2015年01月01日 木曜日

●【うどん】博多あかちょこべ@博多区

IMG_7932

ここ数年は温泉宿だったが、久方ぶりに迎える自宅での正月。で、かねてからやってみたかった、好きな店のお節祭り。味竹林@中央区大手門の和食お節&巴蜀@博多区東月隈の中華お節で、新春祝い。

まず感動したのが味竹林。料理仕切りはなし、お品書きでカウントするとナンと50種もの様々な料理が美しく盛り込まれた、コレ正に「八寸料理の宝石箱やぁ~♥」(←モチのロンで彦摩呂調で)。かつ、ブランデー風味の黒豆や、金柑いくらの粕漬け、イチジク赤ワイン煮に、鯖の燻製などなど、ドレもコレもキチンと仕事が成された故の、ソレゾレのうま味が、けへへぇ、タマラン旨いっ。

そして巴蜀の中華お節。車エビの姿煮など、和お節の王道を押さえつつも単なる甘辛煮ではなく山椒煮なのが象徴的。鴨や牛などの肉の煮物もイイ感じに中華香辛料が効いていて、その味わいは確かにチャイニーズ。ドレもコレもアレコレ旨いが、感動的なのが「タラバガニとフカヒレ入り蓮の葉包みおこわ」の旨さっ。包みごとレンジで温め葉を解くと、ふわりと香り立つ、蓮の葉と具の醸し出す豊かな風味&その味わいが一発昇天。

いやぁ旨いっ、コリャ楽しい!好きな店のお節で祝うお正月。日持ちの問題や、冷めても美味しい調理など、通常の店で出す料理以上に制約があるのに、晴れの日のお目出度さを形にしなければならないお節料理は、正にその店の味力が計り知れる逸品なり。さて来年はどの店のお節で祝おうか?!

今年の啜り初め麺は、櫛田神社へお参りついでに「博多あかちょこべ」のゴボ天うどん。微かに酸味さえ感じるほどにキンキンにきいたダシのうま味と、生地に茶色の斑点が見て取れる全粒粉うどんのモッチリ自然な深いコシと、「井」型に揚げられた極太ゴボ天の豊かな風味が、THIS IS ネオ博多うどん。

まさかのiPhone電源切れで写真ナシ
で、5年前の映像を参考掲載

 

博多あかちょこべ
ごぼう天うどん540円
福岡市博多区冷泉町7-10
11:30~15:00&18:00~24:00・日曜休み(祝祭日は不定休) Pなし
3日まで10:30~18:004日以降は通常営業

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン0●チャンポン0●中華麺0●うどん1●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 2015年01月01日 21:31
コメント
コメントしてください




保存しますか?