HENO HENO: 2015年01月 アーカイブ

2015年01月31日 土曜日

●【うどん】誠屋@南区曰佐

やっぱり今日もさっむいっ=うどん気分→久しぶりに「誠屋」。メニューに載った大きなカボチャの写真に惹かれ「野菜かき揚げうどん」。アッツ熱のスメは以前よりイリコ感が強く讃岐度数が増した感アリ。かつうどんもカナリ太くなったような…?!ムッチリと解けるコシが母性満点。コリャ旨いやと別皿の野菜天をドンブリへ投入し、スメに天ぷらを浸しつつ食べればダシの旨みが天ぷらに染みて、うんうん旨いっ。

さぬきうどん誠屋
焼き茄子と芽生姜のさっぱり冷うどん580円
福岡市南区曰佐4-39-30
11:00~15:30&17:00~20:30・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン16●チャンポン2●中華麺5●うどん6●そば1●その他2
◎1月の総ジョ グ距離24km / 通年24km

Posted by heno at 13:53 | Comments [0]

2015年01月30日 金曜日

●【うどん】まる謙うどん@中央区唐人町

久方ぶりに「まる謙うどん」。さて今日は何を啜ろうかと店の扉を開けようとすると「新登場 カレーうどん」の貼り紙。今日も目一杯寒い事だしと迷わずたのめば、トロンとアッツ熱のスメがトレビア~ン。

スパイス感はソコソコ×キチンと和ダシがきいたアンとじ仕上げが正統カレー南蛮系。なれど具は鶏肉ではなくミンチ肉=キーマカレー風。ホロホロ肉片がポニョニョン餅うどんと共に口に飛び込む様がオモロ旨し。

卓上には一味や七味に加え、ブラックペッパーや激辛スパイスなど5種もの胡椒が用意してある。こりゃひょっとしてカレーうどん発売に合わせてか?ならばとアレコレとスメにかけ、味わいの変化も存分に楽しみつつ、ズルズルと。

うどんと共に白飯もサービスで供される。うどんを食べ終えたところでドンブリへ投入し、和風カレーどんぶり気分でカッ喰らえば、ソリャもうお腹一杯シアワセ一杯。

【まる謙うどん】
和風ちゃんぽん650円
福岡市中央区唐人町1-3-4シャンテアカサカ
11:30~15:00&19:00~22:00(土曜は昼営業のみ)・日祝休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン16●チャンポン2●中華麺5●うどん6●そば1●その他2
◎1月の総ジョ グ距離24km / 通年24km

Posted by heno at 15:09 | Comments [2]

2015年01月29日 木曜日

●【ラーメン】いってつ@南区塩原

改装前には訪ねたが、改装後はがナゼか未食だった「いってつ」。ナンと13年ぶりに訪ねると、わぁお店内が随分と広々と大型店。

店構え通り、麺メニューも具のバリエーションで7~8種に、ランチセットや、一品とアレコレ充実。そして肝心のラーメンもカチンと明快な旨みが広く顧客を獲得。コレ正にチャンと成功した「大衆博多ラーメン」名店登場。

【いってつ】塩原店
福岡市南区塩原3-22-27
11:00~24:00・日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン16●チャンポン2●中華麺5●うどん5●そば1●その他2
◎1月の総ジョ グ距離24km / 通年24km

Posted by heno at 16:33 | Comments [0]

2015年01月28日 水曜日

●【つけ麺】たつ介@筑紫郡那珂川町

午後の仕事現場へと向かう道すがら、今日の昼麺はいずこで?と考えていると、ふと気付く。

そうだ!今日は28日だっ!!

昨年12月初旬にオープンした「たつ介」は、まだまだ福岡では珍しいつけ麺の専門店。アチコチのブログでナカナカの高評価なれど、イマイチそそられず未食だった店だ。が、店主ブログによると「28日キャンペーン」で、毎月28日はサービス価格で営業だったよなぁ!!

で、早速訪ねると、店頭に「28日キャンペーン」の貼り紙はナシ。おや?ならば通常価格営業なのか??とおっかなビックリ店内へ入ると、入口右手の食券販売機には「今月の28日キャンペーン 特製つけ麺500円」の貼り紙に、ほっ。

カウンター席に座り、若き店主のテキパキとした仕事ぶりを惚れ惚れ眺めつつ待つ事しばし、差し出されたつけ麺は麺ドンブリの盛り込まれた炙りチャーシューに海苔、シナチク、味玉、レモンに貝割れ大根&温つけツユには桜エビらしき乾物が盛られた豪華版。

さぁて喰らうぞっと麺を摘まめば、気持ち扁平した太麺は生成りの生地に茶色の斑点が混じる=全粒粉麺の温麺。何も言わず食券を渡したが、どうやらココはあつ盛りが基本のようだ。

イイねぇ、好きだねあつ盛り!と温つけ汁にざぶんっと潜らせズルルぅと啜れば、あつ盛りながらもカチッと艶っぽいコシ?!そして加えてあつ盛り麺ならではの豊かな風味!!

加えて温つけ汁がチャンと美味っ。桜エビらしき薬味が盛られる=うどんならまだしも、つけ麺にはナンだかまやかし感アリアリ…と思いきや、そんなことナイっ!醤油タレ&ダシに加え、味噌チックな発酵感ある旨みのラビリンスが、うんうん旨いっ。加えて白葱にコノしゃきっと爽やかな辛味はタマネギの微塵切り?キチンとアレコレ創意工夫された味わいに感服。アレコレ盛られた具&薬味との食感&味わいのコラボも存分に楽しみつつ、ズルズルズズっと一気完食。

いやはやコレまた旨かった。ならば来月も28日、もうひとつのつけ麺メニューである「鶏ゆずつけ麺」がおそらく500円になるであろうことを期待しつつ再訪したひっ。

つけ麺たつ介
特製つけ麺500円 ※毎月29日のみの特別価格
福岡県筑紫郡那珂川町今光2-17
11:30~15:00&18:00~22:00・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン15●チャンポン2●中華麺5●うどん5●そば1●その他2
◎1月の総ジョ グ距離24km / 通年24km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2015年01月27日 火曜日

●【ラーメン】元次@中央区薬院

午後からの仕事を前に、現場近くの「元次」でササッと昼麺。期せずして「魚介トンコツ」を啜ったわずか3日後に「元次トンコツ」を啜ることとなったが、そのおかげで魚介ダシが果たす味わいの役割が、よくよく分かる。

魚介トンコツのスープが灰色っぽいのは多くのカタクチイワシをダシに使っているからかと思いきや、今日のトンコツも十二分に黒っぽいなと一口啜れば、うわんっと広がる豚骨ダシの旨みとコク。もしかして、スープにトンコツを継ぎ足しスープを取る「呼び戻し製法」なのだろうか?微かな随感さえ感じるフック感あるダシの旨みに一発ノックダウン。

コレはコレでガツンと旨い。が、魚介ダシとWスープにする事で、チト軽やか、なれど旨さの輪郭がより明快に描き出される不思議さよ。

合わさる麺は中細ストレート。イイ感じにガサゴソ感ある啜り心地然り、嚙んだときのクニッと感然り、ドンズバ我がツボ。加えてワイルドスープと相反する、丹念にキチンと旨いチャーシューにシナチクはじめ、キクラゲに葱とサービス満点の具の取り合わせが元次流。あはは旨いコリャ旨いっと一気盛んに麺を啜り、思わず禁断の替え玉コール。ここ2週間は替え玉は控えようとアレだけ心に誓っていたのに……。など後悔もチトしつつも、ウハウハ旨いとコレまた一気完食。

ラーメン元次
元次トンコツ580円
福岡市中央区薬院4-2-12 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン15●チャンポン2●中華麺5●うどん5●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 12:38 | Comments [0]

2015年01月26日 月曜日

●【うどん】万平@城南区七隈

ナゼか目一杯うどんモード。で、久方ぶりに「万平」へ。

おそらく日本で唯一の丸天うどん専門店である万平。以前啜った「牛すじ丸天」が消え、かわりに「ベーコン丸天」が登場したりとレギュラーメニューの丸天も見直しがされている。加えて「1月のおすすめ」とメニューにあるが月替わりで限定丸天を出しているのか?「ヒジキと蓮根の丸天うどん」!!イイねぇ我が好みだねぇと、迷わずオーダー。

ほどなく運ばれてきたうどんは、底の深いドンブリがナンともオサレ。先ずはスメと一口啜れば、ソリャもう半端なくアッツ熱なれど、きちんとダシが香り立つ上出来美味。アゴだしを使っているのだろうか?ナンとも豊かなダシの旨みなれど、変に華美に走らない抑揚の効き具合がタマラン我がツボ。

合わさるうどんは、超人気うどん店「ほり野」@那珂川町から仕入れているという中太麺。ぷるん、ぷるるぅ~~ん、ぷりぷるるんと餅感前回の食感が楽し旨し。

加えて丸天がコレまた旨いっ。レギュラーメニューの丸天とは異なる専用の練り物でまとめてあるのか?天ぷらがプニプニしすぎずイイ感じに解けるので、蓮根のシャキシャキとヒジキのシャクシャクが存分に楽しめる。元は和食職人だったという店主の技が生きた感アリアリ美味。

うどんも、かけうどんに加え、カレーうどんや鍋焼きうどんも登場していることだし、次回はカレーうどんにベーコン丸天トッピングなぞ啜ってみたひっ。

万平
ヒジキと蓮根の丸天うどん600円
福岡市城南区七隈4-8-19
11:00~15:00&17:00~22:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン2●中華麺5●うどん5●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 18:42 | Comments [0]

2015年01月25日 日曜日

●【ラーメン】海鳴@中央区清川

いやはや、昨日の「魚介とんこつ」@元次は旨かった。ならば今日もどこぞの魚介豚骨を啜りたひっと思いを巡らせていると、ふと気付く。

そうだぁ……、「海鳴」の魚介豚骨が未食だったぞぉ!

福岡きっての魚介豚骨人気店である海鳴だが、アレコレ創作ラーメンを啜るばかりで、代表メニューである魚介豚骨は未食。コリャいかん!と、かれこれ5年ぶりに訪ねると、さすがの人気店。正午前だが店内は既に満席状態。わずかに空いた席座り壁に掲げられたメニューを眺めると、筆頭は「魚介とんこつ」。「初ラ店は基本メニュー」が我が麺喰い信条のはずだったのの、ナゼ今まで啜らなかったのだろう?と後悔しつつ、オーダー。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、昨日の元次のそれより随分とノーマルに茶褐色なスープ。なれど一口啜れば、豚骨の甘味の輪郭をキチンと描き出す魚介ダシの切れあるうま味。一時流行った「濃厚魚介豚骨」を唄うラーメンの、ただ豚骨に魚粉を入れただけ的 粉っぽい&コクの浅いあの味わいとは確実に一線を画する、スマートかつ奥深い味わいに、思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は元次と同じくスルルのコリっ。この軽快な味わいがイマドキ魚介とんこつのお約束か。気持ち厚切りのモッチリ美味チャーシューもおご馳走だが、具はプラス白葱と必要最小限。口当たりはアレコレ旨い贅沢美味のようで、その実、ダシの旨みを際立たせる事に徹底した、ある意味滋味仕様。いやぁ、やっぱ繁盛店は味力アリ。

【海鳴】清川店
魚介とんこつ700円
福岡市中央区清川1-2-8
11:30~15:00&18:30~27:00・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン15●チャンポン2●中華麺5●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 12:53 | Comments [0]

2015年01月24日 土曜日

●【ラーメン】元次@中央区薬院

美味本セレクト麺book」によると「一時提供を中止していた同店の顔、豚骨魚介も昨年12月に復活。豚骨と魚の節を同じ釜で煮込む“一本炊き”製法はそのままに、素材にイリコも追加するなど、より風味豊かでまろやかな味わいへと磨きをかけた」とのこと。素材にイリコも追加?!て事は我が好物のニボニボな煮干しスープが楽しめるのか??!!

で、早速訪ねると、ナルホド供されたラーメンのスープは、カタクチイワシが多めに入ったスープ特有の黒ずんだ色合いに、旨さを確信。ズズッと一啜りすれば、豚骨とイリコ以外の魚介ダシの豊かなうま味×イリコ由来らしき金気ある風味のコラボに一発フォーリンラヴ。これ以上イリコが勝つと好きモノにしかウケないマニアックな味わいになる、そのギリギリ直前で仕上げてあるさまが、さすがの元次。

合わさる麺は中細ストレート。するるぅと小気味よく口に収まり、コリッと跳ねるコシ然り、コレまたクセありスープと相性抜群。加えて、薬味の白髪葱やみじん切りのタマネギが、爽やかな辛味をプラスし、いよいよ旨しっ。

そしてさらに、デラ旨チャーシューに海苔に、パリパリきくらげと、コレでもかとおご馳走な大盤振る舞い仕様も、まさに元次流。若き店主の個性&味力が見事に具現化した感アリアリの一杯に大満足。いやぁ参った、コリャ改めてアレコレ全メニュー制覇したくなるぞぉ。

ラーメン元次
魚介とんこつ680円
福岡市中央区薬院4-2-12 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン2●中華麺5●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 13:20 | Comments [0]

2015年01月23日 金曜日

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その二十三&二十四

冬期&短期限定の「ピリ辛ネギの味噌ラーメン」は、醤油&塩がウリの「まくり」初の味噌ラーメン。スープを一口啜れば、カンカンにアッツ熱のスープは、表面の脂に頼る事なくスープ自体の猛烈熱さで、食感はイイ感じに軽め&コレまたイイ感じに濃いめの味噌味が、さすがの旨さ。

合わさる麺はエラク柔揚げ。まさかスープと共に煮込んだ訳ではあるまいに、ソリャもうテロテロヤワヤワ。こんもりと盛られた辛ネギのシャキシャキ辛辛との食感&味わいのコントラストがオモロイぞぉ。

唯一イタダケナイのが具のコーン。コーン自体は好きなのだが、ラーメンの具として入れてあると、一気にラーメン自体の味わいがチープ感増し増しで、チト残念。なれど食べ進むにつれグイグイと旨みにターボがかかる。いやぁ旨いっコリャ旨いっと食べ進むスピードにもターボがかかり、ズルズルズルルぅと一気完食&全身汗まみれの快感よ。

で、冬季限定をもう一杯。「椎茸と葱のとろみ麺」は、てっきり食べたつもりでいたが、拙ブログを確認すると、ありゃりゃ「冬茸福ワンタン麺」だったかぁ?!醤油味のあんとじスープが熱々トロトロ&合わさる麺はコレまたカナリの柔揚げ。それよりナニより、具の椎茸と焼き白葱と豚こま切れの半端ナイ旨さと、食感のコラボが、わぁおエクスタシー。

黄金の福ワンタンまくり
ピリ辛ネギの味噌ラーメン700円
椎茸と葱のとろみ麺700円 
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)・不定休(HPに掲載) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン13●チャンポン2●中華麺5●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 22:12 | Comments [0]

2015年01月21日 水曜日

●【ラーメン】めんめん@博多区三筑

また今度頑張ります」で惹かれた「めんめん」。元祖チックなラーメンが啜られると聞けば、そりゃ是非とも啜りたひっ。

正午過ぎ=昼麺ゴールデンタイムのせいもあろうが、こぢんまりとした店内は半端ナイ繁盛ぶり。入れ替わり立ち替わり、次から次へと客が訪れては去って行く店の活気と、高さ低めのカウンターで、ズラリ並べられた空のドンブリへ、次から次へとスープが注がれ、ラーメンが出来上がる様がナルホド元祖。そして入口横の食券販売機で券を買いつつ「ベタカタ!」「ナマ!!」など来客のほとんどが元祖用語でオーダー。

ナニせ初ラ店、勝手が分からず黙って席に着き食券をわたすと、ものの5分かからずラーメンが運ばれてくる、そのスピーディさも元祖元祖。なれど、おや?海苔が添えられている…??

兎にも角にも取りあえず啜ってみるかとスープを啜れば、またりぃと水っぽい独特な鈍った甘味と、スカスカとしたこのダシの風味は……。おうおうおう、コレって元祖元祖元祖っ。合わさる麺はカナリ太めの中麺。ボリバリと無骨なコシがコレまた気分。

総じて気分は元祖。なれど厚切りチャーシューに海苔と、元祖より随分おご馳走なのが、ウレシクもアリ、悲しくもアリ。

めんめん
ラーメン480円+替え玉10円
福岡市博多区三筑2-1‐11
24時間営業 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン13●チャンポン2●中華麺3●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 22:57 | Comments [0]

2015年01月20日 火曜日

●【チャンポン】下釜@早良区西新

今夜はカミさんが飲み会参加で晩飯ナシ。で、次男と「中華めし下釜」。

今週18日月曜にオープンしたという下釜。「サンキュー」@博多区が移転&新規オープンした店だ。

午後7時過ぎに訪ねると、かつてのイニシエ系中華店的外観とは180度異なる、ガラス張りのコジャレた店構えにチト腰が引けるも強行突破すれば、白木がベースの明るく&オサレな店内には先客4名。そして店中央の厨房には見覚えあるサンキュー2代目。

卓上のメニューを眺めると、チャンポン、皿うどん、焼きそば、レタスチャーハンがいずれも800円に、餃子とアルコール。「徐々にメニューを増やしていきますけど、まずは絞り込んでのオープンです!」と、元気な店主。ならば、次男はレタチャー、私はチャンポンに、餃子2人前&芋ロック。

まず供された餃子は、小ぶりの博多餃子。皮がおそらく自家製手打ちか?薄皮ながらもモチッとしたコシと、中のアンのタマネギ由来らしき自然なシャリ甘を楽しみつつ、芋ロックをクイックイ。

イイ感じに食べ&飲み進んだところで運ばれてきたチャンポンは、底浅の陶器をカンカンに加熱し調味された結果、グツグツグツと泡立つスープがシズル感満点。

先ずはスープとレンゲで一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱なる口当たりながら、コレでもかと舌にのる鶏ガラらしきダシのうま味。「サンキューの閉店前のスープがベースなんですけど、もっと鶏ガラのコラーゲン感あるスープにしてみました」。

そして、太めのチャンポン麺のポワン&ムチっとコシの楽しさ。合わさる野菜は炒めず&スープで茹でただけか?パリポリ小気味よい食味が旨いねぇ。加えて豚肉にカマボコ、イカゲソが半端なく豪勢大盛りでおご馳走感満点。

かつての店舗は耐震性能に不安がり工事話が持ち上がったとき、「ワシも高齢だし、新天地でオマエが思う通りの店を構えてみたら?」との先代の一言で出店を決意。友人&知人の助言も励みに、己ならではの店舗にせねばと、屋号もサンキューは継がず、改名。メニューも己ならではの創意工夫をと熱く語る店主が心強い。

いやはや将来が楽しみな新店が、また一軒。コリャちょくちょく、その成長ぶりを味わいたひっ。

【中華めし下釜】
チャンポン800円
福岡市早良区西新1-11-8 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン12●チャンポン2●中華麺3●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離16km / 通年16km

Posted by heno at 20:44 | Comments [0]

2015年01月19日 月曜日

●【ラーメン】未羅来留亭@早良区西新

1月も既に後半になり、我が最愛豚骨の一店である「未羅来留亭」へ年始のご挨拶啜り。と、コレがドッキュン我がツボ美味美味っ。ナニより豚骨スープが完全復活。瑞々しい口当たりと共にホクッと華咲く豚骨ダシの風味が、くぅ~来る来るぅ~~。(モチのロンでザキヤマ調で)

合わさる麺は以前より気持ち細くなったかな?シュルッとコキッとイイ感じ食味ではあるが、コキッの後のゴリゴリ感がない分だけ食味がスマート。きっとこの味わいの方が一般ウケは良いのだろう。が、偏屈&ロートル麺喰いはノスタルジック美味がついつい恋し。

とは言いつつも今日の一杯は、この場所に移転オープン以降、最上級に我がツボ美味美味っ。なので思わず禁断の替え玉コールし卓上の辛子高菜をドーピングすれば、キリリと辛く&微かな酸味が奥深い古漬け高菜が、ヒリヒリとラーメンの旨さを際立たせる。

いやぁコレコレ、コレこそ未羅来留亭。先日の「じろう。」に引き続き、その真価に改めて気付き&惚れる。加えて「しばらく」と、正に西新は我がツボなラ店天国。コリャまたラーメンを啜りたくなる毎度、どの店で啜るのか悩ましいぞぉ。

【未羅来留亭】
ラーメン480円
福岡市早良区西新4-7-17
11:30~20:00・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン12●チャンポン2●中華麺3●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 21:46 | Comments [0]

2015年01月18日 日曜日

●【うどん】さくらうどん@田川市伊田

朝からの赤村での仕事が午後2時過ぎに、ようやっと無事終了。焼山バイパス経由で帰社するついでに、ズズッと腹ごしらえ。気になっていた「さくらうどん」へチェックイン。

飯塚から行橋へと抜ける国道201号線沿い、さくらトータルライフなる不動産屋の1階にある「さくらうどん」。「ぶっかけ」や「釜玉」と、いかにも讃岐うどん屋的メニュー看板に並んで「うどんパスタ」なる謎のメニュー看板が気になっていた店だ。

すっかりアイドルタイムなのだが、店内には先客3名。てっきりセルフサービスの店かと思いきや「空いているお席にどうぞぉ~」。テーブル席に着席し卓上のメニューを見ると、うどんがズラリ20種ほどあるが、ほとんどがオーソドックスなメニュー=創作うどん店ではないようだ。となると「うどんパスタ」はあまりにもデンジャラス、ココは我が麺喰い信条に忠実に「初う店はゴボ天」だ。

ほどなく運ばれてきたドンブリは、一面ゴボ天かき揚げが覆っている。おほほぉ、コリャ旨そうだと、先ずはスメを一口啜れば、昆布に削り節に、ひょっとしてコレは椎茸ダシ?目一杯いろんなダシがガッシリきいた、気持ち甘めの明快美味なる味わいが、いかにも筑豊うどん。合わさるうどんは中太円形系。とぅるんっと滑らかな啜り心地然り、むにょんっ、モチッモチィ~なるヒキ然り、ナンとも上出来柔モチ美味。そして具も、てんこ盛りのゴボ天サクサクに加え、その下にはナンと小さなキツネ揚げ!そのさりげないサービスがナンとも嬉し楽し旨しっ。

一帯は数多くの立ち食いうどん屋が営業する筑豊うどんもナカナカにオモシロ美味。機会を作り、アレコレ啜ってみたひっ。

【さくらうどん】
ごぼう天うどん450円
福岡県田川市大字伊田4191-1
10:00~22:00・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン11●チャンポン2●中華麺3●うどん4●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 14:03 | Comments [0]

2015年01月17日 土曜日

●【ラーメン】僕の空@博多区神屋町

2011年末、中央区清川の幹線道路沿いにオープンした「僕の空」。かの「俺の空」@東京を彷彿とさせる屋号のラ店が、昨年末に博多区神屋町に支店をオープン。ここはかつて「博多麺類研究所」や「テール屋」と否豚骨ラ店が入れ替わり立ち替わり短命営業だった店舗。果たして今回は?とおっかなビックリ訪ねると、午後2時前とアイドルタイム寸前なれど、店内には先客3名。

カウンター席に着きメニューを見ると、基本メニューは「僕空ラーメン650円」。コリャちと高めの価格設定だなぁと、出来上がりを待つ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、円錐型に切り立ったドンブリが盛りつけ。先ずはスープと一口啜れば、表面を分厚く覆う脂のドカンとボディーブロー甘味と、その下に潜む白濁スープの力強いダシの風味。ナウでヤングな麺好きにはタマラン旨いのだろうが、とことんポンコツのロートル麺喰いには、一発タジタジ。合わさる麺は中細ストレート。イイ感じにポリポリ触感でド・パンチ豚骨と対等に渡り合う様が心強い。

いやはや分かりやすく旨いって大切なのだろうなぁ、など思いつつ啜っていると、3名の新規若者客。その2名は「固麺!」オーダーなれど、残る1名が「湯に潜らせるだけ!!」。「粉落とし」など固麺オーダー単語より、より具体的に調味法をも指定するとは。さすが豚骨帝都の若者よなぁ、と感心しきりでズルズル啜る。

IMG_8062

腹一杯で向かったのは立川談春の三十周年記念落語会@キャナルシティ劇場。びっくらこいたのが、幕が開くと高座にイキナリ本人登場。「落語だけですよ、最初に下手くそな新人がつまらない噺を聞かせる演芸は!」。軽快闊達な話術が秀逸な「不動坊」に大笑いし、笑いとシミジミ人情話のコールアンドレスポンスが凄まじい超大作「文七元結」に酔いしれる。

【僕の空】神屋町店
僕空ラーメン+替え玉648円 ※ランチ価格?
福岡市博多区神屋町3-24
11:30~15:00&18:3025:00・不定休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン11●チャンポン2●中華麺3●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 13:31 | Comments [2]

2015年01月16日 金曜日

●【中華麺】熊猫食堂@早良区西新

夜は、とある仕事の打ち上げで「熊猫食堂」。「自家製カラスミ」に始まり「ホタテのスモーク青葱山椒ソース」「鶏肉と里芋の漢方土鍋煮込み」「豚スネ肉の醤油煮込み」などなど、いずれ劣らぬ本格&創意工夫ある調理が、ソリャもうヒシヒシと感動的美味。

ついつい会話も弾みワイワイガヤガヤやっていると時既に閉店時間である24時直前。〆はヤッパこれしかない、と「酸辣湯麺」。アレコレ具だくさんのアンとじスープの味の要は、具の一種である金華ハムらしきハムの風味と黒酢ラー油。加えてイイ感じにフワッフワの中太麺。やっぱ我にとってNo.1酸辣湯麺 in 福岡は、この一杯で決まりっ。

熊猫食堂
酸辣湯麺700円
福岡市早良区西新4-4-5
18:00~24:00(日曜は~21:00)・不定休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン10●チャンポン2●中華麺3●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 22:21 | Comments [0]

●【ラーメン】こうの@佐賀県佐賀市

えらく久方ぶりに佐賀出張。午前中の打ち合わせを終え、やっとこさ念願の「こうの」を訪ねる。昨年春にオープンしたこうのだが、「佐賀×○」や「さがの日々」で高評価の新ラ店である。

店舗の両脇に駐車場があるが、奥行きがないので縦列駐車し暖簾を潜ると、店舗もやはり間口に対し奥行きが極端にない逆ウナギの寝床的。奥に狭い厨房では、夫婦らしき若き男女がテキパキと仕事をこなしている。

カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで3~4種に、「辛子高菜やきそば(明太子のせ)」なるアイデアメニューも。そして佐賀ラーメンには珍しく替え玉もラインナップ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、脂っ気を感じないマットな茶褐色スープが印象的。レンゲで一口啜れば、ナンとも自然な豚骨ダシの甘みとコク。ナニげナサそうで、その実キッチリと深いコクがマーベラス。

合わさる麺は気持ち太めの中麺。イイ感じに柔揚げなのでスープとの絡みがひたすら良好な様は真性佐賀ラーメン。加えて厚切りチャーシューのキシキシと、自然スープにと馴染むことで更なるうま味を発揮するトロトロ海苔。懐かしいようで、チャンと新しいネオ滋味なる一杯に、うっとり。

【こうの】
ラーメン580円
佐賀県佐賀市神園五丁目16-12
11:00〜20:00(金〜24:00)・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン10●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 20:41 | Comments [0]

2015年01月15日 木曜日

●【うどん】肉屋@田川市伊加利

そりゃモチロン福岡麺情報神様ブログのお導き。午後からの田川市赤村での打ち合わせを前に「肉屋」で昼麺。

事前情報通り、店頭の食券販売機には「小倉名物 肉うどん」=牛ホホ肉の角切り入り」、「ばり肉うどん」=スライス牛肉がてんこ盛りに「かしわうどん」=鶏肉入りうどんに「もつ煮うどん」の4種。

ナニせ真性どぎどぎうどんフェチなので、迷う事なく「小倉名物 肉うどん」の食券を買い、カウンター席に付くと、さすが後発&本場ではないが、小倉肉うどんを唄うだけあってアレコレ創意工夫=卓上にオーダー方法指南書が。まず①うどん or そばを選び、更にうどんを選ぶと、固麺か柔麺かチョイスして、②だしを「黒」か「白」、さらに②で「黒」チョイスの客のみおろし生姜の量を指定し、最後に④ネギの量をチョイス。

ほどなく運ばれてきたうどんは、メインの牛ホホ肉に加え、カマボコやワカメが持ってある様が、フレンドリー。先ずはスメと真っ黒なそれを一口啜れば、わぁお想定外にスッキリ淡麗。本場のそれとは明らかに一線を画するオリジナルの軽快味に、まずビックリ。加えてうどんの端正なコシは、ひょっとして??兎にも角にも懸命な創意工夫をヒシヒシと痛感。

【小倉名物肉うどん 肉屋】
小倉名物肉うどん650円
福岡県田川市大字伊加利2011-26 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン8●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km

Posted by heno at 20:44 | Comments [0]

2015年01月14日 水曜日

●【そば】大地のかぜ@中央区天神

天神での所用を終えると、時既に16時前。帰社する前にサクッと腹ごしらえと「大地のかぜ」に転がり込む。今日もエラク寒いので、気分は温そば。6~7種あるメニューから迷う事なく「ごぼうそば」をオーダー。

待つ事しばし、蕎麦が運ばれてくる。まずスメを啜れば、薄口醤油で仕上げられた関西以西のソバつゆタイプ。抑揚加減が絶妙なダシとあっさり塩気の味わいが、ほっこり美味。

合わさる蕎麦は気持ち細打ちの十割蕎麦。シュルルゥと唇を擽りつつ口へと収まる触感然り、噛み込んだときのシャクシャクと解けるコシ然り、これぞ十割の温蕎麦で御座い的味わいに、コレまたほっこり。

具は天ぷらに醤油煮と、ごぼう料理が2種類のっている。こりゃオモロイねぇと、箸で摘まもうとすると、白葱の下に更に、ごぼうのスライスがしたためられているではないか?!コリャいよいよオモロイぞぉと、料理毎に異なるうま味をアレコレと楽しみつつ、ズルズルと蕎麦を啜りつつ。あなシアワセな遅い昼麺。

十割そば【大地のかぜ
ごぼうそば730円
福岡市中央区天神3-1-16
11:00~23:00・日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン8●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば1●その他1
◎1月の総ジョ グ距離8km / 通年8km
Posted by heno at 15:06 | Comments [0]

2015年01月13日 火曜日

●【ラーメン】長浜ラーメンじろう。@早良区西新

昨日、フラれ続けた「段平」@熊本市を啜る事が出来た。ならば今日も恋慕が叶うかも?と、「じろう。」を訪ねると、おっしゃ、営業してるでないのぉ。

この記事を書くにあたり調べると、ナンとかれこれ1年ぶりか?!確かに昨年カナリの回数フラれたが、まさか1年も経っていようとは…。

で、久方ぶりの一杯なのだが、コレがまたビックリするほど旨いのだ。まじもってスープがパーペキ。アッツ熱の口当たりながらも、その熱気に負けぬほどに、ほんわり広がるダシのうま味。トロンとコラーゲン感を感じるほどに密ながらも、しつこさはなし。コレってひょっとして頭骨でダシをとっているのだろうか??そして、その味わいの輪郭を丹念に描き出す醤油ダレの風味。濃密なれどキレもある。その塩梅がタマランタマラン。

合わさる麺は細麺ストレート。固麺でたのんだが、シュルッと小気味よい啜り心地然り、密にスープを絡め取る様然り。そしてナニより噛み込んだときのコリッと広がる半端ナイ小麦感が、ソリャもうエクスタシィ~(ナゼ今更、ジミー大西調で)。

加えて丹念に切り揃えられたオアネギと白葱の薬味の効力と、無骨に厚切りされたチャーシューのキシキシと歯ごたえある旨さのコラボ。ナンちゃナイけど、タマラン旨いっ。その味力に改めて惚れ直してまうやろぉ。

長浜ラーメンじろう。
ラーメン500円+替え玉100円
福岡市早良区西新5-4-1
12:00~15:00&18:00~27:00(日曜12:00~24:00)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン8●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば0●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:49 | Comments [0]

2015年01月12日 月曜日

●【ラーメン】段平@熊本県熊本市

久方ぶりの遠征麺ポタ、次ぎに「マルイチ食堂」に向かうも、店頭には「5日から14日は休みます」とのトホホな貼り紙。これで3度目か、マルイチ食堂にはフラれっぱなしだなぁ。おっ、ならば、コレまたフラれっぱなしのアノ店に行ってみるか。

で、ペダルを漕ぐ事10分弱、店に着くと店頭には順番待ちの客の列。よかったよかった、来訪3度目にしてやっとこさありつけそうだ、「段平」のラーメンに。

待つ事10分弱で店内へ入るも、店内にも3人待ち客が。入口左手の食券販売機には「らーめん」「つけ麺」「油そば」。らーめんの食券を買うと、ニンニクっやネギ、野菜に加え「アブラ」や「カラメ」の好みを問う文字が。そう、ココは昨年夏にオープンした二郎系のラーメン店なのだ。ニンニクに普通、野菜に増しをマークし、着席を待つ。

およそ5分後着席し、それから更に10分弱でドンブリが運ばれてくる。野菜増しの割にはエラク寂しい茹で野菜と、反面コレでもかと厚切りのチャーシューが印象的。

先ずはスープと一啜りすれば、キュインッと醤油ダレがききつつも、イイ感じに背脂の甘みも生きた明快美味。プラス、ニンニクが醸し出すコクが奥行きを演出。

合わさる麺は極太偏平麺。適度にコリッと感を残しつつ、ムッチリ感も併せ持つ、ソフィスティケイテッド美味。茹で野菜の少なめの量もフェミニンにソフィスティケイテッドなれど、唯一暴れん坊なのが極厚チャーシュー。ワシャワシャと己の存在を強烈に誇示する様が男前。

なれど麺の量も少なめで、二郎系にしてはチト食べ応えに乏しい気も。なので店を出ると悪魔の囁き。「マルイチ食堂にフラれたならば、本家のいっぷくラーメンで、念願の天草大王塩ラーメンを啜ってみれば?!」

イヤイヤ、もう既に腹一杯。1日に3杯のラーメンを平らげるほど若くない。と、ようやっと正常な判断が出来るように成長したロートル&オンボロ麺馬鹿オヤヂ一匹。

【段平】
らーめん750円
福岡県熊本市中央区黒髪1-8-47
11:30~15:00&18:00~22:00・不定休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン7●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば0●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 14:51 | Comments [0]

●【ラーメン】一連@熊本県熊本市

待つ事しばし、差し出されたラーメンは深紅の器に真っ黒なスープ&牛ホホ肉に、黄色のおろし生姜に、緑のネギと、ナンとも美人。見た目麗しい麺にハズレなしが我が麺喰い経験則。なので、ウキウキ、ドキドキ、ズズッとスープを啜れば、鶏ガラらしきダシのうま味にイイ感じに魚介らしきダシの風味がきいた醤油スープに、まずほっこり。

合わさる麺は扁平中麺。スルッと小気味よい啜り心地とともにプニッと解けるコシがコレまた優し。具の牛ホホ肉もよほど丹念に煮込まれているのだろう、余分な脂分は綺麗に掃除されているので肉のホクホクなうま味が生きた上出来美味。

コリャ旨いなぁと食べ進むと、牛ホホ肉の煮汁の甘みがスープに映る。ならばと薬味のおろし生姜をスープに溶き入れると、イイ感じに甘さを抑えつつ、かつ爽やかな風味が、食欲をリセット。新たな気分で、ガツガツ、ズルズル、一気瞬食。

テーブルのメニュー蘊蓄書き。自分の好きな麺を自分流にアレンジして商品にする。いやぁウレシイなぁ、麺馬鹿万歳!

【博多麺屋 一連】
どぎどぎラーメン
熊本県熊本市中央区大江4-10-4
11:30~14:30&17:30~22:00・月曜休み(祝日の場合は営業)Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン6●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば0●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

2015年01月11日 日曜日

●【つけ麺】鸛@中央区赤坂

前回ググッと惹かれた「鸛」の「濃厚鶏白湯つけ麺」の醤油味を、モチのロンで中盛り&あつ盛りで、薬味は柚子胡椒。まずは麺だけ啜ると、アッツ熱のホックホクな扁平太麺が、全粒粉ならではの豊かな食味に、まずイチコロ。

ならば次は温つけ汁に潜らせシュルルぅと啜れば、濃密な鶏白湯のポッタリとしたうま味の輪郭を、イイ感じのグラデーションで描き出す醤油ダレの風味。ナルホド、これなら塩より明快美味。

ならば次はと、いろんな具と麺とのコラボを楽しみ、麺を半分ほど食べ進んだところでレモン。前回は温つけ汁に直接絞り入れるも、あまりに濃厚な鶏白湯にチト負けてる感があったので、ならば今日は麺に絞ってみるか。と、コレがドンピシャ大正解。麺を啜った途端、スッと香り立つ爽やかなレモンの酸味と、鶏白湯醤油の密なるうま味のコラボに、完全メロメロ。

同じく鶏白湯名店「シフク」が、より魚介ダシに寄り、洗練された感が強まったのに対し、鸛はキレの出る醤油味でも味の基本はポッタリ鶏白湯。うぬぅ奥深し、鶏白湯。ならばこの2店と並ぶ鶏白湯名店「はなもこし」のブランニューつけ麺も近々啜りたひっ。

【鸛】コウノトリ
濃厚鶏白湯つけ麺(醤油・中盛り・あつ盛り・柚子胡椒)750円
福岡市中央区赤坂1-5-23
11:30~24:00 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン5●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば0●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:46 | Comments [0]

2015年01月10日 土曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家1@中央区大手門

Good Morning G・A・N・A・S・O!! 最近は元祖=「ケニ」が我がブームだが、ナニせ午前9時前でケニは営業前。なので久方ぶりに「ケイチ」で「ナシカタネギヤマ」。イイ感じにきいたダシの風味に、コキコキな麺に、ジャクジャックと香り立つネギと、新年早々に大当たりぃ~~!昔はマニアック&熱烈なるファンからのみ深く愛されていた元祖なれど、もし遠方からの客に「博多でラーメン食べるなら?」と問われたら、今や胸を張って、そりゃ元祖でしょう!中でもケイチがオススメです!!

【元祖ラーメン長浜家】1
ラーメン450円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜7:00~9:00が清掃閉店)※正月休み:1月19日6:00~1月23日17:00  Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン5●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 07:36 | Comments [0]

2015年01月09日 金曜日

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その二十二

全制覇まで残り3杯。ラストは「カレー福ワンタン麺」に決めている。なので、「光麺」としばし迷って、結果「チャーシューメン」。スープは塩なのか、それとも醤油なのか?興味津々で出来上がりを待つ。

で、カウンター越しに差し出されたチャーシューメンは、あぁやっぱり醤油スープか。メニュー書きも「正油ラーメン」の方が「塩ラーメン」より先に記されているし、基本は醤油スープという事かと一口啜れば、豊かに広がる鶏ガラだしのうま味と、その味わいの輪郭を丹念に描き出す醤油ダレの風味。そして合わさる中細麺のイイ感じにツル&ボソ触感とプリン&ホクホク触感。毎度毎度の我がツボ美味に思わずむふふと頬が緩む。

そしてコレでもかとてんこ盛りのチャーシューとシナチクのおご馳走な具。いつものペースでチャーシューを食べ進んでいては完全にチャーシューが余ってしまうと、チャーシューメインに食べていたつもりだったが、麺があと二啜りぐらいなのにチャーシューが4枚も余るテイタラク。あぁやっぱ、貧乏性な我にはチャーシューメンは似合わない……。笑

黄金の福ワンタンまくり
チャーシューメン700円 
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)・不定休(HPに掲載) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン2●中華麺2●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 11:26 | Comments [0]

2015年01月08日 木曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

 

かれこれ4ヶ月ぶりの「シフク」。ナンでもその4ヶ月の間にブランニューしたのだとか。で、興味津々でいつもの「鶏白湯らぁめん」を頼むと、ナルホド、ちゃうちゃう。

まず具が一新。かつては炙り鶏チャーシューに白髪ネギ、糸唐辛子だった。が、鶏チャーシューこそ不変だが、白髪ネギが青ネギみじん切りへ変わり、前回のっていなかった鳴門と海苔がプラス。さらに山クラゲに変わりキクラゲが盛られ、スープに沈むは玉葱の微塵切り。

そして味わいも一新。まずスープの味わい。相変わらず濃密鶏白湯なのだが、合わせる魚介ダシの比率を上げたのか?はたまた薬味の玉葱微塵切りの成せる技か?ただのポッテリ美味とは一線を画する、ミルキー×魚介ダシのうま味が織りなす、以前よりは随分と軽やかなうま味。

かつ、麺が以前より数倍旨くなってるんでないのぉ?!扁平太麺の適度にコリッと、なれど噛み込むとモッチリ。スープから具から麺まで。トコトン改良されマクッた感ヒシヒシで美味美味。

【シフク】
鶏白湯らぁめん650円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~21:30・日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン2●中華麺1●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:02 | Comments [0]

2015年01月07日 水曜日

●【中華麺】宝京楼@早良区西新

「酸辣湯麺」の謎を探る その九

午前中の社内での仕事が一段落し、啜るぜ昼麺。年始挨拶を兼ねて「未羅来瑠亭」と向かうも、わぁお店頭シャッターが半開き。時既に正午過ぎ。なので、どうやら明日辺りが今年の初商いなのか?!

まぁまぁしゃーないなぁとブラついていると、おぅ「宝京楼」か…。そう言えば、ココの酸辣湯麺がイケると聞いた事があるぞぉ。ならば久しぶりに啜ってみるかっ!

「はい、らっしゃいまぁせぇ~~!」

ナンと9年ぶり?!超久方ぶりに訪ねると、中国人特有のイントネーションと共に元気&笑顔一杯のお迎えが心地よい。示されるテーブル席に付き一応メニューを見ると、汁麺は「五目そば」「担々麺」「チャンポン」「酸辣湯麺」が全て810円。800円オーバーはカナリ高価だなぁとよくよくメニューを眺めると「本体750円」とある。ナルホド定価が750円だと60円も消費税が付く事を改めて実感。

いずれも魅惑的な汁麺だが初志貫徹、バシッと頼んだ酸辣湯麺が運ばれてきて目の前に置かれたその瞬間、ふわっと香り立つ優良中華料理屋特有の、鶏ガラだし由来らしきアノ甘き香りに、瞬間うっとり。だがしかし、あんとじしてある中華スープからは、この豊かな香りはしないはずだが?とよくよく眺めると、わぁお、あんとじされてないぞぉ…!

「エビに豚肉、キャベツ、キクラゲなど結構な具が盛られている酸辣湯麺は、あんとじスープ。そして具が少なめの四川飯店タイプのそれは、あんとじしないスープ」が我が経験則。なれど、ココは具がリッチに多めなのに、あんとじしないスープ。突然変異的、新種酸辣湯麺との出会いに心躍るっ!

ヤッパリ、先ずはスープでしょうと一啜りすれば、おそらくキチンキチンと各段階で丁寧な仕事が成された結果のスープなのだろう。素性確かでチャンと旨い、こりゃ間違いないでしょう!と大納得の豊かな味わいと、すぐその後を追ってくる適度な酸味とラー油の辛味に、ヘベレケ&ゾッコン。

そして尚、特筆すべきは中細麺の旨さ。シュルッと口に収まり、コリッと弾け、サクサクッと解けるあたかもビーフン的なオモシロ食味に我が麺心は鷲づかみされマクリっ。加えて、チャンと旨いソレゾレの具との、味わいのコール&レスポンス。

取り立てた派手なうま味は皆無。なれど、コレでもかとキチンと旨い普通味に、店の味力を垣間見る。おそらく、いや間違いなく、この店にハズレなし。次回は是非とも夜、あれこれ一品料理も楽しみたいぞぉ。

【宝京楼】ホウジンロウ
酸辣湯麺810円
福岡市早良区西新4-7-10 西川ビル1階
11:00~14:30&17:30~22:00・火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン3●チャンポン2●中華麺1●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:20 | Comments [0]

2015年01月06日 火曜日

●【チャンポン】海たべのすすめ@早良区小田部

昨年末にオープンした「海たべのすすめ」は、明太子のビッグメイカーである「ふくや」の新業態店。福岡都心部から西部へと抜ける幹線道路沿いにチロリアンな外観の二階建て建物の二階部分が店舗。

階段登ってすぐが物販スペース。従来の辛子明太子に加え、魚介の一夜干しを始めとする海産物加工品がズラリと並ぶ。

そしてさらに奥に進むと飲食スペース。メニュー筆頭は「海食人ちゃんぽん」。基本の「ちゃんぽん760円」に「ちゃんぽん(卵入り)820円」に「海食人ちゃんぽん(フカヒレ入り)1100円」の3種。そして次のページには一夜干し魚介類の焼き物定食ニューが7~8種。

メニュー筆頭が店の一押しが常道なれど、先客の9割方は一夜干しの定食を食べている。あれれぇ?でもまあ、客のほとんどは女性の二人連れ客。ペチャクチャしゃべりながら食べるには、定食の方が長々食べられて適しているしな。

待つ事しばし、お盆にのって、ちゃんぽんが運ばれてくる。ザク切りキャベツと太モヤシがてんこ盛りなルックスは、正にチャンポン。なれど、スープを一口啜れば、ほっこり甘めの醤油味+合わさる麺はエッジがキチンと立った正方形断面の冷凍麺?、ムチッと抗うコシと、噛み込んでいると、ある段階でサクッと解ける味わい=コレって限りなく中華麺の「五目めん」!?

具は「海たべ」を薦めているだけあって、妙にイカが多いし、ホタテだって入っている。加えて豚肉もカナリ大盛りだし、肉団子だって入っているしで、キチンと旨くて&ソコソコおご馳走感もあって760円と絶妙なる価格設定。

ナルホドさすが超ビッグな食品メーカーの新業態店だなぁと勘定を済ませ、物販スペースを冷やかしていると、わぁお「キビナゴのフィレ」の瓶詰め?!小瓶なのに価格は1000円オーバーと、かなり高価。なれどコレってめっさ旨そうやんっ。コレがさっき食べたちゃんぽんに使われていて、その旨さを実感していたら間違う事ナク衝動買いするののになぁ。

【海たべのすすめ】
チャンポン760円
福岡市早良区小田部3-1-7
10:00~22:00・無休(1月1日のみ休み) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン3●チャンポン2●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 23:38 | Comments [0]

2015年01月05日 月曜日

●【チャンポン】山口屋@長崎県大村市

2015年仕事始めは、イキナシの熊本~長崎弾丸日帰り出張。超早朝から熊本市へ向かい、正午半過ぎに無事終了するや否や長崎県大村市へ。で、午後2時過ぎに大村へ着き一安心。次の仕事まで若干時間の余裕アリ。ならば、いざ啜らんっ昼麺!

で、かねてから惹かれていた「ICHI」へ向かうも、昼営業は終了しましたと素気ない対応。ならば「協和飯店」でチャンポンか?と電話するも「今日は営業してますが、今は昼休み中なんですよぉ」。

マジかい?確かに午後2時過ぎだが半前だぞぉ。いくらなんでも昼休憩が早すぎないかぁ…。とほほ気分でとりえず次の仕事現場へと向かっていると、

おうおう、イイ感じに遣れた店構えに「中華料理」の暖簾!

ナニせトートル麺馬鹿ゆえ、イニシエな麺店は大好物。ほいほい、ここここと速攻入店。

卓上のメニューを見ると、チャンポンが基本メニューにプラスして「ソボロチャンポン」と「スープチャンポン」の計3種。注文を取りに来たお母さんに尋ねると、「味は同じ。ミンチ団子やエビなど具が豪華になるだけで、味は同じ」。それってチャンポンとソボロチャンポン=俗に言う「特製チャンポン」との違いかと。ならばスープチャンポンは?といくら聞いても「味は同じ。具が違うだけよ」。

で、結局薬局たのんだのは基本のチャンポン。待つ事しばし、運ばれてきたチャンポンはドンブリの底が以上に浅い、正統イニシエタイプ。イイ感じに透明感を残すスープは鶏ガラだしか?熱々の口当たりと共に広がる軽やかな鶏ガラらしきダシのうま味と、ピリリと舌にのるこの味わいは化調かよう?いやはやコレコレ、コレぞイニシエなチャンポンのスープなりっ。

合わさる麺は気持ち扁平の中太麺。ふわんふわんっと軽やかなコシと、かみ切る最後にニチッと粘るヒキは、トウアクを使った真性長崎チャンポン麺か?コレでもかとてんこ盛りの具の数々との食感&味わいのハーモニーが、ソリャもうわんだふぉ~。特にイケゲソとカマボコの量が半端ナイのが大村チャンポンの特長なのだろうか?イイ感じにチープな味わいのスープとおご馳走な具とのコントラストが楽し旨しダイスキ。

【山口屋】
チャンポン700円
長崎県大村市西本町534-3
11:00~19:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン3●チャンポン1●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 14:15 | Comments [2]

2015年01月04日 日曜日

●【ラーメン】島系本店@糟屋郡志免町

新年早々あれこれ買わなければならない生活用品が出て、トライアル福岡空港店で買い物がてら、同じ敷地内の「島系本店」で昼麺。前回の極太麺オーダーミスの轍を踏み、食券を渡すときに店員の目を見て「太麺で」と頼むと、「はい、太麺で一杯!」。おっしゃコレで大丈夫と、出来上がりを待つ。

出来上がり間近の「ニンニク入れますか?」の問いに、ついつい以前のクセで「要りません」と応えた瞬間、あ、しまった!同じく二郎系ラ店「にんにくマン」@早良区西新で、この手のラーメンにニンニクが必需品だと思い知ったのだったと、慌てて「いやいや、ニンニク入れてください!」

待つ事しばし、運ばれてきた一杯は、てんこ盛りの茹で野菜と極厚チャーシューが、相変わらずの男前。加えてドンブリ端にはニンニクだってのってるぜぇ。おっしゃ喰らうべなっ!と野菜と麺を天地返ししながら気合い注入。

おっしゃおっしゃ、戦闘態勢無事完了。まずはスープと一啜りすれば、昨日から新年営業開始のためか?いつもよりはライトな醤油豚骨で背脂感もほとんど皆無だがダシのコクはチャンとアリ。いやいやイイねぇ、これ好きだなぁ。ロートル&ポンコツ麺喰いには脂よりダシでコクを醸し出すこの手のスープの方がお似合いなのさっ。

そして合わさる極太麺も、コレまたイイ感じにガシガシ&ボソボソで食い応え十分美味。茹で野菜との食感&味わいのハーモニーについつい酔いしれ、ワシワシガツガツ咀嚼する快感を遺憾なく享受しつつ一気完食。

島系本店】志免本店
ラーメン小550円+野菜大盛り100円
福岡県糟屋郡志免町大字別府カジ547-1
11:00~16:00&18:00~21:00・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン3●チャンポン0●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:34 | Comments [0]

2015年01月03日 土曜日

●【ラーメン】かなで食堂@春日市須玖南

人生の節目に人は過去を振り返り、いろんな事を思い出す。正月という節目を迎えた父は、まだ幼児だった私と姉を寝かしつかせた後、一昨年亡くなった母と一緒に二人で、ちょくちょく「元祖長浜屋」にラーメンを食べに行っていたと言う。

おいおいおい、コリャ初耳だ。私の幼い頃に残る記憶は小学生の頃、父は当時箱崎で営業していた「赤のれん」一辺倒で、週末の夕食は家族揃って食べに行っていた。が、老齢でろれつが回らない彼の言葉を確かめ確かめ判断する。と、それより以前、私が幼児の頃の父は、博多麺好きのご多分に漏れず、元祖ファンだったとは……?!

久しぶりに元祖に行きたいと言うが、本家「屋」は正月休みだし、分家「家」一は正月帰省客で行列必至、足の悪い&高齢な父は他の客の邪魔になる。で、話しを上手い事すり替えて、母も眠る墓参りの道すがら、「かなで食堂」で昼麺を啜る。

かれこれ1年ぶりに訪ねると、午後1時半過ぎの店内は先客ナシ。よかった、これなら足が不自由な父もゆっくりとカウンター席に着けるなぁと入店すると、すぐその後から次から次に来客が続く。なるほど流石の人気店。

入店までは基本メニューである「濃厚とんこつ」のつもりだったが、カウンター席に付き卓上のメニューを見ると、「和風とんこつ」の文字が我を誘う。かつ、同行のカミさんも曰く「お父さんもあっさり食べられそうな『和風とんこつ』が良いんじゃない?」

で、結局薬局、三人とも和風とんこつをたのむと、ほどなく運ばれてきた一杯は、ナンともイイ感じに微妙な透明感を残す茶褐色スープに、まず一目惚れ。コリャいけそうだっ、ともんどり打ってレンゲで一啜りすれば、熱々軽やかな口当たりと共に、ふわりと広がる豚骨らしきダシのうま味に、一足遅れて顔を出す昆布や削り節らしき魚介ダシのクイッと香り立つ風味。至ってシンプルそうで、その実かなり重厚。なれど味わいに重さは皆無。いろいろなうま味が密に絡みつつも、後口の切れ味軽快な、技アリ滋味にビックリっ。

そして更に合わさる細麺ストレートの旨さにビックリビックリぃ。シュッと小気味よい啜り心地ののち、ぱりんっと張りあるコシと、ホックリと解けるヒキを併せ持つこの食感はタダモノではないぞぉ。

加えて、モッチリ旨い大判チャーシューと、イイ感じに固ゆでの味付け卵の味わいが、十二分に満足感を演出。世間はかなりインフレに寄ってきたも、ラーメン600円はそこそこ価格。なれど、この味わい&麺も通常の博多ラーメンよりは随分多めで食べ応えもあるので、逆に600円は格安感あり。いやぁ、改めてその味力を思い知った。ならば是非、墓参りの際はココに寄り全メニュー制覇!!

IMG_7937

夜は「権」@志免町のお持ち帰りうどんを、釜揚げうどんで。
権のメニューにない調理法で食べられる。
コレ正にお持ち帰りうどんの醍醐味ナリ。

 

かなで食堂
和風とんこつ600円
福岡県春日市須玖南1-182
11:00~22:30・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン2●チャンポン0●中華麺0●うどん2●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:24 | Comments [0]

2015年01月02日 金曜日

●【ラーメン】くまちゃん@城南区神松寺

かねてからきになっていた「くまちゃんラーメン」。博多おんな節。で年末年始も無休で営業する事を知り、のこのこ訪ねる。小雪混じりの寒空の下、店に着くと先客ナシ。席に付きラーメンをたのむと、「こってりとあっさりが選べますが?」と若き店主。我はあっさり、次男はこってりを頼む。

待つ事しばし、まずはあっさりが供される。スープ表面に浮いた小さな泡がナカナカの迫力&最初からふられたゴマと多めのネギが印象的。先ずはスープと一啜りすれば、瞬間広がる瑞々しい&豚々しいうま味と、微かに舌にのる骨髄感。

合わさる麺は中細ストレート。固さは普通でたのんだが、イイ感じに気持ち柔揚げなので、スープの絡みがすこぶる良好。印象的なのがネギとゴマの食味。ごく自然に麺に絡みつつ口に収まり、シャクシャク、プチプチと己の味わいを主張する。ならばチャーシューは?と囓れば、モチッと食味が更なる味わいコラボを演出。

コリャone for aii,all for one.麺とスープと具の総合力で喰わせるタイプか?ならば卓上の辛子高菜もドーピングすれば、辛味と高菜の酸味と渋みが更なる旨さ。

遅れて出てきた次男のこってりのスープをお裾分け一啜りすれば、骨髄の濃さより脂の多さが際立つ印象。ならばいっそのこと、あっさりの方が随感をストレートに楽しめる気も。

【くまちゃんラーメン】

こだわりのラーメン(あっさり)550円
福岡市城南区神松寺1-22-19
11:30~14:30&18:00~26:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン1●チャンポン0●中華麺0●うどん1●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 22:34 | Comments [0]

2015年01月01日 木曜日

●【うどん】博多あかちょこべ@博多区

IMG_7932

ここ数年は温泉宿だったが、久方ぶりに迎える自宅での正月。で、かねてからやってみたかった、好きな店のお節祭り。味竹林@中央区大手門の和食お節&巴蜀@博多区東月隈の中華お節で、新春祝い。

まず感動したのが味竹林。料理仕切りはなし、お品書きでカウントするとナンと50種もの様々な料理が美しく盛り込まれた、コレ正に「八寸料理の宝石箱やぁ~♥」(←モチのロンで彦摩呂調で)。かつ、ブランデー風味の黒豆や、金柑いくらの粕漬け、イチジク赤ワイン煮に、鯖の燻製などなど、ドレもコレもキチンと仕事が成された故の、ソレゾレのうま味が、けへへぇ、タマラン旨いっ。

そして巴蜀の中華お節。車エビの姿煮など、和お節の王道を押さえつつも単なる甘辛煮ではなく山椒煮なのが象徴的。鴨や牛などの肉の煮物もイイ感じに中華香辛料が効いていて、その味わいは確かにチャイニーズ。ドレもコレもアレコレ旨いが、感動的なのが「タラバガニとフカヒレ入り蓮の葉包みおこわ」の旨さっ。包みごとレンジで温め葉を解くと、ふわりと香り立つ、蓮の葉と具の醸し出す豊かな風味&その味わいが一発昇天。

いやぁ旨いっ、コリャ楽しい!好きな店のお節で祝うお正月。日持ちの問題や、冷めても美味しい調理など、通常の店で出す料理以上に制約があるのに、晴れの日のお目出度さを形にしなければならないお節料理は、正にその店の味力が計り知れる逸品なり。さて来年はどの店のお節で祝おうか?!

今年の啜り初め麺は、櫛田神社へお参りついでに「博多あかちょこべ」のゴボ天うどん。微かに酸味さえ感じるほどにキンキンにきいたダシのうま味と、生地に茶色の斑点が見て取れる全粒粉うどんのモッチリ自然な深いコシと、「井」型に揚げられた極太ゴボ天の豊かな風味が、THIS IS ネオ博多うどん。

まさかのiPhone電源切れで写真ナシ
で、5年前の映像を参考掲載

 

博多あかちょこべ
ごぼう天うどん540円
福岡市博多区冷泉町7-10
11:30~15:00&18:00~24:00・日曜休み(祝祭日は不定休) Pなし
3日まで10:30~18:004日以降は通常営業

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン0●チャンポン0●中華麺0●うどん1●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 21:31 | Comments [0]

●2015年 麺屋初商

●元日から

【ラーメン】ラーメン5@中央区

【ラーメン】恭や@博多区

【ラーメン】じろう。@早良区  http://ow.ly/GBCK6

【ラーメン】くまちゃんラーメン@城南区神松寺  http://ow.ly/GuBNd

【ラーメン】龍の家全店 http://www.tatsunoya.net/

【中華麺】中国菜 隨園@東区  http://s.ameblo.jp/zui-en/entry-1961328096.html…

【うどん】博多あかちょこべ http://ow.ly/GE4et

【ラーメン】だるま@北九州市小倉北区

【ラーメン】麺家まるいち@北九州市 http://ow.ly/Gswgf

【うどん】港屋千兵衛@北九州市門司区 http://ow.ly/Fkh4X

【うどん】おに吉@北九州市 http://ow.ly/GjCqC

【ラーメン】日の丸@荒尾市 http://s.ameblo.jp/arichan0215/enry-11969588857.html…

【うどん】たかむら@日田市 https://pic.twitter.com/jQI4BYj9Bw

 

●2日から

【つけ麺】博多元助@中央区 http://ow.ly/Gsx4n

【ラーメン】かなで食堂@春日市 http://s.ameblo.jp/kanadeshokudouuguten/entry-11969747300.html

【ラーメン】泰玄@北九州市小倉北区 http://ow.ly/Fabcn

【ラーメン】麺商人@熊本県熊本市 http://ow.ly/Fad5p

【ラーメン】いっぷく@熊本市 http://ow.ly/GmEC9

 

●3日から

【ラーメン】長浜御殿@城南区

【ラーメン】鸛@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【ラーメン】まるげん@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【ラーメン】海鳴@福岡市 http://bit.ly/1wGOJWQ

【つけ麺】兼虎@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【中華麺】大名ちんちん@中央区

【中華麺】中華そばきりや@姪の浜

【ラーメン】gaku@久留米市 http://ow.ly/GBzu3

【ラーメン】輪喰@久留米市

【ラーメン】一真軒@北九州市 https://pic.twitter.com/Zl5SwSY8nG

【ラーメン】エルボー@北九州市 http://ow.ly/GBAe9

【うどん】新た@北九州市 http://ow.ly/GqMNx

【うどん】満月@北九州市八幡西区 http://ow.ly/FBc0F

【ラーメン】一連@熊本市

 

●4日から

【ラーメン】五島軒@中央区 http://blog.goo.ne.jp/cafe860/e/1bd69151581d80af95e82e5bcc5dc4d…

【ラーメン】ふくちゃん@早良区  http://ow.ly/GsvFL

【ラーメン】シフク@博多区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【ラーメン】游@早良区

【ラーメン】元次@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【ラーメン】けごんらーめん@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【つけ麺】はなもこし@中央区  http://hanamokoshi.blog37.fc2.com/blog-entry-119html…

【中華麺】黄金の福ワンタンまくり@早良区  http://ow.ly/GqMYx

【うどん】和助@城南区

【うどん】福岡麺通団@中央区

【うどん】筑豊製麺組合よもぎうどん@博多区 http://ow.ly/GswDN

【つけ麺】たつ介@那珂川町 http://s.ameblo.jp/tatsusuke0829/ntry-11968690132.html…

【うどん】大地のうどん@筑紫野市

【うどん】権@志免町
【ラーメン】黒門@遠賀町 http://ow.ly/GlaPD

【ラーメン】しのわ@久留米市 http://ow.ly/Gv3SH

 

●5日から

【ラーメン】有吉商店@中央区  http://ow.ly/GBzPW

【ラーメン】七福亭@城南区

【ラーメン】月や@博多区 http://ow.ly/GmF7j

【チャンポン】かい乃@中央区  http://ow.ly/GqMIH

【うどん】大地のうどん@西区&@博多区

【うどん】大木戸@中央区

【うどん】唄う稲穂@中央区 http://ow.ly/GjC4z

【うどん】恵味うどん@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【うどん】侍.@博多区

【うどん】鶴八房@博多区

【ラーメン】八ちゃん@太宰府市 http://ow.ly/GBAPS

【ラーメン】来雷軒@久留米市  http://s.ameblo.jp/rairaiken24/enry-11961698018.html…

【うどん】うどん家米@北九州市戸畑区

【そば】芭蕉庵@北九州市  http://bashouan.blog36.fc2.com/blog-entry-316html…

【うどん】かつみ屋@佐賀県鳥栖市

【うどん】へんろみち@大分市  http://m.blogs.yahoo.co.jp/beppu_call/3512799.html…

 

●6日から

【ラーメン】元祖長浜屋@中央区

【ラーメン】行徳家@南区野間  http://ameblo.jp/gyotokuya/entry-11969521196.html

【ラーメン】ラーメン仮面55@中央区 http://bit.ly/1wGOJWQ

【中華麺】熊猫食堂@早良区

【ラーメン】薫風@粕屋町

 

●7日から

【うどん】うどん日和@中央区六本松

【うどん】farm to table tanaka@糸島市

【ラーメン】来来@飯塚市、7日もしくは8日から営業。
Posted by heno at 00:53 | Comments [2]