2014年09月20日 土曜日

●【チャンポン】晴華楼@中央区六本松

午後9時過ぎ、ようやっと仕事が終わり家路につく。も、昼はまともに食事も取れなかった=麺が啜れなかった=やっぱり一日一麺啜りたひっ。そう言えば、ぼちぼちオープンしているのでは?と立ち寄ると、ピンポ~ン、「チャンポン 中華丼」と書かれた赤提灯。

かつて「歓迎你」が営業していた店舗に今月オープンした「晴華楼」。午後10時の閉店間近で先客はナシ。スタッフの一人がカウンター席で遅い夕食を食べている。テーブル席に座ると、「すみませ~ん、ご飯を切らしてしまったんですよぉ」と奥さん。麺類は?と尋ねると、麺は大丈夫とのこと。ならばモーマンタイ&ノー問題!

メニューを見ると、麺は「皿うどん」、「あげそば」、「汁ビーフン」など、正統町の中華料理屋的ラインナップ。「ちゃんぽん」か「ラーメン(醤油)」かしばし迷うも、店頭の赤提灯にチャンポンの文字もあったことだし、とチャンポンをたのむ。

壁の高い位置に設置されたテレビを眺めつつ待つ事しばし、運ばれてきたチャンポンは、優良街のイニシエ中華料理店ならでなはのフワリ香り立つ甘き香り。そして白磁の器に黄土色のスープ&中央部にこんもり盛られた具が、ナカナカの男前。

うん、コリャ旨いに違いなひっ!とレンゲでスープを一啜りすれば、ソリャもうどえらくアッツ熱の口当たりともに、軽やか、かつ円やかに広がる鶏ガラらしき滋味なる旨み。

合わさる麺もドエラク旨いっ。気持ち太めの製麺所製茹で置きは、ぽわんと跳ねニッチリと粘る食味が、ひょっとしてトウアクを使ったチャンポン麺なのか?適度にシャキッと感を残す野菜の具の加熱具合も抜かりなし。

ナンちゃナイけどキチンと旨い一杯に万歳三唱。オープン間際なのに暖簾に「創業 昭和四十八年」の文字。精算時に尋ねると、やっぱり「晴華楼」@博多区祇園の息子さんが独立開業された店なのだとか。うぬぬ、と言う事は「ラーメン(醤油)」は、あの絶品ラーメンなのだろうか……!?

【晴華楼】
チャンポン600円
福岡市中央区草香江1-1-9
11:00~15:00&17:00~22:00(日祝 11:00~20:00)・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン135●チャンポン11●中華麺22●うどん66●そば10●その他17
◎9月の総ジョ グ距離62km / 通年298km

Posted by heno at 2014年09月20日 21:33
コメント

晴華楼、美味しいですよね!チャンポン、焼き飯、醤油ラーメン、皿うどん、餃子を頂きましたがどれも本当に美味しいと思いました。特に僕もちゃんぽん、醤油ラーメンが好みでした。ちゃんぽんは鶏ベースに昆布出汁だそうで、僕の地元の長崎の好きなお店と同じ豚骨無しスタイルでとても共感を覚えました!リピ確実なお店です♪

Posted by ぐっさん at 2014年09月24日 11:16
コメントしてください




保存しますか?