HENO HENO: 2014年10月 アーカイブ

2014年10月31日 金曜日

●【ラーメン】食堂英々@早良区城西

西新にほど近い住宅街、かつて「あずま屋」が営業していた店舗に、いつの間にやらオープンしていた「食堂英々」。なんでも春日市のチャンポン店「英」が移転&屋号改名したのだとか。

近所に会社や学校がない=平日にランチ客が訪れるとはとても考えづらいディープな立地だが、正午過ぎの店内は7割方客で埋まっている。コリャ大したものだなぁと感心しつつカウンター席に付き卓上のメニューを見ると、麺メニューは「豚骨ラーメン300円」、「チャンポン680円」、「焼チャンポン680円」に「皿うどん」。加えて定食が4~5種に、カレーとチャーハンが並ぶ、屋号通りの食堂メニュー。店の生い立ちからしてチャンポンを啜るのが定石なれど、イマドキ300円と格安なラーメンが気になる気になるぅ。

で、結局薬局たのんだのはラーメン。ほどなく運ばれてきた一杯は、シュッと角が立ったバラ肉チャーシューに、キクラゲとネギに、黄土色の薬味はタマネギを揚げたものだろうか?端正な盛りつけ具合に、ウキウキと旨さを予感。

レンゲを持つ手ももどかしく先ずはスープと一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共に軽やかに広がるダシの旨み。外連味は一切ナシ、純な甘みが優しく、かつ爽やかなコクも併せ持つ優良滋味系。

合わさる麺は極細ストレート。シュルッと口に収まる啜り心地然り、ホクッと感あるコシ然り、噛み込んだときの甘み然り、コレまた我がツボ。チャーシューもダンディな見た目通りにチャンと美味いし、ナニより揚げタマネギがイイ仕事しマクリ。カリッと食感&ホロ苦な揚げ風味とタマネギの甘さが味わいに奥行きを演出。

卓上には博多ラーメン屋お約束のゴマや紅ショウガが置いてないが、ナルホドこのラーメンにそれらの薬味は似合わない。ドンブリの中のそれぞれの味わいのバランスで旨さの方程式が完結した、ナンとも上出来滋味なる一杯に大満足。

開店当時は500円で売り出したラーメンを、店の看板メニューにと300円に値下げされたとか。味わいはモチロン、店主の心意気まで、おご馳走。こりゃ是非とも再訪必至、店の真の看板メニュー・チャンポンも啜らねばっ。

食堂英々
ラーメン300円
福岡市早良区城西3-2-23
11:30~15:00&17:00~22:30(日曜11:30~20:00)・月曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン157●チャンポン12●中華麺27●うどん73●そば13●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 08:36 | Comments [0]

2014年10月29日 水曜日

●【そば】一耕@太宰府市観世音寺

もしかして新そば?と訪ねると、店内の目立つところに「茨城県古河市 秋そば」の貼り紙。うひょひょとたのんだ「きのこせいろ」は、シメジにマイタケなどキノコが4~5種入った温つけ汁の、削り節&キノコのダシの旨み&ほどよい甘辛醤油カエシの風味に、シュルッと小気味よい中太蕎麦の食味が、うんうん旨いっ。

【一耕】
きのこせいろ1100円
福岡県太宰府市観世音寺1-7-6
11:00~15:00(土日は17:00~19:30も営業)・月曜&1st日曜日休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン156●チャンポン12●中華麺27●うどん73●そば13●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 23:08 | Comments [0]

2014年10月28日 火曜日

●【中華麺】しん嘉@東区箱崎

Sakura’s daijy Life」でググッと惹かれた「しん嘉」。記憶が確かならば、「福新楼」@中央区大名が現在地である今泉へ移転する際、独立開業された店。正午前、かつては「天天」だった店舗は5割方客で埋まっている。2人掛けのテーブル席に座りメニューを見ると、我が目当てである麺メニューは5種類。ナニせ真性酸っぱ麺好きゆえ、迷う事なく酸辣湯麺をたのむ。

待つ事しばし、供された酸辣湯麺は、コレでもかと固とじのあんとじスープが印象的。ねっとりと麺に絡みマクリで箸で掴み上げるのも困難なほど。どうやらこうやら掴み上げ、ズゥズルルゥと啜れば、絡みマクリのスープの密なるダシの旨みと、ソフィスティケイティッドされてた酸味と辛味。おそらく老若男女すべてが旨いと納得しそうな味わいのバランス感&具も酸辣湯麺とすると珍しいキャベツが使われて=結果万人受けしそうな味わいのオリジナル調味具合も、さすが人気老舗中華店である福新楼出身。

【チャイナキッチンしん嘉】
酸辣湯麺850円
福岡市東区箱崎3-6-31
11:30~15:00&17:00~22:00・日曜休み Pなし(共同Pあり)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン156●チャンポン12●中華麺27●うどん73●そば12●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 23:19 | Comments [2]

2014年10月27日 月曜日

●【中華麺】翡翠園@早良区高取

さぁさ昼麺、「まくり」で啜るかなぁとペダルを漕いでいると、「翡翠園」の店頭メニュー書きに引っかかる。

なになに、「香辛料しっかり煮込んだスープ」?!
なになになに、「コシのある麺」??!!

で、コロッと心変わりし、階段上り2階の店舗へ吸い込まれる。

待つ事しばし、運ばれきた牛肉麺は、てっきり四川のドエラ辛い&赤いスープ麺かと思いきや、想定外の真っ黒ブラックスープ。どらどらとレンゲで一啜りすれば、かなり甘めのマイルドな味わいを更に際立たせる中華香辛料・八角らしきフレイバー。そして一足遅れて顔を出す山椒らしき痺れ感。ほのぼのと甘系かと思いきや、アレコレと技アリの香辛料使いが深き味わいを演出。

合わさる麺も、うどんと見紛うまさかの極太麺。モチッモチと踊るコシがトレビアンなオモロ食感。加えて2センチ角は優にある牛角肉の、食べ応え十分な食味と、パリッと軽快な青菜とのコラボがお見事旨しっ。

あぁヤッパリ、ここ翡翠園はタダモノでないなぁ、いやはやコリャ旨いっとズルル瞬食。

【翡翠園】
牛肉麺864円
福岡市早良区高取2-17-49
11:30~14:30&17:30~22:30・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン156●チャンポン12●中華麺26●うどん73●そば12●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 22:45 | Comments [0]

2014年10月26日 日曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区七隈

イイ感じに透明感を残す茶褐色スープは、もう見ただけで×香り立つダシの香り=こりゃ旨いに決まってるでしょっ。先ずはスープとレンゲで啜れば、軽やかな口当たりと共にフワッと鼻へ抜けるダシの風味が、上出来イニシエ系豚骨。外連味は一切ナシ、ダシの風味をストレートに生かした滋味がタマランうんまいっ!

合わさる中細麺のシュルルと小気味よい啜り心地&ぷちんっと解けるコシ&噛み込むほどに広がる素朴な風味がコレまた、うんまいうんまいっ。厚切りチャーシューにキクラゲ、煮玉子1個にネギの盛りも良くて、価格はウレシイ500円。

IMG_7472

晩酌は、漬け物の糠で煮立てたサバぬか床煮を突きつつ、
の秋あがりをクイクイっ。

  • サバ 2尾
  • 砂糖 100g
  • みりん 100cc
  • 酒 100cc
  • 醤油 100cc
  • 水 1000cc~900cc
  • 糠 150g

調味料を一煮立ちさせたらサバを入れ
弱火で汁が半分になるまで煮たところで糠を入れ
更に煮汁が半分になったら出来上がり。

七福亭
煮玉子ラーメン500円
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン156●チャンポン12●中華麺25●うどん73●そば12●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 18:43 | Comments [0]

2014年10月25日 土曜日

●【中華麺】平安飯店@博多区雑餉隈

風の郷から」でググッと惹かれた「平安飯店」。住所を頼りに訪ねると、以前は定食屋だった店舗に「広東料理平安飯店」の真新しい看板。午後1時前の店内は先客2組。なれど我らが着席後も続々と客が来店。今月9日オープンらしいが、随分と人気の新店である。

「いらっしゃいまぁせぇ~!」

その独特なるイントネーションから察するに、本場中国の方が営む新店か?そう言えば、店頭に飾ってあった開店を祝う花に「萬福楼」の差出人札。て事は、「萬福楼」@博多区住吉からの独立店なのだろうか??

麺メニューはランチメニューが「パリパリ皿うどん600円」に「酸辣麺650円」、「担々麺650円」に「ちゃんぽん700円」。加えて一品メニューには「中華ラーメン500円」や「四川刀削牛肉麺750円」など惹かれるメニューが目白押し。刀削麺に惹かれるも、なにせ午後1時前。ランチ営業真っ只中の時間帯で、作り手に手間をかけるのも申し訳ないと、ランチメニューから酸辣麺をたのむ。

待つ事しばし、運ばれてきた酸辣麺は、ソリャもうトロントロンなあんとじスープがマーベラスぅ。加えてランチセットはサラダと小皿惣菜まで付いて650円は納得価格。

先ずはスープとレンゲで一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりと共に、トロリぃトロトロと広がるダシの甘みと黒酢らしき猛烈な酸味。けへへキタキタキタ!このド・インパクト炸裂な味わいこそ、本場中国なイイ意味でオゲレツ大味美味っ。

合わさる麺は細めの中太麺。スープの絡みはすこぶる良いが、なにせ細麺、ちとスープに負けてる感アリ。酸辣湯の定番具である具の数々の、それぞれの食感&味わいも麺に対し勝ち気味で、結果、麺料理と言うよりスープ料理としての出来が秀逸。

随分旨くて&食べ応えも存分で&650円と安価=エエ店やんっ!ならば次回はちゃんぽん狙いで再訪さっ。

【平安飯店】
酸辣麺650円
福岡市博多区銀天町3-3-3 玉井ビル1階
11:00~15:00&17:00~23:00 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン155●チャンポン12●中華麺25●うどん73●そば12●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 13:23 | Comments [0]

2014年10月24日 金曜日

●【そば】筥蕎麦@東区箱崎ふ頭

麺友情報を頼りに「筥蕎麦」へ。箱崎ふ頭の流通センター入り口角の、「ラーメン一楽」や定食屋など飲食店が4軒並ぶ一画に、最近オープンしたらしき真新しい外観。店入口周りにはメニュー写真がズラリ貼ってある。蕎麦に加え、うどんにドンブリとのセットがエラク豊富な大衆蕎麦うどん店のようだ。さぁてナニ啜るかなぁと暖簾を潜ると、

「いらっしゃいませぇ!食券をお願いしま~す。」

掌で示された方向を見ると、入口を瀬にして小型の食券販売機に小さなボタンがずらり。そして販売機の角に目立つポップで「オススメ!肉盛りそば」。この小さなボタンの文字を読みつつメニューを選ぶのは至難の業、ならばオススメに従うのみっ!

肉盛りそばの食券を買い席に付くと、まずゴボウ天が運ばれてくる。あれ?ゴボウ天はたのんでないけど??と問うと、ナンと無料サービスなのだとか。ならばと一片囓ってみれば、カリッカリに揚げ置きで、フワッと鼻に抜けるゴボウの風味が旨い旨いっ。

待つ事しばし、運ばれてきた蕎麦はまさかのドカ盛り二郎系。大振りの皿にこんもり盛られた冷蕎麦の上には、コレまたコレでもかと大量の牛肉甘煮に白葱、ゴマに海苔。加えて、お好みでどうぞとラー油も供される。「そば処港屋」@東京赤坂をはじめとする、冷蕎麦×温つけツユ×ラー油×肉甘煮の、ネオもりそば系だったとは?!

ならばと温つけツユにラー油をたらし、山盛りの具をかき分けかき分け蕎麦と具をを掴み、つゆに潜らせズズッと啜れば、かなり甘めのツユをキリリと締めるラー油のピリ辛に、細打ち蕎麦のコリッと感+牛肉甘煮のムニュムニュと、白葱のピリシャキと、ゴマのプチピチに、海苔の磯の香。

ガッツリ喰らってドカンと旨い、二郎系蕎麦の面目躍如的旨さに、思わずむふふと頬が緩む。ならば更にガッツリ啜るかと、ゴボ天を砕きクルトン的に温つけ汁に入れて啜れば、更に増す食味のコラボが愉快愉快。

おそらく蕎麦も、通常のざるそばの2倍強はあったのでは?ガツガツと咀嚼する快感を楽しみつつ完食すれば、お腹一杯シアワセ一杯。ブルーワーカーの多い立地に適した、ガッツリ大衆味の蕎麦に大満足。こりゃ是非とも機会をみつけ、次回はかけうどん×無料サービスごぼ天か?!

【筥蕎麦】
肉盛りそば750円
福岡市東区箱崎ふ頭1-1-40 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン155●チャンポン12●中華麺24●うどん73●そば12●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 12:28 | Comments [0]

2014年10月23日 木曜日

●【ラーメン】嗚呼 隼@大分県竹田市

長年の宿題店「嗚呼 隼」@大分県竹田市は、長湯温泉の宿「翡翠之庄」プロデュースのラーメン店。住所を頼りに訪ねると、「温泉療養文化館 午前湯」の広々とした駐車場の一画に、木造のコジャレた外観。

ラーメンは豚骨、味噌、醤油の3種類で、豚骨は細麺、味噌と醤油は細麺or太麺をチョイス。かつ、いずれのラーメンもチャーシューの枚数を1枚単位で5枚までチョイス。いつもなら筆頭メニューの豚骨でイクのだが、太麺チョイスに惹かれて醤油味×チャーシュー2枚。

軽やかな口当たりのスープは、温泉宿プロシュースの先入観も手伝ってか、随分と和テイストに感じる。豚骨か鶏ガラらしきダシも感じるも、この軽やかさはまるで、うどんのスメ×中華麺の「黄そば」。そして合わさる太麺の、もっちり、かつねっちりな食感も、おもしろい。

唯一難点を上げるとすれば、店のウリであろう「あぶりチャーシュー」の価格に対するクオリティ。1枚追加する毎に50円アップなのだが、さほど炙った感も感じないし、この大きさと厚さで50円はチト高過ぎか。

とは言いつつも、長湯の”田舎の味”をと作られた一杯は、なるほどホッコリ感ある素朴な味わい。となれば次回はやっぱり、筆頭メニューの豚骨を啜らねばっ。

【嗚呼 隼】
醤油麺太麺・あぶりチャーシュー2枚入り740円
大分県竹田市直入町大字長湯7952-3
11:30~15:00&17:00~22:30・水曜休み(祝日除く)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン155●チャンポン12●中華麺24●うどん73●そば11●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 13:54 | Comments [0]

2014年10月22日 水曜日

●【ラーメン】継ぎ足しとんこつ二刀流@熊本県熊本市

連日の熊本日帰り出張はポンコツ我が老体にはチョベリバ・ハード。で、昼麺をガッツリ啜って♪ファイト~!一発~~!!♪、「二刀流」へ。

長年の宿題店である継ぎ足しとんこつ二刀流。その屋号の通り、久留米風の「濃とんこつ」に、博多風の「塩とんこつ」の二刀流営業課と思いきや、濃厚魚介豚骨の「極とんこつ」なんてメニューもアリ。

屋号の冠につく「継ぎ足しとんこつ」とは、まずは塩とんこつ用のスープを取り、あまったスープは別の寸胴のスープに継ぎ足し煮詰め、濃ラーメン用スープ。さらに濃スープに魚介ダシを継ぎ足して、極ラーメン用へと変化するのか?ならば二刀流+1で三刀流だ、など軽く突っ込みつつ、濃か極か瞬間悩み、やっぱ初ラ店は店一押し、メニュー筆頭の濃が恋しひっ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは久留米ラーメンお約束の海苔こそチャンとのっているも、エラク厚切りなデカチャーシューや、かなり太めの麺は、オーソドックス久留米に非ず。

地元じゃカナリの人気店なのに、ありゃりゃハズしたかなぁ??と覚悟を決めてレンゲでスープを一啜りすれば、ぐわんっと踊る濃密豚骨ダシの風味と、一味遅れて顔を出す、饐えた感あるこの迫力ある後風味は、久留米の人気店「大砲」の呼び戻しスープと相通じるものを感じる。呼び戻し製法は、古いスープに新たなスープを継ぎ足して作る。ナルホド「継ぎ足しとんこつ」とは、呼び戻し製法スープのラーメンと言う事か。

合わさる麺は濃スープに負けじと我が存在をアピールしマクリの太めの中麺。てろんと柔揚げな調理具合が、ある意味イニシエ佐賀ラーメン。なれど厚切りチャーシューの濃い調味&もっちり食感は、モダン進化形。レトリックな久留米ラーメンをベースに独自のアレンジを加えた結果、ナンともオモロ旨い一杯に昇華。

卓上の替え玉用元ダレも塩用と濃用の2種類置いてあり、ラーメン作りに対する店主の熱い思いがヒシヒシと伝わる。うぬぅならば是非とも再訪を重ね、全メニュー啜りたひっ。

【継ぎ足しとんこつ二刀流】
久留米濃とんこつ660円
熊本県熊本市西区田崎2-1-4
11:00~15:00&18:00~22:00・月曜休み(祝日の場合は翌日)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン154●チャンポン12●中華麺24●うどん73●そば11●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 21:52 | Comments [0]

2014年10月21日 火曜日

●【つけ麺】東京大勝軒@熊本県西原村

熊本県西原村での午前中の仕事を終え、ズズッと昼麺。長年の宿題店である「天竜食堂」を目指すも、おやおやぁ~、既に閉店廃業されているようだ……。ぬぬっ、ならば時間もないことだし、かつて啜った事のある「東京大勝軒」で「もりそば」。

まず運ばれてきた白磁のオサレな器が象徴的。一見真っ黒ブラック系の温つけ汁の半端なく甘い調味具合然り、大勝軒の名は語るも、もりそばの出来は全くのオリジナル仕様。本家大勝軒店主の山岸氏は、暖簾分けに随分と寛容=全国各地にのオリジナル仕様の大勝軒が営業している面白さ。など思いつつ視線をドンブリより壁へと揚げると、

なぁにぃ~~??「替え玉130円」だとぉ~~!ヤッチまったなぁ。(そう、クールポコ調で)

博多独自のオペレーションであっただろう替え玉が、ここ熊本県の、しかも東京発を唄う麺屋で出しているミラクル。

東京大勝軒
もりそば700円
熊本県阿蘇郡西原村布田1168-4
11:00~14:30&17:30~20:00(土日祝11:00~20:00) Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン153●チャンポン12●中華麺24●うどん73●そば11●その他20
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 23:19 | Comments [0]

2014年10月20日 月曜日

●【ラーメン】盛多や@佐賀県鳥栖市

家族の麺Bar」で啜って大満足。あぁナンとも旨かった!と店を出る。も、もう一麺イッとく?!と麺神の悪魔の囁き。あはは、そうやねぇ、せっかく鳥栖市まで来んだしねぇ、と直線距離で約500m、ごく至近距離にある宿題店「盛多や」へフラフラ入店する愚行。

店舗裏手にある駐車場に車を止め向かうと、正午半過ぎの店内は8割方客で埋まっている。昨年早春にオープンから1年半、随分と顧客が付いているようだ。

わずかに空いたカウンター席に滑り込みラーメンをオーダーし、卓上を見ると、調味料の数々と並び赤い紅ショウガと黄色の大根つぼ漬け。巷の麺ブログに寄ると「丸幸ラーメン」の原古賀店と関係ある店らしいが、ナルホド丸幸基山本店とまんま同じ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは白濁スープにイイ感じに浮く気泡に、ワクワクドキドキ。レンゲを持つ手ももどかしく一啜りすれば、まるんと円やか、なれどフレッシュ感も併せ持つ懐深いダシの旨みが、本家の味わいを周到しつつもチャンと師匠越え。合わさる麺の中細加減=軽やかな啜り心地も然り。かつ、イニシエ系にありがちの冷蔵庫臭あるチャーシューまでチャンと継承されていて、ナンともネオなレトロ味に、思わずむふふと頬が緩む。

先ほどの「家族の麺Bar」の劇的新麺に、ここ盛多やの静的師匠越え新麺。ソレゾレにオモロな麺との出会いが楽し旨し。あぁだから、麺喰い歩きがヤメラレナイっ。

【盛多や】
ラーメン480円?(価格失念)
佐賀県鳥栖市本町2-1411-1
11:00~15:00&17:00~21:00・月曜休み(祝日の場合翌日)Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン153●チャンポン12●中華麺24●うどん73●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 22:04 | Comments [0]

2014年10月19日 日曜日

●【中華麺】家族の麺Bar@佐賀県鳥栖市

新麺店情報王ブログに、またも気になりマクリの情報アリ。牛骨スープの手延べ麺を出す店が昨日オープンしたとの事?!こりゃ是非とも啜りたひっと住所を頼りに訪ねると、かつて「麺達」だった店舗に、蘊蓄書きの赤い看板。

独自開発の黒鍋で一食ずつ炊くという鍋焼き麺で、麺メニューは基本の「フイメン」、トマトと野菜の「トマタンメン」に、モツとタケノコ、ニラ、モヤシがのったピリ辛風味の「フェーチャンメン」の3種。

待つ事しばし、配された「フェーチャンメン」は、よほどしっかり加熱されたのか、クツクツと泡立つスープの沸騰泡にドエラク食欲が刺激されマクリ。

まずはスープと一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱な口当たりと共に、シミジミ広がる牛骨&牛肉ダシの滋味なる甘みと、赤い辣油のピリ辛風味。アッチーっ、でも旨ぁ~。中国で土鍋煮込み料理を食べたときと同様の熱々美味なる感動を、額からにじむ汗を拭き拭きしつつ。

合わさる麺は、大分県の郷土料理である「やせうま」を遙かに勝る超扁平ド幅広麺中国麺=ビョンビョン麺。カナリ長めの麺線ゆえ、先ずは麺を高く持ち上げ絡みを解き啜れば、ピロピロピロォ~~、ビチビチぃと踊り唄う様が、ソリャもう悦楽。更に噛み込めば、ニチッと強めのコシと、プルルンッと解けるヒキが、またもや楽し旨しダイスキ。更に更に。具のモツや、ニラ、太もやしとの食感&味わいのコラボ。あははんっ、コレ旨いっすぅLOVE麺すぅ。フーフー、ピロピロ、ビチビチ、ハホハホ、ニチニチと血気盛んに正に瞬食。

あぁ旨かったっと若き店主と精算すると、この独特のしゃべりのイントネーションは本場中国か台湾の方か?兎にも角にも、ビョンビョン麺専門店は正に希有。次回はトマタンメン狙いで再訪だっ。

【家族の麺Bar】
肥腸面フェーチャンメン200円 ※オープン価格、普段は580円
佐賀県鳥栖市本町1-880-6
10:00~22:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン152●チャンポン12●中華麺24●うどん73●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 17:50 | Comments [0]

2014年10月18日 土曜日

●【うどん】うどん日和@中央区六本松

かの絶品「カレーうどん」狙いで訪ねると、わぁお「湯だめうどん」!!いつかは温つけうどんで啜ってみたひっと思っていたメニューが季節限定販売になっているでないのぉ~?!で、あまりのウレシさについつい「天ぷらうどん980円」をオーダー。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんはシュッと細面の端正に麺線が整った、これぞうどん日和の美人うどん。温つけツユから豊かに香り立つダシの風味に頬緩めつつ、湯だめうどんを潜らせズルルぅと啜れば、アッツ熱の口当たり共にキリリと鯔背な辛口ツユと、ホックリ解けるうどんのコシと噛み込むほどに広がる豊かな小麦の風味。

そして天ぷらは、大エビ2尾にカボチャ、レンコン、ニンジンにナスが2片と、ベリーおご馳走っ。モチのロンで全て揚げてて、サクサク、カリカリと香ばしい食味とともに、ソレゾレの具材の旨さをシンプルに主張する様が上出来旨し。卓上の塩を振ったり、温つけツユを付けたり、ズズッとうどんと共に喰らったり。アレコレと味わいの変化も存分に楽しみつつ、まったり完食。

でへへ、ナンとも美味なるおご馳走うどんだったなぁ。で、湯だめうどんは胡麻ダレで食べさせるメニューもアリ。コレにも随分と惹かれるも、カレーうどんや、ちく玉うどんも再食したひっ。ナンとも悩ましき&楽しき麺煩悩に悶絶しつつ、店を出る。

うどん日和
天ぷら湯だめうどん980円 ※季節限定
福岡市中央区六本松4-4-12
11:30~15:00&17:30~21:30(日祝は昼営業のみ)・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン152●チャンポン12●中華麺23●うどん73●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 11:50 | Comments [0]

2014年10月17日 金曜日

●【刀削麺】チャイナダイニング劉@中央区薬院

かれこれ2年ぶりに「チャイナダイニング劉」で刀削麺。一時よりランチ麺メニューが整理され、現在は「マーボー豆腐麺」「酸味と辛味のスープ麺」「ジャージャー麺」「トマトと玉子のスープ麺」「牛肉スープ麺」「豚ナンコツ入りスープ麺」に「タンタンスープ麺」の7種類が。いずれも刀削麺or細玉子麺がチョイスできて×単品500円orごはん付き550円。

豚ナンコツ入りにチト惹かれつつも初志貫徹。お目当てだった酸味と辛味のスープ麺with刀削麺バージョンは、トロンとアッツ熱のあんとじスープのソリャもうスッパ辛い味わいと、鶏ガラにも増して猛烈に旨さを主張しマクル干しシイタケらしきダシの旨みが半端なく旨いっ。豆腐やキクラゲ、タケノコなどなど酸辣湯麺定番の具もてんこ盛りで、ナンともラクジャリー美味、なれど価格は♪アッと驚く為五郎~~♪的ワンコイン=ジャスト500円!!

酸辣湯の旨さもさることながら、肝心の刀削麺も相変わらず&ドエラク旨いっ。棒状の生地を刃で削り出して麺にした刀削麺ならではの、不均一の偏平太麺ならではの、変則的なコシと食味がソリャもう楽し旨しダイスキ。うははぁ、ならば次回こそ「豚ナンコツ入りスープ麺」狙いで近々再訪したいな、したいぞ、せねこて。

【チャイナダイニング劉】
酸味と辛味のスープ麺500円
福岡市中央区薬院3-15-11
11:30~14:00&17:30~23:00・不定休 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン152●チャンポン12●中華麺23●うどん72●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2014年10月16日 木曜日

●【うどん】まるしんの てぬきうどん@筑後市山の井

ナンともチープな外観に、ずっと惹かれていたソノ店の入り口には……

丸で囲まれた「しん」の文字と「てぬきうどん」の文字。そうココは福岡うどん好きの中で地味に話題沸騰している「まるしんの てぬきうどん」。

そして店頭には「こだわりのだし!!」なる貼り紙。ナンでも2時間かけて出汁を取り、仕上げに奄美大島産の黒砂糖を使っているとか。そして「出汁が命!飲み干す一杯!」なるキャッチコピー。「てぬきうどん」なる屋号とは裏腹の、ドエラク手の込んだうどんが啜れるのか?!

外観同様にえらくチープな作りの店内なれど、カナリ意欲的なうどんメニュー。ゴボ天や丸天のどの定番に加え、地元カレー店とコラボした「肉玉ぶっかけカレーうどん」や「肉吸い」に、ベトナム名物「PHO麺」=米粉で作ったフォーもアリ。うふふ、コリャいよいよ楽しみだっ!と、新う店=ゴボ天かとオーダーしそうになった瞬間、店の片隅に「期間限定 豚きのこうどん」の貼り紙を見つけ、コロッと浮気。

待つ事しばし、運ばれてきた大振りのドンブリには溢れんばかりのうどんの上に、シメジやマイタケなど数種のキノコと豚肉がゴロリ。そして熱気と共に立ち上るダシの芳しき香り……!

うんうん、こりゃ間違いナイ!とドンブリを両手で抱え、ズズッとスメを一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりと共に、キュイッと広がるダシの深きうま味。店頭の蘊蓄書き通り、かなりアレコレ使われた魚介ダシの風味のコラボと、後味に広がるコクは黒砂糖の効能か?そして具のキノコ類や豚肉から滲み出た旨みも相まって、ソリャもう旨いのナンのっ!その豊かな味わいに、ふと「うどん太さぶろう」@中央区渡辺通の「しっぽくうどん」を思い出す。

合わさるうどんは、おそらく自家製の茹で置き麺。箸で掴んだときのズッシリと重量感ある心地然り、啜った時の適度にガサゴソの啜り心地然り、噛み込んだ瞬間の、スイッと歯の通る柔らかめの食味のすぐ後に、にっちり&ねっとり粘る重厚なコシ然り、チョベリ我がツボぉ~~。加えて具のきのこ&豚肉の食感と味わいのコラボに、卓上の薬味も我がツボな七味が揃えてあるし。

うははぁ、コレ好き!このうどんエラク好き!!この周辺の出張時の昼麺は「しげ」気分だったが、今後はココとどちらで啜るかエラク悩まされそうだぞぉ~~!!とウレシイ悲鳴を楽しみ上げつつ、店を出る。

まるしんの てぬきうどん
豚きのこうどん600円 ※期間限定
福岡県筑後市山の井232-2
11:00~14:30&17:00~19:30・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン152●チャンポン12●中華麺22●うどん72●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2014年10月15日 水曜日

●【ラーメン】神@早良区有田

うはぁ、やっぱ旨い。「らーめん神」も旨い旨いっ!

昨日ついつい「江ちゃんラーメン」に浮気した穴埋めに立ち寄った神の豚骨も、江ちゃんに勝るとも劣らぬデラ美味具合に、あぁ悦楽。

誤解を覚悟で例えるならモンブラン豚骨。今が旬の栗の味わいをふと思い出す、コックリ&ホックリ感ありありの豚骨ダシの旨さ。ナンでも豚骨を20時間かけて丹念に煮出したスープはラードを一切使用しないとか。昨日の江ちゃんの瑞々しいスプラッシュ豚骨とは全く異質の、コク重視だが嫌味はナシ&とことん純粋コク旨だぞぉ。

合わさる全粒粉の中細麺も、短めの麺線も手伝ってか、シュルッと小粋に口に収まるも、噛み込むほどに広がる豊かな風味が濃いコク豚骨スープと、合う合う合いマクリっ。周りを炙られたチャーシューと、半切りの茹で卵もコレまた相性抜群&より以上にスープのコクを際立たせる。

同じ豚骨でも店ソレゾレの異なる味ベクトルで、その違いを楽しませてくれるこのシアワセこそ、豚骨帝都・博多ならではの麺喰い歩きの楽しみか。

【らーめん神】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17
11:30~15:00 &18:00~22:00(日祝は~21:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン152●チャンポン12●中華麺22●うどん71●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 20:55 | Comments [0]

2014年10月14日 火曜日

●【ラーメン】江ちゃんラーメン@早良区原

久しぶりに「ラーメン神」のアノ美味豚骨をば啜るのさっ、とルンルン気分でペダルを漕いでいると、突如漂う豚骨ダシのナンともウマソな香り。けへっ?!と香りの源に目を向けると、

おぅおぅナルホド、「江ちゃんラーメン」かぁ!

で、いとも容易く心変わり。江ちゃんラーメンの暖簾を潜ると、正午過ぎの店内は8割方客で埋まっている。そして、それらの客のオーダーをチャキチャキこなす女主人の鯔背な仕事ぶり。

一時期は神取忍よろしく金髪ヘヤーだったらしいが、今や金髪はほとんど取れた黒髪を白いタオルでキリリと結び、大きな寸胴鍋に溢れんばかりの豚骨を手鉤でかつりつつ、様子を見ながら今度は別の寸胴で茹でている麺を平笊ですくい、

カンッ、カンッ、カンッ、カンッ、カンッ、カンッ、カ~~ンッ。

鍋の縁へ平笊を打ち付け、しっかりと湯切りをしてスープの張ったドンブリへとスルリと移すその姿が、カッコ良すぎるやろぉ~~!ソリャもう惚れ惚れしつつ出来上がりを待つ。

「へい、お待ちっ」

カウンター越しに差し出されたラーメンは、ナンともイイ感じに茶褐色に濁りつつ、かつ適度な透明感も残しつつ。て事はドエラク旨いに違いナイ!とレンゲを持つ手ももどかしくスープと一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共に瑞々しく広がる軽やかな豚骨ダシの風味と、その味わいの輪郭を丹念に描き出す醤油ダレの旨み。Yes!this is 博多らぉめん的ライトかつ芳醇なる味わいに、一発めろめろ。

合わさる中細麺も完璧美味。茹で加減を普通で頼んだが、これ以上ない絶妙さでライト・アルデンテな、ほんのちょっとコリッと経由のモチッ。つゆだくスープも加勢してか、スープの絡みも存分だし、かつすこぶる軽やかな食味がナンとも気持ちイイ。

気持ち厚切りのチャーシューもチャンと美味いし、どんなに因縁付けようとしてもトテモ出来ない。コリャもう完璧に師匠店「ふくちゃんラーメン」をK点越えのデンジャラス美味。うんうんタマラン、こりゃ旨ひっ。ニヤニヤとにやけつつ禁断の替え玉コール。卓上の擂りゴマと紅ショウガをドーピングし、ジャンクバージョンの味変で、コレまた一気完食すれば、ソリャもう半端なくシアワセ一杯腹一杯。

【江ちゃんラーメン】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市早良区原3-10-16
11:30~20:00・水曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン151●チャンポン12●中華麺22●うどん71●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 21:14 | Comments [0]

2014年10月13日 月曜日

●【ラーメン】島系本店@糟屋郡志免町

半年ぶりの「島系本店」。いつも通りにラーメン小+野菜増しでたのむと、わぁおぉ!野菜の盛りがデラ素晴らしっ。同じくジロさん系ラ店「ラーメンにんにくマン」@早良区西新での轍を踏み、苦手意識バリバリのニンニク添えで初挑戦。

背脂がイイ感じに混じり込んだスープは、コレまたイイ感じに効いた醤油ダレと、うんうんナルホド合う合う、ニンニクのみじん切り。コレまで啜っていた島系本店より更に一回り、いや二回り、いやいやもっともっと旨さ炸裂っ。

合わさる麺は……、おやぁ中太麺?食券を渡す際「太麺で」とオーダーしたはずだが??と戸惑いしきりで一啜りすれば、ぱつんっと弾けるコシが、まるで新潟名産「へぎそば」。あはは、この食感は愉快愉快。てんこ盛りの茹でキャベツ&太もやしとの食感コラボが楽しさ加減をターボ加速。むしゃむしゃガツガツかっ喰らう悦楽を十二分に堪能しつつ、あっという間に瞬食。

いやはや旨かった!でも我が好物の極太麺は止めてしまったのか…?と思いきや、新たに入店した客が「太麺で」とオーダーすると、店員が冷蔵庫から太麺を取り出し、茹で釜へ投入。て事は、私のオーダーの声が小さすぎて店員に伝わらなかったという事か。いやはや目出度し目出度し。ならば近々、太麺&ニンニク入りで再食したひっ。

IMG_7357

夜は自家製ぬか漬けで晩酌。今が名残のそうめんウリがタマラン絶品。古漬け仕上げのキュウリとナスの酸味に、古漬けに負けじと甘い人参と。糠を育てて1ッヶ月半、昆布や鷹の爪、山椒を足したり。常温で乳酸を育てたり、忙しい時は冷蔵庫に入れて押さえたり。で、どうにかイイ感じの漬け物が仕上がる楽しさ&旨さ。

島系本店】志免本店
ラーメン小550円+野菜大盛り100円
福岡県糟屋郡志免町大字別府カジ547-1
11:00~16:00&18:00~21:00・無休 Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン150●チャンポン12●中華麺22●うどん71●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 19:22 | Comments [4]

2014年10月12日 日曜日

●【ラーメン】八ちゃん@太宰府市国分

わぁお、ワイルドだろう~~?!
カウンター越しに差し出されたラーメンは、ドヨンと漆黒に淀んだスープと厚さ1センチ弱に厚切りされたチャーシューがドンと3枚。うへぇ、コリャ手強そうだとスープを一啜りすれば、ドロンと濃密な口当たりと共に、ジュワッと広がる醤油ダレと背脂込みの豚骨ダシの濃密なる風味。いやぁ男やねぇ!と麺を啜れば、中太ゴチゴチの食味がコレまた男前。

コレぞ博多ん濃い系ラーメンばいねぇ、との麺神の呟きに納得しきりで、ズルズルと啜る午後のヒトトキ。

【八ちゃん】太宰府店
ラーメン630円
福岡県太宰府市国分1-1-38
11:00~14:30 18:30~24:00・火曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン149●チャンポン12●中華麺22●うどん71●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 19:58 | Comments [3]

2014年10月11日 土曜日

●【うどん】うどん研究所 麺喰道

なにせ朝晩は目一杯冷え込む昨今、ついつい恋しくなるのが旨しうどん。で、久方ぶりに「万平」を訪ねるも、店頭の駐車場が満車。うぬぅ、ならば、すぐ近所の「麺喰道」か!

コレまたエラク久しぶりに訪ねると、おやおや?屋号が「池中麺喰道」から「うどん研究所 麺喰道」へ変わっている?そして、店頭にまさかの「筑後うどん」の幟がはためくも、合わせて「味自慢 冷やしうどん」の幟は立つ。メニューに讃岐系の創作うどんが数々ラインナップするので、てっきり讃岐うどん勝負の店かと思いきや、さに非ず……?ならば、兎にも角にも温かけうどん、やっぱゴボ天うどんしかないでしょうっ!

ほどなく供されたうどんは、熱気と共に香り立つダシの薫りと、カリッと揚がった太切りゴボ天。店中央に置かれている取り放題惣菜である干しシイタケの甘辛煮を小皿でもらい、戦闘態勢完了。

おっしゃ喰らうぞっ、と先ずはスメを一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共にじんわり広がる昆布ダシらしき滋味&母なる旨み。飛び道具&外連味は一切ナシ。ナンちゃナイけどナンとも旨い、極上普段味スメに感激&感動。

合わさる中太うどんも、キリッとエッジが立った男前。ずるるんぅっと一気啜れば、見紛う事なき揚げたてシコ&ムチ。いやはやイケるイケるぅ、しっかり旨い普段着うどんに、あははぁ惚れ惚れ。

飛び道具に走る事無く、しっかりと地に足付いたオーソドックス&オーディナリーうどんの旨さがエラク嬉しい。次回は是非とも最近うどんブームの次男を連れ、旨いうどんは何ぞやを味わい知って欲しひっ。

うどん研究所 麺喰道
ごぼう天うどん400円
福岡市城南区七隈8-4-3
11:00~ 不定休 P:隣の七隈ボウリング駐車場2時間無料
◎2014通年麺喰い◎
ラーメン148●チャンポン12●中華麺22●うどん71●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離24km / 通年359km

Posted by heno at 18:22 | Comments [0]

2014年10月10日 金曜日

●【うどん】行徳家@南区野間

前回に引き続き「カレーバジル麺」。なれど、麺がコレまた期間限定「平打ちうどん」。」で、コレがイケるイケる、イケまくりっ。

アッツ熱の口当たりと共に、ふわり広がるカレーの風味とその味わいを下支えする、素朴なダシの風味。そして、その派手地味な味わいに見事にコール&レスポンスする、幅広平打ちうどんの食感。

するるぅと小粋な啜り心地然り、平打ちながらも十二分にニッチリ&プリリンなコシ然り、噛み込むほどに広がる素朴な風味然り。加えて、行徳家名物の丸いキクラゲとの食感のコントラストが、いやはやタマラン、オモロ旨いっ。

あはは、あははと食べ進むうち、徐々にバジルのジェノベーゼがスープに溶け出し、味わいがグラデーション的に変化する様も、タマランねぇ。創作ラーメン名人である店主の技を引き継ぐ宮崎さん考案のカレーバジル麺×店主が東北の旅でインスパイアされ作った平打ちうどんのハマリ具合が半端ナイ。カレー麺好きのアノ方にも是非とも啜っておいていただきたい名作組み合わせに悦楽。

行徳家
バジルカレ~平打ちうどん680円 ※期間限定販売
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン148●チャンポン12●中華麺22●うどん70●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離14km / 通年349km

Posted by heno at 19:45 | Comments [2]

2014年10月09日 木曜日

●【ラーメン】五島軒@中央区荒戸

一昨日の「DREAM BOAT」よろしく、今日は「五島軒」店頭看板にヤラレる。「ぶた高菜ラーメン」すかっ?!コレ旨いに決まってるぅ。

ピンポ~ン、大当たりぃ。五島名物のアゴだしがほっこり効いたあっさりスメに具の高菜と太もやし、ニラとソレゾレの風味が映えるその味わいは、ドッキュ~ン我がツボツボっ。

と、ココまでは想定内だったのだが、オッタマゲたのが麺の美味さ。かなり太めの縮れ麺は、福岡県産ラーメン用小麦粉であるラー麦に、九州産の小麦粉の石臼挽き全粒粉をブレンドして自家製しているとか。そのムッチリと抗うコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦感然り、わぁお惚れてまうやろぉ~。

加えて、半分ほど食べ進んだところでドーピングした卓上の辛味調味料がエラク旨いっ。いわゆる七味より山椒のシビれ感も強いが、それに留まらない複雑かつ爽やかな辛味に、食が進む進むぅ。

あぁ旨いっ、コリャええわぁと一気瞬食し、壁に目を上げると「あごだしうどん 九州産の2種類の小麦粉をブレンドした自家製」となっ?!てっきり五島うどんオンリーと思いきや、自家製手打ちうどんも提供してるのか。おっしゃならば次回はうどん狙いで再訪だっ。

五島軒
ぶた高菜ラーメン580円
福岡市中央区荒戸3-4-20 パークサイドアイビー2階
11:30~14:30(土日祝のみ18:00~21:00も営業)
Pあり(ビル1階駐車場の1番・2番・3番)

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン147●チャンポン12●中華麺22●うどん70●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離14km / 通年349km

Posted by heno at 22:19 | Comments [0]

2014年10月08日 水曜日

●【ひでまる家】@南区大橋

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十五

IMG_7328

新麺店情報王ブログに惹かれ、ノコノコと「ひでまる家」。この夏にオープンした否豚骨ラ店らしいが、なるほどメニューは塩、ゆず塩にチャンポンと、筆頭は「名物(白湯スープ)ひでまるら~めん」。

おやおや?かのブログの写真では、筆頭は「鶏塩白湯麺」なるメニュー名だったが??まぁまイイかぁ、兎にも角にも(白湯スープ)らしいので、

「すんませ~ん、ひでまるら~めんクダサ~イ。」

IMG_7331

ほどなく運ばれてきたラーメンは、どよよんっと停滞感ある見るからにポッタリとした茶褐色&熱気と共に香り立つアノ鶏臭にキッパリと旨さを確信。レンゲを取る手ももどかしく一啜りすれば、アッツ熱の口当たりと共に、トロリと円やかに広がるYes!This is 鶏白湯的旨さ炸裂。ソリャもう濃厚、トロットロにポテッポテだが、これ以上煮込むと嫌味になるギリギリ間際で寸止めされた感アリアリの超密味。

合わさる麺は、昨日の「DREAM BOAT」に負けず劣らず超短めの中細縮れ。しゅるんっと一気盛んに口に収まる様が、あははオモロっ。さらにオッタゲェ~なのがチャーシューの旨さ。しっとり&もっちり、かつ薄味調味で濃密鶏白湯とケンカしない絶妙薬味。

キチンと半熟の味玉もついて、かつ小皿で辛子高菜までサービスしてくれて600円なら格安感バリバリ。いやはやトンでも無くディープな立地にトンでも無く旨しラ店。精算時に聞くと、もとは豚骨ラ店「ラーメン天竺」を営んでいた店主が色々あってこの店舗を借りる際、大家より「臭いのある豚骨ラーメンでは貸せない」と言われ、苦肉の策で編み出した鶏ダシラーメンなのだとか。

いやぁ、ここの大家さんは、よくぞ言ってくれた!お陰でこんなに旨い否豚骨美味ラーメンが啜られるシアワセ。おっしゃならば、次回は塩!いや、ゆず塩?!

【ひでまる家】
ひでまるら~めん600円
福岡市南区大橋4-21-22
11:30~15:00&17:30~22:00・月曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン146●チャンポン12●中華麺22●うどん70●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離14km / 通年349km

Posted by heno at 20:57 | Comments [0]

2014年10月07日 火曜日

●【ラーメン】DREAM BOAT@中央区赤坂

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十四

大手門での打ち合わせを終え、さあさ昼麺。本日新発売の「大名ちんちん」の「担々麺チャンポン」を啜ろうと向かっていると、「DREAM BOAT」の店頭看板に引っかかる。

なになに「とりこく醤油ラーメン」?
とりこく=鶏コク=鶏白湯の醤油ラーメンなのだろか…!?

で、気がついたら入店着席、「すんませ~ん鶏こく醤油ラーメンください。」

程なく運ばれてきたラーメンは、イイ感じ白濁感残る醤油=期待通りの鶏白湯醤油ラーメン!レンゲを持つ手ももどかしくひと啜りすれば、キュインとドライブする醤油タレの風味と、すぐその後を追ってくる鶏白湯のぽったりと円やかな甘み。

合わさる麺は中細の縮れ麺。しっかりとスープを絡め取りつつ、シュルッと一気に口へ収まる様がエキセントリック。醤油の立ったすーぷしかり、これほど旨さのエッヂが効きまくりの鶏白湯ラーメンは初体験。

いやはや、なんともオモロな一杯だ。となれば近々再訪し、「とりだしつけ麺」も啜りたひっ。

【DREAM BOAT】
とりこく醤油ラーメン580円
福岡市中央区赤坂1-11-20
ラーメンは月~金の11:30~15:00 Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン145●チャンポン12●中華麺22●うどん70●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離14km / 通年349km

Posted by heno at 06:36 | Comments [0]

2014年10月06日 月曜日

●【うどん】今浪うどん@北九州市小倉北区

Hard Working People in 福岡市のSOUL Morning 麺が元祖なら、in 北九州市は、どぎどぎうどん。よもぎうどんの「いわさき」か?と瞬間迷うも、十数台の駐車場完備の「今浪うどん」に落ち着く。

きゅいんっと醤油カエシが効いた真っ黒醤油色スメは、見た目よりは随分甘い美味。合わさるうどんは中細むっちん、ぼりぼり。無骨な旨みと相性抜群なのが角切り牛ほほ肉の、もっちり美味。

【今浪うどん】
肉うどん小550円
北九州市小倉南区北方3-49-29
8:30~15:00‣水曜・第2第4木曜定休

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン144●チャンポン12●中華麺22●うどん70●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離10km / 通年345km

Posted by heno at 08:30 | Comments [0]

2014年10月05日 日曜日

●【チャンポン】つかざきちゃんぽん@久留米市安武町

ずっと惹かれていた「つかざきちゃんぽん」の「ちゃんぽん」は、てっきり淡い清湯スープかと思いきや、コレでもかと白濁した&密なる旨みの鶏白湯。ナンとも円やかな甘みがイニシエ系。合わさる麺は細めの製麺所製茹で置き麺。ぽわんっと軽やかに踊る食味と、コレでもかと盛られた具の旨みとのコラボにうっとり酔いしれる。

【つかざきちゃんぽん】
ちゃんぽん660円
福岡県久留米市安武町安武本1681-2
11:00~15:00&17:00~21:00・水曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン144●チャンポン12●中華麺22●うどん69●そば11●その他19
◎10月の総ジョ グ距離10km / 通年345km

Posted by heno at 19:41 | Comments [2]

2014年10月04日 土曜日

●【うどん】あずま家@東区大岳

旨いうどんが啜りたひっ。で、久しぶりに「あづま家」。「ちくわ磯辺揚げ」の貼り紙を見るや否やヨダレ状態の我は獅子丸か?ウキウキ気分で出来上がりを待つ。

うひゃ?!まさかの笹切りなの??小皿に盛られたチクワの笹切り磯辺揚げに一瞬引くも、コレがうんまいっ。カリッと揚げたての衣と、むっちりぃと抗う熱々チクワに、うっとりしつつうどんを啜れば、相も変わらず、むっちり&もっちりぃと今風。なれど、熱々スメは、カナリ甘め&ダシ効きマクリの味わいが真性博多うどん指向。その味わいの落差がオモロ旨いぞっ。
【あずま家】
かけうどん+ちくわ磯辺揚げ500円
福岡市東区大岳4-7-6
11:30~16:00・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン144●チャンポン12●中華麺22●うどん69●そば11●その他18
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年335km

Posted by heno at 12:28 | Comments [0]

2014年10月03日 金曜日

●【ラーメン】昔里@早良区野芥

てるまえGO」でその存在を知りググッと惹かれた「昔里」。住所を頼りに訪ねると、幹線道路から細い路地を20mほど入り込んだ住宅街に、赤のれん。

その存在を知る人のみが行き着けるナンともディープな立地なれど、正午半の店内はほぼ満席状態。わずかに空いたカウンター席に滑り込み、壁に張られたメニューを眺めると、麺はラーメンが具の種類で4種ほどにチャンポンで、メインは定食類。焼き魚やトンカツ、ニラレバなどずらり十数種がラインナップ。そして店の片隅には漫画の単行本がギッシリ収まった本棚。由緒正しきイニシエ町の定食屋さんである。

カウンター奥には主人とその息子らしき若い男性。まだまだ見習いなのか、息子は接客のみで調理に専念する父の仕事ぶりを真剣に見つめている。その姿をほほえましく眺めつつ、出来上がりを待つ。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、手のひらにすっぽり収まる小ぶりのドンブリが、ナンともイニシエ町の定食屋さんのラーメン。そしてスープの味わいも然り。あっさりとした口当たりと共にほわんと広がる甘みがレトロレトロ。

麺は中細ストレート。イイ感じにアルデンテ状に上げてあり、ニチッとゴシが楽し旨し。想定外なのがチャーシューの旨さ。イニシエ系ならではの冷蔵庫臭がするペラペラ肉かと思いきや、2~3ミリはある厚切りで、かつモッチリと旨い旨い。

ナンちゃナイけどチャンと美味い一杯にほっこり。ピリピリと舌を刺激するこの後味も真性イニシエ。次回は夜、定食屋飲みも楽しそうだな。

夜は「肉屋うたがわ」で
名物Tボーンビステッカ1.2kgをゴチになり、
蕎麦屋居酒屋で締める。

【昔里】
ラーメン400円
福岡市早良区野芥1-6-10
11:30~20:30・月曜休み Pあり

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン144●チャンポン12●中華麺22●うどん68●そば11●その他18
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年335km

Posted by heno at 12:35 | Comments [0]

2014年10月01日 水曜日

●【ラーメン】長浜一番@長崎県長崎市

ウレシタノシの長崎日帰り出張。で、昼麺はいずこ?と「長崎市 ラーメン」でググると「【長崎おすすめらーめん店】うまい!食べたい!厳選らーめん9店」なるブログに行き着く。「じなりや」や「オールウェイズ」、「かんしゃく魂」など有名人気ラ店と共に、「長浜ラーメン」なる見知らぬ店情報を発見。

住所を頼りに訪ねると、JR長崎駅前の古くからのビルが建て込む一画に「博多名物長浜ラーメン」の看板。黄色い文字で「長浜ラーメン」とデカデカ書かれた引き戸を開けると、クイッと香り立つ豚骨臭。うへへぇ、コリャ期待できそうだ!と、壁に掲げられたメニューをろくすっぽ見る事無く「すんませ~ん、ラーメンを」と、「麺の堅さは?」と女性店主。いやはや看板に偽りなし、目一杯長浜ラ店チックなオーダー取りに、いよいよ旨さを確信しつつ、「麺は普通で」。

待つ事しばし、運ばれてきたドンブリにはナンともイイ感じに透明感を残す茶褐色スープ&そこから立ち上る美味豚骨ならではのアノ芳しき香りに、いよいよワクワクドキドキっ。レンゲを持つ手ももどかしくスープを一啜りすれば、熱々&瑞々しい口当たりと共に、クイッとフック感あるこのうま味は……、おうおうおう、コリャ博多!こりゃ「ふくちゃん」@早良区田隈か?!「冨ちゃん」@城南区樋井川か??!!加えて細麺のパリンっ&モチッな食味がトドメ。いやぁビックリたまげたぁ。まさか長崎でコレほど博多な、コレほど旨いラーメンに行き当たるとは。

長浜一番
ラーメン550円+替え玉100円
長崎県長崎市恵美須町7-23
10:00~21:00(土曜~19:00)・日祝休み Pなし

Posted by heno at 21:03 | Comments [0]