2014年09月16日 火曜日

●【ラーメン】もとむら@佐賀県佐賀市

午後2時半、江北町での仕事がようやっと終わり、あぁ腹減ったぁ。で、久しぶりに「いちげん」で啜るか?と思うも、いやいや間もなく3時で昼休憩に入るはず。うぬぬぅならば、休憩なしのフルタイム営業である「もとむら」だっ。

ざっ、ざっ、ざっ、カ~~ンっ、カ~ン。

2年ぶりに訪ねると、厨房に主人の姿は無く、息子さんが凜々しい表情で麺を揚げている。平笊で麺をすくい湯切りをし、最後に鍋の縁へザルを打ち付け、ドンブリへ盛る。父親に勝るとも劣らぬ仕事ぶりに惚れ惚れしつつ、出来上がりを待つ。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、イイ感じに透明感を残した黄土色のスープに旨さを確信。レンゲを持つ手ももどかしく一啜りすれば、ぽたっと広がる脂の甘味とふわりと広がる豚骨ダシの円やかなうま味。むふふぅコレコレ、この味わいこそ佐賀ラーメン!とワクワク、ウキウキ。

合わさる麺は微かにアルデンテ感あるコシを残す絶妙ヤワで、コレまた佐賀ラーメンの真骨頂。加えて、博多ではチャーシュー麺で出しても遜色ないほどてんこ盛りのチャーシューの旨さ。適度にキシキシで塩気も気持ち強めなので、スープの甘みを際立たせる絶品薬味。

加えて改めて感心したのが、スープと麺の量のバランス。これ以上麺が多いと、スープのうま味も半減するし、麺ももつれて啜りにくいし、これ以上スープが多いと、麺の量が極端に少なく感じられて、食後の満腹感に欠ける。そのギリギリのバランスで作る麺とスープの黄金比が、ものの見事に結実している。なので、喰ってて旨いし、食後の満足感も高い。

2年ぶりに啜ったおかげで、食べ慣れてくると感じなくなってしまう味わいの良さに、改めて気付かされたシアワセ。なのだが、この旨さは2年ぶりでは無くしょっちゅう味わいたひっ。

【もとむら】
ラーメン570円
佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸1144-1
11:00~20:30・水曜休み(祝日の場合は翌日) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン133●チャンポン10●中華麺21●うどん66●そば10●その他16
◎9月の総ジョ グ距離38km / 通年274km

Posted by heno at 2014年09月16日 15:53
コメント
コメントしてください




保存しますか?