HENO HENO: 2014年08月 アーカイブ

2014年08月31日 日曜日

●【ラーメン】億万両@糸島市志摩津和崎

糸島の緑の稲穂が揺れる田畑のその奥に、ド派手な黄色の外観の「億万両」。ナンとも辺鄙な立地なれど、FBS福岡放送が2007年と2008年に主催した「九州ラーメン総選挙」に2年連続でランクイン。ずっと気になりつつも未食だったが、先日、糸島の小麦生産者より「ラー麦を使ったラーメンなら億万両」と薦められ、ようやく来店。

店横に駐車し店内へ向かうと、入り口右に製麺コーナー。そしてメニューに唐辛子を練り込んだ「赤麺」に青汁の「青麺」、竹炭の「黒麺」などもアリ。なるほどラー麦を使った自家製麺に力を入れているようだ。

色麺も気になるが、まずは基本のノーマル麺で「ラーメン550円」。イイ感じに透明感を残す白濁スープは、外連味は一切ナシ、ほのかな甘みが素直にいきた豚骨ダシがほっこり美味。

ならば麺は?と一啜りすれば、ソリャもう半端なくツルツルと勢いある啜り心地と、パリンッとほどけるコシが新鮮食感。伸びにくくコシの強いラーメンに仕上がるようにと開発された福岡県産ラーメン用小麦であるラー麦の特長が遺憾なく発揮された感がアリアリの食味に興味津々。

こりゃオモロ食感だなぁと一気完食し、改めて店内を見渡すと「中華そば600円」の張り紙が。醤油ラーメンにこの麺を合わせると、どんな味わいになるのだろうか?うむむ、宿題麺がまたひとつ……。

億万両
ラーメン550円
糸島市志摩津和崎313-16
11:00~15:00~17:00~22:00・月曜休み(祝日除く)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン126●チャンポン10●中華麺19●うどん63●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離85km / 通年234km

Posted by heno at 12:17 | Comments [0]

2014年08月29日 金曜日

●【うどん】呑キング@中央区六本松

昨日待望オープンの「呑キング」は、連日満席の超人気うどん居酒屋「二○加屋 長介」@中央区薬院からの独立開業店なのだとか。白木を基調とした明るい店内がナンともオサレで居心地良し。

卓上には2冊のメニュー。1冊は居酒屋メニューで、師匠店よろしく、アレコレそそられる酒のアテがズラリと並ぶ。そしてもう1冊がうどんメニュー。かけ、ぶっかけ、醤油など具のバリエーションも含め20種ほどのラインナップ。あつかけとしばし迷うも、ひやかけ+ごぼう天をたのむ。

注文が入ってからうどんを茹でるのも師匠店ゆずり。待つ事しばし、運ばれてきたうどんは、澄んだ黄金色のスメに、麺線の整ったうどんが丸く盛ってある様がナンとも美人。

コリャ旨いに違いナイ!ともんどり打ってスメを啜れば、冷え冷えの口当たりと共に優しく広がるダシのうま味。キンキンとしたイリコ由来らしき讃岐うどんチックな風味に加え、この円やかな甘みはヒョッとして貝柱か?その独特な味わいに、ふと師匠店の更に師匠店である「唄う!手打ちうどん稲穂」のひやかけを思い出す。

ならばうどんと一啜りすれば、気持ち細打ちならではのスルルと小気味よい啜り心地然り、噛み込んだときの芯に向け圧が増す密度感むっちむちのコシ然り、コレまた我がツボ。そして更に、別皿に添えられた揚げたてごぼう天の尋常でないパリパリ食感との食感&風味のコラボ。こりゃタマランタンと、一気完食。

「うどん日和」と「茶ぶ釜」にここ呑キングのオープンで、美味讃岐うどん大濠トライアングルが誕生。さぁて次回はどの店で啜るか?あはは贅沢な悩みだなぁ。

【呑キング】
ひやかけ+ごぼう天600円
福岡市中央区六本松2-2-10
11:00~24:00 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン125●チャンポン10●中華麺19●うどん63●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離85km / 通年234km

Posted by heno at 13:06 | Comments [0]

2014年08月28日 木曜日

●【うどん】かなたけ@熊本県宇城市

ブログ「お休みの日のお昼はラーメンです」でその存在を知り、ググッと惹かれまくっていた「かなたけ」。住所を頼りに訪ねると、見渡す限り緑の稲穂が揺れる田んぼの一画に、ぽつんと一軒営業するかなたけを発見。

ナンとも辺鄙な立地だなぁと暖簾を潜ると、店内は思いっきりオシャレな内装&BGMはJAZZ。席に座りメニューを見ると、かけうどんが温うどん×温すめの「あつあつ」、冷うどん×温すめの「ひやあつ」、冷うどん×冷すめの「ひやひや」に、ぶっかけと釜玉。ひやひやと瞬間迷うも、ひやあつ+ちく天でイクか。JAZZの流れる麺屋とはすこぶる相性が悪い我、腹をくくって出来上がりを待つ。

いやいやナンのナンの、こりゃイケてそうだぞぉ!

ほどなく運ばれてきたドンブリからはナンとも芳しきダシの香り。そしてうどんもイイ感じに太めでシュッと麺線ハンサム。美味さを確信しつつ、先ずはスメを一口啜れば、温かな口当たりとともにクイッと広がるダシのうま味。いわゆる讃岐的なイリコ一本やりタイプではなく、アレコレ削り節の風味もきいた豊かな味わいに、思わずほっとため息ひとつ。

キュッと冷水で締められた太めのうどんも温スメに気持ちほだされて、むっちり、むりりんと二段ゴシ。噛み込むほどに広がる小麦の風味もイイねイイねぇ!加えてちく天も、イイ感じに温すめと馴染む事で、カリッと衣とちくわ自体の食感が、絶妙にほだされて妙に旨いっ。

ゴリゴリ無骨な讃岐うどんとは異なる、この上出来美味感は、「てる山」@熊本市や「けんたろう」@八代市に相通ずるものを感じるが、ひょっとして、かなたけも「おか泉」@香川県宇田津町で修行をしての開店なのだろうか??兎にも角にも旨し讃岐うどん店が、また一軒九州にオープン。熊本市南部への出張の昼麺は、かなたけで決まりだなっ!

夜の会議を前に「にんにくマン」でパワーチャージ。九州の二郎系の中ではダントツに二郎再現率が高いだけに、試しにデフォルトで啜ってみるかと、野菜増しもせず、普段はのせないニンニクものせてもらう。と、おうおうニンニク旨いやん、やっぱ二郎的ラーメンにニンニクは必需品!だが、野菜増しなしではスープが薄まらず醤油辛過ぎるぅ。で、次回からは「ニンニク、野菜増し」で。

讃岐うどん【かなたけ】
ひやかけ370円+ちく天100円
熊本県宇城市松橋町豊崎583-4
11:00~15:00・月曜日(祝日の場合は翌日休み)Pあり

【にんにくマン】
ラーメン小600円
福岡市早良区西新4-9-18
17:00~24:00(金土~25:00 ※日曜は昼営業11:00~14:00)・水曜&祝日休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン125●チャンポン10●中華麺19●うどん62●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離85km / 通年234km

Posted by heno at 12:02 | Comments [0]

2014年08月27日 水曜日

●【ラーメン】けん翔@東区多の津

前回啜った「ラーメン」がエラク好印象だった「けん翔」。2ヶ月半ぶりに訪ねると、わぁおメニューが増えている。豚骨スープの「拳ラーメン」に加え、鶏ガラスープの「翔ラーメン」が新発売。そして豚骨×鶏がらのWスープが「ラーメン」から「拳翔ラーメン」にメニュー名が変更されている。なるほど、豚骨のゲンコツ=「拳」+鶏が羽ばたくイメージの「翔」で、屋号を「けん翔」と付けていたのか。

翔に飛び移りたい浮気心を戒め初志貫徹し、拳ラーメン。イイ感じに透明感を残す黄金色のスープは、見た目通り。ほっくり甘いダシのうま味と脂の瑞々しい甘みが、イイ感じにオゲレツ滋味でナンとも我が好み好み。気持ち太めの中太麺のほっくりと解けるコシとの相性も抜群。白髪ネギのシャキシャキピリ辛こそ好アクセントなれど、この濃い味チャーシューは、如何なものか?この美味スープ・ラーメンは塩味シンプルなチャーシューで啜りたひっ。

【けん翔ラーメン】
拳ラーメン500円
福岡市東区多の津1-13-1
11:30〜15:00 ※スープ等なくなり次第終了・不定休
Pなし(店舗向かって右手のコインPが30分無料)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン124●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離79km / 通年228km

Posted by heno at 23:53 | Comments [0]

2014年08月26日 火曜日

●【ラーメン】おちかラーメン@熊本県山都町

通潤橋で有名な熊本県山都町の「おちかラーメン」。久方ぶりに訪ねると、平日火曜の午後1時過ぎというのに店頭に順番待ちの列。相も変わらぬ人気ぶりに感心しきり。

茶褐色のスープは味噌のような独特濃い味スープに、熊本ラーメンお約束のニンニク風味に、長さ20センチあるかないかの極短中太麺が、おちか流。厚切りチャーシューと太もやし、キクラゲに茹で卵をガッつきつつカッ喰らう快感よ。

【おちかラーメン】
大盛特製ラーメン750円
熊本県上益城郡山都町下市5
10:30~20:00・月曜 Pなし(近くに街の合同駐車場あり)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン123●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離70km / 通年219km

Posted by heno at 13:31 | Comments [0]

2014年08月25日 月曜日

●【ラーメン】元次@中央区薬院

夜は久方ぶりに「musumatsu」で飲む。
サンマのワタ醤油でサンマの炙りを喰らう一品こそ象徴的。
ナンちゃナサげでナンとも旨いアテに
ついつい酒を更に一杯もう一杯。

コレでもかと飲んだので〆にサッと啜るつもりえ寄った「ラーメン元次」だが、入店し次第、二次会開始のゴングが鳴り、ソリャもう飲むわ、喰うわ、笑うわぁ。で、あっちゅう間の2時間が過ぎ、〆はお初の「魚雷辛麺」。

ヒリリとした辛味の奥に魚介ダシらしき豊かなうま味にツイツイのせられ、目一杯満腹状態だったのにペロリと完食。あぁ今日もヤッテもうたぁ。明日こそ心入れ替えダイエットせねばぁ。

ラーメン元次
魚雷辛麺 価格失念
福岡市中央区薬院4-2-12 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン122●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離70km / 通年219km

Posted by heno at 21:46 | Comments [0]

2014年08月24日 日曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

「わぁおぉ……、ジュ~~リィ~!」

一口啜った途端、あまりにも我がツボな味わいに、ついつい麺中枢がフラッシュバック。ドラマ「時間ですよ」で老女に分した樹木希林が心のアイドル沢田研二のポスターを眺めつつその想いを伝える、あのフレーズが脳裏をよぎる。

期間限定「冷やし燻製魚そば」は、その名の通りキンと冷やされたドンブリに、冷スープと冷麺。店主ブログによると、鰹節と鯖節、宗田鰹節で取られたスープは、ひゃっこい口当たりとともに、キュイキュインッと爽やかにドライブするダシの旨いが、ソリャもうドエラク旨い旨いっ。おそらく燻製チャーシューとタマゴから滲み出た香ばしい燻製の香がスープに映った成果なのだろう。同じく燻煙乾燥された鰹節の風味がコール&レスポンスし、未だかつて無い濃密な、かつ爽やかな魚のうま味が、ソリャもうタマラン旨いっ。

合わさる麺は専用の中太麺か?キチンと冷水で締められた結果か、ムリンッと小気味よく解ける強ゴシと、魚冷スープとのコラボがmake me crazy ! 加えて燻製チャーシューに、水菜、太もやし、木耳、白髪葱に南高梅のタタキに、極めつけはバジル。様々な具の織りなす食味のコラボに、冷麺ながらも温麺真っ青なナンとも豊かな味わいの変化に、くふふぅ感服&感動しきり。いやぁ、おご馳走様、ホントおご馳走様でした。

行徳家
冷たい燻製魚そば850円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン121●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離70km / 通年219km

Posted by heno at 20:52 | Comments [0]

2014年08月23日 土曜日

●【そば】生粉蕎麦 玄@中央区天神

ダイエーショッパーズ天神店の裏手のビルの地下一階に、6月中旬にオープンした「生粉蕎麦 玄」の天神店。長浜本店や周船寺店同様に格安美味蕎麦がウリの店。メニュー構成は基本的に同じだが、ナゼか本店にだけ置いていないメニューが「カレーざるそば」。

東一の冷やを楽しみつつ待っていると、カレーざるそばが運ばれてくる。で、蕎麦をアテにチビチビと。蕎麦で飲むと、蕎麦も酒もより旨く感じるのはナゼなのか?かつ、前回の長浜本店でも感じたか、玄の蕎麦はそれ自体が以前よりグッと旨さが増した気がする。生粉打ちなのだろうが、シュッと小粋な啜り心地が二八蕎麦チックで、いやはや悦楽。

東一が空いたところで、カレー汁につけ啜る。かなりスパイシーなカレーの美味さと、カレーの熱で気持ち緩んだ蕎麦のほっこりコシと甘みがタマラン、タマラン。いやぁコリャ旨い旨いと一気完食し、精算すれば、960円と嬉しい千円アンダー。日本酒だけでも700円くらい取る蕎麦屋も多々ある中、流石の元祖デフレ蕎麦屋。コリャ是非とも次回はアテが販売される17時以降に来店し、蕎麦屋酒をば堪能したひっ。

【生粉蕎麦 玄】天神店
カレーざるそば490円

福岡市中央区天神4-2-20 天神幸ビル B1F
11:00~23:00・無休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン120●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば10●その他16
◎8月の総ジョ グ距離70km / 通年219km
Posted by heno at 18:59 | Comments [0]

2014年08月22日 金曜日

●【ラーメン】泰玄@北九州市小倉北区

8月は週の前半を支那そば専門店「かね庵」、後半は魚介ラーメン「泰玄」と二毛作営業中の泰玄だが、今日金曜日は泰玄。メニューは「ラーメン」、「魚介ラーメン」、「ピリ辛ラーメン」、「味噌ラーメン」に「つけ麺」。迷う事無く念願の魚介ラーメンをたのむ。

気持ち茶色がかった白濁スープは、一見ノーマルな豚骨だが、一口啜れば、わぁお、キュインッとドライブする魚介ダシと、そのすぐ後を追ってくる円やか豚骨ダシの、旨さの連合艦隊やぁ~~。(←今更、彦摩呂調で)

「かね庵」の支那そばを啜ったときに予感した通りの、ドエラク旨い魚介ラーメン。おそらく様々な煮干しをブレンドして取られているのだろう、存在感ある風味だが嫌味は一切ナシ。チャンと旨い魚介ダシと、コレまたしっかり乳化した豚骨ダシの円やかさに、同行スタッフのN牟田さんも大感激。

合わさる麺は気持ち細めの中太ストレート。ぷつんっと解けるコシが小気味よい。具は厚切りのチャーシューと刻み海苔のシンプル仕様。スープのうま味を最大限に楽しみつつ、一気完食。

らーめん泰玄
魚介ラーメン700円
北九州市小倉北区末広2-3-2
10:30~18:00・日曜休み(8月は毎週月・火・水は「かね庵」として営業) Pあり

Posted by heno at 06:08 | Comments [2]

2014年08月21日 木曜日

●【ラーメン】神@早良区有田

土砂降りの雨の中、ほっくり豚骨が恋しくなり「ラーメン神」を訪ねると、卓上のメニュー書き巻末に「味噌ラーメン」なる文字を発見し、ついつい浮気。

スープは豚骨ラーメン用のスープを希釈して味噌を合わせたのか?ふわりと広がる味噌のうま味が適度に濃い味。合わさる麺も豚骨と共用の細縮れ麺。全粒粉ならではのガサゴソと食味十分な風味が味噌によく合う。具はチャーシュー、キャベツ、太もやしにコーンと札幌味噌ラーメン仕様+コウトウネギが博多仕様。

食べ応えも十二分にあって食後の満足感も十分にアリ。なのだが、やっぱり浮気は損気、近々アノほっくり豚骨を啜りに再訪だっ!

【らーめん神】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17
11:30~15:00 &18:00~22:00(日祝は~21:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン119●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば9●その他16
◎8月の総ジョ グ距離62km / 通年211km

Posted by heno at 05:27 | Comments [0]

2014年08月20日 水曜日

●【つけ麺】海鳴@中央区平尾

「海鳴」平尾店の限定麺「じゃがいもとホタテの貝柱の冷製つけ麺」は、ジャガイモ、タマネギとホタテの貝柱のビシソワーズ風の玲つけ汁に、極太冷麺。具はスパイシーな唐揚げとセロリとキュウリ。あぁ、行徳家のベジポタつけ麺が啜りたひっ。

【つけ麺 海鳴】
じゃがいもとホタテの貝柱の冷製つけ麺850円
福岡市中央区平尾2-4-9
11:30~25:00・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン118●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば9●その他16
◎8月の総ジョ グ距離54km / 通年203km
Posted by heno at 00:43 | Comments [0]

2014年08月19日 火曜日

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その十九

「まくり」の汁麺全制覇まで、あと5杯。先日は「鶏がら塩ラーメン」を啜ったので、今日は「鶏がら醤油ラーメン」でスープの味比べ。どらどらと一口啜れば、わぁお随分と軽快な味わいだぁ。塩の膨らみ感ある円やかなうま味に対し、醤油はスキッと軽やかな切れのある味わいと好対照。ひょっとして、醤油には一番スープ、塩には二番スープと使い分けているのだろうか??などアレコレ妄想を楽しみつつ啜っていると、「シュポッ」と音がして、隣から紫煙が……?で、隣席を見ると、食事を終えた男がタバコを吸い始める??しかもその隣の連れもタバコに火を付けているではないか。

えぇ、まくりは禁煙じゃなかったのか???

で、テーブルを見るとガラス製の小さな灰皿が置かれている。て事は喫煙OKだっのかぁ。と、ため息をつき、息を吸うと副流煙のあのイヤな臭いが喉へ直撃。

うぬぬぅ、こりぁ汁麺全制覇に俄に暗雲が立ちこめてきたぞぉ。

まくり_140304

汁麺全制覇の主旨から、かつてのメニューで啜った麺をチェック
現在のメニューはコチラ

黄金の福ワンタンまくり
鶏がら塩ラーメン600円 
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン118●チャンポン10●中華麺19●うどん61●そば9●その他15
◎8月の総ジョ グ距離54km / 通年203km

Posted by heno at 14:30 | Comments [2]

2014年08月18日 月曜日

●【ラーメン】えびえびそば@筑紫野市杉塚

県道5号線沿いの、かつては大分発うどんチェーン「鳴門うどん」だった店舗に今月オープンした「えびえびそば」。甲殻類好きにとってはナンともソソられる屋号が気になりマクッていた新店である。

午後1時過ぎの店内は6割方客で埋まっている。コジャレたカウンター席に座りメニューを見ると、オープンしてしばらくは、麺は「えびえびそば」のみとの事。ごはん類とのセットメニューはあるも、モチのロンで初ラ店は基本メニュー、えびえびそば単品690円をたのむ。

厨房から漏れる湯気と共にクンクンと香り立つ海老の風味に期待指数全開で待つことしばし、運ばれてきたドンブリはチャーシューにのった桜色の粉末と、スープにのった茶褐色のタレが印象的。

まずはスープと一啜りすれば、熱々の口当たりとともに円やかに広がる味噌ダレのうま味と、一足遅れた顔を出すエビだしの風味。あれほどクンクンと香っていたえびダシの風味だが、食べてみると元来味噌と相性抜群のえびダシゆえか、味わいの印象のほとんどは味噌の旨さ。えびダシはあくまでも脇役に徹し、後味にザラリと香り立つ謙虚さ。

合わさる麺はチャンポン麺チックな中太丸麺の縮れ麺。ぷりんっぷりんっと踊るコシが愉快な上出来美味。具のえび粉をふりかけられたチャーシューに半熟味玉と、それぞれに旨い具と共に啜れば、味わいの奥深さを演出。茶褐色のタレはどうやらコレまたえび由来のタレらしいが、かつんっと強烈に自己主張することはなく。

ナンとも旨い味噌ラーメンではある。が、「えびえびそば」あるインパクト満点の屋号から期待した味わいからは遙かに遠い。が、この一般人向けする明快美味な味わいから店舗をスタートするのは大正解。熟れてきたら、是非ともえびの旨さがストレートに生きる塩or醤油ラーメン仕様も発売して欲しいぞぉ。

【えびえびそば】
えびえびそば690円
福岡県筑紫野市杉塚2-6-15 Pあり
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン118●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他15
◎8月の総ジョ グ距離54km / 通年203km

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2014年08月17日 日曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家1@中央区大手門

あぁ腹減ったぁ、早朝出勤の前にサクッと啜るぞと、先日啜ってエラク好印象だった不味旨「ケニ」を目指す。とするも、ケニは午前9時からの営業かぁ。で、結局薬局ケイチでナシカタネギヤマ。

味わいはモチロンの事、「ネギ多めのサービズします!」との店頭の幟に恥じぬドカ盛りネギと、チャーシューも随分と大盛りで、ちっきしょ~~、旨いぞ旨いぞっ。

【元祖ラーメン長浜家】1
ラーメン450円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜7:00~9:00が清掃閉店)  Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン117●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他15
◎8月の総ジョ グ距離54km / 通年203km

Posted by heno at 21:38 | Comments [0]

2014年08月16日 土曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

昨日啜った「鸛」ですっかり鶏白湯熱が再燃。で、やっぱ「シフク」。博多鶏白湯ブームの魁として2年前にオープンしたラ店のその名も「鶏白湯らぁめん」は、とろんっとアッツ熱のスープの円やかな甘み然り、合わさる中太平麺のムチッと悦楽なるコシ然り、相も変わらず絶好調な旨さ全開。加えて、シャキッと辛い白髪ネギや、コリッと小気味よい山クラゲに、皮を焼き付けられた鶏肉チャーシューと、ドエラク旨いスープ&麺を底支えする薬味の名脇役ぶり。

『「第6回 最強の次世代ラーメン決戦!」に参加してるんですよ。優勝したらカップ麺化され全国のコンビニで発売されるんです。良かったらネットで投票してください」と店主。来店し店員に宣言してネット投票すれば、替え玉無料のサービス実施中。モチのロンで投票するも、腹一杯で無料替え玉は辞退するヘタレ&ロートル麺喰いオヤヂ一匹。

【シフク】
鶏白湯らぁめん650円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~21:30・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン116●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他15
◎8月の総ジョ グ距離46km / 通年195km

Posted by heno at 21:17 | Comments [0]

2014年08月15日 金曜日

●【つけ麺】鸛@中央区赤坂

冷たすぎず温すぎず、ナンともイイ頃合いに冷水で締められた平麺を、アッツ熱&とろんっと粘度あるつけ汁につけて啜れば、もったりと広がる鶏白湯ならではのフック感ある甘みと、その味わいの輪郭を丹念に描き出す魚介らしきダシの風味と、むちっと抗う平麺のコシが、あははぁ旨い旨いっ。

加えて薬味の豊富さ。麺の上にはレモンが添えられているし、オーダーすればおろし生姜と柚子胡椒が供される。さらに加えて、前回より卓上薬味がバージョンアップし、カレーパウダーまで置いてある。ナニせ極上鶏白湯つけ汁ゆえ、いろんな薬味を楽しんでも、それぞれチャンと旨さを演出するだけの味力満点。

専用ポットで供されるスープ割りも抜かりなし。つけ汁にタップリ注いでも、まだまだチャンと旨い鶏白湯に、もう惚れ惚れ。

【鸛】
濃厚鶏白湯つけ麺・中盛750円
福岡市中央区赤坂1-5-23
11:30~24:00

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン115●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他15
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 12:06 | Comments [0]

2014年08月14日 木曜日

●【ラーメン】いち押し@春日市惣利

先日啜った「一葉軒」はエラク旨かった。ならば同じく「宝フーズ」出身店らしき「いち押し」。かれこれ13年ぶりに訪ねると、かつては味噌や醤油などアレコレあったラーメンが、豚骨に一本化。具のバリエーションは数種あるが、ナニせ久方ぶり、で基本の「ラーメン500円」をたのむ。

 

いやぁ旨いね、流石だねぇ!アッツ熱の口当たりとともに、ほっこりと自然に甘い純豚骨スープ然り、シュルルと小気味よい啜り心地と、ほくっと解けるコシが我がツボな麺然り。加えてチャーシューに、海苔、味玉半個にキクラゲも盛ってあるのに、8%へ消費税増税後も価格を500円に据え置いたという心意気。ナンちゃナイけどナンとも旨い普段着豚骨に惚れ惚れしつつ、ズルリ完食。

【いち押し】
ラーメン500円
春日市惣利1-122
11:30~15:30&18:00~22:00・不定休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン115●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他14
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 19:55 | Comments [0]

2014年08月13日 水曜日

●【ラーメン】風び@博多区川端

夜は麺友と、とある人気居酒屋で飲む。が、イマイチ我が好みとハズれ、「風び」の川端店で二次会。ラーメン屋酒の定番アテであるおでんをアレコレつつき、黒霧ロックもクイクイあおり、〆はモチのロンでラーメン。

ポテポテとした見た目通り、目一杯トロントロンっのスープは、醤油ダレがキュンキュンきいた調味具合然り、ヤンガーには旨いだろうが、ロートル麺喰いオヤヂにはチト重いっ。麺友の長男6才が「これウマイ、ウマイ!」と喜び勇んで啜る様を、微笑ましく眺めつつ、ズルズルと。

【風び】中洲川端店
福岡市博多区上川端町9-151
10:00~28:00(日曜~18:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン114●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他14
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 21:02 | Comments [0]

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家2@中央区港

ナンだかエラク、元祖気分。で、ノコノコ出かけるも既にお盆。遠方からの帰省客が恋しく訪ねたのか、「ヤ」も「ケイチ」の店頭も順番待ちの長蛇の列。トホホと「ケニ」を訪ねると、ナンと行列ナッシング。ほじゃま、ウルトラ久方ぶりにケニで啜るかな。

元祖系3店舗の中でも、ずっと「ラーメン400円」を堅持していたケニだが、8月1日付けで値上げして「アーメン450円」。店頭で食券を買い「ナシカタネギヤマ」とオーダーしつつ着席するも、運ばれてきたラーメンにはネギ極少な様が、今や「ネギ大盛りサービス」の幟を掲げるケイチとは両極のイニシエ元祖。

そしてスープの味わいもイニシエ元祖。シャバシャバの極薄スープのヘナチョコ加減が、わぁお懐かしぃ~~、元祖元祖!

ただし麺はカナリの細麺で、イニシエ元祖のそれとは明らかに異なる。が、チャーシューという名の濃い味ボロ肉然り、かつて「くっそぉ~、マジィ~~!」と悲しみつつ喜びつつ啜ったアノ味わいに、限りなく近い近い!!

いつ啜っても旨すぎるケイチより、我が気分はすっかりケニ。すっかり宗旨替え、コレからはケニでシコタマ啜りたひっ。

【元祖ラーメン長浜家】2
ラーメン450円
福岡市中央区港1-1-16
9:00~28:00 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン113●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他14
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 12:19 | Comments [0]

2014年08月12日 火曜日

●【ラーメン】いっとく食堂@中央区赤坂

夜は中学時代のポン友と「てっぺん」@赤坂で飲む。
「おでんのはやし」居抜き後に今年の4月にオープンし
はやし直伝のおでんが食べられるとの事だが、
はやしのおでんより、随分とマイルドな味わい。

3時間ほどクッチャベリつつ飲み、すぐ近所の「いっとく食堂」へ。
羊肉のロシア風や中国風の串焼きの半端ナイ旨さに、
ついつい黒霧ロックをクイクイ2杯。

 

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十二

そして〆は新メニュー「鳥だしラーメン」。どよんとコラーゲン感ありマクリのぽってりスープに、具も鶏肉チャーシューに味玉に水菜とてんこ盛りで、かつての「とりダシラーメン」をグイッとバージョンアップした感アリアリ。

コリャ心して喰らわねばとスープを啜れば、ぽってりと広がる白湯よりの鶏ガラだしの豊かなうま味と、ふわっと鼻へ抜けるエスニック風味な甘み。「博多ラグメン」同様に香味料がカナリ使われているのだろうか?それともスープと共に口に飛び込むタマネギ・フライの効能か?以前、ある麺友が「ここ主人はラーメン作りの天才だ」と言っていたが、ナルホド納得。ラーメン作りの型どおりのセオリーを遙かに超えた、閃き独創的なるうま味溢るる一杯に心底感服。

【いっとく食堂】
鳥だしラーメン750円
福岡市中央区赤坂1-9-18
18:00~23:00・日曜&祝日休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン112●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他14
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 23:45 | Comments [0]

●【うどん】鶴八房@博多区博多駅前

5ヶ月ぶりに訪ねると、すっかりメニューが一新されている。念願のかけうどんが「きつねうどん」「刻みゴボウ薩摩揚げうどん」、「きつねと薩摩揚げうどん」、「肉うどん」とそれらのミックス。しばし迷うも、結果「ゴボウ」の文字に惹かれて、刻みゴボウ薩摩揚げうどんをたのむ。

 

鶴八房名物の大きなお盆で供される7~8種の薬味を眺めつつ待つ事しばし、運ばれてきたドンブリには薩摩揚げとたっぷりのワカメ。そして更に「生卵か温泉玉子をサービスしますが、どちらがよろしいですか?」とウレシイお言葉。では温泉玉子をお願いしマス。

うどんもスメもほとんど見えないほどに具だくさんになりシアワセ気分。まずはスメと一啜りすれば、削り節の華やかな風味は必要最小限に、じんわり広がる昆布ダシらしき滋味なるうま味に癒やされる。

ズッシリと重量感あるうどんは、相変わらずのむっちりぃと抗うコシとヒキがググッと我がツボ。具の薬味をアレコレ囓りつつ、ズルズルとカッ喰らう快感よ。

いやぁ、やっぱ好きだな鶴八房。次回は「スジ煮込みぶっかけううどん」か?冷やし肉うどんも気になるぞぉ。

鶴八房
刻みゴボウ薩摩揚げうどん630円
福岡市博多区博多駅前1-18-15
11:30〜20:00(土曜日~16:00)・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン111●チャンポン10●中華麺18●うどん61●そば9●その他14
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 18:49 | Comments [0]

2014年08月11日 月曜日

●【つけ麺】かね庵@北九州市小倉北区

魚介豚骨ラーメンの「らーめん泰玄」が8月は毎週月・火・水は、支那そば専門店「かね庵」として二毛作営業。先日「中華そば」は啜ったので、今日は「つけそば」。温つけスープは中華そばと共用か?魚介ダシがキリリときいた鯔背味と鶏ガラらしき柔らかなうま味。麺もおそらく中華そばと共用らしく、中太むにむに食感が醤油味温つけスープと相性抜群。

欲を言えば具が炙り多チャーシュー1枚はチト寂しい。少なくともシナチク、理想を言えば味玉半個もつけてくれると、ソリャもうマーベラス。

支那そば専門店かね庵(らーめん泰玄)
つけそば大盛り800円
北九州市小倉北区末広2-3-2
営業日不定(8月は毎週月・火・水営業予定)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン111●チャンポン10●中華麺18●うどん62●そば9●その他14
◎8月の総ジョ グ距離39km / 通年188km

Posted by heno at 12:36 | Comments [0]

2014年08月09日 土曜日

●【ラーメン】土竜が俺を呼んでいる@中央区大名

夜は「おでん割烹 油屋」@中央区今泉で飲む。
五島サバの刺身は、いわゆる刺身と炙りが盛ってあったり、
お椀に盛り込んで供されたおでんは、
ナンとも上品なダシで蒸し煮されたハモにハマグリに松茸が、
まるで土瓶蒸しだったりと、
一工夫がウレシイ美味アテに、自然、地酒がクイクイすすむ。

で、〆は久方ぶりに「もぐ俺」。
豆腐の味噌漬けやポテトサラダで芋ロック経由、
名物大根入りのラーメンで締める。
突飛なそのルックスからイロモノと見られがちだがさに非ず。
こっくり広がる豚骨ダシのうま味を十二分に楽しみ、
お腹一杯シアワセ一杯。

 

【土竜が俺を呼んでいる】
らーめん 価格失念
福岡市中央区大名1-9-18
18:00~26:00(日曜~23:00・水曜のみランチ営業11:30~13:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン111●チャンポン10●中華麺18●うどん62●そば9●その他13
◎8月の総ジョ グ距離33km / 通年182km

Posted by heno at 23:51 | Comments [0]

●【中華麺】大名ちんちん@中央区赤坂

福岡市内のフレンチをはじめとした各分野14店の料理人達が、それぞれの店舗で「みやざき食材」を使った料理を提供するグルメフェア「宮崎マルシェ2014」。「大名ちんちん」では宮崎のブランドポークである3種の豚肉をそれぞれに調味して添えた、冷やし汁なし担々麺「冷やし肉そば」を販売。

おいも豚の厚切りチャーシューの宮崎県日向市名産の柑橘で漬け込んだ「へベス漬け」に、まるみ豚のしゃぶしゃぶ、はまゆう豚の肉みそと、それぞれの豚肉の味わいのコラボに加え、太平打ち麺のプニプニと、タレの芝麻醤とピリリと痺れる山椒の風味と、盛りだくさんの野菜のシャキシャキと、味付け玉子のトロン甘味と、薬味のナッツのコリコリと、ソリャもう様々なうま味の複雑、なのに軽快なるハーモニーが魔界天昇美味美味美味っ。

大名ちんちん
宮崎ブランドポーク冷やし肉そば:1000円 ※期間限定販売
福岡市中央区赤坂1-7-27
11:30~22:30・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺18●うどん62●そば9●その他13
◎8月の総ジョ グ距離26km / 通年175km

Posted by heno at 23:32 | Comments [0]

2014年08月08日 金曜日

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その十八

まくりの汁麺全制覇もいよいよ佳境。残すは具ナシのラーメン類と「カレー福ワンタン麺」のみ。で、我が最愛メニューであるカレーワンタン麺はフィナーレに温存し、ラーメン類から啜り終える事に。

ラーメン類でまず啜るべくは「鶏がら塩ラーメン」。まくりのスープの素性がストレートに楽しめるはず!とスープを啜れば、うししドンズバ思惑通り、鶏がらのコクあるうま味がキチンと生きた味わいに、シナチクの風味が映るその様は、真性中華そばのスープだなぁ~!

モチのロンで麺もパーペキ。気持ち麺線長めの中細ストレート麺は、スルルと小気味よい啜り心地然り、嚙んだときのシコッと感然り、コレまた我がツボ。ワンタンがのってない分だけストレートに中華そばとしての旨さを享受しまくり。

IMG_6985

先月メニューの見直し&値上げになる。

まくり_140304

が、汁麺全制覇の主旨から、かつてのメニューで啜った麺をチェック。

黄金の福ワンタンまくり
鶏がら塩ラーメン600円 
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)
不定休(HPに掲載) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺17●うどん62●そば9●その他13
◎8月の総ジョ グ距離26km / 通年175km

Posted by heno at 11:58 | Comments [0]

2014年08月07日 木曜日

●【麺】カルグクス@韓国仁川広域市

IMG_0795

IMG_0793

仁川の庶民の台所「新起市場」の一角で「カルグクス」。
いわば韓国版うどんであるカルグクスだが、
この店では「すいとん」も出していてカルグクスとのミックスもOK。
むりんっとむっちり、それぞれのコシの深さの違いがアナ楽し。
スメはコレでもかとイリコがきいていて、
とろんと粘度ある口当たりが「久留米荘」@久留米市チック。

IMG_0805

海産物の市場である「ソレポグ市場」周辺には貝料理屋が並ぶ。
10種ほどの貝とワタリガニの蒸し煮鍋は、
蒸し汁にそれぞれのダシが出マクリで、ソリャもう旨いのナンの!

IMG_0806

合わせてたのんだ「海鮮チジミ」も
カリッと焼き上げられたチジミと具の魚介類の
食感と味わいのコラボにメロメロ。

IMG_0817

「おぉ日本から来たのですか?!」と
店主が鍋の〆にカルグクスをサービスしてくれる。
ダシ出まくりスープで啜るカルグクスのむっちりに昇天。

IMG_0819

出張最終日の8月7日。無性に参鶏湯が食べたくなり店に寄ると
店頭に長蛇の列。
この日はいわば韓国版土用の丑の日である
「末伏(マルボック)」にあたり、
この日は参鶏湯を食べるのが習慣なのだとか。

IMG_0824

ひな鶏のお腹に高麗人参にもち米、
ナツメ、松の実、ギンナン、ニンニクなどを入れて煮込んだ参鶏湯。
くつくつと泡立つ土鍋で熱々の料理を頬張りつつ、
「参鶏湯を食べて汗をかくと、身体に良い事をした気分なんです」
と同行の現地スタッフ。
ちょうどこの日に参鶏湯を欲した我には韓国人的食欲が宿っているのか?
ナンだかエラク幸せ気分で、はほはほ喰う。

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺16●うどん62●そば9●その他13
◎8月の総ジョ グ距離19km / 通年168km

Posted by heno at 15:47 | Comments [0]

2014年08月05日 火曜日

●【麺】萬多福@韓国仁川広域市

韓国の首都ソウルの東に位置する仁川広域市。東洋のドバイを目指し、我が日本人の想像を遙かに絶する大規模なインターナショナル都市作りが現在進行形の元気都市。古くから海外との交易拠点となる港町で、名物の食べ物も海産物グルメがほとんど。

IMG_6829

IMG_6831

そのひとつ、アンコウの蒸し煮は皿うどんの野菜版。
蒸し煮したアンコウの身と野菜を炒め、あんでとじた一品は
プリップリのアンコウとシャリッシャリのモヤシの
味わいと食感のコラボが、タマラン至福。
〆は余った具でチャーハンに仕上げるも、コレまたデラ美味っ。

IMG_0713

移動途中、公道を戦車を見かける。
これが軍隊を持つ韓国の現実。

IMG_0738

仁川の古都、江華のご当地グルメのひとつが鰻。

IMG_0740

焼肉然と網焼きした鰻をゴマの葉で包んで食べたり、

IMG_0744

日本の蒲焼きと同じように甘辛醤油ダレにつけて
薬味に針生姜を添えて食べたり、

IMG_0742

甘辛い醤に絡めて焼いて食べたりと、
アレコレ変化ある食べ方は、日本のそれより随分と豊か。

 

IMG_0774

仁川には、韓国唯一のチャイナタウンが。
そこで営業する数ある中華料理店の中でも
ダントツ人気No.1が「萬多福」。

IMG_0780

名物料理の韓国ジャジャメンは、
ゆで麺に真っ黒の甘み味噌を絡めて食べる。

IMG_0782

韓国ジャジャメンのルーツは19世紀後期に中国より伝わった
山東省の名物料理であるジャジャメン。
萬多福では韓国に伝わった当時のジャジャメンを復刻した
「100年ジャジャメン」もあり。

 

【萬多福】
ジャジャメン5000ウォン
100年ジャジャメン7000ウォン
韓国仁川広域市中区北城洞2街
11:00~21:30・年中無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺16●うどん62●そば9●その他11
◎8月の総ジョ グ距離6km / 通年155km

Posted by heno at 12:01 | Comments [0]

2014年08月04日 月曜日

●【うどん】はなまるうどん@博多区下臼井

今日から3泊4日の韓国出張。朝早く家を出て福岡空港で朝麺。お目当ては「はなまるうどん」の福岡空港店。

かつての第一次讃岐うどんブームにのって、ここ福岡にも出店した讃岐うどんチェーンだが、いつの間にやら完全撤退。それからかれこれ10年の時を経て今年の4月、親会社である牛丼吉野家のと併設型店舗としてオープン。

我が目当ては夏季限定「鬼おろし冷やかけ」。目の粗いおろし金でザクザクとおろした大根おろし=鬼おろしがたっぷりのた、冷たいスメ×冷たいうどん=冷やかけうどんだが、如何せん鬼おろしがおろしてからカナリの時間を経ているようでエラク水っぽく、ジャキジャキもピリ辛感もほとんど感じないのが残念至極。

冷やスメの味わいは十分に旨いし、冷やうどんもかつてのヘロヘロうどんからすればコレまた十二分に美味しい。なのでメニュー名に鬼おろしを唄うのであれば、も少し拘って旨い大根おろしを添えて欲しいなぁ。

【はなまるうどん】福岡空港店
鬼おろし冷やかけ・南高梅干400円+れんこん天110円
福岡市博多区下臼井778-1 福岡空港第2ビル 3F
7:00~21:00・無休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺16●うどん62●そば9●その他9
◎8月の総ジョ グ距離6km / 通年155km

Posted by heno at 22:54 | Comments [0]

2014年08月03日 日曜日

●【そば】生粉蕎麦 玄@中央区長浜

久方ぶりに啜る「生粉蕎麦 玄」の冷蕎麦だが、ナンだか随分旨くなってない?!蕎麦猪口へと箸で摘まみ入れようとしても、簡単には収まらない麺線の長さゆえ簡単には口に収まらない啜り心地然り、嚙んだときのクニッと抗うコシ然り、更に噛み込んだときの仄かに広がる甘み然り。加えて、気持ち甘めの温ツユ&浮かぶ焼き鶏肉と焼き白葱と喰らう、豊かな味わい然り。で、蕎麦も大盛りにしたにも関わらず、価格は超ウレシイ600円アンダー、てどうゆうこと?!ものの値段の不思議を痛感しつつズルルと啜り、そば湯も目一杯楽しめば、お腹一杯シアワセ一杯。

生粉蕎麦 玄】長浜本店
鶏なんばん大盛り580円
福岡市中央区長浜1-2-24
11:00~22:30・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺16●うどん61●そば9●その他9
◎8月の総ジョ グ距離6km / 通年155km

Posted by heno at 12:59 | Comments [0]

2014年08月02日 土曜日

●【うどん】侍.うどん@博多区博多駅前

昨年夏からの宿題麺である「侍.うどん」の「冷やかけうどん」。先日の店主FBに「トマト冷やかけ」の写真が上がり、期待を胸に訪ねるも、卓上のメニュー書きには「」トマト冷やかけ」どころか「冷やかけうどん」の文字すら見つからない……。すわピンチ!と店員に尋ねると、「冷やかけうどん?出来ますよぉ。メニューには載っていませんが、私のオススメは『冷やかけとろろ梅」です」とのウレシイお言葉。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんは平皿チックな開口部の大きなドンブリが印象的。先ずはスメと一口啜れば、冷やりと心地よい口当たりとともにイイ感じに抑揚の効いたダシのうま味。ヘンに華美に走ることなく、ほっこり感を併せ持つ鯔背な味わいに一口惚れ。

合わさる麺は気持ち偏平した太うどん。キチンと冷水で締められていて、くにぃむっちりぃと密度感あるコシと、挽きぐるみならではの素朴な風味がコレまた我がツボ。さらに薬味がイイ仕事しまくり。とろろ昆布の己のダシを冷スメに映らせつつ、トロトロロォとうどんに絡みつつ口に収まる艶っぽさ+梅肉の塩辛酸味が食欲増進で、This is 夏麺’s Queen !

 

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン、ならぬ鶏白湯うどん

夜は高校時代の同窓会。今年の5月に今宿へと移転した「福寿飯店」で美味中華をつつきつつ懐かし話に花が咲き、中洲の2次会経由で、〆は「釜喜利うどん」の「鶏ダシあつかけうどん」。
シッカリ白濁したスメは鶏白湯の甘みにキチンとプラスされた魚介ダシのうま味が、ムチムチうどんと相性抜群。加えてごろりと大振りの鶏つくね団子の、モッチリ鶏肉とコリッと軟骨の食感が好アクセント。900円はtoo expensiveなれど、おご馳走感満載のこの味わいならば納得価格。他にもイロイロ惹かれる麺メニューばかりだし、街場で飲んだ後の〆は、ここ釜喜利うどんで決まりっ。

 

侍.うどん
冷やかけとろろ梅450円 ※季節限定
福岡市博多区博多駅前4-36-20
12:00~14:30&18:00~21:00(水曜&日曜は昼のみ営業)・祝日休み Pなし

【釜喜利うどん】
鶏ダシあつかけうどん900円 ※18時から限定販売
福岡市中央区大名1-7-8
11:00~22:30・年中無休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺16●うどん61●そば8●その他9
◎8月の総ジョ グ距離6km / 通年155km

Posted by heno at 15:52 | Comments [0]

2014年08月01日 金曜日

●【ラーメン】平乃家@小郡市小郡

「ラーメン好きが創ったラーメン家」なる看板が微笑ましい「ラーメン平乃家」。基山の居酒屋「平乃家」の姉妹店として昨年末にオープンしたラ店とのこと。暖簾を潜ると正面に食券販売機。ラーメンが「とんこつ」と「魚介とんこつ」の2種×麺が細麺と太麺の2種。迷う事無く魚介とんこつを太麺で。

カウンター席に座るとカウンターに蘊蓄書き。魚介豚骨はかつお、さば、あじ、うるめの4種の魚介ダシと、店主があみ出した豚骨の「“本”炊き戻しスープ」のWスープ。そして太麺は大砲ラーメン麺工房の特注麺とのこと。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは大判の海苔とホウレン草の具が印象的。屋号に「家」が付いているし、コリャ横浜家系の味わいなのか?とスープを啜れば、微かに酸味さえ感ずるほどにギュインときいた魚介ダシのうま味と、一足遅れた顔を出す豚骨ダシのフック感なる甘み。コレこそ“本”炊き戻しスープの味力なのか、濃密魚介ダシに負ける事無くほっくりと香り立つ豚骨ダシに感服。

合わさる太麺は、横浜家系お約束の偏平太麺ではなく、3ミリ四方は優にある、まるで細めのうどんのような極太麺。みっちりと密度感あるコシが極旨スープと相性抜群。なれどコノ魚介ダシパンチのスープなら、次回は柔茹でオーダーし、プニプニのうどんチックな麺で啜ってみたひっ。

兎にも角にもズバンっと我がツボな一杯との出会いがシアワセな一杯。コリャとんこつも細麺で是非是非啜ってみたひっ。

 

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十一

夜は大濠花火大会の喧噪あら逃れるべく、「鶏ジロー」@早良区西新で飲み、〆に「鶏白湯らーめん」を啜る。ラーメンは他に「鶏塩らーめん」と「鶏辛らーめん」もあり、それぞれノーマルとハーフサイズで提供。

【ラーメン平乃家】
魚介とんこつラーメン太麺580円
福岡県小郡市小郡1284-1
11:00~15:00&17:00~23:00・月曜休み Pあり

【炭火串焼 鶏ジロー】
鶏白湯らーめん580円
福岡市早良区西新5-1-24
17:00~26:00・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン10●中華麺16●うどん59●そば8●その他9
◎8月の総ジョ グ距離0km / 通年155km

Posted by heno at 12:16 | Comments [0]