乱れ打ちの御姿に、ナルホドかなり暴れん坊な、打ちづらい粉なのか?それを押してもこの選んだ訳を、啜り噛み込みシミジミ実感。

噛み込んだ瞬間、ぐいんっと歯を押し戻す、密なる食味のむっちり硬ゴシは、柔うどん文化圏の博多ではあまりに無骨。なれど、その弾力を楽しみに感じ変えつつ噛み込むほどに、ナンとも豊かに広がる小麦のうま味。

開店して丸8年を過ぎるも安住することなく、更なる旨いうどんを目指す。若き店主の飽くなき探究心に惚れ惚れしつつ、ズルズル啜る束の間の午後の休息。

大木戸】福岡舞鶴店
冷やしかけうどん380円+チクワ天一片50円
福岡市中央区舞鶴2-8-29
11:00~15:00&17:30~20:00(土曜は昼営業のみ)・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン102●チャンポン10●中華麺15●うどん53●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 13:30 | Comments [2]

2014年07月14日 月曜日

●【ラーメン】お食事処Lucky@長崎県諫早市

JR諫早駅裏手の島鉄バスターミナル周辺は、閑散とした街並みながらナゼか中華料理屋が多々点在する。その中の一軒「お食事処Lucky」は、レトロな店構えに青と白の縞模様テントと、アルファベット表記の看板が、ナンともモボ。

午前11時半前というのに、店内は既に先客2名。そして我の後に続いて来客有り。

「おかあさん、『営業中』の看板がいつものところに出とらんけん、休みかと思ったよ」「雨の降りよったけん、軒下に避けとったとですよ、すみません」。

どうやら客のほとんどは常連さんか。

壁に張られたメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで4~5種に、やきそば、チャンポン、皿うどん。加えて中華丼類、中華定食、焼きめしに、チキンライスやオムライスもあり。チャンポンの「あっさり味とこってり味が選べます。」との但し書きにチト惹かれるも初志貫徹、「ラーメン490円」をたのむ。

壁の高い位置に据えられた小型テレビを眺めつつ待つ事しばし、お盆にのせられラーメンが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残した茶褐色スープから、ふわり香り立つダシの香りに美味さを確信。

コリャ大当たりかも?!ともんどり打ちつつレンゲで一啜りすれば、瞬間鼻へと抜けるゴマ油の香ばしさと、あっさりゆるりと舌にのるダシのうま味。おっしゃぁ我がツボなこの味わいは、誤解を覚悟で例えるならば極上マルタイ棒ラーメン味。「黒門」@遠賀町や「来来」@飯塚市にも相通ずる滋味との出会いは、正にLucky!

合わさる麺は中太ストレート。スルルゥと心地よい啜り心地然り、むっちりと解けるコシ然り、滋味スープと相性抜群。加えて厚切りチャーシューの美味さが半端ナイ。脂身はほとんどないが、もっちりと解ける食味と、肉のうま味を生かし切る調味加減が、タマラン我がツボ。大量に作り冷蔵庫で保管してあったのか、チト冷たいのが玉に瑕。熱々スープにしばらく沈め、温めて食べると美味さ倍増、シアワセ全開。「料金無料」と張り紙されたタッパより小梅を一粒いただきラーメンに添えれば、その酸味が滋味の味わいの輪郭をキッチリと描き出す様が、コレまた極楽。

見知らぬ街でふと立ち寄った店で、滋味美味ラーメンとの偶然の出会い。ああだから麺食べ歩きはヤメラレナイっ。

【お食事処Lucky】
ラーメン490円
長崎県諫早市永昌東町19-5
11:00~20:00(土~15:00)・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン102●チャンポン10●中華麺15●うどん52●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 02:50 | Comments [2]

2014年07月13日 日曜日

●【油そば】心生麺商人@熊本県熊本市

熊本きって、いや九州きっての煮干しラーメン名店である「心生麺商人」に夏季限定のニボニボメニューが今週発売!?コリャ啜らんわけにゃイカンでしょうと訪ねると、卓上に煮干し油そばの指南書。ナニナニ?香味油はカタクチイワシとウルメの煮干し2種にタマネギ、ネギ、ニンニクをじっくり揚げたオリジナル?コリャいよいよ楽しみだっ。

待つ事しばし、運ばれてきたドンブリには、チャーシューに、シナチク、太もやし、ネギ、タマネギに煮干し粉がこんもり。指南書に従いドンブリ底からグリングリンとかき混ぜれば、釜揚げ温麺の熱で煮干しが香り立つ。ぐへへぇ、こいつぁタマランですバイ!と具の下から顔を出した極太麺を箸で摘まみ、ズルルルルゥと啜れば、甘くて辛い醤油ダレと香味油から香り立つ煮干しの豊かな風味と、むっちりぃと抗う麺のコシ。そしてさらに、アレコレ盛られた具&薬味の千差万別、だからこそ複雑にコラボする奥行き深い旨さ。で、決定!心生麺商人の煮干し麺こそ、そこまで行って啜る麺④。

心生 麺商人
煮干し油そば750円
熊本県熊本市中央区出水3-4-18
11:30~14:30&18:00~21:00 不定休(店blogで告知) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン101●チャンポン10●中華麺15●うどん52●そば8●その他9
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 11:42 | Comments [0]

2014年07月12日 土曜日

●【ラーメン】にんにくマン@早良区西新

IMG_6652

西新の蜂楽饅頭から入った小路、「西新亭」の向かいに今週オープンした「ラーメンにんにくマン」。店頭の食券販売機には「小ラーメン600円」「小ラーメン豚入り700円」「大ラーメン700円」「大ラーメン豚入り800円」「生卵50円」の5つのボタンのみ。そして7席ほどのL字型カウンター席には「やさい カラメ アブラ ニンニク 無料サービス」のお知らせ。そしてさらに「食べ終えたら器とコップをカウンター上にあげてください」とのお願い。

待つ事しばし、「ニンニクはお入れしますか?」ウンター奥の厨房に立つ店主らしき若者の問いに、「ニンニクはなしで、野菜増しでお願いします」。やぱりここは、二郎系ラーメンを出す新店のようだ。

IMG_6654

そして、差し出された一杯は、チョモランマ盛りの茹で野菜と2センチ弱の極厚チャーシューと、うどんのような偏平極太麺と、正真正銘の二郎系。先ずはスープと一啜りすれば、醤油ダレの塩気強めの味わいが、同じく二郎系の「らーめん大」@南区大橋チック。

レンゲと箸を操って、山高野菜を極太麺で天地返しし戦闘態勢完了。いざ喰らわんっ!と麺を頬張ればワァオ想定外、二郎系の麺はワシワシ、ワニワニの剛麺が多いが、この麺はモッチモッチとうどんのような柔ゴシ。加えて茹でモヤシのシャキシャキ感もコラボして、いやぁナンとも楽し旨しっ。

IMG_6659

卓上に置いてある香辛料は、胡椒と一味。そして次々に来店する客の注文を寡黙にこなす若き店主は、今は閉店してしまった「博多麺業 島系」@中央区春吉のオープン時の店長さんに似ている気がするなぁ。て事は、九州二郎系の祖「島系本店」からの独立開業なのだろうか?兎にも角にも、職場にほど近いし、腹減りマクリの昼麺はココで決まりっ。

【ラーメンにんにくマン】
小ラーメン600円
福岡市早良区西新4-9-18
17:00~24:00(金土~25:00)・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン101●チャンポン10●中華麺15●うどん52●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 18:52 | Comments [0]

2014年07月11日 金曜日

●【中華麺】康記餃子@中央区渡辺通

渡辺通りの九電ビルの裏手に、昨年秋にオープンした「康記餃子」。古びたビルの階段を上ると、イイ感じにレトロな店内がコジャレている。壁のメニューを眺めると、店名通り餃子がウリのようで、野菜、肉、三鮮と3種の焼き餃子と水餃子に、一品料理の中には「マトン肉の中華炒め」などソソられるメニューが満載。さらに中華火鍋もウリのようで、一品料理2種に餃子も付いた中華火鍋コース3000円なんてのもあり。

ランチメニューの筆頭は日替わり定食が2種に続き、麺が10種ほど。牛肉麺にチト惹かれるも初志貫徹、我が好物である酸辣湯麺をたのむ。

ソリャもうアッツ熱トロットロのあんとじスープは、キュインッと酸っぱく×まるんっと甘く×ピリリと辛い×肉、キクラゲ、タケノコ、豆腐、白菜、ニンジン、溶き卵と具だくさん=This is 酸辣湯。そして、色白中太偏平のうどんのような麺が合わさる。さらに、小白飯にモヤシのピリ辛和えもセットでついてくる。て事は、店主は福岡市内に5~6軒店舗を展開する中華料理店台北出身の方なのか?いやいや、餃子と中華火鍋をウリにしている店造り=「小桃園」@中央区薬院からの独立か??兎にも角にも、次回は是非とも夜、中華火鍋コースを楽しみたひっ。

【康記飯店】
酸辣湯麺650円
福岡市渡辺通り2-1-32 斎藤ビル 2F
11:00~14:30&17:30~23:00・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン100●チャンポン10●中華麺15●うどん52●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km
Posted by heno at 14:23 | Comments [0]

2014年07月10日 木曜日

●【ラーメン】おいげん@中央区警固

どよんっと淀んだ茶褐色は伊達じゃナイ。一口啜れば、ドッカンと舌にのる豚骨メガトンパンチ。さらに喉を経由し、胃をズドンっとボディブローする強力味に加えて、中太偏平麺の半端ナイ、ボリンボリンのバリンバリン食味。超ヤンチャな暴れん坊ド豚骨ラーメンに、ロートル麺喰いは一発ノックアウトぉ。

【おいげん】
豚骨らーめん600円
福岡市中央区警固1-13-1
11:30~16:00&18:00~26:00(金土~27:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン100●チャンポン10●中華麺14●うどん52●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 14:06 | Comments [0]

2014年07月09日 水曜日

●【うどん】ほり野の麺工房@那珂川町片縄北

かつては大分発のうどんチェーン「鳴門うどん」の那珂川店だった店舗にオープンした「ほり野の麺工房」。道向かいで営業する超人気うどん店「麺や ほり野」のセカンドブランドう店である。店舗前の広々とした駐車場は、麺や ほり野より多くの車が駐まっている。

店内の作りは鳴門うどんの頃とまんま同じ。入り口すぐの食券販売機でオススメと記されている「ごぼう天うどん480円」の食券を買い席に付くと、「うどんの量はどうされますか?同じ料金で大盛りにも出来ますが?」とウレシイ知らせ。モチのロンで大盛りでクダサイっ!

店員の薦めに従い、店舗中央の大テーブルに置かれた漬け物と、うどんの薬味であるネギを取り、漬け物をポリポリ囓りつつ出来上がりを待つ。

待つ事しばし、うどんが運ばれてくる。予め取っておいたネギをのせ、まずはスメと一口啜れば、アッツ熱の口当たりとともに柔らかく広がるダシの風味。気持ち甘めに調味された味わいが、ほっこり博多うどん。合わさる麺は、ソリャもうモッチモチのプルンプルン。コレ全て多加水&熟成&圧力釜製法の賜物か?得も言われぬオモロ&楽し食感に、メロメロ。

なれど、うどんは大盛りと言うほど、大盛りではない。かつて同じ店舗で食べた「鳴門うどん」であれば普通盛りの量。そして集中テーブルから取ってきたネギがカピカピに乾燥していて、ナンとも食感&風味がイタダケナイ。さらに食べ終えた食器は客がカウンターへと返すセミセルフ・オペレーション。そして、イロイロと作業の効率化が計られているのに価格は480円と普通価格。これなら次回は「麺や ほり野」で食べた方が満足感が高い気がするぞぉ。

【ほり野の麺工房】
ごぼう天うどん480円
福岡県筑紫郡那珂川町片縄北4-14-25
11:30~16:30&17:30~21:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン99●チャンポン10●中華麺14●うどん52●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:54 | Comments [0]

2014年07月08日 火曜日

●【ラーメン】清塩@早良区西新

夜は恒例、オヤヂばかりの焼き鳥会、改め焼肉会。

西新の老舗「山本苑」で、
名物「牛すじ肉の煮込み」を皮切りに、アレコレと焼肉三昧。

で、二軒目はお久しぶりに「立ち呑み 二代目」。

アサリの老酒蒸しやタコの椒麻ソースなど、
相も変わらず激旨&激安中華料理のアテをつつきつつ粕取焼酎をクイッ。

そして〆は「清塩」。3ヶ月ほど前に「熊猫食堂」隣にオープンするも、低カロリーであることをウリにした塩&醤油ラーメン紹介の看板に、イマイチ期待感が高まらず未食だった店だ。以前、渡辺通にも同じような看板を掲げたラ店が営業していたが、ひょっとしてその店を閉じ、ここ西新で屋号を変えての再スタートなのか??

ほどなく差し出されたラーメンは、スープから香り立つ鶏ガラらしきダシの香りが半端ナイ?!こりゃヒョッとして大当たりかも、とレンゲで一啜りすれば、熱々の口当たりとともに豊かに広がるダシのうま味とコク。外連味は一切ナシ、ひたすらシンプルに鶏ガラのうま味が生きたその味わいに思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は中太ストレート。加水高め&カンスイ少なめなのか、もっちりほわんと解ける食味が滋味スープと相性抜群。バラ肉のロール・チャーシューもさることながら、シャクッと旨いシナチクがイイ仕事しマクリで、あはは旨いコリャ好みっとズルズル完食。

コレだけ旨くて&食べ応えもあって、カロリーは驚きのアンダー400kcalなのだとか。やっぱイカンな、喰わず嫌い。こりゃ是非とも再訪し、醤油ラーメンも啜ってみたひっ。

【清塩】
塩らーめん650円
福岡市早良区西新4-4-5 レジデンス西新 1F
18:00~28:00(売切次第終了)・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン99●チャンポン10●中華麺14●うどん51●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 21:52 | Comments [0]

●【ラーメン】博多王@南区大橋

西鉄大橋駅西口の飲食街の一角に、先月末オープンした「博多玉」。ユニークな屋号よろしく、太木が立て並べられた外観&カウンター席の奥に広く見え渡る厨房と、店の造りもナカナカにユニーク。

「いらっしゃいませぇ~」

店を切り盛りするのは若き男性2名&女性1名。明るくにこやかな接客テクがタダモノではない。メニューはラーメン、チャーシュー麺に、ごはん類が2種と究極的に潔い様もタダモノではない。こりゃラーメンの味もタダモノではないのかぁ?期待を膨らませつつ、出来上がりを待つ。

ほどなく差し出されたラーメンは、キチンと茶濁したスープからナンとも芳しきダシの香り。うん、こりゃ間違いナイ!とレンゲで一啜りすれば、ソリャもう熱々の口当たりとともに、ふわりと広がる自然な甘みと、こっくり広がるダシのうま味。あたかも鶏白湯チックなうま味に、豚骨ダシチックなこっくり感がグインッと我がツボ。

合わさる麺は細めの中麺。オモシロいのが啜った時の熱々感。絡まるスープの熱さに加え、麺自体もベラボーにアッツ熱に感じる不思議食感。なれど揚げ具合はイイ感じにアルデンテ状態の堅めで、ホクホクとしたコシと噛み込むほどに広がる小麦の風味もウハウハ我がツボ。

イイ感じにタレがきいたチャーシューも、もっちり旨い。店造り同様に、ナンちゃナイけどナンちゃアル、極上オーディナリー博多ラーメンの新店が、また一軒。ナンだか最近この手の豚骨ラーメン新店がエラク多い気がする。否豚骨、つけ麺、油そばなどアレコレ巡り、再び豚骨へもどるラーメン・スパイラルなのか?

【博多玉】
ラーメン500円
福岡市南区大橋1-14-8
11:00~23:00・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン99●チャンポン10●中華麺14●うどん51●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:41 | Comments [0]

2014年07月07日 月曜日

●【うどん】牧のうどん@西区豊浜

今夕、ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版の掲載店舗が発表になる。☆は付かないが調査員オススメの店として、ラーメン、蕎麦、うどんも発表される。「葉隠うどん」@博多区や「不老庵」@東区香椎、「あ三五」@中央区白金など納得の店もあるが、かなり???な店も多々あり。まぁ限りある情報と時間の中で調査した結果なので仕方なし&それぞれがそれぞれにワガママ・ミシュランがあって当然。7月10日に本が発売になるが、ナゼこの店が載ってあの店が載ってないの??と思いつつ読むのも、また一興かも。

で、ワガママ麺シュランの三つ星うどんチェーンである「牧のうどん」の夏メニュー「冷やしレモンうどん」。猪口と醤油さしで供されるつけツユを、あえて冷うどんにぶっかけて、ネギもてんこ盛りに盛って、レモンをキュッと搾り、ズルズズゥ~と啜れば、ソリャもう半端ナイむりんむりんの強ゴシうどんと、イイ感じに甘めのツユと、爽やかなレモンの酸味が、めっさトレビア~ン。

かつ、大根おろしに加え、もっさり盛られた天かすがエエ仕事しマクリ。カリッと食感とともに広がる甘みとコクが食べ応えを演出。涼やか爽快、かつガッツリと喰らった感アリアリで価格は480円。How Fantastic ! This is Japanese fast food , UDON NO SOKOJIKARA.

【牧のうどん】マリナタウン店
冷やしレモンうどん480円
福岡市西区豊浜3-1-10 マリナタウン
10:00~21:00・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン98●チャンポン10●中華麺14●うどん51●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 13:18 | Comments [0]

2014年07月06日 日曜日

●【うどん】誠屋@南区曰佐

夏季限定「焼き茄子と芽生姜のさっぱり冷うどん」は、冷やかけうどんにキンと冷やした焼きナスと芽生姜の千切り、プチトマトの輪切りにネギ。ナルホド夏仕様の野菜トッピングだなぁと、一口スメを啜れば、わぁお想定外!冷たい口当たりとともに、キュイッと広がる爽やかな酸味と仄かな甘みと、ダシのうま味。例えるならば中華冷麺スープのさっぱり和風版、単にかけツユを冷たくした「冷やかけツユ」ではなく、専用に調味されたスメだったとは?!

コリャ力作だぞぉ、とうどんを啜れば、コレまたビックリ!麺の太さがいつものうどんより明らかに細め。コレまた特製専用うどんでアルっ。その細さ故か、甘ズッ旨スメを密に絡め取りつつツルルぅと口に収まり、むっちんぷりりんっと踊るコシがエラク極楽。プラス、芽生姜のシャキピリな爽快な辛みと、焼きナスのヒンヤリ、トロンな甘さと微かな渋みと、トマトのプチュな甘みと酸味。

涼やか爽快、なれどおご馳走感も目一杯ある一杯に大満足。うぬぅ、ならばこの夏が終わらぬうちに、もう一つの夏季メニューである「博多とろ豆腐(荒木豆腐店)とたっぷり野菜のサラダうどん」も啜りたひっ。

さぬきうどん誠屋
焼き茄子と芽生姜のさっぱり冷うどん580円
福岡市南区曰佐4-39-30
11:00~15:30&17:00~20:30・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン98●チャンポン10●中華麺14●うどん50●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 20:36 | Comments [0]

2014年07月05日 土曜日

●【ラーメン】一葉軒@中央区大名

大正通りの赤坂~警固交差点間は、福岡市きっての麺屋激戦区。わずか500mほどの通り沿い及び、通りから10mほど入り込んだ一帯に、ラーメン、中華、うどん、そば、沖縄そばなど20軒ほどの麺屋が営業している。そんな一角に一昨日オープンした「一葉軒」。古賀市が本店の人気ラーメン店の支店1号店である。

オープンして3日目の店内は8割方客で埋まっている。開店景気もあるのだろうが、週末午後&都心部の立地からすると大したものだ。店は行ってすぐのところに食券販売機。ラーメンが具のバリエーションで数種と、焼きめし、餃子、唐揚げ単品&セットメニュー。初ラ店は基本メニュー、「ラーメン550円」のボタンを押す。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す白濁スープと四つ切り海苔が、本店とまんま同じ。そして味わいも然り、スイッと軽めの口当たりのスープは、ほんのりとした甘さと、こっくり広がるダシのうま味で、合わさる麺のほっくり感あるコシがベストマッチ。塩味チャーシューとキクラゲが、軽快感を加速させ、シュルッと喰らう小気味よさが、真性博多ラーメン。

本店で日々多くの客をさばいてきただけあって、接客&調理オペレーションも抜かりなし。活気ある店内で食べる軽快美味に、ついつい気分がのって禁断の替え玉コール。卓上のゴマを大量にのせ、紅ショウガ経由、辛子高菜で味わいの変化も存分に楽しみつつ、一気完食。

よっしゃコレからは、オーソドックスに旨い一杯が、天神近くで食べられる。ならば次回は飲んだ後の〆ラーメン、餃子&芋焼酎&半ラーメン350円なぞ楽しむか?!

【一葉軒】大名店
ラーメン550円
福岡市中央区大名1-9-30 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン98●チャンポン10●中華麺14●うどん49●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 13:42 | Comments [0]

2014年07月04日 金曜日

●【ラーメン】麺や兼虎@中央区赤坂

今月27日までの期間限定「カチドキレッド2014ラーメン祭り」メニューである「辛辛魚」は、若き店主の修業先である「麺処 井の庄」@東京都練馬区の看板メニュー。丼中央に山高く盛られた唐辛子を戦々恐々で崩すと中は魚粉、おっしゃコレなら大丈夫とスープに軽く混ぜ込み一啜りしれば、うっほぉ~、いやいや辛いっ!でも、うんまぁぃ~~!!

トロンっと濃密な魚介×豚骨スープの甘みとビリビリ唐辛子の辛みと、ザラリと香ばしい魚粉のコラボが脳天直撃。いやぁ辛いっ、でも旨いっ!ともう一啜り、更に一啜り。その味力に我が麺煩悩はトランス状態の魔界降臨。

合わさる麺は偏平中太麺。辛旨スープを密に絡め取りつつ口へと収まり、しゃっくりと解けるコシがコレまた我がツボ。大切りのシナチクとネギの薬味もイイ仕事しマクリだし、厚さ1センチは優にある極厚チャーシューのトロリなうま味が口休め。あははタマラン、こりゃハマルぅとガツガツ、ハホハホと一気食いし、〆にポットで供された割りスープを加えれば、激辛から滋味旨へと変化する様がコレまたニクイ旨いっ。

濃い味ラーメンは苦手な我だが、ナゼかツボな兼虎。こりゃ期間終了前にもう一回啜ってみたひっと後ろ髪引かれつつ、店を出る。

麺や兼虎
辛辛魚 800円 ※期間限定販売
福岡市中央区赤坂1-1-18
11:30~15:00&18:00~21:30(土日祝11:30~21:30)・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン97●チャンポン10●中華麺14●うどん49●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 12:39 | Comments [0]

2014年07月03日 木曜日

●【ラーメン】ラーメン5@中央区春吉

春吉橋の「博多大砲ラーメン」、「肉肉うどん中洲店」の並びに、昨日オープンした「ラーメン5」。居酒屋「とめ手羽」を手がける(株)フェリックスの新業態店である。

正午前、かつてはラーメン屋「とうや味」であった店内は、7割方客で埋まっている。店の奥がパチンコ屋「タマヤ」に続いていて、どうやらそのほとんどはパチンコ客の早い昼飯か?

店中央部にある食券販売機には、麺がラーメンと油そばの2種×具のバリエーションで20個ほどのボタン。初ラ店は基本メニュー、ラーメンのボタンを押す。

カウンター席に付くと壁にスープの蘊蓄書き。豚骨、牛骨、馬骨、鶏ガラ、アゴだしの5つからスープをとっているので屋号が「ラーメン5」。まぁしかし、同じ骨でもそれぞれに味の効能があるのだなぁと興味津々で読んでいると、ラーメンが運ばれてくる。

イイ感じに濁った茶色のスープに、具はチャーシュー、ネギに少量の茹でキャベツ。先ずはスープと一啜りすれば、キュイッと広がる醤油ダレの風味に5つのダシのふくよかな甘みが織りなす柔らかな味わい。「5つのダシのラーメン」とのキャッチフレーズ=話題先行のイロモノ的ラーメンかと思いきやナンのソノ。山口下松の牛骨ラーメンに相通じるものを感じるこの旨さはググッと我がツボ。

合わさる麺は細めのストレート。イイ感じのアルデンテ状態に揚げられていて、ニチッと粘るヒキが軽快旨し。気持ち厚切りのチャーシューもモッチリ旨いし、茹でキャベツのジャクジャク感が柔らか味スープの好アクセント。コリャ次回は「野菜らーめん」を啜りたひっ。いや油そばも気になるぞぉ。

 

追記:酔いちくれてブログを管理していたら、寄せて頂いたコメントの数々を誤って消去してしまいましたぁ。

(せ)ぐっさん、鶏ジロー食べられましたか?是非感想をお知らせください。komaQさん、登志春は未食でした。さすがの麺食べ歩き、感服です。filさん、ひょっとして平尾未羅来瑠亭のオーナーは福芳亭のオーナーだった、て事はないですよねぇ~。

他にもいくつか読まずして消してしまったコメントもあったような……。せっかく寄せて頂いたのに誠に申し訳ございません。

 

ラーメン5
ラーメン600円
福岡市中央区春吉3-12-35
11:30~26:00(日祝~24:00)・不定休 Pなし
5のつく日は替え玉or ライス無料 (一人1個まで)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン96●チャンポン10●中華麺14●うどん49●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 11:59 | Comments [1]

2014年07月02日 水曜日

●【ラーメン】AKAMARU食堂@中央区渡辺通

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十

毎度頼りにしている新麺呟きに誘われ「AKAMARU食堂」。夜は焼き鳥食べ放題+飲み放題にもつ鍋など付いて3500円?!など提供している居酒屋のランチで「鶏白湯麺」が啜れるという。

居酒屋のランチ営業なれど、入り口すぐにチャンとした食券販売機。麺が担々麺が「赤」と「黒」に、「鶏白湯麺」の3種。迷う事無く「鶏白湯麺」のボタンを押す。

ほどなく運ばれてきた一杯は、豚骨醤油ならぬ鶏醤油?随分と醤油色がかっている。どらどらと一口啜れば、キュインッと踊る醤油タレのうま味と、後味にふわり広がる鶏白湯ならではのコラーゲン感あるコクと甘み。塩気もカナリ強めでキリリと締まりある味わいの鶏白湯スープって初体験。

麺は中太丸麺。その独特な食感はLIKE A 生麺タイプのチャンポン麺。スープに負けず劣らずインパクトある食味に、びっくらこ。具は鶏肉の胡椒焼きに、ネギが白髪とアサツキの2種。軽やかなこの食味は、飲んだ後の〆麺にいいかもなぁ、など思いつつズルズル啜っていると、卓上に「赤星」のショップカードが置いてある。

うぬぅ?そう言えば担々麺が赤と黒あったし、屋号の頭に「AKA」と「赤」。て事は、ここAKAMARU食堂は赤星の姉妹店なのだろうか…!?

【AKAMARU食堂】
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル北館 B1F
11:30~14:30&17:00~24:00・不定休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン95●チャンポン10●中華麺14●うどん49●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 13:21 | Comments [0]

2014年07月01日 火曜日

●【うどん】うどんや元@熊本県熊本市

こつんっと歯に当たったかと思いきや、もっちりぃと解け粘る。その独特なコシと、噛み込むほどに広がる半端ない小麦感こそ「うどんや元」の味力。鶏卵をコレでもかと溶き入れた「けいらんうどん」は、スメに溶き卵の甘さが映り、ナンともほっこり。

前を通る度、ずっと気になっていた店頭看板。お茶目なポーズとピンクのバンダナ=てっきりお笑い芸人である佐久間一行の写真かと思いきや、ナンのソノ。フロアでテキパキ働かれている女将さんの写真だったのかぁ。

夜は「とり田」@中央区薬院で宴会。
突き出しの味玉肉みそに、とりわさ、
そして水炊き鍋と、いずれの料理もソリャもう絶品美味。
で、鍋に締めにラーメンを入れてもらえば、
コレまたタマラン旨い鶏白湯ラーメンの出来上がり!

来月のランチメニューは是非とも鶏白湯ラーメンにして欲しひっ。

【うどんや元】
けいらんうどん600円
熊本県熊本市植木町岩野48-1
10:30~21:30・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン10●中華麺14●うどん49●そば8●その他8
◎7月の総ジョ グ距離8km / 通年136km

Posted by heno at 11:03 | Comments [0]