HENO HENO: 2015年02月 アーカイブ

2015年02月28日 土曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

2015年新作創作麺第一弾は、「カレーポタージュつけ麺」、「バジルカレ~麺」に続くカレー麺である「キーマカレー麺」。ドンブリに添えられた金属の匙。てっきりレンゲかと思いきや、以前は担々麺に添えられていた、スープを切って具のみを掬う穴あきスプーン。

ならばと卓上からレンゲを取りスープを一啜りすれば、わぁおスパイスィ~~!なんだけど、後味は円やかぁ。ピリピリと舌を刺す辛味スパイス感は皆無、辛い!けど円やかぁ~。その味わいのコントラストが楽し旨し。

前回の味噌でブランニュー太麺を啜ったので、今日は中太縮れ麺。と、ビチビチ、シュルルな啜り心地然り、もっちりもちもちな食味然り、コレまた旨い旨い。穴あきスプーンでミンチ肉のみ掬い、スープを掬ったレンゲにのせ、プラス縮れ麺をものせて口へと運べば、いやぁタマラン、こりゃ抜群っ。

行徳家
キーマカレー麺750円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン32●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他7

◎2月の総ジョ グ距離18km / 通年42km

Posted by heno at 16:32 | Comments [0]

2015年02月27日 金曜日

●【麺】○新@熊本県八代市

あっと言う間に、9年ぶり。ウルトラ久しぶりに啜る「○新」の刀削麺は、9年の年月が醸す味わいか、随分と深く美味。

まずもって麺が旨ひっ。

注文が入るや否や、上腕と同じぐらいに太く長く練られた生地を左手でかまえ、右手でもった刀のようなヘラで削り出し、鍋へと投入する。と、そのパフォーマンス性×斜めに削り出された麺のツル、シコ、ムニな食感のグラデーション。

そして肉味噌のポッタリとオイリー&ふくよかな甘み&黒味噌の風味に対し、見事なコントラストを描き出す千切りキュウリのフレッシュな青味。これでてんこ盛りのおろし生姜があれば天下無敵。卓上に置いてあった辣油+花椒のオイルをたらし、ずるるぅ、うふふぅ、くにこし、うししっ。

【刀削麺○新】
ジャージャー刀削麺600円
熊本県八代市港町61
11:00~20:00・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他7

◎2月の総ジョ グ距離18km / 通年42km

Posted by heno at 21:02 | Comments [2]

2015年02月26日 木曜日

●【ラーメン】元次@中央区薬院

「行徳家」@南区野間と肩を並べる創作ラーメン造り名店である「元次」の最新作は「寒なごり鴨醤油そば」。深く醤油色に澄んだスープは、卓上の蘊蓄書きによると「国産鴨がら100%」との事だが、啜った印象は鴨ガラ×魚介ダシ=いかにも和的な柔らな甘み。ひょっとして盛られた海苔から滲み出た風味のせいなのか?

合わさる麺は気持ち細めの中麺ストレート。ぶるんっと震える艶っぽい啜り心地然り、噛み込んだときのムチッと&サクッとな悦楽食味然り、コレまた旨い旨いっ。

かつ、のせる具の取り合わせの妙。こりゃナンじゃ?!とビビった生のオレンジだが鴨肉と喰らえば、脂のる鴨肉×フレッシュなオレンジの甘みと酸味=いやぁ旨い、いやはや旨いっ。さらに加えて、具の大根と海苔の、味わいに対する貢献度の高さ。イヤハヤまたもやヤラれマクリな美味一杯との出会いに感謝感謝。

IMG_8407

満を持して再発売された「カップヌードル トムヤムクンヌードル」は
めっさ酸っぱ辛いテイストが、なるほどタイ向きの味わいたい。

ラーメン元次
鴨醤油そば700円
福岡市中央区薬院4-2-12 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離18km / 通年42km

Posted by heno at 21:19 | Comments [0]

2015年02月25日 水曜日

●【ラーメン】中華そば おさみ@うきは市吉井

かれこれ一年半ぶりに訪ねると、あれあれえへへ、麺メニューが増えている。かつての「中華そば」に加え、「味噌そば」と期間限定「辛味まぜそば」。ナニせ根っからの汁麺フェチゆえ、未食の汁麺である味噌そば、イキますっ。

店頭の蘊蓄書きによると「小吉醤油の無添加合わせ味噌をベースに様々な食材を調合した味噌ダレが味の決め手」との事だが、スープを一口啜った途端にナルホド納得。キュイッとドライブする、あたかも醤油的密なる発酵味が、旨い旨いっ。

合わさる麺は中細縮れならど、プニンッの愛らしく抗うコシは多加水麺ならではか?トコトン優しく、かつ深く旨いその味わいこそ、遊楽改めおさみの真骨頂。

同行スタッフであるY内さんがたのんだ辛味まぜそばも
絶好調~~!な旨さ炸裂。

 

【中華そば おさみ】
味噌そば650円(確か…)
福岡県うきは市吉井町1242-1-6 梅小路横丁
Pなし(近所に白壁交流広場駐車場アリ)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン30●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離18km / 通年42km

Posted by heno at 14:30 | Comments [0]

2015年02月24日 火曜日

●【ラーメン】龍@北九州市八幡西区

あはん、やっぱ行列かぁ。
北九州市屈指の人気ラ店の一軒「らーめん工房 龍」。かれこれ8年ぶりに訪ねるも、相も変わらずの超人気ぶり。確かに正午過ぎ=ゴールデン・ランチ・タイムなれど、今日は平日&近くにビジネス街など一切ないフツーの住宅街なのに、店頭には順番待ちの列が出来ている。

なれど、客の回転がすこぶる早く、ものの5分足らずで無事着席。なにせ久しぶりなので基本メニューである「ラーメン」を……、おっとイヤイヤ、やっぱ美味ラーメンをがっつり啜りたひっ!

「すんませ~ん、ラーメンを大盛りでぇ。」

おっしゃぁキタキタ、ドッカン旨い旨いっ。

ほどなくカウンター越しに差し出されたラーメンは、具に海苔がのったルックスが象徴的。レンゲで啜ったスープの、ちょっとヒネた感ある奥深いダシのこの旨みは、ひょっとして豚頭骨なのか?コレ正に豚骨でございっ!的濃密な旨さが久留米ラーメンチック。

そして合わさる麺もしこたま我がツボ。気持ち細めの中太ストレート麺のほっくりとしたコシがタマランなぁ。加えて海苔のトロリ感とキクラゲシャクシャク感と、チャーシューのモッチリ感。

卓上に辛子高菜が置いてあるも、この美味スープは、まんまそのままに自身の旨さをシコタマ官能したひっ。で、not ドーピングで、ズルズルとズルズルと啜る午後のヒトトキのシアワセ。

【らーめん工房 龍】
ラーメン大650円(?)
北九州市八幡西区三ケ森2-3-28
11:30~15:00(売切れ次第)・水曜&2nd木曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン29●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離18km / 通年42km

Posted by heno at 12:10 | Comments [0]

2015年02月23日 月曜日

●【ラーメン】麺アトリエ 行@中央区天神

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その三十九

天神三丁目の細い路地に先月末にオープンした「麺アトリエ 行」。博多地鶏のみを使った否豚骨ラ店である。メニューは「塩らぁ麺」に「鶏白湯らぁ麺」「麻担麺」「らぁそう麺」「本日限定らぁ麺(店内に表示)」の5種類。迷わず我が好物の鶏白湯を選ぶ。

ナンともイイ感じに白濁したスープだぞぉ、と一啜りすれば、おや?見た目より随分と味わいが薄いなぁ。こりゃチト物足りないなぁと、ズルズル啜っていると、あら不思議。グイグイとのってくる鶏白湯ならではのあま味と風味。おそらく魚介ダシやタレや塩気を極力廃し、純粋に鶏白湯自体のうま味を生かそうとしているのだろうか。初体験の鶏白湯滋味系スープに思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺は中細偏平麺。するりと口に収まりつつも、ムチッと我が存在を主張する様が滋味スープと相性抜群。具はシナチクとネギに、チャーシューが豚バラと鶏むね肉の2種類。キチンと創意工夫をこらしつつも過度に演出し過ぎない実直さが味力。

【麺アトリエ 行】

福岡市中央区天神3-5-8
鶏白湯らぁ麺650円
11:45~14:00&18:30~22:00・日曜 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離18km / 通年42km

Posted by heno at 23:01 | Comments [0]

2015年02月22日 日曜日

●【ラーメン】空海@那珂川町松木

福岡の煮干しラーメンを訪ねて~その3~は「拉麺空海」の「青らーめん」。イイ感じにドス黒いスープを啜れば、トロリと甘い豚骨×キンキン旨い煮干しダシ。なれど、ひたすら煮干しのキンキンに走る過ぎる事のない円やかな甘いが、いかにも若き店主の優しい人柄と思わせる、ほっこり美味。

同行の次男が頼んだ「台湾まぜそば」を一筋お裾分けしてもらえば、甘、旨、ピリ辛、タマネギ、ニラのシャキシャキと、コレでもかとおご馳走な味わいに抜かりなし。

拉麺空海
白らーめん+替え玉620円
福岡県筑紫郡那珂川町松木1-1
11:00~15:00&18:00~24:00・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン27●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離10km / 通年34km

Posted by heno at 11:53 | Comments [0]

2015年02月21日 土曜日

●【ラーメン】味噌マニアックス弐@南区大橋

インフレ麺をば啜る ~その3~

飯塚発、北九州経由の超元気ラーメン店「ラーメン味噌マニアックス」の福岡店が今月オープン。住所を頼りに訪ねると、西鉄大牟田線大橋駅にほど近い飲食街に、インパクトあるロゴでインパクトある屋号が描かれた看板。

時既に午後の営業終了間際の14時半前なれど、店内は7割方客がで埋まっている。入口横の食券販売機を見ると、汁ラーメンが「初代」と「辛シビ」に、「台湾肉みそまぜそば」と「濃厚赤味噌つけ麺」の4種×具のバリエーション。迷う事なく最上段筆頭=店の一押しであろう「初代味噌マニアックス980円」のボタンを押す。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、ソリャもう具がてんこ盛り。タレ焼きされた豚バラに味玉、シナチク、モヤシ、ニンジン、コーン、ネギに海苔と、コレでもかと具だくさんで、屋号同様インパクト大。

先ずはスープと、レンゲで具をかき分けかき分け啜れば、ナンとも円やか、かつ濃密なる味噌×豚骨&鶏ガラダシのうま味。奇をてらった感の一切ない、いわゆる昔ながらの王道味噌ラーメンスープのうま味をググッとバージョンアップしたその味わいに、思わずむふふと頬が緩む。

合わさる麺はかなり太めの中太麺。いわゆる札幌ラーメンの麺より、モッチリ感高めで、スープとの絡みもすこぶる良好で、コレまた旨い旨いっ。加えててんこ盛りの様々な具が、華やかに味わいを彩る。

加えて卓上にはニンニク、一味、カレー粉が置いてある。都度都度ドーピングしつつ食べ進めば、がっつり大盛りの濃厚味なれど、食べ飽きる事など一切なく、ガツガツ完食。

唯一の難点は、これだけ具をもった弊害なのか?スープがチトぬるいところ。なれどそれをさっ引いてもあまりある食後の満足感。コリャもうひとつの名物メニューである「辛シビ」も啜ってみたひっ。

ラーメン味噌★マニアックス弐
初代味噌マニアックス980円
福岡市南区大橋1-20-23
11:00~15:00&17:30~23:00(日祝11:00~17:00)・無休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン26●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 14:21 | Comments [0]

2015年02月20日 金曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

インフレ麺をば啜る ~その2~

おぉっとイケねぇ、啜らねばっ。

昨日の店主ブログによると、次回限定ラーメンである「キーマカレー麺」の仕込みがスタートし、それを発売する時に、現在販売中の「10年熟成味噌ラーメン」は終了するとの事。啜りたひっ、啜らねばっ、と思い続けて早2ヶ月。コリャなんとしても今日啜らねば。

で、ナンとかカンとかありつけた味噌ラーメンは、期待を遙かに上回る名作美っ。ナンと言ってもコノ味噌の風味。厨房で調理が始まるや否や、ナンとも芳醇な香りが漂う。くふふぅコリャいよいよ期待しちゃうぞぉとウキウキ待つ事しばし、ドンブリが運ばれてくるや否や、モワモワと上る湯気と共に、、半端なく食欲を刺激シマクリの味噌風味。

ナルホドこれが10年熟成の味力なのかと感心しきりで一啜りすれば、キュッとかすかな酸味さえ感じるほどに濃密な味噌の熟成感バリバリの風味なれど、嫌味は一切なし。いやむしろ、ほわんと華咲くダシと味噌のコラボが織りなす結果の、ナンとも円やかな甘みにウットリ。

好みを聞かれ、迷わず頼んだ太麺もドンズバ我がツボ。最近リニューアルしたらしいが、ナルホド以前よりスープとの馴染み方が抜群に改良されたしなやかな味わい&モッチリ加減がすばらしい。

素材との出会いと感動を糧に、その旨さを遺憾なく引き出す若き店主の情熱とセンスに改めて惚れ惚れしつつ、ずるるぅとほっこり完食。

行徳家
熟成10年味噌ラーメン900円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン25●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 11:33 | Comments [0]

2015年02月19日 木曜日

●【ラーメン】天下一品@うきは市吉井町

前回「チャンポン」を啜ったときに同行スタッフがたのんだ「ラーメン」が透明豚骨スープであまりにも美人。で、ついでが出来たので迷わず突入。うんうん、やっぱり大当たり。イイ感じに透明感を残す豚骨スープは旨さのみ抽出され、外連味は皆無。シュッと旨い軽やかなうま味が、いま話題の看板のないラ店「来来」を、より鈍くさく=純粋に仕上げた感がヒシヒシと。

【天下一品】
ラーメン400円
福岡県うきは市吉井町橘田252-2
11:00~14:00&17:00~21:00・火曜日の夜は休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン24●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 12:53 | Comments [0]

2015年02月18日 水曜日

●【ラーメン】MEN LABO@中央区西中洲

インフレ麺をば啜る ~その1~

希有な職種「ヌードルライター」である山田さんのブログ「その一杯が食べたくて。」でその存在を知った「MEN LABO」。個性的&魅力的な飲食店が密集する西中洲に建つ飲食ビル「デルタウエスト」。その1階の最も奥まった場所に、目指すMEN LABOを発見。

豚骨帝都、ここ博多で豚骨ラーメンはおかない否豚骨新店のメニューは「あごだしラー麺550円」や「熟成醤油あごだしラー麺550円」、「牛タンつけ麺900円」など、いずれもオモロ旨そうな魅惑の創作麺が目白押し。ええいままよ、ならばいっそのこと、メニューの中で一番高価=店の自慢メニューであろう「熟成醤油鴨ラー麺980円」だっ。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、目一杯漆黒のスープの上に浮いた暑さ5ミリほどの脂の層が印象的。具は鴨肉に焼き白葱に、白髪ネギと三つ葉。いわゆる鴨南蕎麦的ルックスがハンサムボーイ。

まずはスープと一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりとともに、豊かに広がるダシのうま味と醤油の風味。純すみれ系@札幌よろしくシッカリ加熱された脂の層がイイ仕事しマクリ。口いっぱいに広がるダシの風味と焦げた甘みにメロメロ。

合わさる麺は中細縮れ。ちまたのブログによると全粒粉製らしいが、今日の麺はさほど全粒粉感はナシ。なれど、いやだからこそ、アッツ熱&ダシがきいたスープと馴染む馴染む。加えた具のアレコレがそれぞれに醸す食感&味わいのコントラスト。

いやはやコレまたオモロイ否豚骨ラ店の登場だと、このエントリーを書くに当たり、ネットでググってみると、店の公式らしきfacebookを発見。と、昨年6月から営業していて当時の店長は福岡吉本「どんぴしゃ」の森本さん。そう言えば現在ホールを仕切っている極彩色の麦わら帽がイケている彼は「ひのひかり智」に似ているが??て事は、ここMEN JABOは福岡吉本と何らか関係があるのだろうか???かつてこのビルには「博多水炊きラーメン」をウリにするラ店も営業していたことだし、そう言う意味ではココは、福博オモロ麺の聖地なのかも。

MEN LABO
熟成醤油鴨ラー麺980円
福岡市中央区西中洲3-1 デルタウエスト1F
12:30〜14:30、20:00頃〜3:00頃 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン23●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:05 | Comments [0]

2015年02月17日 火曜日

●【麺】鍵@沖縄県石垣市

石垣島北部の玉取展望台へ向かう途中、「手打ちきしめんあります」との手書き看板に惹かれ「鍵」。かつては名古屋にお住まいだった鍵山さんがここ石垣に移住し始めた店なのだとか。

目一杯手作り感満載の手書き看板とは裏腹に、こぢんまりした店内はコンクリート打ちっ放しのオサレ系。メニューは名古屋名物きしめんの王道メニューが、ずらり目白押し。今日も25℃ほどの気温で真夏気分=謂わばきしめん版ひやひやである「天ころうどん」をたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリには、えび天+冷たいツユ&冷たいきしめん=ころうどんで、「天ころうどん」。まずはスメと秘匿チスすれば、きりりと鰹節の風味が効きまくり×濃い口の醤油かえしが効きまくりの鯔背美味。合わさる麺は、ソリャもうプリンプリンのムッチムチ×扁平形状のきしめんならではのトゥルットゥル感が、あぁ快感。日本南端の石垣で日本ど真ん中のきしめんを啜る楽しさを満喫しきりで、ウハウハ完食。

【鍵】
天ころきしめん650円
沖縄県石垣市伊原間2-160
11:00~15:00・水曜&木曜&不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン23●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他6

Posted by heno at 14:01 | Comments [0]

2015年02月16日 月曜日

●【麺】とうふの比嘉@沖縄県石垣市

IMG_8334

沖縄県石垣市の中心街から北へ外れる、一面トウキビが植えられている農耕地の一角に、突如現れる「とうふの比嘉」。午前6時半から午後3時まで=もともとは豆腐店だったのだろうか??、目一杯朝食嗜好の店のフラッグシップ麺料理は「ゆし豆腐そば」。

イイ感じに透明感を残すスープに浮く具は、ヤワヤワ&ホワホワ寄せ豆腐&天ぷら細切り&太もやし。おっしゃ喰らうぞと、レンゲで寄せ豆腐をてんこ盛りにしてカッ喰らえば、大豆の甘味が素直に映える滋味に目尻デレデレ。ならば麺と箸で掴めば、八重山そばと言うより沖縄そば。扁平中太ストレート麺のコキコキなコシを楽しみつつ、ただひたすらにズルズル啜る快感よ。

卓上には八重山そばお約束のピパーチに島唐辛子×泡盛のコーレグースに、黒蜜。ゆし豆腐そばと共に供された豆乳に投入すれば、ナチュラルなデザート感覚でコレまたイケるイケるっ。

【麺】とうふの比嘉
ゆし豆腐そば(中)450円
沖縄県石垣市字石垣570
6:30~15:00・日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン23●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他5

Posted by heno at 23:08 | Comments [0]

2015年02月15日 日曜日

●【麺】なかよし食堂@沖縄県石垣市

石垣港にほど近い市街地の外れにイイ感じに遣れた外観。地元客に絶大なる人気を誇ると言う「なかよし食堂」。19時過ぎのまもなく閉店時間なれど、店内には先客5〜6名。
テーブル席に着き壁に貼られたメニューを見ると、ゴーヤチャンプルや卵ハム焼きなど、いかにも沖縄な定食メニューがずらり。そして我が目当ての麺は「八重山そば」と「ソーキそば」の2種。


迷わずたのんだ八重山そばは、クイっときいたダシと微かに舌にのるアノ旨味が真性イニシエ食堂系。合わさる麺はチャンポン麺ぐらいの丸麺&具が豚肉とテンプラの細切り=由緒正しき八重山そば。


そして八重山そばのもうひとつの特長が島胡椒と称される「ピバーズ」。シナモンのような甘い香りと漢方薬のような複雑な風味と、一足遅れて顔を出すピリリとした辛味が、好きモノには堪らないハマり系ネイティヴ香辛。


ビールのお供にとたのんだ豆腐チャンプルも驚愕の旨さ炸裂。沖縄食堂の底力をシコタマ痛感しつつ、ウハウハ完食。
【なかよし食堂】
八重山そば460円
沖縄県石垣市新栄町26-21
11:30~19:30 水曜休み
◎2015通年麺喰い◎
ラーメン23●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他4

Posted by heno at 19:08 | Comments [0]

2015年02月14日 土曜日

●【ラーメン】いっぷく食堂@沖縄県石垣市

ひょっとして日本最南端の豚骨ラーメンか?石垣空港から市街地へと抜ける、片道1車線の幹線道路沿いに「八重山そば」と並び「とんこつらーめん」の文字。かのダイヤモンドユカイも訪れたという「いっぷく食堂」で、ズズッと昼麺。

壁の最上段に「ラーメンは純豚骨 スープはあっさりタイプです」。そして貼られたメニュー書きの一列目は筆頭の「ラーメン550円」以降もずらりラーメンが並び、八重山そばは2列目に、ちょろっと。コリャどれだけラーメン押しなのか?!
期待を胸に待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、なるほどイイ感じに透明感を残すスープにいよいよワクワク!こりゃ当たりかなっ?!とウキウキひと啜りすれば、見た目通りに素直&素朴な豚骨だしのうま味が、ギュギュッと我がツボ。外連味は一切なし、これ正に「純豚骨」な味わいが嬉し旨し。
合わさる麺は想定外の中太麺。モッチモチと抗う豊かな柔コシが未体験のオモロ旨さ。厚切りチャーシューのイイ感じにキシキシな食味とのハイコントラストが、味わいに奥行きを演出。
ナンチャなさけでチャンとうまいスープと、博多じゃあり得ない中太柔麺の取り合わせが愉快な一杯にニヤけっパナし。
【いっぷく食堂】
とんこつらーめん500円
沖縄県石垣市宮良208-1
11:30~19:00 月曜休み Pあり
◎2015通年麺喰い◎
ラーメン23●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他3

Posted by heno at 13:43 | Comments [0]

2015年02月13日 金曜日

●【中華麺】侑久上海@中央区天神

ずっと気になりつつもナゼか未食だった「侑久上海」。かの中華鉄人である知久氏が営む中華料理店である。今や随分と人通りが寂しくなった天神三丁目親不孝通り近くと、決して恵まれた立地とは思えないのだが、午後2時前=目一杯飲食店のアイドルタイム間際なれど、店内は8割方客で埋まっている。

我が目当ては冬季限定「カキ入り酸辣湯麺」。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱&トロトロな中華アンとじスープに、クイッと奥行きを演出するカキのうま味。カキ特有のエグ味は一切感じない。ひたすら素直に己の旨みを主張するダシの効き具合が驚愕美味。

ナゼにコレほど旨みのみ?おっおぉ?!そうかそうか、柚子風味かっ!!

キッチリきいた柚子の風味豊かな柑橘フレイバーが、カキの旨みの輪郭を丹念に描きだす様が、ソリャもう感動的ですらある美味美味美味。

かつ、コレまたサプライズなのが細縮れ麺。コレだけうま味満点&かつトロトロ熱々のあんかけスープなので、対等に渡り合うにはカナリの太麺でなければならぬと思いきやさに非ず。

見た目に如何にも貧弱そうな細縮れ麺だが、多すぎず&少なすぎず巧みににスープを絡め取る様は、細麺&縮れなその形状ならでは。かつ、ホクッと解けるコシと風味が、味わいの軽やかさを演出。

いやぁ旨い、デラ旨いっ!カキ好き&麺好きならば、啜らなかった事を後悔すること必至の名作カキ麺。コレだけ旨くて、量もあって、サラダと杏仁豆腐デザートも付く=1280円という価格も納得リーズナブル。コリャ他の料理もアレコレ喰らいたひっ。

侑久上海

カキ入り酸辣湯麺1280円
福岡市中央区天神3-8-18
11:30~15:00&17:00~23:00・無休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン22●チャンポン2●中華麺7●うどん9●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:58 | Comments [0]

2015年02月12日 木曜日

●【うどん】とも也@長崎県長崎市

長崎日帰り出張の昼麺は、モチ「とも也」だよなっ。

ナニせ今日も寒い寒いっ、で、「あつかけ」。イリコ感ビシバシの熱々スメと、ムチムチムッチンな太うどんに、揚げ衣厚めのゴボ天(しかも既にゴボウは醤油煮済み)と、そりゃモチのロンで旨すぎっしょっ。

【讃岐手打ちうどん とも也】
かけうどん330円(ランチ割引価格)+ごぼう天げ90円
長崎県長崎市賑町5-25-2
11:00~14:30& 17:00~21:00(木・土・祝は昼のみ)・日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン22●チャンポン2●中華麺6●うどん9●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 21:37 | Comments [0]

2015年02月11日 水曜日

●【うどん】あじ豊@西区千里

毎度お世話になりマクリの福岡新麺情報王呟きに誘われ「無添さぬきめん あじ豊」。オープン間もないのだろう、ピカッピカの店内はほぼ満席状態。わずかに空いたカウンター席に滑り込みメニューを眺めると、温かけうどん、ぶっかけ、釜揚げ、釜玉の4種×具のバリエーションで生醤油うどんなどド讃岐なメニューはナシ。ならば温かけうどんにゴボ天でイッとくか。

カウンター奥の厨房には、オーダー品を次から次へと仕上げる店主らしき若き男性と、それを見事にサポートする女性スタッフが5~6名。その新店らしからぬ見事なチームワーク抜群なオペレーションから察するに、ひょっとして「こまどりうどん」などの地元小規模チェーンうどん店の新業態店だったりして??

待つ事しばし、運ばれてきたお盆を見てビックリ。うどんドンブリを隠すように置かれた長方形のザルにドデカごぼ天&小皿に盛られたサラダも付いている。

まずはスメと一啜りすれば、軽め&締まり感あるダシの味わいが讃岐と言うより博多。そしてうどんも妙にスベスベツルツルな口当たり然り、ぼわんと芯に向けてコシが増し、噛み込むほどにもちもち感強めのコシ然り、コレまた讃岐より博多。そしてゴボ天の半端ナイ風味も博多博多。「無添さぬきめん」と屋号には付いているが、無添どころかサラダも添えてあるし、サプライズ満載の一杯に驚き桃の木山椒の木。

無添さぬきめん【あじ豊】
ごぼう天うどん530円
福岡市西区大字千里223-4 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン22●チャンポン2●中華麺6●うどん8●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:22 | Comments [4]

2015年02月10日 火曜日

●【ラーメン】マルケン@北九州市若松区

「いらっしゃいませぇ~!」

かれこれ6年ぶりに「マルケン」を訪ねると、カウンター奥の厨房には若き女性が2名。おやおやかつて店を切り盛りされていた老夫婦は引退されたのだろうか…?とチト寂しい気分で「チャーシューメンを大盛りで」。と、

「らっしゃいませぇ~~!!」

客のオーダーの声を待ち受けて奥から笑顔の老夫婦が登場。

ほどなく運ばれてきたラーメン派、イイ感じに軽いダシ&化調がキリリなスープ然り、気持ち太めの中太麺のムチモチ感然り、塩気強めのキシキシ・チャーシュー&茹で太もやしの食感&味わいのコラボ然り。相も変わらずイニシエ美味なる一杯が、チャーシューメン&大盛りでも550円は今や破格。

あははぁ旨かったぁと精算すべく財布を覗くと、わぁお1万円札しか入ってないヤンッ。「すんませぇん、大きいのしかなくて…」と差し出すと、「ありがとうございます、1億円お預かりしまぁ~す!!」と若き女性。マルケンの伝統芸もチャンと伝承されているのかと、ほっこり安心。おご馳走様でしたと店を出る。

【マルケン】
チャーシューメン大盛り550円
北九州市若松区宮丸1-4-3
11:00〜19:00・月曜&1st&3rd&5th日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン22●チャンポン2●中華麺6●うどん7●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:37 | Comments [2]

2015年02月08日 日曜日

●【ラーメン】がんこもん@遠賀郡遠賀町

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたラーメンはイイ感じの黄土色スープに、チャーシュー3枚、キクラゲ、モヤシ、ネギに小量のゴマ。いやはやコリャ旨そうだと、カウンターに置いてある辛味噌を添えて戦闘態勢終了。

まずはスープと一啜りすれば、なんとも円やかな豚骨ダシ&脂にイイ頃合いの味噌の風味。純すみれ系のスープ表面ウルトラ超熱々ラードタイプとは一線を画するシンプル仕立て&ヘンに味噌が立ちすぎないコレ正に濃厚豚骨ベース味噌風味的味わいが、ググッと我がツボっ。

合わさる麺はストレート太麺。クニッと抗おうコシが正に福岡県産ラーメン用小麦である「ラー麦」製。いやはやコレまた我がツボツボっともんどり打って啜る。も、コレってヒョッとして「短麺」??

公式HPによると「5センチ程度」の短麺と「1m越え」の長麺。我がオーダーはモチのロンで「味噌ラーメンを長麺で」なれど、啜ると瞬間口に収まるこの麺は見紛う事なき短麺。

カウンター奥の厨房で腕を振るうのは「鶏白湯麹麺」として営業していた頃からの女性。特既に午後1時半なれど先客5名で、アレコレ忙しかったのだろう。まぁイイやぁ、コレでも十分に旨いんだしと、ズルズル啜る。

兎にも角にも想定外にエラク旨い一杯に大満足。出来る事なら最近オープンした博多店でも提供してくれると嬉しいが、それは叶わぬ思い。ならば機会を見つけて再訪&長麺味噌ラーメンをば啜らねばっ。

がんこもん】役場前店
味噌ラーメン550円
福岡県遠賀郡遠賀町今古賀520
11:30~14:30・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン21●チャンポン2●中華麺6●うどん7●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:44 | Comments [0]

2015年02月07日 土曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

古賀から福間へと抜ける旧国道3号線沿いに一昨年末オープンした「ろくでなし」。その屋号とは裏腹にカナリろくでもある=旨いラーメンが啜れると評判の店だ。で、午後1時前の店内は8割方客で埋まっている。

こりゃ期待できそうだとカウンター席に着きメニューを眺めると、ラーメンは豚骨が「こってり」と「あっさり」の2種×具のバリエーションに、期間限定販売のなのか?「味噌ラーメン」もアリ。店一押しはこってりのようだが、我が好みに忠実に、あっさりをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、多めのキクラゲと太葱の青ネギが印象的。まずはスープと一啜りすれば、アッツ熱あっさりな口当たりと共に、ふわりと膨らみ感あるダシのうま味。さりげなさ気なれど、確かに己の存在を主張するダシのコクに、ふと我が最愛豚骨の一店である「七福亭」@城南区南片江を思い出す。

合わさる麺は中細ストレート。その異常なまでに熱々スベスベ触感が、ソリャもうオモロいオモロい。もっちりチャーシューもイイ感じに調味されていて、スープの旨さを邪魔せず美味。加えてコリコリキクラゲにシャキシャキ青ネギ。で、ついつい麺をシュシュッと一気に啜り上げ、「すんませ~ん、替え玉ば」。

いやはやコレまた旨かったぁ。ならば次回は店一押しの「こってり」も啜りたひっ。

【ろくでなし】
ラーメンあっさり550円+替え玉100円
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝11:00~23:00)・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン20●チャンポン2●中華麺6●うどん7●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 14:45 | Comments [0]

2015年02月06日 金曜日

●【つけ麺】まるげん@中央区平尾

博多でのつけ麺提供最古参店の一軒である「まるげん」。久方ぶりに啜る一杯は、以前の小粋な食味より、随分と力強くなった旨さが印象的。温つけスープの豚骨×魚介ダシのダシ感に加え、表面の脂の層も厚めになり、グイッと&ポタッと広がるうま味がハンパなし。加えてスープに沈むチャーシューも以前より厚切りで、食べ応えアリ。そしてナニより平麺の旨さ。シュルルゥと口に収まる啜り心地然り、嚙んだときのニチッと感然り、噛み込むほどに広がる甘み然り、グイグイ我がツボ。

博多中華そば まるげん
平麺つけそば730円
福岡市中央区平尾2-2-18
11:30~23:30 (日祝 11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン19●チャンポン2●中華麺6●うどん7●そば1●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 12:14 | Comments [0]

2015年02月05日 木曜日

●【ラーメン】柊@長崎県長崎市

かつてはもっと奥まった歓楽街の一画で夜専営業だった「柊」。いつかは「ワタリガニつけ麺」をば啜りたひっ、と虎視眈々狙うも、長崎市で夜麺が叶う可能性は限りなくゼロ。で、時は流れ世情も変わる。長崎市内一繁華街の浜町向かい、奥に進めば長崎中華街に繋がる道の角に2012年暮れに移転オープン。

既に13時を過ぎ、ぼちぼちとアイドルタイムだが、こぢんまりとした店内はほぼ満席。さすが地元で人気のラ店、と感心しつつ入口横の食券販売機を眺めると、麺は「ラーメン」「担々麺」に、人気2トップという「あおさらーめん」と「トマトラーメン」。瞬間ちと心揺れるも、やロートル麺喰いは、やっぱり、あおさらーめん。

おほほぉ~、こりゃオッタマゲぇ~。

てっきり出来上がった豚骨ラーメンにあおさが盛られただけかと思っていたが、ほどなく運ばれてきたラーメンは、コレでもかと香り立つ磯の香りと共に、豚骨スープと共にしかりと煮込まれたらしき緑色褪せたあおさがてんこ盛り。

こりゃゴッツ手強いぞぉ、と腹をくくり、レンゲでスープを一啜りすれば、ぶわんっと瞬間広がる密なる磯の香&一呼吸遅れて照れくさそうに、でも存分に己の存在を主張する豚骨ダシの風味。そのオリジナリティ溢るる旨さは唯一無比。

そして合わさる麺も、独特オリジナル。長さは僅か20センチほどの中細縮れ麺は、ひたすら軽い食感で、女性客、もしくは酔っ払った客をメインに想定した結果なのか?意図は想像できるも、やっぱオイサン麺喰いオヤヂは、長めの麺をばズルズル啜りたひっ。

とは思いつつも、ナカナカにオモロイ、オモロイ。かの憧れのつけ麺は既に廃盤なれど、まずは2トップのもうひとつ、トマトラーメン。機会を見つけ啜らねば。

【柊】
あおさらーめん680円
長崎県長崎市銅座6-8
11:00~27:00(金土祝前日11:00~29:00)・年末年始休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン19●チャンポン2●中華麺6●うどん7●そば1●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:53 | Comments [0]

2015年02月04日 水曜日

●【うどん】茶ぶ釜@中央区大濠

我が大好物である蕾菜の天ぷら発売との店facebookに惹かれノコノコと訪ねるも、卓上メニューにも見当たらないし、壁貼り紙もナシ…。代わって「牡蠣の味噌クリームうどん」なる冬季限定販売らしき魅惑的な写真入りメニュー!これメッチャ旨そうヤンっ、コレに浮気しちゃおかなぁ!!と心揺れマクリ。なれどなれどヤッパ初志貫徹、「蕾菜はありますか?」と尋ねると「天ぷらなら出来ますけど、おいくついりますか?」

ならば2つ&温かけうどんとオーダーすると、蕾菜天ぷらが4つと大振りどんぶり。うぬ?4つ??蕾菜2つたのんだつもりが二人前になっちゃたのかなぁ??など戸惑いつつも、まぁイイやぁ蕾菜好きだしと、まずは天ぷらを囓ると、アッツ熱ホックホクで如何にも揚げたて。

ならば温かけうどんは?とまずはスメを啜れば、キュイッと締まり感あるダシのうま味がググッと我がツボ。気持ち金ッ気を感じるほどに密、なれど嫌味は一切ナシ。ひたすらうま味オンリーな味わいに、ソリャもう「ほ」の字。そして合わさるうどんの、むっちり、のち、モチモチぃと粘るヒキのオモロ食感。前回食べたかけうどん冷ともある意味相通じる独特食感。

テロテロヤワヤワ一辺倒だった博多うどんに、ここ茶ぶ釜はじめ、アレコレ独創食味のうどん店が百花繚乱。うん、ヤッパ最近は、博多麺界はラーメンよりうどんがオモロイオモロイ。

茶ぶ釜
かけうどん温+蕾菜天ぷら730円
福岡市中央区大濠3-2
11:00~15:00&17:00〜21:00(月曜日は昼営業のみ)・火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン18●チャンポン2●中華麺6●うどん7●そば1●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:13 | Comments [0]

2015年02月03日 火曜日

●【ラーメン】麺空間 灯り@熊本県熊本市

午前中の打ち合わせを終え、ヤッホー昼麺。現場近くの「麺空間 灯り」へ向かう。昨年末にオープンしたピカピカの新店ラである灯り。灯りなる屋号然り、ログハウス調の外観然り、店内に入ってすぐにサラダバーが設置してある店造り然り、明快にフェミニン路線なラーメン店である。

店のアチコチに掲げてある能書きには「化学調味料不使用、お子様から年配の方まで安心して食べて頂ける」旨を猛烈に主張。そして卓上メニューを広げると、ラーメンは「醤油麺(豚骨)」「塩麺(豚骨)」に「魚骨塩麹」の3種×具のバリエーション。初ラ店は基本メニューが我が麺喰い信条なれど、ナニせ「魚骨塩麹」なるナンとも魅惑的なメニュー名に釣られる。

待つ事しばし、運ばれてきた「魚骨塩麹」はイイ感じに透明感を残す褐色スープにニボニボ美味を予感。うっしゃコリャ大当たりか?!ともんどり打ってレンゲで一啜りすれば、フワッと広がる魚介ダシのうま味のすぐその後を追ってくるクイクイッと微かに金ッ気さえ感じるフック感アリアリの後押し魚介ダシ。

合わさる麺は中細平麺。スルッと小気味よい啜り心地と、プニックニッと抗うコシと、小麦の風味を素直に生かし切った食味がW魚介ダシスープと相性抜群。加えて驚くほどにシットリ・モチモチ美味なるチャーシューは低温調理×燻製された賜物だとか。プラス、シナチクも嫌味が一切ナシのシャックリ美味だし、いやいや参ったコリャ旨ひっ。

卓上にはブラックペッパーと山椒のオイルがスタンバイ。塩麹には山椒かなと数滴垂らして啜れば、ヒリリと辛くかつ鼻へと抜ける山椒の風味が味わいに華を添える。

唯一イタダケナイのは麺線の短さ。なれどコレまた女性や子供でも啜りやすいようにとの気遣いからの製法とか。店造りにスープ、麺、具に薬味まで、完璧抜かりなしの見事にフェミニンコンセプチャル美味なる一杯にヒシヒシ感動。こりゃ是非とも他のふた麺をも啜りたひっ。

麺空間 灯り
灯り魚骨塩麹780円
熊本県菊池郡菊陽町7-3-3
11:00~15:00・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン18●チャンポン2●中華麺6●うどん6●そば1●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2015年02月02日 月曜日

●【中華麺】ニイハオ@城南区友丘

我が最愛中華麺大衆店である「ニイハオ」の「酸辣湯麺」は、相も変わらず旨い旨いっ。きつめにアンとじされたスープのトロンットロンッ&アッツ熱、なれどキュキュッとスッパく、ヒリリと辛く、かつ鶏ガラだしらしきダシの旨みも明快に舌にのるうま味に、ほほほと思わず頬が緩む。

刻み海苔がのる見た目はイマイチまやかし感あるも、アンとじスープに絡まった具が、豆腐にキクラゲ、干し椎茸、ニラ、豚肉、白菜などなど、目一杯おご馳走で食べ応え&満足感が抜群。加えて超細麺ながらもキチンと己の存在を主張する麺の食感。

いやぁ旨いなと啜りつつ、ふとカウンターに視線を送ると「唐辛子酢」?!こりゃオモロいなと一ふりかけて啜れば、鮮烈な酸味と辛味が更なる味わいを演出。ふむふむ、これがあれば、あの美味チャンポンを、そのままの味わいをしばし楽しみ、仕上げにふれば酸辣湯麺的に楽しめそうだっ。

【ニイハオ】
酸辣湯麺650円
福岡市城南区友丘3-1-23
11:30~15:30&17:30~22:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン17●チャンポン2●中華麺6●うどん6●そば1●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km

Posted by heno at 13:15 | Comments [0]

2015年02月01日 日曜日

●【ラーメン】ざいとん@東区香椎駅前

万太郎.net」で発売を心待ちにしていた「ざいとん」の「中華そば」。発売日の正午前に訪ねると、店に入ってすぐ右手の食券販売機の上に発売を知らせる貼り紙。ほうほう数量限定販売なのか?なれどボタンに「中華そば」の文字を見つけられない。で、若き店主に尋ねると、食券は「ラーメン530円」を買い、中華そばとお告げくださいとのこと。

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたドンブリは、イイ感じに透明感を残す醤油色スープに、ロールチャーシュー、白葱に海苔と、シンプルな盛りつけが、お江戸イニシエ系中華そばチック。こりゃ旨そうだとウハウハ気分でスープを啜れば、円やかな口当たりと共に豊かに広がるダシの旨み。鶏ガラ×魚介ダシ×根菜らしきダシのナンとも実直かつ豊かなあま味がシミジミ旨いイニシエ系。中華そばとはかくあるべき的スタンダードな味わいに、ほっこり癒やされマクリ。

合わさる麺もカナリ太めの中太麺と、コレまたお江戸中華そばチック。なれど、むちっの後に、ぶるるんっと震えるヒキが何やら演出系でネオ食感。加えてロールチャーシューも醤油ダレの味が立ったネオ食味で、結果懐かしそうで、その実えらくネオな中華そばに感服。

【ざいとん】

中華そば530円
福岡市東区香椎駅前1-17-24 香椎名店街
11:30〜14:00&18:00〜24:00(日曜 11:30〜17:00)
不定休 2月は2日と16日が休み
Pなし(レガネット千早で買い物をすれば提携駐車場が40分無料)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン17●チャンポン2●中華麺5●うどん6●そば1●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年24km
Posted by heno at 11:28 | Comments [0]