2014年09月30日 火曜日

●【ラーメン】麺屋 玄@北九州市小倉北区

店舗面積は約15坪、席数は15席。「北海道旅行中にみそラーメンのおいしさに出合った」という店主の中川雄一さんは、それまで勤めていた建設資材販売会社を辞め、札幌の「彩未(さいみ)」(札幌市豊平区)の門をたたき、約2年間修業を積んだ。店名の「玄」は「彩未」店主の奥(おく)さんが付けた。
提供するラーメンは、札幌の人気店「純連(すみれ)」に由来する「みそに焼きを入れて香ばしさと甘さを引き出す『純スミ系』」の濃厚なみそラーメンで、おろししょうがを加え、「濃厚でありながらさっぱりした後味」が特徴。札幌から取り寄せるみそに信州産などを加え、「土地の味覚に合うように独自のブレンドをしている」という。豚骨・鶏ガラ・野菜などから取るスープは、修業で身につけたものにアレンジを加えている。
同店があるかいわいは豚骨ラーメン激戦区。「差別化や希少性を狙ってはいるが、ラーメンを食べたいと思った時に『札幌ラーメン』がまだ選択肢にない」と言い、今後は「市内でも珍しい『純スミ系』ラーメンを強く打ち出したい」と抱負を明かす。

※以上「小倉経済新聞」より転載

一見優しそうで、その実「ウチのスープはガッツリ濃い味美味やでぇ!」と自慢しているかに見える貼り紙と、貼ってある曇りガラス越しに、ブワッ、ブワワッ、と火柱を上げる中華鍋。

んで、供されたラーメンはエエ感じに濁り、かつ透明感も併せ持つ、我がツボ系。イヒヒ、旨いんでないのぉ…!とレンゲを持つ手ももどかしく一口啜れば、ナルホド先ほどの磨りガラス越しの火柱は、目一杯のラードをスープへ乳化させるためだったのか?上顎の皮がベロンと剥がれるくらいにソリャもうアッツ熱々の口当たりと共に、控えめだがさりげなく芳醇な味噌の風味と、グリンッと踊る豚骨ダシらしき密なる旨み。味噌はあくまでも調味料&味わいの芯はダシの旨み的味わいが、かつて北海道味噌ラーメンのメッカ札幌で啜った老舗「味の三平」を彷彿とさせる。

麺は「森住製麺」@北海道札幌市製らしき真っ黄色の中太縮れ麺。コツンコツンと堅めのコシと、ムリムリ踊るストロングタイプ。太もやしやシナチク、厚切りチャーシューもガッツリ旨いがイイ仕事しまくりなのがおろし生姜。ともすればクドくなりそうな熱々ストロングスープの味わいに爽やかな辛味をプラス。

いやはや旨い、コリャ旨いっ!と一気盛んに瞬食おご馳走様。うんうん惚れたっ、次回は塩か?!いやはや醤油か??!!

【麺屋 玄】
味噌ら~めん700円
北九州市小倉北区江南町7-1
11:00~15:30&17:00~20:00・月曜休み(加えて不定休あり) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン142●チャンポン12●中華麺22●うどん67●そば10●その他18
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年335km

Posted by heno at 2014年09月30日 22:13
コメント

今、北九州で一番行ってみたいお店です!

Posted by あおさん at 2014年10月04日 18:15

胸を張ってオススメします。
是非とも啜ってみたくださいっ。

Posted by への at 2014年10月09日 22:31
コメントしてください




保存しますか?