2014年12月03日 水曜日

●【ラーメン】一山一家@中央区薬院

かつて「拉麺いっき」だった店舗に先月開店した「一山一家」は、北海道味噌ラーメンがウリの新ラ店。正午過ぎに訪ねると、先客ナシ。なれど、カウンター奥の厨房の3人の若い男性と、ホール担当の若い女性の元気な仕事ぶりが好印象。屋号の一山一家とは、かつて炭鉱で、この鉱山で働く人全てが一つ家族であるとの考え方を表す言葉だが、正にそれを地で行くかのごときチームワーク抜群の仕事ぶりに、思わず頬が緩む。

麺メニューは「味噌」「醤油」「塩」の3種×具のバリエーション。迷う事無くフラッグシップメニューである味噌ラーメンをたのむ。

ほどなく差し出されたラーメンは、イイ感じに味噌色のスープから立ち上る味噌の香り。これだけ香り立つスープ=札幌味噌ラーメンの草分けとも言われる「味の三平」@北海道札幌を始めとする熱々ラードがスープ表面を覆うタイプとは異質の、オーソドックス・タイプか?など思いつつレンゲで一啜りすれば、それでも十二分にアッツ熱の口当たりとともに、豊かに広がる味噌の風味&キチンと旨いダシの味わい。

合わさる麺は北海道ラーメンお約束の真っ黄色の中太縮れ麺。麺線がかなり短めなのも、熱々スープと相性抜群。縮れ麺なれではのビチビチな啜り心地と、コリッと抗う強ゴシが、濃い味味噌スープと合う合う、合いマクリ。

具のチャーシューは目一杯煮込まれた結果なのか、ホロホロ&もっちり。加えて太切りシナチクのコリコリと、煮玉子のトロトロと、次々花咲く食感&味わいのコラボ加減が、いやはや楽し旨しっ。

唯一気になるのが780円という価格。確かに最近は700円オーバーのラーメンは決して珍しくはないが、表通りから入り込んだ=一見さんの入店はなかなか見込めない店舗=一度来た客に確実にリピーターになってもらうのに、この価格は果たしてどうなのか……。

夜は超宿題イタ飯店「クッチーナ・カルド」
エントラータのピザ生地焼きの生ハム包みに始まって、
牡蠣パン粉焼きや、ハガツオのタタキとナスのゼリー寄せなど
8種も盛られた一味際立つアンティパスト、
ズワイガニのパスタにサワラのスモークなどなど、
キチンと旨過ぎの料理の数々&香りが半端ないワインが極楽な夜。

 

【一山一家】
味噌ラーメン780円
福岡市中央区薬院2-2-2
11:00~26:00・火曜休み Pなし

◎2014通年麺喰い◎
ラーメン173●チャンポン13●中華麺29●うどん80●そば15●その他21
◎11月の総ジョ グ距離18km / 通年377km

Posted by heno at 2014年12月03日 22:56
コメント
コメントしてください




保存しますか?