HENO HENO: 2014年09月 アーカイブ

2014年09月30日 火曜日

●【うどん】よもぎうどんNIKUYOMOTEI@北九州市小倉北区

月末で超ビジー、なので晩飯は買ってきて!とのカミさんオーダーを思い出し、「よもぎうどんNIKUYOMOTEI」へ。先月に「肉よも亭」が移転オープンした店だ。

時既に午後3時過ぎで昼休み休憩中。ダメもとで店に入り尋ねると、持ち帰りならOKですよとウレシイ返事。パッケージングしている間にメニューを拝見すると、フラッグシップメニューである「肉うどん」に加え、ぶっかけや釜玉、カレーうどんにホルモンつけ麺、クリームうどんなどなど、アレコレとソソられるメニューの数々!

で、夜。帰宅してチマチマと晩麺。むっちり、むりんむりんな深きコシのヨモギうどんは、真緑な見た目に負けず劣らず豊かなヨモギの風味。真っ黒スメはカツオだしらしき豊かな風味と、干しシイタケだしらしき豊かなうま味。かつ、脂を丹念に取り去られた牛ホホ肉のモッチリとした味わいに悦楽美味。

来月より早朝6時から夜9時までノンストップ営業とのこと。広めの駐車場も店頭にあるし、これからの小倉出張の際はチョクチョク寄らせていただきたひっ。

【よもぎうどんNIKUYOMOTEI】
肉うどん750円
北九州市小倉北区三郎丸3-6-20
8:00~14:00&17:00~21:30(10月7日より6:00~21:00)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン142●チャンポン12●中華麺22●うどん68●そば10●その他18
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年335km

Posted by heno at 23:16 | Comments [0]

●【ラーメン】麺屋 玄@北九州市小倉北区

店舗面積は約15坪、席数は15席。「北海道旅行中にみそラーメンのおいしさに出合った」という店主の中川雄一さんは、それまで勤めていた建設資材販売会社を辞め、札幌の「彩未(さいみ)」(札幌市豊平区)の門をたたき、約2年間修業を積んだ。店名の「玄」は「彩未」店主の奥(おく)さんが付けた。
提供するラーメンは、札幌の人気店「純連(すみれ)」に由来する「みそに焼きを入れて香ばしさと甘さを引き出す『純スミ系』」の濃厚なみそラーメンで、おろししょうがを加え、「濃厚でありながらさっぱりした後味」が特徴。札幌から取り寄せるみそに信州産などを加え、「土地の味覚に合うように独自のブレンドをしている」という。豚骨・鶏ガラ・野菜などから取るスープは、修業で身につけたものにアレンジを加えている。
同店があるかいわいは豚骨ラーメン激戦区。「差別化や希少性を狙ってはいるが、ラーメンを食べたいと思った時に『札幌ラーメン』がまだ選択肢にない」と言い、今後は「市内でも珍しい『純スミ系』ラーメンを強く打ち出したい」と抱負を明かす。

※以上「小倉経済新聞」より転載

一見優しそうで、その実「ウチのスープはガッツリ濃い味美味やでぇ!」と自慢しているかに見える貼り紙と、貼ってある曇りガラス越しに、ブワッ、ブワワッ、と火柱を上げる中華鍋。

んで、供されたラーメンはエエ感じに濁り、かつ透明感も併せ持つ、我がツボ系。イヒヒ、旨いんでないのぉ…!とレンゲを持つ手ももどかしく一口啜れば、ナルホド先ほどの磨りガラス越しの火柱は、目一杯のラードをスープへ乳化させるためだったのか?上顎の皮がベロンと剥がれるくらいにソリャもうアッツ熱々の口当たりと共に、控えめだがさりげなく芳醇な味噌の風味と、グリンッと踊る豚骨ダシらしき密なる旨み。味噌はあくまでも調味料&味わいの芯はダシの旨み的味わいが、かつて北海道味噌ラーメンのメッカ札幌で啜った老舗「味の三平」を彷彿とさせる。

麺は「森住製麺」@北海道札幌市製らしき真っ黄色の中太縮れ麺。コツンコツンと堅めのコシと、ムリムリ踊るストロングタイプ。太もやしやシナチク、厚切りチャーシューもガッツリ旨いがイイ仕事しまくりなのがおろし生姜。ともすればクドくなりそうな熱々ストロングスープの味わいに爽やかな辛味をプラス。

いやはや旨い、コリャ旨いっ!と一気盛んに瞬食おご馳走様。うんうん惚れたっ、次回は塩か?!いやはや醤油か??!!

【麺屋 玄】
味噌ら~めん700円
北九州市小倉北区江南町7-1
11:00~15:30&17:00~20:00・月曜休み(加えて不定休あり) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン142●チャンポン12●中華麺22●うどん67●そば10●その他18
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年335km

Posted by heno at 22:13 | Comments [2]

2014年09月29日 月曜日

●【ラーメン】龍の家@熊本県熊本市

午後3時前。早朝からの熊本県大津町での仕事を終え、夕方からの現場である福岡県糸島市へ移動がてらサクッと昼麺、「龍の家」の益城インター店へ滑り込む。

我が目当ては「魚介&鶏ダシのつけ麺」だったが、思った通り夏季限定メニューだったらしく今は無し。ならばいっその事、未だ啜った事の無かった龍の家の基本メニューであろう「ラーメン純味」をば、いざ啜らん。

卓上には紅ショウガ&辛子高菜&辛子もやし
=出身店である一風堂のDNA

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに泡だったスープにウキウキ気分で一口啜れば、豚骨臭はキチンと取られるも豚骨ダシがキチンと香る丁寧フェミニン味。ラー麦チックなシュルっ&パキンっの勢いアリまくりの細麺の味わい然り、元気一杯の男性店長&その他は全て女性の店員の元気一杯&心づくしの接客然り、うんうんナルホド、こりゃ繁盛するのも納得だ。

龍の家】益城インター店
ラーメン純味600円
熊本市東区桜木6-7-20
11:00~24:00(金土祝前日~26:00)・無休 Pあり
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン141●チャンポン12●中華麺22●うどん67●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離100km / 通年335km

Posted by heno at 22:12 | Comments [0]

2014年09月28日 日曜日

●【そば】大地のかぜ@中央区天神

ミシュラン福岡・佐賀2014にも掲載された「かぜのたみ」@筑紫野市の美味蕎麦がリーズナブル価格で啜られる「十割そば かば田」が、いつの間にやら「大地のかぜ」と改名しリニューアルオープン。かば田時代はランチタイムに明太子食べ放題と、「明太子のかば田」色が香るオペレーションだったが、姉妹店の屋号の「かぜ」をいただき、蕎麦の価格もチト値上げして、より旨い真性蕎麦屋として再スタート。

再スタートを祝い、メニュー筆頭=店の一押しメニューであろう「せいろ650円」。キリリと角が立った男前の蕎麦をツユに軽くつけ、ずるるぅと啜れば、シュルシュルルゥと小気味よく口に収まりつつ、ふわっと鼻腔を擽るツユだしの芳しき香り。

うへへとニヤけつつ蕎麦を噛み込めば、こりんっと弾け、同時に広がる青甘い蕎麦の風味。リニューアル間もない応援か、せいろを運んできたかぜのたみ店主によると北海道産の新そば粉で打ったとのことだが、気持ち甘めのツユも相まって、ナルヘソ青いね甘いね美味しいねぇ。

10月からは夜営業=蕎麦屋酒もシッカリ楽しめるとか。んならば次回は夜。呑みます呑みます、啜ります啜りますっ!

十割そば【大地のかぜ】
せいろそば650円
福岡市中央区天神3-1-16
11:00~18:30 ※10月からは夜営業もスタート・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン140●チャンポン12●中華麺22●うどん67●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離93km / 通年329km

Posted by heno at 21:07 | Comments [0]

2014年09月27日 土曜日

●【うどん】大木戸@中央区舞鶴

今週から冬期バージョンとなった「大木戸」の「カレーうどん」。適度にスパイシー、かつ円やかなスメの旨さもさることながら、この夏にバージョンアップしたうどんの旨さが半端ナイ。オーストラリア産から国産へと使う小麦を変更した結果なのだろう、むっちりと踊るコシと噛み込んだときの甘みがウハウハ美味。夏はひやかけで食べたが、このうどんは温うどんがよく似合う。ならば次回はシンプルに温かけうどんで楽しみたひっ。

大木戸】福岡舞鶴店
カレーうどん 価格失念
福岡市中央区舞鶴2-8-29
11:00~15:00&17:30~20:00(土曜は昼のみ)・日祝休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン140●チャンポン12●中華麺22●うどん67●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離82km / 通年318km
Posted by heno at 06:37 | Comments [0]

2014年09月26日 金曜日

●【ラーメン】マグマ食堂@熊本県南阿蘇村

長年の念願叶って「マグマ食堂」。博多同様に豚骨、更にニンニク風味至上主義の熊本で、和食の職人だった店主が2001年より和食ベースの否豚骨ラーメンを提供。

味噌や醤油、味噌にカレー、納豆冷麺などなど、でもかアレコレあるメニューから「塩ラーメン」をチョイス。チャーシューに半熟玉子、ワカメに加え、ドエラク我がツボなレモンスライスが味わいの要。恐らく豚骨×鶏ガラの旨さが素直に生きたスープに、イイ感じにガソゴソ&ムチッと食感が快感の麺に、バラエティ溢るる具の旨さが加勢して、ズルズルズルルぅと一心不乱に瞬食ゴメン。

マグマ食堂
塩ラーメン831円
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰4607-1
11:00~14:30&17:00~20:30(土日祝11:00~20:30)・不定休 Pあり

Posted by heno at 12:40 | Comments [0]

2014年09月25日 木曜日

●【チャンポン】香蘭@長崎県諫早市

有明海を望む長崎県小長井町で、チャンポンが旨いと評判の「香蘭」。住所を頼りに訪ねると、町役場の近くの有明海沿いに「あさりちゃんぽん650円」の看板。

スタンダードなチャンポンに加え、地元産のあさりや牡蠣を調理したチャンポンが名物。もちろん冷凍物は使わないので「カキちゃんぽん」は冬季限定。で、牡蠣の無い時期限定販売も「アサリちゃんぽん」。

ドンブリ中央に山盛りされたアサリは、丸みのある殻から溢れんばかりにふっくらと太った身が、ソリャもうデリシャス。そしてアサリから醸し出されたのか、スープがソリャもう半端なく貝のダシが効きマクリ。合わさるチャンポン麺の、スルルゥ、ポワンッとナンとも軽やかな食味が、スープの味わいを更に強烈に際立たせる。で、貝のダシ風味が食べ進むうちにグイグイ強まり、あたかもエビかカニのダシのように感じるメガトンパンチ美味。

いやはやオッタマゲ~(コンバット亘調で)なインパクトありありチャンポン。ならばいよいよ気になるぞぉ、カキちゃんぽん!

【香蘭】
アサリちゃんぽん680円 ※季節限定
長崎県諫早市小長井町小川原浦504-9
10:00~20:00・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン139●チャンポン12●中華麺22●うどん66●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離71km / 通年307km

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2014年09月24日 水曜日

●【ラーメン】冨ちゃんラーメン@城南区樋井川

1年ぶりに啜る「冨ちゃんラーメン」で、今更ながら豚骨ラーメンの真髄を痛感。

醤油、塩、味噌と多くのラーメンはタレの種類で呼ばれるも、豚骨ラーメンのみがダシに使う食材が名称となる。結果、他のラーメンはタレ=コンスタントに味わいを提供出来やすいが、豚骨の味わいの芯はダシの風味=かなり曖昧。店毎に異なるし、同じ店でもその日の仕込み次第で微妙に異なるのが、風味。

その風味を最も効果的に感じる術は、細麺を一気盛んに啜り上げること。啜る勢いで麺に絡んだスープの風味が鼻へと抜け、鼻腔がダシの風味を感じ取る。

で、冨ちゃんのラーメンは、豚骨風味の出来もさることながら、それを感じる際に不可欠の細麺の啜り心地が、すこぶる良好。啜り心地が軽くて、一気盛んに口に収まる際にスープもチャンと絡め取ってあるから、香り立つ風味が半端ナイ。加えて、コリッ、ニチッ、な鯔背食感。ナンとも男前な味わいに、若き店主の味力を思い知る。

【冨ちゃんラーメン】
ラーメン600円+替え玉100円
福岡市城南区樋井川6-7-12
11:30~21:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン139●チャンポン11●中華麺22●うどん66●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離71km / 通年307km

Posted by heno at 22:15 | Comments [0]

2014年09月23日 火曜日

●【ラーメン】かい@西区今宿駅前

初めて啜った時に一口惚れした「かい」の豚骨。今日は午後3時前という時間帯ゆえか、我が好みに対し豚骨ダシ&塩気が濃すぎて、コレはコレでストロング美味なのだが、ロートル麺喰いはモットモット&心許ないほどにライト味わいのスープが好き。

【ラーメンかい】
ラーメン+替え玉650円
福岡市西区今宿駅前1-5-5
11:30~15:00&18:30~24:00・日曜日休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン138●チャンポン11●中華麺22●うどん66●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離71km / 通年307km

Posted by heno at 19:14 | Comments [0]

2014年09月22日 月曜日

●【ラーメン】ぶんりゅう@中央区那の津

久方ぶりに啜る「ぶんりゅう」は、うっすら白濁するスープが相変わらずの淡麗美味。そしてスルッと口に収まりコリッと跳ねる、小気味よい細麺の食味も、また然り。この軽やかな食味こそ、長浜ラーメンの真骨頂。で、デフォルト状態で一気完食し、ついつい禁断の替え玉コール。今度は卓上のゴマと紅ショウガをドーピングしワシワシとカッ喰らえば、元気一杯腹一杯、さぁさ、もう一仕事ガンバンベェ。

【ぶんりゅう】
ラーメン500円
福岡市中央区那の津4-2-8
10:00~15:00 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン137●チャンポン11●中華麺22●うどん66●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離62km / 通年298km

Posted by heno at 10:07 | Comments [0]

2014年09月21日 日曜日

●【ラーメン】晴華楼@中央区六本松

で、一夜明けての昼麺も、家族揃って連日の「晴華楼」。我が目当ての「ラーメン(醤油)」は、期待通りの滋味美味麺。以前本店で啜った時との相違は海苔が有るか無しか。それ以外は、ネギ油&揚げネギの風味が効いた醤油スープ然り、中太麺のほっくりコシ然り、太もやしにニラに太シナチクに、白葱、モッチリチャーシューの様々な具の味わいのコラボ=味わいの深み然り。いやぁ好きだな、旨いな、晴華楼。

ここ福岡市には、有りそうで実際なかなかお目にかかれない、優良街のイニシエ中華料理店。ならば次回は夜。レバニラなど一品料理で焼酎飲んで、締めにこのラーメンをば啜れば、間違いなく至福必至。

【晴華楼】
ラーメン500円
福岡市中央区草香江1-1-9
11:00~15:00&17:00~22:00(日祝 11:00~20:00)・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン136●チャンポン11●中華麺22●うどん66●そば10●その他18
◎9月の総ジョ グ距離62km / 通年298km

Posted by heno at 20:46 | Comments [4]

2014年09月20日 土曜日

●【チャンポン】晴華楼@中央区六本松

午後9時過ぎ、ようやっと仕事が終わり家路につく。も、昼はまともに食事も取れなかった=麺が啜れなかった=やっぱり一日一麺啜りたひっ。そう言えば、ぼちぼちオープンしているのでは?と立ち寄ると、ピンポ~ン、「チャンポン 中華丼」と書かれた赤提灯。

かつて「歓迎你」が営業していた店舗に今月オープンした「晴華楼」。午後10時の閉店間近で先客はナシ。スタッフの一人がカウンター席で遅い夕食を食べている。テーブル席に座ると、「すみませ~ん、ご飯を切らしてしまったんですよぉ」と奥さん。麺類は?と尋ねると、麺は大丈夫とのこと。ならばモーマンタイ&ノー問題!

メニューを見ると、麺は「皿うどん」、「あげそば」、「汁ビーフン」など、正統町の中華料理屋的ラインナップ。「ちゃんぽん」か「ラーメン(醤油)」かしばし迷うも、店頭の赤提灯にチャンポンの文字もあったことだし、とチャンポンをたのむ。

壁の高い位置に設置されたテレビを眺めつつ待つ事しばし、運ばれてきたチャンポンは、優良街のイニシエ中華料理店ならでなはのフワリ香り立つ甘き香り。そして白磁の器に黄土色のスープ&中央部にこんもり盛られた具が、ナカナカの男前。

うん、コリャ旨いに違いなひっ!とレンゲでスープを一啜りすれば、ソリャもうどえらくアッツ熱の口当たりともに、軽やか、かつ円やかに広がる鶏ガラらしき滋味なる旨み。

合わさる麺もドエラク旨いっ。気持ち太めの製麺所製茹で置きは、ぽわんと跳ねニッチリと粘る食味が、ひょっとしてトウアクを使ったチャンポン麺なのか?適度にシャキッと感を残す野菜の具の加熱具合も抜かりなし。

ナンちゃナイけどキチンと旨い一杯に万歳三唱。オープン間際なのに暖簾に「創業 昭和四十八年」の文字。精算時に尋ねると、やっぱり「晴華楼」@博多区祇園の息子さんが独立開業された店なのだとか。うぬぬ、と言う事は「ラーメン(醤油)」は、あの絶品ラーメンなのだろうか……!?

【晴華楼】
チャンポン600円
福岡市中央区草香江1-1-9
11:00~15:00&17:00~22:00(日祝 11:00~20:00)・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン135●チャンポン11●中華麺22●うどん66●そば10●その他17
◎9月の総ジョ グ距離62km / 通年298km

Posted by heno at 21:33 | Comments [1]

2014年09月19日 金曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

「行徳家」の新作期間限定麺は、店主の片腕として働くチーフ宮崎さん作「バジルカレ~麺」。

鶏ガラだしのホッコリとしたうま味がきいたスープの表面に浮いたカレーオイルが、軽やかにオリエンタル風味。なれど食べ進むうちに、クミンで風味付けしたキャベツや、ニンニクがきいた自家製バジルのジェノベーゼソースが映り、グイグイとパンチのきいた味わいへと変化する様が、痛快愉快。

合わさる中太縮れ麺も、心なしかいつもと異なるシャープな食感に感じるのは気のせいか?兎にも角にも、創作ラーメン作り名人の行徳家DNAを見事に引き継いだ、宮崎家デビュー作品にボーノボーノ!

行徳家
バジルカレ~麺680円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン135●チャンポン10●中華麺22●うどん66●そば10●その他17
◎9月の総ジョ グ距離46km / 通年282km

Posted by heno at 17:32 | Comments [0]

2014年09月18日 木曜日

●【ラーメン】一風堂@中央区薬院

うんうんうん!
「秋薫る中華そば」なるメニュー名に偽りなし。
コリャ薫る薫る、エラク旨い旨いっ。

サンマ節をきかせたという清湯スープは、ほの甘い魚介ダシの風味がストレートに&爽やかに活きた、チト和風な醤油味。その絶妙なる和風加減がナンとも艶っぽくて、色っぽくて。

合わさる麺は気持ち細めの中太縮れ麺。ばりんっと無骨なコシが存在感アリアリで、上出来スープと対等に渡り合う。そしてナニより驚くべきは、麺を啜った時にフワッと鼻へ抜けるキノコの密なる薫り。シイタケにマイタケにシメジだろうか?3種類の揚げたキノコの具から映る風味が半端ナイ&タマラナイ!

コリャ旨ひっとズルズル啜り、半分ほど食べ終えたところでカボスを搾り入れると、アラ不思議!スープを啜る度にあたかもサンマの塩焼きを食べているかのごとき、コレまた濃密な薫り薫り薫り。加えて、もっちりチャーシューに、コレまた磯薫る海苔の風味と、コレでもかと旨い一杯に、一風堂のソコヂカラを思い知る。

コレまでもアレコレと一風堂の期間限定麺を啜ってきたが、コレほど旨いと感じたのは初めて。コレってひょっとして、麺レシピの出来の違いではなく食べる店舗の調理味力の違いだったのかも……。ならば次回の期間限定麺もココ薬院店か塩原店で啜ってみたひっ。

一風堂】薬院店
秋薫る中華そば850円 ※10月31日までの期間限定販売

福岡市中央区薬院1-10-1
11:00~26:00(日祭~24:00) Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン134●チャンポン10●中華麺22●うどん66●そば10●その他17
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 21:29 | Comments [2]

2014年09月17日 水曜日

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その二十

前回思わぬ煙害にあい再訪を躊躇するも、やっぱ旨い麺は啜りたひい、志した全汁麺制覇をコンプリートしたひっ!で、残る4麺から「鶏がら塩にんにくラーメン」をたのむ。

味わいの芯は「鶏がら塩ラーメン」だが、キュンッときいたニンニクの風味は単におろしニンニクを足しただけでは無く、おそらくスープ表面に光る香味油の効能か。「葱爆麺」のそれを流用しているのだろうか、インパクとある食味が男前。

まくり_140900

汁麺全制覇の主旨から、かつてのメニューで啜った麺をチェック
現在のメニューはコチラ

 

黄金の福ワンタンまくり
鶏がら塩にんにくラーメン600円 
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン133●チャンポン10●中華麺22●うどん66●そば10●その他17
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 20:52 | Comments [0]

2014年09月16日 火曜日

●【ラーメン】もとむら@佐賀県佐賀市

午後2時半、江北町での仕事がようやっと終わり、あぁ腹減ったぁ。で、久しぶりに「いちげん」で啜るか?と思うも、いやいや間もなく3時で昼休憩に入るはず。うぬぬぅならば、休憩なしのフルタイム営業である「もとむら」だっ。

ざっ、ざっ、ざっ、カ~~ンっ、カ~ン。

2年ぶりに訪ねると、厨房に主人の姿は無く、息子さんが凜々しい表情で麺を揚げている。平笊で麺をすくい湯切りをし、最後に鍋の縁へザルを打ち付け、ドンブリへ盛る。父親に勝るとも劣らぬ仕事ぶりに惚れ惚れしつつ、出来上がりを待つ。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、イイ感じに透明感を残した黄土色のスープに旨さを確信。レンゲを持つ手ももどかしく一啜りすれば、ぽたっと広がる脂の甘味とふわりと広がる豚骨ダシの円やかなうま味。むふふぅコレコレ、この味わいこそ佐賀ラーメン!とワクワク、ウキウキ。

合わさる麺は微かにアルデンテ感あるコシを残す絶妙ヤワで、コレまた佐賀ラーメンの真骨頂。加えて、博多ではチャーシュー麺で出しても遜色ないほどてんこ盛りのチャーシューの旨さ。適度にキシキシで塩気も気持ち強めなので、スープの甘みを際立たせる絶品薬味。

加えて改めて感心したのが、スープと麺の量のバランス。これ以上麺が多いと、スープのうま味も半減するし、麺ももつれて啜りにくいし、これ以上スープが多いと、麺の量が極端に少なく感じられて、食後の満腹感に欠ける。そのギリギリのバランスで作る麺とスープの黄金比が、ものの見事に結実している。なので、喰ってて旨いし、食後の満足感も高い。

2年ぶりに啜ったおかげで、食べ慣れてくると感じなくなってしまう味わいの良さに、改めて気付かされたシアワセ。なのだが、この旨さは2年ぶりでは無くしょっちゅう味わいたひっ。

【もとむら】
ラーメン570円
佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸1144-1
11:00~20:30・水曜休み(祝日の場合は翌日) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン133●チャンポン10●中華麺21●うどん66●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 15:53 | Comments [0]

2014年09月15日 月曜日

●【うどん】麺工棒@山口県下関市

「大津家」と共に気になっていた下関市の宿題麺屋が、その名も「麺工棒」。讃岐仕立てのうどんが啜れるとアチコチのブログで評判のうどん屋である。

住所を頼りに訪ねると、JR下関から彦島へと川をまたぐ高架道路を超えてすぐに、真新しい外観。昨年末、下関市熊野町から移転オープンしたらしい。

暖簾を潜ると、すぐ右手が麺打ち室と茹で釜。華奢な体つきの若き女性が、黙々とうどんを茹で揚げ、丼に盛りツユをかけ、客に供する。なれど、あまりに丁寧に茹で立てを供しようとするあまり、次々と訪れる客をさばききれず、店内には出来上がり待ちの客が列を作る。

旨いうどんが啜れるのならば、喜んで♪ 待つわぁ、私ま・つ・わぁ ♪と待つ事しばし、ようやく私のオーダーの番に。壁に掲げられているメニュー書きには「かけ」「ぶっかけ」「醤油」「釜揚げ」「釜玉」「冷玉」「ざる」の6種類&かけとぶっかけは、「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」がチョイス可能。で、迷う事無く、かけうどんをひやひや(=冷たいうどん×冷たいかけスメ)で。

オーダーと共にうどんを茹で上げ、氷入りの冷水でシッカリ締めて、ドンブリへ&クーラーボックスに冷やしてあった冷かけスメを注ぎ、供される。それを受け取り、数ある具から、せっかくの下関だからと名物ふくの天ぷらを選び、テーブルへ。

ぬぬぬぅ…、この細打ちうどんに、透明感あるスメの取り合わせは、もしかしてぇ……??と、先ずはスメを一啜りすれば、スキッと透明感ある瑞々しさにイリコだしの旨みが綺麗に映るその味わい然り、カナリ細めのうどんの、スルルと小気味よい啜り心地と、嚙んだときのプニュッと柔らかめのファーストインプレッション&その印象を軽やかに笑い飛ばすニッチリと抗う深きコシ然り。コレって限りなく、本場讃岐の名店中の名店である「なかむら」とソックリでないのぉ!!ご当地ネタとしてウケ狙い感あるふく天も、ナンのソノ。厚めの身のふっくらと旨いその味わいに、コレまた感激。

しかもしかも、我に続く客がたのんだ「ざるうどん大」の、うどんの量が、ソリャもう半端ナイ調山盛りうどんチョモランマ?!とサービス満点。

いやはやビックリ、驚き桃の木山椒の木。下関でなかむらのうどんに出会う奇跡に感謝感激雨霰。コリャまた是非とも次回、数あるメニューの中で惹かれた「冷玉」なぞ啜ってみたひっ。

【麺工棒】彦島店
ひやひやかけ360円+ふく天140円
山口県下関市彦島本村町6-19-5
11:00~15:00頃・無休(年末年始に5日間お休み)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン132●チャンポン10●中華麺21●うどん66●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 12:02 | Comments [0]

●【ラーメン】大津家@山口県下関市

昨年7月にオープンした「大津家」。「ぐるっとまわってちゅるちゅるぽん」によると「福座」@石川県金沢市で修行した店主が開業した「金沢ブラック」が啜れる店だ。

オープン直後の11時半に訪ねると先客はナシ。なれど、次から次へと来客が続く。どうやら開店一年にして、地元ではカナリの人気店となったのか。

カウンター席に置いてあったメニューを見ると、ラーメンが「ブラック」と「豚骨」の2種で、我が目当てだったブラックは麺が、中太麺or細麺に、スープがネギ油仕様の「あっさり」or背脂仕様の「こってり」から選択出来る。迷わず中太麺×あっさりでたのむ。

むふふっ!ナルホド目一杯ブラックブラック!

ほどなく運ばれてきたドンブリには漆黒スープの上に1センチほどの脂の層。レンゲで一啜りすれば、ブラックな見た目に反してえらくマイルド。ダシの風味は京都ブラック「新福菜館」風ではあるが、タレがオリジナル仕様なのか、啜った印象は円やか滋味。ブラック味を期待するとスッと肩すかしだが、先入観なく味わえば、軽くて円やかなこの味わいはコレはコレで十分にアリアリ!

合わさる中太麺の食味もスベスベ&サクッと軽い食味でスープとの相性もバッチグー。モチッと旨いチャーシューとパリパリ太もやしとシャクシャクねぎもイイねイイねぇ。

いわゆるブラック味とは一線を画するオリジナル大津家ブラック。twitter情報によると魚介豚骨ラーメンも開発中らしい。着々堅実に進化を遂げるラ店はダイスキ。またの機会に再食したひっ。

めん処【大津家
ブラック600円 中太麺 &あっさり
山口県下関市生野町2-30-9
11:30~14:30&17:30~21:00・月曜休み(祝日の場合は翌日)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン132●チャンポン10●中華麺21●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 11:35 | Comments [0]

2014年09月14日 日曜日

●【ラーメン】ムタヒロ@博多阪急「全国うまいもの大会」

そばがアレだけ旨いのだから、つけ麺も啜らねばっ!で再訪。

背脂と煮干しの粒子感ある温つけ汁は、ニボニボ風味もさることながら、背脂の甘さと醤油ダレのキレがせめぎ合う濃密美味。締め方が絶妙に温冷たい極太麺は、適度にコシも残しつつもモッチリ旨しっ。

ムタヒロ
アハハ煮干しつけ麺800円 ※期間限定販売
福岡市博多区博多駅中央街1−1博多阪急「全国うまいもの大会」

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン131●チャンポン10●中華麺21●うどん65●そば10●その他17
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 20:44 | Comments [0]

2014年09月13日 土曜日

●【ラーメン】ムタヒロ@博多阪急「全国うまいもの大会」

カタクチイリコの煮干しラーメンが人気の「ヒロムタ」@東京都国分寺市が、博多阪急の催事「全国うまいもの大会」へ出店。啜った瞬間、キンキンと金気ある煮干しドパンチと、背脂の甘みのコラボがソリャもう旨いのナンの。合わさる麺は極太縮れ麺。モッチモチのプリンプリンな食感と、噛み込むほどに広がるうま味が、けへへぇマーベラス。

「いかがでしたぁ?塩加減がきつくなかったですか?」
和やかに見送ってくれた店主の笑顔もさることながら、如何にもデパガな女性店員のサービスも新鮮楽し。デパートの催事イートインは初体験だが、普段食べる事の出来ない遠方の麺をデパートのサービスで食せる楽しさ。いやはやコリャくせになりそう……!

ムタヒロ
ワハハ煮干しそば810円 ※期間限定販売
福岡市博多区博多駅中央街1−1博多阪急「全国うまいもの大会」

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン131●チャンポン10●中華麺21●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 22:09 | Comments [0]

2014年09月12日 金曜日

●【中華麺】真心@中央区渡辺通

気持ち甘めのスープは鶏ガラらしきダシのうま味と存在感ある魚介ダシのコラボがストレートに楽しめる滋味。中太麺のもっちりコシとの相性も抜群。具は自家製叉焼の細切りと、ニラと、揚げタマネギらしきカリカリ揚げ物。食するほどに味わいが七変化する様が、あな愉快。

Chinese Kitchen【真心】
自家製叉焼と葱の汁そばセット750円
福岡市中央区渡辺通2-3-8-1F
11:30〜14:00&17:30〜21:30・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン130●チャンポン10●中華麺21●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 11:37 | Comments [0]

2014年09月11日 木曜日

●【中華麺】真心@中央区渡辺通

「その一杯が食べたくて。」の記事にググッと惹かれて、「真心」へ。「星期菜」@中央区須崎町出身の若き店主が、先月末にオープンした中華新店。ランチタイムは「特製担々麺」「自家製叉焼と葱の汁そば」「色々野菜のあんかけ汁そば」「赤酢風味の四川風汁そば」の4種麺に、それぞれサラダ+白飯+漬け物をセットして750円。なのだが、日替わりで「本日のサービス麺セット650円」があり、今日は四川風汁そばなのだとか。なにせ酸っぱ辛い麺は大好物!なので渡りに船と、四川風汁そばセットをたのむ。

咲きに運ばれてきたサラダを食べつつ待つ事しばし、運ばれてきたドンブリはルビー色のアンとじスープが、ソリャもうベッピン。こりゃ旨いに違いナイっとレンゲを持つ手ももどかしく一啜りすれば、アッツ熱トロットロの口当たりとともに広がる、適度な酸っぱ辛さとダシの滋味。

合わさる麺は中太麺。もっちりとした食味がトロトロスープと相性抜群。加えて豆腐、ニラ、タケノコなどの具との食感&味わいのコラボが、ソリャもう楽し旨し。一見ベーコン風の肉片は、自家製叉焼だろうか?どの具もそれぞれ味わいが濃く、口に収まる具の種類の違いで味わいの印象が大きく変化する様がドエラク悦楽。ならばと別皿で出された漬け物のザーサイもトッピングし、ハホハホ、トロトロ、モッチリ、パリ、フワ、一気完食。

量も十分あって腹一杯。で。白飯を残してしまったが、希望すれば白飯をデザートに変える事も出来るのだとか。味良し、サービス良しで、一口惚れ。こりゃ是非とも全メニュー啜らねばっ。

Chinese Kitchen【真心】
赤酢風味の四川風汁そばセット750円
福岡市中央区渡辺通2-3-8-1F
11:30〜14:00&17:30〜21:30・日曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン130●チャンポン10●中華麺20●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 21:22 | Comments [0]

2014年09月10日 水曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

「行徳家」の最新期間限定麺は、レギュラーメニューである「白湯ラーメン」の裏メニューとして販売。通常の白湯ラーメンに燻製の風味を加えたという一杯は、白湯の上に浮く茶色の香味油が、燻製の風味とコール&レスポンスして、そりゃもう目一杯魚節味スモーキー美味。燻製の香りがダシの味わいを引き立てる、コレぞ正に「風味」だよなぁと感心しきりで一気完食。

行徳家
燻製白湯ラーメン600円 ※期間限定裏メニュー販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン130●チャンポン10●中華麺19●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離32km / 通年266km

Posted by heno at 14:15 | Comments [0]

2014年09月09日 火曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

トロンと濃密かつ円やかなスープに、ムチッとコシある偏平中太麺。正に至福な「シフク」の「鶏白湯らぁめん」を啜ると、スタンプカードが5個たまり、替え玉が無料サービスなのだとか。

で、替え玉に初挑戦すれば、茹で上げ時間を短くしようと意識してか、専用の中細丸麺。むにゅんと解けるコシがオモロイが、やっぱりこの濃密美味なスープには、偏平中太麺の方が似合っている。あな奥深し、鶏白湯ラーメン。

【シフク】
鶏白湯らぁめん650円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~21:30・日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン129●チャンポン10●中華麺19●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離22km / 通年256km

Posted by heno at 07:30 | Comments [0]

2014年09月08日 月曜日

●ONE ASIA アジア麺ロードを行く

 

RKB毎日放送 9月15日(月・祝)午前9:55~10:50

 

街中の飲食店から大手企業まで、今「日本の麺」が続々とアジア各国に出店している。「アジア人の麺好き」を舞台に、人とアイデアとお金が動いている。

何故それほどアジアで日本の味が流行るのか…

アジアの人に愛されている「麺」にはどんな秘密があるのか?

その理由を探るべく、佐藤隆太、田中圭、葉山奨之の3人の旅人がアジア各地の麺を求めて旅に出る。

佐藤隆太が訪れたのは、日本とつながりの深い国、台湾。台北では、いま日本式うどんの店が続々とオープンし、日本食であるうどんが大ブームなのだという。

佐藤が台北の朝市で最初に食べたのは、漢方の八角などと一緒に甘辛く煮込んだ牛肉スープを麺に入れて食べる台湾名物の「牛肉麺」や、台湾人には定番の「海産烏龍麺」。

烏龍麺とはうどんのように太くてコシがある麺で、出汁には日本でなじみ深いかつおぶしがたっぷりと使われていた!その他には、米粉を使用した麺「ミータイムン」など、台湾独自の麺にも挑戦。「ミータイムン」はぶっかけうどんと似ていて、台湾式の黒大豆醤油が使われている料理だ。そこで佐藤は台湾式黒大豆醤油の蔵を訪問することに。台湾式の醤油と日本の醤油との違いに迫る。

台湾にもカツオ出汁のうどん文化があることを発見!

日本のとんこつラーメンが大人気だというタイを訪問したのは、田中圭。タイではもともと、麺料理のスープは豚骨で取るのが主流だという。

まず田中が向かったのは、バンコクの中心部で30年も営業を続けているという人気ラーメン店。名物の「とんこつつけ麺」を食べるが、果たしてその味はいかに?

続いて、舟屋台で水上からを売り歩く「舟そば屋」に遭遇。舟で売られていたのはタイ風のとんこつラーメンだった。コクを出す為の隠し味に豚の血が!!

続いて訪問したのは、タイ北部のチェンライ。この地域には、どの家庭でも「納豆」を作るという「納豆村」と呼ばれる村があるという。その村で、田中が出会ったのは、家族に代々受け継がれる納豆を蒸してペースト状にしたものに唐辛子を入れたとんこつスープに、豚バラ、トマトが入った麺「納豆豚骨ラーメン」(カノムチン・ナムギアオ)という不思議な麺だった。

日本スタイルの濃い味「とんこつ」が受けているだけでなく、価格競争も起こっていた。

葉山奨之が向かったのは、幸福の国、ブータン。実は、ブータンでは「そば」を古くから栽培しているのだという。

「ハ」という村に向かった葉山は、ブータン式の歓迎を受け、「プッタ」と呼ばれるブータンの10割そばを食べることに。日本と同じように作られているそばを見て驚くが、そのプッタの調理法は日本そばとはまったく違うものだった!

「うどん、ラーメン、そば」古くからの味を守り、食べられ続ける麺。

新しい味を取り込みながら、進化し続けているアジアの麺。

そこで3人の俳優が目の当たりにしたのは「日本と似た食文化」の発見だった!

Posted by heno at 07:29 | Comments [0]

2014年09月06日 土曜日

●【中華麺】ミスタードーナッツ@早良区西新

四川飯店・陳建一監修の、ミスタードーナッツ「Premi-Yum」の一品、酸辣湯麺を点心セットで。まぁまぁこんなものかなぁと、女子度が高すぎる店内で気恥ずかし度満点で啜る、麺バカ中年オヤヂ一匹。

【ミスタードーナッツ】
酸辣湯麺・点心セット750円
福岡市早良区西新4-7-30
7:00~23:00(金土祝前日~24:00) Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン128●チャンポン10●中華麺19●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離16km / 通年250km

Posted by heno at 23:49 | Comments [0]

2014年09月05日 金曜日

●【ラーメン】けん翔@東区多の津

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十三

前回、「拳ラーメン 豚骨」を啜った時に発売を知った「翔ラーメン 鶏」。もしかして…!?と楽しみにオーダーすると、ピンポ~ン大当たりぃ、期待通りの鶏白湯ラーメンでないのぉ~~!!

ぽったりと白濁したスープは、啜った瞬間ぶわぁと広がる上質鶏白湯ならではの豊かな甘み。外連味は一切ナシ、素直に、かつ円やかに広がるダシのうま味にイチコロ、メロメロ。

鶏白湯名店「シフク」と味わいのベクトルは同じだが、ぽってりシフクに対し、気持ちスッキリ感=味わいの切れがある。そして麺もポッタリなシフクは太偏平麺、切れあるけん翔は細麺が合わせてあり、それぞれスープとの相性抜群。それぞれにそれぞれの旨さ。なるほど鶏白湯も奥深し。

そしてナンと、ウレシイことにチャーシューのタレが控えめになっているではないか!コレなら美味スープを邪魔する事無く、いやむしろスープの旨さを際立たせる名脇役誕生だ。

加えて、魅惑的な辛子高菜もテーブルに置いてある。ナンとも旨そうな見た目に誘惑されて、ついつい禁断の替え玉コール。麺に添えカッ喰らえば、ナニかダシも効かせているのか?コレまたドエラク旨辛い辛子高菜に感服。ナレどナレど、この美味スープは辛子高菜で味変は、モッタイナ~イ!次回はストレートに替え玉×美味スープのコラボをば堪能したひっ。

けん翔ラーメン
翔ラーメン500円
福岡市東区多の津1-13-1
11:30〜15:00 ※スープ等なくなり次第終了・不定休
Pなし(店舗向かって右手のコインPが30分無料)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン128●チャンポン10●中華麺19●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離8km / 通年242km

Posted by heno at 12:53 | Comments [0]

2014年09月03日 水曜日

●【うどん】博多製麺組合@博多区

4年前に筑豊の辺鄙な場所に開業し、先月、福岡市内に支店を出店した「筑豊製麺組合」。その屋号通り、ド緑な太うどんは恐らく自家製麺。むりゅんと解ける伸びゴシも一興。なれど、「いわさき」@北九州市小倉北区しかり、「肉よも亭」@北九州市小倉北区しかり、よもぎうどん=茹で立てとインプットされマクッテいた我がポンコツ麺ピュータは、想定外の味わいにオロオロ。開店当初は無かった、おろし生姜の小皿サービスも始まったことだし、オペレーションが熟れるであろう来年始に再訪だ。

【筑豊製麺組合】博多店
よもぎ牛すじ肉うどん650円
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~未定 Pあり(建物前の駐車場2&3番)
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン127●チャンポン10●中華麺19●うどん65●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離8km / 通年242km

Posted by heno at 22:48 | Comments [0]

2014年09月02日 火曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家1@中央区大手門

早朝出勤を前に喰わなこてっ。で、ケニが開いていないこの時間帯は、グーデン モルゲン!イッヒ リーベ ケイチ!! でナシカタネギヤマ。
さぁてトゥデイズ今日も忙しいべぇなど想いつつ啜っていると、次々と新規客が来店&そのほとんどが「ベタナマネギヤマ」。元祖のゴールデンタムである早朝のこの時間帯に食べに来る客のほとんどは常連。て事は、やっぱ元祖はベタナマネギヤマか??など反省しつつ啜っていると、新たに来店した若い男性が
「すみません、ベタナマをネギたくさんで…」。

うんうん、こうして新規客がつき、元祖が博多麺好きソウルフードであり続けるのだろう、と頬を緩ませつつズルズル啜る。

【元祖ラーメン長浜家】1
ラーメン450円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜7:00~9:00が清掃閉店)  Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン127●チャンポン10●中華麺19●うどん64●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離8km / 通年242km

Posted by heno at 06:37 | Comments [0]

2014年09月01日 月曜日

●【うどん】花そう@西区姪浜

9月の声を聞くやいなや秋気分、で「花そう」で「ちくわ天うどん」。ドンブをしっかり温めてあったのだろう、前回の「カレー鍋焼きうどん」に勝るとも劣らぬアッツ熱のスメは、キリッと醤油カエシがきいた鯔背味。

合わさるうどんは幅1センチ×厚み2ミリほどの偏平麺だが、熱々スメと対等に渡り合う存在感。キッチリと角が立ち、表面に適度なザラツキ感もあり、啜った時の口当たりがナンとも楽し旨し。

加えて揚げたてちくわ天。中央に切り込みを入れひねり返してから上げてあるので、食べる場所毎に食感が変わる様がコレまたオモロ。ナンちゃナサげで、その実アレコレと創意工夫してある一杯に大満足。

【花そう】
ちくわ天うどん580円
福岡市西区姪の浜4-13-20
11:00~15:30&17:30~22:00(日祝 ~21:00)・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン126●チャンポン10●中華麺19●うどん64●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離8km / 通年242km

Posted by heno at 13:38 | Comments [3]